検索 - みる会図書館

検索対象: 赤い悪夢 (5分後に意外な結末)

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)から 192件ヒットしました。

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


し ん じ ん ぶ か ジ ャ ッ ク は と て も 信 心 深 い 男 だ 。 子 ど も の こ ろ か ら 朝 起 き た 時 と 夜 眠 る 前 の 祈 り を 欠 か し た こ と は な い 。 食 事 を す る 前 は 必 ず い の 神 に 感 謝 の 祈 り を さ さ げ た 。 フ ァ ス ト フ ー ド 店 で ハ ン バ ー ガ ー を 食 べ る 時 も 、 屋 台 の ホ ッ ト ド ッ グ を 食 べ る 時 も だ 。 せ い し ょ く だ ら な い 本 は 読 ま ず 、 聖 書 を 愛 読 し た 。 な か で も 、 神 が 起 こ し た と い う 奇 跡 の 物 語 に 、 幼 う ば し ジ ャ ッ ク は 心 を 奪 わ れ た 。 神 に 愛 さ れ た 人 間 が ピ ン チ に お ち い っ た 時 、 天 か ら 救 い の 手 が 差 し 伸 べ ら れ る 。 心 か ら 祈 れ き せ き ば 、 石 が パ ン に 変 わ っ た り 、 海 が 真 っ ニ つ に 割 れ て 道 が で き た り 、 そ ん な 奇 跡 が 起 こ る と 本 気 で 信 じ た 。 そ し て ジ ャ ッ ク は 神 さ ま に 愛 さ れ る た め 、 正 し い 生 き 方 を し よ う と 心 が け た 。 家 の 手 伝 い も 奇 跡 は 起 こ る き せ き い の き せ き い の お さ な 108

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


次 の 日 か ら 彼 の 生 活 は 一 変 し た 。 朝 7 時 に 起 き 、 8 時 半 ま で に 「 出 勤 」 す る と 、 日 が 暮 れ る ま で 与 え ら れ た 仕 事 を こ な し 帰 宅 す る 。 士 事 内 容 は 特 殊 だ 。 動 物 園 に つ く と ジ ョ ー ジ は ゴ リ ラ の 着 ま る で サ ラ リ ー マ ン の よ う だ が 、 イ お り ぐ る み を 着 て 、 お 客 が 来 る 前 に 檻 に 入 る 。 あ と は 閉 園 時 間 ま で ゴ リ ラ を 演 じ る の だ 。 き み よ う 何 と も 奇 妙 だ が 、 や っ て み る と 最 高 の 仕 事 だ っ た 。 ー 日 中 ゴ ロ ゴ ロ し て い て い い し 、 好 き な 時 に 眠 れ る 。 だ が 寝 て ば か り で は お 客 に 飽 き ら れ る お り の で 、 と き ど き 檻 に 設 置 さ れ た タ イ ヤ に ぶ ら 下 が っ て み た り 、 お 客 を か ら か っ た り し た 。 エ サ と し て 出 さ れ た バ ナ ナ の 皮 を 投 げ た り す る と 、 キ ャ ー キ ャ ー 言 い な が ら 喜 ぶ の だ 。 せ い こ う 着 ぐ る み は 精 巧 で 、 自 分 が う ま く 演 じ さ え す れ ば 、 ば れ る こ と は な い 。 や り が い も あ る 。 何 よ り 、 本 業 の パ ン ト マ イ ム で は 集 め ら れ な か っ た よ う な 、 た く さ ん の お 客 を 集 め る こ と が で き る の が う れ し い 。 こ う し て 彼 は 人 気 者 に な っ た 。 「 こ れ が 俺 の 天 職 か も し れ な い 」 と さ え 思 い は じ め て い た 。 し か し 、 そ う 都 合 よ く は い か な か っ た 。 時 間 が た つ に つ れ 、 客 が 少 し ず つ 減 っ て い っ た の だ 。 園 お り 代 わ り に 隣 の ラ イ オ ン の 檻 の ほ う が に ぎ や か に な っ て い た 。 ゴ リ ラ フ ィ ー バ ー は 一 段 落 し て 、 あ た と な り て ん し よ く き た く レ 」 ′ 、 ー レ ゅ 053

