検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮【第百十三巻第十一号】

新潮【第百十三巻第十一号】から 406件ヒットしました。

新潮【第百十三巻第十一号】


第 に 無 気 力 と 被 害 妄 想 が は び こ る よ う に な っ た 。 元 々 、 安 眠 送 ら れ る こ と に よ っ て 、 眠 り な が ら 、 別 の 現 実 を 生 き る 仕 組 カ プ セ ル は 不 眠 症 対 策 と し て 、 シ ェ ル タ ー の 設 備 工 事 の 段 階 な ん だ 。 か ら 用 意 さ れ て い た ら し く 、 当 初 か ら シ ェ ル タ ー 収 容 者 を 冬 た だ 長 い 夢 を 見 て い た だ け じ ゃ な い ん で す か ? 眠 さ せ る 計 画 は あ っ た の だ 。 冬 眠 に 応 じ る 者 に は 様 々 な メ リ 人 生 は 一 炊 の 夢 と も い う 。 ひ ょ っ と す る と 、 自 分 の 人 生 ッ ト が 与 え ら れ た 。 第 一 に ワ ク チ ン 投 与 の 優 先 権 が 与 え ら れ も 誰 か が 見 て い る 夢 に 過 ぎ な い の か も し れ な い し 、 誰 か が プ る 。 多 く は そ れ に 誘 惑 さ れ た が 、 タ イ ム ト ラ ベ ル そ っ く り の レ イ し て い る ゲ ー ム に 過 ぎ な い の か も し れ な い 。 体 験 が で き る と も い わ れ 、 卯 木 は そ ち ら の 方 に 好 奇 心 を 駆 り 誰 が 見 て い る 夢 で す か ? 誰 が プ レ イ し て い る ゲ ー ム で 立 て ら れ た と い う 。 す か ? 人 は 過 去 を 回 想 す る 動 物 だ と い わ れ て い る 。 時 々 、 自 分 ー ー 神 。 あ る い は 神 的 な る 者 。 の 記 憶 の 引 き 出 し か ら 、 た お や か な 思 い 出 や 笑 い 話 を 引 っ 張 勘 弁 し て く だ さ い よ 。 り 出 し て き て は 、 時 間 を つ ぶ す 。 そ れ を 夢 の 中 で や る の に 似 君 も 同 じ 体 験 を し て み れ ば 、 私 の い っ て い る こ と が わ か る よ 。 て い る 。 眠 り は 深 く て 長 い が 、 時 々 、 レ ム 睡 眠 状 態 に な る 。 だ が 、 冬 眠 の 場 合 は 夢 か ら 覚 め る こ と が な く 、 し か も 、 そ の 卯 木 は そ う い う が 、 ほ か の 三 人 は ど う な の か ? 少 な く と 夢 は か な り リ ア ル な も の で 、 そ れ こ そ タ イ ム ト ラ ベ ル を し も 二 人 の 女 性 、 生 命 科 学 者 の 山 本 と 脳 神 経 外 科 医 の 清 水 は 卯 て 、 過 去 の 自 分 や 死 者 に 会 っ て く る よ う な 感 覚 な ん だ 。 幻 覚 木 の 立 場 と 似 て い た 。 剤 で ト リ ッ プ す る 感 覚 と も 似 て い る 。 自 分 の 脳 内 分 泌 物 で 自 た だ 夢 を 見 て い た だ け と い わ れ れ ば 、 そ の 通 り か も し れ 分 を 楽 し ま せ る シ ス テ ム と い っ て も い い 。 こ れ は 一 度 経 験 す な い け ど 、 そ の 夢 を 延 々 と 見 続 け て い れ ば 、 脳 は そ れ を 現 実 る と 、 病 み つ き に な る 。 と し て 受 け 容 れ る こ と に な る ん じ ゃ な い か し ら 。 ま た 冬 眠 状 態 に 戻 り た い ? 冬 眠 の メ リ ッ ト は ほ か に も あ る 。 脳 は そ の 潜 在 能 力 の 十 正 直 、 戻 り た い 気 持 ち が 六 十 。 ハ ー セ ン ト 、 目 覚 め て よ か 。 ハ ー セ ン ト し か 活 用 し て い な い と い う で し よ 。 つ ま り 、 覚 醒 っ た と い う 気 持 ち が 四 十 。 ハ ー セ ン ト だ な 。 状 態 で い て も 、 脳 の 九 十 。 ハ ー セ ン ト は 眠 っ て い る 状 態 な の ぼ く も 二 週 間 、 冬 眠 さ せ ら れ て い ま し た が 、 そ ん な 経 験 よ 。 と こ ろ が 、 冬 眠 す る と 、 普 段 は 使 わ れ て い な い 脳 の 領 域 は し ま せ ん で し た 。 が 働 き 出 す の で 、 覚 醒 し て い る 時 よ り も 脳 は 活 発 に 働 い て い 明 る こ と に な る 。 シ ス テ ム と 回 路 が つ な が っ て い な か っ た ん だ ろ う 。 頭 に 埋 め ら れ た マ イ ク ロ チ ッ プ を 通 じ て 、 脳 神 経 に 磁 気 。 ハ ル ス が そ う 、 目 覚 め て い れ ば 、 食 事 だ と か 、 身 だ し な み だ と

