検索 - みる会図書館

検索対象: 痕跡(上)

痕跡(上)から 40件ヒットしました。

痕跡(上)


講 談 社 文 庫 痕 跡 ( 上 ) パ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル 一 相 原 真 理 子 訳 講 談 社

痕跡(上)


ー 著 者 レ ヾ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル マ イ ア ミ 生 ま れ 。 警 察 記 者 、 検 屍 局 の コ ン ピ ュ ー タ ー ・ ア ナ リ ス ト を 経 て 、 19 囲 年 「 検 屍 官 」 で 小 説 デ ピ ュ 。 MWA ・ CWA 最 優 秀 処 女 長 編 賞 を 受 賞 し て 、 一 躍 人 気 作 家 に 。 バ ー ジ ニ ア 州 検 屍 局 長 ケ イ ・ ス カ ー ベ ッ タ が 主 人 公 の 検 屍 官 シ リ ー ズ は DNA 鑑 定 、 コ ン ピ ュ ー タ ー 犯 罪 な ど 時 代 の 最 先 端 の 素 材 を 扱 い 読 者 を 魅 了 、 19 年 代 ミ ス テ リ ー 界 最 大 の ベ ス ト セ ラ ー 作 品 と な っ た 。 他 の 作 品 に 正 義 感 あ ふ れ る 女 性 警 察 署 長 と そ の 部 下 た ち の 活 躍 を 描 い た 「 ス ズ メ バ チ の 巣 」 「 サ ザ ン ク ロ ス 」 「 女 性 署 長 ハ マ ー 」 な ど 。 ー 訳 者 一 相 原 真 理 子 東 京 都 生 ま れ 。 慶 應 義 塾 大 学 文 学 部 卒 業 。 フ ア デ ィ マ ン 「 本 の 愉 し み 、 書 棚 の 悩 み 」 ( 草 思 社 ) 、 コ デ ル 「 本 を 読 む っ て お も し ろ い 」 ( 白 水 社 ) 、 フ ィ ル プ リ ッ ク 「 復 讐 す る 海 」 ( 集 英 社 ) 、 コ ー ン ウ ェ ル 「 検 屍 官 』 シ リ ー ズ 、 「 ス ズ メ バ チ の 巣 」 「 サ ザ ン ク ロ ス 」 ( 以 上 、 講 談 テ ザ イ ン 一 菊 地 信 義 社 文 庫 ) な ど 、 翻 訳 書 多 数 。 こ ん せ き 痕 跡 ( 上 ) あ い は ら ま り パ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル 一 相 原 真 理 子 訳 ⑥ Mariko Aihara 2004 2004 年 12 月 1 5 日 第 1 刷 発 行 発 行 者 - ー 野 間 佐 和 子 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8 開 1 電 話 出 版 部 ( 03 ) 5395 ー 3510 販 売 部 ( 03 ) 5395 ー 5817 業 務 部 ( 03 ) 5395 ー 3615 Printed in Japan し ま す 。 な お 、 こ の 本 の 内 容 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 に て お 取 替 え 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 書 籍 業 務 製 版 印 刷 製 本 講 談 社 文 庫 定 価 は カ バ ー 表 示 し て あ り ま す 凸 版 印 刷 株 式 会 社 凸 版 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 国 宝 社 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 I S B N 4 ー 0 6 ー 2 7 4 9 4 7 ー 5 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。

痕跡(上)


