検索 - みる会図書館

検索対象: 日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法から 115件ヒットしました。

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


応 用 演 習 以 下 に 挙 げ る 副 詞 の 読 み と 意 味 に つ い て 、 正 し い 組 み 合 わ せ を 選 び な さ い 。 し ろ じ に 意 味 Ⅱ 白 く ち ょ っ と し ろ じ に 意 味 あ か ら さ ま に 意 味 日 仮 に お お っ ぴ ら に あ か ら さ ま に 意 味 問 七 「 具 」 1 ・ A 」 、 も に 問 八 「 寔 」 問 九 「 慥 ー 1 ・ た し か に 問 十 「 輙 ー 1 ・ ひ さ し く 問 一 「 白 地 」 1 ・ → 祝 「 外 2 ・ 読 み 3 ・ 読 み 4 ・ み 2 ・ ぐ し て 2 ・ 亠 ま こ と に 2 ・ ま こ と に 2 ・ あ な か ち に 3 ・ つ ぶ さ に 3 ・ た し か に 3 ・ い つ わ り て 4 ・ た だ に 4 ・ ま こ と に 4 ・ な お 4 ・ た や す く 749 【 演 習 問 題 四 】 修 飾 語 ・ 修 飾 節

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


助 終 や ・ か 古 文 の 終 助 詞 「 や ー 「 か 」 に 相 当 す る 。 文 末 に つ い て 、 疑 問 の 意 味 を 示 す 。 直 前 に 活 用 語 が 蝣 補 く る 場 合 は 、 連 体 形 に 接 続 す る 。 前 項 ⑥ の 「 歟 」 が 内 向 的 な 問 い で あ る の に 対 し て 、 外 に 向 4 か っ て 問 い を 発 す る 場 合 や 反 語 の 意 味 で 使 用 す る こ と が 多 い 。 適 度 に 他 の 語 ( 係 助 詞 ・ 助 動 詞 7 な ど ) を 補 っ て 読 む こ と も あ る 。 例 2 可 定 歟 、 定 む べ き か 、 定 め る べ き だ ろ う か 例 3 不 能 記 歟 、 記 す あ た わ ざ る か 、 記 す こ と は で き な い だ ろ う か ( で き な い か も し れ な い ) 。 例 1 是 神 変 歟 、 ↓ 是 れ 、 神 変 か 、 こ れ は 神 変 だ ろ う か 三 ロ

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


給 ( た ま う ) 莫 ・ 勿 ( な か れ ) 候 ( そ う ろ う ) 如 に と し ) 擬 ( ぎ す ) 欲 ( ほ っ す ) そ う ら わ ず た ま わ ず ざ る な か れ ご と か ら ず ~ ず そ う ろ う そ う ろ う べ し べ く そ う ろ う れ そ う ろ う る る な か れ ぎ せ ら る る る が ご と し ほ っ せ ら る ら れ そ う ろ う ら れ ん と ぎ す ら る る な か れ ら る る が ご と し ら れ ん と ほ っ す な か ら し む ご と か ら し む ほ っ せ し む ぎ せ し む し め ん と ぎ す し む る な か れ し む る が ご と し し め ん と ほ っ す ぎ せ す ほ っ せ ず た ま う べ し な か る べ し ぎ す べ し ほ っ す べ し 〇 、 つ 、 つ 6 た れ れ ら し め た ま う し め そ う ろ う 〇 た ら ん と ほ っ す た ら ん と ぎ す た る な か れ た る が ご と し ご と か ら ん と ほ っ す ご と か ら ん と ぎ す ほ っ す る が ご と し ぎ す る が ご と し ご と く そ う ろ う た ま う が ご と し な か る が ご と し た ま わ ん と ほ っ す ほ っ し た ま う ご と か ら ん と ほ っ す ほ っ す る が ご と し ご と か ら ん と ぎ す ぎ す る が ご と し ほ っ し そ う ろ う ほ っ す る な か れ 〇 ぎ し た ま う ぎ し そ う ろ う そ う ら わ ん と ぎ す た ま わ ん と ぎ す ぎ す る な か れ た ま う な か れ そ う ろ う な か れ な か る が ご と し ぎ す る な か れ ほ っ す る な か れ 、 つ 、 つ ろ ま ら ま 、 つ た そ ぎ し そ う ろ う ほ っ し そ う ろ う そ う ら わ ん と ほ っ す そ う ら わ ん と ぎ す た ま わ ん と ほ っ す ぎ し た ま う た ま う が ご と し た ま わ ん と ぎ す ほ っ し た ま う 存 在 可 能 で も 、 ほ と ん ど 使 用 さ れ な い 形 も 含 む 。 わ る 場 合 も 示 し て あ る が 、 理 論 的 に 存 在 し な い 場 合 は 省 略 し た 。 そ う ろ う な か れ ご と く そ う ろ う 、 つ 、 つ ろ ま そ い ら 亠 ま 、 つ た そ た ま う な か れ ノ 92

