検索 - みる会図書館

全データから 106123件ヒットしました。

子育てがもたらしてくれるもの


ア ス 火 丁 ' 誰 で も 最 初 は 「 新 米 」 で す

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


昭 和 加 年 日 米 開 戦 一 ) 新 東 亜 大 戦 ① 軍 令 部 総 長 に 就 任 し た 山 本 五 十 六 が 日 米 戦 争 回 避 を 天 皇 に 内 々 に 奏 上 。 東 条 総 理 は 天 皇 の 真 意 を 知 り 、 戦 争 回 避 に 動 き だ し た が ・ : 新 東 亜 大 戦 ② ラ バ ウ ル 攻 防 戦 マ 1 シ ャ ル 諸 島 へ の 陽 動 作 戦 を 見 抜 か れ た 米 軍 は ラ バ ウ ル の 基 地 化 に 着 手 。 日 本 軍 は 第 七 ・ 第 九 航 戦 に よ る 急 襲 を 決 行 し 激 闘 が 勃 発 ! 新 東 亜 大 戦 3 ハ ワ イ 沖 大 海 戦 一 - 火 力 と 隻 数 に 勝 る 米 艦 隊 を 相 手 に 、 絶 対 的 不 利 を 克 服 す べ く 小 沢 聯 合 艦 隊 司 令 長 官 と 草 鹿 参 謀 長 が 策 案 し た 航 空 機 に よ る 邀 撃 と は 1945 全 3 巻 覇 権 大 戦 四 シ ベ リ ア 空 爆 作 戦 ② 日 米 英 連 合 艦 隊 の 強 襲 3 東 欧 進 攻 最 終 作 戦 ! ; ッ イ 第 落 ,

選択 2016年 9月号


に な る 。 テ ロ と の 戦 争 で 深 刻 な 「 傭 兵 依 存 症 」 そ れ を 裏 付 け る よ う に 、 ア フ ガ ニ ス タ ン で 最 近 、 タ リ バ ン な ど の テ ロ の 犠 牲 に な る の は 、 「 民 間 会 米 国 罠 間 軍 事 会 社 の 異 様 な 繁 盛 社 の 雇 員 」 ば か り で あ る 。 今 年 八 月 に は 、 首 都 カ プ ー ル 市 「 ( イ ス ラ ム 過 激 派 ) 『 イ ス ラ ム 国 「 俺 た ち は 政 府 が や ら な い こ と を ら し の ほ う か 魅 力 だ 。 「 米 軍 に と 街 と バ グ ラ ム 空 港 を 結 ぶ ハ イ ウ ェ (—co) 』 の テ ロ リ ス ト を 殺 す 仕 事 や っ て い る ん だ 。 経 験 は 問 わ な い っ て 人 材 流 出 で は な い か ? 」 と 尋 イ 沿 い の 「 ノ ー ス ゲ ー ト ・ ホ テ ル 」 で 、 六 十 万 ド ル ( 約 六 千 万 円 ) を 稼 か ら 、 や る 気 の あ る 人 に 来 て ほ し ね る と 、 同 軍 事 筋 は 「 米 軍 で は 、 に 、 ト ラ ッ ク に よ る ・ 目 爆 ・ 攻 撃 , か あ げ ま す 」 ア メ リ カ 人 の 度 肝 い 」 と ま く し た て た 。 現 地 で 制 約 か 多 い の で 、 民 間 に 任 っ た 。 同 ホ テ ル は 米 軍 事 会 社 の 定 を 抜 く こ ん な 広 告 が 、 傭 兵 市 場 に 米 軍 は 公 式 に は 、 対 作 戦 で せ る ほ う か い ! 、 ミ 。 出 回 っ て い る 。 地 上 戦 闘 部 隊 を 展 開 し て お ら ず 、 い 」 と 一 一 一 一 口 、 つ 。 ア フ ガ ニ ス タ 腕 次 第 で は 年 収 一 一 千 万 円 が 当 た 社 長 も 「 ()n を 殺 す 」 仕 事 の 中 身 り 前 と 一 一 一 一 口 わ れ る ほ ど 、 民 間 軍 事 へ 云 を 語 ら な か っ た 。 た だ し 、 米 軍 の ン に 例 を と る と 、 社 が 米 国 で 活 況 を 呈 し て い る 。 そ 正 規 の 派 遣 ( シ リ ア に 三 百 人 、 イ 米 央 ム 調 査 局 が れ と い う の も 、 米 軍 が 海 外 作 戦 の ラ ク に 三 千 八 百 一 一 十 五 人 ) と は 別 今 年 三 月 時 点 で 主 力 を 猛 烈 な ペ ー ス で 民 間 委 託 に に 、 紛 争 地 帯 で 民 間 軍 事 企 業 が 活 調 査 し た と こ ろ 、 切 り 替 え て い る た め だ 。 政 父 代 動 し て い る の は 公 然 の 秘 密 で あ り 、 米 軍 兵 力 八 千 七 を 前 に 、 米 政 府 の 傭 兵 依 存 症 ( 中 ホ ー ナ ー 社 長 の 言 葉 も 、 あ な が ち 百 三 十 人 に 対 し 毒 ) は 強 ま る ば か り で あ る 。 去 累 と は 受 け 取 ら れ な か っ た 。 て 、 国 防 総 省 が ア フ ガ ン 米 軍 の 約 八 割 は 民 間 在 ワ シ ン ト ン の 軍 事 筋 に よ る と 、 契 約 し た 民 間 企 一 ( 米 軍 の 下 級 歩 兵 の 年 収 が せ い ぜ い 業 の 雇 員 は 一 一 万 米 国 水 準 で も 衝 撃 的 な 年 収 を 提 一 一 万 ド ル な の に 対 し て 、 民 間 企 業 八 千 六 百 人 に の 一 小 し た の は 、 ア リ ゾ ナ 州 拠 点 の 新 は 「 同 じ よ う な 仕 事 に 、 十 五 万 ド ル ば っ た 。 在 ア フ か ら 一 一 十 五 万 ド ル を 支 払 う 」 と い う 。 ガ ニ ス タ ン の 米 盟 釡 業 「 」 だ 。 も ち ろ ん 米 軍 は 、 危 険 地 手 当 や 軍 関 係 者 の う ち 、 米 大 手 メ デ ィ ア が 同 社 の 取 材 に 殺 到 し た と こ ろ 、 一 一 一 十 代 半 ば の ポ 年 金 、 医 療 保 険 を 提 供 す る も の の 、 実 に 七 七 % が 民 ー ル ・ ホ ー ナ ー 社 長 は 、 兵 隊 言 葉 特 殊 訓 練 を 受 け た エ リ 1 ト 兵 に は 間 軍 事 企 業 に 依 そ の ま ま に 放 送 禁 止 用 語 を 連 発 し 、 民 間 の 高 額 報 酬 や ス リ ル の あ る 暮 存 し て い る こ と WORLD 肥 大 化 す る 傭 兵 企 業 は 米 政 権 の 欺 瞞 の 象 徴 ( ア フ ガ ニ ス タ ン に 派 遣 さ れ た ダ イ ン コ ー プ 社 社 員 ) 米 国 「 民 間 軍 事 会 社 」 の 異 様 な 繁 盛 12 2016.9 選 択

