検索 - みる会図書館

検索対象: 黄金の日々月夜の珈琲館

黄金の日々月夜の珈琲館から 18件ヒットしました。

黄金の日々月夜の珈琲館


黄 金 の 日 々 月 夜 の 珈 琲 館 white heart 講 談 社 文 庫

黄金の日々月夜の珈琲館


こ の 本 を 読 ん で の ご 意 見 、 ご 感 想 を お 寄 せ く だ さ い 。 《 あ て 先 》 ー Ⅷ 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー ー 幻 講 談 社 >< 文 庫 「 月 夜 の 珈 琲 館 」 係

黄金の日々月夜の珈琲館


N. D ℃ .913 202P 邦 久 十 也 ( く に ひ さ ・ と お や ) 8 月 27 日 生 ま 乙 女 座 の O 型 。 躑 反 出 身 。 デ ザ イ ン 一 山 口 馨 ま す 。 ア ド レ ス は あ り ま す が 、 公 開 す る 自 信 知 り 、 B - T サ イ ト と H な サ イ ト ば か り 見 て い し ま い ま し た 。 取 捨 〕 尺 を 誤 る と 怖 い 世 界 と 匠 イ ン タ ー ネ ッ ト や ニ フ テ ィ に 手 を 出 し て 新 ← に う の ・ り ゅ う い ち ) 未 だ に 、 ひ と つ も 完 成 で き な い 不 器 用 な 奴 。 ま す 職 匠 ド ー ル ハ ウ ス に 興 未 を 覚 え つ つ も 、 愛 大 1 匹 、 凶 暴 な 紅 野 1 匹 と 共 に 暮 ら し て い 現 在 、 天 に 在 住 。 自 然 に 囲 ま れ 、 愛 猫 10 匹 と 15cm 講 談 社 X 文 庫 は な い の で 、 探 せ た ら メ ー ル を く だ さ い 。 お う ご ん ひ び 黄 金 の 日 々 っ き よ 月 夜 の 珈 琲 館 2000 年 8 月 5 日 第 一 刷 発 行 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 ー ひ ー か ん heart wh i te カ バ ー 印 刷 ー 双 美 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 若 林 製 本 工 場 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03 ー 5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395-3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8001 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 製 本 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 、 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 じ ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ◎ 月 夜 の 珈 琲 館 2000 Printed in Japan 合 わ せ は 文 庫 局 X 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 I S B N 4 -0 6 - 2 5 5 4 8 2 - 8 (X 庫 )

黄金の日々月夜の珈琲館


講 談 社 X 文 庫 ホ ワ イ ト ハ ー ト 月 夜 の 珈 琲 館 の 本 夢 の 後 ろ 姿 内 科 の プ リ ン ス 菊 地 を は じ め 、 外 科 の 青 木 、 脳 外 科 の 桜 井 、 放 射 線 科 の 立 花 な ど 、 ア イ ド ル 並 み の 医 師 を 擁 す る N 大 附 属 病 院 。 医 局 を 舞 台 に 、 マ ン ガ と ス ト ー リ ー で 織 り な ヴ 男 た ち の 熱 い ド ラ マ ! ! 浮 気 な 僕 等 N 大 附 属 病 院 に 、 ス ー ノ ヾ ー モ テ ル 、 、 ア キ ラ ″ が 入 院 し て き た 。 ど う や ら ア キ ラ は 胃 木 と は 古 い つ き あ い ら し い 。 青 木 ガ ら 真 実 を 隠 さ れ 、 穏 や ガ な ら ざ る 菊 地 は 志 乃 崎 の も と へ 行 く が ・ ・ 絶 好 調 の シ 丿 ー ス 第 こ 弾 !

