検索 - みる会図書館

全データから 202961件ヒットしました。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


毛 糸 の 花 束 を あ な た に 。

ヤカンと花束


や カ ン と 花 朿 0 お く づ け 0 ャ カ ン と 花 束 発 行 No “ 2006 S 梔 STA http://homepage3.nifty.com/sudamiyako/

大人に刺さる園児の名言


「 お 母 さ ん 、 が ん ば っ て 赤 ち ゃ ん 産 ん だ か ら 、 お 花 あ げ る ね 」 産 院 か ら 退 院 す る と き に 、 野 花 を 摘 ん で 花 束 に し て 持 っ て き て く れ ま し た 。 涙 が 出 る ほ ど 嬉 し か っ た 。 116 ( 5 才 ・ 女 ・ る か )

トットちゃんとトットちゃんたち 1997―2014


: 毛 を 多 霹 第 当 可 憐 な 花 束 を 贈 っ て く れ た 女 の 子

現代日本の文学 16 川端 康成 集


ま だ よ ち ょ ち 歩 き の よ う に 見 え る 、 一 番 幼 い 子 だ け が 、 「 そ う ? 」 渡 し お く れ て い た 。 そ れ は 空 色 の 細 か い 花 一 色 を 結 び 集 め 「 自 分 一 人 が 人 間 じ ゃ な い わ よ 。 よ く 覚 え と く と い し ひ ま わ り て 、 大 輪 の 向 日 葵 よ り も 小 さ い か と 思 わ れ る 花 束 で あ つ わ 。 」 た 。 女 の 子 は 星 枝 の 前 に 立 っ た の だ け れ ど も 、 星 枝 は そ の と 言 い な が ら も 、 し か し 鈴 子 は 徴 笑 ん で い た 。 人 も 花 も 小 さ 過 ぎ て 目 に つ か ぬ と で も い う 風 な の で 、 小 さ い 空 色 の 花 束 は 、 薔 薇 や カ ア ネ 工 、 ・ シ ョ ン の 花 束 に 挾 「 星 枝 さ ん 、 あ な た よ 、 可 愛 い 花 。 」 ま れ て 、 反 っ て こ れ こ そ ほ ん と う の 花 の よ う に 、 色 鮮 か で と 、 傍 か ら 鈴 子 が 注 意 す る と 、 い ぶ か し げ に 星 枝 の 顔 を あ っ た 。 見 て い た 小 さ い 子 は 、 そ の 声 で 、 花 東 を 鈴 子 の 方 へ 差 し 出 踊 子 達 は 口 々 に 、 可 愛 い と か 、 し ゃ れ て い る と か 、 綺 麗 し て し ま っ た 。 だ と か 、 お と ぎ ば な し の 冠 の よ う だ と か 、 夢 の 国 の 菓 子 の 「 う う ん 、 ち が う の 、 星 枝 さ ん よ 。 」 よ う だ と か 、 珍 ら し が っ て 、 星 枝 の 胸 を 覗 き 込 ん だ が 、 と 、 鈴 子 は 呟 い た が 、 目 顔 の 合 図 も 幼 い 子 に は 通 じ な い 「 匂 い は ? 」 し 、 こ う な っ て は 星 枝 が 横 か ら 奪 う こ と も 出 来 な い し 、 鈴 と 、 一 人 は 手 に 取 っ て 見 た 。 子 は 愛 想 よ く 空 色 の 花 東 を 受 け 取 っ て 、 子 供 の 頭 を 撫 で な 「 こ れ を 持 っ て 踊 り た い わ 。 な ん て 花 か し ら 、 星 枝 さ ん 、 が ら 小 声 で 、 な ん て 花 な の 。 」 「 あ り が と う 。 も う い い の 。 マ マ が あ す こ で 呼 ん で る 「 知 ら な い わ 。 」 「 見 た こ と な い 花 だ わ 。 こ ん な 印 象 的 な 花 束 を く れ る 人 っ 振 袖 の 少 女 達 が 花 の 使 い を 果 し て 退 く と 、 舞 台 の 踊 子 達 て 、 ど ん な 人 。 」 は も う 一 度 観 客 に お じ ぎ を し て 、 幕 が 下 り た 。 と 、 返 す の を 星 枝 は 無 造 作 に 受 け 取 っ て 、 ッ 「 こ れ 星 枝 さ ん の 花 束 よ 。 」 「 こ の 花 、 萎 れ て る わ ね 。 」 と 、 鈴 子 は 今 の 小 さ い 花 束 を 、 星 枝 が 抱 い た 花 束 と 彼 女 相 手 は 驚 い て 、 星 枝 の 顔 を 見 た 。 星 枝 は も う 一 度 、 「 萎 れ て る わ 。 」 花 の 胸 と の 間 に 突 き 挿 し て 、 「 ど う し て 受 け 取 ら な か っ た の 。 あ ん な 小 さ い 子 に ま で 、 「 萎 れ て や し な い で し よ う 。 こ こ で そ ん な こ と 言 わ な く っ 舞 台 で 恥 を か か せ る な ん て 、 あ ん ま り だ わ 。 泣 き そ う だ っ た っ て 、 帰 っ て 花 瓶 に 挿 し た ら 、 よ く な る の よ 。 く れ た 人 た わ よ 。 」 に 聞 え る と 、 悪 い わ よ 。 」 し お

