検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集から 9件ヒットしました。

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


第 ユ 都 当 1 第 イ 言 を 八 ロ の ロ 戸

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


314 私 は 運 転 手 を 意 識 に 入 れ ま し て 、 そ の 程 度 に 清 潔 ぶ っ て と 、 冗 談 の つ も り で 挨 し て や り ま し た 。 ち ょ っ と 高 沢 見 せ な が ら 、 辰 巳 屋 の 膝 を こ づ い て 心 地 よ い 反 応 を 確 か め の 遣 り 口 を 真 似 て み た わ け な ん で 、 す る と 年 増 の 女 中 が 他 ま し た 。 こ の と こ ろ 、 も し 高 沢 な ら 、 「 ね え 連 転 手 君 、 会 愛 も な く 真 に 受 け て 、 社 の 定 年 制 と い う の は 困 っ た も の だ ね 。 俺 な ん か 繰 上 げ 定 「 お や 、 左 様 で ご ざ い ま す か 。 ど う も そ れ は 、 お 見 そ れ 致 年 の 退 職 手 当 で も っ て 、 昼 間 か ら 飲 み ま わ っ て る ん だ 。 し し ま し た 。 私 、 お 客 さ ま だ と ば か り 思 い ま し て 大 変 御 無 礼 か し 、 ど う せ 人 間 、 い ず れ は 灰 に な る ん だ か ら ね 」 と 、 女 い た し ま し た 。 ね え ユ キ ち ゃ ん 、 御 案 内 し て 。 さ あ ど う の 手 を 握 る と こ ろ で ご ざ い ま す 。 ぞ 、 お あ が り に な っ て 、 御 一 服 な す っ て 下 さ い ま し 。 」 求 心 閣 で は 玄 関 が 締 っ て お り ま し た 。 内 玄 関 か ら 声 を か と 、 下 へ も 置 か な い 扱 い ぶ り に は 弱 り ま し た 。 け る と 、 愛 想 の い い 年 増 女 中 が 現 わ れ て 、 辰 巳 屋 を 「 お 姐 さ ん 」 と 言 っ た 女 中 は 、 年 増 の 女 中 に た だ い ま あ ざ ふ 「 折 角 で ご ざ い ま し た が 、 只 今 、 女 中 の 罷 業 中 で ご ざ い ま 「 も と 私 が 、 麻 布 に い た こ ろ の お 姐 さ ん で す 。 い っ か 話 し す 」 と 言 い ま し た 。 た こ と あ る で し よ う 」 と 言 っ て 、 こ の 簡 単 な 紹 介 で 万 事 を そ こ へ 、 年 若 い 女 中 が 顔 を 出 し て 、 呑 み こ ま せ た 風 で し た 。 一 方 、 辰 巳 屋 の お か み は 落 着 い た 「 事 情 は 申 し 上 げ に く い ん で す け れ ど 、 私 た ち は 一 箇 月 ち も の で 、 か く 闘 っ て い る ん で す 。 間 も な く 解 決 が つ く と 思 い ま す か 「 ね え あ な た 、 ・ と う な さ い ま す 。 同 じ 声 援 な ら 、 お 部 屋 で ら 、 お 近 い う ち に ま た お 願 い 致 し ま す 」 と 言 う の で す 。 ゆ っ く り 話 し た 方 が 増 し じ ゃ な い か し ら 。 ね え 、 ち ょ っ と す る と ま た 、 も う 一 人 の 若 い 女 中 が 顔 を 出 し て 、 あ が っ て 行 き ま し よ う よ 。 」 ね え 「 あ ら 、 お 姐 さ ん 。 ま あ 珍 し い 。 お 姐 さ ん 、 さ あ ど う ぞ 。 ま ご ま ご し て い る 私 に そ う 言 っ て 、 「 で は ユ キ ち ゃ ん 、 か ま い ま せ ん 、 さ あ ど う そ 私 た ち の 部 屋 へ 。 」 案 内 し て 。 お 邪 魔 す る わ 」 と 、 式 台 の 上 に あ が っ て し ま い そ う 言 っ て 、 ち ら り と 私 を 見 て 何 か 呑 み こ ん だ 風 で し ま し た 。 そ の 調 子 が い か に も 自 然 で 、 実 際 に 罷 業 を 応 援 に た 。 私 も 永 年 の 番 頭 稼 業 だ か ら 、 こ の 女 、 俺 の こ と を お 姐 来 た 一 人 の 婦 人 の よ う に 見 え る の で 、 私 も そ の 相 棒 に な っ し ん い ろ み な さ ん の 新 色 と 見 做 し た な と 解 っ た の で 、 た と 観 念 い た し ま し た 。 「 私 ど も 、 み な さ ん の 罷 業 の 応 援 に 伺 い ま し た 。 及 ば ず な 私 は 辰 巳 屋 の 後 か ら つ い て 行 っ て 、 長 い 廊 下 を ユ キ と い が ら 、 声 援 す る た め に 馳 せ 参 じ ま し た 。 ど う か 御 成 功 を 祈 う 女 中 に 案 内 さ れ な が ら 、 か れ こ れ と 思 案 を め ぐ ら し ま し り ま す 」 た 。 罷 業 の 応 援 者 に 化 け た 上 は 、 頭 ご な し に 口 を き く 支 配 た た か と し ま ひ ぎ よ う あ

