検索 - みる会図書館

検索対象: クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳から 12件ヒットしました。

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


イ ラ ス ト / 雨 宮 カ ズ ユ キ

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ぅ の 性 事 件 が 幕 を ゖ 3 ま 真 堂 樹 ◆ イ ラ ス ト / 木 々 ◆ 吸 血 鬼 退 治 と 秘 密 劇 場 ◆ の 人 気 役 者 を 生 業 と す ◆ る 美 青 年 イ プ 。 オ ペ ラ ◆ 劇 場 で 出 会 っ た 青 年 と ◆ 共 に ヴ ァ ン ピ ル 党 と 名 乗 る 集 団 に 襲 わ れ ・ ・ ・ ! ? く レ マ イ ユ の 吸 血 鬼 〉 シ リ ー ズ ・ 好 評 既 刊 薔 薇 の 接 吻 ◆ ~ レ マ イ ユ の 吸 血 鬼 ~ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ く 好 評 発 売 中 〉 ひ つ ぎ 堕 天 使 の 柩 ~ レ マ イ ユ の 吸 血 鬼 ~ く ち づ け

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 後 輩 か ら 旦 ク ハ ラ 厚 南 く ん の 偏 愛 の 対 象 金 丸 マ キ イ ラ ス ト / 山 田 ユ ギ 文 具 メ ー カ ー に 勤 め る 南 。 ひ ょ ん な こ と か ら 声 を か け た 新 入 社 員 矢 島 は 、 南 の 昔 な じ ら し い 。 し か も 南 に 求 愛 を ・ ・ ヨ ? 困 惑 す る 南 の 部 署 に あ ろ う こ と か 矢 島 が 配 属 さ れ て き た ! ?

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


渋 い 茶 色 の グ ラ デ ー シ ョ ン に 、 セ ル フ ィ ー ユ で 緑 の ア ク セ ン ト を 加 え た 。 そ し て 魚 料 理 は 、 〈 ス ズ キ の ボ ワ レ プ ー ル プ ラ ン ソ ー ス 〉 で 、 白 基 調 で 野 菜 の 淡 い 色 彩 が し ゃ れ 美 し い お 洒 落 な 一 品 。 か わ め 塩 ・ 胡 椒 し た ス ズ キ を 皮 目 か ら カ リ ッ と 焼 き 上 げ て 、 ポ ム ・ ピ ュ ー レ を 敷 い た 皿 に 盛 り 、 タ ー と 白 ワ イ ン 、 ビ ネ ガ ー 、 生 ク リ ー ム な ど で 作 っ た プ ー ル プ ラ ン ソ ー ス を か け る 。 そ れ に 、 ニ ン ジ ン 、 ズ ッ キ ー ニ 、 長 ネ ギ を 素 揚 げ に し て 軽 く 塩 を 振 っ た も の と ゼ ル フ ィ ー ユ 、 ア ネ ッ ト な ど 飾 り 付 け た 。 歳 テ ー プ ル の 四 人 が 、 そ ろ っ て 夢 見 る よ う な う っ と り と し た た め 息 を 連 発 す る 。 フ 「 い や あ 、 い っ た い こ の 美 味 し さ と 言 っ た ら 、 ど う だ い ? 天 に も 昇 る 心 地 と は こ の こ と だ お よ 。 ス ズ キ の 焼 き 加 減 と 言 い 、 野 菜 の 揚 げ 具 合 と 言 い 、 そ れ か ら 味 付 け と 言 い 、 何 も か も 絶 妙 天 だ 」 イ 「 え え 。 本 当 に 、 今 に も ほ っ ぺ が 落 ち ち ゃ い そ う よ 。 こ の 、 な ん と も 深 い 味 わ い の お ソ ポ ー ス が た ま ら な い し 、 そ れ な の に 、 お 魚 の 味 が 消 え て な い の 。 そ れ ど こ ろ か 、 じ わ じ わ と 広 が グ っ て く る の よ ね 。 お 食 事 で こ ん な 幸 せ な 気 持 ち に な っ た の は 、 ヾ ン ノ リ の タ イ ユ バ ン 以 来 だ わ 」 「 お 招 き し た か い が あ り ま し た よ 。 グ ル メ の あ な た 方 に は 、 や は り 三 鷹 さ ん だ ろ う と 思 い ま し ク て ね 」 ナ イ ス ミ ド ル の 佐 々 氏 が い た く 満 足 気 な 声 を 響 か せ て 、 今 度 は 息 吹 の 名 を 呼 ん で か ら 話 を 続

