検索 - みる会図書館

検索対象: 中央公論 2016年7月号

中央公論 2016年7月号から 259件ヒットしました。

中央公論 2016年7月号


す よ ね 。 も ち ろ ん 、 こ れ は 音 楽 の 優 要 で す ね 。 き っ と 興 味 深 い 発 見 が あ う な 感 じ が し な い で も な い で す ね 。 稲 増 私 的 に は ス パ イ ダ ー ス の 「 フ 劣 の 問 題 で は な い の で 、 は っ ぴ い え る と 思 い ま す よ 。 ん ど に は は っ ぴ い え ん ど の 良 さ が あ リ フ リ 」 な ん で す 、 一 九 六 五 年 の 。 亀 渕 さ ん は 、 音 楽 を 武 器 に 深 夜 放 送 た だ あ の こ ろ 、 は ロ ッ ク と い わ る ん で す け ど ね 。 な か っ た 。 は と い う ジ ャ ン 亀 渕 僕 た ち の 悪 い 癖 で 、 何 で も ジ プ ー ム を 巻 き 起 こ す な ど ラ ジ オ 人 気 を ャ ン ル 分 け し ち ゃ う け れ ど も 、 音 楽 牽 引 し 、 一 方 で 、 ニ ッ ポ ン 放 送 の 代 表 ル だ っ た ん で す 。 亀 渕 そ う で す ね 。 カ レ ッ ジ ボ ッ プ と し て 楽 し め れ ば 、 ど う で も い い じ 取 締 役 社 長 と し て 経 営 手 腕 を 発 揮 す る な ど 、 趣 味 人 と し て も 会 社 員 と し て も ゃ な い の と 思 い ま す が ス や カ レ ッ ジ フ ォ ー ク も あ っ た け ど 、 c5()n は Q5()n で し た 。 は っ ぴ い え ん ど 稲 増 そ れ は 正 論 な ん で す け ど 、 た 頂 点 を 極 め た 稀 有 な 存 在 で 、 現 在 は 、 が 知 ら れ る よ う に な っ た の は 、 内 田 だ 、 歴 史 と し て 残 す と き に は そ う し 再 び 好 き 日 楽 の 道 で 活 躍 さ れ て い る 。 次 回 は 、 わ が 国 に お け る 「 ビ ー ト ル 裕 也 さ ん と の 日 本 語 ロ ッ ク 論 争 か ら た 分 類 も 必 要 だ っ た り し ま す し 、 で し た よ ね 。 は こ の ま ま い く と 本 当 に 歴 史 の 中 ズ 論 」 の 先 駆 者 で あ る 元 示 大 学 教 授 の 佐 藤 良 明 さ ん を お 招 き し て 、 論 か ら も 葬 ら れ て し ま い そ う な の で 、 稲 増 何 か 、 は っ ぴ い え ん ど の ほ う が 頭 良 さ そ う で 思 想 性 が あ る と い う 今 、 一 生 縣 大 叩 頑 張 っ て 何 と か し よ う を 語 っ て い た た く 。 と 思 っ て い る ん で す 。 こ と だ っ た ん じ ゃ な い で す か 。 で も 、 は っ ぴ い え ん ど は ロ ッ ク じ ゃ な い と 亀 渕 確 か に そ う で す ね 。 は あ 思 い ま す 。 ロ ッ ク ン ロ ー ル の 元 祖 は れ だ け の 社 会 現 象 だ っ た ん だ か ら 、 音 楽 に と ど ま ら ず 、 そ の 裾 野 の 広 が 単 一 般 に 「 0 , ク ・ ア ラ ウ ン ド ・ ザ ・ り と い う の は も の す ご か っ た と 思 う ン ク ロ ッ ク 」 ( ビ ル ・ ヘ イ リ ー ) と 言 わ 、 『 一 れ = 」 = す 、 そ 0 流 れ ら 」 ら 、 ~ す 。 だ ら 、 今 0 う 、 」 、 そ 0 い 一 む し ろ キ ャ ロ ル の 方 が ロ ッ ク な ん で 体 験 談 を 掘 り 起 こ し て お く こ と は 必 こ の 連 載 に つ い て の ご 意 見 ご 感 想 、 OØ の 思 い 出 な ど を お 寄 せ く だ さ い 。 お 手 紙 は 「 中 央 公 論 OØ 係 」 、 E ・ mail は [email protected] chukO. CO. 一 0 ま で お 知 ら せ 183 グ ル ー プ サ ウ ン ズ 革 命