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


な そ ら え て そ ん な こ と を 思 い 出 し て い た の で ご ざ い ま す 。 さ ん は 、 町 の 聯 隊 の 兵 舎 を 個 人 の 資 力 で 建 築 し て 、 軍 へ 寄 付 し た ほ ど の 金 満 家 で あ っ た と い う こ と で し た 。 松 山 さ ん そ こ で 、 辰 巳 屋 は ど う し た ろ う と 引 返 し て 、 出 入 口 の と こ ろ か ら 驪 ア と 、 ほ の 暗 い 女 中 部 屋 に 女 が 二 人 い る 。 着 物 の の お 宅 も 相 当 な 資 産 家 で あ っ た ろ う と 思 わ れ ま す 。 お 金 を 柄 で 見 る と 一 人 は 辰 巳 屋 で 、 一 人 は ユ キ と い う 若 い 女 中 で 湯 水 の よ う に 費 う 学 生 で し た 。 は じ め 、 大 学 の 入 学 試 験 に あ る 。 ユ キ は 、 う な だ れ て 泣 い て い る 。 そ の 肩 を 、 辰 巳 屋 来 た と き 春 木 屋 に 滞 在 し た の が き っ か け で 、 入 学 し て か ら す す が 両 手 で 抱 え て い る 。 辰 巳 屋 も 啜 り あ げ な が ら 、 何 や ら ユ も 悪 所 へ 遊 び に 行 く と き に は 春 木 屋 に 来 て 、 必 ず 中 番 の 私 び ん た く キ に ひ そ ひ そ 話 し か け て 慰 め て い る よ う で 、 ビ ー ル 瓶 は 卓 を 連 れ て 出 か け る の が お き ま り で し た 。 吉 原 な ん か で は 、 ひ と し お 上 に 置 い た ま ま に な っ て い る 。 耳 を す ま し て み る と 、 辰 巳 宿 屋 の 番 頭 を 連 れ て 行 く と 待 遇 が ま た 一 入 で す か ら 、 若 い う れ 屋 が 「 あ き ら め が 肝 心 よ : : : あ た し だ っ て ね え 。 で も 、 本 学 生 は 嬉 し く っ て た ま ら な い の で ご ざ い ま す 。 当 に 好 き な 人 は 振 向 い て も く れ な い し : : : で も 、 し あ わ せ は じ め 私 は こ の 学 生 を 、 ひ ょ っ と し た ら 生 れ つ き の 馬 鹿 は 考 え 次 第 : : : 」 と 途 切 れ 途 切 れ に 、 利 い た 風 な こ と を 言 じ ゃ な か ろ う か と 思 っ て お り ま し た 。 で も 、 学 校 の 成 績 は っ て い る 。 非 常 に 優 秀 だ と い う こ と で し た 。 あ る 年 の 夏 季 休 暇 が 近 づ い た こ ろ 、 私 が 吉 原 の 勘 定 書 を 持 っ て 松 山 さ ん の 下 宿 へ 伺 「 や っ て る 、 や っ て る 。 い や 、 べ つ に 異 状 は な い 。 」 う と 、 数 人 の 学 生 が 集 ま っ て 松 山 さ ん に 英 語 の 講 義 を し て そ う 思 っ て 、 私 は 泉 水 の ほ と り に 引 返 し 、 平 た い 庭 石 に あ く び 腰 を か け ま し て 、 わ ざ と 大 き な 欠 伸 を 一 つ し て や り ま し も ら っ て お り ま し た 。 松 山 さ ん が 先 生 格 で し た 。 そ れ で ち ゅ う ち ょ た 。 そ れ が 本 当 の 大 き な 欠 伸 に な っ た の で 、 自 分 と し て は 私 、 勘 定 書 を 出 す の を 躊 躇 し て 、 だ ん な 「 旦 那 、 御 勉 強 中 で ご ざ い ま す ね 。 今 日 は 、 お 手 紙 を 持 っ 実 に 気 持 の い い 欠 伸 で あ り ま し た 。 て 参 り ま し た 」 と 申 し ま す と 、 求 心 閣 の 本 館 は 、 戦 前 の 三 倍 ほ ど に も 建 増 し さ れ て い 「 試 験 勉 強 し て る と こ ろ さ 。 お 前 、 吉 原 の 勘 定 書 を 持 っ て 館 て 、 も と の 新 館 は 古 び て 以 前 の ま ま の 位 置 に あ る 。 以 前 、 旅 私 の 付 添 で 松 山 さ ん が 見 合 を し た の は 新 館 の 階 下 の 部 屋 で 来 た ん だ ろ う 。 か ま わ な い か ら お 見 せ よ 、 こ れ か ら 一 緒 に 駅 し た 。 自 棄 飲 み 自 棄 遊 び の お 相 手 を し た と き に は 、 二 階 の 行 こ う 。 」 部 屋 で 夜 の 十 一 時 ご ろ か ら 三 時 ご ろ ま で 飲 み ま し た 。 私 が と 仰 有 っ て 、 明 日 は 英 文 学 の 試 験 だ と い う の に 聴 講 の 学 Ⅳ ま だ 駅 前 の 春 木 屋 で 中 番 を し て い た こ ろ の 話 で す 。 生 た ち を 置 去 り に し て 、 私 の 先 に 立 っ て 部 屋 を 出 て 行 く の 松 山 さ ん と い う の は 山 形 県 出 身 の 学 生 で 、 こ の 人 の 伯 父 で す 。 そ の 様 子 は 豪 と 申 し ま す か 、 秀 才 ぶ り を 衒 う と 申 れ ん た い

