検索 - みる会図書館

検索対象: マリー・アントワネットの嘘

マリー・アントワネットの嘘から 52件ヒットしました。

マリー・アントワネットの嘘


、 を - を - 物 を ツ ・ ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の 庭 園 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 く 鏡 の 間 〉

マリー・アントワネットの嘘


結 婚 の 儀 式 は 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 内 の 王 室 礼 拝 堂 で 行 わ れ た 。 柱 の レ リ ー フ ー っ ひ と つ ま で を 忠 実 に 再 現 し て い る 。 ( 第 一 話 )

マリー・アントワネットの嘘


惣 領 が 見 つ け た 新 雪 の 大 地 は 、 静 か に 、 未 開 拓 の ま ま 広 が っ て い た 。 そ こ に は 、 わ た し た ち の 知 ら な い 、 新 し い 真 実 が 潜 ん で い る 。 そ れ は ま た 、 手 垢 に ま み れ た 「 嘘 ー ア ン ト ワ 、 不 ッ ト と ル イ ・ を 一 つ ひ と っ 暴 い て い く 作 業 で も あ る 。 こ う し て 、 マ リ ー ・ オ ー ギ ュ ス ト の 二 人 を 描 く こ と が 決 ま っ た 。 何 が 真 実 で 、 何 が 嘘 な の か 、 徹 底 的 に 自 分 の 目 で 追 究 し て い く 。 ル イ 十 六 世 は 本 当 に 愚 鈍 で 気 の き か な い 男 だ っ た の か ? ア ン ト ワ ネ ッ ト は 、 本 当 に お 馬 鹿 な お 姫 さ ま だ っ た の か ? 知 ら れ ざ る も う 一 つ の 真 実 を 求 め て 、 あ ら ゆ る 資 料 の 森 を さ ま よ い 、 歴 史 を 書 き 換 え て い く 壮 大 な 日 々 が 始 ま っ た 。 ヴ ェ ル サ イ ユ で 出 会 っ た マ リ ー ・ ア ン ト フ ネ ッ ト 5 。 ハ リ と ヴ ェ ル サ イ ユ 、 そ し て ウ ィ ー ン の 夏 5 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の 三 週 間 二 〇 一 五 年 の 七 月 、 歴 史 探 偵 ・ 惣 領 冬 実 は ヴ ェ ル サ イ ユ の 地 を 訪 れ た 。 猛 暑 の フ ラ

マリー・アントワネットの嘘


歴 史 探 偵 ・ 惣 領 冬 実 の プ ロ フ ァ イ リ ン グ ・ 「 妄 想 力 」 の な い 作 家 ・ 歴 史 の 海 へ と 漕 ぎ 出 す 二 十 一 世 紀 の 伝 記 作 家 が 見 つ け た 秘 密 の 手 紙 ・ 決 定 的 な 「 嘘 」 を 発 見 し た 瞬 間 ・ 歴 史 を ク リ ー ニ ン グ す る ヴ ェ ル サ イ ユ で 出 会 っ た マ リ ー ・ ア ン ト フ ネ ッ ト ヴ = ル サ イ ユ 宮 殿 の 三 週 間 5 。 ハ リ と ヴ = ル サ イ ユ 、 そ し て ウ ィ ー ン の 夏 5 惣 領 冬 実 の 目 に 映 っ た マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト ・ 許 さ れ た 作 家 の 「 演 出 」 第 三 章 「 歴 史 美 術 の 職 人 , と し て 百 科 事 典 へ の 欲 望 81 77 74 70 66 95 89 82 100