中央公論 2016年7月号


の 世 代 の イ メ ー ジ か ら し て 、 亀 渕 さ が 日 常 茶 飯 事 で 、 ネ ッ ト ワ ー ク や シ ス テ ム 的 に 今 の 音 楽 界 に 貢 献 し て ん が ニ ッ ポ ン 放 送 の 社 長 に な ら れ た レ コ ー ド 会 社 を 含 め & に よ っ て い る と お っ し や っ て い ま し た け れ ど の は 驚 き で し た 。 業 界 が 動 い て い る の で 、 い よ い よ 日 も 、 具 体 的 に は ど の へ ん で す か 。 亀 渕 サ ラ リ ー マ ン で あ る 限 り 、 社 本 も そ う な っ た か と い う 気 持 ち で し 亀 渕 今 の 芸 能 プ ロ ダ ク シ ョ ン の 方 。 長 に 推 挙 さ れ て 、 こ れ を 受 け な か っ た 。 社 長 を や っ た 時 期 の 後 半 は そ れ た ち は 出 身 者 が 多 い で す よ ね 。 た ら ど う す る ん だ と い う こ と が あ る に 忙 殺 さ れ ま し た け ど 、 な か な か 経 ウ エ ス タ ン カ ー ニ バ ル に 出 て い た 方 わ け じ ゃ な い で す か 。 嫌 だ と も 一 一 = ロ え 験 で き な い こ と で す 。 今 な ら & た ち の 系 譜 が 。 だ か ら 、 近 年 の 日 本 る わ け で す が 、 僕 の ポ リ シ ー か ら す 評 論 家 に な れ る と 思 い ま す よ 。 ( 笑 ) の 芸 能 界 は の 皆 さ ん が 作 っ た と る と 、 嫌 だ と い う の は 辞 め る と い う 稲 増 ラ ジ オ は こ れ か ら ど う な っ て い っ て も 過 言 じ ゃ な い と 思 い ま す ね 。 こ と で し た 」 い く と 思 い ま す か 。 稲 増 確 か に 、 そ れ ま で は 、 芸 能 界 稲 増 ラ ジ オ が 経 営 的 に 厳 し い の は 亀 渕 分 業 と い う か 、 各 局 が 同 じ よ と い う と 、 華 や か だ け れ ど も 、 ど こ 目 に 見 え て い た わ け だ し 。 そ れ で も 、 う な ワ イ ド 番 組 ば か り や る の で は な か に 裏 社 会 的 な イ メ ー ジ が あ っ た の お 引 き 受 け に な る っ て 、 失 礼 な 言 い く て 、 タ ー ゲ ッ ト を 絞 り 込 む 方 向 で が 、 以 降 は よ り 開 か れ て 透 明 性 ゅ う り 方 で す が 、 茨 の 道 じ ゃ な い か と 。 あ し よ う 。 片 方 に は 大 沢 悠 里 さ ん み た が 高 ま っ た 気 が し ま す ね 。 そ れ か ら 、 ん な に 自 由 に お や り に な っ て い た 亀 い な の が あ っ て 、 一 方 で 、 も う 少 し こ れ は 音 楽 評 論 家 と し て の 亀 渕 さ ん 渕 さ ん が な ん で 社 長 を や る ん だ と 。 政 治 経 済 寄 り の 硬 派 な 番 組 が あ っ て に お 聞 き し た い ん で す け れ ど 、 日 本 そ う い う 気 持 ち を 持 っ た ん で す 。 と い っ た 感 じ で す ね 。 の ロ ッ ク は い っ か ら 始 ま っ た と お 考 亀 渕 あ り が と う ご ざ い ま す 。 確 か え で す か 。 今 の 定 説 は は っ ぴ い え ん 体 験 を 語 る 必 要 性 に 、 ラ イ ブ ド ア に よ る 買 収 騒 動 み た ど な ん で す が 、 私 は は っ ぴ い え ん ど い な こ と が あ っ て 大 変 で し た 。 ア メ 稲 増 の 話 に 戻 り ま す が 、 さ き は フ ォ ー ク だ と 思 う ん で す け ど も 。 リ カ の 音 楽 産 業 や 放 送 産 業 で は & ほ ど 、 音 楽 そ の も の よ り も ビ ジ ネ ス 亀 渕 も う ち ょ っ と 前 に 何 か あ り そ

