検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集から 115件ヒットしました。

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


護 国 寺 の 墓 所 。 大 正 の 恋 人 た ち は こ こ で 初 め て 手 を と り あ っ た ( 「 藍 染 め て 」 )

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


ば だ い じ ゅ 類 」 「 菩 提 樹 」 「 一 路 」 な ど 、 い す れ も そ う し た 場 面 に 熱 も あ る 。 そ れ は 言 い か え れ ば 、 主 人 公 の 女 に 対 す る " 受 つ ほ く 菜 の 花 が 描 か れ て い る 。 そ の 意 味 で は 、 次 の 段 身 と 自 信 , と い っ た 裏 腹 な も の が 、 同 時 点 で 始 動 す る 階 に 脱 け だ す た め の 飛 躍 の 象 徴 で も あ る よ う だ 。 特 性 で あ る 「 染 め て 」 ( 昭 和 十 二 年 、 「 新 女 苑 」 ) も ま た 、 学 生 時 代 こ の 男 女 の 恋 愛 パ タ ー ン は 、 丹 羽 文 学 の と く に 初 期 を 自 伝 的 に 扱 っ た も の だ が 、 丹 羽 文 学 で は 珍 し く 、 青 の 作 品 の 基 調 を な し て い て 、 そ の 点 で も 、 重 要 視 す べ 春 小 説 に な っ て い る 。 そ こ に は 青 春 の 香 気 が 、 う い う き 問 題 を ふ く ん で い る 。 こ の こ と は 後 に 「 有 情 」 の 箇 所 で 改 め て 触 れ る が 、 と も あ れ 引 用 文 に も あ る よ う に 、 い し く 充 満 し て い る し 、 大 正 末 期 の 下 宿 屋 生 活 を し て い る 青 年 の や る せ な い 心 情 が 、 巧 み に 浮 彫 り に さ れ て 作 者 の 青 春 の 書 と し て 「 な っ か し い 作 品 」 で あ り 、 二 度 と 書 け ぬ 掛 け か え の な い も の で あ る こ と は 間 ( 理 い な 「 『 豹 と 薔 薇 』 は 中 学 生 の 思 い 出 を 書 き 『 藍 染 め て 』 は 大 学 生 時 代 の 友 人 や 私 の 身 に 起 っ た 事 件 を 小 説 体 に 書 こ の 時 期 の 前 後 に 、 丹 羽 文 雄 は ま た 「 自 分 の 鶏 」 ( 昭 ー ん の う ぐ そ く き あ げ た も の で あ る 。 自 叙 伝 で は な い が 、 そ れ に 近 い 和 十 年 「 改 造 」 ) 「 悩 具 足 」 ( 昭 和 十 年 「 文 藝 春 秋 」 ) や 、 作 者 自 身 に 一 番 な っ か し い 作 品 だ 。 こ の 中 で は 先 す 私 「 人 生 案 内 」 ( 昭 和 十 四 年 「 改 造 」 ) 「 南 国 抄 」 ( 昭 和 十 四 が 生 活 し て い る 。 多 分 に 青 年 に あ り が ち な 個 人 的 な 感 年 「 日 本 評 論 」 ) な ど 、 市 井 の 人 物 に 材 を と っ た 、 す ぐ 情 に 溺 れ て い る が 、 そ の 意 味 で 姻 何 に も 私 ら し く 偽 り れ た 客 観 小 説 を も 発 表 し て い る の な い 現 実 に 接 し て い る と い う 満 足 も あ る 」 当 時 の 丹 羽 文 雄 は 、 バ ル ザ ッ ク の 作 品 に 関 心 を 持 ち 、 と 、 作 者 自 身 が 述 べ て い る 。 ま た 「 散 文 精 神 」 に 徹 し よ う と す る 気 構 え を 示 し て い た の で あ る 。 ま た 、 作 中 に 描 か れ て い る 恋 愛 は 、 深 刻 で は な く 、 癒 え が た い は ど の 傷 も 受 け す に す ん で い る 。 十 年 と い 「 世 間 で 知 性 の 文 学 と 言 わ れ る も の は ど 、 当 て に な ら う 時 間 を へ て 書 か れ た せ い も あ ろ う が 、 じ め つ い た も な い も の は な い 。 同 時 に 人 情 的 な 、 感 覚 的 な も の も 、 の を ね か え す 若 い 力 が 、 失 恋 を 立 直 ら せ て い る た め 散 文 芸 術 の 本 道 か ら 離 れ て い る 。 世 間 で 知 性 の 文 学 と で も あ ろ う 。 さ ら に ま た 一 人 の 田 舎 出 の 青 年 の は に か 呼 ば れ て い る も の は 大 抵 イ ン テ リ の セ ン チ メ ン タ ル で み と 消 極 性 が 、 あ る 瞬 間 自 信 に 転 化 さ れ て い る か ら で あ る 。 第 一 さ よ う な も の に 頼 っ て 散 文 芸 術 か 成 立 し ょ た 、 て