世界 2016年 9月号


プ 氏 に 反 論 す る 形 で 、 ヴ ィ ン セ ン ト ・ プ が あ る 」 と 結 論 づ け た 。 ら も 明 ら か だ 。 ル ッ ク ス 在 韓 米 軍 司 令 官 が 上 院 承 認 聴 聞 第 二 次 大 戦 の 英 雄 、 将 軍 で あ っ た ア イ 今 回 の 選 挙 で 、 米 大 統 領 に 誰 が な ろ う 会 で 、 米 軍 を 本 国 に 置 く よ り も 、 ア ジ ア ゼ ン ハ ワ ー 大 統 領 は 一 九 六 一 年 の 演 説 で 、 と 、 米 国 の 外 交 政 策 は 変 わ り 、 軍 産 複 合 の 国 々 に 駐 留 さ せ る ほ う が は る か に 安 上 軍 需 産 業 と 国 防 総 省 と 連 邦 議 会 が 形 成 す 体 を 脅 か す だ ろ う 。 日 米 両 政 府 は 、 米 軍 世 が り で あ る と 証 言 し 、 石 破 茂 地 方 創 生 担 る 経 済 的 ・ 軍 事 的 ・ 政 治 的 連 合 体 で あ る 駐 留 と 日 米 同 盟 の 存 在 意 義 の 見 直 し を 迫 当 相 は 、 在 日 米 軍 の 重 要 性 を 強 調 し た 。 軍 産 複 合 体 が 支 配 す る 国 家 と 社 会 の 危 険 ら れ る 可 能 性 が あ る 。 ケ イ ト ー 研 究 所 ダ グ ・ バ ン ド ー 上 級 研 、 性 を 警 告 し た 。 そ の 警 告 は 現 実 の も の と 私 は 、 二 〇 一 一 年 か ら 二 〇 一 五 年 に か 究 員 は 、 外 交 専 門 誌 『 ナ シ ョ ナ ル ・ イ ン な っ て い る 。 問 題 が 指 摘 さ れ る ー 肪 戦 け て 、 ウ ォ ー ル 街 の 反 格 差 運 動 、 米 兵 の タ レ ス ト 』 三 〇 一 六 年 五 月 一 七 日 付 電 子 版 ) 闘 機 を 製 造 す る 世 界 最 大 手 の 軍 需 企 業 か 問 題 、 沖 縄 県 の ワ シ ン ト ン 要 請 に 寄 稿 し 、 ト ラ ン プ 氏 が 大 統 領 に な る と 、 ら 、 辺 野 古 の 新 基 地 建 設 に 土 砂 を 搬 入 す 行 動 を 見 て き た 。 構 造 的 な 問 題 を 抱 え る 米 国 の 干 渉 外 交 政 策 は 変 わ る 可 能 性 が あ る 業 者 ま で 、 軍 産 複 合 体 は 網 の 目 を 張 り 米 国 社 会 は 既 得 権 益 に 抑 圧 さ れ 、 沖 縄 県 る 、 と 書 い た 。 同 氏 は 、 ト ラ ン プ 氏 の 提 巡 ら せ て い る 。 軍 産 複 合 体 の 利 益 追 求 の の 米 軍 基 地 反 対 の 声 は 届 き そ う も な か っ 唱 す る 外 交 政 策 は 一 貫 性 を 欠 い て い る が 、 た め に 、 資 金 は 、 兵 器 に 投 入 さ れ 、 兵 士 た 。 辺 野 古 新 基 地 建 設 は こ の ま ま 強 行 さ 共 和 党 予 備 選 挙 で は 群 を 抜 い て 平 和 主 義 の 福 利 厚 生 に は ま わ さ れ な い 。 訓 練 、 整 れ る も の と 思 っ て い た が 、 今 年 の 米 大 統 の 姿 勢 を 見 せ て い た と し 、 し か し ト ラ ン 備 不 足 で 米 海 兵 隊 な ど に 所 属 す る 軍 用 機 領 選 の ト ラ ン プ 現 象 や サ ン ダ ー ス 候 補 の プ 氏 が 仮 に 、 不 干 渉 外 交 政 策 を 推 進 し た の 致 命 的 事 故 は こ こ 数 年 、 急 増 し て い る 健 闘 を 見 て い る と 、 米 国 世 論 に も 大 き な と し て も 、 イ ス ラ ム 教 徒 へ の 排 外 主 義 的 こ と が 指 摘 さ れ て い る 。 イ ラ ク 、 ア フ ガ 変 化 が 生 じ て い る こ と が う か が え る 。 一 発 言 、 移 民 、 貿 易 政 策 へ の 見 当 違 い の 攻 ン 帰 還 兵 の は 深 刻 な 社 会 問 題 と 一 月 に 大 統 領 本 選 を 控 え て い る が 、 五 カ 撃 で 、 米 国 の 国 力 を 弱 め か ね な い と し た 。 な っ て い る 。 ま た 軍 産 複 合 体 は 、 沖 縄 の 月 間 行 わ れ た 予 備 選 挙 は 、 方 向 転 換 す る そ の 上 で 、 バ ン ド ー 氏 は 、 「 ト ラ ン プ 氏 よ う に 米 軍 基 地 が あ る 地 域 に も 悪 影 響 を 米 国 社 会 を 象 徴 し て い る 。 今 年 の 米 大 統 が 大 統 領 に な れ る か ど う か に か か わ ら ず 、 及 ば す 。 沖 縄 は 狭 い 地 域 で 、 戦 場 を 行 き 領 選 挙 は 、 米 軍 の 海 外 駐 留 を 既 定 の も の 今 回 の 大 統 領 選 は 、 米 国 の 外 交 政 策 に つ 来 す る 兵 士 が 一 般 市 民 に 接 し て お り 、 残 と み て い た 勢 力 に 衝 撃 を 与 え て い る 。 当 い て の 議 論 に 拍 車 を か け 、 米 国 の 好 戦 的 虐 な 事 件 が 起 き る 可 能 性 が あ る 。 こ の こ 然 、 米 軍 の 沖 縄 駐 留 の 論 議 に も 影 響 を 与 な 他 国 へ の 干 渉 外 交 政 策 は 変 わ る 可 能 性 と は 、 最 近 の 米 軍 属 女 性 暴 行 殺 人 事 件 か え る だ ろ う 。

