検索 - みる会図書館

検索対象: 週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号から 151件ヒットしました。

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


神 戸 の お 嬢 様 女 子 校 龕 壟 べ っ ぴ ん さ ん の 鞄 」 か 超 カ ワ イ イ 制 服 姿 の 少 女 や 犬 の ア ッ プ リ ケ に 、 「 Y-OZ<Z 」 の 文 字 愛 ら し い デ ニ ム 鞄 を 手 に ポ ー ズ を 決 め る の は 、 神 戸 市 東 灘 区 に あ る 甲 南 女 子 中 高 等 学 校 出 身 の 三 人 の 女 子 大 生 で あ る 神 戸 を 中 心 に 、 芦 屋 や 西 宮 の 私 立 女 子 中 高 生 か ら 絶 大 な 支 持 を 得 る こ の 鞄 は 、 の 朝 ド ラ 「 べ っ ぴ ん さ ん 」 の モ デ ル と し て 話 題 沸 騰 中 の 子 供 服 メ ー カ ー 「 フ ァ ミ リ ア 」 の ロ ン グ セ ラ ー 。 昭 和 三 十 ニ 年 に 子 供 の ピ ア ノ レ ッ ス ン 用 の 鞄 と し て 誕 生 し 、 親 子 三 代 に 渡 っ て 青 春 時 代 に 愛 用 し て い る と い う OO も 少 な く な い 「 中 学 に 入 学 し て す ぐ 、 学 校 、 「 の 購 買 で 買 い ま し た 。 新 作 も 可 愛 く て 、 中 高 の 六 年 間 愛 用 し ま し た 」 ( 帝 塚 山 大 学 ニ 年 尾 方 伽 衣 さ ん ・ 右 ) 「 友 達 と 高 校 時 代 の 制 服 を 着 て ユ ニ バ ー サ ル ス タ ジ オ に 行 く ク 制 服 ュ ニ / ヾ に ハ マ ッ て い る の で す が 、 そ の 時 は 必 ず こ の 鞄 で す 」 ( 甲 南 女 子 大 学 ニ 年 西 田 梨 香 さ ん ・ 中 央 ) 「 結 婚 し て 子 供 が 出 来 た ら マ サ ー ス パ ッ グ と し て 使 い た い 」 ( 同 ニ 年 下 村 明 加 さ ん ・ 左 ) 細 か い 描 写 の 一 つ 一 つ ま で 、 す べ て 手 縫 い 。 ま さ に 「 べ っ ぴ ん さ ん 」 魂 が 縫 い 込 ま れ た 、 神 戸 の ク レ ガ シ ー % な の で あ る 。 撮 影 根 本 好 伸

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


24 戸 、 ・ = 歌 ' ・ 衄 伎 三 百 六 十 村 後 列 々 0 社 ・ し わ ィ ま . ゞ 練 り 中 村 屋 三 代 の 浅 草 お 練 り 年 後 の 父 と 子 と 「 さ す が 、 。 孫 パ ワ ー 。 で す で き て 嬉 し か っ た こ と し か な ね 。 執 念 で 晴 れ さ せ て く れ ま い ん で す が 」 ( 勘 九 郎 ) し た 」 「 私 も 、 照 明 が 熱 か っ た と か 、 十 一 月 ニ 十 七 日 、 東 京 ・ 浅 そ う い う こ と し か 覚 え て い な 草 の 浅 草 寺 で 、 中 村 勘 九 郎 い で す ね ( 笑 ) 」 ( 七 之 助 ) ( ) は 満 面 の 笑 顔 を 浮 か べ 勘 九 郎 ・ 七 之 助 兄 弟 も 当 時 て い た 。 隣 に は 弟 の 中 村 七 之 浅 草 寺 で お 練 り を 行 っ て お 助 ( ) 、 そ し て 前 に は 長 男 、 両 写 真 を 並 べ て み る と 三 な お や の 波 野 七 緒 八 君 ( 5 ) と 次 男 十 年 の 月 日 が 偲 ば れ る 。 観 衆 の 哲 之 君 ( 3 ) が ち ょ っ ぴ り も 同 じ 気 持 ち だ っ た よ う で 、 緊 張 の 面 持 ち で 立 っ て い る 。 あ ち こ ち か ら 、 「 中 村 屋 ! 」 こ の 日 行 わ れ た の は 、 幼 い と の 掛 け 声 が 飛 び 、 通 り は 身 兄 弟 が 来 年 初 舞 台 を 踏 む 「 猿 動 き が で き な い ほ ど の 人 で ご 若 祭 ニ 月 大 歌 舞 伎 」 の 成 功 を つ た 返 し た 。 祈 願 し た 「 お 練 り 」 。 勘 九 郎 そ ん な 大 勢 の 観 衆 の 前 で 、 は 父 で あ る 故 ・ 中 村 勘 三 郎 が 七 緒 八 君 は 「 今 度 初 舞 台 を し ニ 人 の 孫 の た め に み 晴 天 を 呼 て 中 村 勘 太 郎 に な り ま す 」 、 び 寄 せ た と 言 っ た の で あ る 。 哲 之 君 は 「 長 三 郎 に な り ま 「 私 た ち 兄 弟 が 初 舞 台 を さ せ す 」 と し つ か り 挨 拶 。 あ ま り て 頂 い た の と 同 じ 年 齢 、 同 じ の 立 派 さ と 愛 ら し さ に 、 ど よ か ど ん で 演 目 の 『 門 出 ニ 人 桃 太 郎 』 め き が 起 こ る ほ ど だ っ た 。 で 、 彼 ら も 初 舞 台 を 務 め さ せ 三 十 年 後 、 こ の 兄 弟 は 笑 顔 て 頂 く ん で す 。 私 の 舞 台 上 の で ま た こ の 場 所 に 立 っ て い る 記 憶 は 刀 を 使 っ た 立 ち 回 り が の だ ろ う か 。 撮 影 志 水 隆 の り ゆ き