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


4 穹 青 海 波 青 海 波 と い う 雅 楽 の 舞 装 束 に 用 い る 青 い 波 形 の 染 め 模 様 。 こ こ で は そ れ と 同 様 な 波 模 様 。 奕 山 脇 高 女 女 子 教 育 家 山 脇 房 子 が 、 明 治 四 十 一 年 、 良 妻 賢 母 を 主 義 と し て 創 立 し た 高 等 女 学 校 。 東 京 都 港 区 に あ る 。 奕 鴨 が 葱 を し よ っ て 来 た 「 鴨 が 葱 を し よ っ て 来 る 」 と い う こ と わ ざ を 踏 ま え て い っ た も の 。 鴨 鍋 に 葱 ま で と は 、 ま す ま す も 藍 染 め て っ て お あ つ ら え む き で あ る の 意 。 ふ じ わ ら み ら つ ね 五 三 わ が 恋 は 藤 原 道 経 の 「 わ が 恋 は 逢 初 め て こ そ 増 り け れ 飾 磨 老 女 子 大 学 東 京 都 豊 島 区 目 白 に あ る 日 本 女 子 大 学 を さ す 。 の 褐 の 色 な ら ね ど も 」 ( 「 詞 花 和 歌 集 」 巻 八 ) 。 小 説 の 題 名 「 藍 染 め を 護 国 寺 東 京 都 豊 島 区 大 塚 に あ る 真 言 宗 豊 山 派 の 寺 。 一 六 八 け い し よ う い ん て 」 は 「 逢 初 め て 」 の 意 で も あ り 、 一 時 は 後 者 の 題 名 に あ ら た 一 年 徳 川 綱 吉 が 母 桂 昌 院 の た め に 建 て た 。 幕 府 の 祈 願 所 と し て 栄 え た 。 め ら れ て い た こ と も あ っ た 。 「 飾 磨 の 褐 」 と は 姫 路 市 の 飾 磨 か ら 大 ど う だ ん ど う だ ん つ つ じ の 略 。 産 す る 濃 い 紺 ま た は 褐 色 の 染 色 。 ま た そ れ で 染 め た 布 。 、 ま ひ る に 見 る 夢 。 非 現 実 的 な 空 想 三 尺 帯 綿 布 を 鯨 尺 三 尺 ( 約 一 一 三 (m) ぐ ら い の 長 さ に 切 ^ 0 白 日 夢 白 昼 夢 と も い い っ た だ け の 簡 単 な 帯 。 略 し て 三 尺 A. { い う 。 へ こ お び 。 を た く ま し く す る こ と 。 五 五 後 架 禅 寺 で 、 僧 堂 の 後 に か け わ た し て 設 け た 洗 面 所 。 そ の 合 市 松 模 様 白 と 黒 の 方 形 を 交 互 に 並 ・ ヘ た 模 様 。 江 戸 時 代 の 役 側 に 便 所 が あ り 、 転 じ て 便 所 の 意 。 ご か 。 者 、 佐 野 川 市 松 が こ の 模 様 の は か ま を 用 い た こ と に 起 る 。 元 禄 模 様 、 い し だ た み 、 い ち ま つ な ど と も い う 。 契 国 富 論 ア ダ ム ・ ス ミ ス の 主 著 。 一 七 七 六 年 刊 。 労 働 だ け が 価 値 を 生 み だ す も の と し 、 利 益 を 追 求 す る 自 由 競 争 に よ っ て お 会 庫 裡 寺 の 台 所 。 転 じ て 、 住 職 や 家 族 の 居 間 。 の ず か ら 秩 序 が 生 ま れ 、 国 の 富 を 増 す と い う 自 由 放 任 主 義 を 唱 九 三 め く ら 縞 経 糸 、 緯 糸 と も 紺 染 め の も め ん 糸 で 織 っ た 平 織 え た 。 最 初 の 体 系 的 経 済 学 書 と い わ れ る 。 物 。 紺 無 地 。 盲 地 。 五 八 ア ダ ム ・ ス ミ ス Adam Smith イ ギ リ ス の 経 済 学 者 ( 1723 一 0 四 ル ー プ 式 急 勾 配 の 地 に 鉄 道 を 敷 く と き 、 線 路 を 環 状 に し て ~ 178 ) 。 古 典 派 経 済 学 の 始 祖 。 し だ い に 高 所 に 登 る 形 式 。 た た き っ ち 犬 三 和 土 敲 土 の 略 。 石 灰 ・ 赤 土 ・ 砂 利 な ど に 苦 塩 を ま ぜ 、 水 一 実 色 即 是 空 色 と は 有 形 の 万 物 を い う 。 こ の 世 の 万 物 は 形 を も を 加 え て 練 り 固 め 、 土 間 な ど に 塗 っ て た た き 固 め た も の 。 つ が 、 そ の 形 は も と も と 仮 の も の で 、 本 質 は じ つ は 空 で あ り 、 発 大 村 益 次 郎 幕 末 、 明 治 維 新 の 軍 政 治 家 ( 1824 ~ 1869 ) 。 陸 不 変 の も の で は な い 、 と い う こ と 。 「 般 若 心 経 」 の 中 に あ る こ 」 ・ よ 0 軍 の 創 立 者 。 明 治 一 一 年 、 兵 制 改 革 を 企 て 、 フ ラ ン ス 式 軍 制 を 採 用 、 守 旧 派 の 反 対 に あ い 、 刺 殺 さ れ た 。 一 端 唄 三 味 線 を 伴 奏 と し て 歌 う 短 い 俗 謡 。 注 解 か し ま