正論 2016年 9月号


沖 縄 の 米 軍 基 地 の 基 盤 が 揺 ら げ ば ア ジ ア 、 西 太 平 洋 の 全 域 で ア メ リ カ ( コ ミ ッ シ ョ ナ 1 ) が 主 体 と な り 、 揺 ら ぐ ほ ど 、 日 米 同 盟 の 平 時 有 事 の の 軍 事 的 な 存 在 を 後 退 さ せ よ う と す 米 中 関 係 を 背 景 に 中 国 側 の 軍 事 や 外 効 用 が 減 る 。 日 本 へ の 侵 略 や 攻 撃 を る 中 国 が 米 軍 弱 体 化 の 最 大 の 受 益 者 交 の 実 態 を 調 査 す る わ け だ 。 未 然 に 抑 え る た め の 抑 止 力 が 減 る こ で あ る こ と は 明 白 で あ る 。 各 委 員 は 中 国 の 軍 事 、 経 済 、 外 交 と に な る か ら だ 。 ま た 朝 鮮 半 島 や 台 中 国 が そ の た め に ソ フ ト 、 1 ド な ど に 詳 し い 専 門 家 の ほ か 、 諜 報 活 湾 海 峡 と い う 東 ア ジ ア の 不 安 定 地 域 両 面 で の 多 様 な 措 置 を と っ て い る こ 動 や 安 保 政 策 の 研 究 者 、 実 務 家 が 主 へ の 米 軍 の 出 動 能 力 を 落 と し 、 中 国 と は す で に 歴 然 と し て い る が 、 こ れ に な る 。 最 近 ま で 政 府 や 軍 の 枢 要 部 に 対 す る 力 の 均 衡 を 崩 す こ と に も つ ま で 沖 縄 で の 反 米 軍 基 地 運 動 へ の 中 に 就 い て い た 前 官 僚 や 前 軍 人 、 さ ら な が る わ け で あ る 。 国 の 関 与 は 提 起 さ れ る こ と は ま ず な に は 上 下 両 院 で 長 年 、 活 躍 し て き た 沖 縄 あ る い は 日 本 全 体 を 拠 点 と す か っ た 。 し か も 中 国 の 対 沖 縄 工 作 の 前 議 員 た ち も 委 員 を 務 め る 。 そ し て る ア メ リ カ の 軍 事 力 が 弱 く な る こ と 最 終 目 的 は 日 米 同 盟 分 断 だ と い う の そ の と き そ の と き の 実 際 の 中 国 の 動 を 最 も 歓 迎 す る の は 誰 か 。 い ま や 東 だ 。 き 、 米 中 関 係 の 変 動 に 合 わ せ て 、 テ 告 「 沖 縄 と 中 国 」 と い う こ の 重 大 な 結 1 マ を し ば り 、 さ ら な る 専 門 家 を 証 会 古 森 義 久 氏 昭 和 ( 1941 ) 年 、 東 び つ き を 新 た に 提 起 し た の は ア メ リ 人 と し て 招 い て 、 公 聴 会 を 開 く の で 米 京 生 ま れ 。 慶 應 義 塾 大 学 卒 業 。 毎 日 新 聞 社 カ 議 会 に 設 置 さ れ た 「 米 中 経 済 安 保 あ る 。 サ イ ゴ ン 特 派 員 、 ワ シ ン ト ン 特 派 員 を 経 同 委 員 会 は 毎 年 、 そ の 活 動 成 果 を を て 、 昭 和 年 に 産 経 新 聞 社 入 社 。 ワ シ ン ト 調 査 委 員 会 」 と い う 機 関 で あ る 。 こ ン 支 局 長 、 中 国 総 局 長 な ど を 歴 任 。 麗 澤 大 の 委 員 会 は 二 〇 〇 〇 年 に 新 た な 法 律 ま と め て 、 年 次 報 告 書 を 発 表 す る 。 工 学 特 別 教 授 国 際 教 養 大 学 客 員 教 授 。 ボ 1 ン に よ り 、 「 米 中 両 国 間 の 経 済 と 貿 易 そ の 内 容 は 詳 細 か っ 膨 大 と な る 。 最 史 国 際 記 者 賞 、 日 本 新 聞 協 会 賞 受 賞 。 著 書 に の 関 係 が ア メ リ カ の 国 家 安 全 保 障 に 終 的 に は ア メ リ カ の 政 府 と 議 会 に 対 『 「 日 中 友 好 , の ま ば ろ し 』 『 中 ・ 韓 「 反 日 ど う 影 響 す る か を 調 査 し て 、 議 会 と 中 政 策 に 関 す る 提 言 を す る わ け だ 。 沖 ロ ビ 1 」 の 実 像 』 『 迫 り く る 「 米 中 新 冷 政 府 に 政 策 上 の 勧 告 を す る 」 こ と を 同 委 員 会 の 事 務 局 も 中 国 や 軍 事 、 戦 」 』 な ど 多 数 。 近 著 は 『 朝 日 新 聞 は 日 本 目 的 に 常 設 さ れ た 。 議 会 の 上 下 両 院 諜 報 に 関 す る 知 識 の 豊 富 な ス タ ッ フ 3 の 「 宝 で あ る 」 』 ( ビ ジ ネ ス 社 ) 。 の 有 力 議 員 た ち が 選 ぶ 十 二 人 の 委 員 で 固 め ら れ 、 特 定 テ 1 マ に つ い て の 幻

