検索 - みる会図書館

検索対象: 小説トリッパー 2014年春季号

小説トリッパー 2014年春季号から 441件ヒットしました。

小説トリッパー 2014年春季号


天 野 祐 吉 の OE 天 気 傑 作 選 バ ブ ル 、 昭 和 の 終 わ り 、 不 況 、 格 差 社 会 、 震 災 、 原 発 事 故 : 名 物 コ ラ ム ニ ス ト は 、 こ う 見 て い た 。 四 年 間 続 い た 朝 日 新 聞 の 大 人 気 コ ラ ム を 厳 選 。 天 野 祐 吉 経 済 大 国 か ら 「 別 品 」 の 国 へ 遊 び ご こ ろ を い つ ま で も 便 利 を 追 い 求 め る こ と で 失 わ れ て い く も の が あ ま り に も 多 す ぎ る ん じ ゃ な い か 世 界 で 1 位 、 2 位 よ り も べ っ ぴ ん す ぐ れ て 個 性 的 な 「 別 品 」 が い い 」 「 天 野 祐 吉 の 0 ä 天 気 図 傑 作 、 済 大 国 か 方 ー 「 別 品 」 の 国 〈 へ 「 本 文 よ り ・ 定 価 1575 円 ( 税 込 ) 四 六 判 978-4-02-251154-6 す べ て の 人 に 、 価 値 あ る 一 冊 を お 求 め は 書 店 、 ASA ( 朝 日 新 聞 販 売 所 ) で ど う ぞ ー 新 ASAHI 朝 日 新 聞 出 版

小説トリッパー 2014年春季号


い い ? ー と き い て み る と 、 「 暗 く て 見 え な い か ら 、 何 で も い い 」 と 言 う 。 一 方 、 シ リ ア の イ ス ラ ム 教 徒 の 男 性 と 結 婚 し た 私 の 友 人 は 、 ご 主 人 に 「 い つ も ユ ニ ク ロ の パ ン ツ ば っ か り は か な い で 、 も っ と セ ク シ 1 な の 、 は い て く れ 」 と 言 わ れ る そ う だ 。 日 本 と イ ス ラ ム の 男 は こ こ ま で 違 う ! 違 う と い え ば 化 粧 。 日 本 で は 、 外 に 行 く 時 に 綺 麗 に 化 粧 を す る が 、 家 で は す っ ぴ ん 。 だ が イ ス ラ ム の 国 で は 反 対 だ 。 化 粧 は 外 で な く 家 の 中 で す る 。 つ ま り 、 「 夫 の 前 だ け 」 だ 0 結 婚 を 目 前 に し た チ ュ ニ ジ ア の 花 嫁 は 、 や る 気 満 々 の 口 調 で 「 結 婚 し た ら 、 毎 日 夕 方 四 時 く ら い か ら お 化 粧 し て 、 夫 が 帰 っ て く る の を 待 つ の 」 結 婚 歴 二 十 年 に な る エ ジ プ ト の 人 妻 も 、 「 夫 が 帰 る 頃 に 、 シ ャ ワ 1 を 浴 び て 念 入 り に 髪 を セ ッ ト す る の 。 そ れ か ら 赤 い 口 紅 を 塗 っ て : ・ と い っ た 具 合 だ 。 女 性 の 美 し さ は 夫 に だ け 見 せ る も の 。 日 本 女 性 の お し ゃ れ が 不 特 定 多 数 に 向 け た 「 分 散 型 」 な の に 対 し 、 イ ス ラ ム 女 性 は 夫 へ の 「 一 極 集 中 型 」 だ 。 ■ お 互 い / 、 、 、 ー ノ ノ で 結 婚 イ ス ラ ム の 国 で は ( 基 本 的 に ) 結 婚 前 の 男 女 交 際 と い う も の が な い 。 男 性 は 気 に 入 っ た 女 性 が い た ら 、 い き な り プ ロ ポ ー ズ す る 。 彼 女 の 父 親 の と こ ろ に 行 き 、 結 婚 の 承 諾 を 得 な け れ ば 、 女 性 に 会 え な い か ら だ 。 結 婚 に い た る 出 会 い の パ タ 1 ン は 、 見 合 い や い と こ 同 士 、 道 で 見 か け た 、 職 場 で 知 り 合 っ た な ど が 多 い 。 見 合 い に つ い て は 、 婚 約 ま で 相 手 に 会 っ た こ と が な い と い う ケ 1 ス も あ る 。 付 き 合 っ て 互 い を 理 解 す る 。 こ う い う プ ロ セ ス な し で 結 婚 し て 、 果 た し て 大 丈 夫 な の か ? と 思 わ れ る だ ろ う 。 常 見 藤 代 18

