検索 - みる会図書館

検索対象: 小説トリッパー 2013年冬季号

小説トリッパー 2013年冬季号から 122件ヒットしました。

小説トリッパー 2013年冬季号


悪 い 恋 人 最 終 回

小説トリッパー 2013年冬季号


偽 恋 愛 小 説 家 人 魚 姫 き ロ 森 品 麿 text by Mo 「 一 Akima 「 0

小説トリッパー 2013年冬季号


恋 人 の 憂 鬱 は 、 声 の 調 子 か ら 永 瀬 が 勝 手 に そ う と 察 し た だ け 男 が で き た の か も し れ な い 。 恋 人 の 声 に あ っ た 憂 鬱 の 響 き を 、 で 、 彼 女 が 憂 鬱 だ と は っ き り い っ て き た わ け で は な い 。 連 絡 が 問 い た だ せ ば 、 あ る い は 彼 女 は 答 え た か も し れ な い 。 永 瀬 は そ 間 遠 に な っ て い た の で 、 病 気 で も し た の か と 思 っ て 電 話 を し た 。 の 答 を 聞 き た く な か っ た 。 そ し て そ れ は 、 自 分 が 傷 つ き た く な い か ら と か 、 恋 人 を 失 っ た こ と を 認 め た く な い か ら で は な か っ 「 大 丈 夫 ? 」 永 瀬 は い っ た 。 た 。 永 瀬 は そ の 先 に あ る 、 「 あ な た に 耐 え ら れ な い 」 と か 「 好 き 「 う ん 。 」 恋 人 の 声 は 弱 々 し か っ た 。 「 本 当 に ? 」 永 瀬 は た た み か け た 。 「 調 子 悪 い ん じ ゃ な い の ? 」 な 人 が で き た の 」 と か い っ た 、 恐 ら く 恋 人 に と っ て は 切 実 な 問 「 な ん と も な い 。 」 そ れ か ら 恋 人 の た め 息 が 聞 こ え た 。 「 元 気 よ ? 題 で あ ろ う 人 生 の 苦 し み が 持 っ て い る 、 ど う し よ う も な い 凡 庸 ほ か に 用 事 は 何 、 と で も い わ ん ば か り の 口 調 だ っ た 。 永 瀬 に さ が 我 慢 で き な か っ た の で あ る 。 ま し て そ の 凡 庸 さ に 自 分 が 取 は そ う 聞 こ え た 。 り 込 ま れ る の は 、 た ち の 悪 い 冗 談 の よ う に 彼 に は 思 え た 。 そ れ か ら も 会 話 は 続 い た 。 ど う で も い い 会 話 だ っ た 。 恋 人 は 自 分 が 凡 庸 で な い と か 、 高 尚 だ と 思 っ て い る わ け で は な か っ 終 始 ロ 数 が 少 な か っ た 。 た 。 自 分 は 自 分 が 思 っ て い る 以 上 の 俗 物 で あ り 、 取 る に 足 り な 「 そ れ じ ゃ あ : : : 。 」 い 存 在 に す ぎ な い こ と に は 、 と う に 諦 め が つ い て い た 。 た だ 彼 と い っ て 、 永 瀬 か ら 電 話 を 切 っ た 。 彼 が 受 話 器 を 置 く の を 、 は 、 自 分 が 持 っ て い る 平 凡 さ に 、 さ ら に 凡 庸 を 重 ね た り 、 付 け 恋 人 は 待 ち か ね て い る 気 配 だ っ た 。 加 え た り す る の は 、 避 け な け れ ば な ら な い と 思 っ た 。 自 分 ひ と そ し て 、 そ れ き り で あ る 。 永 瀬 は 恋 人 と の 関 係 を 終 え た 。 恐 り 避 け れ ば い い と い う の で は な く 、 す べ て の 人 が 「 凡 庸 の 過 剰 」 ら く 終 え た の だ ろ う 。 を 、 人 生 か ら 慎 重 に 避 け る 必 要 が あ る の だ 。 永 瀬 は 自 分 が 冷 淡 な 人 間 と は 思 わ な い 。 人 並 み に 情 熱 も あ れ ま す 衝 動 が あ っ て 、 衝 動 の 理 由 を 考 え る 。 そ れ が 思 索 だ 。 感 ば 愛 情 も 持 ち 合 わ せ て い る 。 恋 人 と の 関 係 も 決 し て 冷 や や か な 動 の な い 思 索 な ど 受 験 勉 強 と 大 差 な い 。 永 瀬 は 、 な ぜ 自 分 が 凡 庸 の 過 剰 を 、 す べ て の 人 が 避 け な け れ も の で は な か っ た 。 彼 は た だ 、 そ の 最 後 と な っ た 電 話 で の 会 話 の あ と 、 そ こ か ら 先 へ 行 く の を や め た だ け だ 。 正 確 に は 、 恋 人 ば な ら な い と 思 う の か を 考 え た 。 の 「 な ん と も な い 。 」 と い う 言 葉 の 先 に 、 行 き た く な い と 思 っ た 思 索 を 初 め た と き 、 永 瀬 が 最 初 に 感 じ た の は 自 己 嫌 悪 だ っ た 。 の で あ る 。 凡 庸 を 避 け る な ど 、 偉 そ う に 。 そ れ は つ ま り 自 分 が 望 む よ う な そ の 拒 絶 の 思 い は 、 自 分 で も 驚 く ほ ど 強 か っ た 。 永 瀬 は 自 分 栄 達 を 手 に 入 れ ら れ な い た め に 、 せ め て 今 以 上 の 平 凡 人 に な ら の 中 に あ る と は 思 っ て も い な か っ た 、 そ の 激 烈 な 拒 絶 を 見 つ め な い よ う 、 世 俗 の 縁 を 避 け て 行 こ う と い う 、 た だ の 消 極 的 な 処 世 術 に す ぎ な い じ ゃ な い か 。 そ れ は 同 時 に 、 暗 に 世 間 の 人 間 を 恋 人 は 永 瀬 に 愛 想 を 尽 か し た の か も し れ な い 。 ほ か に 好 き な 下 に 見 て い る こ と に も 通 じ る 。 お 前 の よ う な 奴 は 、 む し ろ ど ん 藤 谷 治 36

