検索 - みる会図書館

検索対象: 闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣から 272件ヒットしました。

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


「 シ ル ヴ ィ ン ! 」 青 く な っ て レ イ ム は 大 声 で 名 を 呼 ん だ 。 シ ル ヴ ィ ン は 反 応 し な い 。 生 き て い る こ と に 間 い は な い 。 外 傷 は な い 。 . だ が 。 ( ま さ か : : : ) 膝 を つ い た レ イ ム は = い 粉 を 散 ら し 、 念 を 凝 ら し て シ ル ヴ ィ ン の 胸 に 右 手 の ひ ら を か ざ し た 。 た し か に シ ル ヴ ィ ン が 生 き て い る こ と は 伝 わ っ て く る 。 問 題 は そ こ に あ る わ け で は な い 。 ひ ょ う が シ ル ヴ ィ ン は 気 を 失 っ た ま ま 、 墜 ち た 。 氷 河 と 万 年 雪 に 閉 ざ さ れ た 谷 底 深 く に 墜 ち た 。 聖 戦 士 と し て 存 在 す る シ ル ヴ ィ ン は 、 こ の 酷 か ら も 守 ら れ る べ き 存 在 で あ る 。 意 識 が な い と い う こ と は 、 眠 っ て い る こ と と 同 じ に な る 。 寒 さ に 耐 え る た め に 、 眠 っ て 過 ご す こ と を 選 ん ま ど う だ 生 き 物 と 、 同 じ 立 場 に あ る 。 眠 り の 魔 道 を 与 え ら れ た 者 と 同 じ よ う に 、 眠 っ て い る の だ 。 レ イ ム 盟 ん だ 。 多 く の 魔 道 士 が 施 し て ま わ 「 て い る 眠 り の 魔 道 、 王 都 で 承 認 を 受 け た 同 門 の 魔 道 士 た ち の 術 な ら ば 、 レ イ ム は 注 意 深 く そ の 奇 跡 を た ど り か え し て 術 を と く こ と が で き る 。 し か し 、 聖 選 に よ る 『 聖 戦 士 の 守 護 の カ 』 に も と づ く 『 眠 り 』 で あ る の な ら 、 レ イ ム に は と て も と く こ と は で き な い 。 圧 力 を 加 え て 目 覚 め さ せ る こ と は で き な い 。 シ ル ヴ ィ ン の 時 間 は 止 ま っ て し ま っ て い る 。 下 手 に こ こ か ら 連 れ 出 せ ば 、 が 絡 む の と 似 た 現 象 を 引 き 起 こ し か ね な い 。 丑 し て き た も の を 斥 す る た め に 、 の 態 勢 に は い 「 て し ま う と 、 今 よ り め ん ど う な こ と に な る 。

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


た め に 自 分 の 命 を け る こ と に 、 な ん の 《 思 議 も な い 。 ( シ ル ヴ ィ ン は 必 ず 目 覚 め る ) こ た ( 呼 び か け に 応 え て く れ る ) 信 じ る こ と が な に よ り も 強 い 力 に な る こ と を 、 レ イ ム は 知 っ て い る 。 魔 道 を 行 う 者 の 基 本 姿 勢 に は 、 自 分 と 、 そ し て 他 の も の を 信 じ る 力 が 大 き な 意 味 を も っ て い る 。 自 信 の な い こ と 、 疑 い の あ る と こ ろ に 奇 跡 は う ま れ な い の だ 。 ( 大 丈 夫 ) ひ た ) レ イ ム は シ ル ヴ ィ ン の 前 髪 を あ げ 、 を く つ つ け た 。 鑑 斧 を 内 に 秘 め た デ ィ ー ノ は 、 猛 毒 す ら 克 服 し て 、 よ り 強 く な 「 て 復 活 す る 。 フ ァ ラ ・ ハ ン は 時 の を 探 す 旅 に 出 発 す る 。 レ イ ム と シ ル ヴ ィ ン も 、 彼 ら に 合 流 し な け れ ば な ら な い 。 ( シ ル ヴ ィ ン ) ( 目 を 開 け て ) ( 迎 え に き た よ ) ( 一 緒 に い こ う ) く つ つ け た 額 を 通 し て 思 念 を 伝 え る た め 、 レ イ ム は は っ き り と 呼 び か け る 。 シ ル ヴ ィ ン を え て 座 り こ ん だ レ イ ム に 、 傷 の 完 治 し た 竜 が そ ろ そ ろ と 寄 り そ 「 た 。 飛