小説トリッパー 2014年春季号


と 、 み ん な 思 っ て い る の だ ろ う 。 確 か に 菰 池 く ん も 、 久 樹 さ ん も 人 が 振 り 向 く ほ ど の 美 少 年 、 美 少 女 だ 。 で も 、 菰 池 く ん は 心 配 症 で 気 が 小 さ く て 、 頑 固 で 一 途 だ し 、 久 樹 さ ん は 不 器 用 で 、 我 が 強 く て 、 と て も 優 し い あ た し と 同 じ だ 。 い ろ ん な 素 顔 を 持 っ て い る 。 二 人 と も の ぞ ほ と ん ど 無 意 識 に 無 防 備 に 、 素 顔 を 覗 か せ て く れ る 。 お も し ろ い 。 と き に 笑 え る し 、 と き に 感 心 し た り も す る 。 そ し て 、 ま つ い い か な ん て 気 に な っ て し ま う 。 他 人 か ら ど う 見 ら れ て も 、 ま つ い い カ 周 り か ら ど ん な イ メ 1 ジ を 押 し 付 け ら れ て も 、 ま つ い い そ ん な 風 だ 。 こ れ っ て 、 開 き 直 り な の か な 。 そ れ と も 、 あ た し が ち ょ っ ぴ り で も 強 く な れ た ん だ ろ う か 。 よ く 、 わ か ら な い 今 の あ た し に は 高 校 三 年 間 の 生 活 設 計 よ り 、 こ の 一 時 、 ま さ に 今 が 重 要 な の だ 。 相 野 さ ん 、 ピ ッ コ ロ を や っ て み な い ? 藤 原 さ ん に 、 言 わ れ た 。 藤 原 さ ん の 手 に は 黒 い 管 の ピ ッ コ ロ が 握 ら れ て い る 。 あ た し は 俯 き 、 足 の 指 を 動 か す 。 こ の 今 が 全 て だ 。 ピ ッ コ ロ 、 ピ ッ コ ロ 、 ピ ッ コ ロ 、 ピ ッ コ ロ 、 ピ ッ コ ロ 。 、 つ 1 ん 、 ピ ッ コ ロ か こ の 前 の 部 会 で コ ン ク 1 ル に 向 け て の 課 題 曲 と 自 由 曲 が 決 ま っ た 。 こ れ か ら は 七 月 の 地 区 大 会 、 都 道 府 県 大 会 に 向 け て ひ た す ら 練 習 の 日 々 だ 。 む ろ ん 、 そ こ が ゴ 1 ル じ ゃ な い 。 八 月 の 支 部 大 会 、 十 月 の 全 国 大 会 と 続 く 。 桜 蘭 学 園 吹 奏 楽 部 の 実 力 で ど こ ま で い け る か は 、 あ た し に は 見 当 が っ か な い 。 こ れ ま で に 二 度 だ け 、 支 部 大 会 の 出 場 を 果 た し た こ と が あ る そ う だ 。 全 国 大 会 に 手 が 届 い た こ と は 一 度 も な 数 日 前 、 練 習 後 の ミ 1 テ ィ ン グ で 二 年 生 の 男 子 部 員 ( 矢 し ろ が わ 代 川 さ ん と い う ち ょ っ と 変 わ っ た 苗 字 だ っ た ) が 「 全 国 大 会 は ま あ 無 理 で も 支 部 大 会 ぐ ら い は 出 た い 」 と 発 言 し た 。 そ れ に 対 し 「 初 め か ら 全 国 を 諦 め て る み た い な 発 言 、 お か し い 」 「 全 国 、 全 国 っ て 意 識 し す ぎ た く な い 」 と い う 二 つ の 意 見 が ぶ つ か っ て 、 普 段 十 分 程 で 終 わ る ミ ー テ ィ ン グ が 三 十 分 以 上 延 び た 。 あ た し 自 身 は 何 も 言 え な か っ た が 、 先 輩 た ち が 思 い を ぶ つ け 本 音 で し ゃ べ っ て い る と 感 じ る の は 心 地 よ か っ た 。 い っ か 、 あ の ぶ つ か り 合 い の 中 に 入 っ て い け る だ ろ う か と 考 え 、 少 し 気 持 ち が 高 ぶ っ た 。 曲 が 決 ま り 、 こ れ か ら み ん な で 演 奏 を 創 っ て い く 。 そ の 緊 張 感 と 少 し の 不 安 と 高 揚 感 が な い 交 ぜ に な っ て 、 ど た ば た し て い る よ う に も 、 生 き 生 き し て い る よ 、 つ に も 感 じ ら れ る 。 い い な と 思 、 つ 前 号 ま で あ い の み ゆ こ の 春 、 相 野 美 由 は 桜 蘭 学 園 高 校 に 入 学 し た 。 中 学 時 代 の 部 活 で フ ル ー ト に 苦 い 思 い 出 が あ っ た が 、 親 し く な っ た 同 級 の 菰 池 咲 哉 や 久 樹 友 里 香 と 共 に 、 高 校 で 再 び 吹 奏 楽 部 に 入 部 し た 。 み よ う じ や 265 ア レ グ ロ ・ ラ ガ ッ ツ ア