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


M1847 羽 衣 , 、 2016.12.8 週 刊 文 春 十 七 宮 司 様 ー ー ー す る と こ の 男 が 蝉 麻 呂 「 蝉 麻 呂 殿 、 こ ち ら に お わ す の は 新 た に 奉 行 所 へ 参 ら れ た 御 側 役 、 清 峰 炎 之 介 様 で ご ざ る 」 前 に 出 た 壱 右 衛 門 が 、 心 な し か 震 え る 声 で お 炎 を 麻 呂 に 紹 介 す る 。 「 ほ ほ う 、 清 峰 炎 之 介 様 と 申 さ れ る か 。 こ れ は こ れ は 、 よ う 参 ら れ た 」 な ぜ か 蝉 麻 呂 は 、 鼻 の 先 で 嗤 い な が ら お 炎 を 眺 め た 。 も し や 、 正 体 が ば れ て い る の か そ ん な 疑 念 が 頭 を か す め た 。 蠅 麻 呂 の 目 は そ れ ほ ど ま で に す べ て を 見 通 し て い る よ う で 、 同 時 に 冷 た い 光 を 放 っ て い る 。 「 清 峰 様 は 御 奉 行 様 よ り 特 に ー ー ー 」 慌 て て 威 儀 を 正 し た 壱 右 衛 門 が 、 取 り 繕 う よ う に 例 の 口 上 を 述 べ か け た と き 。 「 宮 司 様 、 宮 司 様 」 一 行 の 背 後 か ら 、 ぐ っ た り と し た 男 を 左 右 か ら 抱 き か か え た 穿 子 が 駆 け 込 ん で き た 。 き す け 「 喜 助 が 、 喜 助 が 死 に か け て お り ま す 。 お 願 い で ご ざ い ま す 、 ど う か 、 オ ド ロ 様 の お 慈 悲 を 喜 助 に お 授 け 下 さ い ま し 」 第 17 回

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


び つ く り さ せ た り す る と い う こ と が ア 、 い て ま し た 。 い た ず ら を す る ん で す か ? : 松 任 谷 お お つ 、 趣 味 が 合 い ま す ね 松 任 谷 差 し 障 り が な い や つ だ と 、 高 レ ン ジ だ と ? の て ( 笑 ) 。 僕 は ミ ュ ー ジ シ ャ ン と し て 七 七 校 時 代 、 授 業 が 始 ま る 前 に 組 の や っ 松 任 谷 そ う か も し れ な い 。 先 日 、 由 年 に ア ル バ ム を 出 し た と き に 「 こ の 作 ら と 組 の や つ ら 全 員 で 入 れ 替 わ っ て 実 さ ん の ニ ュ ー ア ル バ ム 『 宇 宙 図 書 リ リ ー ス さ れ ま し た け ど 、 こ の 品 は ニ ッ ク ・ デ カ ロ に 似 て る 」 と 言 わ 先 生 を 驚 か せ た り ( 笑 ) 。 大 人 に な っ 館 』 が : れ て 嬉 し か っ た こ と を 憶 え て い ま す 。 て も そ ん な こ と ば っ か り や っ て る か タ イ ト ル だ っ て セ ー ル ス デ ィ ス カ ッ シ た 阿 川 そ 0 か 。 松 任 谷 さ ん は 元 々 バ ン ら 、 昔 、 尿 管 結 石 に な 0 て 七 転 八 倒 し , ン の 中 で の 僕 の で ま か せ で 出 た 言 葉 ど う 思 わ れ ま し た ? ド マ ン で も あ る か ら 。 て 苦 し ん で い る と き 、 当 時 の マ ネ ー ジ が 元 な ん で す 。 松 任 谷 よ か っ た で す ね 。 音 楽 は 素 晴 阿 川 で ま か せ っ て ? 。 バ ン ド も や っ て い た ヤ ー が 信 じ て く れ な く て 。 、 ) 松 任 谷 え え 松 任 谷 ア ー テ ィ ス ト と ミ ー テ ィ ン グ ら し い と 思 い ま し た 。 し 、 僕 の 実 質 的 な ミ ュ ー ジ シ ャ ン デ ビ 阿 川 ア ハ ハ 、 嘘 つ き 羊 飼 い み た い 。 一 の ュ ー は 吉 田 拓 郎 の 『 結 婚 し よ う よ 』 の そ の と き は 本 当 に 尿 管 結 石 だ っ た ん で す る と き に 、 と り あ え ず で た ら め な 言 阿 川 と ん で も な い や つ が 出 て き た っ 葉 を 発 し て み る わ け で す 。 今 回 だ っ た て 感 じ で す か ? レ コ ー デ ィ ン グ で ハ ー モ ニ ウ ム と い う す か 。 松 任 谷 も ち ろ ん 。 ま あ 言 わ れ て み れ ら ″ 未 来 図 書 館 み と か 適 当 な 言 葉 を 並 松 任 谷 と ん で も な い と は 思 わ な か っ 鍵 盤 楽 器 を 演 奏 し た こ と な ん で す よ 。 阿 川 『 結 婚 し よ う よ 』 に も か か わ っ ぱ ア レ ン ジ と い う 仕 事 が 、 小 さ な い た べ て み た 結 果 、 『 宇 宙 図 書 館 』 と い う た 。 半 歩 新 し い と 思 っ た 。 タ イ ト ル が し つ く り き た 。 そ の ネ ー ミ 阿 川 半 歩 ? ビ ミ ョ ー な 表 現 ( 笑 ) 。 て た ん で す か ! 初 期 の ユ ー ミ ン さ ん ず ら な の か も し れ な い 。 の 映 像 を 見 て も 松 任 谷 さ ん が キ ー ポ ー 阿 川 ん ? な ん か 、 ひ ら め い た よ う ン グ が 決 ま る と 、 " 図 書 館 ″ だ か ら 、 松 任 谷 そ の 価 値 観 が 今 も 続 い て い ま 歴 史 小 説 や ア ニ メ ー シ ョ ン を イ メ ー ジ す 。 ″ 半 歩 4 と い う の が キ ー ワ ー ド で 、 な 顔 し て る ? ド を 演 奏 し て ら っ し や る し 。 一 歩 先 に 行 っ て る と 聴 い て い る 人 が 分 松 任 谷 ず い ぶ ん 古 い 映 像 を ご 覧 に な 松 任 谷 え え 、 思 い っ き ま し た ( 笑 ) 。 し た 本 も ほ し く な る じ ゃ な い で す か 。 り ま し た ね ( 笑 ) 。 い ま は 由 実 さ ん の 阿 川 つ ま り 、 あ る 形 に な に か を 加 え そ ん な 会 話 が あ っ て 、 収 録 曲 も 増 え て か ら な く な る こ と も あ り ま す か ら 。 い く ん で す 。 阿 川 は は あ 、 半 歩 だ け 進 ん だ 音 楽 だ た り 、 ひ ね っ た り す る こ と で 、 周 り を バ ッ ク で も ほ と ん ど 弾 き ま せ ん け ど 。 か ら 聴 い て る 側 は ち ょ っ と 新 し い ぞ と 阿 川 ミ ュ ー ジ シ ャ ン と し て も 活 躍 さ い う 感 覚 に な る と い う こ と で す か ? れ て い た の に 、 ど う し て ご 自 身 で 演 奏 由 実 さ ん の メ ロ デ ィ ー は 歌 謡 曲 な ん だ け ど 、 新 し い 。 松 任 谷 半 歩 進 ん だ 音 楽 だ と は 思 っ て し て 歌 、 つ よ り 、 ア レ ン ジ メ ン ト の ほ , っ な い で す よ 。 半 歩 進 ん だ ″ 歌 謡 曲 ″ だ が 面 白 い と 思 う よ う に な っ た ん で し ょ 阿 川 は あ 5 、 な る ほ ど ね 。 『 宇 宙 図 『 ひ こ う き 雲 』 ( 七 三 年 発 売 ) の レ コ ー 書 館 』 は ユ ー ミ ン さ ん に と っ て 何 枚 目 デ ィ ン グ の と き 。 そ の と き は ア レ ン ジ と 思 っ た ん で す 。 ャ ー で は な く 、 キ ー ポ ー ド を 担 当 し て 阿 川 半 歩 進 ん だ 歌 謡 曲 ? 松 任 谷 難 し い 質 問 で す ね 。 考 え た こ の ア ル バ ム な ん で す か ? と な か っ た か も : く れ と い う オ ー ダ ー だ っ た ん で す 。 そ 松 任 谷 当 時 僕 ら は ア メ リ カ の 音 楽 を 。 う ー ん 、 性 格 的 松 任 谷 オ リ ジ ナ ル ア ル バ ム と し て は 日 本 語 に 落 と し 込 ん で や っ て い て 、 価 な 部 分 で 言 う と 昔 か ら 人 を そ そ の か す 三 十 八 枚 目 で す ね 。 現 時 点 で の 最 高 傑 こ で 彼 女 と 初 め て 出 会 い ま し た 。 阿 川 あ 、 レ コ ー デ ィ ン グ で 弾 い て く 値 観 と し て わ か り や す い メ ロ デ ィ ー は の が 好 き な ん で す よ 。 自 分 が 手 を 汚 さ 作 だ と 思 っ て い ま す 。 良 し と し て な か っ た ん で す ね 。 と こ ろ ず に 人 に 何 か を や ら せ る と か 。 あ と い 阿 川 お お つ 、 こ れ か ら 聴 か せ て い た れ と 。 第 一 印 象 は い か が で し た ? 松 任 谷 暗 い 人 。 た し か 黒 い 服 を 着 て が 、 由 実 さ ん の メ ロ デ ィ ー は 分 か り や た ず ら も 好 き で 、 食 べ る こ と や 寝 る こ だ き ま す 。 ち な み に 松 任 谷 さ ん が ユ ー と 、 エ ッ チ す る こ と よ り も い た ず ら す ミ ン さ ん と の 仕 事 を 始 め た の は い つ ご た し 、 あ ん ま り 近 寄 り た く な い 感 じ で す か っ た 。 だ か ら 歌 謡 曲 な ん だ け ど 、 ミ ー ト ソ ー ス 歌 謡 曲 に し て は 新 し い し た ( 笑 ) 。 ろ な ん で す か ? る ほ う が 断 然 好 き な く ら い で ( 笑 ) 。 阿 川 ェ ッ チ よ り た と え ば ど ん な 松 任 谷 彼 女 の フ ァ ー ス ト ア ル バ ム の 阿 川 タ イ プ じ ゃ な か っ た の に 歌 は か ナ ポ リ タ ン し か な か っ た と こ ろ に た