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


昭 和 43 年 天 竜 川 で ア ユ の 友 釣 り で あ っ た 。 」 ( 難 肋 集 ) 「 朽 助 の い る 谷 間 」 の 愛 す べ き 少 女 タ エ ト の 服 装 は 、 こ の 花 柳 は る み の ナ ツ 。 ハ 服 姿 を と っ た と ム う こ と で あ 「 朽 助 の い る 谷 間 」 は 昭 和 四 年 文 藝 春 秋 社 で 出 し へ ん し ゅ う し ゃ て い た 「 創 作 月 刊 」 に 発 表 さ れ た 。 編 輯 者 は 永 井 龍 男 氏 で あ っ た 。 こ の 作 品 は 「 谷 間 」 「 丹 下 氏 邸 」 等 と 同 じ く 井 伏 さ ん の 郷 里 が 舞 台 で そ れ を 離 れ て は 考 え ら れ オ し 工 事 の た め 底 に 谷 間 の 家 を 失 う 朽 助 の 言 動 は 滑 檮 だ が 、 作 者 は こ の 朽 助 に 大 い に 同 情 し て い る 。 井 う し な 伏 さ ん は 都 会 的 感 覚 に よ る 逆 手 を 用 い て 、 喪 っ た 世 界 を な っ か し ん で い る の で あ る 。 慰 め の な い こ ろ だ っ た 、 と 井 伏 さ ん は 云 う が 、 こ の 作 品 に 流 れ る 哀 愁 は 荒 凉 と し た 都 会 生 活 に 思 い ぞ 屈 し た 井 伏 さ ん の 郷 愁 か ら 生 れ た も の か も し れ な い 。 井 伏 さ ん の 話 に よ る と 、 西 条 八 う ぐ い す 十 の 「 砂 金 」 を 読 ん で い て 書 き た く な っ た 。 銀 色 の 鶯 を 想 象 し た と 云 、 つ 。 こ の 同 し 年 に 「 屋 根 の 上 の サ ワ ン 」 を 発 表 し た 。 前 日 ・ . 番 刀 伯 の は 」 り ・ に 作 と 同 じ く 詩 豊 か な 作 品 で あ る 推 名 由 己 と 云 う 友 人 が い て 、 雁 を 飼 っ て い た が 、 あ る と き 渡 鳥 が つ れ て 行 っ て し ま っ た と 云 う 話 を 聞 い た 。 そ れ に ロ マ ン チ ッ ク な も の を 感 じ て 書 い た の で あ る こ の 作 品 は 最 初 宇 野 千 代 氏 の 紹 介 で 「 若 草 」 に 持 っ て 行 っ た と こ ろ 、 当 時 創 刊 さ れ た 「 文 学 」 か ら 原 稿 依 頼