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


ズ 銀 の 城 の 悪 鬼 , イ キ ; ・ ウ , ー = 田 早 瀬 み ず ち 悪 鬼 エ ン ゾ イ と 闘 う あ た し の 運 命 と 大 謎 " " ( 絵 ・ 水 縞 と お る ) リ 青 い 光 の 娘 サ イ キ ッ ク ・ ウ ォ ー ズ 田 早 瀬 み ず ち シ 失 わ れ た 女 神 を 求 め る 少 年 の 謎 と 冒 険 の 旅 。 ( 絵 ・ 水 縞 と お る ) ジ デ ー ン の 娘 ン = タ ー 物 出 日 野 鏡 子 デ ー ン の 娘 リ リ ア ン の 波 乱 に 満 ち た 運 命 は ・ : ? ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) ン ア オ レ イ カ ル コ ス の 塔 = ル ン ス タ ー 物 日 野 鏡 子 オ レ リ ー ア ナ に 留 学 し た リ リ ア ン は : ・ ? ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) 評 好 ア ー ロ ン の 神 官 = ル ン ス タ ー 物 日 野 鏡 子 大 工 ル ン ス タ ー へ と 向 か っ た リ リ ア ン は : ・ ? ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) ト ラ ・ テ ル ビ ン ト の 妃 エ ル ン ス タ ー 物 箇 日 野 鏡 子 \ 婚 礼 前 夜 、 賊 に つ れ さ ら れ た リ リ ア ン は : ・ ? ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) ト ア イ リ ー ン の 剣 无 、 一 , タ ー 物 日 野 鏡 子 リ ア ン は 、 世 界 を 滅 亡 か ら 救 え る の か : ・ ? ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) ワ ホ 荒 野 に 咲 く べ き 花 姦 一 , タ ー 物 語 外 伝 日 野 鏡 子 荒 野 に 戦 塵 舞 う 、 シ タ 王 ダ ー ハ ル の 物 語 " " ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) 日 野 鏡 子 南 を 指 す 魚 = = タ ー 物 語 外 伝 ー は ? ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) 社 伝 説 の 竪 琴 を 手 に 入 れ る た め 、 ロ ー 談 花 幻 抄 観 月 晶 子 あ や し の 世 界 へ と 誘 う 新 ・ 伝 奇 譚 " ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) ☆ : ・ ・ : 今 月 の 新 刊

