検索 - みる会図書館

検索対象: エデン 明日への翼

エデン 明日への翼から 41件ヒットしました。

エデン 明日への翼


CROSS& 恋 の 十 字 架 ~

エデン 明日への翼


自 分 で は す っ か り 忘 れ て い た 体 の 線 が 、 リ ュ ウ ト の 指 先 に よ っ て 再 び 形 を 与 え ら れ て ゆ く 。 そ れ は あ た か も 蛹 が 蝶 に 生 ま れ 変 わ る が ご と く で あ り 、 そ う し て 現 れ る 新 た な 線 は 、 一 一 度 と リ ュ ウ ト を 知 ら な か っ た 頃 の 形 に は 戻 ら な い 。 リ ウ ト に よ っ て 知 ら さ れ 、 リ ュ ウ ト に よ っ て 造 り か え ら れ て ゆ く 自 分 の 新 し い 体 を 、 カ ナ ン は ど れ ほ ど 愛 し た こ と だ ろ う ? 「 あ ん た の 、 俺 の 手 の サ イ ズ に 合 う よ な 」 リ ュ ウ ト が そ ん な こ と を 言 う 。 低 い 、 か す れ た 声 で 。 で も カ ナ ン は 合 っ て い る の は 手 だ け で は な い と 思 う 。 こ う し て 折 っ た 体 を 背 中 か ら 抱 き し め ら れ て い て も そ れ は 感 じ る 。 し な や か に 沿 う か ん じ 。 目 覚 め て す ぐ に 反 応 し て し ま う 形 。 ど こ に い て も 、 な に よ り も 最 初 に リ ュ ウ ト を 感 じ る だ ろ う 。 今 な ら 。 カ ナ ン は 恋 と い う 名 を 知 ら な い 。 し か し も し 知 っ て い た な ら 、 こ れ を 最 後 の 恋 と 呼 ん だ だ ろ う 。 最 初 は 知 ら な い 。 カ ナ ン に は 過 去 と 呼 べ る 記 憶 が な い 。 け れ ど わ か る 。 こ れ は 最 後 の 恋 だ 。 そ う 、 こ れ が 恋 と 名 づ け ら れ る も の な ら 。 「 ふ : ・ つ : ・ く 」 カ ナ ン の 折 っ た 体 の 角 度 が 深 く な る 。 ほ ん の 一 瞬 、 恥 じ ら い の た め に 逃 げ 出 し た カ ナ ン の 体 を 、 リ ュ ウ ト の 腕 が 引 き 寄 せ る 。 さ な ぎ

エデン 明日への翼


か わ も 川 面 の 花 び ら を す く っ て あ な た の 手 の ひ ら に の せ た き ら び や か な 夢 ゆ く え 行 方 知 れ ず の 恋 の い ろ た ま し い 魂 が 沈 む

エデン 明日への翼


- ト 闇 分 、 今 る / ウ 女 て ュ 少 っ リ 。 た な 、 つ と 、 て だ 精 っ 一 剣 / 、 6 、 ' か ヂ の リ ュ ウ ト 闇 の 力 と 戦 う 少 年 た ち の 組 織 「 新 蓿 八 ビ ロ ン の リ ダ ー だ っ た が ミ で あ る カ ナ ン と 恋 に 。 お ち る 。 そ 、 2 た . 仲 間 の も : と に い ら れ な く な り ・ ・ 感 0 ヒ メ 「 新 宿 バ ロ ン 」 の メ ン バ ー 自 称 ス ノ ヾ ー プ レ イ 朮 イ

エデン 明日への翼


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 工 テ ン 一 く 好 評 発 売 中 〉 物 コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 光 の 少 年 た ち か 闇 を 斬 る 本 格 バ ト ル ! イ ラ ス ト / 和 深 ゆ あ な ま 工 ア ノ 特 別 な 力 を 持 っ た 少 年 た ち が 集 う 「 新 宿 ノ ヾ ビ ロ ン 」 。 光 の 力 を 武 器 に 少 年 少 女 が 都 会 の 闇 に 立 ち 向 か う ! 組 織 の リ ー ダ ー ・ リ ュ ウ ト と 闇 の 敵 ・ カ ナ ン 。 禁 断 の 恋 に 落 ち た ニ 人 は 逃 避 行 を 決 意 す る が ・ ・ ・ ! ? 花 衣 沙 久 羅 《 少 年 た ち の 創 世 紀 》 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