黄金の日々月夜の珈琲館


〈 応 募 の 方 法 〉 〇 資 格 プ ロ ・ ア マ を 問 い ま せ ん 。 〇 な お 、 本 文 と は 別 に 、 原 稿 の ー 枚 め に タ イ 〇 内 容 ホ ワ イ ト ハ ー ト の 読 者 を 対 象 と し ト ル 、 住 所 、 氏 名 、 ペ ン ネ ー ム 、 年 齢 、 職 業 た 小 説 で 、 未 発 表 の も の ( 在 校 名 、 筆 歴 な ど ) 、 電 話 番 号 を 明 記 し 、 2 枚 〇 枚 数 4 0 0 字 詰 め 原 稿 用 紙 で 2 5 0 枚 め 以 降 に 4 0 0 字 詰 め 原 稿 用 紙 で 3 枚 以 内 の 以 上 、 3 0 0 枚 以 内 。 た て 書 き の あ ら す じ を つ け て く だ さ い こ と 。 ワ ー プ ロ 原 稿 は 、 字 ><O 原 稿 は 、 か な ら ず 、 通 し の ナ ン バ ー を 入 れ 、 行 、 無 地 用 紙 に 印 字 。 右 上 を と じ る よ う に お 願 い い た し ま す 。 ー 年 5 月 引 日 ( 当 日 消 印 ま た 、 ニ 作 以 上 応 募 す る 場 合 は 、 一 作 ず つ 有 効 ) 別 の 封 筒 に 入 れ て お 送 り く だ さ い 0 0 ー 年 に 月 日 発 売 予 定 の 〇 応 募 作 品 は 、 返 却 い た し ま せ ん の で 、 必 要 な こ は 、 コ ビ ー を と っ て か ら ご 応 募 ね が い ま 文 庫 ホ ワ イ ト ハ ー ト ー 月 新 刊 全 冊 か オ す 。 選 考 に つ い て の 間 い 合 わ せ に は 、 応 じ ら 〇 あ て 先 〒 襯 れ ま せ ん 。 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 講 談 社 文 庫 出 版 部 〇 入 選 作 の 出 版 権 、 映 像 化 権 、 そ の 他 い っ さ ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 係 い の 権 利 は 、 社 が 優 先 権 を 持 ち ま す 。 〇 締 め 切 り 〇 発 表

黄金の日々月夜の珈琲館


196 こ ん に ち は 、 「 月 夜 の 珈 琲 」 の 蠣 久 で す 。 今 回 の 作 品 は 九 五 年 の 夏 に 発 行 し た 同 人 誌 『 お 陽 様 は 東 か ら 6 号 』 か ら の 再 録 で す 。 め ま い 久 し ぶ り に 見 て 、 軽 い 眩 量 を 感 じ て し ま い ま し た 。 ざ せ つ 手 直 し を し た の で す が 、 あ ま り に も 多 く て 途 中 で 挫 折 し そ う に な る し : ・ 作 品 に つ い て で す が 、 こ れ は 、 先 に 出 し た 文 庫 『 眠 れ ぬ 夜 の た め に 』 に 収 録 さ れ て い る あ お き し の ざ き 『 金 色 の 鍵 ・ 銀 色 の 鍵 』 の 中 で 、 高 校 時 代 の 青 木 と 志 乃 崎 に 深 く か か わ っ て い た 須 堂 雅 彦 の 話 で す 。 人 生 に は 「 運 命 の 人 」 と の 出 会 い と い う の が あ る と ゝ の し J か 、 さ ひ さ ま し い ま す が : : : 運 命 の 人 っ て 、 い っ 0