中央公論 2016年7月号


よ っ て 、 失 敗 し て し ま っ た 。 朝 ド ラ 駆 け た い け ど 、 地 元 が 好 き だ し 、 家 三 〇 一 六 年 ) も 、 そ の 次 に 予 定 さ れ ・ : 」 と い っ た 思 て い る 「 べ っ ぴ ん さ ん ー ( 二 〇 一 六 が 過 去 を 舞 台 に し た 疑 似 大 河 ド ラ マ 族 と 離 れ た く な い ・ : と な っ て い る 中 で 、 現 代 の 女 性 の ロ 春 期 の 悩 み と 比 べ 、 あ さ の 悩 み の な 5 二 〇 一 七 年 ) も 実 在 の 人 物 を モ デ ー ル モ デ ル を 真 正 面 か ら 描 こ う と し ん と ス ケ ー ル の 大 き な こ と か 。 ″ 朝 ル に し た 、 明 治 ・ 大 正 ・ 昭 和 の 女 の ド ラ の 大 河 ド ラ マ 化 ″ を 象 徴 す る シ 一 代 記 で あ る 。 た こ と に は 意 義 が あ っ た と 思 う が 、 ー ン だ っ た 。 こ う し た 手 法 に よ っ て 生 ま れ た 良 結 果 的 に 朝 ド ラ 低 迷 期 の テ ン プ レ ー ト に は ま っ て し ま っ た 。 も う 一 つ は 物 語 中 盤 で 、 あ さ が 姑 作 群 を 、 ド ラ マ フ ァ ン と し て の 私 は と て も 楽 し ん で い る 。 し か し 、 こ れ に 、 「 子 育 て は 周 囲 の 人 に 任 せ て 、 「 あ さ が 来 た 」 が 飛 び 越 え た も の 仕 事 に 打 ち 込 み な さ い 」 と 言 わ れ る は 過 去 に し か 語 る べ き 題 材 を 求 め ら シ ー ン だ 。 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 施 行 れ な い 現 代 の 貧 困 さ の 表 れ で も あ る 。 「 ま れ の 後 に 放 送 さ れ た 「 あ さ が 以 降 の 朝 ド ラ ヒ ロ イ ン た ち は 、 「 仕 も は や エ ン タ ー テ イ メ ン ト は 右 肩 上 来 た 」 三 〇 一 五 5 二 〇 一 六 年 ) は 、 「 ゲ ゲ ゲ の 女 房 。 以 降 の 成 功 し た 朝 事 と 家 庭 の 両 立 ー に 苦 悩 し 、 最 終 的 が り の 経 済 発 展 と 大 衆 文 化 の 爆 発 か に 家 族 を 選 ぶ と い う の が 常 で あ っ た 。 ら 生 ま れ た 、 濃 密 で 複 雑 な 時 代 の 遺 ド ラ の 成 果 を ふ ん だ ん に 取 り 入 れ た 、 ウ エ ル メ イ ド な 作 品 だ っ た が 、 こ の そ ん な 物 語 上 の 大 き な 壁 を 、 「 あ 産 を 食 い 潰 す 以 外 に な い と い う 事 実 さ が 来 た 」 は 、 簡 単 に 飛 び 越 え て し を 突 き つ け ら れ て い る よ う で 寂 し い 作 品 は 二 つ の 点 で 画 期 的 だ っ た 。 今 の 朝 ド ラ は 面 白 い 。 確 か に 面 白 一 つ が 第 六 週 で 、 あ さ が 鉱 山 を 買 ま っ た 。 朝 ド ラ が あ る 種 の 呪 縛 か ら う か ど う か で 悩 ん で い る シ ー ン だ 。 解 放 さ れ た 瞬 間 と 言 っ て い い だ ろ う 。 い が 、 面 白 い も の を 過 去 に し か 求 め ら れ な い 現 代 の 日 本 は 不 幸 だ 。 中 年 現 代 が 舞 台 の 朝 ド ラ な ら 、 物 語 の 展 朝 ド ラ と ハ リ ウ ッ ド 映 画 に と 高 齢 者 を タ ー ゲ ッ ト に 成 功 し て い 開 的 に は 、 ヒ ロ イ ン が 地 元 を 出 て 東 共 通 す る 現 象 る 朝 ド ラ の ヒ ッ ト は 、 テ レ ビ ド ラ マ 京 か 大 阪 に 行 く か ど う か を 悩 ん で い る 頃 で あ る 。 「 都 会 に 出 て 夢 を 追 い 現 在 放 送 中 の 「 と と 姉 ち ゃ ん 」 の 爛 熟 の 表 れ で あ る が 、 同 時 に そ の July 2016 CHUOKORON 108

