検索 - みる会図書館

検索対象: 肩ごしの恋人 (集英社文庫)

肩ごしの恋人 (集英社文庫)から 141件ヒットしました。

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


肩 ご し の 恋 人

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


眉 集 英 社 文 庫 し の 恋 人 唯 川 恵 集 英 社 版

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


肩 ご し の 恋 人 ) あ と が き 2 解 説 江 國 香 織 目 次 328

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


「 あ あ 」 萌 は 振 り 向 き 、 鏡 の 前 で さ か ん に ネ ク タ イ の 結 び 目 を 気 に し て る 男 に 目 を や っ た 。 名 前 を 聞 い て な か っ た こ と に 、 そ の 時 、 初 め て 気 が 付 い た 。 「 違 う わ よ 」 「 披 露 宴 の 時 、 結 構 、 親 密 に 話 し て た の 見 て た ん だ か ら 。 帰 り も 一 緒 だ っ た の も 、 ち ゃ ん と 知 っ て る ん だ か ら 」 「 さ す が だ け ど 、 違 う わ 」 「 ど う だ っ た 彼 ? 」 「 だ か ら 、 誰 」 「 今 さ ら そ う い う の 、 面 倒 臭 い か ら や め よ う よ 」 萌 は 思 わ ず 肩 を す く め た 。 「 わ か っ た わ 、 る り 子 が 新 婚 旅 行 か ら 帰 っ て 来 た ら 、 ゆ っ く り 話 す か ら 」 「 ほ ん と 、 ぜ っ た い よ 、 楽 し み に し て る か ら 。 じ ゃ あ 今 は こ こ ま で に し て お い て あ げ る 」 は し ゃ い だ 声 を 上 げ て 、 る り 子 が 電 話 を 切 っ た 。 人 恋 「 趣 味 が 悪 い よ 、 そ う い う の 」 男 の 声 に 、 萌 は 振 り 返 っ た 。 「 彼 女 と 、 僕 の 品 定 め を す る つ も り な ん だ ろ う 」

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


出 豆 腐 を 顔 に 投 げ つ け て い た だ ろ う 。 「 気 持 ち 悪 が っ て る 割 り に は 、 よ く 見 て る わ ね 。 な か な か の 観 察 だ わ 」 「 梅 ハ イ い い で す か ? 」 「 い い わ よ 」 崇 が 店 員 に 注 文 す る 。 萌 も 次 の 飲 み 物 を 何 に し よ う か と 考 え る 。 明 日 は 休 み だ 。 酔 っ て も い い な 、 と い う 気 分 に な り つ つ あ る 。 九 歳 も 年 下 の 男 の 子 と 、 飲 み な が ら エ ロ ス の 話 を す る の も 悪 く な い 。 「 で 、 ど ん な 女 ? 」 萌 は 残 り の ビ ー ル を 飲 み 干 し た 。 「 何 、 が ? ・ 」 「 最 初 の 女 よ 。 君 に 、 女 の 身 体 は 気 持 ち 悪 い と 刷 り 込 ま せ た 女 」 ち ょ う ど 二 呼 吸 ぐ ら い の 間 が あ っ て か ら 、 崇 は さ つ ば り と 答 え た 。 「 母 親 だ よ 」 一 瞬 、 言 葉 が 詰 ま っ た 。 萌 は ち ら り と 彼 を 見 て か ら 、 ゆ っ く り と 店 員 に 手 を 上 げ た 。 人 て ん ぐ ま い 恋 「 冷 酒 、 天 狗 舞 、 二 合 で ね 」 梅 ハ イ を 崇 は 気 持 ち よ さ そ う に 飲 み 、 サ イ コ ロ ス テ ー キ を ま と め て 三 個 、 ロ の 中 に 放 り 込 肩 ん だ 。 療 「 そ れ は 恐 れ 入 る 話 だ わ ね 」

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


「 実 は 僕 、 イ ギ リ ス の 高 校 に 編 入 す る こ と に な っ た ん だ 」 萌 は 思 わ ず 顔 を 上 げ た 。 「 い ろ い ろ 考 え て 、 自 分 を 今 ま で と ま っ た く 違 う 状 況 に 置 い て み よ う っ て 思 っ た ん だ 。 何 を や り た い と か 、 具 体 的 な 目 的 は ま だ な い ん だ け ど 、 言 葉 も ロ ク に で き な い 中 で 、 ひ と り に な っ て 自 分 を 少 し 試 し て み よ う っ て ね 。 そ の こ と 話 し た ら 、 最 初 は し ぶ っ て た ん だ け ど 、 お ふ く ろ も 、 お ふ く ろ の ダ ン ナ も 最 終 的 に は 賛 成 し て く れ た 」 「 い っ ? ・ 」 た 「 来 週 に は 発 つ つ も り だ よ 」 「 急 な の ね 」 「 決 め た ら 、 じ っ と し て ら れ な く て 」 「 ど れ く ら い の 予 定 ? 」 「 う ま く い け ば 、 そ の ま ま 大 学 に 進 学 す る こ と も 考 え て る ん だ 」 「 」 , つ 」 人 「 ど , っ 思 , っ ? 」 恋 し ゃ よ 、 の オ し 」 し ご 「 木 ・ 山 ョ に 絜 」 , っ 田 5 , っ ? ・ 」 「 も う 決 め て る ん で し よ う 」 「 ま あ 、 そ う だ け ど 」