講 談 社 文 庫 刊 行 の 辞 二 十 一 世 紀 の 到 来 を 目 睫 に 望 み な が ら 、 わ れ わ れ は い ま 、 人 類 史 上 か っ て 例 を 見 な い 巨 大 な 転 換 期 を む か え よ う と し て い る 。 世 界 も 、 日 本 も 、 激 動 の 予 兆 に 対 す る 期 待 と お の の き を 内 に 蔵 し て 、 未 知 の 時 代 に 歩 み 入 ろ う と し て い る 。 こ の と き に あ た り 、 創 業 の 人 野 間 清 治 の 「 ナ シ ョ ナ ル ・ エ デ ュ ケ イ タ ー 」 へ の 志 を 現 代 に 甦 ら せ よ う と 意 図 し て 、 わ れ わ れ は こ こ に 古 今 の 文 芸 作 品 は い う ま で も な く 、 ひ ろ く 人 文 ・ 社 会 ・ 自 然 の 諸 科 学 か ら 東 西 の 名 著 を 網 羅 す る 、 新 し い 綜 合 文 庫 の 発 刊 を 決 意 し た 。 激 動 の 転 換 期 は ま た 断 絶 の 時 代 で あ る 。 わ れ わ れ は 戦 後 二 十 五 年 間 の 出 版 文 化 の あ り か た へ の 深 い 反 省 を こ め て 、 こ の 断 絶 の 時 代 に あ え て 人 間 的 な 持 続 を 求 め よ う と す る 。 い た す ら に 浮 薄 オ 商 業 主 義 の あ だ 花 を 追 い 求 め る こ と な く 、 長 期 に わ た っ て 良 書 に 生 命 を あ た え よ う と っ と め る と こ ろ に し か 、 今 後 の 出 版 文 化 の 真 の 繁 栄 は あ り 得 な い と 信 じ る か ら で あ る 。 同 時 に わ れ わ れ は こ の 綜 合 文 庫 の 刊 行 を 通 じ て 、 人 文 ・ 社 会 ・ 自 然 の 諸 科 学 が 、 結 局 人 間 の 学 に ほ か な ら な い こ と を 立 証 し よ う と 願 っ て い る 。 か っ て 知 識 と は 、 「 汝 自 身 を 知 る 」 こ と に つ き て 現 代 社 会 の 瑣 末 な 情 報 の 氾 濫 の な か か ら 、 力 強 い 知 識 の 源 泉 を 掘 り 起 し 、 技 術 文 明 の た だ な か に 、 生 き た 人 間 の 姿 を 復 活 さ せ る こ と 。 そ れ こ そ わ れ わ れ の 切 な る 希 求 で あ る 。 わ れ わ れ は 権 威 に 盲 従 せ す 、 俗 流 に 媚 び る こ と な く 、 渾 然 一 体 と な っ て 日 本 の 「 草 の 根 」 を か た ち づ く る 若 く 新 し い 世 代 の 人 々 に 、 心 を こ め て こ の 新 し い 綜 合 文 庫 を お く り 届 け た い 。 そ れ は 知 識 の 泉 で あ る と と も に 感 受 性 の ふ る さ と で あ り 、 も っ と も 有 機 的 に 組 織 さ れ 、 社 会 に 開 か れ た 万 人 の た め の 大 学 を め ざ し て い る 。 大 方 の 支 援 と 協 力 を 衷 心 よ り 切 望 し て や ま な い 。 一 九 七 一 年 七 月 野 間 省 一

痕跡(上)