中央公論 2016年7月号


齢 化 だ け が 正 面 に 強 く 押 し 出 さ れ て 明 治 期 の 内 観 主 義 今 、 私 た ち は 、 高 齢 社 会 と い う 分 き て い る よ う に み え る 。 し か し 、 来 明 治 時 代 、 日 清 戦 争 が 終 わ っ て 日 厚 い 壁 を 見 て い る の で す が 、 そ の 壁 る べ き 大 量 死 の 時 代 ま で 見 通 し て 高 の も う 一 つ 向 こ う の 霧 の な か に 浮 か 齢 者 問 題 を 考 え な い と 、 結 員 場 当 露 戦 争 に な る ま で の 間 の 一 時 的 な 相 た り 的 に な っ て し ま う よ う な 気 が し 対 的 安 定 期 に 、 死 を 精 神 的 な 問 題 と ん で い る 黒 い 層 が あ っ て 、 そ れ は し て ど う 捉 え る か が 、 ひ そ か な 国 民 「 大 量 死 時 代 」 と い う イ メ ー ジ で す て な り ま せ ん 。 こ れ ま で 非 常 に 寂 し い こ と と し て 的 関 心 事 に な っ た こ と が あ り ま し た 。 ね 。 第 一 次 世 界 大 戦 と 第 一 一 次 世 界 大 き ょ ざ わ 一 九 〇 一 ( 明 治 三 十 四 ) 年 、 清 沢 戦 は 人 類 の 歴 史 の な か で 一 番 大 き な 考 え ら れ て い た 単 独 死 と か 孤 独 死 を 、 あ け が ら す は や た だ か な え 大 量 死 の 時 代 で し た 。 し か し 、 そ れ 自 然 の 形 と し て 受 け 入 れ る よ う な 時 満 之 が 暁 烏 敏 、 多 田 鼎 ら と 共 に 『 精 に 匹 敵 す る 時 代 が こ の 国 に は 世 界 に 代 は 、 も う す ぐ そ こ ま で き て い る 。 神 界 』 と い う 雑 誌 を 刊 行 し ま す 。 清 イ ン ド で は 、 あ る 程 度 の 年 齢 に な 沢 満 之 と い う 人 物 は 、 西 田 幾 多 郎 に 先 駆 け て く る こ と に な る 。 れ そ も そ も 、 死 と い う こ と が 、 世 間 る と 、 遊 行 期 と い っ て ガ ン ジ ス 川 の 言 わ せ れ ば 、 日 本 に 哲 学 研 究 者 は い 訪 で お お っ ぴ ら に 話 題 に さ れ た り 、 論 ほ と り で 死 ぬ こ と を 求 め て 遊 行 、 行 る け れ ど も 、 哲 学 者 と い え る の は 清 代 は じ め 時 の 議 さ れ る よ う に な っ て き た の は そ ん 脚 す る 老 人 た ち が い た と い う 。 そ う 沢 満 之 と 大 西 祝 の 二 人 だ ろ う と い う 死 多 な に 古 い こ と で は あ り ま せ ん 。 こ こ い う 形 で 死 へ 向 っ て 歩 い て い く の で く ら い に 影 響 力 を 持 っ た 人 で し た 。 何 十 年 か の こ と な ん じ ゃ な い か 。 上 す 。 し か し 、 こ の 国 に し て も 、 個 人 っ ま り 、 日 清 戦 争 が あ っ て 、 次 は 露 っ 智 大 学 の ア ル フ ォ ン ス ・ デ ー ケ ン 神 の お 墓 を 作 る よ う に な っ た の は そ ん 助 を や つ つ け ろ 、 と 国 中 が 盛 り 上 が の 父 が 死 に つ い て 先 行 し て 扱 っ て こ ら な に 昔 の 話 で は な い し 、 お 遍 路 さ ん っ て い た 国 家 主 義 的 な 時 代 に 、 そ れ れ た り 、 ス ピ リ チ = ア ル ブ ー ム な ど が 途 中 で 倒 れ た ら 、 道 は た に 埋 め て と 逆 行 し て 一 人 一 人 の 個 人 の 内 面 の 鮱 が あ っ た り し た ん で す け れ ど も 、 今 杖 を 立 て る な ど と い う 作 法 が あ り ま 覚 醒 ー ー 彼 の い う 「 精 神 」 と い う の は 、 ス ピ リ チ ュ ア ル ・ ア ウ ェ ア ネ ス は 、 な ぜ か 死 の 問 題 が 風 化 し て 、 高 し た 。 ま ん し

