検索 - みる会図書館

検索対象: きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)から 169件ヒットしました。

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


ま っ た 。 く す り さ よ 、 つ く る ど ろ ぼ う 「 き っ と 薬 の 作 用 が 狂 っ て い た か ら だ ろ う 。 さ っ き 泥 棒 を つ か ま え た の は 、 ぐ う ぜ ん た だ の 偶 然 だ っ た に ち が い な い 」 く す り は つ め い し か し 、 こ の 薬 の き き め は 、 や は り た し か だ っ た の だ 。 こ の よ う な 発 明 よ は っ ぴ ょ う な か や く じ ぶ ん は 、 す ぐ に 発 表 し て 世 の 中 の 役 に 立 て る べ き も の だ 。 そ れ を 自 分 だ け の 秘 こ こ ろ 密 に し て お こ う と い う の は 、 け っ し て い い 心 が け と は 一 言 え な い み つ 101 目 薬

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


と 、 も 一 つ か る に ち が い な い そ 」 は か せ お ん し つ け ん き ゅ う ね っ ち ゅ う エ ス 博 士 は 温 室 に と じ こ も り 、 研 究 に 熱 中 し 、 な ん と か タ ネ を 作 り あ は や め 「 こ れ で よ し 。 早 く 芽 を 出 せ 、 プ ロ ン 、 プ ロ ン だ 」 せ い ち ょ う プ ロ ン は ど ん ど ん 成 長 し た 。 と き み は か せ そ し て 、 つ い に 実 の な る 時 が き た 。 し か し 、 エ ス 博 士 は が っ か り し た 表 じ よ う み す こ で 頭 を か い た 。 、 フ ド ウ の よ う に 小 さ い 実 が 、 メ ロ ン の よ う に 少 し し か な ら な か っ た の だ 。 ひ と か ん た ん せ い こ う か ぎ 人 ま ね を し て も 、 簡 単 に 成 功 す る と は 限 ら な い よ う だ 。 博 士 は プ ロ ン の 実 を も ぎ 、 つ ま ら な そ う に ロ に 人 れ た 。 ち ょ っ ぴ り す つ ば い 味 だ っ た 。 み あ た ま く ち は か せ つ く ひ ょ う 107 リ オ ン

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


「 な ん で す か 」 き は か せ と エ ス 博 士 が 聞 く と 、 ケ イ 博 士 は 庭 に む か っ て 、 「 リ オ ン 、 リ オ ン 」 よ と 呼 ん だ 。 す る と 、 一 匹 の 動 物 が す ば や い 動 き で 、 へ や の な か に 入 っ て き た 。 み き い ろ 見 な れ な い 動 物 だ っ た 。 大 き さ は ネ コ ぐ ら い だ が 、 黄 色 つ ば い 色 で 、 し た い へ ん つ ば が 大 き か っ た 。 大 変 か わ い ら し い 。 そ れ を な が め な が ら 、 エ ス 博 士 は し つ も ん 質 間 し た 。 ど う ぶ つ み 「 こ ん な 動 物 を 見 る の は 、 は じ め て で す 。 ど こ で 発 見 し た の で す か 」 「 い や 、 こ れ は 、 つ か ま え て き た も の で は あ り ま せ ん 。 わ た し が 作 り あ げ こ ん け つ ど う ぶ つ た 、 混 血 の 動 物 な の で す 」 こ ん け っ 「 な ん と な ん と の 混 血 で す か 」 「 リ ス と ラ イ オ ン で す よ 。 リ オ ン と い う 名 前 も 、 そ れ で つ け た の で す 」 お お ど う ぶ つ い っ ぴ き ど う ぶ つ お お は か せ に わ な ま え 、 つ → 」 は つ け . ん い ろ つ く は か せ 10 ろ リ オ ン

