検索 - みる会図書館

検索対象: 砦なき者

砦なき者から 135件ヒットしました。

砦なき者


講 談 社 立 庫 砦 な き 者 野 沢 尚 講 談 社

砦なき者


ー 著 者 一 野 沢 尚 1960 年 、 愛 知 県 名 古 屋 市 生 ま れ 。 日 本 大 学 芸 術 学 部 映 画 学 科 卒 業 。 1983 年 第 9 回 城 戸 賞 受 賞 。 1985 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 殺 し て 、 あ な た 」 て 、 脚 本 家 デ ビ ュ ー 。 以 後 テ レ ビ 、 映 画 て 、 活 躍 。 1997 年 「 破 線 の マ リ ス 』 て 、 第 43 回 江 戸 川 乱 歩 賞 受 賞 。 同 年 「 恋 愛 時 代 』 て 、 第 4 回 島 清 恋 愛 文 学 賞 受 賞 。 1999 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 結 婚 前 夜 」 「 眠 れ る 森 」 て 第 17 回 向 田 邦 子 賞 受 賞 。 2001 年 「 深 紅 』 ( 講 談 社 ) て 、 第 22 回 吉 川 英 治 文 学 新 人 賞 受 賞 。 2005 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 砦 な き 者 」 な ど の 脚 本 で 第 29 回 工 ラ ン ド ー ル 賞 特 別 賞 受 賞 。 テ レ ビ 作 品 「 親 愛 な る 者 へ 」 「 青 い 鳥 」 「 氷 の 世 界 」 「 水 曜 日 の 情 事 」 な ど の ほ か 「 川 、 そ し て 海 へ 」 で の 倉 本 聰 、 三 谷 幸 喜 氏 と の 共 同 脚 本 も 話 題 に 。 映 画 作 品 「 マ リ リ ン に 逢 い た い 」 「 そ の 男 、 凶 暴 に つ き 」 ほ か 。 小 説 『 リ ミ ッ ト 』 『 砦 な き 者 』 『 魔 笛 』 『 ひ た ひ た と 』 ( 講 談 社 ) 、 『 龍 時 03 ー 04 』 『 ふ た た び の 恋 』 ( 文 藝 春 秋 ) 、 『 殺 し 屋 シ ュ ウ 』 ( 幻 冬 舎 ) 、 『 烈 火 の デ ザ イ ン 一 菊 地 信 義 月 』 ( 小 学 館 ) ほ か 。 も の と り で 砦 な き 者 の ざ わ ひ さ し 野 沢 尚 ⑥ Yukiko Nozawa 2004 2004 年 2 月 巧 日 第 一 刷 発 行 2005 年 3 月 馬 日 第 8 刷 発 行 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112-8001 電 話 出 版 部 ( 03 ) 5395 ー 3510 販 売 部 ( 03 ) 5395 ー 5817 業 務 部 ( 03 ) 5395 ー 3615 Printed in Japan 製 版 印 刷 製 本 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 千 曲 堂 講 談 社 文 庫 定 価 は カ バ ー ( 表 示 し て あ り ま す 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 書 籍 業 務 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 科 は 小 社 負 担 に て お 取 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 の 内 容 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ビ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 I S B N 4 ー 0 6 - 2 7 59 64 ー X 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。