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


太 い 棒 を 持 ち だ し て 来 た 。 ト ノ エ さ ん の そ の 勇 気 に は 感 心 と 、 有 賀 さ ん は 「 で も 、 若 い 身 で よ く 思 い つ め た も の で す し た 。 し か し そ れ に は 及 ば ぬ 、 風 邪 で も ひ く と 困 る か ら 、 ね 。 何 か 他 に 、 別 の 縁 談 ば な し で も あ っ た の と 違 い ま す か 」 と 言 っ て 帰 っ て も ら っ た 。 私 の 張 番 の 相 棒 は 古 参 の 有 賀 巡 と 言 っ た 。 な か お れ ぼ う 査 。 二 人 と も オ ー ・ ハ ー を 着 て 、 中 折 帽 、 マ ス ク 、 棒 、 懐 中 賊 は と う と う 来 な か っ た 。 夜 明 け 前 、 私 た ち は 右 と 左 に し た く わ か れ て 来 た 。 電 燈 と 、 全 く 賊 の よ う な 支 度 で あ っ た 。 深 夜 の 明 神 様 の 境 内 は 凍 え る よ う に 寒 か っ た 。 午 前 一 一 時 十 二 月 一 一 十 九 日 頃 、 帰 り の 若 者 が 四 人 ま で 網 に か か 0 た き り 、 人 通 り み そ し る が な く て 淋 し い の で 、 ぼ つ ぼ っ 退 屈 し て 来 て 二 人 は 無 駄 話 今 朝 、 ユ キ ヒ ラ に 飯 を 仕 掛 け 、 そ れ か ら 味 噌 汁 に 入 れ る ぎ ざ を し た 。 有 賀 さ ん は 山 の 方 へ 勤 め て い た こ と が あ る そ う 大 根 を 刻 ん で い た と こ ろ 、 裏 の 消 防 署 の お か み さ ん が 来 て 「 お 手 伝 い し ま し よ う 」 と 言 っ た 。 私 よ り 一 つ 年 上 だ が 、 「 な に し ろ 山 奥 の 淋 し い 村 な の で す 。 巡 回 に 出 る の も 泊 り 叫 珮 ら し い 顔 の お か み さ ん で あ る 。 「 い や 、 僕 は 自 炊 は 慣 が け で す 。 訓 辞 を 受 け に 行 く に も 二 日 が か り だ し 、 路 で れ て い ま す か ら 」 と 辞 退 し た が 、 お か み さ ん は 「 大 根 を 刻 椴 う ち ょ う わ ら じ む の は 私 の 自 慢 で す 」 と 私 の 持 っ て い た 庖 丁 を 取 り あ げ す か ら 里 に 出 る と ぎ 草 鞋 を は き ま し た 。 谷 川 で は 、 ア ユ 、 ま つ に け さ か な ア メ ゴ 、 ハ ヤ な ど が と れ ま す 。 松 茸 の 新 し い の を 酒 の 肴 に て 、 そ の 言 に た が わ ず 器 用 に コ チ コ チ コ チ コ チ と 大 根 を 切 ひ ば ち い の し し り 、 そ れ か ら 、 事 務 所 の 火 鉢 の 火 を お こ し た 上 に 掃 除 ま で 用 い ま す 。 猪 も と れ ま し た 。 酒 は 役 場 の 小 使 や 学 校 の 先 生 と よ く 飲 み 明 か し 、 一 家 族 の よ う に 仲 よ く し て い ま し た 」 し て く れ た 。 そ の 間 に 私 は ゲ ー ト ル と ル 下 の 洗 濯 に と り か と 有 賀 さ ん は 古 い そ う い う 話 を し て 、 そ れ か ら 今 日 自 殺 し か っ た が 、 消 防 署 の お か み さ ん は 「 お 洗 濯 で す か 。 大 変 で す な 、 私 が 手 伝 っ て あ げ ま し よ う 」 と 言 っ た 。 そ れ で 私 が た 隣 村 の 若 い 女 の 話 を し た 。 戦 死 し た 婚 約 者 の 後 を 追 い 若 い 女 が 薬 品 自 殺 を 遂 げ た の で あ る 。 そ の 女 な ら 私 も 一 度 事 務 所 に 行 っ て 胯 火 鉢 を し て い る と 、 野 田 君 と い う 古 い 知 か 二 度 く ら い 顔 を 見 た こ と が あ る よ う な 気 が す る が 、 幼 な 合 い が 自 転 車 に 乗 っ て 硝 子 戸 の 外 を 通 る の を 見 か け た の は た ち 顔 の 残 っ て い る ま だ 二 十 に も な ら な い 女 で あ る 。 「 こ の 場 で 、 外 に と び 出 し て 「 野 田 君 、 野 田 君 」 と 呼 び と め た 。 野 合 、 自 殺 の 可 否 な ど 問 題 で は あ り ま せ ん 。 彼 女 が 未 来 の 夫 田 君 は 二 十 間 も 行 き す ぎ て か ら 自 転 車 を 降 り 「 や あ 、 甲 田 の 佛 に 行 け る と 信 じ 、 そ れ を 楽 し み に 死 ん だ 気 持 に 美 を 感 さ ん 。 こ こ に 転 勤 さ れ た の で す か 。 私 は ち っ と も 知 り ま せ じ ま す 。 た ぶ ん 喜 ん で 死 ん だ の で し よ う ね 」 と 私 が 言 う ん で し た 」 と 言 っ て 驚 い た 。 私 は 「 栄 転 で は な か っ た の で さ び け い だ い ま た ガ ラ ス ど