O ・ キ ン グ 海 外 作 品 聴 山 本 や よ 緊 急 報 道 翔 田 朱 美 訳 キ ン ソ ル ヴ ィ ン グ 外 交 官 の 娘 22 0 , リ 亥 ・ ・ , ~ ↓ ー ~ 果 - り , っ ノ 、 、 し ー 天 日 田 訳 ・ ク ー ン ツ サ ・ レ ッ ド ホ ー ス マ ン ? リ ア 《 ・ ・ 。 ル キ ・ 狼 の 震 え る 夜 高 野 裕 美 子 訳 グ レ ッ グ ・ ア イ ル ズ 4 時 ' 間 ・ ク ー ン ツ イ ン ト ル ー ダ ー ズ ge 雨 沢 泰 訳 2 彬 最 破 壊 天 使 高 野 裕 美 子 訳 ・ ク ー ン ツ ・ ク ー ン ツ グ レ 〉 グ ・ ア イ ル ズ 沈 黙 の ゲ ー ム 汚 辱 の ゲ ー ム 北 澤 和 彦 訳 田 中 一 江 訳 グ レ ッ グ ・ ア イ ル ズ 戦 慄 の 眠 り 具 ー ト ・ ク ラ ー ク 己 億 な き 殺 人 ・ ク ー ラ ン ド 訳 千 里 眼 を 持 っ 男 品 雨 沢 泰 訳 ・ ク ロ ン ビ ー 作 ・ ア 、 一 ド ~ ー ' ギ デ オ ン 神 の 怒 り 警 見 の 休 段 多 ラ ス ・ ケ ネ デ ィ 。 玉 木 亨 訳 と ん づ ま り 西 田 佳 子 訳 」 イ 海 ・ ヴ ォ イ エ ン ・ ク ロ ン ビ テ リ ー ・ 雪 豹 ケ イ そ し て 僕 は 家 を 出 る ー 警 視 の 隣 人 笹 野 洋 子 訳 西 田 佳 子 訳 笹 野 洋 子 訳 エ ー リ ッ ヒ ・ ケ ス ト ナ ー ・ ク ロ ン ビ 庫 0 ・ 0 主 ~ 〉 一 0 ー 警 見 の 秘 密 飛 ぶ 教 室 山 口 四 郎 訳 西 田 佳 子 訳 」 イ 文 字 野 輝 雄 訳 社 レ ニ ー ・ ク ロ ン ビ ー 西 田 佳 子 訳 は イ 警 見 の 愛 人 公 文 俊 平 訳 〈 ( ー ド ラ 、 一 デ , 一 グ 作 戦 〉 談 田 中 靖 訳 夜 の 闇 を 待 ち な が ら ス ・ ク ロ ン ビ ノ 検 屍 官 中 津 悠 訳 西 田 佳 子 訳 ネ ー 警 見 の 死 角 相 原 真 理 子 訳 チ ャ ー ル ズ ・ オ ズ ボ ー ン 〈 ア ガ サ ・ ク リ ス テ ィ ー 〉 ・ ク ロ ン ビ ・ コ ー ン ウ エ ル ー 警 見 の 接 吻 証 拠 死 体 羽 田 詩 津 子 訳 招 か れ ざ る 売 谷 西 田 佳 子 訳 ネ 相 原 真 理 子 訳 ニ = ・ コ ー ン ウ エ レ ・ ク ロ ン ビ 由 ノ 遺 留 品 ー 警 見 の 予 感 高 橋 、 健 、 ル 理 西 田 佳 子 訳 ネ 相 原 真 理 子 訳 ・ コ ー ン ウ エ レ ノ 真 犯 人 ~ イ ン ・ カ ー 柔 ら か い 東 翔 田 朱 美 訳 亥 相 原 真 理 子 訳 ・ コ ー ン ウ エ レ ノ 死 体 農 場 坂 口 玲 行 ル 不 確 定 死 体 翔 田 朱 美 訳 糸 相 原 真 理 子 訳 ・ コ ー ン ウ エ ル / ハ ・ カ ミ ン ス キ ー 肖 え た 人 妻 ・ グ ル ー ム フ ォ レ ス ト ・ ガ ン プ 相 原 真 理 子 訳 禾 ノ

痕跡(上)


