検索 - みる会図書館

検索対象: グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~から 226件ヒットしました。

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


CHAPTER 「 原 価 管 理 」 基 礎 の 基 礎

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


目 「 原 価 管 理 」 基 礎 の 基 礎 原 価 管 理 を 取 り 上 げ る 理 由 原 価 管 理 シ ス テ ム の 重 要 性 . 原 価 管 理 が な ぜ 難 し い の か ? 原 価 の 構 成 標 準 原 価 と 実 際 原 価 原 価 管 理 の 流 れ 差 異 分 析 に つ い て . 生 産 管 理 シ ス テ ム と の 関 係 原 価 計 算 の 進 め 方 ( 配 賦 に つ い て ) 原 価 関 連 の テ ー ブ ル 標 準 原 価 計 算 の 流 れ 実 際 原 価 計 算 の 流 れ . ま と め ロ 生 産 管 理 に お け る シ ス テ ム 適 用 範 囲 の 広 が り 3 人 の シ ェ フ の 共 演 は い か が で し た か シ ッ ク ス シ グ マ 設 計 一 生 産 サ イ ク ル の 短 縮 化 ま と め ロ 生 活 管 理 シ ス テ ム 用 語 集 索 引 - 191 . 172 . 172 173 . 174 . 175 . 177 . 178 180 . 181 . 183 . 185 . 186 . 187 . 192 199 . 200 . 203 207 . 216

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


目 「 原 価 管 理 」 基 礎 の 基 礎 原 価 管 理 を 取 り 上 げ る 理 由 原 価 管 理 シ ス テ ム の 重 要 性 . 原 価 管 理 が な ぜ 難 し い の か ? 原 価 の 構 成 標 準 原 価 と 実 際 原 価 原 価 管 理 の 流 れ 差 異 分 析 に つ い て . 生 産 管 理 シ ス テ ム と の 関 係 原 価 計 算 の 進 め 方 ( 配 賦 に つ い て ) 原 価 関 連 の テ ー ブ ル 標 準 原 価 計 算 の 流 れ 実 際 原 価 計 算 の 流 れ . ま と め ロ 生 産 管 理 に お け る シ ス テ ム 適 用 範 囲 の 広 が り 3 人 の シ ェ フ の 共 演 は い か が で し た か シ ッ ク ス シ グ マ 設 計 一 生 産 サ イ ク ル の 短 縮 化 ま と め ロ 生 活 管 理 シ ス テ ム 用 語 集 索 引 - 191 . 172 . 172 173 . 174 . 175 . 177 . 178 180 . 181 . 183 . 185 . 186 . 187 . 192 199 . 200 . 203 207 . 216

