検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 10 武者小路実篤 集

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集から 133件ヒットしました。

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


自 分 は 夏 休 み に 相 変 ら - す 金 田 ど 去 ラ 海 岸 に 行 っ た 。 お - 貞 第 : 、 を : さ ん も お 静 き ん と 一 週 間 許 勺 金 田 に 来 。 ( 「 初 恋 」 厂 . ト 、 、 , ま ・ 三 浦 半 島 を 金 田 海 岸

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


ひ ん し ゆ っ の 頻 出 に 決 し て 劣 ら な い 書 は 頭 痛 の 書 」 と い う 状 況 に な っ て い っ た の で あ る 「 彼 女 の 後 ろ 姿 を 見 て 、 彼 女 こ そ 自 分 を 救 い 得 る 人 だ 学 校 の 生 活 、 群 集 の 生 活 に も あ き て 、 「 好 め る 人 の み と 思 っ た 。 そ れ と 同 時 に 自 分 こ そ 彼 女 を 救 い 得 る も し い と っ た 」 と 、 田 舎 に 住 み た い 。 な ん な ら 孤 独 で も 、 の だ と 思 っ た 」 と い う よ う な こ と ば も 出 て く る 。 都 会 化 さ れ つ つ あ っ 「 タ 食 後 、 電 燈 を つ け て 本 を 読 ん で い た ら 彼 女 が 通 っ た 東 京 の 軽 薄 な 近 代 文 明 そ の も の の 恩 恵 を 蒙 り ば な し ち ゃ っ ち ょ 最 も 通 る べ き 時 に 通 っ た 。 自 分 は 幾 度 か 躊 躇 し と い う 状 况 に は 堪 え ら れ す 、 田 園 生 活 を し き り と 望 む 。 と く と み ろ か た が 、 思 い 切 っ て 門 に 出 て 何 気 な く 彼 女 の 帰 る の を こ れ は 、 当 時 の 徳 富 蘆 花 の 「 美 的 百 姓 生 活 」 と も 関 係 ト ル ス ト イ の し つ ば が こ 、 つ い 、 つ 待 っ て い た 」 「 午 後 、 彼 女 の 帰 る の が お そ い 、 窓 に の あ る 考 え か た だ が 、 よ っ て 待 っ て い る が お そ い 、 何 と な く 淋 し い 」 か た ち で 残 存 し て い っ た こ と は 事 実 で あ る 。 「 彼 女 の こ と を 思 う と 淋 し い 。 彼 女 も 淋 し い だ ろ う と 武 者 小 路 の 初 期 の 恋 愛 体 験 は 、 「 お 貞 さ ん 」 と 呼 ば 思 う 。 こ の 淋 し さ に 打 ち 克 つ に は 自 分 は 一 歩 進 ま な れ て い る 女 性 、 小 間 使 い の 「 ま き 」 と 呼 ば れ て い る 女 け れ ば な ら な い 。 自 分 は 進 ん で 見 せ る 」 性 、 の ち 、 『 お 目 出 た き 人 』 に 出 て く る 「 鶴 」 と 呼 ば い わ ば こ う い う か た ち の 進 行 、 昻 揚 、 挫 折 、 克 服 の れ て い る 女 性 、 と い う ふ う に 展 開 す る 。 こ れ ら は 、 い ス タ イ ル が 原 型 と な っ て い る 。 そ れ は 、 ま こ と に 「 お ず れ も 、 正 式 の 恋 愛 と い え る も の で は な く 、 彼 の 側 か ら の 一 方 的 な 恋 情 に 終 始 し た ま こ と に う ぶ な も の で あ 目 出 た い 」 姿 の 恋 情 で は あ る が 、 そ の 「 お 目 出 た さ 」 の 持 っ 純 粋 さ は 無 類 で あ り 、 世 の わ け 知 り の 恋 の 絵 解 っ た が 、 実 は 、 こ の よ う な 類 の も の を 彼 は 「 失 恋 」 と い う か た ち で と ら え 、 し か も 、 こ の 「 失 恋 」 に め げ す 、 き や 、 打 算 を 内 に 含 ん だ 恋 の 心 理 や 遊 戯 で は ま っ た く む し ろ こ の 「 失 恋 」 を テ コ に し て 立 ち 直 っ て い い う ス タ イ ル の な か に 、 武 者 小 路 そ の 人 を 明 白 に み る 四 こ と が で き る の で あ る 。 そ の ス タ イ ル は 、 『 お 目 出 た き 人 』 か ら 『 友 情 』 を 経 て 『 愛 と 死 』 に ま で 貫 な っ て 志 賀 直 哉 を は じ め と す る 学 習 院 時 代 の 友 人 の 存 在 、 彼 の 日 「 に も 、 『 ~ 以 る 男 』 に も 、 ま こ と に 、 フ る そ れ こ れ が 武 者 小 路 の 人 生 に 大 き く か か わ っ て い さ い ほ ど 、 彼 女 ら の 話 が 出 て く る 。 そ れ は ト ル ス ト イ 460