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


て い っ た 。 て ほ し い 。 そ し て 、 い か に 自 分 に は 自 由 が あ た え ら れ て い な い か と い う こ と を 原 稿 紙 四 枚 に わ た っ て 書 い て き た 。 軽 「 あ い つ ら は ・ ほ く の 恋 愛 を 嫉 い て る ん だ 」 女 の い う こ と を 頭 ご な し に 信 頼 し 、 明 白 な 事 実 す ら 否 定 井 沢 に 脱 ぎ す て て い っ た 直 の ズ ボ ン か ら 女 の 手 紙 が 出 た 。 す る こ と の で ぎ る 直 の 性 格 に 、 私 は 恐 怖 を お ・ ほ え た 。 馬 鹿 そ れ は 、 直 を た し な め て い る も の で あ り 、 か ら か っ て い る だ と い っ て 笑 っ て い ら れ な い も の を 感 じ た 。 私 は 無 理 に 直 も の で あ っ た 。 女 の 筆 法 は 高 飛 車 た っ た 。 恋 人 の 書 く 筆 で を 東 京 の 家 に 追 い や っ た 。 し ば ら く 娘 と は な し て お く こ と は な い 。 私 は 自 分 の 子 供 が 女 に 馬 鹿 に さ れ て い る こ と に が が 目 的 だ っ た が 、 娘 の 行 動 に ま で 私 の 意 志 は と ど か な か つ ま ん が な ら な か っ た 。 そ の 手 紙 を や ぶ り す て ず 、 手 紙 の 性 た 。 娘 が 東 京 に も ど っ た 。 娘 か ら 呼 出 し が あ る と 、 直 は 出 質 に も 気 が っ か ず 、 批 判 す る こ と も で き ず 、 後 生 大 事 に 持 あ わ か け て い っ た 。 そ し て 、 赤 坂 の ナ イ ト ・ ク ラ ・ フ や 銀 座 の 酒 っ て い る 直 の 心 が 馬 鹿 馬 鹿 し く て 、 哀 れ だ っ た 。 「 あ い つ は 今 に 女 の こ と で ひ ど い 目 に あ う よ 。 す こ し は 自 場 を の み 歩 い た 。 私 の い き つ け の 小 さ い 酒 場 に も 一 行 で い っ た 。 九 月 に な っ て 用 の で き た 私 は ち ょ っ と 帰 京 し た が 、 分 の 父 親 を み な ら う と い い の だ 。 娘 と ち が っ て 、 直 に は 早 つ い で に そ の 酒 場 に よ っ て み た 。 マ ダ ム か ら 直 の こ と を き く か ら 知 能 が 発 達 し て い た 。 こ い つ は 見 ど こ ろ が あ る と 期 待 し て い た の だ が 、 親 の 欲 目 だ っ た よ う だ 」 あ ご 「 直 ち ゃ ん を 顎 の 先 で つ か っ て る の が 、 そ ば で 見 て い て も 「 ま た 二 十 一 の 子 供 で す わ 」 不 愉 快 に な る く ら い 。 直 ち ゃ ん 、 お と な し く 、 女 の い う こ 「 自 由 を あ た え ろ と 要 求 し て 来 た よ 」 と を は い は い と き い て い る ん で す も の 。 女 の 前 の ス タ ン ド 私 た ち が 東 京 に ひ き あ げ て き て か ら も 、 女 か ら と き ど ぎ が ぬ れ る と 、 私 た ち が 気 が つ く よ り 先 に 拭 っ て や っ た り 、 直 に 電 話 が か か っ て き た 。 し ま い に 私 は 、 女 中 に 電 話 を と り そ れ で い て 二 人 は 恋 人 ら し い 感 じ で は な い の で す よ 」 つ ぐ な と 命 じ た 。 そ の 内 に 女 が あ る 実 業 家 と 婚 約 を し た 。 私 は 、 再 び 軽 井 沢 に も ど っ た 。 そ し て 、 直 に 手 紙 を 書 い 「 最 初 か ら 直 な ん か 相 手 に さ れ て い な か っ た の だ よ 。 便 利 た 。 直 か ら 返 事 が あ っ た 。 直 は 私 の 原 稿 紙 を 使 用 し た 。 自 な ポ ー イ と し て 使 わ れ て い た に す ぎ な い の だ よ 」 分 は も う 子 供 で は な い 。 自 分 は あ そ び 半 分 に か の 女 に つ き し か し 、 そ の た め 直 が や け を お こ し た よ う す も な か っ た 。 あ っ て い る の で は な い 。 か の 女 の 評 判 は 悪 い が 、 自 分 に は 私 夫 婦 は 胸 を な で お ろ し た 。 酒 場 や キ ャ ・ ハ レ ー で は 、 直 か す こ し も 悪 い と は 思 え な い 。 か の 女 は 誤 解 さ れ て い る の ら 金 を と ら な か っ た 。 私 の 子 供 で あ る こ と が わ か っ て い た だ 。 そ の こ と が ・ ほ く に は よ く わ か る 。 ・ ほ く に 自 由 を あ た え か ら で あ る 。 そ ん な と こ ろ が 三 、 四 軒 あ っ た 。 友 達 と の つ

