検索 - みる会図書館

検索対象: 小説トリッパー 2014年秋季号

小説トリッパー 2014年秋季号から 344件ヒットしました。

小説トリッパー 2014年秋季号


天 野 祐 吉 の OE 天 気 図 傑 作 選 バ ブ ル 、 昭 和 の 終 わ り 、 不 況 、 格 差 社 会 、 震 災 、 原 発 事 故 ・ : 名 物 コ ラ ム ニ ス ト は 、 こ う 見 て い た 。 四 年 間 続 い た 朝 日 新 聞 の 大 人 気 コ ラ ム を 厳 選 。 天 野 祐 吉 緊 急 出 版 経 済 大 国 か ら 「 別 品 」 の 国 へ 遊 び ご こ ろ を い つ ま で も 便 利 を 追 い 求 め る こ と で 失 わ れ て い く も の が あ ま り に も 多 す ぎ る ん じ ゃ な い か 世 界 で 1 位 、 2 位 よ り も べ っ ぴ ん す ぐ れ て 個 性 的 な 「 別 品 」 が い い = 天 野 祐 吉 の O 天 気 図 傑 作 、 す べ て の 人 に 、 価 値 あ る 一 冊 を お 求 め は 書 店 、 ASA ( 朝 日 新 聞 販 売 所 ) で ど う ぞ [ 朝 亟 : 」 ・ 定 価 : 体 体 す $OO 円 + 税 文 四 六 判 978-4-02-251154-6 り ASAHI 朝 日 新 聞 出 版

小説トリッパー 2014年秋季号


1 で も 渡 す と い う の は ど う か な 。 そ 「 記 者 に コ メ ン ト の ペ 1 倉 品 が 言 っ た 。 れ で 勘 弁 し て も ら い な さ い よ 」 山 村 が 倉 品 を 睨 み つ け た 。 く ど う の ぶ や す 穏 や か な 口 調 で 発 言 し た の は 、 工 藤 信 保 だ 。 旧 扶 桑 銀 行 出 身 。 「 文 面 は 、 『 事 件 の 解 決 に 警 察 に 真 摯 に 協 力 い た し ま す 』 で い い ミ ズ ナ ミ 銀 行 副 頭 取 。 現 経 営 陣 の 中 で 旧 扶 桑 銀 行 の 最 上 位 に い ん じ ゃ な い か な 。 ま だ 原 因 も な に も 分 か っ て い な い わ け だ し : : : 」 る 。 工 藤 が 言 っ た 。 ミ ズ ナ ミ 銀 行 の 八 神 が シ ス テ ム 障 害 の 責 任 を 取 っ て 退 任 し た 「 そ れ が い い で し よ う ね 。 と こ ろ で な に か 分 か っ た の で す か 」 後 は 、 旧 扶 桑 銀 行 は 経 営 ト ッ プ の 座 に 誰 も 送 り 込 め て い な い 藤 沼 が 、 倉 品 を 見 た 。 は ん し ゃ 藤 沼 が 、 事 故 を 好 機 と と ら え て 一 気 に ミ ズ ナ ミ 銀 行 と ミ ズ ナ ミ 「 は い 、 北 沢 次 長 は 、 反 社 担 当 で し た 。 特 に パ シ フ ィ コ ・ ク レ は し ぬ ま コ 1 ポ レ 1 ト 銀 行 を 合 併 さ せ る 形 で ミ ズ ナ ミ フ ィ ナ ン シ ャ ル グ ジ ッ ト の 問 題 を 担 っ て お り ま し た 。 そ う だ ね ? 橋 沼 総 括 次 長 ル ー プ を 再 編 し て し ま っ た た め に 経 営 ト ッ プ の 椅 子 が 一 つ 減 っ て し ま っ た 。 割 を 食 っ た の は 、 旧 扶 桑 銀 行 だ 。 シ ス テ ム 障 害 は 、 倉 品 が こ ち ら へ 問 題 を 振 っ て き た 。 旧 大 洋 産 業 銀 行 の 古 い シ ス テ ム を 採 用 し た こ と が 原 因 な の に 、 「 北 沢 次 長 が パ シ フ ィ コ ・ ク レ ジ ッ ト の 問 題 を 担 当 し て い た の ど う し て 旧 扶 桑 銀 行 が 責 任 を 取 ら ね ば な ら な い の だ と 八 神 を 中 は 事 実 で す が 、 そ れ で 殺 さ れ た の か ど う か は 、 は っ き り と し て 心 に 今 も 不 満 が 渦 巻 い て お り 、 工 藤 は 、 八 神 に 引 き 立 て ら れ た い る わ け で は あ り ま せ ん 」 と 言 わ れ て い る 。 康 平 が 答 え た 。 今 も 頻 繁 に 八 神 と 連 絡 を 取 り 合 っ て い る の は 間 違 い な い 「 金 融 検 査 で も こ っ ぴ ど く 聞 か れ た が 、 そ の パ シ フ ィ コ ・ ク レ 「 そ れ が い い で す ね 。 ど う で す か 、 藤 沼 さ ん 」 ジ ッ ト の 問 題 と は な ん だ ね 。 本 当 に 私 に は 全 く 覚 え が な い ん だ 。 大 塚 が 藤 沼 に 同 意 を 求 め た 。 何 も 自 分 で 判 断 し な い 。 全 て 藤 随 分 、 迷 惑 な 話 だ よ 」 藤 沼 が 言 っ た 。 沼 に 聞 く 姿 勢 が 徹 底 し て い る 。 そ れ が 責 任 を 逃 れ 、 長 く 今 の 地 位 に 留 ま る 秘 訣 で あ る か の よ う に 考 え て い る の だ ろ う 。 「 以 前 は コ ン プ ラ イ ア ン ス 委 員 会 や 、 取 締 役 会 に も ご 報 告 し て 「 賛 成 で す ー お り ま し た が : : : 」 藤 沼 は あ っ さ り と 答 え た 。 康 平 が 遠 慮 気 味 に 答 え た 。 「 そ う い う ご 方 針 で あ れ ば 、 そ れ で 対 応 し ま す が 、 ど う い う 内 「 橋 沼 総 括 次 長 、 藤 沼 社 長 は お 忙 し い ん だ 。 い ち い ち 個 別 案 件 容 に し ま す か 」 を 覚 え て は お ら れ な い ー 倉 品 が 厳 し く 言 っ た 。 山 村 は 聞 い た 。 「 そ れ を 考 え る の が 広 報 で し よ う 」 「 そ の 通 り だ 。 金 融 検 査 で は 、 こ の 問 題 の お 蔭 で ガ バ ナ ン ス 体 き た ざ わ 江 上 剛 158