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


を 日 米 防 衛 新 指 針 合 2 ー 新 ガ イ ド ラ イ ン の ポ イ ン ト ー ▽ 切 れ 目 の な い 日 米 協 力 を 確 立 目 指 針 年 ぶ り 改 定 新 法 制 も 与 党 実 質 合 意 ▽ 日 米 で 作 戦 を 調 整 す る 協 議 機 関 「 調 整 メ カ ニ マ 日 米 防 衛 協 力 の た め ズ ム 」 を 平 時 か ら 利 用 可 能 に 【 ニ ュ ー ヨ ー ク Ⅱ 田 島 如 生 】 日 米 両 政 府 は 幻 日 午 前 ( 日 本 時 間 日 未 明 ) 、 防 衛 協 力 の た め の 指 の 指 針 ( ガ イ ド ラ イ ン ) ▽ 日 本 防 衛 の た め 警 戒 監 視 な ど を 行 う 米 軍 を 自 針 ( ガ イ ド ラ イ ン ) を 改 定 し た 。 中 国 に よ る 海 洋 進 出 な ど 安 全 保 障 環 境 の 変 化 を 受 け 、 日 米 が ア ジ 日 米 安 全 保 障 条 約 に 基 衛 隊 が 守 る 「 ア セ ッ ト ( 装 備 品 ) 防 護 」 を 新 設 ア 太 平 洋 を 越 え た 地 域 で 連 携 し 、 平 時 か ら 有 事 ま で 切 れ 目 な く 対 処 す る 。 与 党 は こ れ を 裏 付 け る 新 づ き 防 衛 協 力 の 枠 組 み や ▽ 日 本 の 平 和 に 重 要 な 影 響 が あ る 紛 争 に 対 処 す 方 向 性 を 示 し た 文 書 。 た な 安 保 法 制 で 実 質 合 意 。 自 衛 隊 の 活 動 を 制 限 し て き た 日 米 協 力 は 転 機 を 迎 え た 。 る 米 軍 へ の 後 方 支 援 を 拡 充 ( 地 理 的 な 制 約 を 978 年 に 最 初 に つ く っ 除 去 ) た 際 は 旧 ソ 連 へ の 対 処 が 正 改 る 、 日 米 両 政 府 が ニ ュ ー ヨ な 改 法 中 心 だ っ た が 、 冷 戦 後 、 ▽ 日 本 へ の 武 力 攻 撃 の 際 、 日 本 の 島 嶼 防 衛 で の 不 カ 支 ) ど 制 法 態 ー ク 市 内 で 開 い た 外 務 ・ 撃 案 北 朝 鮮 の 核 ・ ミ サ イ ル 問 日 米 協 力 を 明 記 け 法 、 隊 事 0 案 平 攻 正 防 衛 担 当 閣 僚 協 議 ( 2 プ 題 を 受 け 年 に 改 定 し ▽ 存 立 危 機 事 態 に は 、 自 衛 隊 が シ ー レ ー ン で の 整 正 際 案 る 一 付 保 衛 辺 案 カ 改 法 改 国 法 武 法 、 安 自 案 周 正 ラ ス 2 ) で 合 意 し た 。 日 た 。 今 回 は 2013 年 か 機 雷 掃 海 な ど 海 上 作 戦 で 協 力 て 本 側 か ら 岸 田 文 雄 外 相 と ら 日 米 の 実 務 者 協 議 な ど ▽ 平 和 維 持 活 動 な ど グ ロ 1 バ ル な 日 米 協 力 を 強 し で 準 備 を 進 め て い た 。 中 谷 元 ・ 防 衛 相 、 米 側 は 空 動 練 域 弾 く に に ケ リ ー 国 務 長 官 、 カ ー タ ▽ 宇 宙 ・ サ イ バ ー 分 野 で の 連 携 を 強 化 援 他 援 訓 護 地 や な 権 も 連 ( 読 売 4 ・ ) や 防 の 油 が 衛 と ー 国 防 長 官 が 出 席 。 指 針 陸 連 救 諸 支 視 を 外 給 自 と 制 改 定 は 年 ぶ り 。 関 連 の 同 記 者 会 見 で 、 指 針 改 定 り 、 年 の 改 定 で 米 国 の た 協 力 項 目 を 列 挙 し 、 制 監 軍 以 に 攻 的 軍 衛 戦 災 に で 共 同 文 書 も 発 表 し た 。 を 「 歴 史 的 な 転 換 点 」 と 日 本 防 衛 義 務 を 明 記 。 日 約 を 大 幅 に 緩 和 し た 。 防 作 や 争 同 警 る 辺 軍 供 の 団 米 保 よ 合 0 紛 共 指 針 改 定 は 「 ア ジ ア 太 指 摘 。 沖 縄 県 ・ 尖 閣 諸 島 米 指 針 は 冷 戦 下 に 旧 ソ 連 た と え ば 「 日 本 周 辺 」 と も 本 も を 本 も づ 撃 し 統 携 際 に と し 日 で 薬 日 て 基 反 島 の 連 国 軍 平 洋 地 域 お よ び こ れ を 越 が 日 米 安 全 保 障 条 約 5 条 へ の 対 処 、 年 改 定 で 北 し て い た 後 方 支 援 の 範 囲 定 え た 地 域 が 安 定 し 平 和 で の 適 用 範 囲 に あ る と 強 調 朝 鮮 の 脅 威 な ど に 対 応 す を 日 本 の 平 和 や 安 全 に 重 や れ 協 支 態 ・ 影 態 。 、 攻 日 か 繁 栄 し た も の に な る 」 こ し た 。 岸 田 文 雄 外 相 は 「 内 る も の に 変 わ っ て き た 。 要 な 影 を 及 ば す よ う な 撃 さ 和 方 事 な 事 力 、 脅 武 が 態 攻 測 平 後 な と を 目 的 と し 、 日 米 の 安 外 に 日 米 の 強 い 同 盟 関 係 た だ 、 活 動 地 域 や 協 力 内 ケ ー ス と 再 定 義 。 日 本 周 の 生 立 事 の 予 な の 要 保 協 力 を 拡 大 。 自 衛 隊 に を 示 す こ と が で き た 」 と 容 を 厳 し く 制 約 し た 。 辺 以 外 で 他 国 軍 へ の 給 油 に 及 へ 発 存 る ヘ が 態 的 軍 必 本 を 。 国 が の れ 一 本 れ 事 際 国 が よ る 米 軍 支 援 を さ ら に 大 述 べ た 。 今 回 の 指 針 改 定 は 安 保 な ど の 後 方 支 援 が で き 日 響 他 撃 本 さ , 。 日 そ る 国 力 他 援 幅 に 広 げ る 。 日 米 同 盟 は 1951 年 法 制 を め ぐ る 与 党 協 議 が る 。 米 軍 に よ る 日 本 防 衛 虱 際 社 日 本 の 安 全 の 確 保 ケ リ ー 氏 は 協 議 後 の 共 締 結 の 安 保 条 約 で 始 ま 先 行 。 与 党 合 意 を 反 映 し に 重 点 を 置 い た 協 力 か ら の 確 保 主 な 日 米 協 力 日 米 防 衛 新 指 針 合 意