マリー・アントワネットの嘘


ポ レ ー シ ョ ン と い う の だ か ら 前 代 未 聞 だ っ た 。 現 実 離 れ し た 企 画 だ が 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 は 本 気 で あ り 、 あ く ま で 作 家 の 創 作 を サ ポ ー ト す る た め の 企 画 で 、 創 作 を 制 限 す る つ も り は な い と 以 下 の 提 案 を 出 し た 。 ・ ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 に ま つ わ る 歴 史 、 題 材 が 一 部 で も 入 る こ と が 条 件 だ が 、 そ れ 以 外 は す べ て 作 家 の 自 由 ・ 作 品 の 監 修 に あ た っ て は 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の 学 芸 員 が 全 面 的 に バ ッ ク ア ッ プ す る ハ ス が 与 え ら れ 、 あ ら ゆ る 資 料 を 見 る こ と ・ 作 家 は ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 内 へ の フ リ ー 。 が で き る こ の 条 件 を 引 き 受 け 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の 期 待 に 応 え う る 作 家 は ど こ に い る の か も ち ろ ん 、 日 本 に は 優 秀 で 才 能 に あ ふ れ た 作 家 が 多 数 存 在 す る 。 し か し フ ラ ン ス の 若 者 へ の リ 1 チ と い う こ と を 鑑 み る と 、 フ ラ ン ス 国 内 で 実 力 が 評 価 さ れ て い る 人 物 で あ る 必 要 が あ る 。 何 よ り 歴 史 マ ン ガ を 描 け る 実 力 を 持 ち 、 な お か っ ヨ ー ロ ッ パ の 歴 史 に 第 二 章 マ ン ガ 家 と 美 術 館 の コ ラ ボ は ど う や っ て 誕 生 し た か

マリー・アントワネットの嘘


第 二 章 マ ン ガ 家 と 美 術 館 の コ ラ ボ は ど う や っ て 誕 生 し た か そ れ が ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 か ら の 依 頼 で あ っ た と し て も 、 惣 領 に 依 頼 す る こ と は な か っ た と い う 。 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 と の 企 画 を 惣 領 に 依 頼 し た の は 、 実 は 『 チ ェ 1 ザ レ 』 を 再 び 描 く た め の リ ハ ビ リ の た め だ っ た の で あ る 。 そ れ ゆ え 、 単 行 本 一 巻 で 完 結 す る よ う 一 六 〇 ペ 1 ジ を 上 限 と し た 。 こ の プ ロ ジ ェ ク ト が 実 現 し た 最 大 の 要 因 は こ の 奇 跡 的 な タ イ ミ ン グ に あ っ た の だ 。 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の バ ッ ク ア ッ プ 話 を 聞 い た 惣 領 は 当 然 の こ と だ が 戸 惑 っ た 。 こ の 異 色 の 試 み へ の 挑 戦 が 、 自 分 に と っ て プ ラ ス と な る の か 、 そ れ と も マ イ ナ ス と な る か は ま っ た く の 未 知 数 だ っ た か ら だ 。 だ が ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 が 全 面 的 に サ ポ ー ト し 、 資 料 を 提 供 す る 。 そ の こ と が 惣 領 を 刺 激 し た 。 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の 学 芸 員 た ち に よ る 公 式 な バ ッ ク ア ッ プ を 受 け ら れ る 、 そ の こ と に 惣 領 は 興 味 を 抱 い た

マリー・アントワネットの嘘


を 行 い 、 新 作 は 二 カ 国 で 同 時 出 版 し な い か 、 と フ ラ ン ス で 最 も 有 名 な 世 界 遺 産 で あ り 、 観 光 名 所 で あ る ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 は 、 長 ら く 芸 術 家 を 支 援 す る 活 動 を 行 っ て き た 。 ま た 宮 殿 及 び 、 そ れ に ま つ わ る 歴 史 を テ ー マ に 創 作 す る 作 家 に 取 材 協 力 と 資 料 の 提 供 を 行 っ て き た 。 二 〇 〇 八 年 に は ジ ェ フ ・ ク ー ン ズ 、 二 〇 一 〇 年 に は 村 上 隆 と い っ た 現 代 ア ー テ ィ ス ト た ち に よ る 大 型 個 展 が 開 催 さ れ 、 世 界 中 で 大 き な 話 題 と な っ た こ と は 記 憶 に 新 し い 。 も ち ろ ん 、 そ れ は 大 き な 挑 戦 だ っ た 。 こ の と き フ ラ ン ス 国 内 で は 、 歴 史 あ る ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 に 品 の な い ポ ッ プ ア ー ト を 持 ち 込 む と は 何 ご と か 、 と 激 怒 す る 人 々 が 続 出 。 賛 否 両 論 の 大 論 争 を も 巻 き 起 こ し た と い う 。 そ ん な 論 争 を も 引 き 受 け な が ら 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 は 自 ら を 改 革 し 、 常 に 斬 新 な 取 り 組 み に チ ャ レ ン ジ し て き た 。 そ し て 今 回 、 さ ら に 多 く の 人 々 に ヴ ェ ル サ イ ユ を 知 っ て も ら う ツ ー ル と し て 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 は 「 日 本 の マ ン ガ 」 に 着 目 し た の だ 。 そ の 理 由 は 大 き く 分 け て 二 つ あ る 。 一 つ は 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 に は 毎 年 多 く の 日 本 人 観 光 客 が 訪 れ る こ と 。 も う 一 つ は 「 マ ン ガ 」 と い う メ デ ィ ア が 、 日 本 だ け で な く フ ラ ン ス を は じ め と し た 世 界 各 国 の 人 々 に 親 し ま れ て い る こ と だ 。 特 に マ ン ガ で あ れ ば 第 二 章 マ ン ガ 家 と 美 術 館 の コ ラ ボ は と う や っ て 誕 生 し た か