小説トリッパー 2014年秋季号


身 に は 偉 い な る 武 者 之 助 の 血 が 流 れ て い 翌 朝 、 逸 る 気 持 ち を 抑 え な が ら 、 忠 明 大 坂 の 陣 で は 幾 度 、 数 馬 に 救 わ れ た か る の だ 。 心 強 く 、 事 に 当 た る が 良 い は 馬 を 駆 け さ せ て い る 。 知 れ な い 。 数 馬 が い な け れ ば 後 藤 又 兵 衛 た か ぶ 家 康 は 哄 笑 し 、 秀 忠 も 力 強 く 頷 い て く ( こ れ が 血 の 昂 り な の か ) を 打 ち 破 る ど こ ろ か 、 反 対 に こ の 首 を 大 れ た 。 だ が 昂 り の 中 に 様 々 な 要 素 が 混 じ り 合 っ 坂 方 に 挙 げ ら れ て い た か も し れ な か っ た 。 ひ ょ り 「 下 総 守 。 御 身 の 父 は 京 都 守 護 職 で あ っ て い た 。 「 良 い 日 和 で ご ざ り ま す る な あ 」 な っ ぴ た 。 よ っ て 大 坂 の 守 護 職 に 任 ず 。 天 下 の 高 揚 感 。 そ れ は あ る 。 な る ほ ど 、 夏 陽 が 東 天 か ら 勢 い よ く 登 大 事 な る 務 め ぞ 。 父 に 負 け ず 心 し て 励 め 。 昨 日 ま で 五 万 石 の 小 身 で あ っ た 自 分 に ろ う と し て い る 。 こ の 様 子 で は 今 日 も 暑 わ ら べ ー 正 純 」 偉 い な る 役 目 が 与 え ら れ た の だ 。 そ れ も く な る で あ ろ う 。 数 馬 は 童 の よ う に 気 持 家 康 は 正 純 に 目 配 せ を し て 、 一 本 の 鞭 家 康 に 見 込 ま れ て の こ と で あ る 。 大 坂 再 ち 良 さ そ う に 額 の 汗 を 拭 う 。 を 持 参 さ せ た 。 興 が 成 る か 否 か は す べ て 己 の 双 肩 に か か っ 「 こ う し た 日 は 、 ど こ ぞ に 旅 を し た い も て い る の だ 。 「 御 身 に 与 え る 」 の で す な あ ー の ん き 「 こ れ は だ が 、 そ の 反 面 「 : : : 暢 気 な 奴 だ 」 か ん ち く 「 家 康 が 若 き 頃 よ り 愛 用 し て い た 寒 竹 の 心 奥 の ど こ か に 法 え る 自 分 が い る 。 途 笑 い も せ す 、 忠 明 は 嘆 息 し た 。 鞭 だ 。 苦 し き 時 、 恐 ろ し き 時 に 勇 を 奮 い 方 も な い 大 き な 何 か に 飲 み 込 ま れ そ う な 大 任 を 与 え ら れ た 身 と し て 数 馬 の よ う な こ と を 言 っ て い ら れ な い 。 だ が ど こ 吹 立 た せ 、 驕 り た る 時 は 心 を 打 ち 、 我 が 身 恐 怖 が 根 強 く こ び り つ い て い た 。 を 戒 め た も の だ 。 こ の 鞭 を 持 っ て 大 任 を 自 分 の 心 が ど う な っ て い る の か 。 忠 明 く 風 か 、 数 馬 は に こ や か に 話 を 続 け る 。 務 め る が 良 い 。 大 坂 の こ と ー 任 せ た ぞ 」 に は わ か ら な い 。 こ の 正 体 不 明 の 心 を 吹 「 十 の 頃 で ご ざ い ま し た 。 亡 き 兄 に 伊 勢 忠 明 は 目 に 涙 を 浮 か べ 、 押 し 戴 く よ う き 飛 ば す た め に ひ た す ら 駆 け 続 け た 。 へ 連 れ て い っ て も ら い ま し た 。 そ う そ う 。 に 寒 竹 の 鞭 を 受 け 取 っ た 。 今 日 の よ う な 良 き 天 気 で し た わ い 」 こ の 期 待 に 応 え ら れ る よ う 神 仏 の 加 護 「 殿 ー 「 ほ 、 つ : を 祈 り 、 応 え ら れ な い な ら こ の 場 で 命 を 忠 明 は 数 馬 の 顔 を 見 ず 、 馬 を 進 め る は っ と す る ほ ど 陽 気 な 声 で あ っ た 。 声 「 初 め て の 長 旅 で 胸 を 躍 ら せ た も の で す 差 し 出 す こ と を 天 に 誓 っ た 。 忠 明 は 心 内 の 主 は 黒 屋 数 馬 で あ っ た 。 で 幾 度 も 南 無 八 幡 大 菩 薩 と 神 名 を 唱 え る が 、 怖 く も あ り ま し た 」 忠 明 よ り 五 歳 ほ ど 若 く 、 幼 い 頃 よ り 小 の で あ っ た 。 姓 と し て 身 辺 に 仕 え て き た 。 「 怖 い ? 身 の 丈 は 五 尺 そ こ そ こ で あ っ た が 、 膂 「 初 め て の こ と は 恐 ろ し い : : : 人 は そ う り よ く 一 路 、 大 坂 へ 。 力 が あ り 、 胆 力 も あ る 。 し た も の 」 お お お ご り ・ よ 17 大 坂 誕 生