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


哲 朗 が の っ そ り と カ ウ チ に 歩 み 寄 り 、 春 菜 の 映 像 を 呼 び 起 こ そ う と し た の だ ろ う 、 そ の リ モ コ ン を 手 に す る と 、 「 ・ : い や 」 遊 佐 は 首 を 横 に 振 っ て 見 せ 、 そ し て 、 お も む ろ に フ ォ ー ク と ナ イ フ を 手 に 取 っ た 。 ナ イ フ が 、 や わ ら か な 銀 ダ ラ と 春 キ ャ ベ ツ の 層 を ス ッ と 通 り 、 今 度 は 、 焼 き お に ぎ り の 層 で さ く り と 音 を 立 て て ミ ル フ ィ ー ユ に 切 り 込 む 。 す る と 、 各 種 の ハ ー プ を 白 み そ と ヨ ー グ ル ト と で 絶 妙 に マ リ ア ー ジ ュ さ せ た ま ろ や か な ソ ー ス が 、 そ の 断 面 に と ろ り と 流 れ 落 ち た 。 そ の 一 口 大 に 切 り 分 け た ミ ル フ ィ ー ユ の 上 に ク レ ソ ン を 重 ね る 。 遊 佐 は そ れ を 運 び 、 苦 悩 で 結 ば れ た 唇 を 開 く と 、 舌 の 上 に 差 し 入 れ た 。 そ の ロ が 、 ゆ っ く り と 動 く 。 昴 は 小 さ く 、 複 雑 な た め 息 を つ い た 。 遊 佐 が 料 理 を 食 し て く れ た こ と に 胸 を 震 わ せ 、 一 方 で 、 や は り 、 春 菜 の 気 持 ち を 伝 え る こ と ら く た ん が で き な か っ た の だ と 落 胆 す る 。 下 を 向 く 遊 佐 の 顔 は は っ き り と 見 え な か っ た け れ ど 、 彼 の 表 情 が 変 化 し た 様 子 は 見 受 け ら れ な か っ た か ら : ・ か ら だ そ れ で も 、 こ う し て 料 理 を 口 に し て く れ た こ と で 、 せ め て 、 彼 の 身 体 に そ の 栄 養 分 は 行 き 渡

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ プ ル ジ ョ ワ 高 校 生 の 裏 情 報 サ イ ト ! ? ◆ イ ラ ス ト.COM ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ シ リ ー ス ◆ ◆ ま 青 山 電 脳 倶 楽 部 ◆ 八 イ ソ な 有 閑 高 校 生 が 運 営 す る 裏 情 報 サ イ ト に 庶 民 派 が 強 制 参 加 ! ? ◆ ◆ タ ー ゲ ッ ト は 銀 幕 女 優 ◆ 女 優 ル ナ に 惹 か れ る 歩 だ が 、 彼 ◆ 女 に 関 す る チ ク リ メ ー ル が 届 き ! ? ◆ 少 年 は 時 の 樹 海 に 眠 る 朝 倶 楽 部 に 届 い た 小 説 盗 作 情 報 の 裏 付 け 調 査 を 開 始 す る 歩 た ち だ が ! ? バ バ 、 ア イ ラ ブ ユ ー 元 モ デ ル 七 海 の 父 、 ポ ー ル が 殺 さ れ た と い う 情 報 が 。 発 信 人 は 七 海 ! ? ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 小 沼 ま り 子 ◆ ◆ ◆

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


275 あ と が き こ の 文 庫 を 手 に 取 っ て く だ さ っ た み な さ ま 、 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 お 会 い で き て 、 嬉 し い で す 。 い ぶ き て つ ろ う き き 雨 宮 カ ズ ユ キ さ ま 、 イ ラ ス ト を 見 せ て い た だ い た 時 、 私 の 中 の 昂 と 息 吹 、 哲 朗 が 嬉 々 と 歓 声 を 上 げ て 手 を 打 ち 合 わ せ ま し た 。 「 サ イ コ ー た ず さ 担 当 さ ま を は じ め 、 本 作 り に 携 わ っ て く だ さ っ た み な さ ま 、 深 く 感 謝 し て お り ま す 。 ト 、 沼 ま り 子 二 〇 〇 三 年 四 月 平 和 を 祈 り つ つ : う れ