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


作 者 星 新 一 う ね ん と う き よ う と う き よ う だ い 一 九 二 六 年 、 東 京 に 生 ま れ る 。 東 京 大 が く の う が く ぶ そ っ ぎ よ っ ね ん に ほ ん さ い し ょ エ ス 学 農 学 部 卒 業 。 五 七 年 に 日 本 最 初 の co エ フ ど う じ ん し う ち ゅ う じ ん さ ん か く 同 人 誌 「 宇 宙 塵 」 に 参 画 。 シ ョ ー ト よ た ん べ ん し ん ぶ ん や か く シ ョ ー ト と 呼 ば れ る 短 編 の 新 分 野 を 確 せ ん い し よ う さ く ひ ん は っ ぴ ょ う 立 し 、 千 以 上 の 作 品 を 発 表 す る 。 六 八 ね ん も う そ う ぎ ん こ う か い に ほ ん す い り 年 に 、 『 妄 想 銀 行 』 で 第 幻 回 日 本 推 理 さ つ か き よ う か い し よ う じ ゅ し よ う ね ん ぼ つ お も ち ょ 作 家 協 会 賞 を 受 賞 。 九 七 年 没 。 主 な 著 う ち ゅ う こ え 書 に 、 『 ポ ッ コ ち ゃ ん 』 『 宇 宙 の 声 』 『 よ ち き ゅ う う こ そ 地 球 さ ん 』 『 ブ ラ ン コ の む こ う で 』 な ど が あ る 。 さ く し ゃ り つ ほ し し ん い ち わ だ ま こ と 画 家 和 田 誠 ね ん お お さ か う た ま び 一 九 三 六 年 、 大 阪 に 生 ま れ る 。 多 摩 美 じ ゅ っ だ い が く そ っ ぎ よ う 術 大 学 卒 業 。 グ ラ フ ィ ッ ク ・ デ ザ イ そ う て い ナ ー 、 イ ラ ス ト レ ー タ ー と し て 、 装 丁 、 さ し え え ほ ん ほ し し ん い ち し 挿 絵 、 絵 本 な ど を 手 が け る 。 星 新 一 氏 さ く ひ ん さ し え か ず お お え ほ ん の 作 品 の 挿 絵 も 数 多 い 。 絵 本 は 『 花 と ほ し し ん い ち さ く ひ み つ 』 ( 星 新 一 作 ) 、 『 け ん は ヘ っ た に か わ し ゅ ん た ろ う さ く ち ゃ ら 』 『 あ な 』 ( 谷 川 俊 太 郎 作 ) な ど し さ く の ほ か 、 自 作 の 『 こ と ば の こ ば こ 』 『 か い ぞ く の う た 』 『 ね こ の シ ジ ミ 』 な た す う ど 多 数 。 カ カ て

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


~ ィ み / 177 ユ キ コ ち ゃ ん の し か え し

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


ふ か ひ ろ き た く に そ の 湖 は 、 北 の 国 に あ っ た 。 広 さ は そ れ ほ ど で も な い が 、 た い へ ん 深 か こ お り あ っ ふ ゅ っ た 。 し か し 、 い ま は 冬 で 、 厚 く 氷 が は っ て い た 。 み ず ス こ お り ち い き ゅ う じ っ た の エ ス 氏 は 休 日 を 楽 し む た め 、 こ こ へ や っ て き た 。 そ し て 、 湖 の 氷 に 小 さ ま る あ な な 丸 い 穴 を あ け た 。 そ こ か ら 糸 を た ら し て 、 魚 を 釣 ろ う と い う の だ っ た 。 さ か な た が 、 な か な か 魚 が か か ら な い し い か ら 、 ひ っ か か っ て く れ 」 「 お も し ろ く な い な 。 な ん で も ) つ り い と こ う つ ぶ や い て 、 ど ん ど ん 釣 糸 を お ろ し て い る と 、 な に か 手 ご た え が あ み ず う み さ か な 25 悪 魔

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


は か せ す こ か お と 、 博 士 は 少 し 困 っ た よ う な 顔 に な っ た 。 お と な り の 主 人 は 、 恥 ず か し そ う に 身 を 乗 り 出 し て 言 っ た 。 つ か 「 そ れ な ら 、 わ た し に 使 わ せ て 下 さ い 。 勉 強 は め ん ど く さ い が 、 英 語 が う お も ま く な り た い と 思 っ て い た と こ ろ で す 。 ぜ ひ 、 お 願 い し ま す 」 き ぼ 、 つ し ゃ お も 「 い い と も 。 や れ や れ 、 こ う す ぐ に 希 望 者 が あ ら わ れ る と は 、 思 わ な か っ 「 ど れ く ら い 、 か か る の で し ょ 一 つ か 」 じ よ う た っ 「 一 カ 月 ぐ ら い で 、 か な り 上 達 す る は ず だ 」 あ り が と 一 つ 」 さ い ま す 」 し ゅ じ ん し ん は つ め い か え と 、 お と な り の 主 人 は 、 新 発 明 の マ ク ラ を 持 っ て 、 う れ し そ う に 帰 っ て か お は か せ い っ た 。 し か し 二 カ 月 ほ ど た っ と 、 つ ま ら な そ う な 顔 で 、 エ フ 博 士 に マ ク 〔 か え ラ を 返 し に き た 。 っ こ う に 英 語 が 話 せ る よ う に な 「 あ れ か ら 、 ず っ と 使 っ て み ま し た が 、 い こ ま つ か べ ん き よ う ね が し ゅ じ ん