中央公論 2016年7月号


呉 漢 装 画 ◎ 原 田 維 夫 ご か ん 第 四 回 July 2016 CHUOKORON 254

中央公論 2016年7月号


よ う だ い が あ っ た が 、 い ず れ も 幼 時 に 亡 く な っ た か ら 、 の か と 、 笹 宮 伯 爵 は 不 審 に 思 い 、 し か し そ れ は 惟 佐 子 に 歳 の 離 れ た 兄 妹 が 薄 暮 の 離 星 の よ う に 残 さ れ た 。 惟 佐 子 対 し て も 同 様 な の だ っ た 。 自 分 が 云 っ た り し た り す る こ が も の 心 つ い た 頃 、 陸 軍 士 官 学 校 に い た 兄 が 麹 町 に 帰 る と へ 、 相 手 が 思 い も か け ぬ 言 葉 や 行 為 を 返 し て く る の で こ と は め っ た に な く 、 陸 軍 大 学 校 時 代 も 麻 布 に 下 宿 し て は な い か と 、 絶 え ず 不 安 に 感 じ て し ま う の は 、 や は り 兄 ほ と ん ど 家 に は 近 寄 ら な か っ た か ら 、 惟 佐 子 は あ ま り 馴 妹 に 流 れ る 白 雉 の 血 の 所 為 な の だ ろ う か と 、 笹 宮 氏 が 闇 さ さ み や 染 み が な い 。 こ れ は 笹 宮 伯 爵 も 同 様 で 、 七 歳 で 惟 秀 が 家 夜 に 咲 く 蓮 花 の 顔 を 暗 が り に 浮 か べ た 振 り 袖 の 娘 を 盗 み ひ じ お か を 出 さ れ 、 肘 岡 陸 軍 中 将 の 下 で 訓 育 さ れ た せ い も あ り 、 見 た と き 、 屋 敷 の 門 前 の 砂 利 を 弾 き 飛 ば し て キ ャ デ ラ ッ こ れ ひ ろ 父 子 の 交 わ り は ご く 淡 く 、 そ れ か ら 較 べ た ら 、 弟 の 惟 浩 ク が 停 車 し た 。 と は 互 い に 反 発 を 生 む く ら い の 関 係 の 濃 度 は あ っ た 。 玄 関 で 、 母 屋 の 奥 へ 進 む 父 伯 爵 と 別 れ た 惟 佐 子 は 、 義 惟 秀 が 陸 軍 大 学 校 に 合 格 し 、 省 部 の 中 枢 に 据 わ る べ き 母 に 帰 参 の 挨 拶 を し て お こ う と 思 い 、 洋 館 へ 向 か っ た 。 選 良 の 軌 道 を 進 み 出 し た と き 、 父 伯 爵 が 息 子 へ の 再 接 近 本 当 は す ぐ に 一 一 階 へ 上 が っ て 普 段 着 か 寝 間 着 に 着 替 え た た き こ を 図 っ た の は 自 然 で あ る 。 と こ ろ が 父 親 の 放 っ た 投 網 を か っ た の だ け れ ど 、 夕 方 に 家 を 出 た と き 、 瀧 子 は 芝 居 見 息 子 は す る り 躱 し て 、 し か し 一 度 や 二 度 の 拒 絶 に め げ る 物 に 出 か け て い た か ら 、 め っ た に な い 娘 の 振 り 袖 姿 が 見 笹 宮 氏 で は な く 、 唾 を 吐 き か け ら れ た 相 手 に さ え 、 し ぶ ら れ ぬ の を 残 念 が る の は 明 ら か だ っ た 。 と く 接 触 を 試 み る だ け の 泥 臭 い 粘 り が 普 段 は あ る の だ が 、 し か し 廊 下 を 歩 き 出 し た と こ ろ で 、 瀧 子 は ま だ 戻 っ て き く え い な い と 菊 枝 か ら 教 え ら れ て 、 戻 ろ う と し た と こ ろ 、 廊 そ れ を し な か っ た の は 、 息 子 に 向 か っ て 腰 を 屈 め る の は さ す が に 自 恃 が 許 さ な か っ た の だ ろ う と 、 周 囲 は 観 察 し 下 の 反 対 側 か ら 弟 の 惟 浩 が 顔 を 見 せ て 、 お か え り な さ い た け れ ど 、 じ つ は 息 子 に 対 し て い か に 振 る 舞 え ば よ い か 、 と 挨 拶 し た 。 笹 宮 伯 爵 は よ く 分 か ら な か っ た の で あ る 。 た と え ば 白 雉 「 『 岡 村 』 の す き 焼 き は ど う で し た ? 」 壁 に 片 手 を つ い 博 允 に 欧 州 で 会 っ た か ど う か と 問 う に し て も 、 会 う か 、 て 、 を 斜 め に 傾 け た 惟 浩 は 云 っ た 。 手 紙 を 書 く か 、 電 話 を す る か 、 ど れ も し に く く 思 え る 。 「 と て も お い し か っ た わ 」 そ か く ど う し て 実 の 息 子 に こ れ ほ ど の 疎 隔 感 を 覚 え ね ば な ら ぬ 「 そ う で す か 。 そ れ は よ か っ た 」 頷 い た 惟 浩 は や や 気 遣 エ リ ー ト か わ 219 雪 の 階