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


村 山 由 佳 M i 1 k H 〇 n e y Y u k a M u r a y a m a オ カ ダ ミ カ = 画 回 ミ ル ク ・ ア ン ド ・ ハ ニ 「 弁 護 士 ? 」 奈 津 は 驚 い て 、 腕 枕 か ら 頭 を 浮 か せ た 。 「 そ れ っ て 、 離 婚 協 議 の た め に わ ざ わ ざ 弁 護 士 を 立 て る っ て こ と ? 」 岩 井 が ま じ め く さ っ た 顔 で 頷 く 。 「 え : : : で も 、 さ す が に そ れ は 大 げ さ じ ゃ な い か な 」 「 い や 、 俺 は そ う は 思 い ま せ ん ね 」 「 で も 、 彼 に 対 し て は 私 、 も う さ ん ざ ん 酷 い こ と し て き た か ら : : : こ れ 以 上 ま た 刺 激 し た り 、 傷 つ け た り し た く な い ん だ 」 す る と 岩 井 は 、 長 い た め 息 を つ い た 。 上 半 身 を 起 こ し 、 奈 津 の 顔 を 上 か ら 覗 き 込 む 。 「 あ の ね 、 な っ ち ゃ ん 。 ふ 、 夫 婦 だ か ら 、 話 せ ば わ か り 合 え る と 思 う の は 間 違 い で す 。 わ か り 合 え る ん だ っ た ら 、 そ も そ も こ ん な こ と に は な っ て な い 」 あ ま り に も そ の 通 り で 、 返 す 言 葉 よ 、 つ こ 。 、 刀 十 / ・ カ チ ′ 「 第 三 者 が 必 要 な ん で す よ 。 俺 の 立 場 で 言 う の も 卑 怯 だ け ど 、 こ れ は 、 俺 の 感 情 じ ゃ な く て 、 客 観 的 な 分 析 か ら 出 た 言 葉 だ と 思 っ て 下 さ い 。 し し で す か 、 な っ ち ゃ ん 。 ど こ か で 、 感 情 を ゼ ロ に し て 、 関 係 を 断 ち 切 ら な き や 駄 目 で す 。 あ な た に 出 来 な い な ら 、 や 、 や っ て く れ る 人 を 頼 ま な き や 」 「 そ れ が 、 弁 護 士 っ て こ と ? 」 「 そ う で す 。 あ な た の 口 か ら 出 る 言 葉 で は 、 た ぶ ん も う 、 何 を 言 っ て も 4 ・