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


特 集 ・ 沖 縄 平 和 に 生 き る 権 利 方 」 と そ の 増 補 版 で あ る 。 こ の 解 釈 運 用 は か っ て な い ほ ど 、 と げ と げ し 、 入 し た 。 こ れ は 、 2014 年 に 実 施 さ れ た 北 九 州 市 の 指 定 暴 力 団 ・ 工 藤 会 の 壊 滅 マ ニ ュ ア ル は 、 実 際 の 協 定 の 条 文 以 上 に 基 地 あ る か ゆ , ん に 米 側 に お も ね り 、 驚 く べ き 米 軍 優 位 の 裏 傷 つ け , ら れ る 命 作 戦 の 際 に 投 入 さ れ た 機 動 隊 員 53 。 人 米 軍 の 長 期 駐 留 背 景 に 解 釈 が こ れ で も か と 繰 り 出 さ れ て い る と 同 じ 規 模 で あ る 。 に も か か わ ら ず 、 在 生 ま れ た 日 米 地 位 協 定 1972 年 の 沖 縄 返 還 以 来 、 米 兵 や 軍 日 本 外 交 の 恥 部 が 詰 ま っ た 「 パ ン ド ラ の 京 大 手 メ デ ィ ア の 大 半 は 、 市 民 の 思 想 ・ 箱 」 の よ う な こ の 文 書 は 、 ご く 一 部 の 外 属 ら に よ る 沖 縄 で の 強 姦 事 件 は 、 201 在 日 米 軍 が 引 き 起 こ す 事 件 ・ 事 故 や 、 信 条 の 自 由 を 背 景 に し た 行 動 を 押 さ え っ 5 年 ま で に 129 件 も 起 き た 。 そ の 逮 捕 演 習 の 被 害 に さ ら さ れ る 基 地 周 辺 自 治 体 務 省 の 担 当 者 だ け に 引 き 継 が れ て い る け 、 弾 圧 に 等 し い 警 備 の 異 常 さ を 報 じ る 者 か 14 7 人 に 上 る 事 実 は 、 囲 件 程 度 は 「 ー 考 え 方 」 に は 、 あ ま り の 長 期 に わ た や 住 民 に 背 を 向 け 、 米 軍 の 運 用 を 最 優 先 姿 勢 が 弱 す ぎ る の で は な い か 集 団 強 姦 だ っ た こ と を 一 小 す 。 1 年 で 平 均 す る 日 本 政 府 の 姿 こ そ が 、 基 地 負 担 軽 減 る 他 国 軍 隊 の 常 時 駐 留 と い う 、 国 際 法 が 戦 後 月 年 を 迎 え て な お 、 沖 縄 社 会 は 、 3 人 の 女 性 が 米 兵 ら に よ る レ イ プ 被 害 に 想 定 し な い 異 様 な 事 態 を 踏 ま え 、 米 軍 の 米 軍 基 地 の 存 在 に 起 因 す る 事 件 か ら 、 夢 の 最 も 大 き な 壁 と な っ て い る 在 日 米 軍 の 法 的 地 位 や 義 務 を 定 め た 政 駐 留 根 拠 と 法 的 地 位 な ど を 定 め る 地 位 協 遭 う 地 域 が 、 日 本 の ど こ に あ る の か 世 と 希 望 に 満 ち て い た 囲 歳 の 女 性 の 命 と 尊 界 中 に あ る 米 軍 駐 留 地 の 中 で も 、 「 基 地 定 が 必 要 に な っ た と 赤 裸 々 に 記 さ れ て い 厳 を 守 れ な か っ た 。 県 民 は 等 し く 、 未 来 府 間 協 定 が 、 日 米 地 位 協 定 で あ る 。 全 囲 の 島 ・ 」 は 異 常 な 無 法 地 の 犠 牲 者 を 出 さ な い 責 任 を 背 負 っ て い る 条 。 基 地 返 還 の 際 、 ど ん な に 土 地 が 汚 染 る 。 米 国 の 日 本 占 領 下 で 締 結 さ れ た 「 日 米 行 政 協 定 」 ( 米 軍 の 日 本 国 内 へ の 配 備 帯 と 化 し て い る 。 さ れ て い て も 、 米 軍 に 浄 化 義 務 を 負 わ さ こ と を 深 く 自 覚 し た 。 2 万 人 超 の 米 兵 が 居 座 り 続 け る 沖 縄 で 19 5 2 年 4 月 囲 の 条 件 を 定 め た 協 定 。 ず ( 第 4 条 ) 、 基 地 内 で 拘 東 さ れ た 米 兵 の 未 来 ま で 横 た わ る 沖 縄 に お け る 基 地 の 1960 年 の 日 米 安 保 条 約 基 地 問 題 を 追 っ て い る と 、 確 信 を 強 め て 犯 罪 容 疑 者 は 日 本 側 が 起 訴 す る ま で 身 柄 日 発 効 ) が 、 過 重 負 担 の 土 台 に あ る の が 、 在 日 米 軍 に い る こ と が あ る 。 兵 士 の 数 を 大 幅 に 削 減 が 引 き 渡 さ れ な い ( 第 レ 条 ) な ど 、 不 平 改 定 と 同 時 に 日 米 地 位 協 定 に 衣 替 え し た 特 権 的 地 位 を 与 え て い る 日 米 地 位 協 定 で が 、 行 政 協 定 が 宿 し て い た 圧 倒 的 な 米 軍 し な い 限 り 、 統 計 学 的 に 性 被 害 と 事 件 が あ る 。 女 性 殺 害 事 件 に 抗 議 す る 県 民 大 会 等 な 協 定 へ の 批 判 は 根 強 い 琉 球 新 報 社 が 2004 年 に 特 報 し 、 計 優 位 の 不 平 等 性 や 特 権 は 温 存 さ れ た 。 そ 起 き 続 け 、 新 た な 県 民 が 犠 牲 に な る こ と で も 、 在 沖 海 兵 隊 撤 退 と 共 に 日 米 地 位 協 は 避 け ら れ な い と い う こ と だ 。 米 軍 の 幹 面 を 使 っ て 全 文 掲 載 し た 外 務 省 の 永 久 れ 以 来 、 一 度 も 改 定 さ れ た こ と が な い 。 定 の 改 定 を 求 め る 決 議 が な さ れ た 部 や 米 政 府 関 係 者 が 「 女 性 を 襲 う よ う な 日 米 地 位 協 定 に 対 す る 沖 縄 社 会 の 視 線 機 密 文 書 が あ る 。 「 日 米 地 位 協 定 の 考 え 一 握 り の 不 心 得 者 が 、 2 万 人 を 超 え る 兵 士 の 中 に 紛 れ 込 む こ と を 防 ぐ こ と は で き な い 」 と し て 、 事 件 ・ 事 故 根 絶 は 困 難 だ れ , 米 軍 統 治 下 で 起 き た 幼 女 殺 害 を 含 む 多 く の 女 性 暴 行 事 件 、 と 言 い 放 つ の を 聞 き 、 あ ぜ ん と し た こ と 1995 年 の 少 女 乱 暴 事 件 、 そ し て 今 回 の 女 性 殺 害 事 件 は 、 か あ る 手 月 軍 隊 組 織 で 培 わ れ た む き 出 し の 暴 力 が 女 性 の 尊 厳 を 容 赦 な す ぐ に 基 地 を な く す こ と が 難 し い の な 現 6 ら ば 、 最 低 限 、 日 米 地 位 協 定 を 改 定 し 、 く 蹂 躙 す る 構 図 で 共 通 す る 。 弱 い 女 性 が 被 害 に 遭 っ た 事 件 の れ 2 米 兵 ら に 事 件 を 起 こ し て も 逃 げ お お せ る 多 く の 容 疑 者 が 基 地 内 に 逃 げ 込 み 、 迷 宮 入 り し た ケ 1 ス は こ と が で き る と い う 誤 解 を 抱 か せ 、 特 権 を か 忍 < -6 に 守 ら れ て い る と い う 意 識 を 払 拭 す る こ 数 え 切 れ な い 泣 き 寝 入 り し た 被 害 者 を 含 め 、 基 地 あ る が 2 た 中 と が 不 可 欠 の は ず で あ る 。 し か し 、 日 本 ゆ え に 奪 わ れ 、 傷 つ け ら れ た 命 は 数 え 切 れ な い 無 数 の 無 念 さ 々 0 政 府 は 地 位 協 定 改 定 に 腰 を 上 げ よ う と は 害 花 6 殺 た か 沖 縄 戦 後 史 に 影 を 落 と し て い る 。 し な い 。 未 来 に わ た っ て 米 兵 が 起 こ す 事 7 ′ っ ~ し ゅ う り - ん