砦なき者


講 談 社 文 庫 刊 行 の 辞 二 十 一 世 紀 の 到 来 を 目 睫 に 望 み な が ら 、 わ れ わ れ は い ま 、 人 類 史 上 か っ て 例 を 見 な い 巨 大 な 転 換 期 を む か え よ う と し て い る 。 世 界 も 、 日 本 も 、 激 動 の 予 兆 に 対 す る 期 待 と お の の き を 内 に 蔵 し て 、 未 知 の 時 代 に 歩 み 入 ろ う と し て い る 。 こ の と き に あ た り 、 創 業 の 人 野 間 清 治 の 「 ナ シ ョ ナ ル ・ エ デ ュ ケ イ タ ー 」 へ の 志 を 現 代 に 甦 ら せ よ う と 意 図 し て 、 わ れ わ れ は こ こ に 古 今 の 文 芸 作 品 は い う ま で も な く 、 ひ ろ く 人 文 ・ 社 会 ・ 自 然 の 諸 科 学 か ら 東 西 の 名 著 を 網 羅 す る 、 新 し い 綜 合 文 庫 の 発 刊 を 決 意 し た 。 激 動 の 転 換 期 は ま た 断 絶 の 時 代 で あ る 。 わ れ わ れ は 戦 後 一 一 十 五 年 間 の 出 版 文 化 の あ り か た へ の 深 い 反 省 を こ め て 、 こ の 断 絶 の 時 代 に あ え て 人 間 的 な 持 続 を 求 め よ う と す る 。 い た ず ら に 浮 薄 な 商 業 主 義 の あ だ 花 を 追 い 求 め る こ と な く 、 長 期 に わ た っ て 良 書 に 生 命 を あ た え よ う と っ と め る と こ ろ に し か 、 今 後 の 出 版 文 化 の 真 の 繁 栄 は あ り 得 な い と 信 ヒ る か ら で あ る 。 同 時 に わ れ わ れ は こ の 綜 合 文 庫 の 刊 行 を 通 じ て 、 人 文 ・ 社 会 ・ 自 然 の 諸 科 学 が 、 結 局 人 間 の 学 に ほ か な ら な い こ と を 立 証 し よ う と 願 っ て い る 。 か っ て 知 識 と は 、 「 汝 自 身 を 知 る 」 こ と に つ き て 。 現 代 社 会 の 瑣 末 な 情 報 の 氾 濫 の な か か ら 、 力 強 い 知 識 の 源 泉 を 掘 り 起 し 、 技 術 文 明 の た だ な か に 、 生 き た 人 間 の 姿 を 復 活 さ せ る こ と 。 そ れ こ そ わ れ わ れ の 切 な る 希 求 で あ る 。 わ れ わ れ は 権 威 に 盲 従 せ す 、 俗 流 に 媚 び る こ と な く 、 渾 然 一 体 と な っ て 日 本 の 「 草 の 根 」 を か た ち づ く る 若 く 新 し い 世 代 の 人 々 に 、 心 を こ め て こ の 新 し い 綜 合 文 庫 を お く り 届 け た い 。 そ れ は 知 識 の 泉 で あ る と と も に 感 受 性 の ふ る さ と で あ り 、 も っ と も 有 機 的 に 組 織 さ れ 、 社 会 に 開 か れ た 万 人 の た め の 大 学 を め ざ し て い る 。 大 方 の 支 援 と 協 力 を 衷 心 よ り 切 望 し て や ま な い 。 一 九 七 一 年 七 月 野 間 省 一