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


し た 。 そ れ で も 松 山 さ ん が 二 階 に あ が っ て 来 な い の で 、 降 せ ん 。 戸 締 り お 願 い 致 し ま す 」 と ん で お く 任 務 を 果 す だ ・ こ ふ じ よ う り て 行 っ て み る と 土 間 に も 台 所 に も 姿 が な い 。 御 不 浄 か と け で し た 。 で も 格 子 口 を 出 る と 、 私 、 試 し に 外 の 竪 樋 に 耳 を 押 し つ 思 っ た が 、 電 気 が つ い て な い 。 再 び 土 間 を 見 る と 、 さ っ き 締 め て お い た 格 子 戸 が あ い て い る 。 私 は 格 子 口 か ら 外 を の け て み ま し た 。 雨 は そ ん な に 降 っ て も い な い の に 、 私 の 耳 そ い て 、 を 当 て て い る 樋 の 筒 か ら 、 揉 み 狂 う 激 し い 水 音 が 聞 え て 来 て 、 意 外 に も そ れ は 実 に 威 力 の あ る 水 音 で し た 。 目 を 閉 じ 「 旦 那 、 松 山 さ ん 」 と 、 思 わ ず 大 き な 声 を 出 し ま し た 。 る と 、 次 第 に 無 気 味 な よ う な 音 に な っ て 来 る の で す 。 「 こ こ に い る よ 0 よ う 、 こ こ だ よ 。 」 「 し か し 、 何 が 人 生 の 臓 物 だ 。 思 う に 、 こ ん な 騒 々 し い 水 そ う い う 涙 声 が 、 格 子 ロ の す ぐ 外 に 聞 え ま し た 。 全 く 埒 も な い こ と で し た 。 軒 燈 の 明 り で 見 る と 、 松 山 さ 音 を 、 わ ざ わ ざ 聞 く 馬 鹿 も ね え も ん だ 。 」 ん は 土 間 の 外 で 雨 に 濡 れ な が ら 竪 樋 に し が み つ い て 、 そ の 私 は 茶 番 狂 言 の お っ き あ い は 真 平 だ と 思 い な が ら 、 雨 の 樋 の 筒 に 耳 を 押 し つ け て い る の で し た 。 な か を 高 田 馬 場 の 俥 宿 ま で 駈 け つ け ま し た 。 「 さ あ 旦 那 、 お や す み な さ い ま し 。 深 夜 の 雨 は 、 お 毒 で ご 松 山 さ ん に は 、 も う そ れ つ き り お 目 に か か り ま せ ん 。 ど う な す っ た こ と で し よ う 。 求 心 閣 に 関 係 し た こ と で 、 私 の ざ い ま す よ 。 」 私 が 松 山 さ ん の 腕 に 手 を 添 え る と 、 そ れ を 振 り は ら っ 回 想 は 大 体 そ ん な も の で ご ざ い ま す 。 て 、 さ て 、 辰 巳 屋 は ど う し て い る か 。 見 向 ぎ も し な い 男 の こ っ さ い が っ さ し 「 止 し て く れ 。 よ う 、 聞 え る ん だ よ 。 い と な ん か 、 幾 ら 繰 返 し て 言 っ た っ て 愚 痴 に な る だ け だ 。 も は と ん み ん な 一 と 纏 め に 聞 え る ん だ 。 人 生 の 内 臓 の 音 だ 。 」 う 辰 巳 屋 は 、 俺 と 殆 ど 出 来 て い る も 同 然 で は な か ろ う か 。 と 涙 声 で 言 う の で す 。 そ う 思 い な が ら 、 女 中 部 屋 の 出 入 口 に 行 っ て 見 る と 、 辰 己 だ て ま き 「 酔 狂 は 、 お 止 し な さ い よ 旦 那 。 そ れ が 旦 那 の 、 悪 い 癖 で 屋 は 鏡 台 の 前 に 立 っ て 、 伊 達 巻 を ユ キ に 締 め な お し て も ら じ ゅ ば ん す よ 。 深 夜 の 雨 は 、 毒 だ と 言 っ て る じ ゃ あ ご ざ い ま せ ん っ て い る と こ ろ で し た 。 絽 の 朱 色 の 長 襦 袢 は 、 特 別 に 染 め か 」 さ し た も の に 違 い な い 。 私 は 無 断 で そ の 場 へ 歩 い て 行 く 特 私 は 少 し む か つ い た の で 、 こ の 酔 っ ぱ ら い の 駄 々 っ 子 を 権 を 覚 え る 反 面 に 、 そ の 権 利 を 放 棄 す る の は 、 行 使 す る よ い や お う 否 応 な し に 格 子 戸 の な か に 連 れ こ み ま し た 。 こ の あ と は 寝 り も 以 上 に 心 の 保 養 に な る こ と た と 気 が っ き ま し た 。 や か ん そ れ は 結 局 、 自 分 に は 一 人 の 女 が 欲 し い と い う の と 同 じ 床 に 入 れ て 、 枕 元 に 薬 罐 を 置 き 、 階 下 の 女 中 に 「 相 す み ま だ ん な こ う し ど た て ど い