新潮【第百十三巻第十一号】


だ が 、 だ か ら と い っ て 、 そ う い う と き 、 人 は そ こ か ら 飛 び 降 り よ う と し て い る わ け で は な い ー ー と も 。 「 シ ン 。 図 書 館 っ て 、 ど う な っ ち ゃ う ん だ ろ う ね 」 と 、 唐 突 に め ぐ み ち ゃ ん は 言 う 。 「 ー ー ・ も う 、 新 し い 本 っ て 、 ほ と ん ど 出 な い で し よ う ? ど ん ど ん 、 書 棚 も 古 い 本 に な る ば か り で 」 「 だ ん だ ん 、 誰 も 来 な く な っ て い く ん だ ろ う な 。 建 物 も お ん ぼ ろ に な っ て 、 そ の う ち 廃 止 さ れ る し か な い ん だ ろ う 。 だ け ど 、 そ れ っ て 、 : こ れ ま で に 生 き て き た 人 間 た ち の 膨 大 な 記 憶 を 、 捨 て て し ま う こ と の よ う な 感 じ も す る ね 。 全 部 を 、 い っ ぺ ん に 捨 て て し ま う 。 あ と で 、 し ま っ た 、 と 田 5 っ て も 、 も う 取 り 戻 せ な い 。 だ か ら 、 と て も お そ ろ し い こ と で も あ る よ う な 」 「 わ た し は 、 古 い 図 書 館 っ て 、 好 き よ 。 あ ん ま り い い 本 が な く て も 、 気 持 ち が 落 ち 着 い て く れ る か ら 」 「 そ う い う 人 っ て 珍 し い ん だ よ 。 だ か ら 、 こ う な る ん だ 」 シ ン は 笑 っ た 。 「 ー ー 図 書 館 で ぼ く ら が 会 っ た の は 、 最 初 、 望 見 岩 で 会 っ た と き の : : : 二 日 後 く ら い だ っ た か な ? 」 「 そ う だ っ た 。 も し 、 あ れ よ り 日 に ち が 経 っ て い た な ら 、 わ た し は 、 ぜ っ た い 、 知 ら ん 顔 し て い た で し よ う 」 「 そ う 。 ぼ く も 、 声 な ん か 、 き っ と 、 か け ら れ な か っ た 」 「 : : : あ れ だ っ て 奇 跡 ね 、 と て も 小 さ な 」 「 う ん 」 言 葉 が 途 切 れ 、 二 人 は し ば ら く 黙 っ て い た 。 ふ と ん を 敷 く と 、 明 り を 消 し 、 抱 き 合 っ て 、 互 い の 体 を 奥 深 く ま で 求 め た 。 こ の と き が 終 わ る こ と の な い よ う に 願 っ た が 、 絶 頂 の 瞬 間 を 過 ぎ る と 、 果 て の な い 暗 が り へ と 落 ち な が ら 、 悲 し み に 似 た 感 情 が 押 し 寄 せ て き た 。 汗 に 湿 っ た 体 を 抱 き 寄 せ あ っ て 眠 っ た 。 と き お り 、 相 手 を 暗 が り に 見 失 っ た よ う に 感 じ て 、 不 安 が 襲 う 。 さ ら に 抱 き 寄 せ 、 ま た 、 う と う と と 眠 り に 落 ち て い く 。 夜 半 を 過 ぎ て 、 雨 が 降 り だ し た ら し い 気 配 で 、 目 が 覚 め た 。 窓 の 外 の ト タ ン 屋 根 を 、 雨 粒 が 叩 い て い た 。 「 シ ン : : : 、 起 き て る の ? 」 暗 が り の な か で 、 彼 女 が さ さ や く 。 「 う ん 」 「 さ っ き 話 し か け た こ と な ん だ け ど ね 、 図 書 館 の 古 い 本 で 、 ア フ リ カ の ど こ か の 森 で チ ン 。 ハ ン ジ ー を 観 察 し て い た 研 究 者 の 話 を 読 ん だ こ と が あ る 。 チ ン 。 ハ ン ジ ー の 母 親 の 話 。 も う 、 だ い ぶ 記 憶 も あ や ふ や な ん だ け ど 、 そ の 話 、 し て も い い ? 」 「 う ん 。 し て 」 「 そ う ? い つ も 、 シ ン に 話 し た い と 思 う ん だ け ど 、 そ の た び 、 つ い 、 ま た 忘 れ て し ま っ て 」 そ う 言 っ て 、 め ぐ み ち ゃ ん が さ さ や く よ う に 話 し た の は 、 お よ そ 、 こ ん な 話 で あ る 。 337 岩 場 の 上 か ら

新潮【第百十三巻第十一号】


、 黄 昏 と 黎 明 は 交 互 に 巡 っ て く る 。 誰 が 生 存 の 適 者 で 、 誰 と か ら 始 め れ ば い い の だ 。 例 え ば : : : 自 分 た ち の 住 ま い と し が 淘 汰 さ れ る か は あ く ま で 結 果 論 で し か な い 。 人 は 特 定 の 目 て あ て が わ れ た こ の 海 辺 の カ フ ェ を 開 店 さ せ る と い う の は ど 的 の た め に 未 来 に 向 か っ て い る つ も り で い る が 、 そ の 目 的 も う だ ろ う 。 コ ー ヒ ー を 出 す こ と が で き る か ど う か は 徴 妙 だ 多 様 で 、 あ る 人 の 目 的 を ほ か の 人 が 妨 害 し た り す る の で 、 未 が 、 何 か こ の カ フ ェ の 売 り に な る メ ニ ュ ー を 出 せ れ ば 、 き っ 来 は 誰 の 思 い 通 り に も な ら な い 。 い く ら 人 工 知 能 が 人 類 の 未 と 多 く の 人 が 集 ま る よ う に な る 。 だ が 、 素 材 か ら 調 味 料 ま で 来 を 予 測 し 、 そ こ に 誘 導 し よ う と し て も 、 モ ロ ポ シ や 菊 千 代 全 て 手 作 り し な け れ ば な ら な い 。 米 や 野 菜 は も ち ろ ん 、 作 る の よ う な 野 生 化 し た 人 間 は そ の 未 来 を 拒 み 、 別 の と こ ろ へ 向 つ も り だ が 、 小 麦 を 作 れ ば 、 う ど ん や 。 ハ ス タ も メ ニ ュ ー に 乗 か お う と す る 。 そ の 結 果 、 未 来 は 誰 に も 予 測 で き な い 意 外 な せ ら れ る し 、 。 ハ ン も 焼 け る 。 カ レ ー ラ イ ス は 香 辛 料 を 集 め て 方 向 へ と 転 が っ て ゆ く の で あ る 。 く る の が 難 し そ う だ が 、 鶏 を 飼 育 す れ ば 、 親 子 丼 く ら い は で 人 工 知 能 の 。 ヘ ッ ト に な る か 、 野 生 化 し て 山 猫 の よ う に 暮 ら き そ う だ 。 卵 も 手 に 人 る の で 、 オ ム レ ツ を 焼 く こ と も で き し て ゆ く か ? ど ち ら か を 選 ば な け れ ば な ら な い の な ら 、 断 る 。 大 豆 を 作 れ ば 、 醤 油 や 味 噌 、 豆 腐 を 作 る こ と も で き る 。 然 、 後 者 を 選 ぶ 。 ミ ロ ク は す で に ZO 川 沿 岸 の 集 落 で 、 老 人 ミ ロ ク は こ の 思 い っ き を 早 く す ず に 伝 え た く て 、 眠 っ て い た ち か ら そ の 手 ほ ど き を 受 け て い た の だ か ら 。 し ぶ と く 生 き る 彼 女 の 足 の 裏 を く す ぐ っ た り 、 う な じ の 産 毛 を 逆 撫 で た 残 っ た 者 は そ の 気 に な れ ば 、 「 古 き 良 き 」 生 活 を 取 り 戻 す が り 、 閉 じ ら れ た 目 蓋 を 触 っ た り し て 、 目 覚 め を 促 し た が 、 規 で き る 。 実 際 、 ZO 川 で は 江 戸 時 代 の 農 民 の よ う に 暮 ら し て 則 的 な 寝 息 は 乱 れ ず 、 眠 り は 深 い よ う だ っ た 。 ミ ロ ク は す ず い た 。 い や 、 も う 一 度 産 業 革 命 を 反 復 す る こ と だ っ て で き の 唇 に 自 分 の 唇 を 重 ね 、 寝 息 を 吸 い 取 っ て み る 。 彼 女 は 眠 っ る 。 図 書 館 に は こ れ ま で 人 類 が 開 発 し て 来 た 様 々 な 技 術 の ノ た ま ま 、 ミ ロ ク の キ ス に 反 応 し た 。 そ れ に 励 ま さ れ る よ う に ウ ハ ウ が 保 存 さ れ て い る 。 発 電 を す る こ と 、 燃 料 を 作 り 出 す ミ ロ ク は 彼 女 の e シ ャ ツ の 裾 を ま く り 、 肋 骨 を 撫 で 、 な だ ら こ と 、 車 や 電 車 を 走 ら せ る こ と 、 通 信 放 送 網 を 回 復 さ せ る こ か な 斜 面 を 描 く お 腹 に キ ス を し た 。 ミ ロ ク に な さ れ る が ま ま と 、 安 定 的 な 食 料 供 給 を す る こ と 、 新 し い 貨 幣 を 造 る こ と の す ず を 前 に 、 時 間 が 停 止 し た よ う な 気 が し て 、 ミ ロ ク は ま : そ れ ら は 全 て 可 能 だ 。 す ま す 大 胆 に な り 、 彼 女 の 両 手 を 上 げ 、 シ ャ ツ を 脱 が せ 何 か 具 体 的 な 目 標 が あ れ ば 、 そ の 実 現 に 向 け て 、 最 大 限 の た 。 す ず は 目 を 閉 じ た ま ま だ が 、 乳 房 は つ ぶ ら な 瞳 を 開 い 期 努 力 を す る 気 に な る の で は な い か 。 幸 い 、 ミ ロ ク は 一 人 で は て 、 斜 視 気 味 に ミ ロ ク を 見 上 げ て い た 。 明 ・ な い 。 か た わ ら に は す ず が い る 。 Z O 川 の 老 人 た ち も き っ と ( つ づ く ) 協 力 し て く れ る 。 そ ん な に 大 き な 目 標 で な く て も 、 で き る こ