現代日本の文学 1 二葉亭四迷 樋口一葉 集


・ イ ユ 、 ミ ン ヂ 気 こ う : 。 廿 六 日 。 不 0 蓮 、 入 谷 0 朝 顔 、 ( 「 わ か 艸 」 ) 此 頃 花 盛 り と い つ 」 上 不 忍 池 ( 明 治 年 = ろ ) 左 現 在 0 入 谷 ・ 鬼 子 母 神 0 朝 顔 市 現 在 0 台 東 区 0 = あ 0 罕 束 稲 荷 神 社 。 十 づ 0 日 。 明 日 は 千 束 神 社 0 大 り 。 今 歳 は 殊 0 = 0 = ぎ わ し く 、 山 月 ど を も 引 出 る と て 、 人 0 さ わ ぐ 。 一 明 治 26 年 10 月 19 1 ( 「 塵 中 日 記 」

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


142 な ぐ 「 そ の ロ を 閉 じ な さ い 「 冗 談 じ ゃ な い わ 、 閉 じ る も の で す か ! 」 花 涼 が 鉢 の 小 花 を 鷲 掴 み に し た 殴 り に さ れ て い た 。 ち ぎ れ た 花 び ら が 、 鳥 の 羽 毛 の よ う に 舞 い 散 る 。 「 そ れ 以 上 な に か ひ と こ と で も 言 っ て ご ら ん な さ い 、 た だ じ ゃ お か な い わ 」 「 そ れ の ど こ が 、 愛 し て る っ て い う の よ 」 叩 か れ た 頬 に 、 む せ か え る よ う な 花 の 匂 い が し た 。 目 の 端 を 、 小 さ な 枝 が か す め る 。 「 お ま え に な ど 、 わ か る も の で す か 。 あ の 方 が い な け れ ば 、 と う に 朽 ち 果 て て い た わ た し を 」 憎 々 し げ に 、 花 涼 の 瞳 は 燃 え て い た 。 ョ ウ シ 皐 闍 に め ぐ り 会 っ た 少 女 の 花 涼 は 、 た っ た ひ と り の 姉 を 〈 陽 使 〉 人 形 に 魅 入 ら れ て い た 。 ゲ ッ ト 姉 は 〈 月 徒 〉 に よ っ て 倒 さ れ 、 姉 の い な く な っ た あ と 、 花 涼 に は 、 孤 児 に な る 道 し か 残 さ れ わ し づ か と 思 っ た と た ん 、 真 梛 は 引 き 抜 か れ た 黄 色 い 花 束 で 、 横