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


し に 来 た の か 」 「 オ ド ロ 様 : ・ ・ : 」 「 お 山 の 下 に 一 体 何 人 の 穿 子 、 大 お 炎 は 焦 っ て 反 論 す る 。 0 8 「 知 っ て る ん だ ね 」 工 、 人 足 が お る と 思 う て お る 。 そ の 「 せ つ か く こ こ ま で 来 た ん だ 、 せ め 蝉 麻 呂 が つ い に そ の 名 を 漏 ら し 9 》 お 炎 は 我 知 ら ず 足 を 踏 み 出 し て い 者 ど も は こ れ 皆 オ ド ロ 様 の 信 徒 じ て オ ド ロ 様 の ご 尊 顔 を 一 目 拝 ん で や た 。 1 0 総 毛 立 つ よ う な 気 配 に 打 た れ つ ゃ 。 わ し が 一 声 か け れ ば 、 そ の 全 員 ろ う じ ゃ な い か 」 2 つ 、 お 炎 達 は じ っ と 穴 を 見 つ め る 。 「 信 三 郎 様 の こ と を 知 っ て る ん だ が 駆 け つ け て く る 。 逃 げ ら れ る と 思 宮 司 が さ ら に 哄 笑 し た 。 「 何 か ・ : : ・ 来 や が る : : : 」 う て か 」 「 て め え 、 何 が 可 笑 し い 」 音 次 郎 が 漏 ら す 。 終 始 不 敵 で あ っ 「 あ あ 、 思 う ね 」 怒 り を 含 ん で 音 次 郎 が 凄 み を 利 か 「 あ あ 、 確 か に 知 っ て お る 」 せ る 。 た 彼 の 体 が 、 今 は 小 刻 み に 震 え て い 蝉 麻 呂 は 嗤 っ た 。 そ の 悪 意 を 隠 そ お 炎 は 決 然 と 言 い 放 っ た 。 , っ と も せ ず . に 。 「 江 戸 で 知 ら れ た 羽 衣 お 炎 が 、 佐 渡 「 こ れ が 笑 わ ず に お ら り よ う か 。 貴 る 。 「 音 ! 油 断 す る ん じ ゃ ね え つ 」 「 そ う じ ゃ 。 誰 よ り も よ う 知 っ て お の 地 面 の 下 で 神 様 相 手 に 大 立 ち 回 り 様 ら 如 き が オ ド ロ 様 に 御 拝 謁 と は 、 「 へ い つ 」 る 」 だ 。 こ れ を 知 っ た ら 、 日 本 中 の 親 分 畏 れ 多 い に も ほ ど が あ る わ 」 し い か げ ん 聞 き 飽 角 造 に 気 合 を 入 れ ら れ 、 音 次 郎 が 「 だ っ た ら 洗 い ざ ら い 話 し て も ら お 衆 が 拍 手 喝 采 、 あ た し の 株 も ず ん と 「 て め え の 大 口 も 、 , っ ド ) や よ 、 、 。 き た 」 我 に 返 っ た よ う に 身 構 え る 。 オ し カ こ の 場 で 、 す ぐ に 」 上 が ろ う っ て も ん さ 」 何 が 来 る と い う の か 「 断 る 、 と 申 せ ば ど う な る 」 角 造 が 短 刀 を 握 り 直 し 、 宮 司 に 詰 か / ) り ・ ト 6 幽 世 に 続 く と い う 黒 い 穴 に 銃 口 を め 寄 る 。 「 宮 司 さ ん は 地 下 暮 ら し が 長 す ぎ 蠅 麻 呂 は ど こ ま で も 余 裕 の 体 。 て 、 ど う や ら 目 を 悪 く な さ れ た よ う 「 じ ゃ あ と っ く り と 見 せ て や ろ う か 「 お う 音 の 字 、 構 わ ね え か ら こ の 野 向 け た ま ま 、 姿 を 現 わ す の を じ っ と だ ね え 。 あ た し の 手 の 中 に あ る 、 こ 。 地 下 に 咲 く コ ル ト の 火 花 が ど れ 郎 を ふ ん 捕 ま え ろ 」 待 つ 。 の コ ル ト が 見 え な い の か い 」 足 音 が 大 き く な る に 連 れ 、 全 身 か だ け 綺 麗 か 」 「 合 点 だ 、 角 造 兄 い 」 「 そ れ が ど う し た 」 ら 冷 た い 汗 が 噴 き 出 す の を 感 じ る 。 「 姐 さ ん ! 」 「 待 っ て 、 待 っ と く れ 」 お 炎 が 二 人 を 制 止 し よ う と し た ま 嫌 な 汗 だ っ た 。 こ れ ま で か い た こ と 「 ど う し た も こ う し た も な い さ 。 ず 短 刀 を 構 え た 音 次 郎 が 、 蝉 麻 呂 か さ に そ の と き 。 も な い よ う な 。 じ っ と り と 不 快 で 、 ど ん と 一 発 、 そ れ だ け で あ ん た も 無 ら 目 を 離 さ ず 声 を 上 げ る 。 蠅 麻 呂 が 弾 か れ た よ う に 背 後 の 黄 堪 ら な く 厭 わ し い 縁 仏 の 仲 間 入 り さ 」 「 コ ル ト の 威 力 は 大 し た も ん だ が 、 本 当 に オ ド ロ 様 な の か ー ー ・ そ れ と 今 や 、 蝉 麻 呂 は 声 を 上 げ て 笑 っ て 愚 図 愚 図 し て る 暇 は ね え 、 こ い つ を 泉 黒 坂 を 振 り 返 っ た 。 か っ さ ら っ て 早 い と こ ず ら か り ま し 足 音 だ 。 何 者 か の 足 音 が 、 ず る も 、 何 か 別 の 〈 も の 〉 な の か や が て 、 穴 の 出 口 近 く に 漆 黒 の 塊 よ う ぜ 。 信 三 郎 さ ん の こ と は 、 後 で り 、 ず る り と 坂 を 上 っ て こ ち ら へ と が 滲 み 出 た 。 近 寄 っ て く る 。 ゆ っ く り 訊 き 出 し ゃ あ い い 」 も し ゃ 汗 ば む 両 手 で コ ル ト を 握 り 直 す 。 「 そ の 通 り だ 、 姐 さ ん 」 あ れ は ー ー 人 か 次 第 に 大 き く な る 足 音 。 そ し て 、 横 か ら 角 造 も 同 意 す る 。 そ の 人 影 は 、 穴 か ら 踏 み 出 し な が 「 こ ん な 薄 気 味 の 悪 い 所 に 長 居 は 無 途 切 れ 途 切 れ で あ り な が ら 、 獣 の よ ら 確 か に 言 っ た 。 用 だ 。 さ っ き か ら 俺 ア 悪 い 予 感 が し う に 荒 々 し い 息 遣 い 「 お 炎 ・ : て な ら ね え 」 お 炎 は 半 ば 無 意 識 に 銃 口 を 黒 い 穴 に 向 け た 。 「 待 っ と く れ 、 二 人 と も 」 ね 」 コ ル ト M1847 羽 衣 ( つ づ く )