黄金の日々月夜の珈琲館


ホ ワ イ ト ハ ー ト 最 新 刊 黄 金 の 日 々 月 夜 の 珈 琲 館 俺 た ち は 何 度 で も め ぐ り 会 う ん だ ・ ・ 恋 愛 ク ロ ニ ク ル 不 ロ 泉 桂 ・ イ ラ ス ト / あ じ み ね 朔 生 僕 が 勝 っ た ら 、 あ な た の も の に し て く だ さ い 。 此 君 の 戦 姫 紗 々 亜 璃 須 ・ イ ラ ス ト / 井 上 ち ょ 「 貴 女 を 迎 え に き ま し た 」 ・ ・ ・ 美 貌 窈 吏 者 の 正 体 は ? 傀 儡 自 鳴 鷹 野 祐 希 ・ イ ラ ス ト / 九 後 虎 菜 樹 は 宇 潮 呆 の あ る べ き 姿 を 模 索 し 始 め る 。 遠 日 奇 談 椹 野 道 流 ・ イ ラ ス ト / あ か ま 日 砂 紀 初 の 短 編 天 本 と 龍 村 の 高 校 生 活 が 明 ら か に ! ホ ワ イ ト ハ ー ト ・ 来 月 の 予 定 ド レ ス ア ッ プ ・ ゲ ー ム ・ ・ ・ ・ ・ ・ 有 馬 さ つ き 天 使 の 囁 き ・ ・ ・ 小 早 川 恵 美 フ ァ イ ン ダ ー ご し の パ ラ ド ク ス ・ ・ ・ 仙 道 は る か ホ ー リ ー & プ ラ イ ト 天 竺 漫 遊 記 ・ ・ ・ 流 星 香 花 衣 花 戦 斎 姫 異 聞 ⑩ ・ ・ 宮 乃 崎 桜 子 ※ 予 定 の 作 家 、 書 名 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。

黄金の日々月夜の珈琲館


じ よ う だ ん 自 分 の 感 情 を 口 に す る ど こ ろ か 、 冗 談 ひ と っ 言 わ な か っ た 高 校 時 代 の 彼 が い い 意 味 こ こ ま で 人 間 臭 く な っ た の も 、 き っ と 岡 野 と の 出 会 い が あ っ た か ら に 違 い な い 。 裕 福 な 家 庭 の 中 で は 決 し て 得 ら れ な か っ た も の を 、 津 川 は 岡 野 か ら 初 め て 得 る こ と が で き た の だ ろ 「 彼 が 事 故 に 遭 っ た こ と を 知 っ た の は 、 そ れ か ら し ば ら く し て : : : ち ょ う ど 俺 が 日 本 に 戻 る 前 の こ と だ っ た 」 津 川 の 言 葉 が 、 青 木 を 現 実 へ と 引 き 戻 し た 。 「 事 故 ? 「 つ ま ら な い 医 療 ミ ス さ 。 ウ エ ル ニ ッ ケ 脳 症 っ て 、 知 っ て る か ? 」 「 ウ エ ル ニ ッ ケ ? あ あ : : : 」 ぎ よ 、 つ し 青 木 は 思 わ ず 彼 の 横 顔 を 凝 視 し た 。 「 ま さ か 、 そ う な の か ? 」 々 日 専 門 で は な い の で 詳 し い と こ ろ ま で は わ か ら な い が 、 そ の 名 前 は 青 木 に も 聞 き 覚 え が あ の 黄 し つ か ん と う よ 高 カ ロ リ 1 輸 液 を 投 与 す る 際 の 、 ビ タ ミ ン の 欠 乏 が 原 因 と い わ れ て い る こ の 疾 患 は 、 き お く 新 た な 記 憶 が 十 数 分 し か 頭 に 残 ら な い の が 特 徴 だ っ た は ず だ 。 買 い 物 に 行 く 道 順 は わ か っ

