検索 - みる会図書館

検索対象: EDGE 3~毒の夏~

EDGE 3~毒の夏~から 44件ヒットしました。

EDGE 3~毒の夏~


1 ED GE3 ~ 毒 の 夏 ~ と み な が 貴 和 white heart 講 談 社 X 文 庫

EDGE 3~毒の夏~


と み な が 貴 和 先 生 の 「 5 毒 の 夏 5 」 、 い か が で し た か ? と み な が 貴 和 先 生 、 イ ラ ス ト の 沖 本 秀 子 先 生 へ の 、 み な さ ん の お 便 り を お 待 ち し て お り ま す 。 ◇ と み な が 貴 和 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 ワ 3 1 人 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 1 人 ー ワ 3 ◇ 沖 本 秀 子 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 ワ 朝 ー 11 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 11 ワ 3 8001 8001 講 談 社 文 庫 「 と み な が 貴 和 先 生 」 係 講 談 社 文 庫 「 沖 本 秀 子 先 生 」 係

EDGE 3~毒の夏~


N. D ℃ .913 284P 15cm と み な が 貴 和 ( と み な が ・ き わ ) 5 月 22 日 生 ま れ 、 双 子 座 の O 型 。 千 葉 県 鎌 ヶ 谷 市 在 化 扶 養 家 族 ・ べ タ ( 小 型 の 淡 水 帯 魚 ) 7 自 分 の HP を 開 設 し た と き も 「 た だ で わ ら じ さ え 会 社 員 と 物 書 き の 二 足 の 卑 嚇 で タ イ 舞 踏 ま で 踊 っ て い る の に 、 ま た 時 間 の か か る も の を 始 め た ね 」 と 言 わ れ た の に 、 さ ら に べ タ に あ か っ き 手 を 出 し た 暁 に は 誰 も が 呆 れ 果 て ま し た 。 と み な が 貴 和 H P 「 エ ッ ジ ・ フ ォ ロ イ ン グ 」 http://homepagel.nifty.com/kiwat デ サ イ ン 一 山 口 馨 講 談 社 文 庫 white heart ェ ッ ジ EDGE3 ~ 毒 の 夏 ~ と み な が 貴 和 20 田 年 4 月 5 日 第 一 刷 発 行 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 ど く な っ ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 一 野 間 佐 和 子 製 本 発 行 所 カ バ ー 印 刷 ー 半 七 写 真 印 刷 工 業 株 式 会 社 株 式 会 社 上 島 製 本 所 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03 ー 5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395 ー 3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8001 合 わ せ は 文 庫 出 版 局 X 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 、 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 し ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ◎ と み な が 貴 和 2001 Printed in Japan I S B N 4 - 0 6 - 2 5 5 5 5 5 - 6 ()< 庫 )