中央公論 2016年7月号


こ か へ 出 か け る こ と に な り 、 乗 り 物 に 乗 り 、 葉 書 を 書 い 倉 敷 へ 向 か う 人 間 が 仙 台 で 葉 書 を 投 函 す る 道 理 が な い 。 た ー ー と 、 こ こ ま で は 間 違 い な い 。 乗 り 物 は 、 自 動 車 か 、 寿 子 は 東 北 本 線 に 、 お そ ら く は 上 野 か ら 、 乗 っ た の だ 。 0 し か し な ん の た め に ? 電 車 か 、 列 車 ー ー 。 列 車 だ ろ う と 惟 佐 子 が 推 理 し た の は 、 自 動 車 な ら 、 郵 便 局 に 停 め る な り し て 、 落 ち 着 い て 葉 書 机 を 離 れ た 惟 佐 子 は 、 閉 め ら れ て い た 雨 戸 を 半 ば ま で を 書 く こ と が で き た だ ろ う か ら だ 。 電 車 の 場 合 で も 降 り 開 け た 。 視 野 に 入 ら ぬ 月 の 光 を 浴 び た 楠 が 黒 い 艶 を 帯 び 、 て か ら 書 け ま 、 、 。 。 し し つ ま り 長 距 離 の 列 車 だ か ら こ そ 車 中 葉 叢 に 濾 さ れ た 夜 気 が 室 に 流 れ 込 ん で 、 熱 の 籠 っ た 首 筋 で 葉 書 を 書 い た の だ 。 か ら 胸 を 冷 や し た 。 窓 明 か り が 漏 れ 出 た の に 呼 応 す る か し か し 葉 書 は ど こ で 入 手 し た の か ? 惟 佐 子 は 考 え る 。 の よ う に 、 砂 利 を 踏 む 音 が た っ た の は 、 誰 か が 母 屋 か ら 寿 子 は 葉 書 を 持 ち 歩 い て は い な い は ず だ 。 い や 、 そ も そ 離 れ 家 へ 向 か っ た か ら で 、 ま も な く 玄 関 戸 を 引 く 音 が し も ど う し て 寿 子 は 電 話 を で き な か っ た の だ ろ う か ? 》 車 て 、 樹 葉 を 透 か し 光 が 漏 れ 出 た の は 、 離 れ 家 の 電 燈 が 点 中 で 葉 書 を 書 い た と し て 、 ど の み ち 駅 に 着 か な け れ ば 投 っ た の で あ る 。 函 は で き な い 。 だ っ た ら な ぜ 駅 で 電 話 を し な か っ た の 背 後 か ら 淡 く 光 を 浴 び た 楠 の 荒 れ 肌 が 陰 影 を 濃 く し 、 か ? あ る い は 電 報 と 云 う 手 段 だ っ て あ る 。 根 の 近 く に あ る 樹 洞 が 、 縁 が 仄 白 く 光 る せ い で 、 濃 い 闇 謎 の 渦 に 巻 か れ な が ら 、 葉 書 の 文 章 を 何 遍 か 読 ん だ 惟 を 溜 め 、 地 中 深 く ま で 続 く か の よ う に 見 え て く る 。 子 供 佐 子 は 、 そ の と き ふ い に 消 印 の 文 字 に 気 が つ い た 。 「 仙 の 頃 か ら 惟 佐 子 は 、 部 屋 か ら 楠 を 眺 め て 、 あ の 樹 洞 は 台 中 央 」 。 最 初 に 見 た と き な ぜ 気 づ か な か っ た の か と 呆 様 々 な 地 境 へ 接 続 し て い る の だ と 空 想 し て き た 。 峨 峨 た れ つ つ 、 消 印 を 指 で な ぞ っ て み れ ば 間 違 い な い 。 葉 書 は る 山 稜 を 望 む 平 原 、 黄 砂 が 河 を な し て 流 れ る 砂 漠 、 尾 の 仙 台 で 投 函 さ れ た の だ ! 長 い 猿 の 潜 む 密 林 、 灼 熱 の 溶 岩 を 吐 き 出 す 火 口 、 氷 山 の わ い お く 六 日 に 書 か れ た 葉 書 が 八 日 の 消 印 に な っ た の は 、 午 後 浮 か ぶ 海 、 谷 底 で 鏡 と な っ て 光 る 沼 、 矮 屋 が 軒 を 並 べ る 遅 く 着 い た 仙 台 で 投 函 さ れ た と す れ ば 説 明 が つ く 。 し か 裏 路 地 、 都 会 の 摩 天 楼 、 火 星 の 赤 い 運 河 、 象 の い る 中 庭 し こ れ で 倉 敷 に 寿 子 が い る と の 、 親 戚 と 思 し き 男 性 が 与 を 持 っ 黄 金 の 寺 院 ー ー 数 え き れ ぬ ほ ど の 幻 影 を そ こ に 見 え た 情 報 は 、 が ぜ ん 怪 し く な っ た と 云 わ ざ る を え な い 。 て き た 。 幻 は と き に 空 想 と は 呼 べ ぬ 現 実 感 を と も な っ て う ろ