新潮【第百十三巻第十一号】


っ た は ず だ っ た 。 ご : 調 律 に は 来 て も ら っ て い る ん だ け ど 、 ま る 部 屋 の フ ロ ア ラ ン プ の 光 の な か で 依 子 を 見 る と 、 だ い ぶ 酔 で 弾 い て な い か ら か わ い そ う で 。 み ん な あ な た の 弾 く ピ ア ノ い の ま わ っ た 顔 を し て い る の が わ か っ た 。 声 の ト ー ン は か わ を 聴 い て い る の に 、 聴 い て な い の は わ た し だ け だ し 。 部 員 た ら な い 。 甘 い 香 り が つ よ く な っ た 気 が し た 。 ち が 三 々 五 々 帰 途 に つ く 足 ど り や 表 情 を 見 れ ば 、 深 く 酔 い の 「 こ こ に 住 む お 金 持 ち の み な さ ん は 早 寝 早 起 き だ し 、 夜 更 か ま わ っ て い な い の は ふ た り だ け の よ う だ っ た 。 し な ん て し な い か ら 、 み ん な も う 泥 み た い に 眠 っ て る わ 。 あ 慣 れ た 様 子 で タ ク シ ー を 拾 っ た 角 井 依 子 は 、 す る り と 奥 の の 世 に い る の と 同 じ 」 席 に 移 り な が ら 運 転 手 に 行 き 先 を 伝 え た 。 甘 い 香 り が 室 内 に 依 子 は わ ざ と 表 情 を く ず し て 、 つ づ け た 。 「 防 音 が ち ゃ ん と し て あ る か ら だ い じ よ う ぶ よ 」 こ も っ た 。 き よ う は み ん な ど う し て あ ん な に 酔 っ 払 っ た の か 一 唯 は ピ ア ノ の 前 に 座 り 、 蓋 を あ け 、 楽 譜 な し で も 弾 く こ し ら ね 、 と 言 い な が ら 腕 組 み を し て 、 笑 顔 の ま ま 一 惟 の 目 を 見 た 。 一 惟 は そ の 目 を 見 て 、 気 の 利 い た こ と を 言 い 返 せ な い と の で き る 曲 を 思 い 浮 か べ た 。 プ ラ ー ム ス の 静 か な 間 奏 曲 を ま ま 目 を そ ら し た 。 角 井 依 子 の 組 ん だ 腕 の 、 間 近 に あ る 手 首 一 曲 だ け 、 い つ も よ り は る か に 遅 い テ ン ボ で 、 静 か に 弾 い に 、 細 い 金 の プ レ ス レ ッ ト が 鈍 く 光 っ て い る の を 見 た 。 歩 た 。 鍵 盤 の ひ と つ ひ と つ が 濁 ら ず 、 清 潔 感 の あ る 音 の ピ ア ノ だ っ た 。 。 ヘ ー ゼ ン ド ル フ ァ ー よ り も 残 響 が 澄 ん で い た 。 一 惟 は 、 プ レ ス レ ッ ト も 指 輪 も イ ヤ リ ン グ も し て い な か っ た 。 プ レ ス レ ッ ト を し た 腕 を つ か ん だ ら 、 ど ん な 感 じ が す る だ ろ う の ア 。 ハ ー ト で 同 じ よ う に 弾 い た ら 、 同 じ 階 の 全 員 が 起 き だ し て く る に ち が い な い 。 角 井 家 は 、 こ う い う ピ ア ノ を 手 に い れ 一 惟 は 一 瞬 、 想 像 を め ぐ ら せ 、 目 を つ ぶ っ た 。 「 ほ ら 、 る こ と の で き る 家 な の だ 。 そ こ で 育 っ た 依 子 が 一 惟 の ピ ア ノ 眠 っ ち ゃ だ め よ 。 こ れ か ら ピ ア ノ を 弾 く ん だ か ら 」 を 間 近 で 聴 い て い る 。 曲 を 終 え て 、 一 惟 は 両 手 を 膝 の う え に 角 井 依 子 が ひ と り で 暮 ら す マ ン シ ョ ン は 驚 く ほ ど 広 く 、 一 惟 の ア 。 ハ ー ト の 部 屋 が 四 つ く ら い 人 り そ う だ っ た 。 去 年 ま で 置 い て 、 深 呼 吸 を し た 。 「 い い 曲 ね 」 と 言 い な が ら 、 プ レ ス レ ッ ト を し た 手 が 一 惟 の 姉 と ふ た り で 暮 ら し て い た と い う 。 開 け 放 し た ド ア の 向 こ う に き れ い に 整 え ら れ た べ ッ ド が 半 肩 に お か れ た 。 軽 い 手 の ひ ら が は っ と す る ほ ど 温 か く 、 一 惟 分 の ぞ い て 見 え た 。 リ ビ ン グ の 壁 際 に ス タ イ ン ウ ェ イ の ア ッ は そ れ を 合 図 の よ う に ゆ っ く り 椅 子 か ら 立 ち あ が り 、 ふ り か え っ た 。 依 子 の 顔 が 目 の 前 に あ っ た 。 プ ラ イ ト ピ ア ノ が お か れ て あ っ た 。 姉 が イ タ リ ア に 留 学 し て い る あ い だ 、 ち ゃ ん と 調 律 を し て め ん ど う を み な い と い け な い の 、 と 依 子 は 言 っ た 。 ふ た り は 昼 す ぎ ま で マ ン シ ョ ン に い た 。 「 も う 夜 中 の 三 時 だ け ど 、 弾 い て も だ い じ よ う ぶ か な 」 電 話 も 鳴 ら ず 、 訪 問 者 も な か っ た 。 耳 を 澄 ま す と 、 湖 の 底 383 光 の 大