砦なき者


原 田 宗 典 見 学 ノ ス ス メ は に わ き み こ た ま ら な い 女 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 御 型 旧 〕 馬 場 啓 一 白 洲 次 郎 の 生 き 方 は に わ き み こ 、 こ ま な い 女 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 、 〕 馬 場 啓 一 白 洲 正 子 の 生 き 方 蜂 谷 涼 小 樽 ビ ャ ホ ー ル 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 ム 酳 帳 g 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 御 用 帳 田 望 帰 ら ぬ 日 遠 い 昔 遙 洋 子 結 婚 し ま せ ん 。 ^ 幽 霊 屋 敷 の 女 〉 林 望 リ ン ボ ウ 先 生 の 書 物 探 偵 帖 平 岩 弓 枝 お ん な み ち 全 三 冊 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 御 用 旅 曰 ひ づ め 帚 木 蓬 生 ア フ リ カ の 蹄 平 岩 弓 枝 花 嫁 の 日 平 岩 弓 枝 鑠 と ん の 飛 ん だ 道 帚 木 蓬 生 空 夜 平 岩 弓 枝 結 婚 の 四 季 平 岩 弓 枝 も の は 言 い よ う 録 帚 木 蓬 生 空 山 平 岩 弓 枝 わ た し は 椿 姫 東 野 圭 吾 放 課 後 目 業 祭 東 野 圭 吾 卒 坂 東 眞 砂 子 道 祖 土 家 の 猿 嫁 平 岩 弓 枝 花 ^ 雪 月 花 殺 人 ゲ ー ム > 庫 花 村 萬 月 皆 月 平 岩 弓 枝 青 の 伝 説 東 野 圭 吾 学 生 街 の 殺 人 社 浜 な っ 子 ア ジ ア 的 生 活 平 岩 弓 枝 青 の 回 帰 92 東 野 圭 吾 魔 球 講 浜 な っ 子 死 ん で も 平 岩 弓 枝 青 の 背 信 東 野 圭 吾 浪 花 少 年 探 偵 団 〈 マ ニ ラ 行 き の 男 た ち 〉 畠 山 健 二 下 町 の オ キ テ 平 岩 弓 枝 五 人 女 捕 物 く ら べ 東 野 圭 吾 し の ぶ セ ン セ に サ ヨ ナ ラ ^ 浪 花 少 年 探 偵 団 ・ 独 立 編 〉 林 丈 二 イ タ リ ア 歩 け ば : 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 〕 〔 東 野 圭 吾 十 字 屋 敷 の ピ エ ロ 平 岩 弓 枝 林 丈 二 フ ラ ン ス 歩 け ば : は や ぶ さ 新 八 噸 ロ 〔 東 野 圭 吾 眠 り の 森 現 日 林 丈 二 大 は ど こ ? 平 岩 弓 枝 は や 灯 さ 締 物 御 用 帳 〔 〔 〔 東 野 圭 吾 宿 身 月 ー ビ ー ・ 山 口 女 王 陛 下 の ロ ン ド ン 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 帳 四 東 野 圭 吾 変 原 口 純 子 中 国 の 賢 い キ ッ チ ン 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 噸 国 東 野 圭 吾 仮 面 山 荘 殺 人 事 件 年 原 日 純 子 と 中 華 生 活 ウ ォ ッ チ ャ ー ズ 踊 る 中 国 人 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 御 用 〔 東 野 圭 吾 天 使 の 耳 ど

砦なき者


う ん だ 。 若 い 女 の 子 を 抱 く の が 犯 罪 だ っ て 一 一 一 一 口 う ん な ら 、 ソ ー プ と か マ ッ サ ー ジ で お 茶 を 濁 す さ 。 街 を 歩 い て い る 女 子 高 生 に 『 い く ら ? 』 っ て 訊 く よ う な 脂 ぎ っ た 中 年 男 が 日 本 を 駄 目 に し て い る っ て 言 い た い ん だ ろ う が 、 冗 談 じ ゃ な い よ 。 長 坂 さ ん も 身 に 覚 え が あ る で し よ う 。 短 い ス カ ー ト か ら 肉 づ き の い い 足 を あ ら わ に し て る 連 中 を 見 て る と 、 も う 分 か っ た か ら 誘 わ な い で く れ っ て 目 を つ む り た く な る 。 そ う い う 男 た ち に 見 せ つ け る ん だ 、 プ リ ク ラ の 写 真 帳 を 、 よ り ど り み ど り の 食 べ 放 題 っ て い う 宣 伝 文 句 を 掲 け て さ 」 に 。 & じ ん 疲 れ き っ た 企 業 戦 士 の 鼻 先 に 人 参 を ぶ ら 下 げ る 。 ま だ 男 と し て 余 力 が 残 っ て い る な ら 試 し て み ろ と そ そ の か す 。 食 べ 放 題 な ど で き な い 中 年 男 の 限 界 を 嘲 笑 い な が ら 、 元 気 を 取 り 戻 し て 来 週 も お 呼 び く だ さ い と 媚 び を 売 る 女 子 高 生 。 長 坂 は 義 憤 め い た も の を 感 じ た 。 「 女 子 高 生 が 大 人 を 食 い 物 に す る だ け で な く 、 日 本 を 荒 れ 地 に 変 え よ う と し て い ま す 」 渋 谷 セ ン タ ー 街 を バ ッ ク に し て カ メ ラ の 前 に 立 ち 、 長 坂 は 視 聴 者 に 結 論 を ぶ つ け た 。 問 題 提 起 か ら 締 め く く り に は 無 理 は あ る 。 渋 谷 セ ン タ ー 街 の 新 手 の 風 俗 商 法 か ら 、 長 坂 は 日 本 人 論 に た た み か け よ う と し た が 、 底 は 深 い よ う で い て 浅 い 。 五 分 と い う 『 事 証 』 の 時 間 的 制 約 も あ っ た 。 が 、 長 坂 の 語 り 口 に は 勢 い が あ っ た 。 性 急 な 結 論 。 こ 視 聴 者 が 首 を か し げ る 暇 を 与 え ず 、 会 ろ , ? り く 社 役 員 を 籠 絡 し た 女 子 高 生 に カ メ ラ は 迫 り 、 日 本 を 荒 れ 地 に 変 え る 一 兀 凶 と 名 指 し に し た の だ