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


の 出 来 る 仕 事 と は 思 わ な い 。 四 五 人 間 を 向 上 さ せ る 仕 事 の 方 が 、 人 間 を 堕 落 さ せ る 仕 事 よ り 、 高 尚 な こ と は 言 う ま で も な い と 思 う 。 隣 人 愛 に な っ て 、 人 間 は 本 当 の 利 己 愛 か ら 飛 躍 出 来 、 ま し か し こ こ に も 例 外 は あ り 、 そ う い う 仕 事 を し て い る も た つ ま ら ぬ 心 配 か ら 超 越 出 来 る の だ 。 男 女 の 愛 に し ろ 、 親 の に 善 人 が 居 、 真 面 目 な 仕 事 を す る も の に 悪 人 が い る と い 子 の 愛 に し ろ 、 利 己 的 な 分 子 が な い と は 言 え な い 、 そ れ 以 う こ と も 、 必 ず し も な い と は 思 わ な い 。 上 自 分 達 中 心 で 、 排 他 的 に な る 恐 れ が あ る 。 そ の 上 相 手 が し か し 先 ず 仕 事 と し て は 、 真 面 目 な 仕 事 を 選 び 、 自 己 を き ま っ て い て 、 そ れ が い っ 死 ぬ か わ か ら な い も の で あ る 。 正 し く 生 か そ う と す る こ と が 大 事 な の は 言 う ま で も な い と 自 分 と ち が わ な い 。 一 個 の 人 間 に 過 ぎ な い 。 思 う 。 し か し 隣 人 愛 に な る と 、 相 手 は 誰 と き ま っ て い な い 。 個 恋 愛 に つ い て は 前 に か い た こ と の く り 返 し を か い て も 仕 人 の 場 合 も あ り 得 る が 、 そ れ は 誰 と は き ま っ て い な い 、 何 方 が な い と 思 う が 、 よ き 子 を 生 み 、 よ き 子 を 育 て る た め 百 、 何 千 、 何 万 と い る 人 間 を 愛 す る の だ か ら 、 も っ と 本 当 に 、 男 女 が 理 想 的 に 協 力 す る よ う 恋 愛 は 与 え ら れ て い る の こ と を 言 う と 、 個 人 の 人 間 で は な く 、 自 分 の う ち に あ る と 、 僕 は 信 じ て い る 。 だ か ら 本 当 の 恋 で 結 婚 し た 夫 婦 か ら 人 間 、 た と え を か り て 言 え ば 、 木 の 枝 が 幹 に 対 す る 愛 の よ 一 番 立 派 な 子 供 が 生 ま れ て い い は ず と 思 う が 、 ま ち が っ た う な も の で 、 個 人 と い う よ り は も っ と 大 き な 社 会 と か 、 仲 恋 愛 に ひ っ か か っ た り 恋 愛 そ の も の に ひ っ か か っ た 、 い っ 間 と か 、 国 家 と か 、 あ る い は 人 類 と か い う 大 き な 人 間 の か ま で も 恋 愛 を た の し み た い と 思 う 、 恋 愛 病 患 者 は 、 面 白 く た ま り に 対 す る 愛 な の だ 。 な い と 思 う 。 性 欲 は 一 生 つ い て ま わ る か と 思 う が 、 本 当 の つ ま り 自 分 が 奉 仕 出 来 る 相 手 な の だ 。 個 人 に 奉 仕 す る の 恋 愛 は 一 遍 で い い の だ と 思 う 。 そ し て 一 遍 で 正 し く 卒 業 出 で は な く 、 社 会 と か 、 国 と か 、 人 類 と か 、 も っ と 抽 象 的 に い え ば 真 理 と か を 愛 す る 心 な の だ 。 生 来 、 真 面 目 な 家 庭 生 活 が 出 来 、 よ き 親 と な り 、 性 欲 の 調 和 人 も と れ た 夫 婦 が 一 番 健 康 な 、 仕 合 わ せ な 夫 婦 と 言 え る よ う こ れ は 性 欲 や 、 恋 愛 や 、 親 子 の 愛 に く ら べ る と 、 ず っ と あ わ と に 思 う 。 ど こ と い っ て 淡 い 、 は っ き り し た 相 手 が 頭 に 浮 か ば な い 、 母 の 愛 に つ い て は 、 最 初 に か い た こ と で 十 分 僕 の 言 い た っ か み ど こ ろ の な い 愛 情 な の で 、 人 に よ っ て は こ の 愛 を 感 い こ と は か い た と 思 う 。 母 の 愛 は 讃 美 す る 。 じ な い か も 知 れ な い 。 あ ま り に 自 分 の こ と を 考 え て い る 人 は 、 人 間 に こ う い う 愛 が 与 え ら れ て い る こ と に 、 つ い 気 が