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


音 さ え も 凍 り つ き そ う な 、 暗 い 氷 と 万 年 雪 の 上 に 、 レ イ ム は 静 か に 飛 竜 を 降 ろ す 。 と も し び 光 を 得 る た め に 導 き の 魔 道 球 を 灯 の 魔 道 球 に 変 え 、 レ イ ム は シ ル ヴ ィ ン に 駆 け よ る 。 墜 落 し た 飛 竜 の 上 か ら シ ル ヴ ィ ン を ど け る レ イ ム を 、 レ イ ム の 飛 竜 が 手 伝 っ た 。 た し か に 女 性 と し て は 儲 で ・ な 体 を も っ シ ル ヴ ィ ン は 、 重 量 に お い て や や レ イ ム ひ と り の 手 に あ ま る 。 ぐ っ た り と し た 人 間 は 、 子 供 で も 重 た い も の だ 。 ま し て や 、 男 女 の 違 い は あ っ て も 体 格 に お い て 大 差 な い レ イ ム と シ ル ヴ ィ ン で あ る 。 疲 れ は て て い た レ イ ム な ら 、 こ れ は な お さ ら だ 。 飛 竜 に 助 け ら れ て ど う に か 、 レ イ ム は シ ル ヴ ィ ン を 拯 え あ げ る こ と に 成 功 し た 。 シ ル ヴ ィ ン の 飛 竜 は 、 本 能 だ け で 乗 り 手 を か ば っ た ら し か っ た 。 墜 落 し た と き に 首 を 強 打 し た ら し く 、 け つ か ) 飛 竜 の 頭 部 は 変 な 形 に ね じ く れ て い る 。 魔 道 で 作 っ た 結 に 、 仮 眠 用 の シ ー ト を 広 げ て シ ル ヴ ィ ン を 横 た え た レ イ ム は 、 魔 道 で シ ル ヴ ィ ン が 気 絶 し て い る だ け で あ る こ と を 確 か め 、 負 傷 し た 飛 竜 に 癒 し の 魔 道 を 与 え る 。 = い 粉 を 用 い て 厳 格 に 行 わ れ た 癒 し の 魔 道 に よ っ て 、 ご つ ら ぬ り ご り と 飛 竜 の 首 の 骨 が 音 を た て て 動 き 、 あ る べ き 形 に 戻 っ て い っ た 。 矢 に 貫 か れ 、 落 ち た 士 と き に 折 れ て 大 き く 破 れ て い た ら し い 翼 も 、 治 り は じ め る 。 後 は ま か せ ろ と 、 レ イ ム の 飛 竜 魔 が シ ル ヴ ィ ン の 飛 竜 に 寄 り そ っ た 。 レ イ ム は シ ル ヴ ィ ン の そ ば に 戻 る 。 シ ル ヴ ィ ン : 色 「 シ ル ヴ ィ ン : レ イ ム は 急 激 に 耳 を 刺 激 し な い 程 度 の 声 で 呼 び か け た が 、 ぐ っ た り と 横 た わ る シ ル ヴ ィ ン は ま っ た く 反 応 し な か っ た 。 無 防 備 と い う に は 、 あ ま り に も : つ い ら く

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


「 夜 明 け 前 に は た た き 起 こ す わ よ 」 「 う ん : : : 」 ほ っ と を 緩 め 、 レ イ ム は 力 を 抜 い て 目 を 閉 じ た 。 眠 る レ イ ム に 気 を つ か い 、 静 か に シ ル ヴ ィ ン が 立 ち あ が っ た の が わ か っ た 。 長 く 同 じ 格 好 で い た た め に 腕 が し び れ て き た の で 、 身 じ ろ ぎ し よ う と し て 、 は っ と フ ァ ・ ハ ン は 復 活 し よ う と ハ ン は 目 を 開 け た 。 い つ の ま に か 眠 っ て し ま っ た ら し い 。 フ ァ ラ す る デ ィ ー ノ に 力 を 貸 す た め に 、 体 を か ぶ せ て ル を 触 れ あ わ せ 、 熱 を 与 え て い た の だ 。 眠 っ ハ ン も て し ま う 前 と 同 じ に デ ィ ー ノ を 抱 き し め て い た こ と に か わ り は な か っ た が 、 フ ァ ラ ・ デ ィ ー ノ に 抱 き し め ら れ て い た 。 知 ら な い あ い だ に 背 に ま わ さ れ た 腕 の 重 み に 、 フ ァ ラ ・ ま ま た ・ ハ ン が 抱 い て い る の は 、 あ の す べ や か な 純 。 の よ ン は ば ち ば ち と 瞬 き す る 。 熱 い 。 今 フ ァ ラ こ く ふ く う な 熱 を も っ た デ ィ ー ノ だ 。 毒 を 克 服 し 、 復 活 し た 彼 だ 。 規 則 正 し く 、 大 き く 脈 打 っ デ ィ ー こ ど う ハ ン を 揺 す っ て い る 。 士 ノ の 鼓 動 が 、 フ ァ ラ ・ ハ ン は 、 ど き り と 胸 を 鳴 ら せ る 。 フ ァ ラ ・ 魔 額 に デ ィ ー ノ の を 感 じ 、 見 あ げ た フ ァ ラ ・ 色 ハ ン が 抱 い て い る の は 、 い つ も の 、 あ の デ ィ ー ノ こ 起 き て い る と き は で 部 な 彼 だ が 、 鱶 な 寝 顔 は 安 ら い で い て 優 し い は :