小説トリッパー 2013年冬季号


か っ た 。 彼 の 作 品 と 出 会 っ て 、 自 分 が 恋 愛 小 説 に 何 を 求 め て い で き な く な る 。 こ の 町 は 、 ち ょ っ と ず つ 心 臓 を 弱 め て る に 」 た の か を は っ き り と 思 い 出 す こ と が で き た の だ 。 心 臓 を 弱 め て い る : : : と い う 表 現 に ド キ リ と す る 。 の ど か な あ の 香 り 立 つ よ う な 文 章 。 ど こ か 外 国 風 で も あ り 純 和 風 で も 田 舎 の 風 景 。 少 し 風 変 わ り な 建 物 が 多 く 見 受 け ら れ る の が 面 白 あ る よ う な 不 思 議 な 感 性 、 そ し て 男 女 の 間 に 漂 う 緊 張 感 と 甘 酸 っ い な ど と 思 っ て い た が 、 実 情 は ど う や ら も う 少 し シ ビ ア な も の の よ う だ 。 ば さ ー 夢 セ ン セ の 小 説 に は 、 そ の す べ て が 詰 ま っ て い た 。 あ の 作 品 さ え 読 ん で い な け れ ば 、 猛 毒 を 孕 む 話 術 と 論 理 の あ 「 あ ん た が 言 っ た そ の エ リ ア も ね 、 今 は か な り 寂 れ て る 。 本 当 や で 獲 物 を 絡 め と る タ ラ ン チ ュ ラ の よ う な 男 と 一 緒 に 行 動 な ど に そ ん な と こ ろ に 取 材 に ? 」 し な い で 済 ん だ ろ う 。 し か し 、 『 彼 女 』 の よ う な 恋 愛 小 説 を 再 び 「 え え 。 ち ょ っ と 、 あ る 人 の 家 を 訪 ね に 」 読 み た い と 願 う な ら 、 彼 を う ま く 操 縦 し て い く し か な い の だ 。 「 あ の 辺 り に あ っ た か ね え : : : 」 「 そ れ な の に あ の 男 と き た ら ー 」 民 家 の 事 情 ま で は い く ら 地 元 の タ ク シ 1 運 転 手 も 知 る ま い 今 さ ら の よ う に 腹 が 立 っ た 。 だ が 、 あ の 小 説 が 現 実 を な ぞ っ て い る の な ら 、 あ る は す だ っ た 。 先 ほ ど 自 分 が 遭 遇 し た 何 と も 後 味 の 悪 い 出 来 事 の 責 任 さ え 、 そ し て ー 実 際 に わ た し は そ れ を 見 つ け た 。 夢 セ ン セ に 転 嫁 し た く な る 。 ピ ン ク の ペ ン キ が 剥 げ か け た 邸 宅 。 そ の 表 札 に は 擦 れ た 文 字 「 そ の マ 1 メ イ ド プ リ ッ ジ に 行 っ て ど う す る ん か ね 、 ね ー ち ゃ か 見 え た 。 う す い な ん 」 碓 氷 名 。 「 ち ょ っ と 取 材 で す 」 小 説 の 中 に 出 て 来 る 〈 涙 子 〉 の 旧 姓 。 間 違 い で は な い 。 涙 子 さ ん の 家 を 探 し 、 夢 セ ン セ が い る か ど わ た し は 一 度 精 算 を 済 ま せ て 降 り 、 イ ン タ ー ホ ン を 押 し た 。 う か を 確 認 す る 。 そ の う え で 、 涙 子 さ ん か ら も 恋 の エ ピ ソ ー ド だ が 、 何 度 押 し て も 誰 も 出 て 来 る 気 配 が な か っ た 。 を 拝 聴 し 、 企 画 書 を 練 り 上 げ る 。 も う リ ミ ッ ト が 迫 っ て い る の 「 あ の 、 す み ま せ ん 誰 か : : : 」 「 ね 1 ち ゃ ん ! 」 「 わ た し 、 伊 豆 高 原 っ て 初 め て 来 ま し た 。 こ こ は 別 荘 地 で す し 、 タ ク シ ー 運 転 手 が 背 後 か ら 叫 ん だ 。 観 光 客 も 多 い ん で す か ? 」 「 そ こ 、 人 住 ん で な い っ て 」 「 観 光 客 ? 夏 は 多 い さ あ 。 で も 夏 の 稼 ぎ で 一 年 間 食 べ て い け る ほ ど 世 の 中 甘 く な い に 。 そ れ に 日 頃 こ こ に 住 ん で い る の は 年 「 ほ れ 、 見 て み い 」 寄 り ば か り さ あ 。 み ん な 夢 の 隠 居 生 活 を 求 め て や っ て く る 。 み 彼 が 助 手 席 の 窓 か ら 身 を 乗 り 出 し て 示 し た の は 、 郵 便 受 け だ っ ん な ね 。 と こ ろ が 、 実 際 に は 足 腰 が 袞 え て 、 一 人 じ や 出 歩 き も た 。 そ こ に は 、 ガ ム テ 1 プ が 貼 ら れ て い た の だ 。 か す 森 品 麿 74

