検索 - みる会図書館

全データから 212941件ヒットしました。

リストカット : 自傷行為をのりこえる


リ ス ト カ ッ ト 自 傷 行 為 を の り こ え る 林 直 樹 0 講 談 社 現 代 新 書 1912

リストカット : 自傷行為をのりこえる


リ ス ト カ ッ ト 自 傷 行 為 を の り こ え る 林 直 樹 講 談 社 現 代 新 書 1912

リストカット : 自傷行為をのりこえる


彼 女 の 人 生 に は 、 自 ら の 能 力 を 生 か し な が ら も と も と の 弱 点 を 克 服 し 、 つ い に は 自 分 の 生 き 方 を 確 立 し た と い う 道 筋 を 見 出 す こ と が て き る 。 ダ イ ア ナ の 自 傷 行 為 に 関 与 す る も う 一 つ の 要 因 は 、 摂 食 障 害 や う つ 病 と い っ た 精 神 疾 患 の 存 在 て あ る 。 う つ 病 や 摂 食 障 害 は 、 精 神 的 な 負 担 を 増 大 さ せ 、 彼 女 を 自 傷 行 為 に 追 い や る 一 因 と な っ て い た 。 そ れ ゆ え 、 ダ イ ア ナ が こ れ ら の 精 神 疾 患 か ら 回 復 し よ う と す る 努 力 を 重 ね て い た こ と も 、 自 傷 行 為 の 再 発 を 防 ぐ こ と に 役 立 っ た は ず て あ る 。 こ の よ う に 、 自 傷 行 為 に 並 存 す る 精 神 疾 患 へ の 治 療 は 、 自 傷 行 為 か ら の 回 復 に 貢 献 す る も の て あ り 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 の 重 要 な 柱 と な る こ と が ま れ て は な い 。 自 傷 行 為 に は 、 ほ か に も さ ま ざ ま な タ イ プ が あ り 、 タ イ ア ナ 妃 の 自 傷 行 為 は 、 そ の 一 つ の タ イ プ を 代 表 す る も の に す ぎ な い 。 し か し 、 自 傷 行 為 の 理 解 の 方 法 は 、 本 章 て 取 り 上 げ た ダ イ ア ナ の 場 合 と 基 本 的 に 同 じ て あ る 。 本 章 て 示 さ れ て い る よ う に 自 傷 行 為 が 発 生 す る 状 況 や そ の 要 因 を 理 解 す る こ と は 、 自 傷 行 為 に 追 い や ら れ た 人 々 を 援 助 す る た め に 避 け る こ と の て き な い = = 課 題 な の て あ る 。 39 第 二 章 ダ イ ア ナ 妃 の 苦 悩

リストカット : 自傷行為をのりこえる


図 2 自 殺 に い た る 心 理 的 過 程 の 段 階 的 発 展 ( 張 賢 徳 他 「 自 殺 行 為 の 最 終 段 階 に つ い て の 研 究 ー ー ゴ 解 離 』 仮 説 」 「 脳 と 精 神 の 科 学 」 10 巻 、 1999 の 図 を 改 変 ) 重 大 な 自 殺 未 遂 自 殺 既 遂 自 殺 の 計 画 ・ 自 殺 未 遂 重 度 の 自 傷 行 為 自 殺 念 慮 自 傷 行 為 の 繰 り 返 し 軽 度 の 自 殺 念 慮 軽 度 の 自 傷 行 為 自 殺 可 能 性 な し し た ホ ー ト ン ら の 研 究 て は 、 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 を お こ な う 人 は 、 年 齢 が 上 昇 す れ ば す る ほ ど 自 傷 行 為 の 回 数 が 多 く な り 、 自 殺 既 遂 率 が 高 ま る こ と が 示 さ れ て い る 。 ま た 、 自 傷 行 為 を 繰 り 返 す 人 て は 、 自 殺 に 発 展 す る 可 能 性 が 増 大 す る こ と が 知 ら れ て い る 。 た と え ば 、 わ が 国 の 松 本 俊 彦 ら の 研 究 て は 、 自 傷 行 為 と 過 量 服 薬 の 両 方 が 見 ら れ る 症 例 は 、 自 傷 行 為 の み の 症 例 よ り も 年 齢 が 高 く 、 自 傷 行 為 の 繰 り 返 し の 回 数 が 多 い こ と が 明 ら か に さ れ て い る 。 こ れ ら の 研 究 所 見 は 、 自 傷 行 為 や 過 量 服 薬 が 繰 り 返 さ れ る う ち に 、 そ れ ら の 行 動 が 重 症 化 し 、 自 殺 の 危 険 性 が 高 ま る こ と を 示 し て こ の プ ロ セ ス を 図 2 を 使 っ て 説 明 し よ う 。 67 第 四 章 マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー と 南 条 あ や