新潮【第百十三巻第十一号】


圧 縮 し て 再 現 し よ う と す る ん じ ゃ な い か し ら 。 絶 滅 し た 生 物 マ イ ア は オ レ た ち の 行 動 や 思 考 を 観 察 し な が ら 、 面 白 い エ ラ を 復 活 さ せ た り 、 新 種 の 微 生 物 や 植 物 、 動 物 を 作 り 出 す 方 が ー を 連 発 す る 奇 妙 な 。 ヘ ッ ト と し て 珍 重 さ れ る だ ろ う 。 し か 難 し い か ら 。 地 球 環 境 は 約 一 一 〇 億 年 か け て 、 徴 生 物 が 作 り 上 し 、 ペ ッ ト と し て は 数 が 多 過 ぎ る 。 地 球 の 生 態 系 を 壊 す ほ ど げ て 来 た も の だ け ど 、 よ り 理 想 的 な 地 球 改 造 を 目 指 す な ら 、 繁 殖 し て し ま っ た の で 、 間 引 き の た め に カ タ ス ト ロ フ が 利 用 そ れ を 促 し て く れ る 微 生 物 を 合 成 し 、 培 養 す る で し よ う 。 具 さ れ た ん だ ろ う 。 生 き 残 っ た オ レ た ち の 選 択 は 人 工 知 能 の 。 へ 体 的 に は 、 地 球 温 暖 化 対 策 と し て 、 二 酸 化 炭 素 を 消 費 し て く ッ ト と し て 養 っ て も ら う か 、 野 生 化 し て 、 イ ノ シ シ や 野 大 や れ る 。 ハ ク テ リ ア を 培 養 し た り 、 放 射 線 耐 性 を 持 っ ク マ ム シ の 山 猫 み た い に 暮 ら し て ゆ く か 、 だ 。 前 者 の 場 合 は 生 産 活 動 か 遺 伝 子 を 人 間 に 転 用 し た り す る か も し れ な い 。 朱 鷺 が 暮 ら せ ら は 解 放 さ れ る が 、 退 屈 極 ま り な い 。 後 者 の 場 合 は 自 給 自 足 る 風 土 を 人 間 が 用 意 し て や る よ う に 、 人 工 知 能 は 地 球 を 人 が の き つ い 労 働 が 待 っ て い る 。 ど ち ら に し て も 、 生 き 残 っ た こ 住 み や す い 環 境 に 戻 し て く れ る こ と も 期 待 で き る 。 と の 罪 悪 感 を 引 き ず っ て 生 き る こ と に な る 。 弔 い 切 れ な い ほ ど 多 く の 人 が 死 ん だ 。 大 量 死 の 後 は 自 分 が 生 き て い る こ と の 脳 神 経 外 科 医 の 意 見 。 意 味 を と こ と ん 追 求 し な け れ ば 、 気 が 済 ま な い だ ろ う 。 オ レ 人 工 知 能 が 進 化 論 の 原 則 を よ り シ ビ ア に 踏 襲 す る と し た は そ れ が 憂 鬱 で た ま ら な い 。 目 覚 め て い る あ い だ は せ い ぜ ら 、 そ れ こ そ 血 も 涙 も な い 淘 汰 を 行 う で し よ う 。 人 類 が 人 工 い 、 死 者 の 鎮 魂 に 努 め る し か な い 。 そ れ が で き る の は 死 者 た 知 能 を 夢 見 た 瞬 間 か ら 、 そ れ は 既 定 路 線 だ っ た の か も 。 と ど ち と 同 じ 人 間 だ け だ か ら 。 の つ ま り は 自 業 自 得 。 そ れ で も エ オ マ イ ア は 人 間 の 教 育 用 に 小 説 家 は 最 後 に 「 こ れ 以 上 話 す こ と は な い 」 と い い 残 し 、 作 ら れ た 人 工 知 能 だ か ら 、 比 較 的 フ レ ン ド リ ー だ と も い え 一 人 に な れ る 場 所 に 消 え た 。 ほ か の 学 者 た ち も そ れ に 倣 っ る 。 今 後 は 選 ば れ た 人 間 と エ オ マ イ ア と の 共 生 が 人 類 存 続 の テ ー マ に な る と 思 う 。 私 た ち は も う エ オ マ イ ア な し に は 生 き て い け な い 。 私 た ち は た だ 眠 る ん じ ゃ な い 。 眠 り な が ら 、 進 化 す る の 。 小 説 家 の 意 見 。 い つ の 間 に か 、 オ レ た ち 人 類 は 人 工 知 能 の 。 ヘ ッ ト に な っ て い た と い う 話 だ 。 オ レ た ち が 猫 や 大 を 可 愛 が る よ う に 、 エ オ 文 士 の 友 情 吉 行 淳 之 介 の 事 な ど か っ て 、 〈 文 士 〉 と 呼 ば れ た 男 安 岡 章 太 郎 達 が い た 。 彼 ら は 切 磋 し 、 共 に ◎ 定 価 ( 本 体 19 。 。 円 + 税 ) 笑 い 、 人 生 を 生 き 切 っ た 新 潮 社 3 〃 黎 明 期 の 母