EDGE 3~毒の夏~


第 9 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 募 集 中 ! ◎ 大 賞 : 賞 状 な ら び に 副 賞 100 万 円 お よ び 、 応 募 原 稿 出 版 の 際 の 印 税 ◎ 佳 作 : 賞 状 な ら び に 副 賞 50 万 円 ( 賞 金 は 税 込 み で す ) 選 考 委 員 川 又 千 秋 先 生 ひ か わ 玲 子 先 生 夢 枕 獏 先 生 く 応 募 の 方 法 〉 ・ 資 格 プ ロ ・ ア マ を 問 い ま せ ん 。 ・ 内 容 ホ ワ イ ト 八 一 ト の 読 者 を 対 象 と し た 小 説 で 、 未 発 表 の も の 。 ・ 枚 数 400 字 詰 め 原 稿 用 紙 250 枚 以 上 、 300 枚 以 内 。 た て 書 き 。 ワ ー プ ロ 原 稿 は 無 地 用 紙 に 20 字 X20 行 で プ リ ン ト ア ウ ト の こ と 。 ・ 締 め 切 り 20 田 年 5 月 31 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 。 ・ 発 表 2 年 1 2 月 26 日 発 売 予 定 の X 文 庫 ホ ワ イ ト ハ ー ト 1 月 新 刊 全 冊 ほ か 。 ・ あ て 先 〒 112 ー 8001 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 講 談 社 X 文 庫 出 版 部 ホ ワ イ ト 八 一 ト 大 賞 係 ・ 原 稿 は 、 か な ら す 通 し ナ ン バ ー を 入 れ 、 右 上 で と じ て く だ さ い 。 ま た 、 本 文 と は 別 に 、 原 稿 の 1 枚 め に タ イ ト ル ・ 住 所 ・ 氏 名 ・ ペ ン ネ ー ム ・ 年 齢 ・ 職 業 ( 在 校 名 、 筆 歴 な ど ) ・ 電 話 番 号 を 明 記 し 、 2 枚 め 以 降 に 、 あ ら す じ ( 原 稿 用 紙 3 枚 以 内 ) を つ け て く だ さ い 。 ・ 応 募 作 品 の 返 却 、 選 考 に つ い て の 問 い 合 わ せ に は 、 応 じ ら れ ま せ ん 。 ・ 入 選 作 の 出 版 権 ・ 映 像 化 権 、 そ の 他 い っ さ い の 権 利 は 、 小 社 が 優 先 権 を 持 ち ま す 。 ( ア イ ウ 工 オ 順 )

EDGE 3~毒の夏~


ホ ワ イ ト ハ ー ト 最 新 刊 ED GE 3 ~ 毒 の 夏 ~ と み オ よ カ ミ 貴 不 ロ ・ イ ラ ス ト / 沖 本 秀 子 者 5 会 4 コ 散 力 、 れ る 毒 。 姿 の 見 え な い 本 目 ・ 手 イ こ 金 東 摩 は ! ? イ に 里 出 リ 長 ミ ス ・ キ ャ ス ト イ 尹 膨 レ ウ ・ イ ラ ス ト / 桜 城 や や な ( こ も な 力 、 っ た カ 、 、 石 寉 認 、 さ せ て も ら う よ 。 開 力 、 れ ぬ 鍵 友 カ ) れ ぬ 険 リ 馬 可 山 奇 イ 憂 ・ イ ラ ス ト . / 岩 崎 美 奈 子 リ チ ャ ー ド の 兄 、 来 言 方 の 隠 さ れ た 意 図 と は ! ? 牛 土 月 ・ の 目 民 女 臣 崑 崙 秘 話 紗 、 、 々 亜 王 高 彡 頁 ・ イ ラ ス ト / 井 上 ち ょ 歹 曵 自 告 な ヨ 骨 去 ・ の 真 本 目 を 矢 ロ ら さ れ た 王 香 0 ま ・ ・ 。 黒 蓮 の 虜 囚 召 ) あ ェ ラ 充 星 香 ・ イ ラ ス ト - / 食 反 坂 友 佳 子 彳 寺 望 の 「 プ ラ / ヾ ・ ゼ ー タ 」 新 シ リ ー ス 幕 ! 糸 彖 本 主 . 石 ・ ・ 真 ・ 霊 感 探 偵 倶 楽 部 辛 斤 田 一 実 ・ イ ラ ス ト / 笠 井 あ ゆ み 目 玉 を キ 夬 ら れ る 一 蚤 事 イ 牛 の 真 本 目 は ! ? 薫 丿 亟 、 0 ) フ ィ レ ー ン ・ ・ ツ ェ キ 秦 名 し お り ・ イ ラ ス ト / 池 上 沙 京 ノ レ ネ サ ン ス の 若 き 天 才 ・ ・ ミ ケ ノ レ の 勿 言 吾 ! ホ ワ イ ト ハ ー ト ・ 来 月 の 予 定 ( 2001 年 5 月 刊 ) 谷 欠 リ 長 り な プ レ ス ・ ・ ・ ・ ・ 和 泉 桂 言 秀 惑 の タ ー ケ 、 ツ ト ・ プ ラ イ ス ・ ・ 井 村 仁 美 天 使 の 慟 哭 ・ ・ 嘘 っ き ダ イ ヤ モ ン ド ・ ・ ・ ・ ノ 」 、 早 川 恵 美 ・ ・ 月 夜 の 珈 琲 館 果 て な き 夜 の 終 り 鎌 倉 幻 譜 ・ ・ ・ 中 森 ね む る あ ま さ か る お ・ び 天 離 熾 火 姫 異 聞 ・ ・ ・ ・ 宮 乃 崎 桜 子 ※ 発 売 は 、 20 田 年 5 月 2 日 ( 水 ) 頃 の 予 定 で す 。 黄 昏 の 岸 暁 の 天 田 国 + ニ 国 記 シ リ ー ズ ・ ・ ・ ・ 小 野 不 由 美 ※ こ の . 本 の み 5 月 日 ( 火 ) 頃 発 売 。 講 談 社 文 庫 版 で は 4 月 ロ 日 ( 金 ) の 発 売 予 定 で す 。 ※ 予 定 の 作 家 、 書 名 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。 本 の 注 文 書 03-5972 ー 6300 ( 9 # ) Welcome to 講 談 社