リストカット : 自傷行為をのりこえる


適 切 で 迅 速 な 対 応 の た め に 自 傷 行 為 が 発 生 す る と 、 自 傷 者 の 家 族 や 学 校 な ど の 現 場 の 関 係 者 に は 、 そ れ に 対 し て な ん ら か の 対 応 を す る こ と が 求 め ら れ る 。 し か し 自 傷 行 為 へ の 適 切 な 対 策 を 迅 速 に 実 施 す る こ と は 、 一 般 に 容 易 て は な い 。 自 傷 行 為 の 現 場 て は す て に 混 乱 が 生 じ て い る の が 通 例 て あ る し 、 対 応 者 は 危 険 な 状 態 に あ る 自 傷 者 の サ ポ ー ト 、 他 の 人 々 へ の そ の 影 響 を 食 い 止 め る こ と と い っ た さ ま ざ ま な 課 題 に 取 り 組 ま な く て は な ら な い か ら て あ る 。 本 章 以 降 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 ・ 治 療 の 方 法 を 呈 示 し て ゆ く こ こ て は 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 を 、 援 助 の ス タ ン ス を 保 つ こ と 、 自 傷 行 為 を 理 解 す る こ と 、 自 傷 者 を 支 え る こ と 、 周 囲 の 人 々 へ の 対 応 、 対 応 に あ た っ て 注 意 す る べ き 事 項 と い う 偵 」 午 、 て ノ - ん る こ と に し こ い 。 援 助 の ス タ ン ス 自 傷 行 為 へ の 対 応 の 前 提 と な る の は 、 自 傷 行 為 を お こ な っ た 人 に 必 要 な 援 助 の 手 を 差 し 伸 べ よ う と す る ス タ ン ス て あ る 。 こ れ は 、 自 傷 者 の 欠 点 を た だ そ う と す る の て も 、 ひ た す ら に 助 け よ う と す る の て も な い 、 節 度 あ る も の て な く て は な ら な い 。 116

リストカット : 自傷行為をのりこえる


あ る 。 文 化 的 現 象 と し て の 自 傷 行 為 を 長 年 に わ た っ て 研 究 し て き た 米 国 の フ ァ ヴ ァ ッ ツ ア は 、 自 傷 行 為 の 概 念 の 一 つ て あ る 「 習 慣 性 自 傷 症 候 群 」 を 提 唱 し て い る 。 こ の 症 候 群 の 診 断 に は 、 自 ら の 身 体 を 傷 つ け た い と い う 観 念 が 持 続 し て お り 、 そ の 考 え に 抗 し き れ ず に 自 傷 行 あ ん ど 為 を す る こ と 、 自 傷 行 為 に よ っ て 緊 張 が 解 放 さ れ 、 安 堵 感 が 生 じ る こ と と い っ た 特 徴 が 認 め ら れ る こ と が 必 要 て あ る 。 こ の 「 習 慣 性 自 傷 症 候 群 」 て も 、 前 述 の ウ ォ ル シ ュ の 定 義 と 同 様 に 、 文 化 的 に 許 容 さ れ る 自 傷 行 為 や 自 殺 未 遂 が 除 外 さ れ て お り 、 自 傷 行 為 は 、 死 ぬ た め て は な く 、 む し ろ 苦 し み を 減 ら す 、 生 き る た め の 手 段 と し て 捉 え ら れ て い る 。 そ し て 、 そ れ に よ っ て い こ の よ う に 自 傷 行 為 の 定 義 は 、 ま だ 十 分 に 定 ま っ て い な い 。 つ か の 間 題 が 生 じ て い る こ と も 指 摘 さ れ な く て は な ら な い 。 そ の 顕 著 な 例 は 、 処 方 薬 や 市 販 薬 の 過 量 服 用 を 広 い 意 味 の 自 傷 行 為 に 含 め る か ど う か が 研 究 者 の 間 て 意 見 が わ か れ て い る こ と て あ る 。 過 量 服 薬 は 、 ウ ォ ル シ ュ の 定 義 す る 自 傷 行 為 や フ ァ ヴ ァ ッ ツ ア の 習 慣 性 自 傷 症 候 群 に 含 ま れ な い も の の 、 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 に は 含 ま れ る こ と が あ る 。 こ の よ う な 状 况 の た め に 、 私 た ち は 自 傷 行 為 の 語 が 用 い ら れ た と き 、 そ れ が ど の 概 念 に も と づ い て い る の か を 確 認 し な く て は な ら な い こ と が し ば し ば あ る 。 な お 、 本 書 て は 、 自 傷 行 為 を パ テ イ ソ ン と カ ー ハ ン の 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 と 19 第 一 章 自 傷 行 為 と は な に か ?