小説トリッパー 2014年春季号


名 乗 る こ と に な る 。 紙 の 本 の 需 要 は 、 今 で は 限 り な く ゼ ロ に 近 い 。 そ れ で も 、 ネ ッ 吾 ト 上 で 出 て は 削 除 さ れ 、 ま た 出 て は 削 除 さ れ る 情 報 も 、 紙 に 印 広 げ て い た 科 学 雑 誌 の 一 ペ 1 ジ に は 、 結 成 当 時 の 主 要 メ ン バ 1 刷 さ れ て い れ ば す べ て を な か っ た こ と に す る こ と は 物 理 的 に 不 の 集 合 写 真 が 掲 載 さ れ て い た 。 今 で は 、 ネ ッ ト 上 の ど こ に も な 可 能 だ 。 い 写 真 だ 。 古 い 印 刷 物 を 半 永 久 的 に 保 管 す る 図 書 館 と い う 場 所 も 、 リ オ 三 十 人 ほ ど の 集 団 の 前 列 で 肩 を 抱 き 合 い 、 膝 を つ い て 座 っ て に と っ て は 好 都 合 だ っ た 。 い る の が 六 賢 人 だ 身 元 の チ ェ ッ ク は あ っ て な い よ う な も の で 、 利 用 は 無 料 。 オ ー ュ イ コ ウ 六 人 は 別 の ペ ー ジ で 拡 大 さ れ た 写 真 が 掲 載 さ れ 、 名 前 入 り で テ ィ 1 達 は 勿 論 、 雨 狗 も 自 警 団 も ま ず 訪 れ そ う に な い 。 一 般 の 紹 介 さ れ て い る 。 ス 1 ツ 姿 も い れ ば 、 作 業 着 も ジ ャ 1 ジ も い る 。 人 々 も 少 な い 。 冬 場 な ら 暖 を 求 め る 地 上 の ホ ー ム レ ス 達 で 溢 れ は っ ぴ 端 の 宮 大 工 は 、 地 下 足 袋 に 法 被 姿 だ っ た 。 返 っ て い る だ ろ う が 、 雨 期 の 今 は 遊 び 疲 れ て 眠 り に 来 た 大 学 生 六 人 と も 、 生 き て い れ ば 百 歳 を 超 え て い る 。 今 の を 動 や イ ン ク 中 毒 者 、 電 磁 波 ア レ ル ギ 1 で 紙 の 本 し か 読 め な い 者 達 く ら い だ 。 か し て い る 者 は い な い だ が リ オ は 、 六 人 の 顔 を 脳 裏 に 焼 き 付 け る よ う に 見 詰 め た 。 「 ど 、 つ も 大 量 の 本 を 受 付 カ ウ ン タ ー に 返 し 、 リ オ は 一 般 閲 覧 室 を 出 よ 「 な る ほ ど ね え 、 普 通 過 ぎ る く ら い 普 通 の お っ さ ん 集 団 だ : ・ 、 つ と し た 。 リ オ は そ う 呟 い て 、 目 頭 を 強 く 揉 ん だ 。 「 あ の : ・ ま と も な 教 育 を 受 け て い な い リ オ は 、 文 字 を 読 む の が そ れ ほ 受 付 の 女 性 に 呼 び 止 め ら れ た 。 ど 得 意 で は な い 。 ソ ウ ゲ ン か ら 、 様 々 な 武 器 の 構 造 や 使 用 法 を 覚 え る こ と と 同 じ よ う に 「 本 を 読 む 癖 だ け は つ け て お け と 言 入 館 に 偽 造 を 使 用 し て い た の で 、 呼 び 止 め ら れ る こ と は わ れ て 育 っ た の で 仲 間 内 で は か な り 漢 字 も 分 か る 方 だ が 、 そ れ 想 定 内 だ っ た 。 指 紋 も 虹 彩 も チ ェ ッ ク さ れ な い が 、 六 時 間 も い れ ば 再 度 を 確 認 さ れ る こ と も あ る 。 で も 六 時 間 も 読 み 続 け る の は 初 体 験 だ 。 し か も 相 手 は 紙 の 本 で 、 、 必 要 な 情 報 を 得 て し ま っ た 今 と な っ て は 、 な に を 問 い イ ン ク や カ ビ の 匂 い が 厳 し い だ が 、 来 た 甲 斐 は あ っ た 。 詰 め ら れ る に し て も あ ま り 意 味 は な い 。 受 付 の 女 性 に し て も 、 結 局 、 公 に な る 情 報 の 信 憑 性 は リ リ 1 ス さ れ る ま で に 要 す た だ マ ニ ュ ア ル に 従 っ て 声 を 掛 け て み た に 過 ぎ な い 。 る 時 間 と 関 わ る 人 間 の 数 に 係 っ て い る 。 そ う い う 情 報 は 、 一 度 「 な に ? 」 リ リ 1 ス さ れ れ ば 上 書 き 出 来 な い 、 簡 単 に は な か っ た こ と に 出 特 別 、 睨 ん だ つ も り は な か っ た 。 だ が リ オ の 一 瞥 に 、 女 性 は 来 な い 状 況 に 置 か れ る 。 射 抜 か れ た か の よ う に 目 を 見 開 い て 微 か に 唇 を 動 か し た 。 「 い え 」