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


0 て 実 行 す る こ と が 原 価 管 理 の 基 本 と な り ま す 。 製 造 業 の " 生 き 残 り の 鍵 " を 握 る 原 価 管 理 で す が 、 こ の 際 に 重 要 に な る の は ( 繰 り 返 原 し に な り ま す が ) 「 何 を 作 れ ば 、 ど れ だ け 儲 か る の か を 把 握 し て 、 よ り 儲 け る た め に は 何 を す れ ば 良 い の か を 考 え る 」 と い う 管 理 会 計 的 な 側 面 に な り ま す 。 理 一 方 で 、 企 業 会 計 審 議 会 注 1 で 設 定 さ れ た 「 原 価 計 算 基 準 」 に お い て は 、 原 価 計 算 の 基 第 一 の 目 的 と し て 「 財 務 諸 表 で の 基 礎 情 報 の 提 供 」 が 挙 げ ら れ て い ま す 。 財 務 諸 表 の 「 損 礎 益 計 算 書 」 「 貸 借 対 照 表 」 の 期 末 残 高 ( 在 庫 ) 評 価 、 当 期 製 品 製 造 原 価 は 、 原 価 計 算 の 基 礎 結 果 に よ り 求 め ら れ る も の で す 。 ま た 、 製 造 業 で 必 要 と さ れ る 「 製 造 原 価 報 告 書 」 は 原 価 計 算 の 結 果 そ の も の に な り ま す 。 こ の よ う に 、 原 価 管 理 は 財 務 会 計 的 / 管 理 会 計 的 の 双 方 の 「 顔 」 を 併 せ 持 っ こ と を 知 っ て お い て く だ さ い 。 0 原 価 管 理 の 目 的 0 原 価 管 理 が な せ 難 し い の か ? 本 書 に は 「 xxx が な ぜ 難 し い の か ? 」 と い う フ レ ー ズ が よ く 登 場 し ま す が 、 原 価 管 理 は い っ た い 何 が 難 し い の で し よ う か ( 「 物 の 値 段 を 把 握 す る こ と が な ん で そ ん な に 大 変 な ん だ ? 」 と 思 っ て い ま せ ん か ? ) 。 ま ず 皆 さ ん の 身 近 に あ る パ ソ コ ン や 自 動 車 を 思 い 浮 か べ て く だ さ い 。 こ れ ら に は 膨 大 な 数 の 部 品 が 含 ま れ て い る こ と は 容 易 に 想 像 で き る と 思 い ま す 。 何 万 点 ( あ る い は そ れ 以 上 ) も あ る 部 品 の 購 入 費 用 を 管 理 す る こ と は 「 か な り 大 変 」 で は な い で し よ う か 。 あ る い は 、 皆 さ ん が 食 べ て い る ア イ ス ク リ ー ム を 想 像 し て み て く だ さ い 。 ア イ ス ク リ ー ム に は パ ソ コ ン や 自 動 車 ほ ど 多 く の 原 料 は 含 ま れ て い ま せ ん が 、 最 近 の 原 材 料 費 の 急 激 な 高 騰 に よ り 、 「 い っ 買 っ た 原 料 か ? 」 で そ の 購 入 費 用 が 大 き く 異 な っ て く る 可 能 性 が あ る わ け で す ( な ん と な く 大 変 そ う な イ メ ー ジ が 湧 い て き ま し た か ? ) 。 こ れ ら の 購 入 費 用 に 、 原 材 料 を 加 工 し た り 、 部 品 を 組 み 付 け た り 、 塗 装 を し た り 、 包 装 し た り と い う 「 モ ノ を 作 る た め の 作 業 費 用 」 を 加 え る 必 要 が あ り ま す 。 自 社 だ け で な く 、 一 部 は 外 注 に 出 す こ と も あ る か も し れ ま せ ん 。 あ る い は 、 繁 忙 期 に は 派 遣 社 員 を 雇 う 必 要 が あ る か も し れ ま せ ん 。 そ れ ら を す べ て 集 計 す る 必 要 が あ り ま す ( さ ら に な ん と な く 注 1 : 学 者 や 産 業 界 の 代 表 か ら な る 金 融 庁 所 管 の 審 議 会 で 、 企 業 会 計 基 準 や 監 査 基 準 の 設 定 に 関 し て 答 申 を 行 な う 審 議 会 で す 。 173