小説トリッパー 2013年冬季号


ベ ス ト ・ オ プ ・ モ 1 ツ ア ル ト 」 「 元 気 が 出 る ワ 1 グ ナ 1 芸 術 は な ぜ あ る の か 、 と い う 問 い で あ る 。 永 瀬 の 生 活 は 今 や 、 こ の 問 い に 自 分 な り の 答 え を 出 す た め に あ っ た 。 そ う で な い 芸 術 は す べ て 、 意 味 不 明 の 、 無 用 な 、 屑 だ 。 凡 庸 に 依 存 す る よ う に な り 、 何 が 凡 庸 か を 判 断 で き な く な れ 恋 人 と の 別 離 か ら 数 年 を 経 た 今 で も 、 彼 は そ の 問 い の 中 に い ば 、 芸 術 は ど こ か の 専 門 家 か ら 下 賜 さ れ た 、 あ り が た い お 品 物 る 。 朝 食 時 に ホ ロ ヴ ィ ッ ツ の 弾 く ス カ ル ラ ッ テ ィ の ソ ナ タ を 聴 い て 動 き を 止 め て も 、 そ れ は 変 わ り が な い 。 で し か な く な る 。 芸 術 に 自 分 ひ と り で 向 き 合 い 、 齧 り つ い て 格 闘 し 、 芸 術 を 発 見 す る こ と が で き な く な る 。 そ れ が 芸 術 へ の 、 こ こ に は 何 か あ る 。 そ う 思 っ た と き か ら 、 彼 の い わ ゆ る 「 言 本 来 の 、 そ し て 唯 一 の 接 し 方 で あ る の に 、 そ の よ う な 接 し 方 は 語 的 イ メ 1 ジ 」 の 活 性 化 が 始 ま っ て し ま っ た 。 こ れ が 始 ま れ ば 、 想 像 す ら さ れ な く な る 。 し ば ら く の あ い だ 彼 の 頭 の 中 は 収 拾 が っ か な く な る 。 過 剰 な 凡 庸 は 危 険 な の だ 。 し か も そ れ は 、 社 会 生 活 か ら 襲 っ ヘ ン デ ル 、 ス カ ル ラ ッ テ ィ ー 一 六 八 五 年 生 ま れ て く る 危 険 で は な い 。 む し ろ プ ラ イ ヴ ェ 1 ト な 生 活 、 自 分 ひ と そ し て ス カ ル ラ ッ テ ィ と い う 三 人 の 偉 大 な 作 曲 家 が 、 同 じ 年 に り の 感 情 や 感 動 と し か 思 え な い も の の 中 に 現 わ れ る 。 恋 人 が 冷 生 ま れ た ー 占 星 術 的 な 奇 跡 と さ え 呼 べ そ う な ー ホ ル へ ・ ル 淡 に な っ て 、 そ の 理 由 に 固 執 す る の は 凡 庸 で あ る 。 恋 人 の 気 持 イ ス ・ ポ ル へ ス が 、 ア メ リ カ の 偉 大 な 詩 人 に つ い て 同 じ こ と を ち が 自 分 か ら 離 れ 、 他 の 男 性 に 惹 か れ る と い う 心 の 動 き は 、 凡 書 い て い た は ず ー ピ ア ニ ズ ム と チ ェ ン バ リ ズ ム ー モ ー ツ ア 庸 で あ る 。 こ れ が 「 過 剰 な 凡 庸 」 だ 。 社 会 生 活 が あ り き た り な ル ト が 皇 帝 の 前 で 競 演 し た の は 、 ス カ ル ラ ッ テ ィ で は な く 、 ク も の で あ る の は 避 け ら れ な い 。 し か し そ れ 以 上 の 、 精 神 生 活 ま レ メ ン テ ィ ー ベ ー ト ー ヴ ェ ン の 初 期 ピ ア ノ ・ ソ ナ タ ー マ ド で 凡 庸 さ に 浸 潤 さ れ る こ と は 、 意 識 し て 避 け な け れ ば な ら な い 。 リ 1 ド だ か ナ ポ リ だ か ポ ル ト ガ ル の 王 女 の た め に 書 か れ た 、 ス カ ル ラ ッ テ ィ の 五 百 五 十 五 曲 の ソ ナ タ ー あ ま り に も 美 し く 整 そ れ は 精 神 の 隷 従 だ 。 洒 落 て 、 芝 居 じ み て さ え い る 、 555 と い う 数 ー 王 女 は プ 1 ラ ン ク の 周 到 な く せ に 気 ま ぐ れ で 、 し ゃ れ た 、 深 刻 な と そ う だ と し て も 、 た だ こ ろ の ひ と つ も な い 和 音 に 、 永 瀬 は 目 を 開 か れ た 思 い だ っ た 。 ホ ロ ヴ ィ ッ ツ 並 み の 名 手 だ っ た か ? そ の 結 果 が 、 こ の ワ ン ル ー ム ・ マ ン シ ョ ン で の 蟄 居 で あ り 、 生 し チ ェ ン バ ロ の 涯 の 仕 事 だ と 密 か に 自 分 自 身 に 課 し た 、 大 き な 問 題 の 出 発 点 だ っ 言 語 の イ メ 1 ジ 群 に 、 目 の ち か ち か す る の さ え 感 じ な が ら 永 瀬 は 、 そ れ で も そ の イ メ ー ジ が 、 飛 翔 を 続 け る う ち 、 少 し ず つ も は や 自 分 に 恋 愛 は い ら な い 。 友 情 や 義 理 は い ら な い 。 そ し 一 応 の 「 文 脈 ー を も っ 文 章 に 着 地 し て い く の を 感 じ た 。 て 永 瀬 は 、 過 剰 な 凡 庸 の 危 険 、 と い う 発 見 ( な ど と 大 袈 裟 に 感 な ぜ バ ロ ッ ク 音 楽 の 巨 匠 の 作 品 に は 、 後 代 の 音 楽 メ カ ニ ズ ム こ れ が 永 じ る の は 恥 す か し か っ た け れ ど : : : ) の 先 に 、 生 涯 を 賭 け て で を 予 見 し て い る と し か 思 え な い も の が あ る の か 。 も 追 求 し な け れ ば な ら な い 、 大 き な 問 い を 見 出 し た 。 瀬 の 感 じ た 、 ス カ ル ラ ッ テ ィ の ソ ナ タ に あ る 「 何 か 」 だ っ た 。 藤 谷 治 38