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


し そ う な 足 ど り で 逃 げ 出 し た 。 「 し め し め 、 こ れ で ひ と も う け で き る ぞ 。 博 士 が 飲 ん だ と こ ろ を み る と 、 じ ん た い 力 し く す り 人 体 に 害 の な い こ と は た し か だ 。 そ れ に 、 す ご い 薬 と か 言 っ て い た 。 だ が 、 ど ん な き き め が あ る の だ ろ う か : の そ の 点 が 、 な ぞ だ っ た 。 飲 ん だ あ と 博 士 が ど う な っ た の か 、 調 べ る ひ ま き で ん わ は か せ は っ は な か っ た 。 電 話 を か け て 聞 く わ け に も い か な い 。 し か し 、 エ フ 博 士 の 発 や く た く す り 明 だ か ら 、 い ま ま で の 例 か ら み て 、 役 に 立 っ 薬 で あ る こ と は あ き ら か だ 。 か み か せ い ほ う し た が く す り つ く か く れ 家 に 引 き あ げ た 男 は 、 紙 に 書 い て あ る 製 法 に 従 っ て 、 薬 を 作 っ て し み る こ と に し た 。 ど ん な 作 用 が あ る の か 知 っ て い な い と 、 ひ と に 売 り つ け と 去 」 こ ま る 時 に 困 る の だ 。 げ ん り よ う あ っ カ 原 料 を 集 め 、 フ ラ ス コ や ビ ー カ 1 も 買 い と と の え た 。 そ し て 、 何 日 か か も ん だ い く す り か っ て 、 問 題 の 薬 が で き あ が っ た 。 ス ズ ラ ン の よ う な 、 い い に お い が す る 。 お と こ じ ぶ ん の あ じ 男 は そ れ を 自 分 で 飲 ん で み た 。 す が す が し い 味 が し た 。 男 は イ ス に 腰 を て あ し 、 カ お と こ さ よ 、 つ は か せ は か せ の お と こ し ら な ん に ち こ し 12 2

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


し ず り 、 夜 に は 月 や 星 の 光 を 受 け て 静 か に 輝 い て い た 。 あ け ら れ る 時 を 待 ち な が ら 。 な が な が と し つ き ち き ゅ う ど う ぶ つ す こ し ん か 長 い 長 い 年 月 が た っ て い っ た 。 地 球 の 動 物 た ち も 少 し ず つ 進 化 し 、 サ ル と 、 つ 、 ひ っ か し ゅ ぞ く じ ん る い の な か ま の な か か ら 道 具 や 火 を 使 う 種 族 、 つ ま り 人 類 が あ ら わ れ て き た 。 き み な か に は 、 こ れ を 見 つ け た 者 が あ っ た か も し れ な い 。 だ が 、 気 味 わ る が ち か し よ う た い っ て 近 よ ろ う と は し な か っ た ろ う し 、 近 づ い た と こ ろ で 、 正 体 を 知 る こ と は で き な か っ た に ち が い な い さ 、 は / 、 ち ほ 、 つ 銀 色 の タ マ ゴ は ず っ と 待 ち つ づ け て い た 。 砂 漠 地 方 な の で 、 め っ た に 雨 は 降 ら な か っ た 。 も っ と も 、 雨 で ぬ れ て も さ び る こ と の な い 金 属 で で き て と 」 つ よ か ぜ ふ か ぜ す な 時 ど き 強 い 風 が 吹 い た 。 風 は 砂 を 飛 ば し 、 タ マ ゴ を 埋 め た り も し た 。 し ち じ よ う か ぜ か し 、 埋 め つ ば な し で も な か っ た 。 、 べ つ な 風 に よ っ て 、 地 上 に あ ら わ れ る こ と も あ る 。 こ れ が 何 度 と な く 、 く り か え さ れ て い た の だ っ た 。 ぎ ん い ろ ち か よ る つ き ほ し ひ か り な ん ど あ め も の か が や き ん ぞ く と き あ め

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)


わ か ポ ッ ト は お 別 れ の あ い さ つ を し た 。 か え 「 も う お 帰 り に な る の 。 ま た 、 い ら っ し や っ て ね 」 せ い じ ん は や し う ち ゅ う せ ん の キ ル 星 人 た ち は 林 の な か に か く し て お い た 宇 宙 船 に 乗 り 、 飛 び 立 っ て い こ 、 つ て 2 、 と お と と お そ ら っ た 。 そ れ は 高 速 度 で 音 も な く 遠 ざ か っ た 。 空 を な が め て い た 人 が あ っ た お も と し て も 、 流 れ 星 と し か 思 わ な か っ た に ち が い な い 。 ゅ う え ん ち わ ら ご え さ け ご え き や が て 朝 が き て 、 遊 園 地 に は 人 び と が や っ て く る 。 笑 い 声 や 叫 び 声 が 聞 こ え こ え は じ め る 。 ロ ポ ッ ト は な に ご と も な か っ た か の よ う に 、 お 客 か ら 声 を か ん た ん か け ら れ る た び 、 簡 単 な あ い さ つ を く り か え す の だ っ た 。 こ こ ろ か ん げ い 「 よ 一 つ こ そ 心 か ら 歓 迎 い た し ま す わ : あ り が と 一 つ 」 ざ い ま す ま た い ら っ し や っ て ね : : : 」 あ さ ひ と き や く ひ と