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


CHAPTER 「 原 価 管 理 」 基 礎 の 基 礎 前 章 の 「 品 質 管 理 シ ス テ ム 」 に 引 き 続 き 、 本 章 で は 生 産 管 理 シ ス テ ム と 密 接 に 関 係 す る 「 原 価 管 理 シ ス テ ム 」 に つ い て 解 説 し て い き ま す 。 製 造 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 し さ を 増 し て い く 中 で 、 原 価 管 理 の 重 要 性 は こ こ 数 年 非 常 に 高 ま っ て い ま す 。 原 価 管 理 は 生 産 管 理 と 財 務 会 計 双 方 の 知 識 が 必 要 な の で 、 SE に と っ て 「 ハ ー ド ル の 高 い 」 分 野 で す が 、 そ れ だ け に や り が い の あ る 分 野 で す 。 基 礎 的 な 内 容 を な る べ く 分 か り や す く 解 説 し ま す の で 、 ま ず は じ つ く り 読 ん で み て く だ さ い 。 0 原 価 管 理 を 取 り 上 げ る 理 由 実 は 本 書 の 構 成 を 決 め る に あ た り 、 原 価 管 理 を 内 容 に 含 め る か ど う か で 議 論 に な り ま し た 。 な ぜ な ら 、 原 価 管 理 シ ス テ ム だ け で 生 産 管 理 シ ス テ ム に 匹 敵 す る く ら い の 機 能 的 な 広 が り と 深 さ が あ る の で 、 「 た っ た 1 章 」 で 取 り 上 げ る の は か な り 無 理 が あ る た め で す 。 し か し な が ら 、 原 価 管 理 に つ い て は 昨 今 そ の 重 要 性 が ま す ま す 高 ま っ て い る こ と か ら 、 あ え て 取 り 上 げ る こ と に し ま し た ( 相 当 な チ ャ レ ン ジ で す ) 。 MRP の と き と 同 様 に 、 「 外 か ら 原 価 管 理 の 世 界 を 覗 き 込 む 」 と い う 感 じ に な る と 思 い ま す が 、 原 価 管 理 の 基 礎 的 な 知 識 ( 基 礎 の 基 礎 ! ) を 皆 さ ん に 習 得 し て い た だ け れ ば 幸 い で す 。 0 原 価 管 理 シ ス テ ム の 重 要 性 皆 さ ん ご 存 知 の よ う に 、 近 年 の 製 造 業 は 「 グ ロ ー バ ル な 競 争 」 に さ ら さ れ て お り 、 価 格 競 争 は 一 段 と 激 化 し て い ま す 。 ま た 、 原 材 料 費 な ど の 高 騰 に 伴 い 、 企 業 の 収 益 環 境 も ま す ま す 厳 し さ を 増 し て い ま す 。 こ の よ う な 環 境 に お い て は 、 こ れ ま で の 生 産 管 理 シ ス テ ム の 解 説 で 述 べ て き た よ う に 、 「 必 要 な モ ノ を 、 必 要 な と き に 、 必 要 な だ け 提 供 す る 」 と い う こ と に 加 え て 、 「 何 を 作 れ ば 、 ど れ だ け 儲 か る の か 」 を き ち ん と 管 理 す る こ と が よ り 重 要 に な っ て き ま す 。 「 何 を 作 れ ば 、 ど れ だ け 儲 か る の か 」 を 把 握 し て 、 「 よ り 儲 け る た め に は 何 を す れ ば 良 い の か 」 を 考 え 172