小説トリッパー 2014年秋季号


て い る ほ う が 、 よ ほ ど 自 然 に 適 っ て い る 気 が す る 。 し か し 原 つ ず か し い 言 葉 ば か り 。 酒 井 も ま た 呆 気 に 取 ら れ 、 大 し た こ と な ば は 現 れ る 。 か っ て は 日 本 じ ゅ う に こ ん な 場 所 が あ っ た が 今 は ど 何 一 つ 言 わ な か っ た は ず だ 。 す ご い だ の 、 い つ ば い い る だ の 、 も う こ こ だ け だ 、 こ こ は 滅 び ゆ く 最 後 の 神 聖 な 場 所 な の だ 、 と 綺 麗 だ の 、 そ ん な 当 た り 前 の こ と だ け 。 し か し い く つ か 耳 に 残 っ 言 わ ん ば か り の い さ さ か 取 り 澄 ま し た 様 子 で 。 鬱 然 た る 竹 林 が て い る 言 葉 も あ る 。 あ の 場 所 を 抱 き か か え 、 外 界 か ら 守 っ て い る と 考 え る の は も ち 「 来 年 も ま た 来 よ う ね 。 絶 対 ・ : ・ : 」 と 酒 井 は 言 っ た 。 は ず ろ ん 擬 人 化 が 過 ぎ る の だ ろ う が 、 し か し あ そ こ に 足 を 踏 み い れ 暗 く て 表 情 は 読 み と れ な か っ た が 、 声 が 弾 ん で い た 。 私 は 得 る と 、 多 く の 人 が こ こ は 普 通 の 空 間 で は な い と 感 じ る ら し く 、 意 で な ら な か っ た 。 自 分 が こ し ら え た 庭 に 連 れ て き た か の よ う 思 わ ず 足 を 止 め る の だ 。 な 誇 ら し い 心 持 ち だ っ た 。 し か し 酒 井 の あ け っ ぴ ろ げ な 喜 び よ う に 照 れ が 込 み あ げ て き 、 あ の 夜 、 私 た ち は 見 え て き た 見 え て き た と 口 々 に 言 い な が ら 竹 林 を 抜 け た が 、 ほ と ん ど 小 走 り に な っ て 原 つ ば に 雪 崩 れ こ ん 「 ま 、 世 界 が 滅 ん で な か っ た ら な 」 な ど と 答 え た の だ 。 帰 り が け に 酒 井 が 原 つ ば の 向 こ う に 眼 を や り 、 だ と た ん 、 誰 も が 一 瞬 、 言 葉 を 失 っ た 。 ひ ょ っ と し た ら あ の 夜 の 蛍 は 、 あ の 夏 一 番 の 盛 り 時 だ っ た か も し れ な い 。 す で に 二 十 「 向 こ う に 行 っ た ら 何 が あ る の ? 」 と 聞 い て き た 。 す ず な 人 は 下 ら な い 見 物 客 が ま ん な か の 小 道 に 鈴 生 り に な っ て い た 。 「 あ の マ ン シ ョ ン の 裏 に 出 る ん や 」 と 、 私 は 竹 林 の 向 こ う に 聳 天 の 河 の ほ と り に 立 っ : : : 月 並 み だ が 、 喩 え る な ら そ ん な 光 え 立 っ 建 物 を 指 さ し た 。 景 だ 。 ヒ メ ボ タ ル の 放 っ 輝 き は 生 き 物 め い た 柔 ら か さ や 温 か み 小 道 は 竹 林 の な か に 入 る と 急 に 曲 が り く ね っ た 登 り 坂 に な り 、 を 欠 い て お り 、 星 の 光 の よ う に 硬 く て 鋭 く 、 ど こ か 凜 と し て い 小 高 い 土 地 に 立 っ た 高 層 マ ン シ ョ ン の 駐 車 場 の 隅 に 出 る 。 か っ る 。 ゲ ン ジ ボ タ ル や ヘ イ ケ ボ タ ル は 深 呼 吸 を す る よ う に ゆ っ く て は そ こ に も 竹 林 が 生 い 茂 っ て い た が 、 二 年 前 に 切 り ひ ら か れ 、 り と な だ ら か に 瞬 く が 、 ヒ メ ボ タ ル は 違 、 つ 。 ち か り 、 ち か り 、 十 二 階 建 て の 巨 大 な 分 譲 マ ン シ ョ ン が ぬ っ と 上 半 身 を 突 き 出 し と 歯 切 れ よ く 涼 や か に 明 滅 す る 。 虫 の 腹 が 放 っ 輝 き に は 見 え ず 、 た 。 こ の あ た り で は も っ と も 高 い 建 物 で 、 焦 茶 色 の ご っ ご っ と じ よ 、 つ さ い む し ろ 一 瞬 ご と に 宙 に 現 れ て は 消 え る 、 純 粋 な 光 そ の も の の よ 角 張 っ た 姿 は 、 一 帯 の 命 運 を 握 る 城 砦 め い た 威 風 を ま と っ て い う だ 。 た と え 握 り し め た と し て も 、 手 を ひ ら く と そ こ に 蛍 の 姿 た 。 「 あ の 上 か ら 見 る と 、 ど ん な 感 じ だ ろ う ね 」 と 酒 井 が 言 っ た 。 は な く 、 た だ 幽 き 光 の 粒 子 だ け が ふ わ り と 漂 い 逃 げ て ゆ く 気 が す る 。 そ ん な 輝 き が 原 つ ば 一 面 に ひ ろ が り 、 私 た ち を 待 ち う け 私 は 、 知 ら ん 、 と か ぶ り を 振 っ た 。 言 わ れ て み る と 確 か に 気 て い た 。 に な っ た 。 最 上 階 か ら 見 お ろ せ ば 、 こ の 一 面 の 輝 き は ど う 眼 に す く そ も そ も 言 葉 は 美 し い も の に つ い て 語 る の が 不 得 手 だ 。 掬 い 映 る の か 。 興 味 は あ っ た が 、 気 が 引 け た 。 マ ン シ ョ ン の 敷 地 の あ げ て み せ る と 気 負 っ た と こ ろ で 、 網 に 掛 か る の は 陳 腐 で 気 恥 入 口 に は 電 動 式 の チ ェ 1 ン が 張 り わ た さ れ 、 建 物 の エ ン ト ラ ン か そ け か な そ び 小 田 雅 久 仁 110