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


104 が 崩 れ る だ ろ う 。 そ し て こ の 羽 織 が ず り 落 ち た な ら 、 案 外 お そ れ て お り ま す 故 。 寝 巻 の 上 に ま だ 肩 上 げ が 残 っ て い る の で は な い か と い う 気 勝 川 さ ま の お い で に な っ て い る の が 、 夢 で は な い か し ら と 思 い ま す 。 お い で に な っ て い る ん で す わ ね 。 が し た 。 広 子 よ り 「 今 度 は あ た し が 怪 し ま れ る と い け な い か ら 、 も う 帰 る 鉛 筆 書 き の 幼 い 文 字 が 並 ん で い た 。 一 カ 所 書 き そ こ ね て 勝 川 の 顔 か ら そ っ と 離 れ た 拍 子 に 、 広 子 は 立 ち 上 っ た 。 唾 を つ け て 消 し た あ と が あ っ た 。 勝 川 は 文 字 と 同 じ よ う な や ぐ ら 広 子 の 幼 い 技 巧 を 思 い 出 す と 、 何 か 可 哀 そ う な 魅 力 に 息 を そ し て ふ と こ ろ か ら 一 通 の 手 紙 を 櫓 に ほ う り 出 し た 。 つ ま ら せ る の で あ る 。 勝 川 は こ れ で 三 度 目 の 旅 行 で あ っ 「 さ っ き 寝 る 時 、 書 い た の よ 」 こ れ は 、 広 子 の 癖 だ 0 た 。 ロ で う ま く 言 え な い こ と が あ た 。 広 子 は そ の 初 め に 逢 0 た 時 か ら を 許 し 合 0 た 。 ゆ き ず り の 温 泉 宿 の 恋 と し て 片 付 け て し ま う に は 、 勝 川 は 深 く る と 、 広 子 は 手 紙 に 書 い た 。 た び あ し お と 心 を 惹 か れ て い た 。 こ の 宿 に 来 る 度 に 、 気 持 は 高 ま っ た 。 勝 川 は 広 子 の 跫 音 が 消 え て い く と 、 封 を 切 っ た 。 夜 が 明 け る と 、 上 越 国 境 の 群 山 が く つ き り と 雪 を い た だ な ん だ か 、 う ち に お い で に な っ て い る の が 夢 の よ う い て 姿 を 見 せ た 。 夜 の 間 は 湯 檜 曽 川 の 音 が 耳 に つ い て 騒 々 な 気 が い た し ま す 。 不 思 議 に 思 わ れ ま す 。 昨 夜 、 今 日 ま で 一 時 も 、 心 に ひ ま さ え あ れ ば 勝 川 さ ま の こ と が 胸 し い の だ が 、 昼 間 は あ た り に 目 が 奪 わ れ て 、 空 が 清 く 、 に 浮 ん で お り ま し た の 。 忘 れ よ う と 努 め ま せ ん し 、 ま た 忘 の 音 さ え な け れ ば 静 寂 の 底 に い る の が よ く 判 っ た 。 ル ー プ は る れ て い た こ と も な か っ た と 思 い ま す 。 こ の 頃 で は あ れ き り 式 の ト ン ネ ル を く ぐ る 汽 車 の 姿 も 、 遙 か 遠 い 距 離 に 眺 め ら お い で に な ら な い の だ と 思 う 方 が 強 く な っ て い ま し た 。 お れ た 。 手 紙 な ど 、 出 す こ と も 出 来 ま せ ん し 、 そ ん な に う ぬ ・ ほ れ て 「 昨 夜 の 怪 し い ひ と ね 、 お 客 さ ん だ っ た の よ 。 土 地 の 芸 者 い る の も 恥 し く 思 い ま し た 。 お い で に な ら な け れ ば 、 そ れ 屋 に い っ て い ら し た ん で す っ て 」 や ぐ ら ご た っ 広 子 が 櫓 炬 燵 の 火 を つ ぎ 足 し に 来 た 。 自 分 で も 結 い 慣 れ だ け 自 分 が 幸 せ の よ う に 考 え て お り ま し た 。 悪 い 子 に な り た く な い と 思 っ て 。 勝 川 さ ま 、 ど ん な に か 心 で は 浮 気 な 娘 な い 前 髪 の ふ く ら み を つ い 忘 れ て 櫓 に ぶ つ つ け た 。 と お 笑 い に な っ て い ら っ し や る こ と で し よ う ね 。 で も 、 勝 「 ど う し て 島 田 な ん か に 結 う の ? 広 ち ゃ ん は や つ ば り 洗 川 さ ま 以 外 に 広 子 は 心 を う っ し た お ぼ え は あ り ま せ ん 。 そ 髪 で 、 簡 単 に 束 ね て い る 方 が よ く 似 合 う よ 。 若 し 結 う の だ も も わ れ れ だ け で も 、 自 分 を 慰 め て い ま す 。 い や な 評 判 の 立 つ の を つ た ら 、 桃 割 だ 」 つ ば ゅ び そ