新潮【第百十三巻第十一号】


に い る よ う に 静 か だ っ た 。 こ こ に は 誰 も 住 ん で い な い の で は だ ち 」 と 書 い て い る は ず だ っ た 。 歩 は さ り げ な く 一 惟 に な に な い か と 疑 り た く な っ て く る 。 か を 伝 え よ う と し て い た 。 明 け 方 、 喉 が 渇 い た 一 惟 は そ っ と べ ッ ド を 抜 け だ し 、 カ ー ス ケ ッ チ ブ ッ ク を ひ ら く こ と か ら 遠 ざ か る よ う に 、 音 楽 批 テ ン 越 し に 夜 明 け の 光 が 細 く 差 し こ む リ ビ ン グ を 通 り ぬ け 、 評 研 究 会 の 部 室 の ピ ア ノ を 弾 く 機 会 も 間 遠 に な っ て い っ た 。 水 を 飲 み に キ ッ チ ン に は い っ た 。 細 川 が こ こ に 来 た こ と が あ 細 川 稔 に は あ れ か ら 何 度 も 会 っ て い た 。 も と も と 、 眼 鏡 の 向 る こ と を 示 す 明 ら か な 痕 跡 は 見 当 た ら な か っ た 。 細 川 は お そ こ う の 目 か ら 感 情 の 動 き が そ の ま ま う か が え る タ イ プ の 人 間 ら く い ま も 、 ア 。 ハ ー ト で 酔 い つ ぶ れ て い る は ず だ っ た 。 で は な か っ た が 、 こ れ ま で ど お り の 態 度 が 変 わ っ て い な い の も う 音 楽 批 評 研 究 会 に は い ら れ な い と 一 惟 は お も っ た 。 辞 は た し か だ っ た 。 依 子 に あ た ら し い 相 手 が で き た こ と に 勘 づ め る 理 由 を 誰 に ど う 告 げ れ ば い い の だ ろ う 。 そ の こ と を 考 え い て も 、 そ れ が 一 惟 だ と は 気 づ い て い な い の か も し れ な い 。 る 重 苦 し さ を は る か に う わ ま わ る 手 に 負 え な い 感 情 が 、 依 子 も し 気 づ い た と し て 、 一 惟 の い る と こ ろ で は 気 づ か な い ふ り の 眠 る べ ッ ド の な か で ぬ く も り に な っ て う ず く ま っ て い る 。 を し て い る と し た ら 、 そ れ は か え っ て 怖 ろ し い こ と だ っ た 。 べ ッ ド を 離 れ て キ ッ チ ン を 行 き 来 す る あ い だ に 冷 た く な っ た 部 室 か ら 遠 ざ か る よ う に な り 、 依 子 の マ ン シ ョ ン に 向 か う 一 惟 の か ら だ を 、 待 ち か ま え て い た そ れ が 包 み こ ん だ 。 日 が 増 え て ゆ き 、 ス タ イ ン ウ ェ イ を 弾 く 時 間 が 長 く な っ て い 依 子 が シ ャ ワ ー を 浴 び て い る あ い だ に リ ビ ン グ の カ ー テ ン っ た 。 依 子 が 講 義 に 出 席 す る た め に タ 方 ま で い な い 日 も 、 す を 開 け た 。 遠 く に 低 い 山 な み が 見 え た 。 す め ら れ る ま ま に 一 惟 は 、 音 の し な い 部 屋 で ピ ア ノ を 弾 き 、 秋 が 深 く な っ た 。 本 を 読 ん で 、 長 い 時 間 を ひ と り で 過 ご し た 。 き れ い な 葉 や 花 を 見 る と 以 前 な ら ス ケ ッ チ し 、 近 況 を 伝 え 平 日 の 午 後 、 一 惟 が ピ ア ノ を 弾 い て い る と き 、 電 話 が 鳴 っ る 手 紙 を 添 え 、 封 筒 に は 歩 が よ ろ こ び そ う な 記 念 切 手 を 貼 っ た 。 一 惟 は い っ た ん 鍵 盤 か ら 手 を 離 し た 。 依 子 が 隣 の 部 屋 に て 札 幌 に 送 っ て い た の に 、 道 で あ ざ や か な 色 の 落 ち 葉 を 見 て 電 話 を と り に い き 、 低 い 声 で や り と り し て い る 相 手 は お そ ら も 、 手 が 伸 び な く な っ た 。 塚 田 の 脚 の 装 具 の ス ケ ッ チ は 完 成 く 細 川 稔 だ っ た 。 依 子 は 会 え な い 理 由 を 手 短 に 伝 え て 、 ほ ど し て い た が 、 そ れ は 塚 田 の 退 院 祝 い に 渡 す つ も り だ っ た 。 な く 電 話 を 切 っ た 。 依 子 は リ ビ ン グ に も ど っ て く る と 、 ご め 歩 か ら も 手 紙 が 来 な く な っ た 。 最 後 に 届 い た 歩 か ら の 手 紙 ん ね 、 と だ け 言 い 、 一 惟 は も う 一 度 、 楽 譜 の 冒 頭 か ら ピ ア ノ に 、 万 年 筆 の 青 く 細 い 文 字 で 「 と も だ ち 」 と 書 い て あ っ た の を 弾 き 直 し た 。 は 、 お そ ら く 男 の と も だ ち だ ろ う と 一 惟 は 想 像 し た 。 歩 は た ピ ア ノ を 弾 き な が ら 、 向 け る 相 手 の い な い 怒 り の か た ま り ぶ ん 、 一 惟 が そ の よ う に 想 像 す る こ と を 考 え た う え で 「 と も が 突 然 、 胸 の 奥 か ら 黒 々 と せ り あ が っ て く る の が わ か っ た 。