小説トリッパー 2014年秋季号


つ ず つ ラ ッ プ に 包 ん で か ら 、 シ ャ ワ 1 を 浴 び た 。 開 い て 、 胸 元 に 光 る シ ル バ 1 の 十 字 架 を 見 せ て い た 。 浴 室 の 中 で 余 震 が あ り 、 ハ ッ と 身 を こ わ ば ら せ た ほ か は 、 い 「 そ う か 。 , 水 島 は い っ た 。 「 そ れ な ら 、 良 か っ た 。 つ も と 変 わ り な く 念 入 り に 身 体 を 洗 う こ と が で き た 。 バ ス ロ ー こ の 人 は 部 屋 の 中 に 入 り た い ん だ 。 そ の こ と に 気 が つ い た と プ を 羽 織 り 、 ド ラ イ ヤ 1 を か け 、 前 夜 に 決 め て あ っ た 服 を ゆ っ 同 時 に 、 八 木 の 中 に 水 嶋 へ の 激 し い 拒 絶 と お ぞ ま し さ が 膨 ら ん よ 」 0 く り と 着 た 。 自 分 を 取 り 戻 し て 、 冷 静 に な る こ と が 大 事 だ っ た 。 と こ ろ が 着 替 え も 化 粧 も し つ か り と 終 え て 、 あ と は 出 か け る だ 「 こ こ 七 階 だ ろ 。 揺 れ た ん じ ゃ な い か と 思 っ て さ 。 」 八 木 は 黙 っ て い た 。 け と い う 段 に な っ て 、 玄 関 に ノ ッ ク の 音 が し た 。 八 木 は 危 う く 悲 鳴 を あ げ る と こ ろ だ っ た 。 「 飛 ん で き た ん だ 、 心 配 で 。 」 「 ど な た で す か ? 」 玄 関 か ら 離 れ た ま ま 、 八 木 は 大 き な 声 で 尋 黙 っ て い る と 、 男 の 芝 居 が は っ き り と 見 え た 。 演 じ て い る 水 ね た 。 嶋 自 身 に も 見 え て い な い 芝 居 が 「 俺 。 」 「 何 、 笑 っ て る の 。 」 そ の 声 を 聞 い た と き 、 八 木 は 誰 か が 部 屋 を 間 違 え た の だ と 思 っ 水 嶋 が 不 機 嫌 を 隠 そ う と し て い る の が 判 っ た 。 ( 芝 居 を し て い た 。 エ レ ヴ ェ 1 タ が 使 え な い か ら 、 フ ロ ア が 違 う の か も し れ な る 人 に 、 自 分 の 芝 居 が 見 え な い の は 当 た り 前 じ ゃ な い 。 ) と 思 っ い 。 だ が 、 ど う し て イ ン タ 1 ホ ン を 鳴 ら さ な い の だ ろ う 。 て 、 八 木 は う っ す ら と 微 笑 ん だ の だ っ た 。 数 秒 間 、 ド ア を じ か に 叩 い て 名 乗 り も し な い 男 を 気 味 悪 が っ し か し そ の 微 笑 は 素 直 な も の で は あ り え な か っ た 。 復 縁 を 望 て か ら 、 よ う や く 八 木 は 、 そ れ が 別 れ た 夫 の 帰 宅 時 の 癖 だ っ た ん で い る 男 が 、 こ の 震 災 を 好 機 と 捉 え た の か と 思 う と 、 水 嶋 の こ と を 思 い 出 し た 。 ナ ル シ ス テ ィ ッ ク な 一 人 芝 居 は い っ そ う 醜 悪 だ っ た 。 大 き な 地 「 大 丈 夫 か ? 」 震 が 起 こ っ た 。 女 は 地 震 を 恐 が る も の だ 。 あ い つ は 市 ヶ 谷 の だ み ず し ま せ い い ち 水 嶋 誠 一 の 声 だ っ た 。 八 木 は た め ら い な が ら ド ア を 開 け た 。 だ っ ぴ ろ い マ ン シ ョ ン に 一 人 で い る 。 さ ぞ か し 心 細 い に 違 い な 「 大 丈 夫 か ? 」 い 。 今 あ そ こ に 俺 が 行 け ば 、 あ い つ は 理 屈 も 糞 も な く し が み つ 目 を 八 木 か ら 離 さ ず 、 心 持 ち 肩 で 息 を し な が ら 、 水 嶋 は 再 び い て く る だ ろ う 。 テ レ ビ で 見 た こ と が あ る 。 「 吊 橋 効 果 」 と い う そ う い っ た 。 ん だ 。 水 嶋 の 思 考 回 路 は 呆 れ る ほ ど 薄 っ ぺ ら で 見 え 透 い て い た 。 「 え え 。 ど う し て 笑 っ て い る か 、 答 え る 必 要 も 感 じ な か っ た 。 八 木 が 最 後 に 会 っ た 時 よ り 、 水 嶋 は や や 肥 え 、 三 月 だ と い う の に う つ 黙 っ て ド ア を 閉 め よ う と す る と 、 水 嶋 は ド ア を 擱 ん で 身 を 室 内 す ら と 日 焼 け を し て い た 。 見 た こ と の な い コ 1 ト を 羽 織 り 、 八 に 乗 り 出 し た 。 木 が 買 っ た 濃 緑 の セ ー タ ー を 着 て 、 そ れ で も シ ャ ツ の ボ タ ン を 「 な ん だ よ 。 門 前 払 い か 」 藤 谷 治 344