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


阿 川 い っ 頃 で す か ? で し よ 。 タ イ ミ ン グ 的 に 、 ち ょ う ど 僕 音 楽 観 や ユ ー ミ ン さ ん の 曲 の エ ピ ソ ー ド な ど が 満 載 で 本 当 に 面 白 か っ た ん で の 本 、 由 実 さ ん の 『 宇 宙 図 書 館 』 の リ 松 任 谷 一 九 八 〇 年 代 か な 。 さ す が に ) ) 阿 川 揺 り 戻 し が く る と ? 彼 女 も こ た え て ま し た よ 。 す け ど 、 こ れ 新 潮 社 か ら 発 売 さ れ た 本 丿 ー ス 、 そ れ に 伴 う ツ ア ー が 始 ま る と に 松 任 谷 う ん 。 音 楽 阿 川 ュ ー ミ ン さ ん っ て 批 判 さ れ る こ じ ゃ な い で す か 。 な の に 、 先 日 の 「 週 こ ろ だ っ た か ら 、 多 く の 人 は あ あ こ れ 刊 新 潮 』 で 松 任 谷 さ ん 、 マ ネ ー ジ ャ ー 不 況 と い わ れ て ま す け ど 、 現 在 が ポ ト と に 弱 か っ た り す る ん で す か ? の プ ロ モ ー シ ョ ン だ っ た ん だ な と 思 う : ム だ と 思 う 。 こ の 先 、 才 能 の あ る や っ 松 任 谷 弱 い 弱 い 。 こ れ ほ ど 打 た れ 弱 嬢 と 手 を 繋 い で る 写 真 が 掲 載 さ れ ち ゃ ん じ ゃ な い で す か ( 笑 ) 。 阿 川 お つ 、 さ す が フ ト コ ロ が 深 い 1 た が 現 れ て 音 楽 業 界 を 盛 り げ て い く ん い 人 は い な い と 思 う く ら い ( 笑 ) 。 だ ろ う な 、 人 は そ れ を 待 っ て い る ん だ 阿 川 意 外 5 ! そ ん な と き 、 松 任 谷 松 任 谷 あ あ 、 あ れ ね 。 ( 同 席 し て い る さ ん は ど ん な 一 言 葉 で 支 え る ん で す か ? 女 性 を 指 し て ) こ こ に い る マ ネ ー ジ ャ ろ う な と い う の は 肌 で 感 じ ま す 。 一 筆 御 礼 ー の 彼 女 で す よ 。 阿 川 い つ ご ろ 次 の 大 ス タ ー が あ ら わ 松 任 谷 そ れ は も う 、 結 果 で し か 見 せ 一 の こ ち ら の 方 な ん で す は に か み を 含 ん だ ニ コ ニ コ 顔 と 静 か て あ げ ら れ な い で す よ ね 。 た と え ば O 阿 川 え え っ " れ ま す か ? か 。 失 礼 し ま し た ! そ れ は そ れ は な 声 を に し て 、 曲 作 り を 料 理 に 松 任 谷 僕 ら が 生 き て る う ち に は 出 て が 売 れ る と か 、 シ ョ ー の 評 判 が い し 喩 え た り ア レ ン ジ の 仕 事 を 「 い た ず ら き ま す よ 。 ほ ん と バ イ オ リ ズ ム っ て あ と か 。 僕 は 以 前 彼 女 に 「 ず っ と 二 番 手 っ て 、 由 実 さ ん の 音 楽 だ っ て 、 「 ユ ー で い ろ 」 っ て 言 っ た ん で す け ど 、 そ れ 松 任 谷 び つ く り し ま し た よ ね ( 笑 ) 。 欲 」 に 重 ね た り な さ る 松 任 谷 さ ん の 禅 ミ ン は も う 終 わ っ た 」 と 色 ん な と こ ろ を 選 ば な か っ た 。 一 番 に い た い 人 な ん で も 本 当 に そ う い う 疑 わ れ る 関 係 で も 問 答 の よ う な 音 楽 ば な し に す っ か り 魅 な ん で も な い ん で す よ 。 あ の と き は す 了 さ れ ま し た 。 わ か っ た よ う な わ か ら で す よ 。 に 書 か れ た 時 期 が あ り ま し た か ら 。 ・ : 、 で も 結 局 、 音 楽 の セ ぐ に 由 実 さ ん に 「 掲 載 さ れ る よ 」 と 連 な い よ う な : ン ス の 真 髄 は 、 他 人 が 聞 い て 簡 単 に 理 マ ネ ー ジ ャ ー と 僕 が そ う い う 関 係 で な い と わ か っ て る 。 絡 し ま し た 。 解 で き る も の で は な い の だ と 、 そ れ だ 阿 川 ど う い う 反 応 で し た ? 、 、 、 ガ 松 任 谷 由 実 さ ん も 、 マ ネ ー ジ ャ ー の け は 理 解 で き た つ も り で す 。 性 格 の 異 阿 川 二 番 手 と い う の は ど こ の ? 音 阿 川 松 任 谷 さ ん の ほ う が 「 し し 力 な る 二 人 の 男 女 の 出 会 い が こ れ ほ ど の ん こ れ で い い じ ゃ な い か 」 っ て ピ リ オ 彼 女 と 僕 が そ う い う 関 係 じ ゃ な い の は 楽 界 の ? わ か っ て る か ら な ん と い う こ と も な か 長 き に わ た る 人 気 と 実 力 を 維 持 し て き ド を つ け る っ て こ と で す か ? 松 任 谷 う ん 。 一 番 手 は 人 れ 替 わ る け た の は 、 最 初 の 直 感 か ら 始 ま っ て 、 ま ど 、 二 番 手 だ と そ れ が な い 。 陸 上 競 技 松 任 谷 迷 っ て た ら 僕 が 決 め ち ゃ い ま っ た で す ね 。 だ っ て 、 一 番 手 は 風 の 抵 抗 を モ ロ に 受 す 。 だ か ら シ ョ ー を つ く る の は 僕 の ほ 阿 川 あ 、 そ う な の ? い や 、 も し 写 さ に 宇 宙 の カ の な せ る 業 だ っ た の で し よ う か 。 ュ ー ミ ン さ ん の こ と を 終 始 、 真 を 撮 っ た の が 『 週 刊 文 春 』 だ っ た け る 分 、 二 番 手 が 有 利 な と き が あ る じ う が 得 意 。 ゃ な い で す か 。 音 楽 業 界 で 一 生 と い う 阿 川 限 ら れ た 時 間 や 材 料 で 割 り 切 っ ら 、 こ こ に ご 登 場 し て い た だ け な か つ 「 由 実 さ ん 」 と 呼 ぶ 松 任 谷 さ ん の 声 の ト ー ン の 裏 側 に 、 『 僕 の 音 楽 キ ャ リ ア 』 て い か な き ゃ い け な い か ら 。 た だ ろ う な っ て 思 っ た も の で 。 ト ラ ッ ク を 走 る わ け で す か ら 、 僕 は い に お け る 多 大 な る 敬 意 と 愛 情 が 窺 わ れ ま だ に 二 番 手 の ほ う が い い と 思 っ て る 松 任 谷 も う ポ ン ポ ン ポ ン っ て 。 た だ 松 任 谷 い や い や 、 ス ク ー プ し た の ー サ が 、 『 週 刊 文 春 』 で あ っ て も 僕 は 出 た ま し た 。 勝 手 に 窺 っ ち ゃ っ て 失 礼 と は ん で す 。 そ う い う 意 味 で 、 性 格 は 正 彼 女 は そ れ に 対 し て し つ こ く リ ハ 思 い つ つ 、 し か し 改 め て 、 ユ ー ミ ン ワ ル を す る 。 努 力 型 で す よ 。 と 思 い ま す よ 。 反 対 で す ね 。 彼 女 は 不 器 用 な ぶ ん 、 ー ル ド の 実 力 を 再 認 識 さ せ ら れ た 思 い ず う っ と し つ こ く や っ ち ゃ う 。 僕 は 阿 川 そ う だ っ た ん で す ね 。 最 後 の 質 阿 川 ホ ン ト で す か に ど う し て ま が し ま す 。 『 ひ こ う き 雲 』 は 、 や つ ば 一 瞬 で け り を つ け た く な る タ イ プ だ 問 な ん で す け ど 、 新 著 の 『 僕 の 音 楽 キ た ? か ら 。 ャ リ ア 全 部 話 し ま す 』 は 松 任 谷 さ ん の 松 任 谷 そ う じ ゃ な き や 週 刊 誌 は 駄 目 り 、 し み じ み と い い 曲 だ そ 。