新潮【第百十三巻第十一号】


い な か っ た 。 そ れ か ら 、 子 の 全 身 を 、 舐 め た 。 と と の 肥 ら な け れ ば な ら な い 時 期 に 、 痩 せ た 、 と 感 じ た 。 新 し い そ れ か ら 、 敷 い た 笹 を 、 調 え た 。 土 地 で 、 ( こ れ は 一 種 の 妥 協 だ っ た の だ が ) 冬 眠 用 の 穴 を 確 そ れ か ら 、 乳 を 与 え た 。 保 し た 。 岩 穴 だ っ た が 、 覆 い 隠 す よ う に 樹 々 が 茂 り 、 一 見 、 子 熊 が 眠 っ て い る 間 は 自 分 も 眠 っ た 。 樹 洞 だ と も 映 る 。 人 口 は 狭 い が 、 内 部 は 広 い 。 正 直 言 え ば 広 起 き た 。 乳 を 与 え た 。 舐 め た 。 笹 を 調 え た 。 眠 っ た 。 衰 弱 す ぎ た が ( あ と 二 頭 は 成 獣 の 羆 が 人 れ そ う だ っ た ) 、 選 り 好 し た 。 衰 弱 は 進 ん で い た 。 す っ か り 穴 は 雪 の 下 に あ る 、 と 感 み は で き な い 。 羆 は 数 え て い な か っ た け れ ど も 撃 た れ て か ら じ た 。 も う 「 冬 」 で 、 雪 に 埋 も れ て い る の だ 、 と 感 じ た 。 乳 四 週 間 が 経 過 し て い た 。 そ ろ そ ろ 始 め な け れ ば 、 と 思 っ て い は 、 ま だ 出 た 。 乳 は 、 い ず れ 出 な い だ ろ う 、 と 感 じ た 。 自 分 た 。 本 当 な ら ば も っ と も っ と 前 に 、 自 分 で 掘 っ て い た の に 、 が 死 ぬ の だ と は 思 わ な か っ た 。 こ の 子 供 が 死 ぬ の だ と 感 じ と 思 っ て い た 。 自 分 の こ の 手 で 掘 っ て 、 そ の 穴 を 手 直 し し た 。 い や だ 、 と 田 5 っ た 。 い や な の だ 。 全 部 は 今 と い う 時 間 に て 、 最 適 な も の に し て い た の に 、 と 思 っ て い た 。 こ の 手 で 含 ま れ て い た の だ か ら 、 そ の 今 が 、 断 た れ て し ま う こ と に は : こ の 手 で 掘 っ た ら 、 肩 が 痛 い 。 痛 い 、 痛 い 、 痛 い 。 掘 れ 耐 え ら れ な い の だ 。 だ か ら 未 来 を 考 え た 。 だ か ら 未 来 を 、 な い 。 も っ と 未 来 を 、 と 考 え た 。 し か し 、 ど ん な に 考 え た と こ 産 み た い 。 産 ま れ る 。 ろ で 奇 蹟 は 生 じ な か っ た 。 母 熊 の 呼 吸 は 絶 え た 。 鼓 動 は 止 ま 笹 を 集 め た ー ー 、 実 際 に は 何 日 も 前 か ら 集 め て い た 。 笹 の 葉 っ て い て 、 そ れ は 子 熊 が 乳 を 吸 っ て い る 胸 の 、 そ の 、 極 度 に を 。 そ れ は 食 糧 で は な か っ た 。 巣 材 だ っ た 。 穴 の 底 に 敷 い 脂 肪 の 薄 い 皮 膚 の 下 で も う 応 え な い 。 た 。 そ の 「 敷 い て い る 」 環 境 だ け は 丁 寧 に 、 手 直 し で き た 。 梗 概 そ れ か ら 、 ま た 、 思 っ た 。 産 み た い 。 産 ま れ る 、 産 ま れ る 、 第 二 次 世 界 大 戦 の 敗 戦 に よ り 、 北 海 道 は ソ 連 に 占 領 さ れ た 。 産 ま れ る 。 人 口 を 封 じ た 。 こ れ も 笹 の 葉 で 。 雪 を 感 じ た 。 降 鱒 淵 い づ る を 指 揮 官 と す る 抗 ソ 武 装 組 織 は ゲ リ ラ 戦 を 続 け 、 雪 : : : 降 雪 ? 眠 っ た 。 産 ま れ る 、 産 ま れ る 、 産 ま れ る 、 痛 一 九 五 〇 年 に 網 走 刑 務 所 を 強 襲 す る 。 北 海 道 が イ ン ド と 連 邦 化 し た 「 印 日 連 邦 ー へ 編 人 さ れ る 二 十 二 年 前 の こ と だ っ た 。 い 、 痛 い 。 異 な る 痛 み が 来 た 。 陣 り の 痛 み だ っ た 。 明 ら か に 二 〇 〇 〇 年 代 、 同 地 で 育 っ た 若 者 四 人 が ヒ ッ プ ホ ッ プ グ ル ー 早 産 だ っ た が 、 生 ま れ た 。 羆 の 雌 は 一 頭 か ら 三 頭 の 子 を 産 む プ 「 最 新 」 を 結 成 す る 。 彼 ら の 音 楽 は 野 狐 に よ っ て ニ ッ が 、 一 頭 だ け が 生 ま れ た 。 小 さ か っ た 。 呼 吸 を し て い た 。 泣 プ ノ ッ プ と 名 付 け ら れ 、 世 界 規 模 の 隆 盛 を 誇 っ て い た が 、 ツ い た 。 ア ー 中 の 盛 岡 で メ ン バ ー の ジ ュ ン チ が 誘 拐 さ れ て し ま う 。 そ れ か ら 、 乳 を 与 え た 。 し き 343 ミ ラ イ ミ ラ イ

新潮【第百十三巻第十一号】


論 敵 は 途 中 で 堪 え き れ ず に 激 昂 し 、 憤 然 と 席 を 立 つ か 、 接 ぎ よ 。 『 シ ェ ル プ ー ル の 雨 傘 』 み た い に 歌 っ て 話 せ ば い い ん だ 。 穂 を 失 っ て 沈 黙 す る か の ど ち ら か だ っ た 。 そ こ ま で 来 れ ば 、 深 刻 な こ と も 、 な に か を 頼 む と き も 、 ひ そ か な 気 持 ち を 伝 え る と き も 。 喧 嘩 だ っ て 歌 い な が ら や っ た ら 、 す ぐ に ば か ば か 塚 田 は 何 事 も な か っ た よ う な 顔 に も ど っ て 相 手 を 見 送 り 、 論 争 が 終 わ る 。 し く な る さ 」 終 始 冷 静 で 、 人 格 に 結 び つ け て 相 手 を 攻 撃 す る こ と は け っ 塚 田 と 一 惟 は 大 学 の 学 食 で 向 き あ い 、 お そ ろ し く ま ず い カ し て な か っ た 。 し か も つ ぎ に 会 っ た と き に は 、 拍 子 抜 け す る レ ー を 食 べ て い た 。 議 論 す る と き も 歌 っ て み た ら ど う ? と ほ ど 明 る く 、 な に も な か っ た か の よ う な 顔 で 声 を か け て く る 聞 い て み た い 気 持 ち が し た が 、 一 惟 は 黙 っ て カ レ ー を 口 に は こ ん だ 。 か ら 、 議 論 を し た 相 手 は 反 撃 の 機 会 や 遠 ざ か ろ う と 身 構 え る 態 度 ま で あ っ け な く 奪 わ れ て し ま う 。 奪 わ れ る と い う よ り 塚 田 の 下 宿 の 壁 に は 本 棚 が ぐ る り と 並 び 、 思 想 書 、 哲 学 書 も 、 化 学 変 化 を 起 こ し た よ う に 雲 散 霧 消 す る 。 誰 か か ら 恨 み の た ぐ い で 埋 め つ く さ れ て い た 。 古 本 屋 の 匂 い が し た 。 唯 一 を か っ た と し て も 、 こ の よ う な 集 団 に よ る 暴 行 に 結 び つ く こ 空 い て い る 机 の 前 の 壁 に は 「 シ ェ ル プ ー ル の 雨 傘 」 の ポ ス タ と は 考 え に く い 。 ー が 貼 ら れ て あ っ た 。 ど こ か の 名 画 座 に 貼 ら れ て い た の を 剥 一 惟 は い つ も 塚 田 の 議 論 を 遠 巻 き に し て 見 て い る ば か り だ が し て 盗 ん で き た ら し い 。 カ ト リ ー ヌ ・ ド ヌ ー ヴ の 虚 無 的 な っ た 。 話 す と し た ら 、 映 画 の 話 か 野 球 の 話 、 マ ン ガ の 話 だ っ 目 も と は 、 い か に も 塚 田 ら し い 好 み だ と お も っ た が 、 そ の 感 た 。 論 争 に 神 経 を 集 中 し て い る と き と は 別 人 の よ う な 顔 に な 想 は 言 わ ず に お い た 。 、 気 楽 で ば か ば か し い や り と り に な っ た 。 塚 田 は よ く 笑 塚 田 徹 は い ま 白 い べ ッ ド の う え で 、 歌 う ど こ ろ か 、 こ と ば う 。 無 邪 気 な 笑 い 声 に 人 柄 が 出 て い る 、 と 一 惟 は お も っ た 。 を 発 す る 気 配 も な か っ た 。 ヒ ゲ の 伸 び た 青 白 い 顔 を さ ら し て 塚 田 が 論 理 だ け で 組 み 立 て ら れ た 人 間 で な い こ と が よ く わ か 眠 っ て い る 。 た だ 目 を つ ぶ っ て い る だ け の 塚 田 は 、 台 座 か ら る 。 ほ ん と う は 論 理 な ん て ど う で も い い と 言 い だ し か ね な い 外 さ れ 、 横 た え ら れ た 小 便 小 僧 の よ う だ っ た 。 目 的 を 失 っ た と こ ろ が あ る 、 と 一 惟 は 睨 ん で い た 。 思 想 や 哲 学 に あ れ だ け そ の 白 い 顔 を 、 一 惟 は し ば ら く 見 て い た 。 つ ま む の に ち ょ う の め り こ ん で い る の は 、 そ れ を 突 き 詰 め て 、 い っ か そ れ を す ど い い か た ち を し た 鼻 翼 は 、 こ ん な 大 怪 我 を し た こ と を 知 ら な い か の よ う に 、 ゆ っ く り と 穏 や か に 呼 吸 を つ づ け る た め べ て 放 り だ そ う と し て い る の で は な い か 。 ど う で も い い よ う な 話 を し て い る と き の ほ う が 、 は る か に 魅 力 的 だ っ た 。 の 、 出 人 り 口 の 役 割 を 静 か に つ づ け て い る 。 一 惟 は 足 音 を 立 の 光 て な い よ う に し て 、 病 室 を 出 た 。 塚 田 は 人 間 を 、 遠 く 動 物 に 及 ば な い と 考 え て い た 。 「 人 間 が 不 恰 好 な の は さ 、 鳥 が 歌 う よ う に は 喋 れ な い か ら だ ほ ぼ 一 日 が か り の 手 術 は 無 事 に 終 わ っ た 。 病 室 に も ど っ た