・ サ ン ド フ ォ ー ド ・ コ ー ン ウ エ ル 食 因 死 大 飼 み ず ほ 、 訳 ス カ ル ピ ア 北 沢 あ か わ 訳 相 原 真 理 子 訳 ・ コ ー ン ウ エ レ »-2 ・ チ ャ イ ル ド キ リ ン グ ・ フ ロ ア ー ge ー 新 装 版 夏 服 を 着 た 女 た ち ノ 接 小 林 宏 明 訳 触 常 盤 新 平 訳 相 原 真 理 子 訳 ・ コ ー ン ウ エ レ 火 ノ 業 中 川 、 聖 将 軍 の 末 裔 ・ チ ~ イ ~ ド 反 撃 92 相 原 真 理 子 訳 ・ デ ュ ナ ン ト T' ・ シ ー ゲ レ ・ コ ー ン ウ エ レ フ ィ レ ン ツ ェ に 消 え た 女 ノ ド リ ー ム チ ー ム 弁 護 団 告 ノ 警 小 西 敦 子 訳 古 屋 美 登 里 訳 相 原 真 理 子 訳 ・ コ ー ン ウ エ レ ・ シ ー ゲ ル 検 事 長 ゲ イ ツ の 犯 罪 ネ ル ソ ン ・ デ ミ ル 王 者 の ゲ ー ム ノ 審 白 石 朗 訳 古 屋 美 登 里 訳 〈 ド リ ー ム チ ー ム 弁 護 団 〉 相 原 真 理 子 訳 く ろ ネ ル ソ ン ・ デ ミ ル ア い プ カ ン ト リ ー Ⅲ ・ コ ー ン ウ エ レ ノ 黒 蚶 北 沢 あ か ね 譚 砌 の 一 三 ロ 憶 白 石 朗 訳 〈 兵 士 の 帰 還 〉 品 相 原 真 理 子 訳 マ ー ク ・ テ イ ム リ ン ア イ リ ス ・ ジ ョ ハ ン セ ン 作 ・ コ ー ン ウ エ ル 黒 く 塗 れ 見 え な い 絆 痕 跡 北 沢 あ か わ 訳 北 沢 あ か わ 訳 外 相 原 真 理 子 訳 ジ ェ フ リ ー ・ デ ィ ー ヴ ァ ー 一 冊 ・ コ ー ン ウ エ ル 死 の 教 訓 越 前 敏 弥 訳 ス ズ メ バ チ の 巣 北 ル あ か 嘘 は よ み が え る 相 原 真 理 子 訳 ア 、 / ド リ ュ ! テ ィ フ ー 庫 ・ ・ コ ー ン ウ 、 ル 天 使 の 遊 戯 サ ザ ン ク ロ ス 越 前 敏 弥 訳 高 山 祥 第 売 名 弁 護 文 相 原 真 理 子 訳 Z ・ 社 ・ コ ー ン ウ エ ル ・ ス コ ッ 上 フ ィ ン 以 ト ー 、 : 抗 争 街 女 女 性 署 長 ハ マ ー 田 Ⅲ 高 山 祥 子 訳 ′ 1 炎 矢 沢 聖 子 訳 ・ ス コ ッ 上 フ ィ ン 講 ・ ゴ ダ 代 理 弁 護 午 石 既 訳 プ レ イ ン ・ ス ト ー ム Ⅲ 高 山 祥 子 訳 加 地 美 知 物 今 ふ た た び の 海 Ⅲ 2 佐 藤 耕 士 死 刑 判 決 2 在 加 地 美 知 刊 訳 秘 め ら れ た 伝 言 ・ , ミ , リ 、 ホ ー カ ン ・ ネ ッ セ ル マ ー テ ィ ン ・ O ・ ス ミ ス 、 ヾ 日 ナ ・ べ イ 終 止 符 「 イ ク ル ・ 「 ナ リ ー 夜 よ り 暗 き 闇 田 e 中 村 友 子 訳 北 澤 和 彦 訳 ノ ノ ソ ク ス リ ー す ば ら し い 新 世 界 プ ラ 〉 ド ・ ス ミ ス 月 日 な き 報 酬 月 ー ラ 、 一 ・ 「 ー ~ 一 唇 を 閉 ざ せ Ⅲ e 松 村 達 雄 訳 マ ン ダ ・ ス コ ッ ト 、 . し ー 擬 装 理 夜 の 牝 丐 佐 藤 耕 士 訳 北 澤 和 訳 死 せ る も の す べ て に Ⅲ 山 岡 訓 子 訳 年 マ ー テ ィ ナ ・ コ ー ル 笹 野 子 リ ス ク を 追 い か け ろ 刪 細 美 遙 和 訳 タ ト ウ ・ ガ ー ル 津 薫 訳 顔 の な い 女 一 三 ま え オ

痕跡(上)