小説トリッパー 2014年秋季号


と の こ と で す 。 だ か ら ク ビ に な っ た ん じ ゃ な い ん で す か 」 「 ラ ー メ ン が い い ん だ が な 」 「 ク ビ っ て 、 違 う よ 。 辞 め た ん だ 」 「 こ こ で は 落 ち 着 き ま せ ん か 」 「 ば れ た か ら で す か 。 も う 隠 れ て 虐 待 す る こ と が で き な く な っ ラ 1 メ ン 屋 の ほ う が 話 し や す い と い う の な ら 移 っ て も い い た か ら 、 で す か ね 」 だ が 男 は 、 「 い や 、 い い ラ 1 メ ン か な い な ら 、 い ら な い 」 と 、 「 あ ん た 、 む こ う の 回 し 者 か な に か な の か そ う 言 っ て 、 頭 を 折 っ た 爪 楊 枝 を ま た 取 り 、 右 の 親 指 と 人 差 し 指 で つ ま ん で そ の 軸 を ぐ り ぐ り と 回 し 出 す 。 「 回 し 者 っ て 、 い や 、 違 い ま す よ 」 真 嶋 は 自 分 の 苛 立 ち が 相 手 に 伝 わ っ て し ま っ た こ と を 悟 っ て 、 わ け が わ か ら な い 。 こ れ は た ん に 、 ほ ん と う に と 言 う べ き か 、 頭 を 冷 や さ ね ば と 思 う 。 テ 1 プ ル 上 の ア イ ス コ ー ヒ ー を 引 き 寄 ラ 1 メ ン が 食 い た い と ふ と 思 っ た 、 た だ そ れ だ け の こ と の よ う だ っ た 。 せ 、 一 口 飲 み 、 そ れ か ら 、 教 え て も ら い た い ん で す と 言 う 。 「 あ な た は け っ こ う ひ ど い こ と を し て い る と 思 う わ け で す よ 、 こ い つ は ど 、 つ し て 取 材 を 受 け る こ と に し た の だ ろ 、 つ 、 こ ち ら わ た し な ん か は 。 ど う し て ほ と ん ど 寝 た き り で 身 体 の 不 自 由 な を 愚 弄 し て 楽 し む た め か 。 お れ は い ま こ い っ か ら 精 神 的 に 虐 待 老 人 に そ ん な こ と を し た の か 、 あ な た の 心 の 内 を 知 り た い 」 さ れ て い る の で は な か ろ う か と 、 真 嶋 は 思 い 始 め る 。 な に を 考 ど う し て し た の か 、 で は な く 、 ど う し て そ ん な こ と が で き る え て い る の か ま る で わ か ら な い 相 手 だ っ た 。 不 気 味 な 怪 物 の よ 、 つ な 感 じ が し て く る 。 の か 、 と 訊 き た い と こ ろ だ 。 「 ラ ー メ ン が 食 い た い な 」 「 コ ー ヒ ー の お か わ り で も ど う で す 」 と 言 っ て み る ど う せ 無 視 さ れ る だ ろ う と 思 っ た が 男 は う な ず い た 。 真 嶋 は あ ま り に 意 外 な 言 葉 が 返 っ て き た の で 意 味 を つ か み か ね た 。 ウ ェ イ ト レ ス に 合 図 し 注 文 し お え る と 、 そ れ を 待 っ て 男 は 話 し 言 葉 の 意 味 で は な い 、 男 が ど う し て そ ん な こ と を 言 う の か 、 そ 始 め た 。 の 動 機 が 皆 目 見 当 も っ か ず 、 真 嶋 は 戸 惑 う 。 「 あ そ こ で や っ た こ と 、 お れ は ひ ど い と は 思 っ ち ゃ い な い 「 喫 茶 店 に ふ つ う ラ 1 メ ン は な い と 思 い ま す が 。 な に か 食 べ た 「 虐 待 で は な い と 」 い と い う こ と な ら ナ ポ リ タ ン か サ ン ド ウ ィ ッ チ か 、 そ ん な と こ 「 覚 醒 さ せ て や っ た ん だ 」 か く せ い ろ で し よ う 」 「 か く せ い ? 」 廓 清 か 。 「 お ご っ て く れ る か 」 廓 清 と い え ば 腐 っ た 組 織 を 削 り 取 る と い う イ メ 1 ジ だ 。 政 界 爪 楊 枝 を い じ っ て い た の は こ ち ら に な に か 食 わ せ ろ と い う ア の 腐 敗 や 医 療 の 悪 性 組 織 の 除 去 な ど 。 真 嶋 が ま ず 最 初 に そ れ を 思 い 浮 か べ た の は 、 こ の 男 の や っ た こ と が 悪 行 以 外 の な に も の ピ ー ル だ っ た の か と 真 嶋 は 思 い つ く 。 で も な い と 感 じ て い た か ら だ 。 老 人 な ど 邪 魔 者 で し か な い 、 そ 「 ど う ぞ 」 神 林 長 平 70

