検索 - みる会図書館

検索対象: 碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣から 388件ヒットしました。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


碧 き 工 1 ゲ の 恩 寵 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 3

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


榛 名 し お り ( は る な ・ し お り ) 神 奈 川 県 平 塚 市 在 化 作 品 に 「 マ リ ア 』 ( 第 3 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 佳 作 受 賞 ) 『 王 女 リ ー ズ 』 「 プ ロ ア 物 語 』 。 『 テ ュ ロ ス の 聖 母 』 「 ミ エ ザ の 深 き 眠 り 』 「 碧 き ェ ー ゲ の 恩 む と つ つ ・ く 初 め て の シ リ ー ズ 連 作 、 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 〃 か 絶 好 調 で あ る 。 N. D ℃ .913 378P 15cm デ サ イ ン 一 山 口 馨 講 談 社 X 文 庫 ロ マ ン ス ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 3 white heart あ お お ん ち ょ う 碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 榛 名 し お り 円 98 年 9 月 5 日 第 一 刷 発 行 は る な 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 カ バ ー 印 刷 ー 双 美 印 刷 株 式 会 社 加 藤 製 本 株 式 会 社 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03 ー 5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395 ー 3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8001 発 行 所 - ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 製 本 合 わ せ は 文 芸 局 文 芸 図 書 第 四 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お , こ の 本 に つ い て の お 問 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は , 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 し ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ◎ 榛 名 し お り 1998 Printed in Japan I S B N 4 - 0 6 - 2 5 5 3 71 - 6 ( 文 4 )