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


直 接 シ ル ヴ ィ ン に 呼 び か け て 、 危 険 が 去 っ た こ と を 教 え 、 目 覚 め を 促 し て や ら な け れ ば な ら な い 。 レ イ ム は シ ル ヴ ィ ン の 横 に 腰 を 落 と し 、 シ ル ヴ ィ ン の 背 に 左 腕 を ま わ し て 起 こ し た 。 こ と ん と 力 な く 動 い た シ ル ヴ ィ ン の 頭 が レ イ ム の 胸 に ぶ つ か る 。 レ イ ム は 目 を 閉 じ た 。 シ ル ヴ ィ ン の 中 に 残 る の は 墜 落 の 恐 怖 。 竜 に か ば わ れ た こ と も 、 ど う い う 形 で 谷 底 に 落 下 し た の か も 、 シ ル ヴ ィ ン は 知 ら な い 。 シ ル ヴ ィ ン の 心 を 恐 怖 の 中 か ら 連 れ だ さ な け れ ば な ら な い 。 眠 り と い う 完 結 し て い る 術 の 上 に 、 レ イ ム が 目 覚 め と い う 別 の 術 を か ぶ せ て 、 シ ル ヴ ィ ン へ の 呼 び か け を 行 う 。 術 の 深 み が 問 題 に な る 。 守 ら れ て い る シ ル ヴ ィ ン の 意 識 に 声 を 届 か せ る こ と が で き な け れ ば 、 レ イ ム の 術 は シ ル ヴ ィ ン の 中 か ら 出 て く る こ と が で き な く な る 。 術 し よ く ば 、 こ の ま ま で は 、 た と え 者 の 生 命 ま で 触 孀 に し て 行 わ な け れ ば 、 こ の 呼 び か け は 行 え な い 。 世 界 が 救 わ れ て も 、 時 間 を 止 め た ま ま の シ ル ヴ ィ ン は 永 久 に 目 覚 め る こ と は で き な い 。 呼 び 士 か け て 、 声 を 届 か せ る こ と が で き な け れ ば 、 レ イ ム の 意 識 は シ ル ヴ ィ ン の 内 に 溶 け て シ ル 魔 ヴ ィ ン に 紛 れ 、 印 掫 の ひ と つ の パ タ ー ン と し て 飲 み こ ま れ て 消 え る 。 レ イ ム が 死 ぬ 。 色 考 え て 、 レ イ ム は く す っ と 笑 っ た 。 一 度 シ ル ヴ ィ ン の た め に 捨 て た は ず の 命 だ っ た 。 聖 地 き れ つ ク ラ シ ュ ケ ス で デ ィ ー ノ の 飛 竜 を 追 っ て 亀 裂 に 足 を 踏 み こ ん だ シ ル ヴ ィ ン を 救 お う と し て 、 レ イ ム は 自 分 の 命 と ひ き か え に し て シ ル ヴ ィ ン を 生 か そ う と し た の だ 。 シ ル ヴ ィ ン を 生 か す う な が