EDGE 3~毒の夏~


281 あ と が き 自 分 の 書 い た も の が 本 当 に お も し ろ い の か 、 ど こ が つ ま ら な い の か さ え 分 か ら な く な っ て し ま っ た わ た し の た め に 、 初 稿 を 読 ん で 大 局 的 な 、 読 み 手 と し て の 意 見 を 聞 か せ て く れ た の は 言 う に 及 ば ず 。 さ ん か ら の 意 見 を 汲 ん で ど う に か こ う に か 納 得 い く 形 に な っ た 原 稿 を 講 談 社 へ 送 り 、 よ う や く 長 い お 務 め か ら 解 放 さ れ た 、 と あ る 春 の 宵 、 さ ん を 誘 っ て わ が 家 の 近 所 の ( こ い な か ん な 田 舎 に な ぜ こ れ ほ ど 気 の 利 い た 店 が と 不 思 議 に 思 う よ う な ) お 気 に 入 り の バ 1 へ 行 き ま し た 。 カ ウ ン タ ー に 並 ん で 座 り 、 久 々 の ア ル コ 1 ル に い い 気 分 に な り な が ら 、 「 実 は ね 、 ま だ サ プ タ イ ト ル 決 ま っ て な い ん だ よ ね ー 」 「 え 、 そ ん な こ と で 大 丈 夫 な の 」 ( こ の 日 は 、 発 売 予 定 日 の ち ょ う ど ひ と 月 前 で し た ) 「 う 1 ん 、 よ く わ か ん な い け ど 今 度 の 月 曜 ま で に 返 事 す れ ば 大 丈 夫 、 っ て 言 わ れ た 」 「 そ れ 明 日 じ ゃ ん 」 ゅ う ち ょ う ・ : 悠 長 に カ ク テ ル を 飲 ん で い る 場 合 じ ゃ な い ? 「 『 毒 の 夏 』 っ て 、 な あ ん か ピ ン と こ な い ん だ よ ね 」 「 ち ょ っ と ス ト レ ー ト す ぎ る よ ね 「 そ 、 そ う な ん だ よ ね ー ( 実 は 、 話 の 要 点 は 押 さ え て い る か な 、 と 思 っ て い た の で 内 心 ム ッ と す る ) 。 だ い た い 本 文 の な か に 一 か 所 も 『 毒 の 夏 』 な ん て 一 一 一 一 口 葉 出 て こ な い し さ 」