エデン 明日への翼


「 ん だ よ 。 や つ ば 気 に な っ て ん だ よ な 。 ん ー ん ー 、 妬 け ち ゃ う ね ー 」 「 リ ュ ウ ト 、 お ま え に は 無 理 だ 」 「 決 め つ け ん な よ 。 俺 だ っ て 強 い ぜ ? こ 「 そ う だ リ = ウ ト 、 お ま え は 強 、 。 知 っ て い る 。 だ が 、 h0 は 特 別 な の だ 。 お ま え の 敵 う 相 手 で は な い 」 「 チ 。 強 い と か な ん と か お だ て ち ゃ っ て 、 実 は ま る つ き り 信 用 し て ね え じ ゃ ん 。 俺 は あ ん た の 恋 人 じ ゃ ね え の か よ ? ー 「 恋 人 だ 、 リ = ウ ト 。 お ま え し か 見 え な い の は 私 も 同 じ だ 」 「 だ っ た ら 信 用 し ろ よ 。 強 さ が 足 り ね え っ て ん な ら も っ と 強 く な る さ 」 「 ・ : た や す い こ と の よ う に 言 う 「 あ あ 簡 単 さ 。 信 じ ろ よ 。 カ ナ ン 、 俺 は あ ん た の た め に 強 く な る 」 「 恐 ろ し く は な い の か 。 こ ん な 目 に ま で 遭 っ て お い て 」 の 「 あ ん た が 消 え る よ り 恐 ろ し い こ と は ど こ に も ね え よ 明 言 葉 が 魂 を 持 っ て 湖 上 へ 飛 び 立 つ 。 リ ュ ウ ト が カ リ と 親 指 の 爪 を 噛 ん だ 。 工 湖 か ら の 風 が カ ナ ン の 頬 に 当 た り 、 長 い 髪 を 宙 に 舞 わ せ る 。 ほ お つ め か か な

エデン 明日への翼


何 も か も 元 ど お り な ん て 夢 。 俺 は 新 宿 を 逃 げ 出 し た 。 仲 間 を 置 い て 逃 げ 出 し て し ま っ た 。 た だ こ の 、 恋 、 だ け の た め に 。 体 が 熱 か っ た 。 ま た 熱 が ぶ り 返 し て き た ら し い 。 こ れ だ け 血 を 流 し て い て も 熱 は 出 る の か と リ ュ ウ ト は ど こ か 冷 め た 頭 で 思 っ て い た 。 遠 く で 。 と て も 遠 く で 誰 か の 叫 び 声 が 響 く 。 悲 し く な っ た 。 と て も 切 な い 声 だ っ た 。 の 「 だ 、 め : ・ だ 、 斬 ・ : な ・ : 、 カ ナ : ・ 」 誰 か の 力 強 い 腕 が リ ウ ト の 体 を 抱 き か か え る 。 明 ン デ 誰 か 。 こ の 世 で い ち ば ん 愛 し て い る 人 。 あ な た の た め な ら 何 も か も 捨 て ら れ る 。

エデン 明日への翼


302 人 生 っ て 、 恋 な の で し よ う 。 う ん 。 私 は そ う 思 う ん で す 。 恋 す る 気 持 ち が 一 番 大 事 。 う れ 最 近 、 友 人 に あ な た の 小 説 は 舞 台 と 同 じ だ ね と 言 わ れ て 、 そ れ が と て も 嬉 し か っ た 私 で す 。 し ぼ い こ れ ま で た く さ ん 観 て 感 じ て き た お 芝 居 や オ ペ ラ や バ レ エ の あ の 感 動 を 、 私 が 大 好 き な 文 字 に し て 表 す こ と が で き る な ら 、 こ ん な に 幸 せ な こ と は あ り ま せ ん 。 ド ラ マ チ ッ ク 。 止 ま れ な い 情 熱 。 そ ー ゅ う の が や は り 私 の テ ー マ ソ ン グ み た い で す 。 そ し て 、 ド ラ マ チ ッ ク な 絵 を 描 い て 生 き て ら し て る 素 敵 な 方 が こ こ に も 。 か ず み 和 深 ゅ あ な さ ん 。 彼 女 と の 出 逢 い は 運 命 で し た 。 カ ナ ン の フ ァ ン な ん で す と 言 っ て く だ さ っ た 和 深 さ ん が 、 私 の 小 説 を 読 ん で 展 開 し て く れ る 絵 の 世 界 は 本 当 に 夢 の よ う に 美 し い で す 。 漫 画 の お 仕 事 で お 忙 し い と こ ろ 、 今 回 も あ り が と う ご ざ い ま し た 。 心 か ら 感 謝 し て い ま す 。 こ の 本 を 出 す に あ た っ て ご 協 力 く だ さ っ た 方 々 、 私 を 熱 く し て く れ た 編 集 担 当 氏 を は じ め と す る 関 係 者 の 方 々 に も 御 礼 を 言 わ せ て い た だ き た い と 思 い ま す 。 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 こ の 幸 せ な シ リ ー ズ に 引 き 続 き 、 何 か ド ラ マ チ ッ ク な 世 界 観 の あ る も の を 書 け た ら と 萌 え て い る 私 で す 。 次 に み な さ ん に お 会 い で き る の は 九 月 刊 に な る で し よ う か 。 新 シ リ ー ズ の 詳 細 等 も 含 め 、 公 式 ホ ー ム ペ ー ジ (http://www.sakura-kai.com/ で も お 会 い で き れ ば 幸 い で す 。 桜 が 咲 き 終 わ っ て 、 今 、 外 は 眩 し い 新 緑 に あ ふ れ て い ま す 。 新 し い 時 代 の 幕 開 け が す ぐ そ こ ま で 迫 っ て き て る 気 が し て ま す 。 ま た 近 い う ち に ぜ ひ お 会 い し ま し よ う 。 二 〇 〇 一 一 年 四 月 花 衣 沙 久 羅