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


は い IL - に う ド 3 。 当 3 行 し 、 参 院 選 で の 支 持 に つ な げ る 落 ん 米 軍 の 「 排 他 的 管 理 権 」 を 認 め て い る た め 、 同 意 が な い 限 り 、 日 本 の 警 察 は 立 ち 首 相 は 卑 劣 極 ま る 事 件 で 沖 縄 の 女 性 が 犠 麺 入 り で き な 」 。 県 警 は 軍 属 の 男 の 基 地 内 牲 に な る 事 件 が 起 き て も 、 米 国 の 反 発 を ま っ と の 足 取 り を た ど る 捜 査 を 全 う で き な か 買 う こ と を 恐 れ 、 再 発 防 止 策 の 要 と な る つ 、 、 0 日 地 位 協 定 改 定 に 全 く 言 及 し な か っ た 。 オ き ん ち ょ う 2008 年 に 月 、 金 武 町 伊 芸 区 で 、 米 ハ マ 氏 の 広 島 訪 間 と 背 中 合 わ せ の 「 政 権 位 。 軍 演 習 場 か ら の 流 れ 弾 が 民 家 に 止 め て あ 益 」 の 「 最 大 化 」 を 「 最 優 先 」 し た の だ / っ た 車 に 当 た る 事 件 が あ っ た 。 基 地 内 か 政 府 の 対 米 従 属 姿 勢 は 極 ま っ て い る か ら の 流 弾 に 間 違 い な か っ た が 、 沖 縄 県 警 新 基 地 建 設 問 題 で は 「 抑 止 力 維 持 」 を 名 へ オ の 立 ち 入 り 調 査 実 現 ま で 1 年 近 く か か っ 目 に 辺 野 古 移 設 の 他 に 選 択 肢 は な い と す た 。 結 局 、 重 機 関 銃 弾 を 誤 射 し た と み ら る 一 方 で 、 県 民 の 生 命 に 関 わ る 日 米 地 位 日 べ 4 周 Ⅶ れ る 海 兵 隊 の 部 隊 は 沖 縄 か ら す で に 去 っ 協 定 の 欠 陥 に は 手 を 付 け よ う と は し な 一 三 ロ 月 亥 >- て い た 。 容 疑 者 特 定 ど こ ろ で は な く 、 事 国 民 の 安 全 を 守 る べ き 責 務 を 放 棄 し 8 凪 目 年 残 件 は 迷 宮 入 り し た 。 て い る と 一 言 う し か な い 4 の O 丿 0 O ー C 2 へ 米 兵 犯 罪 の 元 凶 爆 音 被 害 の 歯 止 め な し 件 の 被 害 者 を 拡 大 再 生 産 す る 責 任 を 誰 が の 支 障 は な か っ た よ う に 見 え る 。 し か し 、 米 軍 基 地 を 治 外 法 権 の よ う に 規 定 し 、 極 東 の 空 軍 拠 点 ・ 嘉 手 納 基 地 で は 、 激 取 る と い う の か 実 態 は 違 う 。 容 疑 者 は 米 軍 基 地 内 で 証 拠 米 軍 人 ・ 軍 属 の 特 権 を 認 め る 日 米 地 位 協 し い 爆 音 を 放 っ 巧 戦 闘 機 、 海 兵 隊 の 普 隠 滅 を 図 っ た 可 能 性 が あ る に も か か わ ら 定 が 基 地 犯 罪 の 元 凶 で あ る こ と は 明 ら か 天 間 飛 行 場 で は 墜 落 事 故 を 繰 り 返 し て き ず 、 基 地 内 で は 直 ち に 捜 査 権 を 行 使 す る だ 。 し か し 今 回 の 軍 属 事 件 で も 、 日 本 政 府 た オ ス プ レ イ が 深 夜 、 未 明 に 飛 び 基 地 内 捜 査 で き す こ と が で き な か っ た 。 証 拠 隠 滅 の 可 能 性 は 日 米 地 位 協 定 の 改 定 を 米 側 に 求 め ず 、 立 っ 運 用 が 繰 り 返 さ れ て い る 。 住 民 の 安 県 警 は 「 遺 体 を ス 1 ッ ケ ー ス に 入 れ て 運 用 改 善 で 幕 引 き を 図 ろ う と し て い る 眠 が 突 き 破 ら れ 、 幼 児 が 飛 び 起 き て 泣 き 1 ・ 、 ・ つ ん ズ 一 1 ー 1 「 レ 4 月 末 に 起 き た 米 軍 属 に よ る 女 性 殺 害 運 ん だ 」 と い う 容 疑 者 の 供 述 に 基 づ き 、 軍 属 事 件 で 容 疑 者 が 逮 捕 さ れ て か ら 6 出 す こ と も あ る 。 車 の 前 事 件 は 、 米 軍 基 地 内 で 日 本 の 警 察 が 捜 査 執 念 の 捜 査 を 尽 く し 、 沖 縄 本 島 中 部 の 最 日 後 、 被 爆 地 ・ ヒ ロ シ マ 訪 間 を 前 に 来 日 で 聞 く ク ラ ク シ ョ ン の 音 に 匹 敵 す る 激 し 権 を 十 分 に 行 使 で き な い 実 情 を 照 ら し 出 終 処 分 場 で 米 軍 仕 様 の 大 型 ス 1 ッ ケ ー ス し た オ バ マ 米 大 統 領 と 安 倍 晋 三 首 相 が 会 い 爆 音 が 寝 静 ま っ た 時 間 帯 に 響 き 、 何 千 、 し た 。 沖 縄 県 警 は 6 月 初 め 、 死 体 遺 棄 容 数 点 を 押 収 し た 。 こ の 処 分 場 は 米 軍 基 地 談 し た 。 前 途 洋 々 の 若 い 国 民 の 命 を 守 れ 何 万 の 県 民 が た た き 起 こ さ れ る 。 欧 米 で 疑 で 逮 捕 し て い た 、 元 米 海 兵 隊 員 の 軍 属 の 廃 棄 物 を 処 理 し て い る 。 容 疑 者 は 土 地 な か っ た 日 本 の 為 政 者 は 、 在 沖 米 軍 の 基 は あ り 得 な い 基 地 運 用 が 続 い て い る の 男 を 殺 人 と 強 姦 致 死 の 容 疑 で 再 逮 捕 し 勘 が あ る キ ャ ン プ ・ ハ ン セ ン 内 で ス 1 ッ 地 、 兵 員 の 削 減 は 求 め ず 、 日 米 地 位 協 定 日 米 地 位 協 定 が 、 日 本 の 法 律 の 規 制 が た が 、 県 警 の 捜 査 は 常 に 日 米 地 位 協 定 の ケ ー ス を 投 棄 し た 可 能 性 が 濃 厚 だ 。 県 警 の 改 定 要 求 を 封 印 し た 。 安 倍 首 相 は 「 厳 及 ば な い 「 排 他 的 管 理 権 」 を 与 え て い る 壁 が 障 害 に な っ て き た 。 は ハ ン セ ン 基 地 に 出 入 り し た 容 疑 者 の 足 重 に 抗 議 」 し て 見 せ た が 、 具 体 策 は 何 一 た め 、 住 民 生 活 へ の 配 慮 ゼ ロ の 基 地 運 用 県 警 が 5 月 日 、 死 体 遺 棄 容 疑 で 軍 属 取 り を 把 握 し た 。 基 地 内 の 捜 査 は 絶 対 に っ 進 展 し な か っ た 。 オ バ マ 大 統 領 は 哀 悼 に 歯 止 め を 掛 け る 策 も 皆 無 な ま ま だ 。 だ の 逮 捕 に こ ぎ 着 け た た め 、 取 り 調 べ や 身 欠 か せ な い の 意 を 表 し 、 謝 罪 も せ ず に お 茶 を 濁 し た 。 が 、 米 本 国 や ド イ ツ や イ タ リ ア の 米 航 空 柄 引 き 渡 し な ど 、 一 見 、 日 米 地 位 協 定 上 と こ ろ が 、 日 米 地 位 協 定 は 基 地 内 で の 2 日 後 に 迫 っ た オ バ マ 氏 の 広 島 訪 問 に 同 基 地 で は 住 民 生 活 を 最 優 先 す る 運 用 が 貫 こ