小説トリッパー 2014年秋季号


る と い 、 つ わ け か 「 お れ と い う 個 人 、 人 間 に は 興 味 は な い わ け だ 」 そ う 真 嶋 が 言 う と 、 驚 く べ き 答 え が 返 っ て き た 。 「 は っ き り 言 え ば 、 そ う で す 「 は っ き り 言 え ば っ て 、 そ う 言 う 前 か ら は っ き り 言 っ て る じ ゃ 「 本 気 に し た の か 」 そ う 言 っ て 、 男 は 笑 っ た 。 「 あ ん な の は 冗 談 な い か 。 お れ は モ ル モ ッ ト な ん だ ろ う 。 モ デ ル と 言 っ た か 。 よ だ 。 あ ん た に た れ 込 ん だ の は だ れ な の か 、 そ れ が 知 り た か っ た 。 う す る に 記 号 だ 。 一 つ の デ 1 タ に す ぎ な い っ て こ と だ ろ う 。 ま 、 そ れ だ け だ 」 か ま わ な い よ 。 そ 、 つ い う こ と な ら そ れ で も し し お れ の こ と は じ ゃ あ な 、 と い っ て 腰 を 上 げ よ う と す る 男 を あ わ て て 引 き 留 め る 。 だ れ か ら 聞 い た ん だ 。 そ れ だ け 、 教 え て く れ な い か 」 「 ち ょ っ と 待 て 。 あ な た は 、 わ れ わ れ に 刑 事 告 発 さ れ て も か ま 「 そ れ は 言 え な い な 」 わ な い と い う の か 」 「 ど う し て 」 「 み ん な 死 ん で い る と 言 っ た ろ う 。 証 拠 は あ る の か 。 証 人 と か 「 取 材 ソ ー ス は 明 か せ な い 。 ジ ャ ー ナ リ ズ ム の 基 本 だ 」 「 あ の 所 長 か ら は 、 だ れ に も 言 わ な い か ら 辞 め て く れ と 言 わ れ 告 発 な ん て で き る は ず が な い 。 そ ん な こ と を す れ ば 名 誉 毀 損 や た ん だ 。 こ れ で は 話 が 違 う 」 ら 商 売 の 邪 魔 を し た っ て こ と で 所 長 も あ ん た を 訴 え る ぞ ー 「 あ な た が 知 り た い こ と 、 だ れ が 密 告 し て き た か を 知 り た く な 「 公 に な れ ば あ な た は 警 察 に 捕 ま り か ね な い 。 そ れ を 自 覚 し て い の か 」 い た と い う こ と で す か 。 あ な た は 新 聞 と い う 公 器 で あ な た の 正 義 を 訴 え た い ん じ ゃ な い ん で す か 。 矛 盾 し て る な 。 な に が や り 「 言 え な い と 自 分 で 言 っ た じ ゃ な い か な に を い ま さ ら 。 わ け た い ん で す 」 が わ か ら ん 。 お れ は 、 た れ 込 ん だ の が 所 長 で は な い っ て こ と が 「 老 人 介 護 だ 」 と 男 は 平 然 と 言 う 。 「 資 格 も 持 っ て い る し 、 辞 め わ か れ ば 、 そ れ で い し た あ そ こ か ら は ロ 1 ダ 1 も 退 職 金 代 わ り に 頂 い て き た 」 「 わ か っ た ん で す か 」 「 い い 記 事 を 書 い て く れ 。 ボ ツ に な ら な い よ う に な 」 「 ロ ー ダ 1 ? 」 「 パ ワ 1 ロ 1 ダ 1 だ 」 相 手 に 主 導 権 を 完 全 に 握 ら れ て し ま っ て い た が そ れ を 取 り 戻 そ う と い う 気 力 を 真 嶋 は 失 っ て い る 。 も う こ の 男 に か か わ り た 「 パ ワ ー ド ス 1 ツ か 。 な る ほ ど 「 商 売 道 具 だ 」 く な か っ た 。 た だ ひ と つ だ け 、 確 認 し て お き た い こ と が あ っ た 。 「 き よ う は 話 を 聞 か せ て も ら え て 助 か り ま し た 。 あ と ひ と つ だ 「 あ な た を 雇 う 施 設 が あ る と は 思 え な い か ー 「 フ リ 1 で い く ら で も で き る よ 。 そ れ こ そ ネ ッ ト で 、 個 人 契 約 け 、 訊 か せ て も ら え ま せ ん か ー 「 な ん だ 」 の 仕 事 が い く ら で も と れ る 」 じ ゅ う た ん 「 そ れ で あ な た は 訪 問 介 護 で 寝 た き り 老 人 た ち を 覚 醒 さ せ ま く 「 ′ 地 球 の 意 思 〃 と か 〃 黒 い 絨 毯 ~ と か い う ハ ン ド ル 名 、 あ る い 神 林 長 平 74