リストカット : 自傷行為をのりこえる


部 分 的 自 殺 ・ パ ラ 自 殺 ・ 自 殺 関 連 行 動 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 区 別 す る こ と は 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 に お け る 重 要 な ポ イ ン ト の 一 つ て あ る 。 実 際 の ケ ー ス て は 、 自 傷 行 為 と 自 殺 未 遂 の 要 素 が 互 い に 関 連 し て お り 、 自 傷 行 為 が 自 殺 未 遂 の 性 質 を 帯 び る こ と が し ば し ば あ る 。 そ の よ う な ケ ー ス て は 、 自 傷 行 為 に お け る 自 殺 未 遂 の 特 徴 を 見 落 と す こ と は 、 自 傷 行 為 を お こ な う 人 の 自 殺 の 危 険 へ の 備 え を 怠 る こ と に な る し 、 そ の 反 対 に 、 自 殺 未 遂 の 要 素 を 過 剰 に 重 視 す る と 、 自 殺 予 防 の 名 目 て 過 剰 な 治 療 が お こ な わ れ る な ど の 弊 害 が 生 じ か ね な い 。 自 傷 行 為 に お け る 自 殺 未 遂 の 特 徴 を よ く 吟 味 す る こ と が 必 要 な の は 、 そ の ゆ え て あ る 。 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 区 別 す る の が 困 難 な こ と は 少 な く な い 。 そ れ は 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 と の 関 連 性 に お い て 捉 え よ う と し て き た 歴 史 に も あ ら わ れ て い る 。 最 初 に 取 り 上 げ ら れ る べ き は 、 米 国 て 精 神 分 析 の 普 及 に つ く し た 精 神 科 医 と し て 名 高 い メ ニ ン ジ ャ ー の 主 張 て あ る 。 彼 は 、 自 傷 行 為 を 「 弱 め ら れ た 自 殺 」 と み な し て 、 「 限 局 的 自 殺 」 も し く は 「 郊 分 的 自 殺 」 と 呼 ぶ こ と を 提 昌 し ご 。 ロ ナ こ れ は 、 自 傷 行 為 を 含 む 自 己 破 壊 的 行 動 を 自 殺 も し く は 自 殺 未 遂 の 延 長 線 上 に 位 置 づ け よ う と す る 見 方 て あ る 。 か っ て は こ の よ う な 考 え 方 が 支 配 的 て あ っ た た め に 、 自 傷 行 為 に よ っ て 傷 つ い て 病 院 に 搬 入 さ れ る 患 者 が す べ て 自 殺 未 遂

リストカット : 自傷行為をのりこえる


は ド ) め に 第 一 章 自 傷 行 為 と は な に か ? 切 る 、 裂 く 、 刺 す 、 殴 る 、 咬 む : : : / さ ま ざ ま な 場 て の 自 傷 行 為 / 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 / 自 傷 行 為 の 広 が り 第 ニ 章 ダ イ ア ナ 妃 の 苦 悩 皇 太 子 妃 も 自 ら を 傷 つ け て い た / 「 私 は 誰 か に 助 け て ほ し か っ た の 」 / 冷 え き っ た 夫 婦 関 係 / ダ イ ア ナ の 生 い 立 ち / プ リ ン セ ス へ の 不 安 / 立 ち 直 る ダ イ ア ナ 妃 / 悲 劇 的 な 結 末 / な に が 彼 女 を 追 い つ め た の か 第 三 章 さ ま ざ ま な 発 生 要 因 ー ー ・ 社 会 文 化 的 要 因 お よ び 生 物 学 的 要 因 地 域 、 時 代 に よ る 自 傷 行 為 の 変 化 / 自 傷 行 為 の 「 流 行 」 / 習 俗 ・ 信 仰 と 自 傷 行 為 / 指 詰 め と 根 焼 き / 文 化 的 現 象 と し て の リ ス ト カ ッ ト / 生 物 学 的 要 因 目 次