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


日 米 防 衛 新 指 針 合 意 0 地 理 的 要 因 本 の 平 和 と 安 全 に 重 要 な 影 視 や 米 軍 支 援 を 行 う こ と を 一 九 七 八 年 に 初 め て 合 意 日 米 防 衛 協 力 の た め の = + 響 を 与 え る 事 態 は 「 地 理 的 期 待 し て い る 。 指 針 に 盛 り さ れ た 際 、 指 針 は あ く ま で 集 団 的 自 衛 権 以 外 で も 、 に 定 め る こ と は で き な い 」 込 ま れ た 船 舶 検 査 や 警 戒 監 「 日 本 〈 の 攻 撃 」 に 対 す る ガ イ ド 一 フ ィ ン っ て な に ワ ・ 自 衛 隊 の 海 外 活 動 を 際 限 な と 説 明 す る 。 新 指 針 の 目 的 視 活 動 を 自 衛 隊 が 南 シ ナ 海 日 米 間 一 一 カ 国 の 協 力 を 想 定 く 広 げ る 方 針 が 現 実 と な つ で は 代 わ り に 「 日 米 同 盟 の で 行 っ た 場 合 、 中 国 と の 緊 し て い た 。 年 ぶ り に 改 定 さ れ た 「 日 米 防 衛 協 力 の た め の 指 針 」 た グ ロ ー バ ル ( 地 球 規 模 ) な 張 は 高 ま る 。 だ が 今 回 は 国 際 協 力 活 動 ( ガ イ ド ラ イ ン ) と は ど う い う も の な の か 。 一 問 一 答 十 八 年 前 の 改 定 で 追 加 さ 性 質 」 が 強 調 さ れ 、 目 的 自 「 地 球 規 模 」 「 切 れ 目 な の 一 環 で 、 「 三 カ 国 、 多 国 形 式 で 読 み 解 い た 。 れ た 朝 鮮 半 島 有 事 な ど を 念 体 が 変 質 し て い る 。 い 」 協 力 を 大 義 名 分 に す る 間 」 の 安 全 保 障 と 防 衛 協 力 頭 に お い た 「 周 辺 事 態 」 と 米 国 は 中 国 が 軍 事 的 影 響 自 衛 隊 の 活 動 に は 、 安 保 法 の 推 進 ・ 強 化 も 加 わ っ た 。 い う = = 〔 葉 は 、 今 回 の 改 定 で 力 を 強 め る 南 沙 諸 島 な ど 南 制 に 盛 り 込 ま れ た 米 軍 の 武 岸 田 文 雄 外 相 や ケ リ ー 米 も と は 防 衛 の 役 割 決 め る 文 聿 = 削 除 さ れ た 。 そ の 理 由 は 日 シ ナ 海 で 、 自 衛 隊 が 警 戒 監 器 防 護 に 伴 い 、 演 習 中 な ど 国 務 長 官 ら は 最 終 合 意 と 同 a ガ イ ド ラ イ ン っ て そ 国 の 米 軍 と 自 衛 隊 が ど ん な の 段 階 か ら 「 装 備 品 な ど を 時 に 公 表 し た 共 同 文 書 で 、 協 力 を し て 敵 を 排 除 す る の 新 た な 日 米 防 衛 協 力 指 針 イ ) カ イ 辺 目 互 に 防 護 す る 」 こ と も で オ ー ス ト ラ リ ア な ど を 挙 も そ も 何 な の ? ラ 晦 攻 協 イ 周 カ 本 ( ガ イ ド ラ イ ン ) の 範 囲 ド 7 の る ラ と 協 き る よ う に な る 。 げ 、 「 よ り 緊 密 な 協 力 を 追 < も と も と は 日 本 が 外 か 、 そ の 役 割 分 担 を 約 束 し 国 際 協 力 の 一 環 で も 、 武 求 す る 意 図 を 確 認 」 し た 。 国 か ら 攻 め ら れ た 時 、 同 盟 て お く 文 書 だ よ 。 0 ( イ 攻 す 旧 日 ガ 9 の 対 装 勢 力 に 襲 わ れ た 国 連 要 員 指 針 は よ り 多 く の 友 好 国 を と の カ の 7 、 盟 を 保 護 す る 「 駆 け 付 け 警 巻 き 込 ん で い く こ と を 視 野 現 』 日 護 」 も 盛 り 込 み 、 海 外 で の に 置 く 。 日 本 の 自 衛 隊 活 動 援 明 権 に 支 上 衛 能 戦 闘 行 為 に つ な が り か ね な が 対 米 協 力 に と ど ま ら ず 、 平 え 定 の 律 自 可 ー 太 越 安 し 、 動 が 増 す 「 カ と へ 法 的 使 拡 大 す る こ と に な る 。 イ 約 刺 ( 東 京 4 ・ ) ■ 連 携 相 手 米 大 ア そ 平 ′ 保 「 定 与 安 る 範 想 供 ~ 米 す じ 一 定 支 を 宜 、 日 と 同 想 方 攻 便 出 規 を 後 進 球 期 陸 事 米 洋 地 戦 上 米 戦 有 対 海 は 援 レ 念 ー 鈴 の は 冷 島 よ ン ~ , 一 、 物 年 半 年 0 隊 支 の な 掃 記 中 自 米 仕 自 四 朝 自 東 峡 雷 明 中 海 機 と 新 ガ イ ト ラ イ ン ( 2015 年 ) こ ホ ル ム ズ 海 峡 日 米 防 衛 協 力 指 針 の 変 遷 18 年 ぶ り 改 定 日 米 ガ イ ド ラ イ ン 自 衛 隊 と 米 軍 の 協 力 、 役 割 分 担 に つ い て 日 米 間 で 合 意 地 球 規 模 で の 米 軍 支 援 を 可 能 に 日 米 安 保 条 約 と ガ イ ド ラ イ ン 、 安 保 法 制 日 本 へ の 攻 撃 に 対 し 、 日 米 で 対 処 日 本 や 極 東 の 安 全 の た め に 米 軍 が 日 本 国 内 の 基 地 を 使 用 1960 年 締 結 日 米 安 全 保 障 条 約 今 国 会 提 出 へ 安 全 保 障 法 制 旨 ロ