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


月 夜 の 珈 琲 館 微 熱 ペ ー ゼ 本 気 で 欲 し け り や モ ノ に し ろ , 深 沢 梨 絵 ズ 危 険 な 恋 人 Z 大 附 属 病 院 で 不 審 な 事 件 が 起 こ り 始 め て : ″ 鈍 感 」 一 一 紀 に 、 い よ い よ 高 岸 が 大 接 近 : ・ ? ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) 成 田 空 子 云 む バ ス ワ ー ド 本 気 で 欲 し け り や 深 沢 梨 絵 ジ 無 敵 な ば く ら 説 優 等 生 の 露 木 に 振 り 回 さ れ る 渉 は : ・ 。 ( 絵 ・ こ う し ま 奈 月 ) 高 岸 、 な ん か 俺 た ち 、 ギ ク シ ャ ク し て な い か ? ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) 本 気 で 欲 し け り や マ リ ア プ ラ ン デ ン プ ル ク の 真 珠 云 む バ ス ワ ー ド 国 榛 名 し お り 深 沢 梨 絵 モ ノ に し ろ ! 絶 体 絶 命 の 三 紀 ! 高 岸 は 救 出 に 向 か う が : ・ 。 ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) 耽 第 3 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 《 恋 愛 小 説 部 門 》 佳 作 受 賞 作 リ ( 絵 ・ 池 上 明 子 ) & 王 女 リ ー ズ テ 、 ー ダ ー 朝 0 青 」 瞳 榛 名 し お り 放 課 後 の ビ ュ ー ポ イ ン ト 本 気 で 欲 し け 3 架 沢 梨 絵 恋 が 少 女 を 、 大 英 帝 国 エ リ ザ ベ ス 一 世 に し た 。 ( 絵 ・ 池 上 沙 京 ) 高 岸 歳 。 ク ラ ス 委 員 の 三 紀 が 気 に な っ て : ・ 。 ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) 恋 評 プ ロ ア 物 語 黄 金 の 海 の 守 護 天 使 榛 名 し お り 深 沢 梨 絵 戦 う 騎 士 、 愛 に 生 き る 淑 女 。 中 世 の 青 春 が 熱 い 。 ( 絵 ・ 池 上 沙 京 ) 美 貎 の 映 画 俳 優 を る ス キ ャ ン ダ ラ ス ・ ロ マ ン 。 ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) 大 い と し の レ プ リ カ テ ュ ロ ス の 聖 母 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 榛 名 お り 深 沢 梨 絵 ト 紀 元 前 の 地 中 海 に 、 壮 大 な ド ラ マ が 帆 を あ げ る ー ( 絵 ・ 池 上 沙 京 ) 沙 樹 と ケ ン シ ョ ウ の キ ス シ ー ン に 会 場 は 騒 然 ! ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) ミ エ ザ の 深 き 眠 り ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 榛 名 し お り い と し の レ プ リ カ ß 沐 尺 利 木 絵 「 レ プ リ カ 」 結 成 当 時 の ケ ン シ . ョ ウ と 沙 樹 は : ウ ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) イ 辺 境 マ ケ ド = ア の 王 子 ア レ ク ス 、 に 出 会 う ! ( 絵 ・ 池 上 沙 京 ) 卞 ☆ 碧 き エ ー ゲ の 恩 寵 , 」 ク ド 。 , 伝 奇 3 榛 名 し お り 春 は 出 会 い の 習 曲 私 立 佳 敦 学 院 物 語 牧 ロ 杏 全 寮 制 男 子 校 に 入 学 し た 氤 た ち の " 試 練 。 ? 庫 突 然 の 別 離 が 狂 わ す サ ラ と ハ ミ ル の 連 命 は ? ( 絵 ・ 池 上 沙 京 ) 文 本 気 で 欲 し け り や モ ノ に し ろ ! 深 沢 梨 絵 新 緑 は 疑 惑 の 詩 私 , 佳 敦 学 院 牧 ロ 杏 事 実 は 「 小 説 」 よ り 奇 な り ? 美 形 が 危 な い ー ( 絵 ・ Prin) 社 三 紀 と 高 岸 。 ち ょ 「 と ア ブ ナ イ 、 男 の 友 情 譚 ! ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) ペ イ ビ ー ・ ス テ ッ プ 本 気 で 欲 し け 3 深 沢 梨 絵 初 夏 は 劇 的 な 遁 走 私 立 佳 敦 学 院 物 語 牧 ロ 杏 講 三 紀 と 高 岸 の 仲 を 裂 く ( ? ) 赤 ち ゃ ん が 登 場 " " ( 絵 ・ 真 木 し よ う こ ) 佳 敦 学 院 の 名 物 〃 野 外 劇 ″ を め ぐ っ て 騒 動 が ー ( 絵 ・ Prin) ☆ : : : 今 月 の 新 刊 ( 絵 ・ Prin)

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


384 な ん と い う こ の 青 の 透 明 感 だ ろ う 。 ち ゃ く し 目 の 前 に い る こ の 美 し き 青 年 指 揮 官 こ そ 、 フ ィ リ ッ ポ ス 二 世 の 嫡 子 で リ ュ シ ア ス の 異 母 せ っ し よ う 弟 、 そ し て 今 回 の 征 伐 軍 を 率 い て い る 、 マ ケ ド ニ ア の 摂 政 王 子 ア レ ク サ ン ド ロ ス そ の 人 。 、 し な し ロ マ ン ス 「 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 固 」 に 続 く

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 ア レ ク サ ン ド ロ ス イ 云 奇 3 榛 名 し お り white heart 講 談 社 文 庫