小説トリッパー 2014年春季号


占 領 軍 の 命 令 は 絶 対 で す か ら 逆 ら い よ う も な か っ た わ け で す が 、 等 も 見 直 す 。 さ ら に 四 十 三 条 を 改 正 し て 参 議 院 の 半 数 は 選 挙 で 再 軍 備 に は 賛 成 も あ れ ば 疑 問 や 反 対 も あ っ た 。 な く 政 府 推 薦 議 員 で 構 成 す る 、 九 十 三 条 を 改 正 し て 県 知 事 は 政 駄 こ の 時 期 か ら 一 九 五 一 年 の サ ン フ ラ ン シ ス コ 講 和 条 約 く ら い 府 の 任 命 制 に す る 、 と い っ た 具 合 で し た 。 要 す る に 、 占 領 時 の ま で の 時 期 の 世 論 調 査 に よ る と 、 軍 隊 は 必 要 だ と い う 意 見 が 過 憲 法 は ま ち が っ て い る か ら 大 日 本 帝 国 憲 法 の 内 容 に で き る だ け 英 半 数 で す 。 と こ ろ が 世 論 調 査 を よ く 見 る と 、 当 時 の 民 意 の 複 雑 戻 せ 、 と い う こ と で す 。 熊 さ が わ か る 。 例 え ば 、 「 『 日 本 も 〔 講 和 条 約 を 経 て 〕 独 立 国 に な っ そ れ に 対 し て 「 護 憲 運 動 」 が 起 き て き ま す が 、 一 九 五 〇 年 代 た の だ か ら 軍 隊 を 持 た な け れ ば い け な い 』 と い う 意 見 が あ り ま 前 半 ま で は 、 日 本 国 憲 法 は 占 領 軍 が 作 っ た か ら 好 き じ ゃ な い 、 す 。 こ の 意 見 に 賛 成 で す か 、 反 対 で す か 」 と 問 う と 、 賛 成 が 七 九 条 は 非 現 実 的 だ と い う 人 で も 、 二 十 四 条 ( 男 女 平 等 ) を 変 え 割 く ら い 。 と こ ろ が 、 別 の 調 査 で 「 日 本 に 国 防 軍 が 必 要 だ と 思 ら れ る の だ け は 勘 弁 し て ほ し い と か 、 同 床 異 夢 で 「 護 憲 , で 団 い ま す か 」 と 聞 く と 、 賛 成 は 四 割 台 ま で 下 が っ て し ま う 。 さ ら 結 し て い た よ う で す 。 そ も そ も 共 産 党 は 、 日 本 国 憲 法 は 資 本 主 に 「 徴 兵 制 を 復 活 さ せ る べ き で す か 」 と 聞 く と 反 対 が 八 割 以 上 。 義 と 天 皇 制 を 認 め て い る か ら 反 対 と い う 立 場 で し た 。 ま た 左 派 こ う 見 る と 、 独 立 国 な ん だ か ら 軍 隊 が な い と ち ょ っ と 不 安 だ 、 社 会 党 の 政 治 家 も 、 日 本 国 憲 法 は 福 祉 規 定 が 不 十 分 だ か ら 政 権 で も 軍 隊 と 言 わ な い で ほ し い し 、 旧 軍 や 徴 兵 制 の 復 活 は ま っ ぴ を と っ た ら 改 憲 す る 、 と 公 言 し て い た 。 あ く ま で 、 保 守 政 党 の ら だ 、 と い っ た 微 妙 な 民 意 が あ っ た わ け で す 。 こ う い う 内 容 は 、 改 憲 案 に 反 対 だ か ら 「 護 憲 」 で 便 宜 的 に 団 結 、 と い う こ と だ っ 九 条 の 条 文 か ら そ の ま ま 出 て く る も の か は 不 明 だ っ た し 、 草 案 た 。 作 成 者 の 意 図 に 沿 っ て い た か も 不 明 で す 。 で も そ の 後 の 経 緯 を 先 の プ ラ ン を 検 討 し て い た 自 由 党 憲 法 調 査 会 の 会 長 は 、 安 倍 見 て い く と 、 結 局 は 紅 余 曲 折 を 経 て 、 そ う い う 内 容 で 九 条 の 条 晋 三 の 祖 父 で あ る 岸 信 介 で し た 。 一 九 五 七 年 に 岸 が 首 相 に な っ 文 解 釈 も 定 着 し て い っ た と も 言 え る わ け で す 。 た の に 前 後 し て 、 教 育 委 員 会 の 公 選 制 を や め て 任 命 制 に 戻 さ れ 木 村 な る ほ ど 。 た り 、 教 科 書 検 定 制 が 導 入 さ れ た り し た 。 改 正 警 職 法 ( 警 察 官 小 熊 当 時 は ま だ そ う い う 内 容 が 広 く 定 着 は し て い な く て 、 絶 職 務 執 行 法 ) を 通 そ う と し て 、 反 対 運 動 で 廃 案 に な っ て も い る 。 対 平 和 主 義 者 も 多 か っ た し 、 戦 前 の 憲 法 に 戻 せ と い う 人 も 多 か っ そ う い う 経 緯 が あ っ て 、 あ の 政 権 は 油 断 な ら な い と い う 気 分 が た 。 例 え ば 一 九 五 三 年 ご ろ に 、 当 時 の 与 党 の 自 由 党 ( 一 九 五 五 広 が り 、 護 憲 論 が 高 ま っ て 、 一 九 五 五 年 に は 社 会 党 の 議 席 が 改 年 に 日 本 民 主 党 と 合 同 し て 自 由 民 主 党 に な る ) の 憲 法 調 査 会 が 憲 阻 止 に 必 要 な 三 分 の 一 以 上 を 確 保 し た 。 そ し て 一 九 六 〇 年 の 検 討 し て い た プ ラ ン で は 、 九 条 を 変 え る の は も ち ろ ん 、 一 条 を 日 米 安 保 反 対 運 動 が あ っ た わ け で す 。 変 え て 天 皇 は 元 首 に す る 。 ま た 二 十 一 条 を 見 直 し て 集 会 や 表 現 六 〇 年 に 改 定 さ れ た 日 米 安 保 条 約 は 、 条 文 上 か ら い え ば 、 一 の 自 由 は 制 限 す る 、 一 一 十 八 条 の 労 働 団 結 権 や 一 一 十 四 条 の 男 女 平 九 五 一 年 の 旧 安 保 条 約 よ り 良 く な っ て い る 部 分 も あ り ま す 。 だ