まっぷる山形 蔵王・米沢・庄内'14 (マップルマガジン)


米 沢 上 杉 ま つ り 02013 年 4 月 29 日 ( 月 ) ~ 5 月 3 日 ( 金 ) ま で 、 上 大 上 0 上 杉 神 社 周 辺 松 川 河 川 敷 4 / 29 開 幕 祭 ( オ ー プ ニ ン グ セ レ モ ニ ー 民 踊 流 し ・ ス テ ー ジ イ へ ン ト ) 5 / 2 武 て い 式 5 / 3 上 杉 軍 団 行 列 川 中 島 合 戦 戦 陣 へ 向 か う 上 杉 軍 団 の 甲 冑 行 列 と 由 緒 正 し き 絢 爛 豪 華 な み こ し 渡 御 な ど 、 総 勢 千 人 を 超 え る 大 迫 力 の バ レ ー ド が 市 内 目 抜 き 通 り を 練 り 歩 く 「 上 杉 軍 団 行 列 」 最 大 の 見 せ 場 は 戦 国 史 上 最 大 と 死 闘 と い わ れ た 『 川 中 島 の 合 戦 』 の 再 現 を 800 名 の 甲 冑 武 者 で 行 う 。 種 類 の 異 な る 苗 を 使 っ て 絵 を 描 き ま す 。 1 松 が 岬 公 園 『 田 ん ば ′ 鷹 山 公 園 内 に は 上 杉 謙 信 公 を 祀 る 上 杉 神 社 が あ り 、 約 200 本 の 桜 が 敷 地 内 に 並 ん で い ま す 。 ※ 5 月 下 旬 の 田 植 え 体 験 イ ベ ン ト に 植 え た 苗 が 、 7 月 頃 に 見 頃 を む か え ま す 。 9 月 に は 稲 刈 り イ ベ ン ト も 行 い ま す 。 を 米 沢 は 直 江 兼 続 が 礎 を 築 い た 町 で す 。 直 江 兼 続 が 水 害 を 防 止 す る た 市 内 各 専 門 店 で と ろ け る よ め に 築 い た 堤 防 値 江 石 堤 ) う な 米 沢 牛 が 味 わ え ま す 。 米 沢 市 商 工 観 光 課 谷 0238 ( 22 ) 51 1 1 米 沢 駅 観 光 案 内 所 く ASK 〉 谷 0238 ( 24 ) 2965 容 0238 ( 21 ) 6226 米 沢 観 光 物 産 協 会 平 成 24 年 : * 第 雪 第 ま っ 直 江 兼 続 夫 妻 の 墓 ( 春 日 山 林 泉 寺 ) 市 内 100 軒 を 超 え る 店 で 米 沢 ら 一 め ん が 味 わ え ま す 。 ー 米 沢 市 「 直 江 兼 続 」 マ ス コ ッ ト キ ャ ラ ク タ ー 『 か ね た ん 8 つ の 象 米 沢 に は 、 個 性 派 ぞ ろ い の 名 湯 ・ 秘 湯 が 8 つ も あ り ま す 。 ひ っ そ り と 湧 く 、 秘 湯 数 々 、 歴 史 を 感 じ る 伝 統 の 宿 ・ ・ ・ 寒 い 冬 に 芯 か ら あ た た ま る 米 沢 の 温 泉 に 入 り ま せ ん か ? 八 湯 ・ 24 軒 の 温 泉 宿 が み な さ ま を お 持 ち し て お り ま す 。 温 泉 米 沢 八 湯 会 Facebook 温 泉 米 沢 八 湯 会 プ ロ グ 匡 2 巨 グ ] facebook.com/yonezawa8 facebook.com/yonezawa8 白 布 温 泉 姥 湯 ( ※ 注 1 ) 【 白 布 温 泉 観 光 協 会 】 ( 森 林 体 験 交 流 セ ン タ ー 内 ) 【 姥 湯 温 泉 ( 桝 形 屋 ) 】 米 沢 市 大 字 大 沢 字 姥 湯 1 TEL0987797-5934 ( 現 地 衛 星 TEL ) 米 沢 市 大 字 関 1522-2 TEL0238-55-2205 TEL02 -35-2633 ( 案 内 所 ) 新 高 湯 小 野 川 【 新 高 湯 温 泉 ( 吾 妻 屋 旅 館 ) 】 米 沢 市 大 字 関 39 【 小 野 川 温 泉 旅 館 組 合 】 米 沢 市 小 野 川 2501-1 TEL0238-55-2031 TEL0238-32-2740 滑 川 ( ※ 注 1 ) 、 . 大 平 ( ※ 注 1 ) 【 滑 川 温 泉 ( 福 島 屋 ) 】 米 沢 市 大 字 大 沢 字 滑 川 15 【 大 平 温 泉 ( 滝 見 屋 ) 】 米 沢 市 大 字 李 山 12127 TEL090-3022-1189 TEL023 3 2250 ( 案 内 所 ) TEL090-3024-1726 TEL0238-3 & 3360 ( 案 内 所 ) 湯 の 沢 五 色 【 湯 の 沢 温 泉 ( 時 の 宿 す み れ ) 】 米 沢 市 関 根 127034 【 五 色 温 泉 ( 宗 川 旅 館 ) 】 米 沢 市 大 字 板 谷 498 TEL0238-35-2234 TEL0238-34-2511 ( ※ 注 1 ) 姥 湯 ・ 大 平 ・ 滑 川 は 、 冬 期 間 休 業 と な り ま す 。 ■ と き : 2 月 第 2 土 ・ 日 ・ と こ ろ : 上 杉 神 社 境 内 、 松 が 岬 公 園 一 帯 約 300 個 の 雪 灯 篭 と 3000 個 の 雪 ぽ ん ぼ り で 幻 想 的 上 杉 雪 灯 篭 な 雰 囲 気 に 。 米 沢 の 味 覚 や 姉 妹 都 市 な ど 各 地 の ご 当 地 グ ル メ が 集 合 す る テ ン ト 村 物 産 展 も 開 催 さ れ ま す 。 米 沢 の 観 光 に 関 す る お 問 い 合 せ 米 沢 市 観 光 ナ ビ