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


、 十 ノ 〉 。 み ず み ず ー プ 八 種 ( バ ジ ル 、 イ タ リ ア ン パ セ リ 、 セ ま ず 、 特 製 ソ ー ス は 、 摘 ん だ ば か り の 瑞 々 し い ハ 、 デ ィ ル ) と 白 み そ 、 ピ ー ナ ツ ツ に ル フ ィ ー ユ 、 タ ラ ゴ ン 、 タ イ ム 、 チ ャ イ プ 、 ロ ー ズ マ リ こ う そ う あ ぶ ら オ リ ー ヴ ォ イ ル を 注 い で フ ー ド プ ロ セ ッ サ ー に か け た も の を 、 葫 と 玉 ネ ギ を 香 草 油 で き つ ね 色 に な る ま で 炒 め た も の に 交 ぜ 入 れ て 煮 込 む 。 そ し て 最 後 に 、 ヨ ー グ ル ト と 白 ワ イ ン を 加 え 、 し お こ し よ う 塩 胡 椒 と ケ ッ パ ー で 味 を 調 え た 。 む そ れ か ら 、 タ イ ム を 振 り か け た や わ ら か な 春 キ ャ ベ ツ を 蒸 し な が ら 、 一 方 で 、 薄 い 焼 き お に お お ば し よ う ゆ け ず ぶ し ぎ り を 作 る 。 解 凍 し た ご 飯 に 、 削 り 節 、 白 ゴ マ 、 大 葉 、 醤 油 、 レ モ ン を 交 ぜ 合 わ せ て 、 そ れ を め ん ば う だ ん ご 団 子 状 に し た も の を 麺 棒 で 薄 く 伸 ば し 、 そ れ を 冷 凍 庫 で ぎ り ぎ り ま で 寝 か せ て か ら 、 フ ラ イ バ ン で パ リ バ リ に な る ま で 焼 き 上 げ て 出 来 上 が り 。 ど こ そ う し て お い て 、 春 菜 が 白 み そ 床 で 漬 け た 銀 ダ ラ を 三 枚 解 凍 し 、 フ ラ イ バ ン で 温 め た オ リ ー か わ め ヴ ォ イ ル に チ ャ イ プ を 加 え て 炒 め 、 香 り を 油 に 移 し た 後 、 皮 目 か ら 、 皮 は こ ん が り と 白 身 は ふ ん わ り と ソ テ ー う す う す ヾ リ バ リ の 焼 き お に ぎ り を 整 最 後 に 、 銀 ダ ラ の 大 き さ に 合 わ せ て 、 蒸 し た 春 キ ャ ベ ッ 、 薄 々 ノ え て 七 層 に 重 ね 、 特 製 ソ ー ス を た つ ぶ り と か け た 上 に ク レ ソ ン を 積 み 上 げ る 。 こ ち ゃ ひ す い 熱 い 翡 翠 色 の ソ ー ス の 幕 か ら 、 ミ ル フ ィ ー ユ の 白 と 焦 げ 茶 と 黄 緑 の 落 ち 着 き の あ る 美 し い コ め ぶ か い ま み ン ト ラ ス ト を 成 す 断 層 が 垣 間 見 え る 、 そ ん な 大 地 か ら 、 詳 や か な 緑 が 芽 吹 き 始 め た よ う な 印 象 0 っ