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


い っ き か せ い こ の 「 友 情 』 は 、 「 は と ん ど 一 気 呵 成 と い っ た ス ピ ー 大 な 対 話 篇 に 他 な ら な い 」 と 力 説 し た こ と が あ る が 、 彼 の 対 話 の 妙 味 は 、 戯 曲 、 雑 感 、 な ど に お い て 、 も っ ト の あ る 文 章 」 で 書 か れ て い る が 、 「 そ れ で い て 痒 い と も 巧 妙 に 発 揚 さ れ る 。 平 凡 な 日 常 の こ と ば を や す や と こ ろ へ 手 が と ど い て い る 」 と っ て い る カ ま さ に そ の 通 り で あ る 。 「 こ れ は 恋 愛 小 説 で あ り 、 失 恋 小 説 す と 使 っ て 、 彼 は ど 妙 味 の あ る 対 話 を 構 築 す る 作 家 は に ー し な い 。 妙 味 と い う 言 葉 は 、 彼 の た め に あ る よ で も あ る が 、 他 面 で は 、 友 人 の 恋 愛 に 同 情 し て 、 あ ら 他 う な も の だ 。 「 人 間 万 歳 」 の よ う な 、 あ っ け ら か ん と ん か ぎ り の 誠 意 を つ く す 友 情 の 物 語 で も あ る 。 ま た 自 分 の 恋 人 を う ば っ た 恋 仇 で は あ る が 、 そ の 友 人 の 真 価 し た 、 空 想 を バ ネ と し た 作 品 が 、 「 新 し き 村 」 の 苦 渋 は 一 点 の 曇 り も な く み と め 、 そ の 友 人 へ の 愛 情 と 尊 敬 な 進 行 過 程 の な か か ら 生 ま れ た こ と を 忘 れ る べ き で は を 少 し も 失 わ な い と い う 、 男 ら し い 理 想 主 義 的 な 友 情 な か ろ う 。 武 者 小 路 文 学 は 、 い つ も 同 じ だ と 軽 く 一 蹴 の 物 語 で も あ る 。 こ の 小 説 が 清 純 な 恋 愛 小 説 で あ り 、 す る 向 き も あ る が 、 「 幸 福 者 』 と い い 「 友 情 』 と い 失 恋 小 説 で あ り な が ら 、 男 性 間 の 晴 れ や か な 愛 情 を 意 『 人 間 万 歳 』 と い い さ ら に そ の 逆 の 「 愛 慾 』 と す べ て 変 り 種 の 見 本 が こ こ に 集 中 し て い る さ ま 味 す る 題 名 を 冠 せ ら れ た 理 由 が そ こ に あ る 」 と い う ま は 、 ち ょ っ と し た 壮 観 で す ら あ る 。 こ と に 的 確 壥 な 評 価 が 下 さ れ て も い る 。 『 友 情 』 が ゆ え ん 永 遠 の 青 年 の 書 と し て 愛 好 さ れ て き た 所 以 が よ く 理 解 て 医 、 レ 、 つ 七 亀 井 勝 一 郎 は 、 「 武 者 小 路 文 学 と は 、 全 体 と し て 巨 大 正 十 二 年 、 関 東 大 震 災 を 機 縁 に し て 「 白 樺 」 は 、 さ さ か も ~ え る 巻 を 閉 じ る が 、 「 白 樺 」 的 様 相 は 、 い こ と な く 、 長 與 ら の 「 不 二 」 に ひ き つ が れ 、 と く に 「 大 ; 和 」 へ と 受 け つ が れ て い 勿 論 、 初 期 「 白 樺 」 が 持 っ て い た 旺 盛 な 創 造 カ そ の も の の 進 展 と い う ふ う に ふ と う う は い か ぬ が 、 ど ん な 時 代 が 来 よ う と も 、 不 倒 翁 の 構 え を 喪 失 す る こ と は な か っ た 。 埼 玉 の 新 し き 村 で ( 昭 和 40 年 ) そ う し つ