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


父 の 時 給 何 か 買 い た い も の が あ る か ら 、 と い う わ け で は な く 、 と に か く 「 お 金 を ち ょ う だ い 」 の 一 点 張 り だ っ た と い う 。 最 初 は 言 い 聞 か せ た り 、 怒 っ た り し て い た 妻 も 、 と う と う 根 負 け し て 、 「 い っ か ち ゃ ん と 返 す こ と 」 を 条 件 に 、 9 ド ル を 貸 し た と い う 。 お ど ろ し か し 、 妻 か ら 聞 か さ れ た 驚 く べ き 話 は 、 そ れ だ け で は な か っ た 。 じ よ う け ん 息 子 は 、 お 駄 賃 を も ら う こ と を 条 件 に 、 近 所 の 人 の 手 伝 い を し て い る の だ と い う 。 妻 も 、 今 日 は じ め て 知 っ た ら し い も ち ろ ん 、 も ら っ て い る の は わ ず か ば か り の 金 額 ら し い の だ が 、 金 額 の 問 題 で は な い だ ろ う 。 こ れ で は 、 ま る で 、 う ち が 子 ど も に 不 自 由 を さ せ て い る と 、 近 所 に 言 っ て 歩 い て い る よ う な も の だ 。 た と え 仕 事 に 疲 れ て い た と し て も 、 今 日 ば か り は き ち ん と 言 わ な け れ ば い け よ い 。 「 悪 い が 、 あ の 子 を 起 こ し て き て く れ な い か 」 そ う 妻 に 言 っ た 。 息 子 は 、 眠 た そ う に ま ぶ た を こ す っ て い た が 、 家 族 が そ ろ っ た こ と が う れ し い の か 、 喜 ん で ば り ね む つ ま だ ち ん つ か つ ま こ ん ま つ ま い っ て ん 025

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


奇 跡 は 起 こ る し か し ジ ャ ッ ク は ひ る ま ず 、 こ う 言 っ た 。 「 神 さ ま 、 私 は 生 ま れ た 時 か ら ず っ と あ な た を 信 じ て き ま し た 。 そ れ な の に 、 あ な た は 私 を 見 放 し ま し た 。 な ぜ で す か 」 神 が 答 え た 。 「 本 当 に そ う 思 っ て い る の か ? 」 ジ ャ ッ ク が う な ず く と 、 神 は 深 く た め 息 を つ い た 。 「 気 づ か な か っ た の か ? 」 「 何 を で す ? 」 「 私 は 船 を 2 回 、 ヘ リ コ プ タ ー を ー 回 送 っ た で は な い か ! 」 ジ ャ ッ ク は と て も 信 心 深 い 男 だ 。 と て も ま じ め な 男 だ 。 し か し 、 残 念 な こ と に 、 と て も に ぶ い 男 だ っ た 。 原 案 】 欧 米 の 小 咄 翻 案 】 桑 畑 絹 子

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


き た く じ た く 残 業 ま た 残 業 で 、 男 が 自 宅 に 帰 り つ く の は い つ も 深 夜 だ っ た 。 男 が 帰 宅 し た と き に は 、 妻 は 5 歳 に な る 息 子 を 寝 か し つ け な が ら 、 そ の ま ま 一 緒 に 寝 て し ま っ て い る 。 一 一 人 を 起 こ さ な い よ う 、 暗 い リ ビ ン グ で 、 物 音 も 立 て ず に 妻 が 用 意 し て く れ た タ 飯 を 食 べ る 。 唯 一 の 楽 し み の ビ ー ル を 飲 み な が ら 、 ポ リ ュ ー ム を し ぼ っ た テ レ ビ を 少 し だ け 観 て 、 シ ャ ワ ー を 浴 び て 寝 る 。 朝 は 、 子 ど も が 起 き る 前 に 家 を 出 て 会 社 に 向 か う 。 そ れ が 、 一 児 の 父 親 で あ る 男 の 毎 日 だ っ た 。 も っ と 家 族 と 会 話 を し な く て は い け な い し 、 し た い と も 思 っ て い る 。 つ ど う し か し 、 自 分 の 都 合 で 家 族 を 起 こ す の は 申 し 訳 な く 、 ま た 、 正 直 な と こ ろ 、 そ の 時 間 を 睡 眠 に あ て た い ほ ど 、 男 は 疲 れ て い た 。 そ の 日 も 、 男 は 、 い つ も ど お り の 遅 い 時 間 に 帰 宅 し た 。 父 の 時 給 ゆ い い っ ざ ん ぎ よ う ざ ん ぎ よ う く ら お そ わ け い っ し ょ き た く ゅ う は ん す い み ん つ ま 021