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


雲 林 院 の 桜 の 花 を 見 に 行 き ま し た と こ ろ 、 花 は 皆 散 8 っ て し ま っ て 、 わ ず か に 片 枝 に 残 っ て お り ま し た の で 良 暹 法 師 集 尋 ね て き た 桜 の 花 も わ た し の 身 も 、 と も に 衰 え て 、 次 の 和 1 春 に 、 ま た 尋 ね て こ よ う と も 約 束 す る こ と が で き な い こ 今 権 中 納 言 公 経 古 と だ 。 新 老 木 の 花 と 老 境 の 作 者 と の 感 合 が 哀 感 を 誘 う 。 6 春 が 深 く な っ て 、 桜 の 花 を 求 め て 、 深 く 尋 ね て は い っ た 5- い る さ や ま 入 佐 山 の 尾 根 に は 、 遠 く か ら 花 の 雲 か と ほ の か に 見 た 雲 千 五 百 番 の 歌 合 に 寂 蓮 法 師 と 変 ら な い 雲 の 色 が 残 っ て い る こ と だ 。 4 今 は 帰 ろ う と 思 っ て 飛 び 立 っ 鳥 は 、 古 巣 を 頼 み 所 に し て 花 の 遅 い 入 佐 山 で も 花 は 散 っ て 、 花 か と 遠 望 し た 雲 は い る こ と で も あ ろ う 。 わ た し は 、 慣 れ 親 し ん だ 花 の 散 っ や は り 雲 の 色 だ っ た 、 と い う 。 幽 妙 で あ る 。 た あ と の 夕 暮 を 、 ど う し よ う も な い こ と だ 。 百 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 発 想 の 契 機 に は 、 お そ ら く 、 崇 徳 院 の 「 花 は 根 に 」 の 摂 政 太 政 大 臣 作 が あ っ た の で あ ろ う 。 花 の 散 っ た あ と の 寂 し さ が 、 7 初 瀬 山 で は 、 散 っ て い く 桜 の 花 で 春 が 終 っ て 、 花 に 見 あ 春 の ゆ く え を 思 う 心 と 一 つ に な っ て 広 が る 。 や ま ら れ た 雲 だ け が 峰 に 残 っ て い る よ 。 下 句 は 前 歌 の 第 三 句 以 下 と 似 て い る が 、 第 二 ・ 三 句 が 山 桜 の 花 は 散 っ て し ま っ た こ と だ 。 あ あ 、 花 を 散 ら し た 感 覚 を 生 か し 、 一 首 の 抒 情 を 深 く し た 。 恨 み の 相 手 が だ れ だ と い う の で 、 花 の 散 0 た 跡 を 訪 れ て 吹 く 春 の 山 風 な の で あ ろ う 。 山 風 が 、 花 を 散 ら し た の が 自 身 で あ る の に 、 ほ か の だ れ か を 恨 ん で い る 風 情 で 、 山 桜 の 枝 に や さ し く 吹 い て い る 。 妖 し い 寂 し さ を 感 じ さ せ る 。 あ や

現代日本の文学 26 尾崎 士郎 坂口 安吾 集


今 年 こ そ 、 彼 は 決 意 し て い ま し た 。 桜 の 森 の 花 ざ か り の ま 「 花 の 下 は 涯 が な い か ら だ よ 」 ん な か で 、 身 動 き も せ ず ジ , と 0 て い て み せ る 。 彼 は 毎 「 花 の 下 が か え 」 つ ぼ み 男 は 分 ら な く な っ て ク シ ャ ク シ ャ し ま し た 。 日 ひ そ か に 桜 の 森 へ で か け て 蕾 の ふ く ら み を は か っ て い ま し た 。 あ と 三 日 、 彼 は 出 発 を 急 ぐ 女 に 言 い ま し た 。 「 私 も 花 の 下 へ 連 れ て 行 っ て お く れ 」 し た く ま ゆ 「 お 前 に 仕 度 の 面 倒 が あ る も の か ね 」 と 女 は 眉 を よ せ ま し 「 そ れ は 、 だ め だ 」 た 。 「 じ ら さ な い で お く れ 。 都 が 私 を よ ん で い る ん だ よ 」 男 は キ ッ パ リ 言 い ま し た 。 「 一 人 で な く ち ゃ 、 だ め な ん だ 」 「 そ れ で も 約 束 が あ る か ら ね 」 女 は 苦 笑 し ま し た 。 「 お 前 が か え 。 こ の 山 奥 に 約 束 し た 誰 が い る の さ 」 男 は 苦 笑 と い う も の は 始 め て 見 ま し た 。 そ ん な 意 地 の 悪 「 そ れ は 誰 も い な い け れ ど も 、 ね 。 け れ ど も 、 約 束 が あ る い 笑 い を 彼 は 今 ま で 知 ら な か っ た の で し た 。 そ し て そ れ を の だ よ 」 「 そ れ は マ ア 珍 し い こ と が あ る も の だ ね え 。 誰 も い な く っ 彼 は 「 意 地 の 悪 い 」 と い う 風 に は 判 断 せ ず に 、 刀 で 斬 っ て も 斬 れ な い よ う に 、 と 判 断 し ま し た 。 そ の 証 拠 に は 、 苦 笑 て 誰 と 約 束 す る の だ え 」 男 は 嘘 が つ け な く な り ま し た 。 は 彼 の 頭 に ハ ン を 捺 し た よ う に 刻 み つ け ら れ て し ま っ た か の 花 が 咲 く の だ よ 」 ら で す 。 そ れ は 刀 の 刃 の よ う に 思 い だ す た び に チ ク チ ク 頭 を き り ま し た 。 そ し て 彼 が そ れ を 斬 る こ と は で ぎ な い の で 「 桜 の 花 と 約 束 し た の か え 」 「 桜 の 花 が 咲 く か ら 、 そ れ を 見 て か ら 出 掛 け な け れ ば な ら し た 。 三 日 目 が き ま し た 。 下 な い の だ よ 」 の 「 ど う い う わ け で 」 彼 は ひ そ か に 出 か け ま し た 。 桜 の 森 は 満 開 で し た 。 一 足 ふ み こ む と き 、 彼 は 女 の 苦 笑 を 思 い だ し ま し た 。 そ れ は 今 満 「 桜 の 森 の 下 へ 行 っ て み な け れ ば な ら な い か ら だ よ 」 ま で に 覚 え の な い 鋭 さ で 頭 を 斬 り ま し た 。 そ れ だ け で も う 森 「 だ か ら 、 な ぜ 行 っ て 見 な け れ ば な ら な い の よ 」 彼 は 混 乱 し て い ま し た 。 花 の 下 の 冷 め た さ は 涯 の な い 四 方 桜 「 花 が 咲 く か ら だ よ 」 ら だ た ち ま 「 花 が 咲 く か ら 、 な ・ せ さ 」 か ら ド ッ と 押 し 寄 せ て き ま し た 。 彼 の 体 は 忽 ち そ の 風 に 吹 き さ ら さ れ て 透 明 に な り 、 四 方 の 風 は ゴ ウ ゴ ウ と 吹 き 通 tg 「 花 の 下 は 冷 め た い 風 が は り つ め て い る か ら だ よ 」 「 花 の 下 に か え 」 り 、 す で に 風 だ け が は り つ め て い る の で し た 。 彼 の 声 の み う そ