マリー・アントワネットの嘘


は い 」 な い 、 カ ワ ・ 事 の 発 端 は 、 フ ラ ン ス の 出 版 社 グ レ ナ 社 の ジ ャ ッ ク ・ グ レ ナ 社 長 の こ の 一 言 だ っ た 。 言 わ れ た 相 手 は 、 講 談 社 の モ ー ニ ン グ に 当 時 所 属 し て い た 北 本 か お り だ っ た 。 北 本 は 惣 領 を 十 二 年 間 担 当 し 、 『 チ ェ 1 ザ レ 5 破 壊 の 創 造 者 5 』 ( 以 下 『 チ ェ ー ザ レ 』 ) を 連 載 開 始 か ら 担 当 し た 初 代 担 当 編 集 で も あ る 。 同 社 の 海 外 研 修 制 度 で 九 カ 月 欧 州 の 出 版 社 で 研 修 し て い た 。 グ レ ナ 社 長 の 一 風 変 わ っ た 相 談 と は こ う だ っ た 。 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 が 同 地 を 舞 台 に し た マ ン ガ を 描 け る 日 本 人 の 作 家 を 探 し て い る 。 日 本 と フ ラ ン ス の 出 版 社 で 共 同 制 作 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の 誘 い フ ラ ン ス か ら の 訪 間 者 「 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 と 一 緒 に マ ン ガ を 作 る こ と に 興 味 を 持 ち そ う な 日 本 の マ ン ガ 家

マリー・アントワネットの嘘


第 二 章 マ ン ガ 家 と 美 術 館 の コ ラ ボ は ど う や っ て 誕 生 し た か ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の 誘 い フ ラ ン ス か ら の 訪 問 者 ・ 逃 げ 道 は な い 。 歴 史 教 科 書 の よ う な マ ン ガ 制 作 ・ ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の ッ ク ア ッ プ ・ 大 嫌 い だ っ た ロ コ コ の 時 代 ・ 国 境 を 超 え た 作 品 づ く り 第 四 の 嘘 マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト は デ ュ ー 夫 人 を 無 視 し 続 け た ? 第 五 の 嘘 フ = ル セ ン は マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト の 愛 人 だ っ た ? 第 六 の 嘘 ル イ 十 六 世 は 愚 鈍 な 男 だ っ た ? 第 七 の 嘘 プ チ ・ ト リ ア ノ ン 離 宮 は 王 妃 の 淫 ら な 社 交 場 だ っ た ? 65 62 61 56 52 46 42 37 31

マリー・アントワネットの嘘


惣 領 は 、 ア カ デ ミ ッ ク な 新 説 に 注 目 し な が ら 、 マ ン ガ 家 な ら で は の 視 点 で マ リ 1 ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト に ま つ わ る 嘘 と 真 実 を 選 り 分 け 、 物 語 を 紡 い で い っ た 。 惣 領 が 知 っ た ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト の 七 つ の 嘘 と は 何 か ? そ し て ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 が 監 修 す る と い う 前 代 未 聞 の マ ン ガ は ど の よ う な 経 緯 で 誕 生 し た の か 。 二 〇 一 五 年 の 夏 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 に 滞 在 し た 惣 領 は 、 そ こ で ど ん な マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト と 出 会 っ た の か ? 本 書 は そ の す べ て の 謎 に 迫 る ド キ ュ メ ン タ リ ー 秘 録 で あ る 。 歴 史 に 隠 さ れ た い く つ も の 「 嘘 ー が 、 い ま 明 ら か に な る 。