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


調 理 台 の 上 い つ ば い に 、 完 成 間 近 の 二 〇 個 の ラ ン チ ボ ッ ク ス が 並 べ ら れ て い る 。 ふ た 蓋 付 き プ レ ー ト の 中 に は 、 ト マ ト や カ プ や に ん じ ん 、 そ れ か ら ジ ャ ガ イ モ 、 ア ス パ ラ ガ ス 、 の そ ペ ロ ス な ど の 野 菜 が ほ ば 原 形 の ま ま に 色 と り ど り の 顔 を 覗 か せ る 、 〈 ク ー ・ ド ・ ヴ ォ ー の 煮 込 フ み ナ ヴ ァ ラ ン 風 〉 。 み ず み ず こ う そ う お そ の 奥 に は 、 さ ら に 、 瑞 々 し い 青 を 添 え る 、 〈 香 草 の サ ラ ダ 〉 。 天 す ば る 昴 は 、 今 、 ス ラ イ ス し た パ ゲ ッ ト を 〈 香 草 サ ラ ダ 〉 の 隣 に 順 に 収 め て い た 。 か な ぎ わ イ そ う し な が ら ふ と 思 い 出 し た の は 、 金 沢 で 少 し の 間 、 ア ル バ イ ト し て い た ア ジ ア ン カ フ ェ 。 そ う ざ い ポ こ う し て ラ ン チ ボ ッ ク ス に 惣 菜 を 詰 め て い た の も そ う な の だ が 、 そ こ の ユ ニ フ ォ ー ム が 今 の 昴 て つ ろ う グ の 格 好 ~ 黒 の 哲 朗 オ リ ジ ナ ル e シ ャ ツ に リ ン ー バ イ ス 。 そ の 上 に 白 の 長 エ プ ロ ン を ピ タ ッ と 巻 き 、 ぶ き ひ た い キ ッ 付 け 、 頭 は 息 吹 が 出 し て き た 黒 の バ ン ダ ナ に 包 ん で 広 い 額 を 全 開 に し て い る ~ と 、 ほ と ん ど 同 ク じ よ う な も の だ っ た か ら だ 。 そ れ は と も か く 、 今 日 の ラ ン チ ボ ッ ク ス は 、 後 は デ ザ ー ト の ス ペ ー ス を 埋 め る だ け だ っ た 。 四 章 き み だ け の メ ニ ュ ー

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


の 盛 り 付 け に 仕 上 げ た 。 有 り 合 わ せ の 簡 単 料 理 だ け ど 、 何 よ り 、 ー プ に 残 さ れ た 娘 さ ん の 気 持 ち が 入 っ て い る 。 遊 佐 は 何 を 思 う の か 、 料 理 を じ っ と 見 つ め た ま ま だ っ た 。 ビ デ オ の 中 で 、 春 菜 が 奏 で る バ イ オ リ ン の 音 色 が 静 か に 流 れ 続 け る 中 、 昴 は 彼 の 横 で 、 息 吹 も た は 再 び ソ フ ア に 腰 を 下 ろ し た 雛 の 隣 で 、 哲 朗 は 戸 口 に 背 を 凭 せ て 、 そ れ ぞ れ に さ り げ な く 孤 独 な 父 親 を 見 守 っ て い る 。 歳 昴 は 遊 佐 が 見 つ め る 料 理 に 目 を や っ た 。 フ ミ ル フ ィ ー ユ の 断 層 は 、 彼 が 長 い 年 月 を か け て 積 み 重 ね た 春 菜 と の 思 い 出 を 、 工 お や さ し い 翡 翠 色 の ソ ー ス は 、 彼 女 に 注 い だ 彼 の 深 い 愛 情 を 、 こ み ど り 天 濃 緑 を 積 み 上 げ た ク レ ソ ン は 、 そ ん な ソ ー ス に 包 ま れ た 断 層 か ら 芽 吹 く 新 し い 生 命 を 表 し た イ つ も り だ っ た 。 も た ら ポ 遊 佐 の 内 で 春 菜 が 再 生 し 、 穏 や か な 気 持 ち を 齎 す よ う に 願 い を 込 め て : グ ン そ し て 、 今 、 昴 は 、 彼 が そ れ を 食 し て く れ る の を 心 静 か に 待 っ て い た 。 料 理 の 力 を 信 じ て 。 キ そ ん な 気 持 ち も 、 自 分 の 中 で 新 た に 起 こ っ た 未 知 の 感 覚 だ っ た 。 不 意 に 、 春 菜 の バ イ オ リ ン の 音 色 が 消 え た 。 は せ ん み ん な の 視 線 を 集 め た テ レ ビ 画 面 は 、 ビ デ オ が 止 ま り 、 プ ル ー の 地 に 細 か な 破 線 を 流 し て い か な