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


そ の 時 自 分 は こ う 答 え る 。 そ う し て 鶴 も 評 判 さ れ て い る だ ろ う と 思 っ た 。 鶴 は 大 久 「 え 、 見 初 め て 結 婚 し た の で す 。 残 念 な が ら 真 の 恋 を 幾 分 保 か ら 電 車 で 学 校 に 通 っ て い る 。 か 知 っ た 僕 に は 貴 君 の よ う に 多 く の 女 に 興 味 を 持 っ こ と は 友 は 評 判 さ れ て い る 二 三 の 女 に つ い て 人 か ら 聞 い た こ と を 話 し た 。 出 来 ま せ ん 。 何 で も ご ざ れ と は ゆ ぎ ま せ ん 」 に が む し こ う 云 っ て 自 分 は 苦 虫 を つ ぶ し た よ う な 顔 を す る だ ろ 自 分 は そ の 女 を 知 ら な い 。 だ か ら 評 判 さ れ て も 別 に 何 と お も ら や う 。 そ う し て 座 は そ れ が 為 に 白 ら け る で あ ろ う 。 し か し 自 も 思 わ な い 。 し か し 鶴 が 評 判 さ れ て は 困 る 。 女 を 玩 弄 物 の く ら は 分 に は ま だ そ う 云 う 時 に 超 絶 す る こ と は 出 来 な い 。 よ う に 田 5 っ て い る 人 々 の ロ の 端 に の ・ ほ る の は い や だ 。 鶴 は は で む ぞ う さ こ の こ と に 超 絶 す る こ と が 出 来 れ ば 自 分 は も う 道 学 者 じ 華 美 な 女 で は な い 。 そ う し て 粗 末 な 着 物 を 無 雑 作 に 着 て 居 ら よ っ と ゃ な い 。 教 育 家 で も な い 。 そ う し て も し そ の 時 皆 が 黙 っ て る ( 少 く も 去 年 迄 は ) 一 寸 人 目 に は つ か な い 女 だ 。 し か し い た ら 自 分 は 話 頭 を か え る で あ ろ う 。 し か し な お 自 分 を 嘲 美 し い 、 な ん と 云 っ て も 、 ど ん な 風 し て も 美 し い 。 そ う し 笑 す る 人 が あ っ た ら 、 自 分 は 黙 っ て 帰 る に ち が い な い と 思 て 可 憐 だ 。 男 を ひ き つ け る 所 が あ る 。 マ リ ア の よ う な 顔 の っ た 。 こ う 思 っ た 時 自 分 は 微 笑 ん だ 。 形 。 ビ ー ナ ス の よ う な 目 。 十 一 時 半 頃 自 家 に 帰 っ て 、 す ぐ っ め た い 寝 床 に 入 っ た 。 餓 え た る 男 の 目 を の が れ る こ と の 出 来 な い 女 で あ る 。 鶴 は も う 少 数 な 人 に は 評 判 さ れ て い る に ち が い な い と 思 う 。 四 こ の こ と は 神 聖 な る も の を 穢 さ れ た よ う な 気 が す る 。 鶴 二 月 一 日 の 晩 に 中 野 の 友 が 来 た 。 を 恋 し 得 る 資 格 の あ る 人 は 自 分 一 人 で あ り た い 。 鶴 の 個 性 こ の 人 は 自 分 の 今 の 恋 を 知 っ て い る 。 今 大 学 の 文 科 に 通 は た だ 自 分 の 個 性 と の み 夫 婦 に な り 得 る よ う に 自 分 は 五 年 っ て い て 、 自 分 と 学 習 院 の 時 同 窓 だ っ た 人 だ 。 三 十 日 の 同 前 か ら ど う し て か 迷 信 し て い る の だ 。 さ れ ば 自 然 は 自 分 を 人 き 窓 会 に も 来 て 居 た 。 し て 鶴 を 話 し す る こ と も な く し て 強 く 恋 し 得 る よ う に さ せ 、 ろ 、 ろ 話 を し た が 、 自 分 に 忘 れ ら れ な い 印 象 を 与 え た た の だ と 思 っ て い る の だ 。 目 言 葉 は 、 鶴 を 恋 し て い る 人 は い な い か も 知 れ な い 。 し か し そ う 考 お 「 美 し い 女 の 人 で 電 車 に の っ て 学 校 に 通 っ て い る 人 は す ぐ え 得 る 程 に は 自 分 は 目 出 度 く な い 。 評 判 に な る ら し い ね 」 と 云 う 言 葉 で あ っ た 。 自 分 は 「 そ う 鶴 を 恋 し て い る 人 が あ る と す る 。 そ の 人 の 性 格 が 気 に か だ ろ う 。 皆 美 し い 女 に 餓 え て い る か ら ね 」 と 云 っ た 。 か る 。 も し 真 に 鶴 を 恋 し て 居 る 真 面 目 な 人 が あ る な ら ば 、 ほ は え

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


明 治 四 十 四 年 五 月 、 実 篤 は 北 海 道 の 物 に 有 島 武 郎 を 訪 ね 、 そ の 帰 路 実 篤 が 第 二 の 母 と も 呼 ん だ 「 初 恋 」 の 人 お 貞 さ ん を 月 樽 に 訪 ね た 。 そ の 胸 の う ち は 「 誕 生 日 に 際 し て の 妄 想 」 「 或 る 日 の 夢 」 な ど に 切 々 と 語 ら れ て い る 。 今 日 は む よ り 小 樽 に ゆ か ん 。 わ が 第 二 の 母 の い ま す 所 へ 。 ( 「 誕 生 日 に 際 し て の 妄 想 」 ) 北 海 道 有 島 農 場 大 正 九 年 三 月 、 実 篤 の 無 二 の 親 友 で あ る 志 賀 直 哉 氏 が 宮 崎 県 の 「 新 し き 村 」 を 訪 れ た 。 そ の 折 、 二 人 は 青 島 に 遊 ん だ 。 宮 崎 県 青 島 と そ の 海 蝕 岩