小説トリッパー 2014年秋季号


ら だ 。 一 方 、 酒 井 は 一 向 に 私 の 存 在 に 気 づ か ず 、 た だ よ る べ な な か で し か 身 動 き が 取 れ な い ら し く 、 光 に 晒 さ れ る た び に 力 を 仁 く 呆 然 と 立 ち 尽 く し て い る だ け だ っ た 。 近 づ け な い な ら 、 と 思 奪 わ れ る の だ っ た 。 い 、 私 は ヘ た り こ ん だ ま ま 、 思 い 残 す こ と で も あ っ た の か 、 酒 井 は 原 つ ば を 去 る 前 に 竹 林 雅 田 「 酒 井 ! 」 と 呼 び か け た 。 の 手 前 で 立 ち ど ま り 、 振 り か え っ た 。 表 情 を 読 み と れ る 距 離 で な ご り お そ の 自 分 の 声 が ま た 尋 常 で は な か っ た 。 自 分 が ふ た り い る か は な か っ た 。 名 残 惜 し げ に 眼 を 細 め て い た と 想 像 す る こ と も 出 の よ う に 声 が 口 先 で ば っ く り と 二 つ に 割 れ 、 一 方 は し つ ほ を 巻 来 る し 、 ど ん な 表 情 も 浮 か ん で い な か っ た に 違 い な い と 言 い 捨 い て す ぐ さ ま お の れ の 耳 に 滑 り こ み 、 一 方 は 原 つ ば じ ゅ う に き や て る こ と も 出 来 る 。 し か し 私 の 心 に 深 く 刻 ま れ た の は 確 か め ら ん と 甲 高 く 響 き わ た っ た 。 れ な か っ た そ の 表 情 で は な く 、 酒 井 が 最 後 に 見 せ た ち ょ っ と し 酒 井 が ふ っ と 顔 を 上 げ 、 訝 し げ に ゆ っ く り と 周 囲 を 見 わ た し た 仕 草 だ っ た 。 酒 井 は ひ ょ い と 左 手 を 持 ち あ げ 、 一 瞬 、 ロ も と は じ め た 。 ど う 聞 こ え た か は と も か く 、 私 の 呼 び か け が 耳 に 届 を 覆 っ た の だ 。 私 に は 見 な れ た 仕 草 だ っ た 。 本 当 は 違 っ た の か い た の か も し れ な い 。 も し れ な い 。 た だ 鼻 の 下 の 汗 を 拭 っ た だ け な の か も し れ な い し 、 「 俺 や ! こ っ ち ゃ ! 」 と 私 は さ ら に 声 を 大 き く し た 。 い つ も の 癖 で 爪 を 噛 も う と し た だ け な の か も し れ な い 。 が 、 私 聞 こ え て い る 様 子 は あ っ た が 、 ど れ ほ ど 声 を 張 り あ げ て も 酒 に は あ の 仕 草 と し か 見 え な か っ た 。 井 の 視 線 は う ろ う ろ と 泳 ぐ ば か り で 、 依 然 と し て 私 を 探 し 出 せ 〃 ビ ー フ ジ ャ 1 キ 1 で も 持 っ て き た と 思 っ た ? 〃 ず に い た 。 そ れ で も 声 の 主 が 私 で あ る こ と に 気 づ い た の か 、 紙 だ か ら こ そ 私 は 、 最 後 に 酒 井 が 私 に 笑 い か け た よ う な 虫 の い 一 重 ほ ど の 薄 笑 み が 酒 井 の ロ も と を 過 っ た よ う に 見 え た 。 い 幻 想 を 、 三 十 年 も の あ い だ 胸 の 片 隅 に 飼 い つ づ け て こ ら れ た が 、 そ れ は 私 の 願 望 に 過 ぎ な か っ た か も し れ な い 。 な ぜ な ら の だ 。 し か し 笑 う だ ろ う か 。 こ れ か ら 死 に に ゆ く 十 三 歳 の 少 年 酒 井 は 私 の 呼 び か け に ひ と 言 も 返 す こ と な く わ ず か に 首 を 傾 げ が 、 果 た し て 最 後 に 笑 う だ ろ う か 。 笑 う の か も し れ な い 。 人 は 、 る と 、 や が て 背 を 向 け て ふ ら り と 足 を 踏 み 出 し 、 へ ん に 細 長 い ど ん な 時 に で も 、 ど ん な 意 味 を 込 め て で も 、 笑 う こ と が 出 来 る 後 ろ 姿 を 私 に 見 せ な が ら 、 ば あ ん 、 ば あ ん 、 ば あ ん 、 と 光 の 飛 の か も し れ な い 。 絶 望 の 上 に う っ す ら と 頼 笑 み が 浮 か ん だ と こ び 石 を 辿 る よ う に 遠 ざ か っ て い っ た か ら だ 。 ろ で 、 も は や 互 い に 損 な い あ う こ と も な い 、 そ ん な 瞬 間 に 人 は 笑 う も の な の か も し れ な い 「 酒 井 ! ど こ 行 く ね ん ! 」 そ う 叫 び な が ら 脚 に 力 を こ め る と 、 ど う し た わ け か 今 度 は す っ 酒 井 は あ の 夜 、 左 手 を 口 に 持 っ て い っ た あ と 、 く る り と 前 を と 立 ち あ が る こ と が 出 来 、 し か し 歩 け る と 思 っ た 瞬 間 、 原 つ ば 向 き 、 竹 林 の 抱 え こ む 暗 黒 に 沈 む よ う に 分 け い り 、 消 え て い っ た 。 も は や 蛍 の 光 が 届 か な い は ず の と こ ろ に い た が 、 酒 井 自 身 が ば っ と 輝 き 、 私 は そ の 光 の 壁 に 鼻 面 か ら 激 突 し た か の よ う に ふ た た び よ ろ め い て 膝 を つ い て し ま っ た 。 ど う や ら 私 は 暗 闇 の が 発 光 し て い る か の よ う に 断 続 的 に 後 ろ 姿 を 闇 に 浮 か び あ が ら よ ぎ さ ら

小説トリッパー 2014年秋季号


I 、 ' ノ 、 、 IA 「 東 京 で よ ど う す る わ け ? 「 母 方 の 叔 父 さ ん か 飲 食 店 を や っ て い て 、 取 り あ え ず 、 そ こ で 働 か せ て も ら う つ も り 。 新 宿 に あ る お 店 で 」 「 新 宿 か 、 ヤ 。 ハ く な い の ? 」 「 大 丈 夫 だ よ 、 普 通 の 食 堂 だ か ら 」 と 稲 田 は 言 っ た 。 し ば ら く 、 2 人 と も 黙 っ て い た 。 「 タ コ と は 長 い 付 き 合 い だ っ た な 」 稲 田 か 言 っ た 。 「 ト 学 校 か ら だ よ 「 高 校 の 時 、 一 緒 に よ く 映 画 も 観 た な 」 「 名 画 座 で な 」 『 真 夜 中 の カ ー ポ ー イ 』 と か 」 ・ ラ イ ダ ー 』 も な 」 み ん な 、 ど う し よ う も な い 映 画 ば か り だ っ た な 」 で も 、 面 白 か っ た よ 」 と 僕 か 言 う と 、 「 そ う だ な 」 、 と 言 っ て 稲 田 は す こ し だ け 笑 っ た 。 稲 田 は 、 来 週 早 々 に は 上 京 す る の で 、 こ れ か ら 荷 造 り だ と 言 っ た 。 東 京 に 出 発 す る 日 に 新 千 歳 空 港 に 見 送 り に 行 く と 僕 が 言 う と 、 奴 は 勘 弁 し て く れ よ と 言 っ た 。 別 れ 際 、 「 も う 1 本 、 一 緒 に 映 画 観 た か っ た な 」 と 稲 田 は 言 っ た 。