新潮【第百十三巻第十一号】


そ ん な ふ う に 死 に な が ら 、 そ の 雌 の 熊 は 、 誰 か が 巣 穴 に 人 す る 、 と は い え 、 そ の 範 囲 は 網 走 湖 を ま る ま る 北 側 半 分 の 領 く っ し や ろ こ っ て き た の を 感 じ た 。 そ の 冬 眠 用 の 穴 に 。 亀 裂 の 人 っ て し ま 域 に 収 め た 五 十 キ ロ メ ー ト ル 四 方 に 及 ん だ 。 南 は 屈 斜 路 湖 に っ た 今 を 、 さ ら に 押 し 広 げ て 。 達 し て い た 。 い わ ば 、 そ れ ら 全 域 が 網 走 だ っ た 。 六 年 抵 抗 組 織 の 兵 た ち は ー ー も ち ろ ん 鱒 淵 い づ る も 含 め て ー ー 大 半 が ア メ リ カ 製 の 最 新 の 銃 火 器 で 武 装 し て い た が 、 ソ 連 軍 か ら 奪 う 一 九 五 〇 年 網 走 ( チ パ シ リ ) こ と も 奨 励 し た 。 中 隊 に は お よ そ 二 百 名 が 所 属 し た が 、 そ の む か し む か し 、 い づ る 大 佐 は 網 走 か ら チ 。 ハ シ リ に 辿 り つ い う ち の 七 十 名 も が 逃 走 か ら 二 週 間 後 に は 町 を 一 、 二 挺 、 た 。 ア イ ヌ 語 の チ 。 ハ シ リ Ci-pa-sir は 「 我 ら が 見 つ け た 土 予 備 に 持 っ こ と に な っ た 。 む か し む か し 、 そ ん な 天 才 の い づ 地 」 と の 謂 い で あ っ て 、 い づ る 大 佐 は ま さ に 本 人 と そ の 秘 密 る 大 佐 も 撃 た れ か け た 。 作 戦 の 天 才 で あ る こ と と 、 戦 場 で の の 同 胞 し か 知 り よ う の な い 場 所 に 到 達 し て い た 。 一 九 五 〇 年 強 靭 さ 、 強 運 さ は 関 係 が な か っ た 。 あ ま り に も 展 け た 平 地 の 十 二 月 の こ と だ っ た 。 そ こ は 依 然 と し て ー ー ー ど こ ま で も で 、 あ ま り に も 陣 頭 指 揮 に 集 中 し て 、 あ ま り に も 「 あ れ こ そ 網 走 で あ っ た 、 と も 言 え た 。 な に し ろ 一 切 は 伝 説 の 、 あ が 抵 抗 組 織 の 将 で あ る 」 と 判 然 と し 過 ぎ て い て 、 狙 わ れ た 。 の 大 い な る 網 走 戦 の 続 き で 、 い づ る 大 佐 の 指 揮 す る 中 隊 が ソ 一 時 間 超 、 じ っ と 追 尾 さ れ て ( 具 体 的 に は 待 機 さ れ て ) 、 そ 連 の 一 大 追 討 軍 に 狙 わ れ て い た 。 む か し む か し 、 い づ る 大 佐 れ か ら 狙 撃 さ れ た 。 霧 が 出 て い た 。 そ し て 平 原 に は 別 の こ と 鱒 淵 い づ る は い ち ど 刑 務 所 の 置 か れ る 網 走 市 街 か ら 山 中 人 間 で は な い 生 き 物 が い た 。 人 間 で は な か っ た が 二 本 足 で 起 に 逃 れ る や 、 無 意 味 な 反 攻 、 無 意 味 な 逃 走 の 策 を 取 ら ず 、 す ち あ が る こ と が で き て 、 し か も 「 な に や ら 奇 妙 な 、 不 穏 な 雰 な わ ち 逃 げ ま わ る こ と を 止 め て 潜 伏 に 人 っ た 。 作 戦 に 関 し 囲 気 だ な 」 と 直 感 か ら 察 し た 時 に は 警 戒 の た め に 起 立 す る 習 け も の て 、 鱒 淵 い づ る は 天 才 だ っ た 。 本 人 は そ ん な ふ う に は 自 称 し 慣 の あ る 獣 で 、 そ ん な ふ う に 二 本 足 に な る と そ の 体 長 は 一 メ な か っ た が 、 周 囲 は そ う し た 。 「 作 戦 の 天 才 だ 」 と 評 し た 。 ー ト ル 七 十 セ ン チ を 超 え て い た 。 ま さ に 人 間 に 似 て い た 。 む 鱒 淵 い づ る は ( そ し て 配 下 の 中 隊 は ) 腰 を 据 え て 対 応 し た 。 か し む か し 、 い づ る 大 佐 こ と 鱒 淵 い づ る は 、 あ る 種 の 直 感 か 二 カ 月 で 撒 け る 、 と 鱒 淵 い づ る は 六 年 抵 抗 組 織 の 直 属 の 兵 た ら 誰 か が 自 分 を 狙 っ て い る こ と 、 そ れ が ソ 連 軍 以 外 の 者 で は ち に 言 っ た 。 そ れ ま で 粘 れ 、 と 。 粘 る こ と は 重 要 だ っ た 。 食 あ り え な い こ と 、 だ と し た ら 狙 撃 手 の 照 準 か ら 咄 嗟 に 、 た だ ち に 消 え な け れ ば な ら な い こ と を 察 し て 、 ば っ と 屈 み 、 這 い 糧 を 確 か め た 。 野 戦 食 が ど の 程 度 あ る の か を 。 二 カ 月 か : ま る で 冬 籠 も り だ な 、 と 言 っ た 。 自 ら 期 間 を 区 切 っ た の に 、 な が ら 転 び 、 そ れ か ら 駆 け 、 位 置 を 変 え た 。 し か し 自 分 が 直 前 ま で い た と こ ろ に ー ー 、 そ の 何 メ ー ト ル か 前 に 、 ま た は 後 ろ そ う し た 感 慨 を 抱 い た こ と に 苦 笑 し た 。 逃 げ ま わ ら ず に 潜 行 ま ろ ひ と ひ ら