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


CHAPTER 生 産 管 理 に お け る シ ス テ ム 適 用 範 囲 の 広 カ グ ラ ス 片 手 に 業 務 知 識 を 勉 強 す る 本 書 も 、 い よ い よ 最 終 章 と な り ま し た 。 バ ッ ケ ー ジ べ ン ダ 自 身 が 語 る と い う こ と で 、 机 上 の 空 論 で な い " 生 き た ノ ウ ハ ウ " を 熱 い 想 い と と も に お 伝 え で き た と 思 い ま す 。 第 12 章 は 、 こ れ ま で の 章 で お 伝 え し て き た 生 産 管 理 に 関 す る 基 礎 用 語 や 関 連 知 識 な ど を ま と め る と と も に 、 最 近 の 話 題 と し て シ ス テ ム に お け る 適 用 範 囲 の 広 が り に つ い て 解 説 し て い き た い と 思 い ま す 。 0 3 人 の シ ェ フ の 共 演 は い か が で し た か 本 書 は 、 生 産 管 理 パ ッ ケ ー ジ の べ ン ダ の 共 演 と い う 趣 旨 で 、 「 MCFrame 」 の 羽 田 雅 一 氏 、 「 R-PiCS 」 の 渡 辺 時 彦 氏 、 そ し て ERP 「 GRANDIT 」 の 開 発 に 携 わ っ た 私 ( 梅 田 弘 之 ) の 3 名 が 表 1 の よ う に テ ー マ を 分 担 し 、 共 同 執 筆 し ま し た 。 私 、 梅 田 は 第 1 章 と 第 12 章 、 そ れ か ら 章 末 に あ る 「 今 日 の カ ク テ ル 」 の 担 当 で す 。 つ ま り 前 菜 と デ ザ ー ト 、 要 は お ロ 直 し で す ね 。 メ イ ン デ ィ ッ シ ュ は 各 章 と も こ っ て り し た ご ち そ う で も う お 腹 い つ ば い で し よ う か ら 、 最 後 は デ ザ ー ト と し て 軽 く 生 産 管 理 に 関 す る 基 礎 用 語 や 関 連 知 識 、 最 近 の 動 向 な ど を さ ら っ と 召 し 上 が っ て い た だ こ う と 思 い ま す 。 表 1 ・ 本 書 の 構 成 と 執 筆 担 当 者 第 1 章 生 産 管 理 シ ス テ ム の 全 体 像 第 2 章 「 モ ノ 」 に 関 わ る マ ス タ 情 報 第 3 章 「 モ ノ 」 を 管 理 す る た め の 補 助 的 な マ ス タ 第 4 章 シ ス テ ム の ト リ ガ ー と な る 「 生 産 計 画 」 を 理 解 す る 第 5 章 所 要 量 展 開 (MRP) を 理 解 す る 第 6 章 購 買 管 理 ( 発 注 、 入 荷 / 受 取 、 検 収 ) の DB 設 計 第 7 章 購 買 管 理 ( 外 注 委 託 ) の 業 務 と DB 設 計 工 程 管 理 ( 製 造 指 図 / 製 造 実 績 ) を 学 ぶ 第 8 章 在 庫 管 理 ( 受 払 管 理 / 在 庫 状 態 ) を 理 解 第 9 章 「 品 質 管 理 」 を 極 め る 第 10 章 「 原 価 管 理 」 基 礎 の 基 礎 第 1 1 章 生 産 管 理 に お け る シ ス テ ム 適 応 範 囲 の 広 が り 第 12 章 田 田 辺 田 田 辺 辺 辺 辺 田 田 田 梅 羽 渡 羽 羽 渡 渡 渡 渡 羽 羽 梅 192

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


利 益 一 般 販 売 管 理 費 製 造 間 接 費 接 接 費 接 費 「 原 価 管 理 」 基 礎 の 基 礎 販 売 価 格 総 原 価 直 接 材 料 費 直 接 労 務 費 1 。 直 接 製 造 直 接 費 原 価 の 構 造 東 洋 ビ ジ ネ ス エ ン ジ ニ ア リ ン グ 編 ( 日 本 能 率 協 会 マ ネ ジ メ ン ト セ ン タ ー 発 行 「 図 解 で わ か る 生 産 の 実 務 原 価 管 理 」 よ り ) い ) 形 態 別 分 類 ① 材 料 費 : 製 品 製 造 の た め の 物 品 の 消 費 に よ っ て 発 生 す る 原 価 ② 労 務 費 : 製 品 製 造 に 従 事 す る 従 業 員 の 労 働 の 消 費 に よ っ て 発 生 す る 原 価 ③ 経 費 : 物 品 、 労 働 力 以 外 の 原 価 材 を 消 費 す る こ と に よ っ て 発 生 す る 原 価 ( 2 ) 製 品 と の 関 連 に お け る 分 類 ① 直 接 費 : あ る 特 定 の 製 品 に つ い て 個 別 に 発 生 し 、 そ の 製 品 に 直 接 的 に 集 計 で き る 原 価 ② 間 接 費 : 各 製 品 に 共 通 的 に 発 生 す る た め 、 特 定 製 品 に 直 接 集 計 で き な い 原 価 図 2 : 原 価 要 素 の 基 本 部 類 ( 東 洋 ビ ジ ネ ス エ ン ジ ニ ア リ ン グ 編 日 本 能 率 協 会 マ ネ ジ メ ン ト セ ン タ ー 発 行 「 図 解 で わ か る 生 産 の 実 務 原 価 管 理 」 よ り ) 0 標 準 原 価 と 実 際 原 価 上 記 の よ う な 「 原 価 構 成 要 素 」 す べ て を 考 慮 し て 「 製 品 単 位 あ た り の 原 価 を 算 出 す る 」 こ と が 原 価 計 算 な の で す が 、 こ の 原 価 計 算 の 方 法 に は 大 き く 分 け て 「 標 準 原 価 計 算 」 と 「 実 際 原 価 計 算 」 の 2 と お り の 方 法 が あ り ま す ( 「 標 準 原 価 」 「 実 際 原 価 」 以 外 に も 「 実 績 こ で は 割 愛 し ま す ) 。 ( 速 報 ) 原 価 」 「 予 算 原 価 」 な ど が あ り ま す が 、 175