高 杉 良 銀 行 大 統 合 世 紀 の 大 ブ 。 ジ = ク ト の 内 幕 を 圧 倒 的 な 情 報 〈 小 説 み ず ほ 〉 銀 行 の 破 綻 処 理 を 巡 っ て 展 開 さ れ る 金 融 界 の 杉 田 望 金 融 夜 光 虫 「 暗 闘 」 。 そ の 内 幕 を 暴 く 経 済 ミ ス テ リ ー 小 説 。 保 阪 正 康 昭 和 史 忘 れ 得 ぬ 証 言 者 た ち 融 緜 世 界 で 初 め て 両 極 単 独 徒 歩 行 を 成 し 遂 げ た 冒 大 場 満 郎 南 極 大 陸 単 独 横 断 行 険 家 が 記 し た 、 南 極 横 断 行 日 間 の 全 記 録 。 新 週 刊 誌 業 界 の 舞 台 裏 を 知 る 著 者 が 、 取 材 す る 最 長 尾 三 郎 週 刊 誌 血 風 録 側 さ れ る 側 の 実 像 を 描 く ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 。 自 分 の た め に も 、 好 き な 人 の た め に も 、 お い 庫 山 本 ふ み こ 元 気 が で る ふ だ ん の ご は ん し い も の を 。 生 活 を 丁 寧 に 楽 し む ェ ッ セ イ 。 著 者 初 の エ ッ セ イ 集 上 京 し た 頃 の ホ ラ ー 社 岩 井 志 麻 子 東 京 の オ カ ヤ マ 人 な 話 が 、 岡 山 弁 を キ ー ワ ー ド に 明 か さ れ る 。 在 日 三 世 元 プ ロ 野 球 選 手 が 汗 と 涙 と 笑 い に 満 講 金 村 義 明 在 日 魂 ち た 半 生 を 綴 る 。 球 界 再 編 を 斬 る 新 章 追 加 ! 誰 で も 一 度 は 殺 意 す ら 覚 え た 世 界 を シ ミ ズ 教 清 水 義 範 ) や で も 楽 し め る 算 数 え ・ 西 原 理 恵 子 授 が や さ し く 解 説 。 サ イ バ ラ 画 伯 は 大 暴 走 大 江 健 三 郎 鎖 国 し て は な ら な い れ た 、 ノ ー ベ ル 賞 作 家 の 真 摯 な 魂 の 講 演 録 。 一 篇 ご と に 築 か れ た ね 「 さ な 物 語 」 。 こ の 世 界 大 江 健 三 郎 言 い 難 き 嘆 き も て を 生 き る 心 の 姿 勢 と 希 い を 綴 る エ ッ セ イ 集 。

痕跡(上)


ノ ニ ア に 戻 『 検 屍 官 』 シ リ ー ズ 最 新 刊 ! ノ ー ヾ パ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ エ ル 痕 跡 上 っ た ス カ ー ベ ッ タ を 待 ち 受 け る 新 た な 謎 と は 。 相 原 真 理 子 訳 舞 城 王 太 郎 煙 か 土 か 食 い 物 連 続 主 婦 殴 打 生 き 埋 め 事 件 。 ミ ス テ リ ー と 純 Smoke, Soil or Sacrifices 笠 井 潔 ヴ ァ ン パ イ ヤ ー 戦 争 漆 黒 の 肌 を も っ 美 女 の 正 体 は 。 新 興 独 裁 国 家 6 〈 秘 境 ア フ リ カ の 女 王 〉 森 = 季 犠 奓 多 紅 い 悪 夢 の 夏 「 本 格 」 の た め に 結 集 し た ミ ス テ リ 作 家 達 が 〈 本 格 短 編 ベ ス ト ・ セ レ ク シ ョ ン 〉 新 時 計 台 の 磔 刑 、 気 球 の 絞 首 刑 、 美 女 へ の 拷 問 最 芦 辺 拓 怪 人 対 名 探 偵 ・ : 江 戸 川 乱 歩 に 捧 げ ら れ た 最 高 の 本 格 推 理 ! フ ィ リ ッ プ ・ マ ー ゴ リ ン 調 査 妨 害 、 解 雇 、 殺 人 。 若 き 弁 護 士 の 周 囲 で 女 神 の 天 秤 庫 井 坂 清 訳 次 々 に 怪 事 件 が 。 緊 迫 の リ ー ガ ル ・ ス リ ラ ー 幕 末 期 を 舞 台 に 活 躍 し た 天 才 、 奇 人 、 異 才 を 社 司 馬 遼 太 郎 新 装 版 ア ー ム ス ト ロ ン グ 砲 生 き 生 き と 描 い た 、 傑 作 短 編 9 作 品 を 収 録 。 く る ま や ど 明 治 の 東 京 で 頻 発 し た 怪 事 件 。 そ の 謎 を 追 う 宿 講 出 久 根 達 郎 俥 女 車 夫 ・ 夢 尾 の 活 躍 を 描 い た 人 情 ミ ス テ リ ー 大 仏 炎 上 か ら 正 倉 院 の 謎 ま で 、 天 正 の 世 の 権 梓 澤 要 遊 部 田 カ 抗 争 を 圧 倒 的 筆 力 で 描 く 、 傑 作 伝 奇 小 説 ! 記 憶 の 断 片 か ら 立 ち あ が る 物 語 。 少 女 の 目 に 金 井 美 恵 子 噂 の 娘 う つ っ た 晩 夏 の 数 日 を 映 像 的 に 綴 る 傑 作 長 編 。 恋 愛 小 説 の 名 手 が あ ざ や か に 描 く 、 俳 優 ・ 女 小 池 真 理 子 映 画 は 恋 の 教 科 書 優 た ち の デ ッ サ ン 。 お と な の 恋 の エ ッ セ イ 。 テ キ ス ト ウ ォ ー ズ