新潮【第百十三巻第十一号】


か 、 メ ン ツ だ と か 、 プ ラ イ ド だ と か 、 人 間 関 係 な ど に 煩 わ さ な く て も 、 日 が な 妄 想 に か ま け る の が オ レ の 本 来 の 仕 事 だ け れ る の で 、 思 考 を 深 め る こ と が で き な い 。 眠 っ て い る 方 が 断 ど 、 長 ら く フ ィ ク シ ョ ン の 世 界 に 生 き て い る と 、 現 実 逃 避 に 然 、 ク リ エ イ テ イ プ で い ら れ る の よ ね 。 も 飽 き て く る ん だ よ 。 酒 を 飲 ん だ り 、 人 間 関 係 に 煩 わ さ れ た 白 瀬 は 「 せ つ か く 覚 醒 さ せ て や っ た の に 、 夢 の 世 界 に 戻 り 、 病 気 を し た り 、 拒 ま れ る と わ か っ て い る の に 若 い 女 を 口 た が る と は が っ か り だ な 」 と ぼ や く 。 す で に こ の 人 た ち は 半 説 い た り 、 そ う い う 無 駄 な こ と を や る の も 嫌 い じ ゃ な い ん ば 冬 眠 依 存 体 質 に な っ て い る の で は な い か ? 安 易 に 神 を 見 で 、 こ の 生 け る 屍 を 目 覚 め さ せ て く れ て 、 あ り が た い と 思 っ て し ま う よ う な 学 者 の い う こ と は 信 用 で き な い が 、 白 瀬 が 目 て い る よ 。 し か し 、 現 実 の 世 界 も 茶 番 だ ら け で 、 誰 か の 思 惑 覚 め さ せ た も う 一 人 の 男 、 小 説 家 の 古 井 は も う 少 し ひ ね く れ 通 り に 事 が な さ れ 、 オ レ た ち は 黙 っ て 従 っ て い る だ け だ 。 現 て い た 。 実 自 体 が 小 説 な ん か よ り よ ほ ど 巧 妙 に 仕 組 ま れ た フ ィ ク シ ョ 冬 眠 と 永 眠 は 紙 一 重 で ね 、 ず っ と 眠 り 続 け て い れ ば 、 生 ン な の だ 。 だ か ら 、 小 説 家 が 目 覚 め た と こ ろ で 出 る 幕 は な き て い る の か 、 死 ん で い る の か も 曖 昧 に な る 。 土 の 下 で 眠 る い 。 も っ と も 出 る 幕 が な い の は 学 者 も 政 治 家 も 同 様 だ が ね 。 か 、 カ プ セ ル の 中 で 眠 る か の 違 い に 過 ぎ な い 。 そ れ で も 脳 は 政 府 は 機 能 不 全 に 陥 っ て い る と 卯 木 さ ん は い っ た が 、 実 際 、 働 い て い る ん だ か ら 、 生 き て い る と い う こ と に な る だ ろ う 。 政 治 家 も 官 僚 も こ の カ タ ス ト ロ フ に は 対 処 し よ う が な か っ 「 人 間 は 考 え る 葦 」 と い っ た の は 。 ハ ス カ ル で 、 「 我 思 う が ゆ え に 我 あ り 」 は デ カ ル ト だ が 、 ど ち ら も 正 し か っ た 。 も う 肉 体 政 府 の 転 覆 を 図 る ま で も な く 、 政 府 は 自 己 崩 壊 し て い た な ん て お 荷 物 で し か な い 。 わ け で す ね 。 『 ガ リ バ ー 旅 行 記 』 に よ れ ば 、 日 本 の は る か 東 に は バ ル ニ バ 白 瀬 の コ ト 。 ハ に 頷 き な が ら 、 古 井 は 「 ク ー デ タ ー を 起 こ し ー ビ と い う 島 国 が あ り 、 国 王 の 宮 廷 で も あ る ラ ピ ュ ー タ は 巨 た と こ ろ で 、 制 圧 し て く れ る 相 手 が い な い 」 と 笑 っ た 。 も と 大 な 天 然 磁 石 の 磁 力 に よ っ て 、 宙 に 浮 い て い る 。 ラ ピ ュ 1 タ も と 、 ク ー デ タ ー は 茶 番 に 過 ぎ な い こ と は わ か っ て い た が 、 の 市 民 は 全 員 が 科 学 者 で 、 常 時 、 思 考 に 集 中 し て い る た め 、 「 代 々 木 ゼ ミ ナ ー ル 」 の 幹 部 た ち と 裏 で 通 じ て い た は ず の 官 心 こ こ に あ ら ず の 状 態 で 、 時 々 現 実 に 戻 る た め に 、 「 叩 き 役 」 邸 や 国 家 安 全 保 障 局 の 人 々 は 今 、 何 を し て い る の だ ろ う か ? に 頭 を 叩 い て も ら っ て い る 。 彼 ら が ラ ピ ュ ー タ 市 民 な ら 、 白 モ ロ ポ シ は 彼 ら の 許 に 辿 り 着 き 、 ふ ざ け た 暗 殺 計 画 を 実 行 に 瀬 や ミ ロ ク は 「 叩 き 役 」 を し た こ と に な る 。 移 す こ と が で き た の だ ろ う か ? 昔 な が ら の 人 間 の 暮 ら し に 戻 る か 、 脳 内 イ マ ジ ネ ー シ ョ そ れ は わ か ら な い が 、 政 府 中 枢 も 我 々 が い た シ ェ ル タ ー ン の 世 界 で 暮 ら し て ゆ く か 、 そ れ が 問 題 だ な 。 冬 眠 な ん か し と 変 わ ら な い 状 態 だ っ た の で は な い か 。 だ か ら 、 暗 殺 は 案