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


と の む ら 外 村 繁 、 田 畑 修 一 郎 、 中 谷 孝 雄 、 三 好 達 治 ら と 同 人 誌 「 世 紀 」 を 創 こ の 年 、 淀 橋 区 下 落 合 に 転 居 。 い に く 刊 。 七 月 、 「 贅 肉 」 を 「 中 央 公 論 新 人 号 」 に 発 表 。 ま た 、 こ の 年 あ た 昭 和 十 四 年 ( 一 九 三 九 ) 三 十 五 歳 し よ う け い こ う ・ つ り か ら 「 海 面 」 ( 世 紀 ) 、 「 象 形 文 字 」 ( 改 造 ) 、 「 甲 羅 類 」 ( 早 稲 田 文 学 ) 「 還 ら ぬ 中 隊 」 続 篇 ( 中 央 公 論 ) ほ か 「 人 生 案 内 」 ( 改 造 ) 、 「 南 国 抄 」 な ど 、 い わ ゆ る 〈 マ ダ ム も の 〉 を 盛 ん に 発 表 。 新 進 作 家 と し て 、 文 ( 日 本 評 論 ) 、 「 隣 人 」 ( 中 央 公 論 ) 、 「 太 宗 寺 附 近 」 ( 文 芸 ) な ど を 発 表 。 壇 に 確 固 た る 地 位 を 築 い た 。 四 月 、 『 丹 羽 文 雄 選 集 』 ( 全 七 巻 ・ 古 谷 綱 武 編 ) を 竹 村 書 房 よ り 刊 行 。 昭 和 十 年 ( 一 九 三 五 ) 三 十 一 歳 こ の 年 、 父 教 開 上 京 。 約 三 十 年 ぶ り に 、 父 と 母 は 再 会 す 。 中 野 区 上 高 田 の 軽 部 清 子 宅 に 仮 寓 。 一 月 、 第 一 創 作 集 『 鮎 』 ( 限 定 五 昭 和 十 五 年 ( 一 九 四 〇 ) 三 十 六 歳 百 部 ) を 文 体 社 よ り 刊 行 。 こ の 年 、 「 鬼 子 」 ( 新 潮 ) 、 「 岐 路 」 ( 中 央 公 三 月 、 「 再 会 」 ( 改 造 ) 、 十 月 、 「 浅 草 寺 附 近 」 ( 改 造 ) な ど を 発 表 。 ま た 、 ん の う ぐ そ く 論 ) 、 「 自 分 の 鶏 」 ( 改 造 ) 、 「 煩 悩 具 足 」 ( 文 囈 春 秋 ) な ど 、 数 多 く の 七 月 、 「 闘 魚 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 。 単 行 本 に は 随 筆 集 『 秋 冷 抄 』 作 品 を 発 表 。 太 田 綾 子 と 結 婚 。 浅 草 永 住 町 に 新 居 を 構 え 、 の ち 中 野 ( 砂 子 屋 書 房 ) な ど が あ る 。 ふ み ぞ の 区 文 園 町 に 移 転 。 昭 和 十 六 年 ( 一 九 四 一 ) 三 十 七 歳 昭 和 十 一 年 ( 一 九 三 六 ) 三 十 二 歳 二 月 、 広 津 和 郎 と そ の 愛 人 関 係 を モ デ ル に し た 「 書 翰 の 人 」 を 「 文 四 月 、 「 菜 の 花 時 ま で 」 を 「 日 本 評 論 」 に 発 表 し た ほ か 、 「 蜀 葵 の 花 」 芸 」 に 発 表 。 そ の ほ か 「 九 年 目 の 土 」 ( 知 性 ) 、 「 暁 闇 」 ( 中 央 公 論 ) な ( 新 潮 ) 、 「 こ の 絆 」 ( 改 造 ) 、 「 女 人 禁 制 」 ( 中 央 公 論 ) な ど 旺 盛 な 創 作 ど が あ る 。 戦 局 拡 大 に よ る 情 報 局 検 閲 は 厳 し さ を 増 し 、 七 月 、 有 光 力 で 作 品 を 多 く 発 表 。 ま た 五 月 、 初 め て の 連 載 小 説 「 一 茎 一 花 」 を 社 刊 行 の 『 逢 初 め て 』 ( 「 藍 染 め て 」 改 題 ) 、 河 出 書 房 刊 の 書 下 し 長 篇 「 福 岡 日 日 新 聞 」 に 、 六 月 、 「 若 い 季 節 」 を 「 東 京 朝 日 新 聞 」 に 連 『 中 年 』 が 、 前 者 は 学 生 の 恋 愛 を 、 後 者 は 酒 場 の マ ダ ム と 妾 を 書 い 載 し た 。 三 月 、 長 女 桂 子 誕 生 。 て い る と の 理 由 で 、 相 つ い で 発 売 禁 止 と な る 。 昭 和 十 ニ 年 ( 一 九 三 七 ) 三 十 三 歳 昭 和 十 七 年 ( 一 九 四 一 l) 三 十 八 歳 一 月 、 「 霜 の 声 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 「 藍 染 め て 」 を 「 新 女 苑 」 ( 七 月 一 一 月 、 大 観 堂 よ り 書 下 し 長 篇 『 勤 王 届 出 』 を 刊 行 。 五 月 、 「 現 代 史 」 完 ) 、 「 豹 と 薇 」 を 「 若 草 」 ( 六 月 完 ) 、 「 日 紀 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 し を 「 改 造 」 に 断 続 的 に 連 載 。 こ の 年 、 海 軍 報 道 班 員 と し て ラ ・ ( ウ ル た ほ か 、 「 狂 っ た 花 」 ( 文 藝 春 秋 ) 、 「 町 内 の 風 紀 」 ( 中 央 公 論 ) 、 「 愛 欲 方 面 に お も む き 、 ソ ロ モ ン 群 島 ッ ラ ギ 沖 海 戦 に 遭 遇 、 顔 面 両 腕 な ど の 位 置 」 ( 改 造 ) 、 連 載 小 説 「 青 春 強 力 」 ( 週 刊 朝 日 ) 、 「 薔 薇 合 戦 」 ( 都 新 に 三 十 教 ヶ 所 の 負 傷 を 受 く 。 そ の 体 験 を も と に 、 十 一 月 、 「 海 戦 」 を 聞 ) な ど が あ る 。 六 月 、 長 男 直 樹 誕 生 。 「 中 央 公 論 」 に 発 表 し 、 第 二 回 中 央 公 論 賞 を 受 賞 。 昭 和 十 三 年 ( 一 九 三 八 ) 三 十 四 歳 昭 和 十 八 年 ( 一 九 四 三 ) 三 十 九 歳 ば ん の う い わ ゆ る マ ダ ム も の や 女 性 の 愛 欲 煩 悩 を 扱 っ た 作 品 を 矢 つ ぎ ば や に 四 月 、 長 篇 『 報 道 班 員 の 手 記 』 を 改 造 社 か ら 刊 行 し た が 、 海 軍 報 道 発 表 し た が 、 九 月 、 内 閣 情 報 留 命 令 で 漢 ロ 作 戦 に 従 軍 作 家 と し て 派 班 員 の 不 名 誉 を 記 し た と の 中 傷 を 受 け 、 発 売 禁 止 の 処 分 を 受 け る 。 遣 さ れ 、 十 二 月 、 従 軍 作 品 「 ら ぬ 中 隊 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 昭 和 十 九 年 ( 一 九 四 四 ) 四 十 歳 か ん こ う