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


争 、 平 ・ 哉 ( い か で か 、 や ・ か ) = ど う し て 、 だ ろ う か ( 反 語 ) 例 1 争 及 沙 汰 哉 、 争 か 沙 汰 に 及 ば ん や 、 ど う し て そ ん な こ と を す る だ ろ う か 例 2 院 宣 、 争 違 背 候 哉 、 ↓ 院 宣 、 争 か 違 背 し 候 や 、 院 宣 に ど う し て 違 反 す る こ と が あ ろ う か 匪 啻 ( た だ に 、 の み に あ ら ず ・ の み な ら ず ) " た だ 、 で あ る だ け で な く 例 1 匪 啻 国 之 疲 弊 、 啻 に 国 の 疲 弊 の み に あ ら す ( 啻 に 国 の 疲 弊 な る の み に あ ら ず ) 、 例 2 雖 須 令 下 地 頭 候 、 ↓ 須 ら く 地 頭 に 下 さ し む べ く 候 と 雖 も 、 必 ず 地 頭 に 下 す べ き だ と は 言 っ て も 、 い カ て 733 ( 2 ) 副 詞 と 連 用 修 飾

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


表 不 可 被 為 欲 擬 莫 ・ 勿 給 主 要 な 助 動 詞 ・ 補 助 動 詞 の 複 合 的 な 使 用 と 接 続 の し か た 不 ( ず ) べ か ら ず た ら ず れ ず ら れ す し め ず そ う ら わ ず ~ す そ う ろ う た ま わ ず ご と か ら す ほ っ せ ず ぎ せ ず ざ る な か れ 可 ( べ し ) べ か ら ず る べ し ら る べ し し む べ し た る べ し そ う ろ う べ し べ く そ う ろ う た ま う べ し ほ っ す べ し ぎ す べ し な か る べ し 被 ( る ・ ら る ) れ ず ・ ら れ す る べ し ら る べ し し め ら る た ら る る る が ご と し ら る る が ご と し ほ っ せ ら る ら れ ん と ほ っ す ぎ せ ら る ら れ ん と ぎ す る る な か れ ら る る な か れ れ そ う ろ う ら れ そ う ろ う れ た ま う ら れ た ま う 令 ( し む ) し め す し む べ し し め ら る た ら し む ご と か ら し む 為 ( た り ) た ら す た る べ し た ら る た ら し む た る が ご と し し む る が ご と し ほ っ せ し む し め ん と ほ っ す た ら ん と ほ っ す ぎ せ し む し め ん と ぎ す な か ら し む し む る な か れ し め そ う ろ う し め た ま う た ら ん と ぎ す た る な か れ ※ 助 動 詞 や 補 助 動 詞 が 複 合 的 に 使 用 さ れ る 場 合 の 接 続 の し か た を 掲 げ た 。 理 論 上 は ※ ※ 各 枡 目 に は 、 異 な る 助 動 詞 ・ 補 助 動 詞 の 組 み 合 わ せ が 入 っ て い る 。 前 後 が 入 れ 替 ノ 93