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


0 0 売 上 実 績 販 売 管 理 営 業 在 庫 情 報 シ ス テ ム 原 価 管 理 シ ス テ ム 生 産 実 績 投 入 実 績 工 数 実 績 ( 直 接 労 務 費 ) 製 造 在 庫 情 報 マ ス タ 情 報 ( BOM な ど ) 経 費 情 報 生 産 管 理 シ ス テ ム 「 原 価 管 理 」 基 礎 の 基 礎 会 計 間 接 労 務 費 シ ス テ ム 図 3 : 原 価 管 理 シ ス テ ム の イ ン タ ー フ ェ イ ス 情 報 0 原 価 管 理 の 流 れ こ ま で で 「 原 価 計 算 」 「 原 価 管 理 」 代 表 的 な 2 つ の 「 原 価 計 算 」 方 法 を 説 明 し ま し た が 、 を 使 い 分 け て い る こ と に 気 が つ い た で し よ う か 。 「 原 価 計 算 」 は あ く ま で も 製 品 単 位 あ た り の 原 価 を 計 算 す る 行 為 で あ り 、 原 価 管 理 と は こ の 「 原 価 計 算 」 の 値 を 使 っ て 結 果 を 分 析 し 、 適 正 な 原 価 の 設 定 ( 売 上 ア ッ プ を 目 指 す ) 、 原 価 低 減 活 動 ( コ ス ト ダ ウ ン を 目 指 す ) を 行 な う こ と に な り ま す 。 図 4 に 、 原 価 管 理 業 務 の 一 般 的 な 流 れ を 示 し ま す 。 原 価 企 画 と は 、 「 製 造 原 価 の ほ と ん ど ( 80 % と よ く 言 わ れ ま す ) は 設 計 / 開 発 段 階 で 決 ま る 」 と い う 考 え 方 に 基 づ き 、 新 製 品 の 設 計 / 開 発 段 階 か ら コ ス ト を 意 識 し て 行 な う こ と で す ( 「 コ ス ト を 作 り 込 む 」 と 表 現 さ れ ま す ) 。 新 製 品 の 原 価 を 設 定 す る こ と は 、 実 際 は 難 し い 作 業 で す が 、 目 標 利 益 や 設 計 情 報 、 あ る い は 類 似 製 品 の 生 産 / 販 売 情 報 な ど を 基 に 「 あ る べ き 原 価 」 を 設 定 す る こ と に な り ま す 。 シ ス テ ム 的 に は 基 幹 業 務 管 理 シ ス テ ム の 情 報 の ほ か 、 PLM (Production Lifecycle Management System) な ど を 活 用 す る こ と も あ り ま す 。 次 に 、 通 常 の 原 価 管 理 の 流 れ を PDCA サ イ ク ル で 考 え て み ま す 。 PLAN に あ た る 部 分 は 標 準 原 価 の 設 定 で す 。 標 準 原 価 の 設 定 / 見 直 し は あ る べ き 姿 の 設 定 / 見 直 し で あ り 、 目 標 の 設 定 に ほ か な り ま せ ん 。 DO に あ た る 部 分 は 実 際 原 価 の 集 計 で す 。 実 際 原 価 を 集 計 す る こ と に よ り 、 目 標 に 対 す る 結 果 が 分 か り ま す 。 177