砦なき者


と い う 噂 も 流 れ た が 、 ど う や ら 八 尋 は 一 人 で 出 演 す る 番 組 を 決 め て い る よ う で 、 私 生 活 は 謎 め い て い た 。 写 真 週 刊 誌 が 八 尋 を 追 い 始 め た ら し い が 、 八 尋 が そ の 雑 誌 を 出 し て い る 大 手 出 版 社 に 直 談 判 し て 、 取 材 を 止 め さ せ た と い う 話 も 伝 わ っ て き た 。 ゆ く ゆ く は 八 尋 に 本 を 書 い て も ら い た い 出 版 社 は 、 「 今 は 八 尋 を 追 う な 」 と い う 上 意 下 達 に よ っ て 、 八 尋 に 張 り 付 く カ メ ラ マ ン を 社 に 戻 し た 。 こ う し て 八 尋 樹 一 郎 は 、 家 族 も 前 歴 も 謎 の べ ー ル に 包 ま れ た ま ま 、 電 波 と 情 報 ツ ー ル を 通 じ て 熱 烈 な フ ァ ン を 拡 大 さ せ て い っ た 。 2 赤 松 が 長 坂 に 呼 び だ さ れ た の は 、 謹 慎 処 分 か ら 一 一 カ 月 た っ た 八 月 の 終 わ り 、 真 夏 の 余 熱 が 残 っ て い る 昼 下 が り だ っ た 。 番 組 を 下 り て か ら ニ ュ ー ヨ ー ク に 渡 り 、 長 坂 は し ば ら く 妻 子 と 一 緒 に 「 充 電 の 日 々 」 だ と 伝 え ら れ て い た が 、 実 は た っ た の 一 週 間 で 日 本 に 戻 っ て き た と い う 。 顔 を 知 ら れ て い る た め に 外 出 も ま ま な ら な い 長 坂 が 、 マ ネ ー ジ メ ン ト 事 務 所 の フ ォ ロ ー が あ る と は い え 、 た っ た 一 人 で 一 一 カ 月 近 く ど う 生 活 し て い た の か 。

砦なき者


亡 く し ま し た が 、 真 面 目 な 働 き ぶ り で 、 同 じ 商 店 街 の 人 間 で 彼 を 悪 く 言 う 者 は い ま せ ん 「 こ の 清 潔 ぶ っ た キ ャ ス タ 1 が 大 衆 を 煽 動 し て 、 犯 人 を 暗 殺 し よ う と 企 て て い る と 言 う の 滝 本 は 半 信 半 疑 の 様 子 だ が 、 目 は あ る 、 と 赤 松 は 思 っ た 。 滝 本 が 八 尋 の こ と を 「 清 潔 ぶ つ た 」 と 揶 揄 し た の は 、 彼 の 挙 動 に 何 か し ら 不 審 な も の を 覚 え た か ら だ 。 対 策 本 部 の テ ン ト に や っ て き て 、 新 平 と 赤 松 の ホ ッ ト ラ イ ン の 事 実 を リ ー ク し た 時 に 、 滝 本 は 八 尋 に 策 略 の 匂 い を 感 じ た の か も し れ な い こ の 管 理 官 は 味 方 に な る 、 と 赤 松 が 希 望 を 抱 い た 時 だ っ た 。 律 「 実 は 私 は 、 こ の 安 西 新 平 と い う 犯 人 を 以 前 か ら 知 っ て い ま し た 」 の 八 尋 は メ モ か ら 顔 を 上 げ て 、 自 分 の 言 葉 で 喋 り 始 め た 。 罪 を 真 摯 に 告 白 す る 、 と い う 表 情 に 変 わ っ て い る 。 何 を 喋 る つ も り か 。 赤 松 も 滝 本 も 食 い 入 る よ う に 画 面 を 見 つ め る 。 フ ロ ン ト ガ ラ ス の 彼 章 方 、 遠 く の 中 継 ポ イ ン ト で 、 西 日 を 横 殴 り に 浴 び て 立 っ 八 尋 が 見 え た 。 四 「 彼 は 私 が ホ ー ム ペ ー ジ 上 で 講 義 を し て い る 『 八 尋 樹 一 郎 の 社 会 問 題 セ ミ ナ ー 』 の 受 講 者 の 一 人 で あ り 、 ま た こ の 一 一 年 、 メ ー ル 交 換 を し て い る 友 人 で も あ り ま す 。 も ち ろ ん ネ ッ ト 上 の 友 人 な の で ほ と ん ど 面 識 は あ り ま せ ん 。 こ の 事 実 を 今 ま で 黙 っ て い た の は 、 は た し て そ の ハ し ん し