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


く 歩 い た 。 葉 」 の マ ダ ム の 愛 欲 を お そ ろ し が る の は 姆 何 に も 柄 に は ま 「 そ れ じ や 今 度 の 僕 の 下 宿 な ら 来 る ? 」 っ て い る と 眺 め ら れ た 。 そ れ で は 自 分 の 恋 の 道 は ま だ ま だ 「 下 宿 ? 男 の 方 ば か り で し よ う ? 」 遠 い の だ と 、 誰 か に 言 わ れ て い る よ う で あ っ た 。 そ の 時 ま 「 夫 婦 者 が 三 組 い る ん だ け ど 、 下 宿 っ て ま る で 往 来 と 同 じ で こ の 胸 の 重 荷 に 圧 さ れ て い く の は 辛 い な と 思 う 。 す る と あ い さ っ だ と 思 っ た 。 廊 下 で 逢 っ て も 誰 と も 挨 拶 し な い で す む ん だ 相 手 の 心 根 が 目 分 と 同 じ に 辛 抱 し て い る の で は な い 、 立 っ も の 」 て い る 足 場 が 初 め か ら 違 っ て い た の で は な い か と 、 推 し て 「 恐 い わ 」 ひ と り ご と の よ う に 言 っ た 。 「 ど う し て 恐 い の 」 「 こ こ か ら 曲 る と 坂 の 下 に 僕 の 下 宿 が あ る ん だ け ど 、 遠 く 「 恐 い の 」 か ら で も 見 て い か な い ? 」 す る と 理 由 は 言 わ ず に 一 途 に 恐 い を 繰 返 す 滋 子 の 心 持 が 「 上 っ て 、 あ そ ん で い け と 仰 し や ら な い で 下 さ い ま し ね 」 判 っ て 来 る よ う で あ っ た 。 土 岐 は 若 い 女 性 を 恐 が ら せ る 正 明 る く 笑 っ て 、 土 岐 は う け が っ た 。 体 が 自 分 に あ る の で は な い 、 そ れ が 下 宿 に あ る よ う に 思 い 土 岐 の 部 屋 は 玄 関 の 二 階 で あ っ た 。 角 に 当 っ て い る の 込 ん だ 。 そ し て 恐 れ る 女 の 気 持 を 押 し つ め て い く こ と は 悪 で 、 道 路 が 窓 の 下 の と こ ろ に あ っ た 。 三 竹 を 大 き く 白 で 抜 て す り い と 、 黙 っ て し ま っ た 。 案 外 滋 子 の 気 持 で は さ よ う な 肉 薄 い た 青 磁 色 の 座 蒲 団 が 手 摺 に ほ し て あ っ た 。 を 暗 に 待 っ て い た の か も 知 れ な か っ た 。 そ れ か ら ま た 子 大 学 の 裏 を 通 0 て 、 二 人 は 護 国 寺 に 出 ど れ だ け か 黙 っ て 歩 い た 。 た 。 高 い 石 段 を の ・ ほ る と 、 広 々 と し た ん が 土 岐 の 気 分 を 「 い っ か 新 聞 に お 名 前 出 て ま し た わ ね 」 明 る く 圧 し て 来 た 。 あ た り が あ ま り に 広 く て 掃 き 清 め ら れ う な ず 新 聞 と 言 わ れ て 、 佐 鳥 の 事 件 が び ん と 頭 に 来 た 。 頷 い て て い る の で 、 ど こ に も か く れ る と こ ろ が な い 。 か く れ る 場 て 苦 笑 し た 。 所 を 捜 す 一 ) 似 た む の 動 き が し き り に す る の だ 。 滋 子 も そ う う か が め 「 あ た し 、 怖 く な り ま し た の 。 あ の 方 、 お と な し い 秀 才 で は な い か と 顔 色 を 伺 う と 、 無 心 の 目 の 動 き 方 で は な か っ 染 で い ら し た ん で し よ う 。 年 上 の 女 な ん て 、 お そ ろ し い と 思 た 。 い ま す わ 」 だ か ら 境 内 つ づ き の 墓 地 に ま ぎ れ 込 む の に 、 何 の 不 自 然 土 岐 は 少 し も お そ ろ し い と は 思 っ て い な か っ た 。 む し ろ さ も 感 じ な か っ た 。 墓 地 に 来 る と 、 あ た り に 人 の 気 は い は 行 き よ う ぼ く 羨 し い と 思 っ て い る 。 し か し こ の 滋 子 の 立 場 な ら 「 松 な く 墓 石 や 喬 木 が い く ら も 感 情 の か く れ 場 を 作 っ て く れ う ら や ま お そ ろ し い ち す

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


て 、 下 宿 の 二 階 に ひ っ こ ん で い る 時 間 が 多 か っ た 。 田 舎 の 大 き な 家 に 住 み 慣 れ て 来 た 彼 に は 、 東 京 の 素 人 下 宿 の 生 活 お も ち ゃ 振 り が 何 か 玩 具 遊 び に 似 て 、 こ ぢ ん ま り と し て 可 愛 い と 思 っ た 。 先 輩 の 紹 介 で い き な り 素 人 下 宿 に は い っ た の だ が 、 畳 一 畳 が 月 二 円 の 約 束 も 、 気 持 に び っ た り し な か っ た 。 せ つ け ん 紙 、 石 鹸 、 電 球 そ の 他 日 常 品 を い ち い ち 買 い に 出 な け れ ば な ら な い 生 活 が 珍 し く 、 一 つ 家 で 二 階 と 下 の 生 活 が は っ き り 区 別 さ れ て い る の も 奇 妙 な 感 じ で あ っ た 。 一 緒 に 早 稲 田 大 学 に は い っ た 友 達 は 洋 菓 子 店 に は 一 人 で 買 い に は い れ る の だ が 、 他 の 店 で は 一 人 で 買 物 が 出 来 ず 、 必 要 に な る と 土 岐 を 誘 い に 来 た 。 学 校 の 近 く の 下 宿 か ら 十 何 町 を 歩 い て 来 て 、 土 岐 を つ れ て そ こ ら に ふ ん だ ん に あ る 化 粧 品 店 に は い 二 階 は 六 畳 ひ と 間 、 下 は 六 畳 に 三 畳 の 茶 の 間 、 そ れ に 台 り 、 石 鹸 を 一 つ 買 っ た 。 土 岐 に は 友 達 の 小 心 が よ く 判 っ ぬ れ え ん 所 、 濡 縁 ー ー 塀 を め ぐ ら し て 、 庭 樹 も 五 六 本 あ っ た 。 そ う た 。 友 達 は 医 者 の 一 人 子 で 、 平 常 金 を 使 う と こ ろ は 本 屋 と い う 家 が 二 軒 並 ん で い た 。 間 の 羽 目 板 と 壁 を ぶ ち 抜 い て 、 文 房 具 店 に 限 ら れ て い た そ の 習 慣 が 抜 け て い な い の だ 。 滑 け い 茶 の 間 か ら 隣 の 茶 の 間 に 通 じ て い た 。 戸 主 は 未 亡 人 の 赤 池 稽 だ が 、 本 人 に と っ て は 当 分 勝 手 の 違 う 恥 し さ で あ っ た 。 せ ん ち ゃ 八 千 代 で 、 二 十 二 の 娘 栄 子 と 小 学 校 に 通 う 二 人 の 男 の 子 土 岐 も 煎 茶 が ほ し く な り 、 近 所 の 茶 店 に 買 い に い っ た が 、 い っ き ん が あ っ た 。 娘 は デ パ ー ト に 勤 め 、 こ ち ら の 二 階 と 隣 家 の 三 何 と い っ て 買 っ て よ い か 判 ら ず 、 一 斤 い く ら と 書 い て あ る た く さ ん て 畳 、 六 畳 、 二 階 の 六 畳 を そ れ ぞ れ 四 人 に 貸 し て い た 。 牛 込 の で 中 位 の を 一 斤 買 っ た 。 思 っ た よ り 沢 山 に あ っ た 。 罐 も え の き め 榎 町 の 広 い 通 り か ら 路 地 を 曲 っ て 、 さ ら に 溝 板 を 渡 り 、 奥 な く 五 分 の 一 を 使 っ て 湿 ら せ て し ま っ た が 、 四 半 斤 と い う 染 ま っ た 静 か な 素 人 下 宿 で あ っ た 。 買 い 方 を 覚 え た の は 、 そ れ か ら 半 年 も 経 っ て か ら で あ る 。 家 族 の い る 方 の 二 階 に は こ の 四 月 か ら 第 一 高 等 学 院 に 通 そ ん な 土 岐 を 階 下 の 未 亡 人 は 時 々 呼 ん で 、 茶 を 入 れ 、 菓 う 土 岐 門 治 が い た 。 彼 に は 東 京 が 初 め て で 、 関 西 の 田 舎 の 子 を 出 し た 。 し か し 進 ん で 家 族 と 打 ち と け よ う と せ ず 、 向 中 学 を 出 、 早 稲 田 に 入 学 出 来 た 生 活 に は 容 易 に 馴 染 み か ね う か ら 親 し く な っ て 来 る の を 土 岐 は 待 っ た 。 栄 子 は 彼 よ り 藍 染 め て わ が 恋 は あ い そ め て こ そ ま さ り け り し か ま の か ち の 色 な ら ね ど も た い っ し ょ か ん こ っ