小説トリッパー 2013年冬季号


か る と お り だ 、 わ り に 合 わ な い 取 引 に は 関 わ る な っ て 教 え て い と い 、 つ こ と は た の さ 。 「 え 、 あ の 人 、 夢 セ ン セ の お 父 さ ん ? 金 曜 日 に ホ テ ル で 聞 い た 言 葉 が 思 い 出 さ れ た 。 「 そ う だ よ 。 似 て な い だ ろ ? 」 ま た 人 魚 姫 ー よ く し ゃ べ る と こ ろ は 似 て い ま す 、 と は 言 え な か っ た 。 偶 然 だ ろ う か ? 「 何 だ 、 ね 1 ち ゃ ん 、 息 子 の 恋 人 だ っ た だ か ! 」 金 曜 日 の 夢 セ ン セ が 『 人 魚 姫 』 の 話 を し た こ と か ら 、 わ た し 「 違 う ! 」 は 自 分 の 過 去 を 振 り 返 っ た 。 そ し て 、 そ の 過 去 が ー 旅 先 で 待 っ わ た し た ち は ほ ば 同 時 に そ う 叫 び な が ら 、 タ ク シ 1 に 乗 り 込 て い た 。 人 魚 姫 と は 違 っ て 、 感 傷 だ と 気 づ い た わ た し は 、 な る ん だ 。 ほ ど 「 わ り に 合 わ な い 取 引 」 に 応 じ て い な い こ と に な る の だ 。 一 度 だ け ー 宿 を 振 り 返 る 。 夢 セ ン セ は 、 受 付 か ら ど こ ま で を 観 察 し て い た の だ ろ う ? け れ ど 、 も う 美 船 君 が そ こ か ら 現 れ る こ と は な か っ た 。 あ る い は ー ー ー 心 の 内 ま で 見 透 か さ れ て る ? サ ヨ ナ ラ を ち ゃ ん と 言 え ば よ か っ た 、 と 思 っ た 。 で も 、 言 っ わ た し は そ ん な 不 信 感 を 抱 き 00 、 な け な し の お 金 で 宿 泊 料 た と こ ろ で ど う な る も の で も な い 。 そ れ こ そ 、 た だ の 感 傷 だ を 支 払 っ た 。 さ よ う な ら 、 い っ か の 王 子 様 。 今 月 は 打 合 せ で 方 々 に 出 か け 、 そ の 都 度 接 待 に お 金 を 使 っ た 。 わ た し は 、 心 の 中 で そ っ と 唱 え た 。 そ の た め 、 領 収 書 を 精 算 す る ま で 口 座 が か ら つ ほ な の だ 。 帰 り タ ク シ ー が ー 走 り 出 し た 。 の 交 通 費 が 足 り る か し ら と 急 に 現 実 的 な 悩 み に 頭 を 痛 め て い る と 、 「 さ 、 で は こ の 金 で 東 京 ま で バ ス で 帰 る か 。 た つ ぶ り 眠 れ る よ 。 こ れ は 、 割 に 合 っ た 取 引 だ ろ ? バ ス な ん て 出 て る ん で す か ? 「 結 構 快 適 だ よ 」 そ う 言 っ て 、 夢 セ ン セ は カ ッ ラ を と る と 、 用 意 し て い た 旅 行 鞄 を 背 負 い 、 出 口 へ 向 か っ た 。 入 り 口 で は 、 あ の タ ク シ 1 運 転 手 が 待 っ て い た 。 ん ? 待 て よ 。 あ の 人 、 こ こ の ご 婦 人 と 夫 婦 だ と 言 っ て い た ぞ 。 バ ス に 乗 る と 、 す ぐ に 夢 セ ン セ は 眠 り 始 め た 。 仕 方 な く 、 わ た し は 『 彼 女 』 の 続 き を 読 み 始 め た 。 わ た し の 心 は 過 去 へ と 遡 り 、 出 会 い の 場 面 か ら を 瞬 時 に 駆 け 巡 っ て い た 。 と き ど き 、 わ た し は 何 度 て も こ う し て ニ 人 の ゼ ロ ・ ポ イ ン ト を 振 り 返 る 。 最 初 に こ そ わ た し と 彼 の あ い だ に 起 こ り ル 付 る す べ て の 萌 芽 が あ る よ う な 気 が し て し ま う か ら だ 83 偽 恋 愛 小 説 家