小説トリッパー 2014年春季号


風 花 ー か ざ 長 篇 時 代 小 説 最 終 回

小説トリッパー 2014年春季号


し オ し 涙 子 さ ん が ん て あ ま り 重 要 で は な く な っ て く る 。 大 事 な の は 、 長 い 人 生 を 勘 定 を 済 ま せ て 外 に 出 た 。 だ が 、 左 右 ど ち ら に 行 っ た の か も 共 に 歩 ん で い け そ う な 予 感 。 あ の 日 ま で 、 涙 子 は そ ん な 風 に 思 っ て い た 。 わ か ら な い 。 一 気 に 決 着 を つ け ま す 。 私 な り の や り 方 で 。 あ の 日 の 昼 下 が り 、 数 年 ぶ り に 彼 か ら 電 話 が あ っ た 。 ど こ で ? ど う や っ て 決 着 を つ け る 気 な の ? ー 今 夜 、 少 し だ け 時 間 を も ら え な い か 。 そ の と き ー 雑 貨 屋 に 入 っ た と き に 彼 女 が キ ッ チ ン 回 り の も ど う し た の ? そ ん な 、 急 に : の を 買 っ た こ と を 思 い 出 し た 。 ー 会 っ て お か な い と 、 前 に 進 め な い か ら 。 彼 女 が 買 っ た も の の な か に は 、 果 物 ナ イ フ も 含 ま れ て い た の 思 春 期 の よ う な 告 白 だ っ た 。 そ の 声 は 、 涙 子 の 魂 を 震 わ せ た 。 家 庭 科 の 授 業 で 隣 に 座 ら れ た と き の こ と が 、 青 々 と し た 感 情 と と も に 、 昨 日 の よ う に 思 い 出 さ れ た 。 あ の 頃 い ち ば ん 聞 き た か っ た 言 葉 を 、 長 い 時 を 経 て 彼 は 届 け て く れ た の だ 。 高 校 二 年 の と き 、 涙 子 は ラ ブ レ タ 1 を 出 し た 。 名 前 の な い ラ 自 分 の 気 持 ち に 素 直 に な る の は 難 し い プ レ タ ー 。 名 前 を 書 か な か っ た の は 、 名 前 な ど 書 か な く て も 筆 埴 井 涙 子 は 、 自 分 が い っ 頃 か ら 心 に 背 を 向 け て 生 き る よ う に 跡 で わ か っ て く れ る と 思 っ て い た か ら だ っ た 。 で も 彼 は 気 づ か な っ た の か を 考 え た 。 思 い 出 せ な い ほ ど 昔 に さ か の ば る 。 高 校 な か っ た 。 時 代 、 最 初 に 誰 を 好 き に な っ た の か 。 当 た り 前 だ 。 彼 に は 届 か な か っ た の だ か ら 。 自 分 さ え 黙 っ て い れ ば 、 き っ と 想 い は 消 え て い く 。 恋 心 な ん 緊 張 す る あ ま り 、 間 違 え て す ぐ 隣 の 埴 井 潔 の 下 駄 箱 に 入 れ て し ま っ た の だ 。 か 少 し ず つ 溶 け て な く な る ア イ ス ク リ ー ム の よ う な も の な の だ 。 あ の 頃 は そ う 思 っ て い た 。 翌 日 、 思 い が け ず 潔 が こ ん な こ と を 言 っ て き た 。 周 囲 は 、 涙 子 と 潔 の こ と を 「 美 女 と 野 獣 カ ッ プ ル ー と 言 っ て ー 昨 日 手 紙 く れ た の 、 お 前 だ ろ ? ー 手 紙 囃 し 立 て た 。 潔 も 、 そ う 称 さ れ る こ と が 嫌 で は な い よ う だ っ た 。 お 前 の 字 、 わ か り や す い か ら な 。 い い よ 。 俺 で よ か っ た 彼 の 売 り は 外 見 で は な い 。 涙 子 も 彼 の ま っ す ぐ な 心 に 魅 か れ 、 ら 。 こ の 人 と な ら 一 生 一 緒 に い ら れ る か も し れ な い 、 と 考 え る よ う に な っ た 。 な ぜ 「 違 う の 」 の 一 言 が 出 て 来 な か っ た の か わ か ら な い 。 悔 厳 密 に は 、 恋 と は 違 っ て い た の か も し れ な い 。 け れ ど 、 長 ら や ん で も 悔 や み き れ な か っ た 。 何 度 も 真 実 が 口 を 衝 き そ う に な く 人 と 付 き 合 っ て い く と 、 最 初 の 感 情 が ど ん な も の だ っ た か な る た び に 、 、 い の な か の 何 か が プ レ ー キ を か け た 。 自 分 な り の 道 ミ 」 0 森 品 麿 120