中央公論 2016年7月号


っ 4 近 習 が 襖 を 閉 じ た 。 「 任 せ た ぞ 、 長 丸 。 う ま く や れ 」 っ ~ そ う 言 っ て 家 康 が 話 は 終 わ っ た と ば か り に 手 を 振 っ た 。 「 ま っ た く 、 邪 魔 を い た し お っ て : : : 」 「 ・ : ・ ・ ・ ご 無 礼 を 」 秀 忠 は 罪 の な い 近 習 を 罵 っ た 。 一 礼 し た 秀 忠 は 、 家 康 の 前 か ら 下 が っ た 。 0 与 え ら れ た 部 屋 で 一 人 に な っ た 秀 忠 は 、 頭 を 抱 え て い た 。 怒 り を 抑 え て 、 思 案 し た 秀 忠 だ っ た が 、 何 一 つ 浮 か ん で は く れ な か っ た 。 ・ 「 中 納 言 さ ま を 脅 す な ど で き る は ず は な い 」 「 よ ろ し い か の 」 秀 忠 は 父 の 指 示 に 戸 惑 っ て い た 。 「 : : : し か し 、 い た さ ね ば 忠 吉 に 負 け る 」 襖 の 外 か ら 声 が し た 。 戦 場 で つ い た 名 誉 の 傷 で 、 療 養 し て い た 同 母 弟 の 姿 を 秀 忠 「 そ の 声 は 、 佐 渡 守 か 」 は 思 い 出 し て い た 。 秀 忠 は 聞 き 覚 え の あ る 声 に 、 反 応 し た 。 「 遅 参 の 失 敗 を 、 な ん と か し て 取 り 返 さ ね ば な ら ぬ 」 「 さ よ う で ご ざ る 」 先 ほ ど 家 康 か ら 言 わ れ た 、 重 臣 の な か に 秀 忠 を 廃 嫡 し て 忠 そ れ を 許 し と と っ た の か 、 本 多 正 信 が 襖 を 開 け て 入 っ て き 吉 に 家 督 を と 考 え て い る 者 が い る と い う 話 が 、 大 き く 響 い て た 。 「 長 丸 さ ま 、 い や お 世 継 ぎ さ ま 、 お 困 り で ご ざ い ま す な ー 「 ど う す れ ば よ い か 」 わ ざ と ら し く 言 い な お し な が ら 本 多 正 信 が 、 秀 忠 の 前 に 腰 を 下 ろ し た 。 秀 忠 は 悩 ん だ 。 「 ・ : : ・ わ か ら ぬ ー 家 臣 か ら 素 質 を 疑 わ れ て い る と わ か っ た 今 、 秀 忠 は 弱 音 を 苛 つ い た 秀 忠 は 、 大 声 を 出 し た 。 吐 く わ け に は い か な か っ た 。 「 い か が な さ れ ま し た 」 隣 の 部 屋 で 控 え て い た 近 習 が 顔 を 出 し た 。 「 殿 か ら 伺 い ま し て ご ざ い ま す る 」 本 多 正 信 が 告 げ た 。 「 な ん で も な い わ 。 下 が れ ー 秀 忠 が 乱 暴 な 口 調 で 、 追 い 返 し た 。 「 父 上 さ ま か ら 聞 い た の か 」 「 い か に も 。 ' 「 ・ : ・ : 御 免 を ー こ 安 心 召 さ れ 。 わ た く し は 、 お 世 継 ぎ さ ま を 推 き ん じ ゅ

中央公論 2016年7月号


と 、 せ い い つ ば い 声 を 張 っ て い っ た 。 直 後 に 気 絶 し て 地 に 首 を か し げ た 角 斗 に 、 こ ろ が っ た 。 空 腹 の せ い で あ ろ う 。 田 浹 の 介 抱 を 左 頭 に ま か 「 門 内 の 焦 げ た 樹 を み た で あ ろ う 。 あ の 樹 は 、 か っ て な か っ ぎ よ よ 、 つ た 。 わ れ ら が 漁 陽 へ 去 っ た あ と 、 田 氏 が 植 え た も の だ 。 恢 は せ た 呉 漢 は 、 「 恢 は 、 死 ぬ ま で 忠 実 で あ っ た : : : 」 わ れ の 巾 定 口 を 、 田 殷 ど の に だ け っ た え た と み え る 」 ふ く A 」 、 、 い な が ら 、 馬 に 乗 っ た 。 と 、 呉 漢 は 微 笑 を 哺 み な が ら い い 、 工 作 兵 に 指 示 を 与 え た 。 か れ ら は い っ せ い に 樹 の 根 も と を 掘 り は じ め た 。 こ の 騒 ぎ を 「 あ そ こ に 財 産 を か く せ 、 と 恢 に お っ し や っ た の で す か 」 い ぶ か っ た 田 浹 が 這 っ て き て 、 そ の 作 業 を 見 守 っ た 。 角 斗 の 疑 問 は そ れ で あ る 。 い っ と 」 一 時 後 に 、 地 中 か ら 大 き な 箱 が あ ら わ れ た 。 そ の 箱 を 地 表 「 い や 、 そ こ ま で は い っ て い な い 。 か く し 場 所 に 目 印 を 樹 て て お け 、 と は 、 い っ た 。 地 を 掘 っ て あ や し ま れ な い た め に は 、 に 上 げ さ せ た 呉 漢 は 、 田 浹 の 背 を 押 し て 、 「 さ て 、 な に が で て き ま す か 。 ご 自 身 で 、 あ け て み ら れ よ 」 樹 を 植 え る し か な い 。 そ の 秘 密 の 作 業 を 、 田 浹 に は う ち あ け な か っ た と こ ろ が 、 腑 に 落 ち な い 」 と 、 笑 い な が ら い っ た 。 て き し し よ っ か く ふ た 土 を 払 っ て 蓋 に 手 を か け た も の の 、 も ち あ げ る こ と の で き 「 そ う い え ば 、 田 家 の 食 客 に 、 剣 士 の 狄 師 が い た で は あ り ま ひ ん か く せ ん か 。 か れ は 賓 客 と し て 優 遇 さ れ て い た は ず な の に 、 田 氏 な い 田 浹 を 、 左 頭 が 手 助 け を し た 。 を か ば っ て 戦 う こ と を し な か っ た の で し よ う か 」 「 お う ・ ・ : : 」 角 斗 は 以 前 か ら 狄 師 に は 批 判 の 目 を む け て い る 。 な か を の ぞ き こ ん だ 田 浹 は 、 生 き 返 っ た よ う な 表 情 を し た 。 き ぬ 中 身 は 、 黄 金 と 奇 物 そ れ に 帛 で あ っ た 。 「 食 客 は 、 狄 師 だ け で は あ る ま い 。 か れ ら は ど う し た の か な 。 「 こ の 遺 産 を お さ め る の は 、 あ な た し か い な い 。 一 「 三 年 の た ぶ ん 、 食 客 を 優 待 し て い た の は 田 浹 で 、 か れ の 近 く に は っ う ち に 洛 陽 は 平 穏 を と り も ど し ま し よ う 。 あ な た は 洛 陽 で 家 ね に 食 客 が い た の で 、 恢 は 秘 密 を 食 客 に か ぎ つ け ら れ る こ と を 恐 れ て 、 財 を 田 殷 と ふ た り だ け で か く す 工 夫 を し た の か も を 再 興 な さ る と よ い 」 呉 漢 に そ う さ と さ れ た 田 浹 は 、 帛 を つ か み と っ た ま ま 、 地 し れ ぬ 」 田 家 の 惨 状 を ま の あ た り に し て 心 を 暗 く し た 呉 漢 は 、 田 家 に 坐 っ て 泣 い た 。 ほ ど な く 首 を 揚 げ て 、 か ば く 「 ま た し て も 、 あ な た に 助 け ら れ ま し た 。 四 散 し た 家 僕 を 集 復 興 の 財 を み つ け た こ と で 、 多 少 救 わ れ た 気 分 に な っ た 。 か え 「 さ て 、 王 の も と へ 復 る [ め 、 洛 陽 に も ど り ま す 」 257 呉 漢