小説トリッパー 2013年冬季号


わ た し の 心 は 過 去 へ と 遡 り 、 出 会 い の 場 面 か ら を 瞬 時 に 駆 け 巡 っ て い た 。 と き ど き 、 わ た し は 何 度 で も こ う し て 二 人 の ゼ ロ ・ ポ イ ン ト を 振 り 返 る 。 最 初 に こ そ わ た し と 彼 の あ い だ に 起 こ り 得 る す べ て の 萌 芽 が あ る よ う な 気 が し て し ま う か ら だ 。 わ た し は 心 の ど こ か で こ の 再 会 を 望 み 続 け て い た 。 隣 、 空 い て る ? 初 め て 彼 が わ た し に 声 を か け た の は 、 家 庭 科 の 授 業 の 時 だ っ た 。 彼 は 遅 刻 し て 家 庭 科 室 に や っ て く る と 、 し や が み 込 ん で わ た し の 隣 に 現 れ 、 そ う 言 っ た の だ 。 授 業 中 だ っ た こ と も あ り 、 わ た し は 小 さ く 頷 く に と ど め た 。 に つ こ り 笑 っ て 去 っ て い く 彼 の 後 ろ 姿 を ば ん や り と 目 で 追 っ た 。 そ れ か ら 、 首 を 振 る 。 現 実 に 戻 ら な く て は 。 わ た し は 『 彼 女 』 の し お り を 挟 ん で あ る べ 1 ジ を 開 い た 。 し か し 、 ど う に も 気 持 ち が 落 ち 着 か な い 。 ど こ か 浮 遊 感 が あ る 。 窓 の 外 に 、 目 を や っ た 。 「 間 も な く 、 熱 海 に 到 着 い た し ま す 放 送 が 流 れ る 。 青 い 海 を 望 む リ ゾ 1 ト エ リ ア と 、 な だ ら か な 斜 面 に 連 な る 漁 港 の 街 並 み が 見 え て き た 。 わ た し の 気 持 ち は そ の 青 に 吸 い 込 ま れ る よ う に 、 高 校 時 代 へ 帰 っ て い っ た 。 4 そ の 日 は オ リ ジ ナ ル エ プ ロ ン を 作 る 裁 縫 の 授 業 だ っ た 。 わ た し の 隣 で 、 彼 は 何 度 も 針 を 刺 し 損 ね て い た 。 そ の あ ま り に 不 器 用 な 手 つ き に 、 見 か ね て わ た し は 言 っ た 。 不 器 用 ね 。 や っ た げ よ っ か ? 考 え て み れ ば 、 そ れ ほ ど 口 を き い た こ と も な い の に 、 出 過 ぎ た 発 言 だ っ た 。 け れ ど 、 彼 は 黙 っ て 差 し 出 し た 。 サ ン キ ュ 。 代 わ り に 肩 で も 揉 む よ 。 結 構 で す か ら 。 思 わ ず 笑 っ て し ま っ た 。 そ れ か ら 、 少 し ず つ 互 い の 心 の 距 離 が 近 づ い て 行 っ た の だ 。 そ し て 、 迎 え た 高 校 二 年 の バ レ ン タ イ ン の 日 わ た し は 彼 に ラ ブ レ タ 1 を 出 し た の だ 。 名 前 を 書 き 忘 れ た の は 、 意 図 し て の こ と で は な か っ た け れ ど 、 た と え 出 す 前 に そ の こ と に 思 い 当 た っ て も 、 結 局 名 前 を 書 く 勇 気 は な か っ た 気 が す る 。 彼 な ら き っ と わ か っ て く れ る ー そ う 思 っ た し 、 わ か ら な い よ う な ら 気 づ か れ な く て 構 わ な い 、 そ の と き は そ う 思 っ た の だ 。 そ の と き は 彼 は 気 づ か な か っ た 。 翌 日 も ご く 普 通 に 挨 拶 を か わ し 、 楽 し そ う に 冗 談 を 言 う 彼 を 見 て い れ ば 、 彼 が ラ ブ レ タ 1 の 差 出 人 が 誰 か 気 づ い て い な い こ と は 明 白 だ っ た 。 ラ ブ レ タ ー 自 体 が 彼 に 効 果 を 発 揮 し て い な か っ た わ け で は な い 。 そ の 証 拠 に 、 彼 は 授 業 中 に 明 ら か に 思 い つ め た 表 情 で 窓 の 外 を 見 つ め 、 授 業 を 聞 い て い な く て 教 師 に 注 意 を 受 け た り し て 65 偽 恋 愛 小 説 家