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


早 く 紙 幣 を 入 れ 、 人 や 番 頭 な ん か の 立 場 で ロ を き い て は ぶ ち 毀 し だ 。 い っ か 柊 元 旅 館 の 常 連 客 の 与 田 さ ん が 、 宿 屋 の 番 頭 た る 「 ね え あ な た 、 何 と 書 い た ら い い か し ら 。 そ う ね 、 罷 業 の べ き も の は 、 ヒ 、 ー マ = ズ ム と や ら で 女 中 を 扱 わ な く っ ち 応 援 だ か ら 、 陣 中 見 舞 と 書 い て 。 あ な た 、 お 願 い し ま す ゃ い け な い ん だ 。 し か し ヒ 、 ー マ ニ ズ ム と い う や つ は 、 現 わ 。 」 代 で は も う 種 切 れ に な っ て し ま っ た 。 与 田 さ ん は そ う 仰 有 と 、 万 年 筆 と 一 緒 に 私 に 持 た し た の で 、 「 陣 中 見 舞 、 御 っ て ま し た が 、 こ ち ら は そ ん な も の は 知 ら ね え か ら 、 雇 主 一 同 様 へ 、 辰 巳 屋 よ り 」 と 丁 寧 に 書 い て や り ま し た 。 「 で は 、 俺 も 包 む か ら 、 祝 儀 袋 、 も う 一 つ あ る か ね 。 お 前 に 刃 向 う 女 中 の お 喋 り を 聞 く と き な ん か 、 そ い つ の 逆 上 が も っ と お さ ま る ま で 尤 も ら し く 黙 っ て 聞 い て い る 。 こ れ が 自 分 の さ ん の 半 分 ぐ ら い も 包 ん だ ら い い だ ろ う 。 」 い つ も の 遣 り 口 だ 。 し か し 今 は 、 で き る こ と な ら 話 を 避 け 「 駄 目 よ 、 そ ん な こ と す る と 、 ビ ー ル な ん か 持 っ て 来 る か ら 、 遅 く な る わ 。 飲 む と こ ろ で 飲 ま な く っ ち ゃ 、 つ ま ん な る の が 上 策 だ と 思 い ま し た 。 私 た ち の 案 内 さ れ た 部 屋 は 、 鰻 の 寝 床 の よ う に 長 い 部 屋 い わ 。 ね え あ な た 、 こ ん な 場 所 で 言 う の は 何 だ け れ ど 、 ほ で 、 無 理 に 詰 め れ ば 女 中 の 三 十 人 ぐ ら い 寝 ら れ る 広 さ で ん と に 不 思 議 な 縁 ね 。 」 す 。 左 右 両 側 に 押 入 の 板 戸 が 連 な っ て 、 そ の 板 戸 の 上 段 に 辰 巳 屋 は 感 じ を 出 し て い る の で は な い か と 思 わ れ ま し が ラ ス た 。 そ こ へ 、 ユ キ と い う 女 中 が お し ・ ほ り を 持 っ て 来 て 、 つ も ず っ と 天 袋 が つ づ い て い る 。 南 側 に 明 り 窓 、 北 側 が 硝 子 戸 の つ い た 出 入 口 で 、 そ こ か ら 庭 下 駄 で 泉 水 の ほ と り ま で づ い て 若 い 女 中 が お 茶 を 持 0 て 来 ま し た 。 つ づ い て 年 増 女 行 け る 。 部 屋 の な か は ほ の 暗 い の で 、 お 昼 前 だ と い う の に 中 が ビ ー ル を 持 っ て 来 る 。 私 は ア ル コ ー ル ぶ ん が 駄 目 だ と 嘘 を つ い て 、 女 た ち が お 喋 り を は じ め る 先 に 、 一 つ 電 燈 が つ け て あ り ま し た 。 = キ と い う 女 中 は 、 電 燈 の 下 に 座 蒲 団 を き ち ん と 二 つ 並 「 ち ょ 0 と 泉 水 の 鯉 を 見 て 来 る か ら ね 、 話 が す ん だ ら 呼 ん で く れ 。 」 館 べ ま し て 、 旅 と 、 辰 巳 屋 に 言 っ て 部 屋 か ら 出 て 行 き ま し た 。 「 こ の ご ろ は 、 私 た ち 交 替 で 三 人 ず つ 、 こ こ に 宿 直 し て い こ こ の 女 中 部 屋 は 、 外 か ら 見 る と 長 ッ 細 い 物 置 の よ う な 駅 る ん で す 。 不 断 は 、 十 三 人 こ こ に 泊 り ま す 。 只 今 、 お し ぼ 体 裁 で し た 。 こ の 建 物 の 出 入 口 は 、 物 干 場 代 用 に な っ て い り を お 持 ち 致 し ま す 。 」 の 塀 と 、 本 る 小 庭 を 中 心 に 、 細 長 い 泉 水 と 、 コ ン ク リ ー ト そ う 言 っ て 、 私 た ち が 引 留 め る の に 出 て 行 ぎ ま し た 。 辰 巳 屋 は ( ン ド ・ ( ッ グ の な か か ら 祝 儀 袋 を 取 出 し て 、 手 館 の 建 物 と で 取 囲 ま れ 、 女 中 た ち が こ 0 そ り と 夜 遊 び に 行 し や ペ お っ し ゃ