砦なき者


「 わ ざ わ ざ ご 足 労 い た だ い て あ り が と う ご ざ い ま す 。 『 ナ イ ン ・ ト ウ ・ テ ン 』 の チ ー フ ・ プ ロ デ ュ 1 サ ー の 倉 科 で す 」 名 刺 を 差 し 出 し た 。 森 島 も 「 チ ー フ ・ デ ィ レ ク タ ー の 森 島 で す 」 と 続 く 。 「 八 尋 で す 。 々 を 持 ち 合 わ せ て い な い も の で 、 す い ま せ ん 」 腰 を 折 っ て 挨 拶 を す る 。 『 ナ イ ン ・ ト ウ ・ テ ン 』 に よ っ て 恋 人 を 失 っ た と い う 恨 み は 、 ム ス ど こ に 隠 さ れ て い る の だ ろ う か 。 「 局 長 と 副 社 長 が お 待 ち し て お り ま す 。 こ ち ら へ ど う ぞ 」 森 島 が 特 別 応 接 室 へ 案 内 す る 。 放 送 セ ン タ 1 の 局 員 た ち は 仕 事 を し な が ら 、 興 味 津 々 の 目 で 八 尋 の 姿 を 追 っ て い た 。 有 川 報 道 局 長 の も と に 八 尋 本 人 か ら 電 話 が あ っ た の は 、 二 日 前 の こ と だ っ た 。 八 尋 と の 和 解 の た め に 、 こ れ ま で 首 都 テ レ ビ は 様 々 な 人 を 介 し て 、 八 尋 と の 接 触 を 図 っ て き た 。 「 八 尋 が 唯 一 、 許 せ な い テ レ ビ 局 」 と い う イ メ ー ジ は 、 首 都 テ レ ビ の 営 業 成 績 に も 響 い て い た 。 八 尋 は 首 都 テ レ ビ と の 会 談 を 一 切 拒 ん で き た が 、 あ る 日 、 彼 の ほ う か ら 「 話 し た い 」 と 歩 み 寄 っ て き た の だ 。 首 都 テ レ ビ は 、 海 外 の テ レ ビ 局 を 視 察 し て い る 社 長 に 代 わ っ て 、 報 道 出 身 の 副 社 長 が 社 を 代 表 し て 謝 罪 す る こ と に な っ た 。 モ ネ の 複 製 画 が か か っ た 特 別 応 接 室 に は 、 副 社 長 と 有 川 局 長 が 並 ん で 八 尋 と 向 か い 合 い 、