小説トリッパー 2013年冬季号


と こ ろ が ー そ の 後 、 法 事 を か ね て 実 家 の あ る 伊 豆 高 原 へ 帰 前 の 日 、 〈 ホ テ ル オ ー ハ ラ 〉 を 出 た 足 で 、 わ た し は 虎 ノ 門 に あ る 井 涙 子 さ ん の 自 宅 を 再 び 訪 問 し た 。 夢 セ ン セ が 愛 の 逃 避 行 省 す る と 、 そ こ で 再 び 〈 本 木 〉 に 出 会 っ て し ま う 。 た く ら 〈 涙 子 〉 は 高 校 時 代 、 〈 本 木 〉 に ラ ブ レ タ 1 を 出 す も 、 名 前 を 書 で も 企 ん で い る の で は 、 と 考 え た の だ 。 埴 井 涙 子 は 現 在 未 亡 人 。 き 忘 れ た た め に 気 づ か れ な か っ た と い う 甘 酸 つ ば い 思 い 出 を 抱 夫 が 生 き て い た 頃 な ら い ざ 知 ら す 、 今 は 二 人 の 恋 を 阻 む も の は え て い た 。 そ ん な こ と も 知 ら ず に 〈 本 木 〉 は 、 美 し く な っ た 〈 涙 何 も な い の だ か ら 。 子 〉 に 想 い を 募 ら せ て ゆ く 。 か っ て 自 分 が 思 い を 寄 せ た 相 手 か と こ ろ か ら の 求 愛 。 嬉 し く な い は ず が な い 。 し か し 、 そ れ で も 本 心 を さ い く ら イ ン タ 1 ホ ン を 鳴 ら し て も 誰 も 出 て こ な い 。 奇 妙 に 思 っ て い る と 、 ち ょ う ど 散 歩 か ら 帰 っ て き た 隣 の 住 民 が 埴 井 邸 の 玄 ら け 出 せ ず 、 過 去 の ラ ブ レ タ 1 に つ い て も 真 実 を 言 え な い 自 分 を 、 〈 涙 子 〉 は 人 魚 姫 と 重 ね 合 わ せ る の だ 。 関 先 に い る わ た し を 見 つ け 、 「 涙 子 さ ん な ら 昨 日 引 っ 越 し た よ こ の ま ま で は 本 当 に 泡 沫 に な っ て 消 え て し ま う : : : と 教 え て く れ た の だ っ た 。 そ う 思 い な が ら 、 彼 女 は 伊 豆 半 島 の 海 岸 で 、 そ よ ぐ 風 に 立 ち た し か 伊 豆 高 原 、 と か 言 っ て た つ け ね え 。 詳 し く は 知 ら つ く す の だ 。 な い ん だ け ど 。 小 説 が 現 実 を 下 敷 き に し て い る な ら ば 、 二 人 に と っ て 伊 豆 高 伊 豆 高 原 ー そ う 聞 い て わ た し に は す ぐ に ピ ン と 来 た 。 『 彼 女 』 原 は 思 い 出 深 い 土 地 で あ る に 違 い な い 。 確 信 し た わ た し は 、 二 の ヒ ロ イ ン 〈 涙 子 〉 の 生 ま れ 故 郷 が 、 伊 豆 高 原 な の だ 。 物 語 は 、 東 京 で 暮 ら す 〈 涙 子 〉 が 、 夫 と 軽 井 沢 で 余 暇 を 過 ) 」 人 が 一 緒 に い る 、 と い う 前 提 に 立 っ て 涙 子 さ ん を 捜 し だ す こ と に し た 。 し て い る と き に 、 〈 本 木 〉 に 偶 然 遭 遇 す る と こ ろ か ら 始 ま る 。 き よ し そ れ に 、 涙 子 さ ん に 聞 い て み た い こ と も あ っ た 。 〈 涙 子 〉 と 夫 の 〈 潔 〉 、 〈 本 木 〉 の 三 人 は 高 校 時 代 の ク ラ ス メ イ そ れ は ト だ っ た の だ 。 〈 潔 〉 も 〈 本 木 〉 も 、 と も に 小 説 家 志 望 で 、 日 々 夢 セ ン セ の 想 い に 応 え た の か 、 否 か 文 章 の 腕 を 竸 い 合 っ て い た 。 『 彼 女 』 の な か の 〈 涙 子 〉 は 、 結 局 逃 げ 続 け た が た め に 最 後 の 最 初 に 〈 涙 子 〉 と 仲 が 良 く な っ た の は 〈 本 木 〉 だ っ た が 、 二 悲 劇 に 結 び つ い て し ま う 。 だ が 、 現 実 は ど う だ っ た の か 。 そ れ 人 は 結 局 想 い を 確 認 し 合 わ な い ま ま 卒 業 式 を 迎 え る 。 そ の 翌 日 、 が ど う し て も 知 り た か っ た 〈 潔 〉 が 〈 涙 子 〉 に 告 白 し て 交 際 が ス タ 1 ト し 、 大 学 卒 業 後 、 一 一 過 去 何 度 か 提 出 さ れ た 夢 セ ン セ の プ ロ ッ ト は ミ ス テ リ も ど き 人 は 結 婚 し た の だ っ た 。 の い た だ け な い 代 物 だ っ た 。 こ れ 以 上 、 夢 セ ン セ の 次 な る プ ロ ッ カ っ て の 想 い に 火 が つ く 〈 涙 軽 井 沢 で の 再 会 を き っ か け に 、 、 ト を 指 を く わ え て 待 っ て い る わ け に は い か な い 。 子 〉 。 や が て 余 暇 は 終 わ る 。 一 時 的 な 気 の 迷 い だ 、 と 言 い 聞 か せ 、 も し 過 去 の 「 続 き 」 が わ か れ ば 、 そ れ を も と に 続 編 を 書 か せ 連 絡 先 も 聞 か ず に 軽 井 沢 を 去 る 〈 涙 子 〉 。 63 偽 恋 愛 小 説 家