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


ア ウ ル ・ ク リ ー ク 橋 で の で き ご と き せ き 奇 跡 は 起 こ る だ い ふ ど う 大 富 豪 の 本 心 教 育 の 必 要 性 学 校 嫌 い す て き 素 敵 な プ レ ゼ ン ト ふ く し ゃ う 復 讐 心 の 準 備 ぎ ら 139 126 108 114 120 132 102

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


「 ト ニ ー 、 お 前 と 別 れ る な ん て : : : 」 な み だ こ ら え き れ な か っ た 涙 が 、 デ ビ ッ ト の 頬 を つ た う 。 そ の 時 だ っ た 。 「 兄 さ ん ! 」 大 声 で の 呼 び か け と と も に 、 礼 拝 堂 の 扉 が 勢 い よ く 開 い た 。 振 り 返 っ た デ ビ ッ ト の 目 か ら 、 な み だ 涙 が 引 っ こ ん だ 。 「 ト ニ ー お 前 、 死 ん だ は ず じ ゃ : ゅ う れ い そ こ に 立 っ て い た の は 、 今 朝 、 自 分 に 別 れ を 告 げ に 来 た は ず の ト ニ ー だ っ た 。 一 瞬 、 幽 霊 か ち が も ふ く き せ き と 思 っ た が 、 違 う 。 黒 い 喪 服 を 着 た ト ニ ー に は 、 し つ か り と 2 本 の 足 も つ い て い る 。 奇 跡 が 起 せ い か ん き た 。 ト ニ ー は あ の 世 か ら 生 還 し た の だ 。 一 度 は 死 に か け て 、 家 族 の も と へ 別 れ の あ い さ つ を き せ き て き し に 来 た 。 し か し 、 奇 跡 的 に 息 を 吹 き 返 し て 、 戻 っ て き た の で あ る 。 「 ト ニ お 前 が 無 事 で よ か っ た ! 」 デ ビ ッ ト は ト ニ ー に 抱 き っ こ う と し て 、 途 中 で は た と 動 き を 止 め た 。 ト ニ ー が 生 き 返 っ て く れ た の は う れ し い 。 だ が 、 ち ょ っ と 待 て よ 。 ト ニ ー は 教 会 の 扉 か ら 入 っ て き た 。 で は 、 あ の 棺 桶 に 入 っ て い る の は 誰 な ん だ ? か ん お け ふ か え と び ら い き お も ど か い っ し ゅ ん と び ら 196