リストカット : 自傷行為をのりこえる


は ド ) め に 第 一 章 自 傷 行 為 と は な に か ? 切 る 、 裂 く 、 刺 す 、 殴 る 、 咬 む : : : / さ ま ざ ま な 場 て の 自 傷 行 為 / 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 / 自 傷 行 為 の 広 が り 第 ニ 章 ダ イ ア ナ 妃 の 苦 悩 皇 太 子 妃 も 自 ら を 傷 つ け て い た / 「 私 は 誰 か に 助 け て ほ し か っ た の 」 / 冷 え き っ た 夫 婦 関 係 / ダ イ ア ナ の 生 い 立 ち / プ リ ン セ ス へ の 不 安 / 立 ち 直 る ダ イ ア ナ 妃 / 悲 劇 的 な 結 末 / な に が 彼 女 を 追 い つ め た の か 第 三 章 さ ま ざ ま な 発 生 要 因 ー ー ・ 社 会 文 化 的 要 因 お よ び 生 物 学 的 要 因 地 域 、 時 代 に よ る 自 傷 行 為 の 変 化 / 自 傷 行 為 の 「 流 行 」 / 習 俗 ・ 信 仰 と 自 傷 行 為 / 指 詰 め と 根 焼 き / 文 化 的 現 象 と し て の リ ス ト カ ッ ト / 生 物 学 的 要 因 目 次

リストカット : 自傷行為をのりこえる


の 依 存 ・ 乱 用 な ど の 著 し く 不 健 康 な こ と を し て 間 接 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 は 含 ま れ な い 。 こ の 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 と 、 自 殺 未 遂 お よ び 間 接 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 と の 関 連 を 図 示 し た の が 図 1 て あ る 。 こ の 図 か ら わ か る よ う に 、 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 は 、 自 分 の 意 思 て 直 接 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 ( 自 殺 関 連 行 動 ) か ら 、 自 殺 未 遂 と み な さ れ る も の を 除 い た 部 分 に 相 当 し て い る 。 米 国 て 長 年 に わ た っ て 自 傷 行 為 を 研 究 し て き た ウ ォ ル シ ュ は 、 「 自 傷 行 為 」 を 「 意 図 的 に 自 分 の 身 体 を 傷 つ け る こ と て あ り 、 そ れ は 社 会 的 に 受 け 入 れ ら れ す 、 心 理 的 な 苦 し み を 軽 減 す る た め に お こ な わ れ る と い う 性 質 を 帯 び る 」 も の だ と 定 義 す る 。 こ れ は 、 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 よ り も 狭 い 自 傷 行 為 の 定 義 て あ る 。 こ こ て は 、 自 傷 行 為 を 特 別 な 封 応 を 要 す る 間 題 行 動 に 限 定 す る た め 、 そ れ が 社 会 的 文 化 的 に 許 容 さ れ て い な い こ と が 加 え ら れ て い る 。 文 化 的 に 許 容 さ れ て い る 自 傷 行 為 の 例 と し て は 、 耳 た ぶ に ピ ア ス の 穴 を あ け る こ と が あ げ ら れ る 。 こ れ は 確 か に 自 ら を 傷 つ け る 行 為 て あ る が 、 す て に 社 会 て 一 般 的 な フ ァ ッ シ ョ ン と し て 認 め ら れ て お り 、 特 別 の 対 応 は 不 要 て あ る 。 さ ら に こ の 定 義 の 最 後 て 、 そ の 意 図 を 「 む 理 的 な 苦 し み を 軽 減 す る た め 」 と 限 定 し て い る こ と は 、 自 傷 行 為 が 別 の 苦 し み か ら 逃 れ る た め 、 そ し て 生 き 続 け る た め に な さ れ る 行 為 て あ る こ と を 意 味 し て い る 。 こ れ は 、 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 区 別 す る た め の ポ イ ン ト て