小説トリッパー 2014年春季号


正 直 、 考 え た こ と も な か っ た 。 ど う し て だ ろ う ? 何 と な く 自 分 と は 縁 が な い と 思 っ て い た 。 ピ ッ コ ロ の 音 域 は フ ル 1 ト よ り 一 オ ク タ ー プ 高 く 、 鋭 く 硬 く は な や か な 音 を 出 す 。 ピ ッ コ ロ の 音 を あ た し な り に 一 言 で 表 す と し た ら 〃 自 由 〃 だ 。 木 々 の 枝 を 自 由 に 飛 び 交 う 小 鳥 の 軽 や か さ 。 そ れ が ピ ッ コ ロ の 音 だ と 思 う 。 そ う い え ば 、 小 鳥 の 鳴 き 声 な ん か に よ く 使 わ れ て い た : : : 気 が す る 。 そ の 自 由 さ 、 軽 や か さ が あ た し 自 身 と 結 び つ か な い の だ 。 昔 も 今 も 。 ピ ッ コ ロ 、 ピ ッ コ ロ 、 ピ ッ コ ロ 、 ピ ッ コ ロ 。 自 分 と 結 び つ か な い 楽 器 : : : 選 ん で い い だ ろ う か 季 節 は 既 に 春 か ら 初 夏 に 移 ろ う と し て い た 。 入 学 式 の 日 、 ら ん ま ん あ ん な に 爛 漫 と 咲 き 誇 っ て い た 桜 の 花 は も う 、 ど こ に も な い 。 桜 の 木 々 は 若 葉 を ぎ っ し り と 茂 ら せ て 、 風 に 揺 れ る た ほ の び に 仄 か な 緑 の 匂 い を 漂 わ せ て い る 。 四 月 が 終 わ り に 近 づ き 、 校 内 は 入 学 時 の ざ わ め き が 少 し ず つ 落 ち つ い て き た よ う だ 。 教 室 の 空 気 も ま だ ぎ こ ち な さ を 残 し つ つ 、 何 と な く 、 そ れ な り に 、 治 ま っ て き た 感 じ が す る 。 こ れ か ら の 三 年 間 、 高 校 生 活 を ど う 過 ご せ る か は こ の 一 ヶ 月 に か か っ て い る 。 誰 か に 聞 い た の か 、 何 か の 雑 誌 で 読 ん だ の か 、 そ ん な フ レ 1 ズ を あ た し は 覚 え て い た 。 聞 く か 、 読 む か し た と き 、 あ あ な る ほ ど な と 納 得 し た か ら だ 。 納 得 し た も の は 、 意 外 と く つ き り と 後 に 残 る 。 最 初 の 一 ヶ 月 で そ れ ぞ れ の 印 象 が 決 ま る 。 あ の 人 は 暗 い と か 、 お し ゃ べ り が 楽 し い と か 、 明 る く て 活 発 だ と か 、 気 が 強 く て 近 寄 り 難 い と か 、 ち ょ っ と オ タ ク 入 っ て る よ ね と か 、 様 々 な 印 象 が 決 ま っ て し ま う の だ 。 烙 印 と 言 っ た 方 が 近 い か も し れ な い 。 最 初 に 押 さ れ た 烙 印 を 変 え る の は 、 相 当 に 難 し い ち が う 、 ち が う 、 あ た し は そ ん な ん じ ゃ な い よ 。 と 、 胸 の う ち で 幾 ら 叫 ん で も 他 人 に は 伝 わ ら な い 。 下 手 を し た ら 、 自 分 と 微 妙 に ず れ た 自 分 を 演 じ た ま ま 、 高 校 時 代 が 終 わ る つ て こ と に も な る 。 確 か に そ う だ と 、 中 学 生 の あ た し は 納 得 し た 。 心 し て 最 初 の 一 ヶ 月 を 過 ご さ ね ば と 、 心 構 え を 新 た に し た の だ 。 今 は : 。 高 校 入 学 か ら 一 月 を 経 た 今 は : : : 正 直 、 他 人 の 印 象 な ん か ど う で も い い あ た し は ど う や ら 、 中 の 中 、 毒 に も 薬 に も な ら ず 、 棘 も 華 や か な 花 弁 も な い 、 平 均 点 ( ど う い う 基 準 で 弾 き 出 す の か よ く わ か ら な い け ど ) す れ す れ の 人 っ て 感 じ ら し い 。 で も と 言 う か 、 だ か ら と 一 一 一 口 う か 、 周 り か ら す れ ば 、 あ た し が / 、 き 菰 池 く ん や 久 樹 さ ん み た い な 、 ト ッ プ レ ベ ル で 目 立 つ 人 た ち と 一 緒 に い る こ と 、 け っ こ 、 つ 仲 良 さ そ 、 つ に し ゃ べ っ た り お 弁 当 を 食 べ た り し て い る こ と は 、 、 力 な り 不 思 議 な 現 象 ら な ん で 、 相 野 さ ん み た い な フ ツ ー の 人 が ? こ い け い ん あ さ の あ っ こ 2