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


COLUMN 原 価 計 鱆 は で き る だ け 正 し い 精 度 で 実 施 す る 必 要 が あ り ま す が 、 本 文 で 述 べ て い る よ う に 「 原 価 計 算 を 正 し く 実 施 す る こ と 」 が 最 終 の 目 的 で は な く 、 「 正 し い 原 価 を 把 握 し て 適 正 な 価 格 設 定 を 行 な い 、 売 上 の 向 上 を 図 る 」 こ と と 、 「 原 価 差 異 分 析 を 通 し て 目 標 と 現 状 の 乖 離 、 お よ び そ の 原 因 を 突 き 止 め 、 原 価 の 低 減 を 図 る 」 こ と が 原 価 管 理 の 目 的 な の で す 。 と こ ろ が 、 原 価 管 理 シ ス テ ム 導 入 プ ロ ジ ェ ク ト の 事 例 を 見 て い る と 、 ど う し て も 「 正 確 に 原 価 を 把 握 す る 」 と い う 面 ば か り に 目 が 向 き が ち に な り 、 「 現 状 の 原 価 管 理 シ ス テ ム の 値 と 1 円 の 差 が 出 て い る の は な せ か ? 」 ( 新 し い 管 理 方 法 を 取 り 入 れ た の で 、 多 少 の 差 が 出 る の は 当 然 な の で す が ・ ・ ・ ・ ・ ・ ) と い っ た こ と に 徹 底 的 に こ だ わ っ た り 、 や た ら に 凝 っ た 配 賦 計 算 を シ ス テ ム に 組 み 込 ん だ り と い う こ と が 見 受 け ら れ ま す 。 SE と し て は 、 「 売 ら れ た 喧 嘩 ? 」 な の で つ い つ い 買 っ て し ま い が ち な の で す が 、 こ は く っ と こ ら え て 「 大 局 観 を 持 っ て 」 対 応 し て い き た い も の で す 。 原 価 管 理 の 精 度 に つ い て 「 原 価 管 理 」 基 礎 の 基 礎 0 ま と め 本 章 で は 、 原 価 管 理 の 「 基 礎 の 基 礎 」 に つ い て 解 説 し ま し た 。 冒 頭 で 述 べ た よ う に 、 内 容 に 対 し て ス ペ ー ス が 限 ら れ る の で 、 原 価 管 理 の 重 要 な キ ー ワ ー ド で 触 れ ら れ な か っ た も の も 多 数 あ り ま す 。 「 全 部 原 価 計 算 」 と 「 部 分 原 価 計 算 」 の 違 い 、 と り わ け 部 分 原 価 計 算 の 1 つ で あ る 「 直 接 原 価 計 算 」 に つ い て 、 あ る い は 比 較 的 新 し い 原 価 管 理 の 考 え 方 で あ る ABC 原 価 計 算 (Activity Based Costing : 活 動 原 価 計 算 ) な ど 、 最 近 は 脚 光 を 浴 び て い る 考 え 方 に つ い て 触 れ る こ と が で き な か っ た の は 残 念 で す 。 興 味 を 持 っ た 読 者 の 皆 さ ん は 、 ぜ ひ 原 価 管 理 の 本 を 1 冊 読 破 さ れ る こ と を お 勧 め し ま す ( 本 章 の 内 容 だ け で 原 価 管 理 が 分 か っ た 気 分 に な る の は ち ょ っ と 早 す ぎ ま す ) 。 さ て 第 11 章 も 終 了 し て 、 残 す と こ ろ は 最 終 章 の み と な り ま し た 。 あ と 1 章 ま で た ど り 着 い た こ と を 祝 し て 、 「 か ん ば ~ い ! 」 日 本 能 率 協 会 マ 参 考 文 献 : 「 図 解 で わ か る 生 産 の 実 務 原 価 管 理 」 東 洋 ビ ジ ネ ス エ ン ジ ニ ア リ ン グ 編 ネ ジ メ ン ト セ ン タ ー 2 開 7 187