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


0 き だ し ち ゃ だ ん す 風 か ら 抜 け 出 し て 、 茶 簟 笥 の 引 出 を あ け 、 手 あ た り 次 第 に れ 口 を た た く か ら 、 追 い 出 さ れ る ん じ ゃ な い の 。 お と な し 盗 ん で く る 。 盗 ん で 来 て 、 ど う す る と い う 目 的 も な く 、 た く し て お れ ば 、 伊 丹 だ っ て 、 そ う は 嫌 わ な か っ た で し よ う さ び だ 盗 ま ず に は い ら れ な い 。 盗 ん だ も の は 蒲 団 の 下 に か く し に ね 。 身 か ら 出 た 錆 よ 」 「 あ あ 、 わ た し は 仙 子 の と こ ろ に い ん と く ぶ つ も ろ て お く が 、 毎 朝 幸 子 に 掃 除 を さ れ る の で 、 隠 匿 物 は 脆 く も か え り た い よ 」 こ れ で は 美 濃 部 の 面 は 、 踏 ん だ り 蹴 っ た り 発 見 さ れ て し ま う 。 そ れ で も 懲 り ず に 盗 み を は た ら く 。 そ で あ る が 、 も と も と う め 女 は 自 分 の 感 じ だ け を 言 う の で あ ひ も れ が ボ タ ン で あ っ た り 、 封 筒 で あ っ た り 、 紐 で あ っ た り す り 、 自 分 の 言 葉 の こ わ い 責 任 に は 心 は な か っ た 。 「 僕 は 初 る 。 病 気 の よ う で あ っ た 。 病 い と い え ば 、 近 頃 う め 女 は 耳 め か ら う め 女 お 婆 さ ん に 対 し て は 、 一 = 〕 住 絶 慮 と い 0 た 立 場 が 遠 く に な っ た よ う で あ る 。 よ う で あ る と い う の も 、 必 要 で の ぞ ん で い る の だ か ら 、 僕 の 立 場 に 気 が ね す る こ と は な な 時 に は 、 普 通 の よ う に 聞 え る か ら で あ る 。 叱 ら れ る 時 に い よ 」 美 濃 部 は 妻 に 言 っ て い た 。 ぼ う ぎ よ は 、 聞 え な い ふ り を す る 。 防 禦 の 姿 勢 で あ る 。 が 、 年 が 年 と こ ろ が 、 仙 子 が 村 の 近 く の 温 泉 に 来 て 、 自 分 ひ と り な の で 耳 も 遠 く な っ た の だ ろ う と 、 幸 子 も 信 じ な い わ け に が 自 動 車 で の り つ け 、 ふ も と か ら 上 っ て 来 た 姿 を 見 か け た な ま ね ぎ ひ ま ・ こ 。 い か な か っ た 。 う め 女 は 生 葱 を 食 べ た が っ た 。 曽 孫 の 九 時 に は 、 美 濃 部 は 自 分 の 目 を 疑 っ た 。 農 家 の 庭 に 無 言 で は 歳 に な る の が 、 二 三 間 は な れ て う め 女 に 向 か い 、 普 通 の 声 い っ て 来 た 仙 子 を 眺 め て 、 幸 子 は 息 も 出 来 な い ほ ど に 顔 色 で 、 「 お 婆 ち ゃ ん 、 葱 を あ げ よ う か 」 と 言 っ た 。 当 然 聞 え を 変 え た 。 今 に も と び か か っ て 、 く ち ば し で 突 っ き 合 い し や も な い 範 囲 で あ り 、 も っ と 大 き な 声 で 叱 ら れ て も 、 き よ と ん 脚 で 蹴 り 合 う 二 羽 の 軍 鶏 の よ う に 殺 気 立 っ た 。 う め 女 を 押 と し て い る の だ っ た 。 う め 女 は は か り ご と と は 知 ら ず 、 身 し つ け た だ け で は ま だ 全 部 で は な く て 、 押 し つ け ら れ た 相 ち ょ う を の り 出 し た 。 「 葱 ? あ あ 、 葱 が た べ た い ん で す よ 。 頂 手 の 様 子 は 姆 低 に と 、 他 人 の 傷 口 を 自 分 の 手 で 開 い て み た 齢 勲 よ 」 「 わ あ い 、 お 婆 ち ゃ ん の 勝 手 つ ん ぼ ー 計 略 に の つ い の か 、 そ こ に ど う い う も く ろ み が あ る の か 、 い ず れ に し の ち ゃ っ た 」 て も こ の よ う な 訪 問 を う け よ う と は 、 美 濃 部 夫 婦 も 想 像 は ら う め 女 は さ す が に 、 山 村 の 生 活 に 参 っ て い た 。 食 物 は 土 し て い な か っ た 。 が ら カ し ま あ お 上 り な さ い 。 ご ら ん の よ う な 二 タ 地 柄 貧 し い の は 仕 方 が な い と し て も 、 電 燈 の な い 不 便 に は 「 い ら っ し や 、 。 こ り ′ 」 り 懲 々 し て い る し 、 や は り 仙 子 の 家 が 恋 し か 0 た 。 「 仙 子 の 部 屋 の 生 活 で す 。 台 所 は 廊 下 の は し で 、 に 雨 ざ ら し で と こ ろ へ か え り た い 」 炬 燵 に う ず く ま り な が ら 、 思 わ ず ロ す 。 疎 開 生 活 は こ ん な も の で す 。 こ う い う と こ ろ へ 、 お 婆 に 出 す の だ っ た 。 「 仙 子 姉 さ ん を 、 呪 っ て や る な ん て 憎 ま さ ん を 引 き う け て い る の で す よ 」 こ の ろ か お