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


い る は ず の 隠 れ 家 に た ど り つ こ う と 、 深 い 森 の 中 を 仲 間 た ち と 懸 命 に 逾 い 進 ん で い た の そ し て 敵 と 乱 闘 と な り 、 は ぐ れ て し ま っ た 。 あ の 無 情 の 戦 場 で 、 マ テ ィ ア が 生 き 延 び た と は と て も 思 え な か っ た 。 ル デ ト の 足 の 古 傷 か 思 い 出 し た よ う に 痛 ん だ 。 マ テ ィ ア は 今 ど こ に い る の だ ろ う 。 ど こ か の 森 の 中 で 、 静 か に 眠 っ て い る の だ ろ う か 。 : マ テ ィ ア は 、 ひ ょ う き ん な や つ で ね 。 や つ は す ご く 腕 も た っ た か ら 、 私 と は 正 反 対 だ の 好 対 照 だ の と よ く 言 わ れ て ま し た 」 「 そ う 」 寵 「 と に か く あ た り を 楽 し く さ せ る や つ で す 。 頼 り が い の あ る 、 大 柄 な : : : そ う だ な 、 ど ち の ら か と い う と 、 リ ュ シ ア ス 様 を も っ と 陽 気 な 感 じ に し た ら 似 て る ん じ ゃ な い か な 。 体 つ き 一 も ち ょ う ど あ ん な 感 じ だ 」 サ ラ は ち ょ っ と び つ く り し た 。 碧 「 リ ュ シ ア ス は テ ュ ロ ス で は ず い ぶ ん 楽 し い 人 だ っ た の よ 」 ル デ ト は 優 し く う な ず い た 。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


よ ほ ど あ の ハ ミ ル と い う 若 者 が 好 き な の だ ろ う 。 ず っ と ず っ と 会 い た い と 思 い 焦 が れ て き た の に 、 い ざ 会 う と な る と 腰 に な っ て 、 自 分 の 見 た 目 に さ え 自 信 が 持 て な く な る 。 な の に 気 持 ち は す で に ハ ミ ル の と こ ろ ま で 飛 ん で い っ て し ま っ て い る か ら 、 ま す ま す 混 乱 は 深 ま る 。 「 と 一 つ し ょ 一 つ : : : 「 大 丈 夫 ー と ま ず は 自 信 を 持 た せ て や り 、 さ あ 、 と 腕 を つ か ん で 馬 の 上 に 引 き 上 げ た 。 サ ラ は い つ に な く な す が ま ま に な っ て い る 。 心 臓 の 音 が 聞 こ え て き そ う だ 。 も う 声 も 出 ル デ ト は 馬 を 駆 け さ せ な が ら 思 っ た 。 こ の 妹 の よ う に 大 事 に 思 う 少 女 が 、 恋 人 に 抱 き っ い て い く 幸 せ な 光 景 を 早 く 見 た い 。 ( 早 く : : : ) ハ ミ ル と い う あ の 若 者 が 、 は る ば る 波 濤 を 越 え て サ ラ を 捜 し た ず ね て き た こ と が 奇 跡 に も 思 え た 。 ル デ ト は 目 を 醒 ま さ れ る 思 い だ っ た 。 そ う だ 。 き っ と 真 剣 に 思 い 合 っ て い れ ば 、 恋 人 が 一 一 度 と 会 え な い よ う な 場 所 な ど な い の か も し れ な い 。 ど ん な 遠 い 場 所 に 一 一 人 が 引 き 離 さ れ は と う

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


誰 か が 彼 を 過 去 の 痛 み か ら す ぐ 解 放 し て あ げ る べ き だ っ た 。 そ し て サ ラ に は 自 分 に そ れ が で き る ん じ ゃ な い か と い う 思 い が あ っ た 。 す ん な り と は い か ん ぜ ん か な か っ た が 、 今 リ ュ シ ア ス は ミ エ ザ の 墓 に 眠 る 愛 し い 妻 に 見 守 ら れ な が ら 、 敢 然 と 正 面 の 敵 に 立 ち 向 か お う と し て い る 。 彼 の 逃 避 行 は 終 わ っ た の だ 。 自 分 の し た こ と は 間 違 い で は な か っ た と サ ラ は 思 う 。 サ ラ は 自 分 を 誇 り に さ え 思 っ た 。 で も 、 寂 し さ は 残 っ た 。 ハ ミ ル と い う 家 族 を 失 っ た の で あ る 。 ば っ か り 開 い た 空 間 を 埋 め る た め に も 、 こ の ハ ト ウ ソ ス の 街 づ く り に サ ラ は 誠 心 誠 意 打 ち 込 ん だ 。 人 々 が 戻 り 、 失 わ れ た 故 郷 が だ ん だ ん 活 気 を 取 り 戻 す の を 見 て 、 サ ラ の 心 は 温 寵 ま り 、 深 い 満 足 感 を 覚 え は じ め た 。 の サ ラ の 夢 だ っ た 、 子 供 た ち の た め の 小 さ な 学 校 も つ い 先 日 で き た 。 ル デ ト も そ ば に い て 一 助 け て く れ る 。 幸 せ だ っ た 。 も う な ん に も い ら な い は ず だ っ た 。 と こ ろ か ど , つ だ ろ 一 つ 。 碧 今 日 、 ハ ミ ル の 名 を し ば ら く ぶ り に 聞 い た と た ん に 、 サ ラ の 心 臓 は ど き ど き 鼓 動 を 打 ち つ ば な し で 、 こ の ま ま で は お さ ま り そ う も な い こ 」 う