小説トリッパー 2014年春季号


『 古 事 記 」 と 『 源 氏 物 語 」 神 話 批 評 と し て の 『 源 氏 物 語 』 何 だ か 辻 原 の 講 義 は 漂 流 し は じ め た ぞ 、 と み な さ ん の 顔 に は し た か を 語 る 神 代 の 物 語 で す 。 中 巻 は 建 国 記 、 神 武 東 征 か ら 始 そ ん な 表 情 が 浮 か ん で い る 。 じ つ は 、 私 も 同 じ 思 い な の で す 。 ま っ て 大 和 国 家 の 樹 立 、 神 々 の 世 界 か ら 人 間 の 世 界 へ の 移 行 を し か し 、 も う 乗 り か か っ た 舟 で す 。 何 と か 最 終 目 的 港 の 「 谷 崎 , 語 る 。 下 巻 は 、 既 に 儒 教 や 仏 教 思 想 に よ っ て 中 央 集 権 国 家 、 へ 辿 り 着 い て み せ ま す か ら 。 わ ゆ る 律 令 国 家 の 体 裁 が 整 っ た こ と が 書 か れ て い ま す 。 『 古 事 記 』 は す べ て 漢 語 ( 漢 字 ) で 表 記 さ れ て い ま す 。 太 安 万 侶 に よ る 序 べ ん れ い 文 は 純 粋 の 漢 文 体 ( 唐 代 の 気 品 の 高 い と さ れ る 駢 儷 体 ) 、 本 文 は ・ 『 古 事 記 』 の 構 成 に つ い て 三 種 の 変 態 漢 文 、 歌 謡 は 一 音 節 一 字 の 仮 名 で 表 記 さ れ て い ま す 。 か み つ ま き あ わ な か つ ま き し も つ ま き 『 古 事 記 』 は 、 上 巻 拜 せ 序 、 中 巻 、 下 巻 に 分 か れ て い ま す 。 序 内 容 は 神 話 、 伝 説 、 歌 謡 、 神 祀 、 祭 祀 、 儀 礼 風 習 、 歴 史 的 記 録 な ど で す 。 文 と 上 巻 は 『 旧 約 聖 書 』 の 創 世 記 と 同 じ で 、 こ の 世 界 が ど う や っ て で き た か 、 国 土 の 由 来 、 皇 室 の 祖 先 が ど う し て こ の 国 に 降 臨 こ れ か ら 話 す こ と は 大 体 、 折 ロ 信 夫 の 『 日 本 文 学 啓 蒙 』 ( 折 ロ 第 四 講 義 辻 原 登 216