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


昭 和 六 年 ( 一 九 三 一 ) 三 十 三 歳 「 オ ロ シ ャ 船 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 丹 下 氏 邸 」 を 「 改 造 」 に 発 表 。 五 月 、 「 仕 事 部 屋 」 を 「 都 新 聞 」 昭 和 十 一 年 ( 一 九 三 六 ) 三 十 八 歳 い た ず ら に 連 載 ( 約 七 十 回 ) 。 七 月 、 「 森 外 氏 に 詫 び る 件 」 ( 後 に 「 悪 戯 」 四 月 、 随 筆 集 『 肩 車 』 を 野 田 書 房 よ り 刊 行 ) 五 月 よ り 十 一 月 ま で 、 と 改 題 ) を 「 朝 日 新 聞 」 に 、 八 月 、 「 逃 亡 記 そ の 三 」 を 「 作 品 」 に 発 「 髞 驪 〕 を 「 早 稲 田 文 学 」 に 連 載 。 七 月 、 随 筆 集 『 静 夜 思 』 を = 一 表 、 『 仕 事 部 屋 』 を 春 陽 堂 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 川 沿 い の 実 写 風 景 」 ( 後 笠 書 房 か ら 、 十 一 月 、 『 難 肋 集 』 を 竹 村 書 房 か ら 刊 行 。 こ の 年 の 夏 、 あ ゆ っ に 「 川 」 の 一 部 と な る ) を 「 文 藝 春 秋 」 に 、 十 月 、 「 逃 亡 記 そ の 四 」 富 士 川 で 佐 藤 垢 石 に 鮎 釣 り の 手 ほ ど き を 受 け た 。 を 「 作 品 」 に 発 表 。 十 ニ 月 、 「 川 」 ( 「 川 」 の 一 部 ) を 「 中 央 公 論 」 に 昭 和 十 ニ 年 ( 一 九 三 七 ) 三 十 九 歳 発 表 。 四 月 、 『 集 金 旅 行 』 を 版 画 荘 よ り 、 五 月 谷 厄 除 け 詩 集 』 を 野 田 書 房 よ 昭 和 七 年 ( 一 九 三 一 D 三 十 四 歳 り 刊 行 。 六 月 、 「 西 海 日 記 」 ( 後 に 「 さ ざ な み 軍 記 」 の 一 部 と な る ) を 一 月 、 「 洪 水 前 後 」 を 「 新 潮 」 に 、 五 月 、 「 そ の 地 帯 の ロ ケ イ シ ョ ン 」 「 文 芸 」 に 発 表 。 九 月 、 『 山 川 草 木 』 を 雄 風 館 よ り 、 十 一 月 、 「 ジ 日 ン を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 い ず れ も 後 に 「 川 」 の 一 部 と な る 。 同 月 、 万 次 郎 漂 流 記 』 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 「 微 弱 な る 心 痛 」 を 「 文 学 時 代 」 に 発 表 。 十 月 、 『 川 』 を 江 川 書 房 よ 昭 和 十 三 年 ( 一 九 三 八 ) 四 十 歳 り 刊 行 。 一 月 、 「 ミ ッ ギ モ ノ 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 「 早 春 日 記 」 ( 後 に 「 さ ざ 昭 和 八 年 ( 一 九 三 = l) 三 十 五 歳 な み 軍 記 」 の 一 部 と な る ) を 四 月 ま で 「 文 学 界 」 に 連 載 。 一 一 月 、 『 ジ 一 月 、 「 言 葉 に つ い て 」 を 「 新 潮 」 に 、 一 一 月 、 「 女 人 来 訪 」 を 「 文 藝 春 を ン 万 次 郎 漂 流 記 』 に よ り 第 八 回 直 木 賞 を 受 け る 。 四 月 、 『 さ ざ な み 秋 」 に 「 揮 擲 の 桟 一 一 一 郎 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 五 月 、 随 筆 集 『 随 軍 記 』 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 岩 田 君 の ク ロ 」 を 「 ユ ー モ ア ク 筆 』 を 椎 の 木 社 よ り 刊 行 。 ラ ブ 」 に 、 九 月 、 「 中 島 の 柿 の 木 」 を 「 話 」 に 、 十 月 、 「 続 さ ざ な み 軍 昭 和 九 年 ( 一 九 三 四 ) 三 十 六 歳 記 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 十 月 、 『 陋 巷 の 唄 』 を 春 陽 堂 よ り 刊 行 。 し ん ね 一 月 、 「 喪 章 の つ い て い る 心 懐 」 を 「 行 動 」 に 、 三 月 、 「 青 ヶ 島 大 概 昭 和 十 四 年 ( 一 九 三 九 ) 四 十 一 歳 記 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 四 月 、 『 逃 亡 記 』 を 改 造 社 よ り 刊 行 。 九 一 月 、 「 山 を 見 て 老 人 の 語 る 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 こ の 年 『 多 甚 古 村 』 月 、 「 り べ る て 座 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 十 二 月 、 「 頓 生 菩 提 」 ( 後 に 「 冷 と な る 作 品 を 「 改 造 」 「 文 学 界 」 に 分 載 発 表 し 、 七 月 河 出 書 房 よ り 刊 譜 凍 人 間 」 と 改 題 ) を 「 改 造 」 に 発 表 。 行 。 九 月 、 随 筆 集 『 螢 合 戦 』 を 金 星 堂 よ り 、 十 月 、 短 篇 集 『 オ ロ シ 昭 和 十 年 ( 一 九 三 五 ) 三 十 七 歳 ャ 船 』 を 金 星 堂 よ り 、 作 品 集 .. 『 川 と 谷 間 』 を 創 元 社 よ り そ れ そ れ 刊 年 一 月 、 「 ラ ジ オ し ぐ れ 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 短 箘 集 『 頓 生 菩 提 』 を 竹 行 。 十 一 月 、 「 お 濠 に 関 す る 話 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 十 一 一 月 よ 村 書 房 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 集 金 旅 行 第 一 日 」 、 七 月 、 「 続 集 金 旅 行 」 を り 翌 年 五 月 ま で 「 一 路 平 安 」 を 「 満 洲 日 日 新 聞 」 に 連 載 。 「 文 藝 春 秋 」 に 、 八 月 、 「 尾 道 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 い ず れ も 後 に 「 集 昭 和 十 五 年 ( 一 九 四 〇 ) 四 十 二 歳 金 旅 行 」 の 一 部 と な る 。 同 月 、 「 家 出 人 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 十 一 一 月 、 一 月 、 「 人 命 救 助 の 件 」 ( 「 多 甚 古 村 補 遺 」 の 一 部 ) を 「 モ ダ ン 日 本 」