黄金の日々月夜の珈琲館


人 体 、 と り わ け 千 三 百 5 千 四 百 グ ラ ム た ら ず し か な い 脳 に は 、 そ の 重 さ か ら は と て も 想 ば く だ い な ぞ 像 で き な い ほ ど 莫 大 な 量 の 謎 が 潜 ん で い る 。 そ し て そ の 多 く は 、 今 で も 謎 の ま ま な の だ 。 「 違 う 部 分 の 損 傷 例 で は 、 す べ て が 白 黒 に 見 え た り 、 右 な ら 右 、 左 な ら 左 と い う ふ う に 、 片 側 だ け に 無 関 心 の 患 者 も 出 て き た り し て 」 「 無 関 心 ? 「 そ う 、 絵 を 描 か せ て も 左 半 分 だ け 欠 け て い た り 、 と に か く 、 そ の 人 に と っ て 左 側 と い う 既 自 体 が 存 在 し な い ん で す 」 「 な ん か : : : 医 大 の 時 、 そ う い う 症 例 を 講 義 で 聞 い た な 」 「 あ り ま し た よ ね 。 あ の 頃 は 話 だ け だ っ た の で 、 そ こ ま で 実 感 が 持 て な か っ た け ど 、 実 際 し よ う げ き ド キ ュ メ ン タ リ 1 と い う か た ち で 目 に す る と 、 さ す が に 衝 撃 で す よ 。 海 馬 に 損 傷 が あ る き お く 場 合 な ん て 、 記 憶 が で き な く な っ た り 、 自 分 の こ と で さ え 、 自 分 に よ く 似 た 他 人 と し て し か 認 識 で き な い ん で す か ら ー ー 」 け っ せ ん 々 「 く も 膜 下 出 血 と か 、 血 栓 と か 、 見 て わ か る も の は い い け ど 、 脳 の 中 の 神 秘 に は お 手 上 げ の 金 だ な 」 こ ま 単 純 に 煙 を 吐 き な が ら 青 木 は 言 っ た 。 そ れ は 本 当 の 気 持 ち だ っ た 。 脳 の 不 可 解 な 謎 冫 冫 き よ う み 興 味 を そ そ ら れ な い こ と も な い が 、 自 分 に は 手 も 足 も 出 な い 領 域 だ け に 、 突 き つ め れ ば

黄金の日々月夜の珈琲館


164 ハ ン ド ル の 向 こ う で は 、 人 々 が 足 早 に 家 路 を 急 い で い る 。 赴 任 し て き て よ う や く 見 慣 れ た は ず の 風 景 が 、 青 木 に は ま る で 違 っ た 感 じ に 見 え た 。 「 出 会 っ た の は あ の 写 真 の 半 年 ほ ど 前 : : : 俺 が ア メ リ カ に い た 時 だ っ た 。 勉 強 し た い こ と は た ち が あ っ て 、 大 学 を 出 て す ぐ 向 こ う に 行 っ て た ん だ 。 彼 は ま だ 二 十 歳 前 だ っ た か な : : : 。 声 を か け ら れ た ん だ よ 。 絵 の モ デ ル に な っ て ほ し い っ て な 」 そ の 時 の こ と を 思 い 出 し て い る の か 、 津 川 の 顔 に 照 れ た よ う な 苦 笑 い が 浮 か ん だ 。 じ よ う だ ん 「 ビ ッ ク リ し た よ 。 最 初 は 冗 談 じ ゃ な い と 思 っ た 。 こ い つ 、 ど う か し て る ん じ ゃ な い き よ う み が ら か っ て 。 絵 に 興 味 も な か っ た し 、 だ い い ち モ デ ル な ん て 柄 じ ゃ な い だ ろ ? 」 青 木 も ま た 、 岡 野 が 話 し て く れ た 津 川 と の 出 会 い を 思 い 出 し て い た 。 ま な ざ 自 分 が 描 き た か っ た 絵 に 、 津 川 が ピ ッ タ リ だ っ た の だ と 岡 野 は 言 っ て い た 。 真 剣 な 眼 差 し で 必 死 に な っ て 自 分 を 口 説 き 落 と そ う と し て い る 岡 野 を 前 に し て 、 津 川 は さ ぞ か し 途 方 に 暮 れ た こ と だ ろ う 。 「 ー ー ー で も 、 あ ん な に 強 く 誰 か に 必 要 と さ れ た の は 初 め て だ っ た 。 俺 に は 兄 弟 も い な い む え ん し 、 家 族 愛 な ん か と は 無 縁 の 家 だ っ た か ら な 。 自 分 じ ゃ な け れ ば ダ メ だ と い う 感 覚 を 、 俺 は 初 め て 彼 に 教 え ら れ た 。 人 に そ う 感 じ た の も 初 め て だ っ た よ 」 津 川 の 気 持 ち の 変 化 が 、 青 木 に は わ か る 気 が し た 。 ふ に ん