痕跡(上)


び え 、 大 き く 湾 曲 す る イ ン タ ー ス テ ー ト 九 五 号 線 や 線 路 の う え の 陸 橋 を 見 お ろ し て き た 。 ぼ ん や り 見 え る 白 い 文 字 盤 の す か し 細 工 の 針 は 、 凍 り つ い た よ う に と ま っ た ま ま だ っ た ス カ ー ベ ッ タ が 去 っ た 後 、 リ ッ チ モ ン ド は 変 わ っ た 。 メ イ ン ・ ス ト リ ー ト 駅 は 再 建 さ れ 、 ア ム ト ラ ッ ク の 中 心 と な っ て い る 。 時 計 も 動 き だ し た 。 い ま は 八 時 十 六 分 だ ス カ ー ベ ッ タ が 長 年 、 死 者 の 世 話 を す る た め に 車 で 通 勤 し て い る あ い だ 、 ミ ラ ー に う ー ジ ニ ア の 状 況 は 変 わ っ て い る つ っ た そ の 時 計 は 、 一 度 も 動 い た こ と が な か っ た 。 バ の に 、 だ れ も そ の こ と を 教 え て く れ な か っ た 「 ど う し て ほ し か っ た の か よ く わ か ら な い け ど 」 彼 女 は 横 窓 か ら 外 を 見 て い っ た 。 「 ビ ル の 中 身 だ け こ わ し て 、 倉 庫 と か 文 書 館 と か 、 余 剰 農 産 物 の 保 管 所 と し て 使 う こ と も で き た ん じ ゃ な い か し ら 。 な に も と り こ わ さ な く て も 」 「 い や 、 と り こ わ す べ き だ と 思 う ね 」 マ リ ー ノ が き つ ば り い う 。 上 「 な ぜ か わ か ら な い け ど 、 解 体 さ れ る こ と は 絶 対 な い と 思 っ て た の 」 跡 「 も の す ご い 貴 重 な 建 築 物 っ て わ け じ ゃ ね え し よ 」 マ リ ー ノ は 急 に 古 い ビ ル に 敵 意 を 痕 お ぼ え た か の よ う だ 。 「 一 九 七 〇 年 代 に 建 っ た コ ン ク リ の 安 っ ぽ い ビ ル だ ろ 。 殺 さ れ 四 た や つ ら が ど れ く ら い あ そ こ に 運 び こ ま れ た こ と か 。 ェ イ ズ に か か っ た や つ や 壊 疽 を え そ

痕跡(上)