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


・ キ ス 珍 道 中 2016.12.8 週 刊 文 春 験 も 人 間 を た く ま し く し た よ ね 。 半 年 後 、 浅 草 に 戻 る と 東 さ ん に 、 「 世 話 に な ら な か っ た か 」 と か ら か わ れ た も の さ 。 ョ た の 。 九 州 に 行 っ た ら 、 も チ ョ ッ ト だ け 目 を あ げ て こ 「 危 な い と こ ろ も あ り ま し し う 帰 れ な く な っ て し ま う 気 っ ち を 見 る 。 す か さ ず 続 け た が 、 ど う に か 戻 っ て ま い い が し た か ら 。 て 笑 わ せ る こ と が で き れ り ま し た ! 」 を こ の 旅 回 り の 経 験 は 、 何 ば 、 今 度 は そ の 人 た ち が 手 そ う 報 告 し た 日 の こ と を よ う に な っ た 回 り か ら 抜 け ら れ な く な る 時 よ り も 自 分 を 強 く し た と 思 を 叩 き 出 す 思 い 返 す と 、 す い ぶ ん と 長 頃 、 師 匠 の 東 人 が 多 か っ た ん だ 。 浅 う 。 と い う の も 、 あ の 頃 の そ う や っ て 客 席 を 温 め て い 歳 月 、 こ の 世 界 で 生 き て 八 郎 さ ん か だ か ら 、 ば く も 「 洗 濯 し 地 方 の 小 さ な ス ト リ ッ プ ト 前 説 の 役 割 を 果 た せ た 瞬 間 き た ん だ な ア 、 と 思 う 。 学 ら 、 て あ げ る 」 と 言 わ れ れ ば 、 屋 で は 、 コ メ デ ィ ア ン は 正 に 、 「 俺 も 少 し は 腕 を 上 げ 園 祭 で 久 々 に 前 説 を し て 、 「 そ ろ そ ろ オ 「 自 分 で や り ま す ! 」 、 朝 ご 面 か ら は 歓 迎 し て も ら え な て き た よ う だ 」 と 実 感 し た そ ん な 思 い 出 が 胸 に 甦 っ て き た よ 。 マ エ も ド サ 回 は ん も 「 自 分 で 作 り ま お 客 さ ん は 踊 り 子 さ ん も の だ よ 。 り を し て き た す ! 」 と 東 さ ん の 言 い つ け の 裸 を 見 に 来 て い る わ け だ ち な み に 、 旅 回 り の と き せ っ た を 守 っ た 。 ら ど う だ 」 か ら 、 前 説 で 男 が 舞 台 に 出 の ば く は 、 雪 駄 に 腹 巻 、 安 呈 と 、 言 わ れ た ん だ 。 旅 回 り は 半 年 間 続 け た ん て く る と ビ ー ル 瓶 や 雑 誌 、 物 の ネ ッ ク レ ス と い う 出 で 束 あ の 頃 の ば く ら は 、 あ る だ 。 最 後 は 岐 阜 の あ る 町 ス ナ ッ ク の 袋 が 飛 ん で く 立 ち 。 麦 わ ら 帽 子 を 斜 に 被 花 程 度 の 経 験 を 積 む と 地 方 に で 、 次 に 九 州 に 行 く と 言 う る 。 「 男 は ひ っ こ め ! 」 っ り 、 も み あ げ も 長 く し て い て 、 見 た 目 は ま さ し く テ キ 出 た 。 五 人 く ら い の 踊 り 子 の で 慌 て て 東 京 に 戻 っ て き て ね 。 ス さ ん と 一 緒 に 、 全 国 の ス ト 屋 の 兄 ち ゃ ん だ っ た 。 な ん で そ ん な 恰 好 を し て リ , プ 小 屋 を 旅 回 り し て 歩 旅 回 り の 格 好 は ま る で テ キ 屋 く ん だ 。 で 、 こ の と き 東 さ い た か と い う と 、 舞 台 の 後 で も 、 そ こ で め げ て い て だ か ら 、 旅 回 り に 出 た コ ん に 注 意 さ れ た の は 、 踊 り に 「 お い 姉 ち ゃ ん 、 飲 み に 子 さ ん に あ ま り 世 話 に な っ は 仕 事 に な ら な い 。 怒 声 を メ デ ィ ア ン は 、 日 に 日 に 強 行 こ う 」 と 怖 そ う な 人 が 楽 て は い け な い よ 、 っ て こ と 。 ば っ と 払 い 除 け 、 ア ド リ プ く な っ て い く 。 何 し ろ 一 刻 屋 に く る か ら 。 そ こ で 「 兄 と い う の も 、 当 時 の 浅 草 と コ ン ト で 彼 ら を ど う に か も 早 く 笑 い に た ど り つ か な さ ん 、 勘 弁 し て く ん ね 工 で の 出 演 料 と 比 べ て 、 地 方 ク ス ノ と 笑 わ せ る ん だ 。 す い と 、 怒 っ た お 客 さ ん に 何 か 」 と 凄 味 を き か せ て 言 う を さ れ る か 分 か ら な い わ け 必 要 が あ っ た ん だ 。 だ と 一 一 一 倍 は も ら え た 。 し か る と 「 こ い 0 面 白 い よ 。 も ち ろ ん 怖 か っ た け れ き も 男 一 人 に 女 五 人 く ら い の ち ょ っ と 見 て や ろ う ぜ 」 だ か ら 。 一 行 だ か ら 、 そ の ま ま 踊 り と 、 周 り に 声 を か け て く れ 一 人 で コ ン ト を 始 め 、 雑 ど 、 男 は ば く 一 人 し か い な 誌 を 見 て い た お 客 さ ん が 、 子 さ ん と 所 帯 を 持 っ て 、 旅 る 人 が 必 ず い た 。 い の で 仕 方 な い 。 そ ん な 体 萩 本 欽 ー は ぎ も と き ん い ち 1941 年 東 京 都 生 ま れ 。 高 校 卒 業 後 、 浅 草 東 洋 劇 場 の 軽 演 劇 の 一 座 に 加 わ る 。 一 昨 年 3 月 、 明 治 座 公 演 で 大 劇 場 か ら 引 退 。 「 ポ ケ 回 避 策 」 と し て 受 験 勉 強 を 始 め 、 昨 年 、 駒 澤 大 学 仏 教 学 部 に 社 会 人 入 試 で 合 格 。 現 在 2 年 生 。 ◆ 本 連 載 の 大 学 1 年 生 分 を ま と め た 「 欽 ち ゃ ん の 、 ボ ク は ポ ケ な い 大 学 生 。 』 ( 小 社 刊 ) が 絶 賛 発 売 中 ! ・ 次 回 は 2017 年 1 月 19 日 号 に 掲 載 予 定 で す