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


正 座 し た 。 「 ど , っ し て 」 「 眠 い の 」 「 初 夜 だ よ 」 「 飛 行 機 、 長 か っ た ん だ も の 」 「 機 内 食 食 っ た ら 、 美 容 液 た つ ぶ り 塗 っ て 、 す ぐ 寝 ち ゃ っ た じ ゃ な い か 」 「 そ れ で も 眠 い の 」 「 じ ゃ あ コ ー ヒ ー で も 飲 む ? 」 「 い ら な い 」 「 な に か 怒 っ て る の ? 」 「 だ か ら 言 っ た で し よ 、 眠 い の 」 「 お や す み 」 い っ そ 腹 を 立 て て 、 強 引 に シ ル ク の ナ イ ト ウ ェ ア を ひ つ ば が し て く れ た ら い い の に 。 そ う 人 し ょ げ 恋 し た ら そ の 気 に な る か も し れ な い の に 。 な の に 信 之 は 悄 気 て 、 ひ と り で ぶ つ ぶ つ 言 い な が ら 、 テ レ ビ の ス イ ッ チ を 入 れ た 。 肩 少 年 が プ ー ル に 落 ち た 葉 っ ぱ を 柄 の 長 い 網 を 使 っ て 拾 い 上 げ て い る 。 十 二 、 三 歳 く ら い だ ろ う か 。 ポ リ ネ シ ア ン 系 の 少 年 は み ん な 天 使 み た い に 可 愛 い 。

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


る り 子 が 口 を 尖 ら し た 。 「 違 う わ 、 萌 は 最 初 か ら 、 私 が 取 る の わ か っ て た の よ 。 う う ん 、 取 ら せ よ う と し て い た の よ 。 だ か ら 初 対 面 の 時 も 、 す ぐ 三 人 で 飲 も う 、 な ん て 言 っ た ん だ わ 。 そ の 時 に は も う 、 信 く ん が イ ヤ に な っ て た の よ 」 「 よ く 言 う わ 。 断 っ た っ て 、 あ ん た は 絶 対 に く つ つ い て 来 る じ ゃ な い の 。 い つ だ っ て 、 そ う じ ゃ な い の 。 だ か ら 無 駄 な 抵 抗 は し な い で お こ う と 思 っ た だ け よ 」 「 私 は 、 萌 の お 古 を 掴 ま さ れ た ん だ 。 萌 に 騙 さ れ た ん だ 」 「 ほ ん と に 怒 る わ よ 」 「 何 で 萌 が 怒 る わ け ? つ ら い 思 い を し て い る の は 私 な の よ 。 可 哀 相 だ と は 思 わ な い の ? 」 ま ね る り 子 得 意 の 泣 き 真 似 が 始 ま っ た 。 萌 は 肩 で 息 を つ い た 。 ほ お づ え 崇 が 頬 杖 を つ い た ま ま 、 呆 れ 顔 で 交 互 に ふ た り の 顔 を 見 比 べ て い る 。 「 で 、 私 に ど う し ろ っ て 言 う の よ 」 あ ら か じ 萌 が 諦 め た よ う に 一 一 = ロ う と 、 予 め 用 意 し て あ っ た か の ご と く る り 子 は 答 え た 。 「 こ こ に 置 い て 」 人 恋 の し 「 し ば ら く 家 に は 帰 ら な い 。 だ か ら 、 こ こ に 置 い て 」 肩 「 冗 談 や め て よ 。 し か な い こ こ に ど う や っ て 三 人 で 暮 ら す っ て い う の よ 」 「 あ ら 、 崇 く ん も 暮 ら す の ? 」 あ き ら つ か だ ま