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


ろ う か 自 序 野 島 が 初 め て 杉 子 に 会 っ た の は 帝 劇 の 二 階 の 正 面 の 廊 下 だ っ た 。 野 島 は 脚 本 家 を も っ て 私 か に 任 じ て は い た が 、 芝 ま れ 人 間 に と っ て 結 婚 は 大 事 な こ と に は ち が い な い 。 し か し 居 を 見 る 事 は 稀 だ っ た 。 此 日 も 彼 は 友 人 に 誘 わ れ な け れ ば 唯 一 の こ と で は な い 。 す る 方 が い い し な い 方 が い い 、 ど 行 か な か っ た 。 誘 わ れ て も 行 か な か っ た か も 知 れ な い 。 そ っ ち も い い 。 同 時 に ど っ ち も わ る い と も 云 え る か も 知 れ な の 日 は 村 岡 の 芝 居 が 演 ら れ る の で 、 彼 は そ れ を 読 ん だ 時 か へ い こ う し か す す 。 し か し 自 分 は 結 婚 に 就 て は 楽 観 し て い る も の だ 。 そ し ら 閉 ロ し て い た か ら 。 然 し 友 達 の 仲 田 に 勧 め ら れ る と 、 ふ て 本 当 に 恋 し あ う も の は 結 婚 す べ き で あ る と 思 う 。 し か し と 行 く 気 に な っ た 。 そ れ は 杉 子 も 一 緒 に 行 く と 聞 い た の 恋 に も い ろ い ろ あ る 。 一 概 に は 云 え な い 。 こ の 小 説 の 主 人 で 。 公 は 杉 子 と 結 婚 し な か っ た 為 に 他 の 女 と 結 婚 し た ろ う 。 そ 彼 は 杉 子 に 逢 っ た こ と は な か っ た 。 し か し 写 真 で 一 度 見 し て 子 が 生 れ た ろ う 。 そ の 子 が 男 で 、 大 宮 と 杉 子 の 間 に 出 た こ と が あ っ た 。 そ れ は 友 達 三 四 人 と う っ し た 十 二 三 の 時 来 た 女 の 子 を 恋 し て 結 婚 す る と い う こ と も 考 え ら れ な い こ の 写 真 だ っ た が 、 彼 は そ の 写 真 を 何 気 な く 何 度 も 何 度 も 見 と で は な い 。 そ し て 両 方 が お 互 に 生 れ た こ と を 感 謝 し あ う な い わ け に ゆ か な か っ た 。 皆 の 内 で 杉 子 は 図 ぬ け て 美 し い と 云 う こ と も あ り 得 な い こ と で は な い 。 ば か り で は な く 、 清 い 感 じ が し て い た 。 彼 は そ の 写 真 を 机 情 夫 婦 の こ と は 何 処 か 他 の 処 で 書 こ う 。 の 前 に 飾 っ て お い た ら 、 き っ と い い 脚 本 が か き た く な る だ ま ね 自 分 は こ こ で は ホ イ ッ ト マ ン の 真 似 し て 、 失 恋 す る も の ろ う と 思 っ た 。 し か し 彼 は 仲 田 に 写 真 を く れ と は 云 え な か も 万 歳 、 結 婚 す る 者 も 万 歳 と 云 っ て お こ う 。 っ た 。 そ し て 其 後 仲 田 の 処 へ 行 っ て も も う 一 度 そ の 写 真 を 見 せ て も ら う こ と は 出 来 な か っ た 。 そ し て 当 人 に も 逢 う こ 実 篤 と は 出 来 な か っ た 。 一 度 、 声 を 聞 い た こ と が あ る よ う に 思 友 情 上 篇 こ の ひ そ