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


エ リ ッ サ の 父 ル リ が 想 像 し て い た よ り ず っ と 若 々 し い 人 物 だ っ た の で 、 カ イ ル ー ズ は 驚 寵 地 中 海 き っ て の 大 商 人 で 、 テ ュ ロ ス の 行 政 に も 進 出 す る ほ ど の 人 物 な ら ば 、 さ ぞ 抜 け 目 の の な い 脂 ぎ っ た 中 年 男 だ ろ う と 思 っ て い た 。 し い か に も 行 が 、 広 間 に 引 き 出 さ れ た カ イ ル ー ズ の 前 に 現 れ た の は 、 す ら り と 背 の 高 ) 工 動 的 で 魅 力 的 な 好 紳 士 だ っ た 。 碧 お じ 、 ハ ミ ル の 伯 父 で あ る 。 妻 を 生 ま れ の よ さ も あ る だ ろ う か 。 さ す が に エ リ ッ サ の 父 親 で 失 っ て か ら は ず っ と 独 り 身 だ と い う が 、 よ く テ ュ ロ ス の ご 婦 人 方 が 放 っ て お く も の だ 。 だ が 、 な ん だ か 妙 な 一 日 だ っ た と 思 い 、 お か し く も あ っ た 。 や し き ( こ の 一 つ 隣 の 邸 で ハ ミ ル は 生 ま れ 育 っ た わ け か ) ハ ミ ル の や っ 、 今 ご ろ ど う し て い る だ ろ う 。 人 づ て に 、 サ ラ は 無 事 一 兀 気 に な っ た 、 ロ ー ド ス 島 に い る と 聞 い た ば か り だ 。 ( サ ラ と う ま く や っ て る の か な ) 次 の 瞬 間 、 カ イ ル ー ズ は 深 い 眠 り に 落 ち て い た 。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


212 ま く ら も と つ い に ハ ミ ル は 捕 ら わ れ の 姫 の 枕 元 に 立 っ た 。 姫 は 眠 っ て い る ら し い 思 っ た よ り も 、 長 い 道 の り に な っ た 。 ま わ り ま わ っ て 、 こ こ に た ど り つ く ま で 三 月 も か か っ て し ま っ た 。 ( ー ー 案 外 、 楽 し い 旅 だ っ た け ど ね ) ゅ う か い ハ ミ ル は 思 い 返 し た 。 最 初 に 訪 れ た ク レ タ 島 で は 、 姫 の 誘 拐 に つ い て 直 接 の 手 が か り を 得 る こ と は で き な か っ た 。 ち ょ っ と 甘 か っ た な 、 と ハ ミ ル は 自 分 に あ き れ て し ま っ た 。 ク レ タ に 行 っ て き い て み れ ば 、 た ち ま ち わ か る よ う な 気 に な っ て い た の だ 。 だ が ク レ タ 島 一 の 港 イ ラ ク リ オ ン で 日 銭 を 稼 ぐ う ち に 、 同 じ 釜 の 飯 を 食 う 仲 間 の 人 夫 か か ま み つ き