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


404 お う せ い は い し ゆ っ の 気 象 の 旺 盛 な 塾 風 の た め か 、 た く さ ん の 軍 人 を 輩 出 さ せ そ の 男 が 言 う こ と に 「 自 分 は 丹 波 篠 山 の 山 家 の 生 れ で 、 て い る 。 こ の 学 校 出 身 の 将 官 、 佐 官 の 数 は 、 四 国 全 土 の そ 浦 島 太 郎 の 直 系 の 子 孫 で あ る 。 と こ ろ が 、 自 分 の 分 家 の う は る れ よ り も 遙 か に 多 い と 言 わ れ て い る 。 ち で も 、 俺 の 方 こ そ 浦 島 太 郎 の 直 系 だ と 言 っ て 、 本 家 と 分 や ぐ ら こ の 城 の 天 守 台 に は 、 初 め か ら 天 守 閣 を 置 か な い で 櫓 を 家 が 直 系 争 い を つ づ け て い た 。 も う 何 百 年 も 前 か ら そ の 争 置 い た と 観 光 案 内 書 に 書 い て あ る 。 徳 川 家 康 か ら の 通 達 い が 続 い て い て 、 本 家 と 分 家 は 同 じ 村 に あ り な が ら 、 お 互 わ す ら で 、 奉 仕 の 大 名 た ち に 天 守 閣 を 築 く 煩 わ し さ を 避 け さ せ た に ロ も き か な い 不 仲 に な っ て い た 。 と こ ろ が 、 本 家 の 生 れ も の で あ っ た と い う 。 だ が 、 果 し て 大 御 所 家 康 の 内 心 は ど で あ る 自 分 の 父 親 が 、 ま だ 父 親 と な る 前 の 弱 年 の と き 、 ふ に う け い び ら や ま し ろ ん な も の で あ っ た ろ う 。 方 型 の こ の 平 山 城 と し て は 、 四 層 と し た こ と か ら 分 家 の 娘 と 別 な い 仲 に な っ た 。 こ れ に は 分 き も 五 層 の 天 守 閣 よ り も 、 二 層 程 度 の 櫓 を 置 い た 方 が 美 観 の 上 家 の 老 父 母 も 、 本 家 の 老 父 母 も 胆 を 消 し た 。 何 代 も 前 の 昔 ふ ぐ た い て ん か ら 言 っ て 優 れ て い る 。 そ の 方 が 中 世 的 の 古 風 な 山 城 天 守 か ら 、 直 系 争 い を し て 来 た 不 倶 戴 天 の 仲 で あ る 。 し か し 恋 の 遺 構 を 備 え 、 こ こ の 周 囲 の 地 味 な 風 景 に よ く 似 合 う 。 こ す る 男 女 と い う も の は 、 恋 の た め に は 、 家 名 に も 黄 金 に の 城 の 普 請 総 奉 行 を 命 じ ら れ て い た と い う 池 田 輝 政 ( 家 康 も 、 親 の い さ め に も 目 を く れ ぬ 。 恋 す る 二 人 は 、 親 の 激 怒 の 女 婿 ) は 、 山 城 天 守 の 美 的 効 果 を 家 康 に 進 言 し た の で は を 物 と も せ ず 家 を と び 出 し て 世 帯 を 持 っ た 。 す な わ ち 、 そ な い だ ろ う か 。 ま た は 、 こ こ の 名 物 だ と い う 深 い 霧 の 上 層 の 二 人 の 間 に 生 れ た の が 僕 と い う 人 間 だ 」 と 、 彼 は 身 の 素 じ よ う に 現 わ れ る 姿 ー ー 山 城 天 守 の 姿 を 考 慮 し た の で は な い だ ろ 姓 を 打 ち あ け て 「 こ れ は 絶 対 に 秘 密 だ そ 」 と 言 っ た 。 う か 。 私 は 天 守 台 か ら 町 を 眺 望 し な が ら そ ん な よ う な こ と そ の と き 、 私 が こ の 話 か ら 受 取 っ た 印 象 を 言 え ば 、 当 人 を 思 っ た 。 一 方 ま た 、 ・ と う も 思 い 出 せ な い 古 い 友 人 の 名 前 と し て は 先 祖 代 々 か ら の 深 刻 な 話 で 大 問 題 だ ろ う が 、 浦 島 を 思 い 出 そ う と 努 め て い た 。 だ が 、 と う と う 思 い 出 せ な か 太 郎 が 出 て 来 る か ら 第 三 者 に は ユ 1 モ ラ ス だ と い う こ と で っ た 。 今 だ に 思 い 出 せ な い 。 あ っ た 。 し か し 、 実 話 と す れ ば 話 が ま と ま り す ぎ て い る 。 あ る い そ の 友 達 は 、 丹 波 篠 山 付 近 の 山 村 の 出 身 で 、 も う と 或 は 、 丹 波 に は 民 話 と し て そ ん な 話 が 昔 か ら 語 り つ が れ て つ く の 昔 に 廃 刊 に な っ た 雑 誌 の 原 稿 と り を や っ て い た 。 涙 い た の だ ろ う か 。 私 は そ の こ と を 楽 々 斎 翁 に も 朽 木 さ ん に も ろ い が 、 さ つ ば り し た と こ ろ の あ る 気 持 の い い 男 で あ つ も 聞 き そ び れ た 。 さ さ や ま た 。 酒 を 飲 む と 「 篠 山 通 れ ば 笹 た ら け 、 猪 マ メ 喰 て 、 ホ ー こ こ の 城 に は 、 馬 出 曲 輪 が ( 土 塀 や 建 物 は 一 つ も な い と ん イ ホ イ 」 と い う 歌 を よ く う た っ て い た 。 が ) 二 つ 殆 ど 完 全 な 形 で 残 っ て い る 。 濠 の 石 崖 の 屈 曲 が 、 さ さ い の し し わ り ど ぺ い は り