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


大 宮 は 笑 っ た 。 「 し か し 其 処 が 君 の い い 所 さ ー と 慰 め る の か 、 か ら か う の か わ か ら な い よ う に つ け 加 え た 。 そ れ か ら 一 週 間 程 た っ て 、 大 宮 の 従 妹 が 、 大 宮 の 母 と 一 野 島 は 帰 っ て か ら も 大 宮 が 、 杉 子 の 歌 の う ま い と 云 う こ 緒 に 別 荘 に 来 た 。 大 宮 の 従 妹 は 武 子 と 云 っ て 、 杉 子 よ り 一 と 、 君 は 仕 合 せ 者 だ と 云 っ た こ と を よ く 思 い 出 し た 。 そ し つ 上 だ が 、 ま だ 固 い 蕾 の よ う な 所 が あ っ た 。 杉 子 は 一 つ 齢 て 早 川 が 自 分 に と っ て 大 敵 だ と 云 う こ と も 痛 切 に 感 じ た 。 下 で も 既 に 咲 き か け た 花 の よ う な 所 が あ っ た が 。 け い べ っ し よ う ふ く 彼 は 早 川 を 愛 し て は い な か っ た 。 軽 蔑 し 、 又 憎 み た か っ 武 子 の 父 は 可 な り 有 名 な 政 治 家 で 、 武 子 は 妾 腹 の 子 で あ た 。 し か し そ の 動 機 が あ ま り 見 え す く の で 彼 は 早 川 の こ と っ た 、 母 の ゆ く え は わ か ら な か っ た 。 そ し て 大 宮 の 母 に 一 か え を 反 っ て あ ま り 悪 く は 云 え な く な っ た 。 存 外 い い 人 間 か も 番 な っ き 、 前 に も 云 っ た よ う に 大 宮 の こ と を 兄 と 呼 ん で い 知 れ な い と 理 屈 で 思 っ た り し た 。 し か し 早 川 が 杉 子 の 母 に こ び て い る の を 見 る と 、 い や な 気 が し た 。 又 杉 子 自 身 に た 杉 子 は 豊 な 感 じ の す る 女 だ っ た が 、 武 子 は 少 し や せ た 、 い し て も お 世 辞 を 露 骨 に 云 っ て い る の を 見 る と 、 自 分 は そ 感 情 家 で 、 思 っ た こ と は な ん で も 云 う 質 だ っ た 。 妾 腹 の 子 わ が ま ま ん な 真 似 は し た く な い と 思 っ た 。 に 似 合 わ ず 、 武 子 は 我 儘 な 勝 気 な 、 そ の く せ 情 に も ろ い 所 ま ね 自 分 は 恋 す る 女 の 為 に 卑 し い 真 似 は し た く な い 、 自 分 を が あ っ た 。 益 々 立 派 に し た く 思 う だ け だ 、 自 分 の 妻 に な る 人 間 に 自 分 野 島 は 初 め て 武 子 を 見 た 時 に 、 杉 子 と は 比 べ も の に な ら お よ の ん き を あ ざ む く こ と は 凡 そ 恥 か し い こ と だ 。 自 分 の 真 価 を 知 っ な い 、 女 の 様 な 気 の し な い 女 と 思 っ た 。 そ し て 反 っ て 呑 気 て く れ て 、 そ れ で も く る 気 が 出 な い 女 、 そ ん な 女 は 用 は な 冫 一 一 = ロ カ 出 来 た 。 ラ ス キ ン は 、 「 耶 蘇 教 を 信 じ る 」 と 云 え な か っ た 為 計 話 し て い る 内 に 彼 は 武 子 の 思 っ た よ り も 美 し く 、 利 ロ な り に 、 失 恋 し て 、 病 気 に ま で な っ た と 野 島 は 記 憶 し て こ と に 気 が つ い た 。 し か し 杉 子 と は く ら べ も の に な ら な い 情 る そ し て そ れ で こ そ ラ ス キ ン だ と 0 た 。 正 直 な 男 と 云 と 思 0 た 。 益 々 彼 は 杉 子 の 美 し さ を 感 じ た 程 だ 「 た 。 う 傲 り を 失 っ て ま で 、 女 を 獲 よ う と す る こ と は 彼 に は あ ま 武 子 が 来 て か ら は 杉 子 も よ く あ そ び に 来 た 。 一 緒 に 海 に 恥 か し い こ と だ 。 そ れ は 自 分 の 一 生 を 汚 す こ と だ 。 彼 は も 入 っ た 。 野 島 も 今 迄 よ り 杉 子 と 呑 気 に 話 す こ と が 出 来 る っ ー い く ら 恋 し て も 自 分 の 傲 り を 捨 て る こ と の 出 来 な い 人 間 だ よ う に な っ た 。 彼 は 杉 子 を 恋 し て い る よ う に 思 わ れ る の は い や で 、 杉 子 に 話 す 時 は 、 武 子 に も 話 し 、 一 一 人 を 同 じ よ う こ 0 つ ほ み た ら