砦なき者


144 視 聴 煮 放 送 界 、 局 内 、 三 つ の 輪 に 包 囲 さ れ た の だ 。 事 の 発 端 は 一 週 間 前 、 「 ナ イ ン ・ ト ウ ・ テ ン 』 の 目 玉 コ ー ナ ー と も い え る 『 事 件 検 証 』 で 放 送 さ れ た 特 集 企 画 だ っ た 。 「 女 子 高 生 に よ る 、 女 子 高 生 の た め の 売 春 組 織 」 と 森 島 が つ け た 煽 情 的 な サ プ タ イ ト ル は 、 意 外 だ っ た が 、 キ ャ ス タ ー の 長 坂 も 賛 同 し た 。 援 助 交 際 の 問 題 が 持 ち 上 が る た び に 、 「 売 る 側 が 悪 い 」 「 い や 、 買 う 側 が 悪 い 」 と い う ど う ど う 巡 り の 議 論 と な る 。 世 界 最 古 の 職 業 を め ぐ る 永 遠 の 命 題 な の か も し れ な い が 、 袋 小 路 の 議 論 に 一 石 を 投 じ る 情 報 が 、 あ る 日 、 放 送 セ ン タ ー の デ ス ク に 寄 せ ら れ た 。 『 ナ イ ン ・ ト ウ ・ テ ン 』 の フ ァ ン で 、 都 内 在 住 の サ ラ リ ー マ ン と し か 素 性 を 明 か さ な い 匿 名 の 電 話 だ っ 「 渋 谷 セ ン タ ー 街 の 中 ほ ど に パ ソ コ ン の 量 販 店 が あ り ま す よ ね 。 う ち の 会 社 の 役 員 が ち ょ う ど パ ソ コ ン 店 か ら 出 て く る と こ ろ に 出 く わ し た ん で す 。 気 に な っ て 見 て い た ら 、 女 子 高 生 が 声 を か け て 何 や ら 商 談 め い た 話 を し て い る 。 あ 、 こ れ は 援 交 だ な っ て 直 感 し て 、 俺 、 尾 け て み た ん で す 。 上 司 の 弱 味 を 掴 ん で や り た く て ・ : ・ : 」 女 子 高 生 と 会 社 役 員 は 連 れ 立 っ て 、 近 く の 喫 茶 店 に 入 っ た 。 商 談 は す ぐ に 成 立 し た ら し く 、 も の の 十 五 分 で 女 子 高 生 は 喫 茶 店 を 出 て き た 。 そ の サ ラ リ ー マ ン は 、 再 び パ ソ コ ン 量 販

砦なき者


渋 谷 セ ン タ ー 街 は 、 午 後 一 一 一 時 を 過 ぎ る 頃 、 俄 殀 , 活 気 づ く 。 始 ま っ た ば か り の 新 学 期 に 辟 易 し て い る 中 学 生 や 高 校 生 は 、 学 校 の 終 業 ベ ル が 鳴 っ た と 同 時 に 校 門 を 飛 び 出 し 、 こ の 長 さ 三 百 メ ー ト ル ほ ど の 路 上 に 集 ま っ て く る 。 赤 松 は 半 袖 の ワ イ シ ャ ツ に ネ ク タ イ を し め 、 ネ ク タ イ ピ ン に カ モ フ ラ ー ジ ュ し た ピ ン マ イ ク に 向 か っ て 、 「 た だ 今 マ イ ク の テ ス ト 中 、 聞 こ え ま す か 」 と 発 し た 。 イ ヤ ホ ン に 返 答 が 聞 こ え る 。 「 感 度 良 好 」 パ ソ コ ン 量 販 店 が 角 に そ び え る 交 差 点 に 赤 松 は 立 っ て い た 。 文 化 村 セ ン タ ー 街 の 中 ほ ど 、 臨 通 り に 駐 事 理 反 覚 悟 で 止 め た ワ ゴ ン 車 の 中 に 、 返 答 の 主 が 陣 取 っ て い る 。 シ ー ル を 張 っ た 窓 降 の 中 に は デ ジ タ ル ・ ビ デ オ カ メ ラ が 三 脚 に 立 て ら れ 、 望 遠 レ ン ズ で こ ち ら を 狙 っ て い る は ず 9 / 「 よ し 、 始 め よ う 」 章 = 一 長 坂 の 指 小 が 聞 こ え た 。 今 朝 の こ と だ 。 前 夜 桜 新 町 の 居 酒 屋 で 痛 飲 し 、 両 方 の こ め か み に ネ ジ を 巻 か れ た よ う な 痛 み の 中 で 赤 松 は 目 覚 め た 。 冷 蔵 庫 か ら 飲 み か け の ポ カ リ ス エ ッ ト を 取 り だ し て ラ ッ パ 飲 み へ え き