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


2 似 6.12.8 週 刊 文 春 C R E A. 加 00 を こ 給 食 を 早 く 食 べ る の が 苦 手 そ れ で 、 他 の 子 は サ ー ツ と 食 べ て 迷 っ て い ま す 。 ( % 歳 ・ 女 ・ 会 社 員 ) の よ う な こ と を 要 求 し て き た わ け じ で す 。 う ち の 学 校 は 給 食 の サ ッ カ ー を し て る の に 、 そ れ も で き 相 千 、 ゃ な い ん で し よ う 。 だ っ た ら 放 っ と 生 都 人 京 六 時 間 が ニ 十 分 し か な く 、 頑 張 っ て 食 な い の か ? 下 き な さ い 。 二 十 五 歳 の 新 妻 さ ん 。 の 東 結 婚 一 ヶ 月 目 で 、 押 入 れ か 身 体 に ホ ク ロ が な い 人 が い な い よ べ て も い つ も 食 べ き れ な く て 、 食 べ 実 は 、 オ ジ サ ン も 、 食 事 を 摂 る の 坊 8 カ 0 、 ら 見 つ け た ご 主 人 の 荷 物 の 段 ボ ー ル う に 、 二 十 年 以 上 、 男 が 独 り で 生 き 終 わ る ま で 休 み 時 間 に 残 さ れ て い ま が ゆ っ く り で 、 子 供 の 頃 、 先 生 に 叱 者 で を 開 け た ら 、 中 身 が 変 態 と い う か 、 て い た ら 、 そ り や 何 か が あ り ま す す 。 カ レ ー や 揚 げ バ ン の お 代 わ り も ら れ た り 、 か ら か わ れ た り し た ん だ 一 「 係 ま 言 葉 に で き な い ビ デ オ 、 で あ よ 。 む し ろ あ っ て 当 然 だ と 考 え る べ で き な い し 、 サ ッ カ ー に も 遅 れ て し よ 。 花 書 が 今 で も 、 昼 食 に ソ バ を 食 べ に 行 く 厖 き で し ょ , つ 。 ま い 、 仲 間 に 入 れ ま せ ん 。 く や し い ふ れ て ま し た か ? 庫 葉 む ど う に も 許 せ な い ん な ら 、 ど う で で す 。 好 き な お か ず で も 、 な ぜ か ゆ と 、 同 時 に 食 べ は じ め た 隣 り の 女 性 文 お そ り や 、 一 ヶ 月 前 ま で ご 主 人 は 、 独 身 で 元 気 な 大 人 の 男 だ 0 た の で す し よ う か 、 ご 主 人 と 二 人 で そ れ を す っ く り し か 食 べ ら れ な い の で す 。 早 が 、 わ し の ソ バ が ま だ 半 分 残 0 と る 紋 の の に 、 ゴ チ ソ ウ サ ン と 立 ち 上 が る ん た 院 か ら 、 少 々 お か し い も の が 出 て き て べ て 鑑 賞 し て み て は ? そ れ を 見 つ 食 い の コ ツ を 教 え て く た さ い 。 ( 加 ま 伊 め る ご 主 人 の 表 情 、 目 を よ く 見 て か 歳 ・ 男 ・ 小 学 五 年 ) も 、 そ れ は 当 た り 前 で し よ う 。 さ 部 こ の 女 、 プ タ か ? と 思 う た が 、 騒 ぎ 立 て る よ う な こ と じ ゃ あ り ま ら 、 そ こ で 判 断 し て は ど う で す か 。 化 @ 集 十 歳 の 小 学 生 が 、 こ の 雑 誌 ど う に も 早 く 食 べ る こ と が で き な 庫 而 編 そ こ で 奥 さ ん が 、 「 あ な た と は 暮 せ ん よ 。 で も 君 の よ う に 悩 み は し な い ん を 本 当 に 読 ん ど る の か ね ? こ こ は 黙 っ て 、 そ の 段 ボ ー ル を 保 ら せ ま せ ん 」 と お っ し ゃ れ ば い い ん だ 。 私 以 外 は 皆 、 プ タ か ウ シ に 違 い 花 ル 刊 ゲ ス の 不 倫 と か 、 都 議 会 の ジ ジ イ じ ゃ な い で す か 。 管 す る の は 容 認 し て お 上 げ な さ い 。 な い と 思 っ て る ん だ よ 。 但 し 、 気 を 付 け な い と 、 鑑 賞 の と か 、 わ か る の か ね ? え っ ! 何 で す っ て ? 君 と 、 わ し だ け が ま と も な 人 間 な 『 す 一 そ の 中 身 が あ ま り に 変 態 す ぎ る と 後 、 世 間 に は 決 し て 話 せ な い 、 夫 婦 ま あ 、 そ れ は 置 い と い て 。 た ま 3 め い 町 ん だ よ 。 い う か 、 お そ ま し か っ た の で 、 ご 主 の 秘 密 を 持 つ よ う な 暮 ら し に な る 場 何 ? 何 ? と て 井 よ く 物 ん で 、 ゆ っ く り 食 べ な さ ま し 尾 給 食 を 食 べ る の が 遅 い ? 人 と こ の ま ま 夫 婦 を 続 け て よ い の か 合 も あ り ま す か ら 。 を 集 紀 。 そ う す れ ば 、 食 後 の タ ヾ 給 食 時 間 が 二 十 分 ? そ り や 短 い ま あ 、 そ れ も 悪 く は な い で 。 自 信 が な い ? コ が 美 味 し い か ら 。 奥 さ ん 。 別 に 、 あ な た に そ の 中 身 し よ う が 。 食 べ て 遊 ん で 、 明 日 の た め の ハ ワ イ ・ ー 殿 堂 入 り の 一 皿 / ち ゃ ん と お い し い カ ラ フ ル ス イ ー ツ / グ ル メ 系 パ ン ケ ー キ / 高 感 度 な 人 々 が 集 ま る カ カ ア コ / ヘ ル ス コ ン シ ャ ス な - ( 、 街 カ イ ル ア / ラ ナ イ 島 の す み ず み オ ア フ 島 街 歩 き を れ 第 ( ~ え ( 一 一 あ 心 れ ( ( は を ( の ム ッ ( イ 完 全 、 ガ 〔 - ~ イ ド 一 し い 気 持 ち ー ナ 。 れ さ え あ 第 は 一 0 ハ つ イ 第 イ ト 食 べ て 遊 ん で 、 ・ い い 気 持 ち し 明 日 の た め の ハ ワ イ 好 評 発 売 中 ! 、 定 価 ( 本 体 600 円 十 税 ) 文 藝 春 秋 〒 102-8008 千 代 田 区 紀 尾 井 町 3-23 TEL 03-3265-121 1 http://www.bunshun.co.jp