小説トリッパー 2014年秋季号


か す の だ が 、 会 み た い に 、 幽 か で 柔 ら か な 無 数 の 輝 き を ひ と と こ ろ に 掻 き 集 分 厚 い 闇 に 隔 て ら れ 、 そ ん な 心 強 い 気 配 は 微 塵 も 伝 わ っ あ わ だ て こ な か っ た 。 め た よ う に 見 え た 。 鋭 い 粟 立 ち が 足 も と か ら 沸 き 起 こ り 、 き り 意 を 決 し 、 そ ろ そ ろ と 足 を 踏 み 出 し て い っ た 。 道 が 左 に 向 か っ き り と 痛 い ほ ど に 背 す じ を 這 い の ば っ た 。 お か し い : : : ま ず 思 っ て 弧 を 描 い て い る こ と は わ か っ て い た 。 綱 わ た り で も す る よ う た の が そ れ だ 。 覚 え た の は 感 動 で は な く 、 む し ろ 不 気 味 さ で あ に ゆ っ く り 進 ん で ゆ け ば 、 や が て 眼 が 慣 れ て ば ん や り と 道 の 輪 る 。 い つ も の 原 つ ば で は な い と こ ろ へ 出 よ う と し て い る の だ ろ 郭 が っ か め て く る が 、 そ れ で も 足 も と は 闇 そ の も の 、 ま る で 深 う か 、 一 瞬 そ ん な 道 理 の 通 ら な い 疑 い が 兆 し た 。 道 は 一 本 し か ひ や っ ぺ ん 淵 の 上 を 歩 く よ う だ 。 ふ と 、 死 体 が 転 が っ て た ら 踏 ん づ け ち ゃ な い 。 百 遍 こ の 道 を 通 れ ば 、 百 遍 あ の 原 つ ば に 辿 り つ く 。 し か う ね 、 と い う 酒 井 の 言 葉 が 記 憶 の 底 か ら ぞ く り と 背 す じ を 撫 で し 百 万 遍 通 れ ば ど う だ ろ う 。 一 遍 ぐ ら い は 別 な 場 所 に 出 て し ま あ げ て き た 。 行 く 手 を 遮 る よ う に 横 た わ る 青 白 い 死 体 の 画 が 浮 う こ と も あ る の で は な い か 。 そ の 一 遍 が 今 な の で は な い か 。 か ん だ 。 踏 ん だ ら ど ん な 感 触 だ ろ う 。 猫 の よ う に ぐ に や り と し 急 に 原 つ ば の ほ う か ら そ よ 風 が 吹 き は じ め 、 肌 を ひ ん や り と て い る の だ ろ う か 。 そ れ と も ご り ご り と 骨 が 押 し か え し て く る 撫 で な が ら 通 り す ぎ て い っ た 。 そ の 風 が 瞬 く 間 に 強 ま る と 、 竹 の だ ろ う か 林 が ざ わ あ り ざ わ あ り と 波 打 つ よ う に 騒 ぎ だ し 、 た だ な ら ぬ 気 突 然 、 恐 怖 が 真 っ 黒 な 頭 を も た げ 、 刺 す よ う な 暗 闇 の な か に 配 を 掻 き 立 て は じ め る 。 か 、 引 き か え す と い う 考 え は 頭 を か す 丸 裸 で 立 っ て い る 気 が し て き た 。 思 わ ず 駆 け 出 し そ う に な っ た め も し な か っ た 。 光 の 正 体 を こ の 眼 で 確 か め な い こ と に は も は 瞬 間 、 眼 の 前 を ち か り と 光 が 横 切 っ た 。 蛍 だ 、 と 思 っ た 。 こ ん や 居 て も 立 っ て も い ら れ ず 、 引 き ず ら れ る よ う に ふ た た び 足 を な と こ ろ か ら も う 蛍 が い る 。 い つ も な ら 原 つ ば の 手 前 ま で 行 か 前 へ 動 か し は じ め た 。 な け れ ば 蛍 は 現 れ な い が 、 き よ う は よ ほ ど た く さ ん 出 て い る の 一 歩 進 む ご と に 光 が 厚 み を 増 し て ゆ く 。 そ れ に 連 れ て 、 本 当 か 、 竹 林 の な か に ま で 溢 れ 出 し て い た 。 そ う 思 っ て 見 わ た す と 、 に 蛍 だ ろ う か と い う 一 抹 の 疑 念 も 綺 麗 に 消 え て い っ た 。 や は り い つ も の 原 つ ば だ 。 し か し そ の い つ も の 原 つ ば が 、 眉 間 を 突 き そ こ か し こ に ち か ち か と 微 細 な 輝 き が 舞 い は じ め て い る 。 破 裂 し か け た 恐 怖 が に わ か に し ば み 、 気 持 ち も 落 ち つ い て き た 。 醜 押 し て く る よ う な 夥 し い 蛍 火 に 満 ち 満 ち て い た 。 蛍 の 季 節 に 何 い 死 体 の 上 を 美 し い 蛍 が 飛 ぶ は ず が な い 、 不 思 議 と そ ん な 感 覚 度 こ こ を 訪 れ た か 知 れ な い が 、 こ れ ほ ど ま で に 数 多 く の 蛍 を 一 が 寄 り 添 っ て き た 。 夜 の う ち に 眼 に し た こ と は な か っ た 。 原 つ ば が 百 年 分 の 蛍 を 一 原 つ ば へ の 出 口 が 見 え て き た 。 あ れ 、 と 訝 り つ つ も 数 歩 進 ん 夜 の う ち に 吐 き 出 し 、 今 夜 、 眼 の 前 で 燃 え 尽 き よ う と し て い る や 、 明 か の よ う だ 。 だ が 、 や は り 立 ち ど ま っ て し ま っ た 。 へ ん に 明 る い 。 い る す ぎ る 。 懐 中 電 灯 の 光 か と も 思 っ た が 、 そ ん な 身 も ふ た も な 竹 林 を 歩 き 抜 け 、 い よ い よ 原 つ ば の 入 口 に 辿 り つ く と 、 し ば ぶ し つ け い 不 躾 な 明 る さ で は な か っ た 。 字 宙 か ら 見 お ろ し た 夜 更 け の 都 し 呆 然 と 立 ち 尽 く し た 。 ほ ん の 鼻 先 を 、 何 十 匹 と も 知 れ な い 蛍 い ぶ か 119 明 滅