小説トリッパー 2014年春季号


田 名 部 と の 通 話 を 終 え た 氷 川 は 、 冷 静 に な れ 、 と 自 分 に 言 い 田 名 部 が 吐 き 捨 て た 。 「 も ち ろ ん 、 説 明 す る こ と は で き な い 。 し か し 、 い ざ と な っ た 聞 か せ た 。 だ が 事 態 を 認 識 し よ う と す る 努 力 は 、 ス マ ー ト フ ォ ン の 振 動 ら 、 正 式 な 手 続 を 踏 ん で も ら っ て も 一 向 に 構 わ な い 。 な に よ り 、 で 簡 単 に 霧 消 し た 。 拳 銃 な ど 所 持 し て お ら ず ー デ ィ ス プ レ イ に は 、 公 衆 電 話 、 と 表 示 さ れ て い た 。 「 ち ょ っ と 待 て よ 」 田 名 部 が 遮 っ た 。 「 さ っ き か ら 何 言 っ て ん ま ず 聞 こ え て き た の は 、 若 そ う な 女 性 の 声 だ っ た 。 「 こ の 番 号 は 近 藤 さ ん で す か ? 「 だ か ら 、 拳 銃 で 撃 た れ た 被 害 者 の 女 性 か ら 聞 い て も ら っ て も 、 女 は 、 協 力 者 の 前 で 氷 川 が 名 乗 っ て い る 偽 名 を 口 に し た 。 そ 射 入 痕 と 射 出 痕 の 位 置 関 係 か ら 、 私 で は な い こ と が 明 白 だ 」 の 言 葉 に 、 乱 れ た 雰 囲 気 は な か っ た 。 そ れ ど こ ろ か 、 訓 練 さ れ 「 だ か ら 、 待 て っ て 言 っ て ん だ よ 。 も し か し て 、 お 前 さ ん が 言 っ た と 思 わ れ る 上 品 な 口 調 が 印 象 的 だ っ た 。 て る の は 、 昨 日 の 、 主 婦 が 撃 た れ た ヤ マ か ? ま さ か 、 そ れ に だ か ら な の か 、 氷 川 は そ の ま ま 会 話 を 続 け る こ と と し た 。 も 絡 ん で る の か ? 」 「 そ う で す 。 「 そ れ に も ? 氷 川 は 嫌 な 予 感 が 走 っ た 。 「 私 、 ホ テ ル の キ ャ ビ ン ア テ ン ダ ン ト 課 の 従 業 員 で し て 、 杉 「 と に か く 、 こ の ま ま で は 、 オ レ も ャ パ イ 。 い い か 、 お 前 さ ん 村 と 申 し ま す 。 上 司 の 松 本 か ら の 指 示 で 、 伝 言 を お 伝 え す る た へ ど た ち が 、 嘘 と 欺 瞞 に ま み れ た 世 界 に 棲 ん で い る こ と は 反 吐 が 出 め に 電 話 を さ せ て 頂 き ま し た 。 今 、 よ ろ し い で し よ う か ? 」 る ほ ど 知 っ て る 。 だ が な 、 今 回 は 、 そ れ は 通 じ な い 。 本 当 の こ 「 松 本 さ ん 、 今 、 ど う し て お ら れ ま す ? 」 そ れ を 聞 か ず に は お れ な か っ た 。 と を 話 せ 。 本 当 と は 文 字 通 り の こ と だ 」 「 数 時 間 前 、 警 察 の 方 が お 越 し に な ら れ ま し て 、 聞 き 残 し た こ 「 そ っ ち の 仕 事 正 面 に 絡 む こ と で 、 私 に 何 ら か の 容 疑 が か か っ と が あ る と か で 。 現 在 は ま だ 、 松 本 は そ の た め に 会 議 室 で 応 対 て い る の か ? 中 で す 。 伝 言 は 、 そ の 直 前 に 、 重 要 な こ と だ か ら と 松 本 か ら 申 「 何 で も お 見 通 し の 公 安 さ ん が 、 ご 存 じ な い と は な ー し つ け ら れ ま し た 」 田 名 部 の 鼻 で 嗤 う よ う な 声 が 聞 こ え た 。 氷 川 は 自 分 の 心 臓 音 を は っ き り と 意 識 し な が ら 訊 い た 氷 川 は 息 を 止 め た 。 何 か が お か し い 。 何 か が 起 き て い る 「 ど う ぞ 、 ご 伝 言 を 」 直 感 で そ う 思 っ た 。 「 で は 、 申 し 上 げ ま す 。 『 申 し 訳 ご ざ い ま せ ん が 、 来 週 の デ ィ ナ 1 「 今 夜 、 い つ も の バ 1 に 来 い 」 田 名 部 の 口 調 は 被 疑 者 を 取 り 調 の 席 は 、 満 席 で ご ざ い ま す 』 。 以 上 で す 。 ど ち ら の レ ス ト ラ ン か べ る そ れ だ っ た 。 「 逃 げ る よ う な バ カ な 真 似 は し ね え と 思 っ て い は 松 本 か ら 聞 い て は お り ま せ ん が 、 何 か ご 迷 惑 を お か け し ま し る 。 時 間 は 合 わ せ る 」 わ ら 145 背 面 捜 査