小説トリッパー 2013年冬季号


宿 泊 施 設 の 名 を 告 げ る と 、 あ い よ と 威 勢 の い い 声 が 返 っ て く て 。 そ ん な : : : 恥 ず か し く て 、 で き な い よ 。 る 。 齢 六 十 ほ ど の 運 転 手 は 、 初 め か ら エ ン ジ ン 全 開 の ハ イ ス ピ 1 そ の と き 、 ロ で 言 え な い な ら ラ ブ レ タ 1 に す れ ば い い じ ゃ ん 、 ド を 出 す 。 と 彼 女 が 提 案 し て く れ た の だ 。 「 運 転 手 さ ん 、 ス ピ ー ド 出 し す ぎ じ ゃ な い で す か ? 」 わ た し は 彼 女 の 言 う と お り に し た 。 結 局 、 名 前 を 書 か な か っ 「 こ の 辺 り は こ れ く ら い が 普 通 だ に 」 た か ら 、 美 船 君 に 気 持 ち が う ま く 伝 わ っ た の か わ か ら な い 状 態 「 そ 、 そ う な ん で す か ? 」 「 日 本 な ん て ど こ で も た い て い は 海 岸 だ け ん が 、 こ こ は 日 本 の が 卒 業 ま で 続 い た け れ ど 、 気 持 ち は 幾 分 す っ き り し た も の だ 。 あ の 頃 は 、 女 子 同 士 で 騒 ぎ 合 っ て い れ ば 時 間 は 自 然 と 過 ぎ て カ リ フ ォ ル ニ ア だ ら ? だ も ん で 、 車 も 飛 ば さ な に ゃ な ら ん の 」 い っ た し 、 そ れ で 何 も 寂 し い こ と な ん か な か っ た の だ 。 よ く わ か ら な い 理 論 だ 。 そ う し て 、 卒 業 の 日 ま で 、 喜 代 と の 友 情 は 続 い て い た の だ 。 彼 は 豪 快 に 笑 い な が ら 、 窓 を 全 開 に し た 。 潮 風 が 独 特 の 匂 い ど 、 つ し て ? そ れ な の に を 帯 び な が ら 車 内 に 入 っ て く る 。 真 っ 青 な ア メ リ カ 西 海 岸 の 海 今 日 、 美 船 君 と 一 緒 に い た 女 、 あ れ は ー 間 違 い な く 、 喜 代 と は 違 う 、 薄 ば ん や り と し た 色 は 、 そ れ は そ れ で 何 と も 言 え ぬ だ っ た 。 あ の 頃 み た い に 肌 は こ ん が り 焼 け て は お ら ず 、 太 陽 を 情 緒 を 醸 し て い る 。 灰 色 の 空 を 映 し て 曖 味 な 色 彩 を 帯 び た 海 を 見 て い る と 、 心 は 知 ら な い よ う に 白 か っ た け れ ど 、 間 違 い な い 彼 女 は 、 美 船 君 の こ と が 好 き だ っ た の だ ろ う か ? 再 び 遥 か 昔 に さ か の ば っ て い く 。 あ の 頃 か ら ? 高 校 二 年 の 頃 ー わ た し は 喜 代 と い う ク ラ ス メ イ ト の 女 子 と そ れ と も 、 卒 業 後 、 好 き に な っ た ? 友 達 に な っ た 。 自 分 と は 正 反 対 で 、 サ バ サ バ と し た タ イ プ の 子 そ れ な ら わ か る 。 人 生 に は 何 が 起 こ る か わ か ら な い 。 偶 然 が だ っ た 。 彼 女 は 美 船 君 と も 、 同 じ テ ニ ス 部 と い う こ と で 仲 が よ 二 人 を 引 き 寄 せ た と い う の な ら 納 得 で き る の だ 。 か っ た 。 し か し ー も し も 高 校 時 代 か ら 好 き だ っ た の だ と し た ら 、 わ そ ん な こ と も あ っ て 、 わ た し は あ る 時 、 喜 代 に 自 分 の 想 い を た し は 完 全 に 騙 さ れ て い た こ と に な る 。 打 ち 明 け た 。 「 ど 、 つ で も い い こ と じ ゃ な い 、 今 さ ら な ん だ 、 ツ ッ キ ー 、 美 船 な ん か が 好 き な の ? ち ょ っ と 「 ん ? ね 1 ち ゃ ん 何 か 言 っ た ? 」 そ れ 趣 味 悪 く な い ? 笑 っ ち ゃ う ん だ け ど 。 心 の 中 の つ ぶ や き の つ も り が 、 い つ の 間 に か 口 を つ い て 出 て こ ん が り と 日 に 焼 け た 太 腿 を 机 の 上 で ど か っ と 組 み 、 朗 ら か し ま っ て い た よ う だ 。 に 笑 っ て 彼 女 は そ う 言 っ た 。 「 あ 、 い え : : : す い ま せ ん 。 あ と 何 分 く ら い で す か ? ー 告 白 す れ ば い い じ ゃ ん 。 ア イ ツ な ら き っ と 簡 単 に 落 ち る つ よ わ い 67 偽 恋 愛 小 説 家