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


を 傷 つ け る こ と な ど 、 で き る は ず が な い 。 自 分 を 守 る た め に を 作 っ た と し て も 、 結 界 に 守 ら れ る べ き 存 在 で あ る ひ と は 、 そ れ に 侵 入 す る こ と が で き る は ず だ 。 た と え 魔 道 を 使 っ て も 、 フ ァ ラ ・ ハ ン に 、 ひ と を は ね の け る だ け の 力 は な い 。 地 下 通 路 は 十 分 な 広 さ 、 高 さ が あ り 、 翼 を 出 し て い っ き に 飛 べ な い 高 さ で は な い 。 し か し 、 翼 を 広 げ れ ば 、 彼 女 が の 乙 第 、 彼 女 は 彼 ら に と っ て も う ひ と つ の 伝 説 に お け る 背 い に え ・ ハ ン は け っ し て ひ と で は な い 。 ど ん な に に 翼 を も っ 生 け 贄 の 乙 女 に す ぎ な く な る 。 フ ァ ラ 美 し か ろ う と 、 こ の ひ と び と が 、 ひ と で は な い も の の 皮 を 欲 し が る は ず は な い 。 正 体 が ば れ ・ ハ ン は ず た ず た に 引 き 裂 か れ る 。 引 き 裂 か れ 、 そ の 心 臓 を え ぐ り だ さ れ た が 最 後 、 フ ァ ラ て ル ー ジ ェ ス に 献 上 さ れ る 。 ぞ く り と 震 え た フ ァ ラ ・ 勢 い よ く 跳 ね た 泥 が 襲 い か か っ た 。 は じ ・ ハ ン は 悲 鳴 を あ げ て そ の 場 か ら 弾 か れ る よ う に 女 の 顔 を も っ 泥 に 飛 び か か ら れ 、 フ ァ ラ く や ハ ン の 前 を 、 口 惜 し 道 後 ろ に 下 が っ た 。 壁 に 背 中 が 当 た る ぎ り ぎ り の と こ ろ に 行 っ た フ ァ ラ ・ 魔 げ な 形 相 を 浮 か べ 、 が ち り と 歯 を 鳴 ら し た 泥 の 顔 が か す め た 。 ど う や ら 距 離 が 足 り な か っ 闇 た ら し い 。 飛 び か か る に も 、 水 路 に 本 体 の い く ら か を 残 し て お か な け れ ば な ら な い よ う だ 。 こ れ な ら ば 。 通 路 ぎ り ぎ り を 走 っ た な ら ば 、 こ こ か ら れ る こ と が で き る 。 角 に な っ た と こ ろ は 、 少 し ば か り 通 路 が 深 く な っ て い る か ら 、 そ こ で い く ら か 休 み が と れ

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


竜 も ま た 、 シ ル ヴ ィ ン を さ せ る た め に レ イ ム に 力 を 貸 そ う と し て い た 。 寄 り そ っ て く る 飛 竜 に 、 レ イ ム は 顔 を あ げ る 。 自 然 の 声 を 感 じ と る こ と の で き る シ ル ヴ ィ ン に と っ て 、 飛 竜 の 協 力 は 大 き な 意 味 を も つ 。 レ イ ム は 淡 く 知 ん だ 。 「 あ り が と う : : : 、 力 を 貸 し て も ら う よ 。 僕 に あ わ せ て お く れ ね ・ 音 な き 声 で で を え た レ イ ム の 唇 の 動 き を 読 ん で 、 そ の に あ わ せ る よ う に 二 頭 の 飛 竜 は 真 紅 の 瞳 を 瞬 か せ 、 小 さ く 首 を 動 か し て 調 子 を と る 。 リ ズ ム が ~ 〔 し た こ と を 感 じ と り 、 レ イ ム は 右 手 に 印 を 結 び 、 声 を 出 し て 呪 文 を 唱 え る 。 「 黄 金 の 神 子 光 の 天 使 虹 に 仕 え る 七 の 健 い 暗 き 眠 り の 淵 に 舞 い 降 り の 果 て な る 心 を 照 ら せ 」 レ イ ム の 呪 文 に よ っ て 小 さ な 太 陽 の よ う な 光 が 生 ま れ た 。 は じ ま た た ま 士 光 は 瞬 く 間 に 大 き く ふ く れ あ が り 、 爆 発 す る か の よ う に 弾 け た 。