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


102 あ っ た 。 世 の 中 と は そ ん な も の か と 、 目 の 醒 め る 気 持 で も 男 と し て し く も あ り 、 不 憫 で も あ る の だ が 、 ゆ ぎ つ く あ っ た 。 先 々 で い つ ま で も ぐ ず つ い て 実 も 花 も な く し て し ま う 情 痴 わ め 土 岐 は 勢 い よ く 湯 船 を 出 た 。 ど ん な に 喚 い て も 嘆 い て も の 愚 さ を 器 用 に 切 り す て て 、 薄 情 に 見 え る く ら い 別 な 異 性 こ つ け い さ っ そ う は ん り よ き か ま わ な い こ の 胸 苦 し い 時 間 に 、 さ よ う な 間 の 抜 け た 滑 稽 に 颯 爽 と 人 生 の 伴 侶 を 極 め て し ま え る の も 理 知 の 美 し さ で き よ う じ ん ご と を 思 い 出 す な ど 、 自 分 が 不 思 議 で あ り 、 肚 が 立 っ た 。 あ り 、 強 靱 さ に 違 い な か っ た 。 こ れ に は 抵 抗 が 出 来 な か っ 滋 子 に 負 け る ぞ 。 っ ふ や 土 岐 は 何 と い う こ と な く そ う 呟 い た 。 二 三 杯 つ づ け て 冷 己 の 恋 情 を 立 て 貫 く こ と だ け を 考 え て 、 両 親 や 世 間 の 秩 水 を か む 0 た 。 い し た 。 が 、 叝 0 て 生 ま 生 ま し い 滋 子 序 に 反 抗 を す る 。 ー ー そ の 見 事 さ は 判 ら な い で は な か 0 た 。 あ き ら の 思 い 出 を 引 き 出 す だ け で あ り 、 滋 子 に 負 け る な ど と 自 分 し か し 、 己 の 恋 を 諦 め る こ と で 両 親 に 対 し て 最 後 の 孝 行 に こ ん た ん に 言 い き か す こ と が 、 魂 胆 の な い 言 葉 の 上 の ご ま か し で あ 代 え よ う と 努 め る ー ー ー 自 分 に 対 す る 不 忠 実 さ も 、 果 し て ど る の に 気 が 付 い た 。 こ ま で 責 め ら れ る 卑 怯 さ で あ る か 、 誰 も 知 ら な い の で あ し か し 、 下 宿 に 戻 る と 、 土 岐 の 気 分 は い く ら か 落 着 い て る 。 恋 に 盲 目 に な れ る 人 間 は 、 盲 目 に な っ て し ま う 方 が 正 い た 。 滋 子 の 送 っ て よ こ し た 小 説 「 逢 染 め る 雪 」 に 対 す る し い の で あ ろ う 。 し か し 、 土 岐 の よ う に 、 観 念 や 教 養 に よ 準 備 が 出 来 て い た 。 土 岐 は き ち ん と 机 に 向 い 「 逢 染 め る っ て ま だ ま だ 自 分 を 殺 す こ と を よ く 訓 練 さ れ て い る 人 間 に 雪 」 の 頁 を 開 け た 。 す る と 、 こ の 現 在 の 苦 し み を 他 人 の 書 は と て も 盲 目 に は な り 切 れ な い の だ 。 卑 怯 と 言 わ れ る か も い た 小 説 が 何 と か 都 合 よ く 治 療 し て く れ る よ う で 、 そ れ に 知 れ な い 。 恋 と 結 婚 を 別 々 に 考 え て い る 不 徳 漢 と 非 難 さ れ ひ ょ う へ ん 縋 り つ く 気 持 に な っ た 。 る か も 半 ら な い 。 ・ 、 、 カ 土 岐 は 器 用 に 豹 変 す る こ と が 出 来 な い の で あ る 。 そ の 癖 、 土 岐 は 姆 魲 に も 自 分 ら し い 考 え 方 や や り 方 を 滋 い ず れ は 破 ら れ る 恋 で あ る 、 そ う 考 え て 相 手 の 先 ま わ り 子 か ら 見 せ つ け ら れ る と 、 今 ま で 滋 子 を 見 そ こ な っ て い た わ が ま ま し て 破 っ て み せ た 滋 子 の 覚 悟 の 並 大 握 の 苦 し さ で な い の は よ う な 動 揺 を 受 け る の だ っ た 。 我 儘 に は 違 い な い 。 我 儘 は あ き ら と っ よ く 判 っ て い る 。 捨 て ら れ る 苦 痛 よ り 捨 て る 苦 し さ は 、 そ 承 知 し て い る の だ 。 力 強 く 恋 を 諦 め て 、 他 家 へ 嫁 ぐ 滋 子 の れ が 女 の 立 場 で あ る だ け に い っ そ う 切 な い の で あ る 。 土 岐 心 の 内 が 判 ら な い で は な か っ た 。 自 分 に ひ き く ら べ て 、 そ は 捨 て ら れ て 、 滋 子 は 強 い な 、 と 感 心 し た 。 こ ん な 感 心 は れ が 判 り す ぎ る く ら い に よ く 判 る の で あ る 。 却 っ て 判 ら な な み た い て 、 お の れ ふ び ん