小説トリッパー 2013年冬季号


お っ し ゃ 「 今 、 警 護 っ て 仰 っ て い ま し た が 、 だ っ た ら ど う し て : : : 」 と 警 備 員 が 飛 ん で 来 て 、 早 く 車 を 退 け る よ う に 催 促 さ れ る の だ 。 「 あ な た は ? 」 「 い っ た い 何 事 で す か ー 刑 事 か 聞 い た 。 警 備 員 が パ ト カ 1 か ら 降 り て き た 背 広 姿 の 男 に 突 っ か か っ て 里 美 が 言 い か け る と 、 「 事 情 は 病 院 に す で に お 伝 え し て い ま す 。 「 銃 で 撃 た れ た 、 こ ち ら に 入 院 し て い る 患 者 さ ん の こ と を 調 べ と に か く こ こ は す ぐ に 移 動 さ せ ま す か ら 、 と 刑 事 は 里 美 を 無 視 し て 、 く る り と 背 を 向 け る と 制 服 警 察 官 を 集 め 始 め た 。 に き た ん で す 」 里 美 は 追 い か け る こ と は し な か っ た 。 マ ス コ ミ の カ メ ラ ク ル 1 「 お 仕 事 で あ る こ と は 分 か り ま す が 、 こ こ は 救 急 車 が 入 っ て 来 が 押 し か け て 来 た か ら だ 。 セ ン タ 1 へ 戻 っ た 里 美 は 、 ガ ウ ン テ る 場 所 で し て 、 こ ん な 状 態 で は ク ニ ッ ク を し て か ら に 足 を 踏 み 入 れ る と 、 看 護 師 長 が 声 「 警 護 の 準 備 を し た ら す ぐ に そ う さ せ ま す . を か け た 。 刑 事 は 相 手 に し な い 風 だ っ た 。 「 あ あ 、 結 城 さ ん 、 吉 村 先 生 、 個 室 に い ら っ し や る わ よ 、 「 そ れ っ て 、 昨 夜 の あ の 事 件 で す か ? •- そ う 言 っ て 看 護 師 長 は 、 一 番 奥 の 個 室 へ 視 線 を 投 げ か け た 。 里 美 が 割 っ て 入 っ た 。 氷 川 は 看 護 師 た ち の 肩 越 し に 、 そ の 〈 104 号 室 〉 と 名 付 け 「 え え 」 と 言 っ て 、 刑 事 は 怪 訝 な 表 情 を 里 美 に 投 げ か け た 。 ら れ た 個 室 を 見 つ め た 。 そ こ は 低 体 温 療 法 を 行 う 頭 蓋 内 疾 患 患 「 お 名 前 分 か っ た ん で す か ? 」 者 か 、 感 染 症 の 危 険 性 が 高 い 患 者 を 収 容 す る た め の 、 六 畳 半 ほ 里 美 が 聞 き た か っ た の は そ の こ と だ っ た 。 ど の 広 さ の ガ ラ ス 張 り の 部 屋 で あ る 。 ガ ラ ス 越 し に 、 吉 村 が 背 「 い え 、 ま だ 」 を 向 け て 佇 ん で い る の が 見 え た 。 刑 事 が 硬 い 表 情 の ま ま だ っ た 。 浅 田 次 郎 定 価 1 、 575 円 ( 税 込 み ) 四 六 判 上 製 296 頁 一 SBN ) 978 ・ 46 2509595 降 霊 会 の 夜 浅 田 次 郎 至 高 の 恋 愛 小 説 で あ り 一 級 の 戦 争 文 学 で あ り 極 め つ き の 現 代 怪 異 譚 謎 め い た 女 の 手 引 き で 降 霊 の 儀 式 に 導 か れ た 初 老 の 男 。 齎 死 者 と 生 者 が 語 り 合 う 禁 忌 に 店 新 書 日 は 朝 魅 入 ら れ た 男 が 魂 の 遍 歴 の 末 に 見 た も の は ・ お < A S A H ー 239 背 面 捜 査