エデン 明日への翼


( い や だ ) リ ュ ウ ト が 顔 を お お っ た 。 絶 望 に 満 ち て 。 カ ナ ン の 薄 れ か け て い た 視 界 に も 、 そ の 様 子 は 飛 び 込 ん で き た 。 ( い や だ ) リ ュ ウ ト は そ う し て 顔 を お お っ た ま ま 、 び く り と も 動 か な く な っ た 。 か っ て 父 親 で あ っ た モ ノ が ゆ っ く り と 近 づ い て く る 。 家 族 だ っ た 。 母 親 の 愛 も 父 親 の 愛 も 兄 弟 の 愛 も 、 あ の と き に は す べ て が あ っ た 。 今 は な い 。 ど こ に も 。 ( い や だ 。 愛 し て い る な ん て 、 言 う な 。 そ の ロ で ) 裏 切 り 。 こ れ 以 上 の 裏 切 り が あ る だ ろ う か 。 「 リ ュ ウ ト 」 ひ ざ か っ て 父 親 で あ っ た モ ノ が し や が み 込 ん で い る リ ュ ウ ト の 前 へ 膝 を つ き 、 四 つ ん 這 い に な っ て 囁 い た 。 「 愛 し て い る よ 。 き み を 僕 に 食 べ さ せ て 」 首 す じ に 熱 い 吐 息 が 吹 き か か る 。 そ れ は ま る で 恋 人 ど う し が 行 う よ う な 、 熱 烈 な 瞬 間 だ っ た 闇 。 さ さ や と い き

エデン 明日への翼


144 「 俺 た ち の 明 日 の た め に 戦 お う ぜ 。 俺 は ぜ ん ぶ 捨 て た 。 仲 間 も 。 家 族 も 。 だ か ら も う あ ん た し か 残 っ て ね え ん だ 。 あ ん た の た め に し か 戦 え ね え 」 「 リ ュ ウ ト 」 「 だ め だ な 俺 は 。 あ ん た し か 見 え ね え 。 あ ん た し か 欲 し く ね え 」 「 リ ュ ウ ト 」 「 別 れ た っ て お ん な じ だ 。 世 界 中 が 俺 を 憎 ん で も 、 俺 は あ ん た の た め に し か 戦 わ ね え 」 見 つ め る 眼 。 じ っ と カ ナ ン を 見 つ め て い た そ の 眼 か ら 。 「 リ ュ ウ ト : ・ ! 「 来 る な ! リ ュ ウ ト は こ ぼ れ た 雫 を 拭 き も せ ず 、 身 動 き だ に せ ず 、 た だ カ ナ ン を 見 つ め 続 け る 。 カ ナ ン は 息 を の み 、 恋 人 の 濡 れ た 瞳 に 心 を 奪 わ れ て い た 。 こ こ に 、 「 今 、 ふ た り で い る 奇 跡 。 「 カ ナ ン 、 あ ん た を 取 り 戻 す た め な ら 俺 は な ん で も す る ぜ 。 こ れ が —.O が 仕 掛 け て き た ゲ ー ム だ っ て ん な ら 、 —o を 倒 す た め に 俺 は 生 き る 」 そ の 名 に カ ナ ン が ぎ く り と し た 顔 を し て 、 リ ュ ウ ト は ス ッ と 眼 を 細 め た 。