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


明 治 三 十 年 ( 一 八 九 八 ) 十 一 一 歳 学 習 院 中 等 科 入 学 。 前 年 か ら 一 家 で 、 毎 夏 三 浦 半 島 金 田 へ ゆ く 。 こ す け こ と こ に は 叔 父 ( 母 の 弟 ) 勘 解 由 小 路 資 承 が 住 ん で い て 、 実 篤 が 、 一 生 で 強 く 影 響 を 受 け た 人 々 の 第 一 に 名 を あ げ て い る 。 学 習 院 時 代 、 得 意 な 課 目 は 数 学 と 読 書 、 不 得 意 は 音 楽 、 習 字 、 図 画 、 作 文 だ っ た 。 明 治 三 十 ニ 年 ( 一 八 九 九 ) 十 四 歳 明 治 十 八 年 ( 一 八 八 五 ) 十 二 月 十 一 一 日 、 深 く 愛 し た 姉 伊 嘉 子 死 す 。 平 田 家 に 嫁 し て 一 年 、 紀 五 月 十 一 一 日 、 東 京 市 麹 町 区 元 園 町 一 ノ 三 八 ( 現 在 は 町 名 変 更 、 千 代 州 和 歌 の 浦 の 平 田 家 墓 所 西 正 寺 に 葬 る 。 こ の 頃 よ り 近 視 眼 に な る 。 田 区 麹 町 一 一 番 町 六 と な る ) に 生 ま れ た 。 父 は 子 爵 実 世 三 十 四 歳 、 母 明 治 三 十 三 年 ( 一 九 〇 〇 ) 十 五 歳 か で の ( う じ 秋 子 三 十 一 一 歳 ( 勘 解 由 小 路 家 の 出 ) の 、 八 番 目 の 末 子 で 、 う ち 五 人 四 月 、 初 恋 の 人 お 瓦 さ ん を 知 っ た 。 「 初 恋 」 そ の 他 の 主 人 公 。 は 夭 逝 し て 、 姉 伊 第 子 六 歳 、 兄 公 共 三 歳 の 兄 姉 の み 。 父 母 と も に 公 明 治 三 十 五 年 ( 一 九 〇 一 l) 十 七 歳 よ う 卿 の 出 、 父 は と く に 秀 才 の ほ ま れ 高 く 、 そ の 為 に 選 ば れ て 、 明 治 四 中 等 科 六 年 、 志 賀 直 哉 と 同 級 と な る 。 「 小 さ き 世 界 」 の 事 件 で 、 初 わ く ら と も み 年 一 一 十 歳 の 時 、 岩 倉 具 視 全 権 大 使 一 行 に 随 行 し て 欧 米 に 派 遣 さ れ 、 め て 志 賀 と 口 を き く 、 そ れ か ら 数 え て 、 今 、 七 十 年 に 近 い 友 情 を 強 主 と し て ド イ ツ に 数 年 留 学 、 帰 朝 し て 華 族 会 館 、 学 習 院 、 日 本 鉄 道 め て い る わ け で あ る 。 な お 、 「 小 さ き 世 界 、 の 事 件 後 、 腕 力 に は 自 会 社 ( 現 在 の 国 鉄 ) そ の 他 の 創 立 に 参 画 、 訳 著 に 「 国 会 議 員 選 挙 信 な く 、 筆 の カ で 勝 っ 決 心 を 強 め て 、 毎 日 作 文 に は げ む 。 加 え て 、 論 , ( 明 治 十 一 一 年 刊 ) が あ る 。 禅 学 、 王 陽 明 、 孫 子 、 呉 子 な ど 愛 読 し 、 小 説 類 も こ の 頃 か ら 読 む 。 明 治 ニ 十 年 ( 一 八 八 七 ) 明 治 三 十 六 年 ( 一 九 〇 一 一 l) 一 一 歳 十 八 歳 十 月 一 一 十 七 日 、 父 浙 去 。 父 は 死 を 前 に 、 兄 公 共 に つ い て 「 こ の 子 は 中 等 科 六 年 を 終 え 、 高 等 科 入 学 。 三 月 、 お 貞 さ ん は 卒 業 、 帰 郷 。 っ 悪 ゆ き し て も 公 使 に は な る だ ろ う ー ( 註 、 当 時 公 使 ま で し か な く 、 い に 打 ち 明 け る こ と の な か っ た 初 恋 を 失 っ て 、 そ の 深 い 傷 手 が 文 学 大 使 は な か っ た ) 、 実 篤 に つ い て は 「 よ く 育 て て く れ る も の が あ つ を 志 す 困 と な る 。 そ の 一 年 程 前 よ り 聖 書 や ト ル ス ト イ を 読 み は じ め た ら 、 世 界 に 一 人 と い う 男 に な る の だ が な 」 と 言 い 残 し た 。 こ の 言 て い る 。 叔 父 資 承 の 強 い 影 響 に よ る 。 葉 は 、 あ る 力 を も っ て 実 篤 の 一 生 に 働 き か け 、 こ の 予 言 が な か っ た 明 治 三 十 七 年 ( 一 九 〇 四 ) 十 九 歳 ら 、 今 の 仕 事 は し て い た か ど う か わ か ら な い 、 と 後 年 語 っ て い る 。 一 月 、 ト ル ス ト イ の ド イ ツ 訳 「 ル チ ェ ル ン 」 を レ ク ラ ム 文 庫 で 読 み 明 治 ニ 十 四 年 ( 一 八 九 一 ) 六 歳 始 め て か ら レ ク ラ ム に あ る ト ル ス ト イ の 独 訳 は 殆 ん ど 読 ん だ 。 そ の 学 習 院 初 等 科 入 学 。 成 績 は い つ も 十 番 以 内 で 褒 状 ぐ ら い も ら っ て い 他 ゲ ー テ 、 ツ ル ゲ ー ネ フ 、 イ プ セ ン 、 ズ ー ダ ー マ ン な ど も 読 ん だ 。 た が 、 兄 が 学 習 院 第 一 の 秀 才 を つ づ け た の に く ら べ て 、 母 か ら は 怠 明 治 三 十 九 年 ( 一 九 〇 六 ) 二 十 一 歳 ー の し た と し は る け 者 と し て い つ も 小 言 を 言 わ れ た 。 木 下 利 玄 と 一 年 か ら 同 級 。 こ の 頃 の 読 書 の 激 し さ は 、 日 記 「 彼 の 青 年 時 代 ー で わ か る が 、 そ の な る 日 「 実 篤 文 庫 」 中 川 孝 は う じ よ う さ ね よ