グラス片手にデータベース設計~生産管理システム編~


標 準 原 価 ・ 品 目 マ ス タ 期 品 目 コ ー ド (FK) 親 品 目 コ ー ド ( FK ) 子 品 目 コ ー ド (FK) 工 順 不 良 率 必 要 量 基 準 量 期 標 準 原 価 ・ BOM 標 準 原 価 ・ 品 目 工 程 マ ス タ 品 目 コ ー ド ( FK ) 工 順 工 程 コ ー ド (FK) 標 準 原 価 ・ 作 業 能 率 マ ス タ 期 品 目 コ ー ド (FK) 工 程 コ ー ド (FK) 作 業 時 間 コ ー ド (FK) 標 準 作 業 時 間 工 程 マ ス タ 工 程 コ ー ド 工 程 名 作 業 時 間 マ ス タ 作 業 時 間 コ ー ド 作 業 時 間 名 図 8 : 標 準 原 価 ・ 品 目 関 連 テ ー ブ ル 184 で 分 析 す る た め に 使 用 し ま す 。 る 際 に 、 「 テ レ ビ 」 「 液 晶 薄 型 」 「 xx シ リ ー ズ 」 「 YY イ ン チ 」 と い う よ う に 異 な っ た 視 点 費 目 ( 外 注 加 工 費 な ど ) で す 。 分 類 1 、 2 、 3 ・ ・ ・ ・ ・ ・ と い う 項 目 は 、 原 価 を 集 計 し て 分 析 す 基 準 数 は 、 原 価 を 計 算 す る 基 本 単 位 に な り ま す 。 費 目 コ ー ド は こ れ ま で 解 説 し て き た 次 に 、 標 準 原 価 / 品 目 マ ス タ に つ い て 説 明 し ま す 。 管 理 側 の 基 礎 情 報 ( 品 目 マ ス タ や BOM な ど ) を コ ピ ー す る 機 能 が あ る と 便 利 で し よ う 。 し か し な が ら 、 二 重 で デ ー タ 入 力 す る 手 間 を 省 く 必 要 が あ る の で 、 原 価 管 理 に は 生 産 デ ー タ 項 目 は 似 て は い て も 目 的 が 違 う も の な の で す 。 と し て は 同 じ よ う な デ ー タ を 複 数 持 つ の は 「 気 持 ち 悪 い 」 と 思 わ れ る か も し れ ま せ ん が 、 以 上 に 対 応 す る た め 、 テ ー プ ル も 期 単 位 で 管 理 す る 必 要 が あ る わ け で す 。 「 シ ス テ ム 屋 」 場 合 に は 原 材 料 費 の み 実 際 原 価 と す る な ど の 工 夫 が 必 要 に な っ て き ま す 。 い ま し た が 、 例 え ば 原 材 料 費 の 変 動 が 大 き い と 、 こ の 期 間 を 短 く す る 、 そ れ が 不 可 能 な の 乖 離 を 管 理 し て い き ま す 。 以 前 は 、 ほ と ん ど の 企 業 で 標 準 原 価 は 年 単 位 で 管 理 さ れ て 通 常 は 通 期 / 半 期 / 四 半 期 な ど の 単 位 で 標 準 原 価 を 設 定 し て 、 そ れ に 対 し て 実 際 と り ま す 。 こ の 一 定 期 間 を 「 期 」 と い う 言 葉 で 表 わ し て い ま す ) 。 こ れ が 日 々 刻 々 と 変 わ っ て は 管 理 が で き ま せ ん ( 一 定 期 間 、 値 を 保 持 し て お く 必 要 が あ ス す る ) わ け で す が 、 標 準 原 価 は 先 に 述 べ た よ う に 「 あ る べ き 姿 」 を 示 す も の な の で 、 生 産 管 理 側 で は こ れ ら の マ ス タ 情 報 は 実 態 に 合 わ せ て 日 々 刻 々 と 変 化 す る ( メ ン テ ナ ン 違 い は 「 期 」 と い う キ ー 項 目 を 持 っ て い る 点 で す 。 品 目 マ ス タ や BOM を 考 え た 場 合 、