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


集 英 社 文 庫 目 録 ( 日 本 文 学 ) 吉 沢 久 子 素 敵 な 老 い し た く 米 山 公 啓 医 者 の 個 人 生 活 繝 日 わ か ぎ ゑ ふ ば か の た ば 吉 武 輝 子 老 い て は 人 生 桜 色 米 山 公 啓 午 前 3 時 の 医 者 も の が た り わ か ぎ ゑ ふ そ れ は 言 わ な い 約 束 で し ょ ? ゅ め ず 吉 永 小 百 合 夢 一 途 米 山 公 啓 医 者 の 半 熟 卵 わ か ぎ ゑ ふ 秘 密 の 花 園 吉 永 み ち 子 気 が つ け ば 騎 手 の 女 房 米 山 公 啓 医 者 の 上 に も 3 年 わ か ぎ ゑ ふ ば か ち ら し 吉 永 み ち 子 母 と 娘 の 鬨 年 戦 争 米 山 公 啓 さ ま よ え る 患 者 わ か ぎ ゑ ふ 大 阪 の 神 々 じ お ん な 吉 永 み ち 子 女 偏 地 獄 米 山 公 啓 医 者 の 出 張 猶 予 Ⅱ ヶ 月 若 竹 七 海 サ ン タ ク ロ ー ス の せ い に し よ う 吉 村 達 也 や さ し く 殺 し て 米 山 公 啓 週 刊 医 者 自 身 若 竹 七 海 ス ク ラ ン プ ル 吉 村 達 也 別 れ て く だ さ い 米 山 公 啓 医 者 の 健 診 初 体 験 和 久 峻 三 夢 の 浮 橋 殺 人 件 吉 村 達 也 夫 の 妹 米 山 公 啓 使 命 を 忘 れ た 医 者 た ち 和 久 峻 三 女 検 事 の 涙 は 乾 く 吉 村 達 也 し あ わ せ な 結 婚 米 山 公 啓 医 者 が ほ け た 母 親 を 日 介 護 す る 時 不 久 峻 三 桜 月 夜 の 殺 人 吉 村 達 也 年 下 の 男 四 方 田 犬 彦 月 島 物 語 和 久 峻 三 「 一 つ 首 荘 殺 人 件 吉 村 達 也 京 都 天 使 突 抜 通 の 恋 隆 慶 一 郎 一 夢 庵 風 流 記 和 久 峻 三 白 骨 夫 人 の 遺 一 司 書 吉 村 達 也 セ カ ン ド ・ ワ イ フ 隆 慶 一 郎 か ぶ い て 候 和 久 峻 三 法 廷 殺 人 の 証 人 赤 か ぶ 検 事 の 名 推 理 吉 行 淳 之 介 ・ 選 純 愛 小 説 名 作 選 連 城 三 紀 彦 た め 息 の 時 間 和 久 峻 三 京 都 の 殺 人 吉 行 淳 之 介 自 家 謹 製 小 説 読 本 連 城 三 紀 彦 美 女 渡 辺 一 枝 時 計 の な い 保 育 園 吉 行 淳 之 介 子 供 の 領 分 わ か ぎ ゑ ふ O 放 浪 記 渡 辺 一 枝 桜 を 恋 う 人 へ ん

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


「 無 欲 だ な っ て 思 う よ 。 何 も た っ た 一 本 の バ ラ と 自 分 の 身 体 を 引 き 替 え に す る こ と は な い だ ろ う に つ て ね 」 「 せ め て バ ラ 百 本 に し ろ と か ? 他 で 売 春 し て 五 万 ぐ ら い 稼 い で 、 一 本 買 っ た 残 り の お 金 で 別 の 物 を 買 え ま 、 、 「 ま あ 、 そ う だ な 」 い か に も 柿 崎 ら し い 答 え だ と 萌 は 思 っ た 。 「 じ ゃ あ 、 文 ち ゃ ん は ど う ? 」 文 ち ゃ ん は 、 萌 と 正 面 か ら 目 を 合 わ せ た 。 「 反 対 ね 。 何 て 欲 張 り な 女 な ん だ ろ う っ て 思 う わ 。 欲 し い も の が あ れ ば 、 ど ん な 手 段 を 使 っ て も 手 に 入 れ よ う と す る 。 き っ と そ い つ は 、 花 火 が 見 た く な っ た ら 、 花 火 屋 に 放 火 す る よ う な 女 よ 」 萌 は 納 得 し て し た 。 。 、 ' ケ イ の 男 が 男 を 好 き な こ と ぐ ら い も ち ろ ん 知 っ て い る が 、 そ の 感 覚 に は 二 種 類 あ る と 思 っ て い る 。 気 持 ち が 女 と 同 じ よ う に 男 が 好 き な の か 、 そ れ と も 、 男 の ま ま に 男 が 好 き な の か 。 文 ち ゃ ん は 、 萌 と 同 じ 感 覚 で 生 き て い る 。 そ う し て 、 柿 崎 が 好 き だ 。 萌 の 知 ら な い 話 題 を 持 ち 出 す の も 、 や け に 礼 儀 正 し い の も 、 ラ イ バ ル と し て 萌 を 見 て い る か ら こ い が た き だ 。 男 を 恋 敵 に す る の は 初 め て だ 。 そ の 時 、 ひ ょ ろ り の 店 員 が マ ス タ ー に 近 付 い て 来 た 。 「 あ の 、 バ イ ト の 貼 り 紙 見 た っ て 子 が 外 に 来 て る ん で す け ど 」