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


然 間 ・ 而 間 ( し か る あ い だ ) = そ う で あ る の で 例 今 度 火 事 ニ 家 記 太 略 紛 失 云 々 、 然 間 被 借 用 歟 、 ( 「 後 法 興 院 政 家 記 』 明 応 九 年 十 月 九 日 条 ) ↓ 今 度 の 火 事 に 、 家 記 太 略 紛 失 す と 云 々 、 然 る 間 、 借 用 せ ら る る か 、 今 回 の 火 事 で 家 記 ( 代 々 の 日 記 ) が ほ と ん ど 失 わ れ て し ま っ た と い う 。 そ う で あ る の で 、 他 か ら 借 用 さ れ た の で あ ろ う か 。 逆 接 的 な 接 続 る れ ら 用 而 ( し か る に 。 し か る を ) = そ れ な の に 的 ( 「 玉 蘂 』 承 元 五 年 九 月 八 日 条 ) 詞 例 中 宮 大 進 兼 隆 自 本 所 被 挙 之 、 而 不 許 、 勿 論 事 也 、 接 中 宮 大 進 兼 隆 、 本 所 よ り 之 を 挙 げ ら る 、 し か る に 許 さ ず 、 勿 論 の 事 な り 、 中 宮 大 進 の 兼 隆 が 本 所 か ら 推 薦 を 受 け た 。 そ れ な の に 、 許 さ れ な か っ た 。 0 ′ そ れ は 仕 方 の な い 事 で あ る 。 二 ロ

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


分 明 ( ぶ ん め い ) = 明 ら か 例 雑 訴 事 、 不 被 閣 之 由 、 先 例 分 明 也 、 雑 訴 の 事 、 閣 か れ ざ る の 由 、 先 例 分 明 な り 、 雑 訴 の 事 を 差 し 置 か な い の は 、 先 例 に 照 ら し て も 明 ら か で あ る 。 明 鏡 ( め い き よ う ) = 明 ら か 、 確 か 例 延 久 以 前 往 昔 之 時 、 重 経 領 掌 証 文 等 明 鏡 也 、 ↓ 延 久 以 前 往 昔 の 時 、 重 経 領 掌 の 証 文 等 、 明 鏡 な り 、 延 久 以 前 の 昔 に 、 重 経 が 土 地 を 所 有 し て い る 旨 の 証 文 は 確 か で あ る 。 掲 焉 ( け い え ん ) = 明 ら か 例 女 院 御 悩 、 令 得 尋 常 給 也 、 法 勝 寺 円 堂 〈 丈 六 愛 染 明 王 者 〉 霊 験 、 誠 以 掲 焉 也 、 訴 訟 の 大 事 な 部 分 は 、 こ こ に あ る 。 だ か ら 、 こ の 点 に つ い て は 、 最 も 追 究 を 行 な う べ き で あ る 。 さ し お ( 「 園 太 暦 」 貞 和 一 一 年 四 月 一 一 十 七 日 条 ) ( 「 鎌 遺 」 一 九 六 号 、 勧 学 院 政 所 下 文 ) Ⅱ 述 語 ・ 述 部 衵