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


ッ ク ス 、 他 の 人 に も お 勧 め し て ン デ と い う 大 き 目 の 枕 を 使 っ て 環 境 を ど こ で も 作 る こ と が で き い ま す か い ま す 。 あ と 、 今 年 か ら パ ジ ャ る と い う わ け で す ね 。 や は り 、 山 田 え え 、 チ 1 ム メ イ ト だ け マ を 着 る よ う に な り ま し た 。 違 い を 感 じ ま す か 山 田 た ま に 普 通 の べ ッ ド に 寝 じ ゃ な く て 、 地 元 の 友 達 と か 、 平 井 若 い 男 性 が パ ジ ャ マ 着 る る と 、 翌 朝 腰 が 痛 く な っ て し ま 母 親 の 友 達 に も 勧 め て い ま す 。 の っ て ち ょ っ と 素 敵 。 そ れ も マ ニ フ レ ッ ク ス な ん で す ね 。 い つ も の 環 境 が い か み ん な に 感 謝 さ れ て い ま す よ 山 田 汗 を か い て に 素 晴 ら し い か か 、 分 か り ま す 。 愛 用 の バ ジ ャ マ で も し つ か り 吸 収 し 平 井 こ の マ ニ フ レ ッ ク ス の シ 目 覚 め も 爽 や か て く れ る の で 、 寝 ヨ ー ル 1 ム に は も の す ご く た く さ ん の マ ッ ト レ ス が 並 ん で い ま 平 井 た し か に 、 質 の い い 睡 眠 苦 し く て 起 き る と い 、 つ こ と か な く な す が 、 み ん な 違 う 種 類 な ん で す と い う の は 誰 に と っ て も 切 実 な よ ね 。 こ の 中 か ら 、 ご 自 分 で 選 願 い で す も の ね 。 マ ッ ト レ ス の り ま し た 。 ば れ た ん で し よ う か 平 井 そ れ は 羨 ま 他 に も 秘 訣 が あ り ま す か ど ん ど ん 山 田 は い 。 実 際 マ ッ ト に 寝 転 山 田 ひ と つ は 枕 。 ピ ロ 1 グ ラ し い 進 化 し て い る 山 田 ん で 、 か な り 時 間 を 選 手 。 年 は 世 界 か け て 選 び ま し た 。 感 一 フ 大 会 の メ ン バ ー ど れ も い い 感 触 で 迷 体 フ も 選 出 さ れ て い ま す 。 3 年 連 続 い ま し た が 、 一 番 し ス レ 寝 ト リ プ ル ス リ 1 の 期 待 も 高 ま っ つ く り き た の が こ の の て い ま す が 、 ず ば り 来 シ 1 ズ ン 腰 に 負 担 の な べ 心 の 抱 負 は ? い 固 さ で す が 、 体 を 山 田 ま す は 代 表 と し て 、 し つ 包 み 込 む よ う な 優 し か り 貢 献 し た い と 思 い ま す 。 来 上 さ も あ 0 て : ・ シ 1 ズ ン の こ と は ま だ あ ま り 考 」 、 葉 に す る の は 難 し い 力 も え て い ま せ ん が 、 3 年 連 続 ト リ で す が ( 笑 ) 。 道 選 さ 参 田 井 プ ル ス リ ー は 目 指 し て い き ま す 平 井 や は り 、 実 際 表 山 平 に 試 し て み な い と わ ス る て 平 井 目 の 前 の 目 標 に 集 中 す る ク き っ ツ で 座 力 が 結 果 に 結 び つ い て い る の で か り ま せ ん ね 。 そ れ レ が す ね 。 年 の ご 活 躍 も 楽 し み に ほ ど 、 山 田 さ ん の 眠 フ と マ る グ し て い ま す 。 り を 変 え た マ ニ フ レ イ ダ . デ の 塾 寝 具 、 マ ニ フ レ ッ ク ス 型 49n 甲 e 入 フ リ ー ア ナ ウ ン サ ー 平 井 理 央 1982 年 東 京 都 生 ま れ 。 慶 応 義 塾 大 学 卒 業 後 、 2005 年 フ ジ テ レ ビ 入 社 。 「 す ぼ る と ! 」 等 ス ポ ー ツ 番 組 を 担 当 し 、 国 際 大 会 の 現 地 中 継 等 、 ス ポ ー ツ 報 道 に 携 わ る 。 ' 13 年 か ら フ リ ー で 活 躍 。 ラ ン ニ ン グ が 趣 味 で 、 自 ら も ニ ュ ー ヨ ー ク シ テ ィ マ ラ ソ ン な ど に 出 場 。 7