中央公論 2016年7月号


は な い の で す け れ ど も 。 、 司 で す ね 。 共 井 山 私 は ま ず は 盤 上 の こ と だ け で 井 山 「 ま だ 世 界 一 で は な い 」 0 め し た 。 碁 に 対 す る 考 え 方 が 変 わ る こ 決 を と は な い と 思 い ま す 。 タ イ ト ル を 独 占 す る こ と の 責 任 o 目 こ れ ま で の 自 分 と は 違 っ た 、 一 に つ い て 、 ど う お 考 え で す か て 皮 む け た よ う な 感 じ は な い で す か 。 羽 生 も ち ろ ん 責 任 感 は 大 事 で す 。 を し か し 考 え す ぎ て し ま う の も よ く な 井 山 そ う い う 感 じ は な い で す 。 羽 生 先 生 は 七 冠 達 成 後 、 目 標 を 見 失 う 結 自 分 が で き る こ と 以 上 は 十 よ う な こ と は あ り ま せ ん で し た か 。 で き な い の で 、 自 然 体 で い く し か な 右 い か な と 。 羽 生 そ れ は 気 を つ け て い ま し た 。 氏 山 井 山 私 も 同 じ だ と 思 い ま す 。 国 際 燃 ) 尽 き 症 候 群 と い う の が あ り ま す ね ア ス リ ー ト の 場 合 、 オ リ ン ピ ッ 戦 で の 目 標 も あ り ま す し 、 こ の 世 界 ク で 金 メ ダ ル を 取 る と 、 そ こ か ら な 月 で 一 番 に な っ た わ け で は あ り ま せ ん か ら 。 か な か モ チ ベ ー シ ョ ン が 上 が ら な い と い う こ と も 言 わ れ ま す 。 将 棋 は 四 羽 生 朝 起 き て 、 ど こ に い る か 分 か 羽 生 井 山 さ ん は 韓 国 や 中 国 の ト ッ 年 に 一 度 で は な く 、 毎 週 、 毎 月 の よ ら な く な っ た ら 危 険 信 号 。 札 幌 な の プ に 引 け を 取 ら な い の で は な い で す う に 対 局 が あ る の で 、 続 け て や っ て か 、 名 古 屋 な の か 、 福 岡 な の か 。 都 か 。 い く こ と が 大 事 だ と 思 い ま す 。 市 型 ホ テ ル と い う の は 窓 か ら 見 え る 井 山 世 界 の ト ッ プ 二 〇 く ら い は 誰 年 間 を 通 し て タ イ ト ル 戦 を 戦 い 景 色 が 結 構 似 て い ま す 。 本 当 に 分 か が 優 勝 し て も お か し く な い の が 今 の 続 け る の は 、 ど ん な 感 じ で す か 。 全 ら な く な っ て し ま う 。 状 況 。 そ の 中 で ト ッ プ 五 人 と か 、 ト ッ プ 中 の ト ッ プ と も そ れ な り に や れ 国 各 地 を 転 戦 す る わ け で す よ ね 。 井 山 ま だ そ こ ま で は な っ て い な い 7