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


3 注 解 一 一 四 一 高 島 平 三 郎 学 習 院 初 等 科 の 教 師 、 こ の 作 品 で は 「 川 路 氏 」 家 で 、 漫 画 も よ く し た 。 と し て 登 場 す る 。 人 間 万 歳 真 さ ん を さ す 。 一 一 四 一 丸 善 東 京 日 本 橋 区 ( 現 在 の 中 央 区 ) 通 三 丁 目 に あ っ た 洋 書 、 六 0 フ ラ ・ ア ン ゼ リ コ ー Fra AngeIico ( 1387 ~ 1455 ) イ タ リ 洋 品 雑 貨 の 専 門 店 。 「 白 樺 」 同 人 は 、 よ く こ の 「 丸 善 」 で 、 輸 入 ア の ル ネ ッ サ ン ス 期 の 僧 で 画 家 。 天 上 の 聖 な る 絵 が 得 意 。 さ れ た 美 術 書 の 類 や 洋 書 を 「 ツ ケ 」 で 買 っ た り し た 。 明 治 時 代 一 公 夜 ば い 星 「 夜 ば い 」 は 、 夜 、 女 の 寝 所 に 忍 び 入 る こ と 。 は 、 と く に 、 「 丸 善 」 を 通 し て 、 ヨ ー ロ ッ パ 文 化 が 入 っ て き た と 土 地 い わ れ て い る 。 一 西 一 自 分 は 女 に 餓 え て い る こ の 自 分 と 、 う し い い か た が ま さ に 武 = 一 三 土 地 日 向 ( 宮 崎 県 ) の 新 し き 村 創 設 の ル ポ ル タ ー ジ 、 的 作 者 小 路 的 で あ り 、 「 白 樺 」 的 で あ る 。 ま た 、 こ う い う 単 純 率 直 な 品 で あ る 。 肉 欲 の 表 現 が 、 こ の 作 品 に は 一 一 十 回 近 く も 出 て く る 。 し か し 、 三 一 三 仲 間 は 一 人 ふ え ・ : 「 新 し き 村 」 創 設 の 反 応 は 、 大 変 な も の こ の 作 品 全 体 を 読 ん で も 、 い わ ゆ る 「 肉 欲 」 の 匂 い は ほ と ん ど で 、 全 国 各 地 か ら 、 共 感 を 表 明 し た 熱 心 な 仲 間 が 集 ま っ て き た 。 ナ ー し 三 一 四 初 恋 の 女 武 者 小 路 の 初 恋 の 人 お 貞 さ ん を さ す 。 一 一 四 一 自 家 「 白 樺 ー 同 人 は 、 し ば し ば こ の 「 自 家 ー を 使 用 す る 。 三 一 四 大 農 式 広 大 な 土 地 で 機 械 力 を ふ ん だ ん に 用 い て 行 う 農 業 か な り 恵 ま れ た 条 件 の 整 っ て い る 「 自 家 , で 、 自 然 主 義 作 家 の 方 式 。 よ く 使 う 暗 い 「 家 ー の イ メ ー ジ は な 、 。 三 一 六 雑 誌 こ こ で は 、 大 正 七 年 七 月 よ り 刊 行 し た 雑 誌 「 新 し き 村 」 一 一 四 四 自 我 を 犠 牲 に し て ま で : ・ 一 種 の 強 烈 な 成 長 意 識 、 自 己 を を さ す 。 生 か す 、 と い う こ と を 前 提 に し た 上 で 、 「 鶴 」 と 一 緒 に な ろ う と 三 一 九 信 州 「 新 し き 村 」 の 共 鳴 者 の な か に は 、 信 州 の 出 身 者 、 と す る の で あ る 。 く に も と 小 学 教 師 の 人 々 が 多 か っ た 。 = 五 三 広 義 の 教 育 家 志 賀 は 、 武 者 小 路 に 、 人 を イ ン ス ・ ( イ ヤ す る 一 一 三 一 石 井 氏 石 井 十 次 0865 ~ 】 9 ミ ) 宮 崎 県 生 ま れ の 社 会 事 業 力 の あ る こ と を 大 い に 認 め て い る 。 武 者 小 路 自 身 も 、 「 精 神 の 医 家 。 者 」 な ど と も い っ て い る 。 三 一 一 三 飫 肥 宮 崎 市 の 南 方 に あ る 地 方 。 旧 城 下 町 。 = 五 〈 母 方 の 叔 父 武 者 小 路 に 「 聖 書 」 や ト ル ス ト イ の こ と を 知 ら = 毛 都 の 城 宮 崎 と 鹿 児 島 と の 中 間 に あ る 盆 地 の 市 。 せ た 勘 解 由 小 路 資 承 を さ す 。 三 元 七 度 倒 れ て も 八 度 起 き る 七 転 八 起 の 態 度 。 い か な る 困 難 が 一 一 六 四 新 体 詩 従 来 の 「 和 歌 」 や 「 漢 詩 」 に 対 し て 、 明 治 の 初 期 に あ っ て も 、 容 易 に く じ け ず 初 志 を 貫 く 。 み ず か ら 「 不 倒 翁 」 と ヨ ー ロ ッ パ よ り 移 植 さ れ た 詩 を い う 。 の ち 近 代 詩 と 呼 ば れ た 。 い っ た こ と も あ っ た 。 一 天 フ ィ デ ュ ス Fidus 生 没 年 不 詳 。 十 九 世 紀 後 半 の ド イ ツ の 画 紅 野 敏 郎