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


気 を 失 う 前 、 そ う 尋 ね た 彼 が い る 。 毒 で ひ ど く 苦 し み な が ら も 、 フ ァ ラ ・ ハ ン の こ と を 案 ひ と み じ た 彼 が 。 そ の し ば ら く 後 に 、 こ の デ ィ ー ノ の 瞳 が 開 か れ た の を 見 た こ と が あ る 気 が し て 、 け も の フ ァ ラ ・ ハ ン は デ ィ ー ノ を 見 つ め た 。 救 わ れ た い と 願 う 、 傷 つ い た 獣 の よ う な 、 寂 し い 哀 し い 青 い 色 の 瞳 だ っ た よ う な 気 が す る 。 そ ん な デ ィ ー ノ を 慰 め る よ う に 、 フ ァ ラ ・ ハ ン は 顔 に 浮 い た 汗 を ぬ ぐ い 、 。 を な で た 。 か す か に 腕 を 震 わ せ 、 お そ る お そ る 抱 き し め て 見 つ め て き た デ ィ ー ノ を 、 フ ァ ラ ・ ハ ン は 毒 矢 を 受 け た 者 へ の 看 誕 以 外 の 想 い で 抱 い た : に わ か に 懾 て て 、 フ ァ ラ ・ ハ ン は デ ィ ー ノ に か ぶ せ て い た 体 を あ げ た 。 眠 っ て し ま っ て い た わ け で 、 フ ァ ラ ・ ハ ン に は 夢 と 現 実 が あ い ま い に な っ て い る 。 抱 き あ う 形 で 眠 っ て い た 、 今 の 状 態 は 真 実 な の だ ろ う が 、 ど こ ま で が 本 当 に あ っ た こ と な の か 、 わ か ら な い 。 ほ と ん ど 力 の 入 っ て い な か っ た デ ィ ー ノ の 腕 は 、 す る り と フ ァ ラ ・ ハ ン の 背 か ら 滑 り 落 ち ま ゆ る 。 デ ィ ー ノ が か す か に 眉 を 寄 せ 、 小 さ く 首 を 動 か し 、 身 じ ろ ぎ し た 。 目 が 覚 め る か も し れ な い と 、 フ ァ ラ ・ ハ ン は 急 い で デ ィ ー ノ の 上 か ら ど い た 。 デ ィ ー ノ の 上 衣 を 残 し 、 肩 に 自 分 の 衣 服 を ひ っ か け た 格 好 で 、 く る り と デ ィ ー ノ に 背 を 向 け る 。 立 ち 上 が っ た フ ァ ラ ・ ハ ン の ひ り ゅ う た め に 、 か ぶ せ て い た 翼 を 一 度 ど け た 飛 竜 は 、 フ ァ ラ ・ ハ ン が し り ぞ い た 後 、 再 び 翼 を か ぶ せ る 。 ま ま た う め い て デ ィ ー ノ が 薄 く 目 を 開 け た 。 ば ん や り と し た ま ま 、 ゆ っ く り と 瞬 き し た デ ィ ー ノ

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


乱 れ て い る 。 ま さ に 危 1 嫋 の 瞬 間 、 奇 跡 の よ う に 間 の い い 出 現 を し て の け た デ ィ ー ノ は 、 目 を 細 め て フ ァ ラ ・ ハ ン を 見 、 に や り と を め る 。 ( デ ィ ー ノ : : : ? ) ( デ ィ ー ノ ) 修 羅 の 申 し 子 、 地 獄 の 悪 鬼 の 具 名 を も つ 、 黒 い 髪 、 青 い の 々 し い 若 者 の こ と は 、 ど こ に い 0 て も 知 ら ぬ 者 は い な い 。 非 の う ち ど こ ろ の な い 、 こ の す ば ら し く 目 立 っ な 雄 姿 を も っ た 男 な ど 、 世 界 じ ゅ う を く ま な く 探 し た と し て も 、 こ の 男 の ほ か に は い な い 。 ハ ン の い た 場 所 か ら お し の け ら れ た 泥 飛 竜 の 翼 が 巻 き 起 こ し た 風 に あ お ら れ て 、 フ ァ ラ ・ し り ぞ 道 た ち は 、 ど ぶ ど ぶ と ざ わ め き な が ら 、 水 路 を 少 し 退 い て 、 巨 大 な 飛 竜 の 吐 き 出 す 猛 火 を 避 け の る よ う に 、 息 を 殺 す 。 色 「 ひ と を ・ ・ ・ ・ : 、 傷 つ け て は 、 い け な い わ : : : 」 さ さ や ハ ン は 囁 い た 。 震 え る 声 で 、 フ ァ ラ ・