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


な お ざ り 、 お ろ そ か 等 閑 ( と う か ん ) ( 「 沙 汰 未 練 書 」 ) 例 努 々 不 可 有 等 閑 之 儀 、 仍 条 々 以 私 愚 案 注 之 、 努 々 等 閑 の 儀 あ る べ か ら ず 、 よ っ て 条 々 、 私 の 愚 案 を 以 て こ れ を 注 す 、 決 し て お ろ そ か に す る こ と が あ っ て は な ら な い 。 よ っ て 、 私 案 に よ っ て 以 上 を 記 し た 。 聊 爾 ( り よ う じ ) ( い 加 減 、 け し か ら ぬ 例 右 衛 門 尉 、 下 人 可 被 討 殺 事 者 、 以 外 聊 爾 、 不 可 然 候 、 ( 「 改 訂 新 編 相 州 古 文 書 」 長 尾 忠 景 書 状 ) 右 衛 門 尉 、 下 人 を 討 ち 殺 さ る べ き こ と は 、 以 て の 外 の 聊 爾 、 し か る べ か ら ず 候 、 」 右 衛 門 尉 が 下 人 ( 従 者 ) を 討 ち 殺 さ れ る よ う な こ と は 、 以 て の ほ か の け し 容 か ら ぬ こ と で あ り 、 あ っ て は な ら な い こ と で あ る 。 容 形 い い 加 減 、 無 礼 な 、 仮 の 如 在 ( じ よ ざ い ) 例 主 上 、 早 以 入 御 、 然 而 奏 聞 之 時 、 猶 用 如 在 之 儀 、 是 例 也 云 々 、 ゅ め ゅ め 一 三 ロ 一 三 ロ

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


命 を 戦 陣 に 捨 て る た め に 出 発 し た 上 は 、 鎌 倉 に こ と わ っ て い な く と も 、 何 か 問 題 が あ る だ ろ 、 つ か と い 、 つ こ と で 、 と 、 つ と 、 つ 軍 に 付 き 倢 っ た と い 、 つ 然 者 ( し か ら ば ・ し か れ ば ) = そ う で あ る な ら ば そ う で あ る 以 上 は ※ 未 然 形 「 し か ら ば 」 の 場 合 は 仮 定 条 件 、 已 然 形 「 し か れ ば 」 の 場 合 は 確 定 条 件 。 ( 『 中 右 記 」 永 久 一 一 年 七 月 六 日 条 ) 例 仰 云 、 然 者 早 可 勘 当 、 ↓ 仰 せ て 云 わ く 、 然 れ ば 早 く 勘 当 す べ し 、 命 じ ら れ て い う に は 、 「 そ う で あ る 以 上 は 早 く 勘 当 せ よ 」 。 然 則 ( し か れ ば す な わ ち ) = そ う で あ る の で 当 然 例 然 則 守 護 人 者 、 三 箇 条 之 外 、 不 可 致 過 分 之 沙 汰 、 ( 「 中 世 法 制 史 料 集 』 一 、 鎌 倉 幕 府 法 三 十 一 条 ) 然 れ ば 則 ち 、 守 護 人 は 、 三 箇 条 の ほ か 、 過 分 の 沙 汰 を 致 す べ か ら す 、 そ う で あ る の で 当 然 、 守 護 は ( 大 犯 ) 三 箇 条 の 他 に つ い て 、 出 過 ぎ た 処 分 を 下 し て は い け な い 。 Ⅳ 接 続 語 ・ 接 続 部 ノ 58

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


⑩ 勘 文 ( か ん も ん ) 例 仍 勘 申 、 か ん が ↓ 仍 っ て 勘 え ( 勘 じ ) 申 す 、 よ っ て お 尋 ね に 対 し て 考 え た 結 果 を 上 申 す る 。 ⑩ 解 山 状 ( げ ゅ じ よ う ) 例 仍 与 解 由 如 件 、 ↓ 仍 っ て 解 由 を 与 、 つ る こ と 件 の 如 し 、 よ っ て 以 上 の 通 り 解 由 を 与 え る 。 ⑩ 返 抄 ( へ ん し よ う ) 例 且 検 納 如 件 、 故 返 抄 、 且 検 納 件 の 如 し 、 故 に 返 抄 す 、 お よ そ 以 上 の 通 り 照 合 し て 収 納 し た 。 特 に 返 抄 ( 領 収 証 ) を 渡 す 。 か つ が っ か ん 一 ) と さ ら Ⅱ 述 語 ・ 述 部 92