209 痕 跡 ( 上 ) り す ぎ た と こ ろ で 、 一 番 河 岸 へ ま が る の 。 ポ セ イ ド ン や ア ム ピ ト リ ー テ ー と い っ た 、 マ ル セ イ ユ の ヨ ッ ト チ ャ ー タ ー 会 社 が あ っ て ね 。 そ こ に ポ ー ル っ て い う 、 す ご く 感 じ の い い 男 性 が い る ん だ け ど 。 彼 は 年 代 物 の 黄 色 い ポ ン テ ィ ア ッ ク に 乗 っ て る の 。 南 フ ラ ン ス で そ ん な 車 に お 目 に か か る っ て の も 、 妙 な も の よ 。 倉 庫 を と お り す ぎ て 、 四 番 河 岸 の ほ う へ ま が る 。 灯 台 へ む か っ て は し ま で い く と 、 マ ン グ ス タ と レ バ ー ド が ず ら っ と な ら ん で る わ 。 あ た し も 前 に ゾ ー デ ィ ア ッ ク を も っ て た わ 。 ス ズ キ の 強 力 な エ ン ジ ン が つ い て る の 。 で も 大 型 ポ ー ト は ち ょ っ と ね 。 そ ん な も の に 乗 っ て る ひ ま な い も の 。 あ な た は あ る ん で し よ う ね 」 と 、 乾 ド ッ ク に は い っ て い る 快 速 モ ー タ ー ポ ー ト を な が め る 。 「 で も あ れ に 乗 っ て こ こ で 時 速 十 マ イ ル 以 上 だ し た ら 、 保 安 官 事 務 所 と 税 関 に お 目 玉 を く ら う わ よ 」 、 こ ゞ 、 レ ー シ ー が あ ま り 魅 力 を 感 じ な い タ イ 隣 人 は ぼ か ん と し て い る 。 彼 女 は 美 人 だ カ ノ プ だ 。 い か に も お 金 が あ り そ う で 、 勝 手 気 ま ま に 生 き て い る 感 じ 。 ポ ト ッ ク ス や コ ラ ー ゲ ン 、 サ ー マ ル ト リ ー ト メ ン ト な ど 、 皮 膚 科 医 が 提 供 す る 新 し い 画 期 的 な 美 容 法 の 愛 好 者 で あ る こ と が 、 一 見 し て わ か る 。 最 後 に 眉 間 に し わ を よ せ た の は 、 何 年 前 の こ と だ ろ う 。 も っ と も 、 彼 女 は い や な 表 情 を す る 必 要 は な い 。 そ う で な く て も 意 地 悪 そ う な 、 機 嫌 の 悪 い 顔 を し て い る の だ か ら 。

痕跡(上)


ス ク リ ー ン に う つ っ て い る 居 住 者 の 名 前 は 、 ル ー シ ー が こ の 家 の た め に 適 当 に 選 ん だ 有 限 会 社 の 名 前 に な っ て い る か ら だ 。 そ れ が 何 だ っ た か 、 ノ レ ー シ ー は 思 い だ せ な い 彼 女 は い く つ か 家 を も っ て お り 、 そ れ ら は み な ち が う 会 社 名 に な っ て い る 。 「 テ ィ ー ナ ・ フ ラ ン ク ス で す 」 こ れ は こ の 前 警 察 に 電 話 し た と き に 使 っ た 偽 名 だ 。 へ ン リ が お そ わ れ た 朝 、 パ ニ ッ ク に お ち い り 、 九 一 一 番 通 報 す る と い う ま ち が い を お か し た と き だ 。 ル ー シ ー は オ ペ レ ー タ ー に 自 分 の 、 と い う よ り テ ィ ー ナ ・ フ ラ ン ク ス の 住 所 を 教 え た 。 「 す ぐ に パ ト カ ー を そ ち ら に 派 遣 し ま す 」 と 、 オ ペ レ ー タ ー は い っ た 。 「 よ か っ た 。 そ れ か ら 、 鑑 識 課 員 の ジ ョ ン ・ ダ レ ッ シ オ を お ね が い で き る か し ら 」 落 ち 着 き は ら っ て 、 す ら す ら と い う 。 「 こ の こ と を 知 ら せ て お き た い の 。 こ の 前 の と き 家 に き て く れ た の で 、 こ と の し だ い は わ か っ て い る は ず 」 カ ウ ン タ ー の う え の フ ル ー ツ を い れ た ボ ウ ル か ら 、 り ん ご を 二 個 と り だ す 。 ル ー デ ィ は 目 玉 を 天 井 へ む け た 。 九 一 一 番 の オ ペ レ ー タ ー よ り 自 分 の ほ う が 、 は る か に は や く 鑑 識 課 の ダ レ ッ シ オ を つ か ま え ら れ る と い う 合 図 だ 。 ル ー シ ー は 冗 談 よ と い う よ う に に や っ と し て 、 り ん ご を ジ ー ン ズ で こ す り 、 彼 に ほ う り 投 げ た 。 そ し て も う ひ と つ の り ん ご も ご し ご し や っ て か ら 、 か ぶ り つ し た 。 、 ) ' フ ロ ワ ー ド 郡 保 安 官 事 務 所