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


サ ム は 「 お じ い さ ん が 死 ぬ わ け な い だ ろ ? 大 丈 夫 だ か ら お や す み 」 と 言 い 聞 か せ 、 息 子 を 眠 ら せ た 。 し ん ぞ う 次 の 日 、 お じ い さ ん が 死 ん だ 。 心 臓 の 持 病 が 急 に 悪 化 し 、 帰 ら ぬ 人 と な っ た の だ 。 わ す ゅ め ぐ う ぜ ん 偶 然 が 続 い た だ け か も し れ な い 。 当 の 息 子 は 夢 の こ と な ど 忘 れ て し ま っ た の か 、 気 に す る 様 子 も な い よ う だ 。 し か し 、 サ ム は 、 息 子 の 予 知 夢 が だ ん だ ん と 気 に な り は じ め て き た 。 そ し て ま た ー 週 間 ほ ど し て 、 サ ム が お や す み の キ ス を し に 息 子 の 部 屋 に 行 く と 、 ま た ま た 息 子 が う な さ れ て い る 。 こ れ ま で よ り い っ そ う 激 し く 、 泣 き な が ら 叫 ん で い る 。 ゅ め ノ ノ カ 死 ん だ 夢 を 見 た ん だ 。 パ パ 死 な な い で ! 」 と 言 っ た 。 あ わ て て 起 こ す と 、 息 子 は 「 ヾ ヾ く サ ム は 落 ち 着 い て 、 「 ヾ パ は こ こ に い る だ ろ 。 夢 を 見 た ん だ よ 。 パ パ は ど こ に も 行 か な い 。 大 丈 夫 だ か ら お や す み 」 と 言 い 聞 か せ て 息 子 を 眠 ら せ た 。 を 、 よ れ ′ ふ し か し 息 子 の 部 屋 を 出 た と た ん 、 サ ム は 耐 え が た い 恐 怖 に 襲 わ れ た 。 ゅ め 息 子 は 予 知 夢 を 見 る 。 信 じ が た い こ と だ が 、 自 分 と 血 の つ な が り の あ る 人 の 死 に 関 す る 夢 を だ い じ よ う ぶ よ ち む よ ち む だ い じ よ う ぶ お そ さ け 176

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


幸 福 論 く り 、 さ と す よ う に こ う 答 え た 。 「 時 間 は た っ ぷ り あ る ん だ か ら 、 好 き な よ う に 過 ご せ ば い い の さ 。 そ う だ な 、 孫 た ち と 遊 ん で 、 ー に で も 行 っ て 、 友 だ ち と 一 、 、 。 起 き た ら バ 疲 れ た ら 奥 さ ん と 一 緒 に ゆ っ く り 昼 寝 を す れ ば し 杯 飲 ん で 、 気 持 ち よ く な っ て き た ら ギ タ ー を 弾 き な が ら 歌 う の さ 。 そ れ で 、 眠 く な っ た ら 家 に 帰 っ て 寝 る 。 そ ん な 毎 日 が 過 ご せ る だ ろ う よ 。 ど う だ い 、 素 晴 ら し い 人 生 だ ろ ? 」 原 案 【 欧 米 の 小 咄 翻 案 】 小 林 良 介 155

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


し ず 船 は み る み る 沈 み は じ め た 。 乗 客 た ち は バ ニ ッ ク に な り 、 我 先 に と 逃 げ よ う と し た 。 き ゅ う め い ジ ャ ッ ク も 救 命 ポ ー ト に 乗 り こ も う と し た が 、 す で に ぎ ゅ う ぎ ゅ う づ め で 、 ジ ャ ッ ク が 乗 る よ ゅ う 余 裕 は な か っ た 。 ジ ャ ッ ク は 船 に 残 っ た 。 だ が あ き ら め た わ け で は な い 。 デ ッ キ に 立 ち 、 空 に 向 か っ て 祈 っ た 。 き せ き 「 今 こ そ 奇 跡 が 起 こ る 時 だ ! 」 せ ま 迫 り く る 死 に お び え つ つ も 、 奇 跡 に 出 会 う 予 感 に ジ ャ ッ ク は ふ る え た 。 し か し 何 も 起 き ず 、 船 は ゆ っ く り 沈 ん で い く 。 そ れ で も 祈 り 続 け る と 、 船 の 前 方 か ら 小 さ な 船 が 近 づ い て き た 。 た ま た ま 通 り か か っ た 漁 船 が ジ ャ ッ ク を 見 つ け て 助 け よ う と し て い る の だ 。 り よ う 、 し 漁 師 が 叫 ん だ 。 「 早 く こ っ ち に 飛 び 乗 れ ! 」 ぎ よ せ ん し か し ジ ャ ッ ク は 祈 る ば か り で 動 こ う と し な い 。 漁 船 は 去 っ て い っ た 。 残 さ れ た ジ ャ ッ ク は 祈 り 続 け た 。 さ け い の い の い の い の き せ き し ず わ れ さ き