星を授かるもの プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子5⃣


び つ く り す る ル ド ウ ィ ッ ク に 、 ば い と 花 束 を 投 げ 渡 し 、 キ ー ツ は 荷 物 を 持 っ て 倒 木 か ら 腰 を あ げ る と 、 小 屋 に 向 か っ て 歩 き 去 っ た 。 突 然 に 出 現 し た 花 束 に 驚 い て 、 声 も な か っ た ル ド ウ ィ ッ ク は 、 両 手 を 出 し て そ れ を 受 け 取 っ て し ま っ て か ら 、 よ う や く 我 に 返 る 。 「 何 だ ? こ れ は ー 怒 る ル ド ウ ィ ッ ク の 声 に 、 背 中 を 向 け て 歩 き な が ら 、 キ ー ツ は 片 手 を あ げ て 、 ひ ら ひ ら と 振 っ て 見 せ た 。 む ず か 旅 芸 人 で あ る キ ー ツ が 、 何 や ら 難 し い 顔 を し て お と な し か っ た の は 、 こ の 手 品 を 考 え て い た か ら か も し れ な い 。 つ か 真 剣 に 考 え て 気 を 遣 っ て い た ル ド ウ ィ ッ ク は 、 む っ と し て 花 束 を 投 げ 捨 て た 。 ば か キ ー ツ を 責 め る よ り 、 ル ド ウ ィ ッ ク の ほ う が 馬 鹿 だ っ た の か も し れ な い 。 に ら 澄 ま し て 歩 い て い く キ ー ツ を 睨 ん だ ル ド ウ ィ ッ ク は 、 焼 け た 肉 を 取 っ て 、 炉 の 火 を 消 し 、 小 屋 に 入 っ た 。 れ ん が し ば い ほ , つ か い 煉 瓦 で で き た 小 屋 は 、 よ く 言 え ば 歌 劇 や 芝 居 の 、 舞 台 の 大 道 具 に も 似 て い た 。 崩 壊 し て て ん じ よ う い て 、 一 方 と 半 分 の 壁 が 完 全 に な く 、 天 井 も 落 ち て し ま っ て 半 分 ち か く な い 。 野 宿 よ り 、 気 持 ち だ け ま し 、 と い っ た と こ ろ だ 。