EDGE 3~毒の夏~


283 あ と が き け る ん じ ゃ な い か な あ 、 と 思 え る 話 に ま と ま る ヒ ン ト を く れ た さ ん と 、 た だ で さ え 遅 れ に 遅 れ た ス ケ ジ ュ 1 ル の な か で 、 最 後 の わ が ま ま を 聞 い て く だ さ っ た 講 談 社 の 野 村 様 に 、 心 よ り 感 謝 申 し 上 げ ま す 。 お き も と し ゅ う こ う る わ そ れ か ら 、 今 回 も た め 息 が 出 る ほ ど 麗 し い イ ラ ス ト を つ け て く だ さ っ た 沖 本 秀 子 先 生 。 い つ も な が ら 本 当 に あ り が と う ご ざ い ま す 。 み な さ ん 、 表 紙 を 見 る と き は 、 忘 れ ず に 帯 を れ ん ま 外 し て ご 覧 く だ さ い 。 わ た し は こ こ に 隠 さ れ た 錬 摩 の く る ぶ し に 悩 殺 さ れ ま し た ( 笑 ) 。 そ し て 最 後 に 、 こ の シ リ 1 ズ を 読 ん で く だ さ っ て い る み な さ ま 、 こ れ か ら 読 ん で く だ さ る み な さ ま に 、 最 大 級 の 感 謝 を 込 め て 。 二 〇 〇 一 年 早 春 ( 実 は 問 題 の ラ ス ト 五 ペ 1 ジ は こ れ か ら 書 く ) と み な が 貴 和 拝

EDGE 3~毒の夏~


164 「 : : : 松 並 く ん 、 ず い ぶ ん 好 み が 変 わ っ た の ね 」 「 か 、 か か か 、 変 わ っ た っ て 、 そ ん な 、 咲 良 ち ゃ ん 、 冗 談 き つ い な あ 」 ふ ろ は は は と 乾 い た 笑 い を 浮 か べ な が ら 、 松 並 は せ つ か く 風 呂 で 流 し た 背 中 を 冷 た い 汗 が 流 れ て い く の を 感 じ た 。 「 と 、 と に か く 上 が り な よ 。 玄 関 先 じ ゃ 、 な ん だ か ら 、 さ 。 咲 良 ち ゃ ん 、 ご 飯 す ん だ ? う ち は こ れ か ら な ん だ け ど 、 カ レ ー 、 食 べ て く ? 」 「 ど う せ コ ン ビ ニ 弁 当 か レ ト ル ト で し よ 。 二 人 で 暮 ら し て い た と き だ っ て 、 ご 飯 は ぜ ん ぜ ん 作 ら な か っ た っ て 知 っ て る ん だ か ら 」 見 て き た よ う に 言 い 当 て な が ら も 咲 良 は 素 直 に 狭 い 玄 関 に ミ ュ ー ル を 脱 い だ 。 そ う い う プ ラ イ バ シ ー を 第 三 者 の 前 で あ っ さ り ば ら す の は 人 権 侵 害 で は ? と い う 松 並 の 心 の 声 は う さ ん く さ も ち ろ ん 咲 良 に は 届 か な い 。 胡 散 臭 げ な 顔 で 目 の 前 を 通 り 過 ぎ る 咲 良 を 、 宗 一 郎 も 不 穏 な け ん の ん 目 つ き で 見 下 ろ し て い る 。 背 後 の 剣 呑 な 気 配 に 、 松 並 は ほ と ん ど 泣 き そ う に な っ た 。 「 そ う だ わ 、 お み や げ が あ る の 。 冷 凍 庫 に 入 れ て お い て 」 し も ふ い に 咲 良 が 立 ち 止 ま っ た 。 宗 一 郎 の 目 の 前 に 、 霜 の つ い た ビ ニ ー ル 袋 を 突 き 出 す 。 み る み る 宗 一 郎 の 目 の 色 が 喜 び に 輝 い た 。 「 ゴ デ ィ バ の チ ョ コ レ 1 ト ・ ア イ ス の 一 バ イ ン ト ・ カ ッ プ ー ほ ま え く ち び る そ れ を 見 て 、 咲 良 も グ ロ ス が 光 る 唇 を き ゅ っ と 引 い て 微 笑 ん だ 。

EDGE 3~毒の夏~


198 す る 。 聞 き 手 の 大 滝 さ ん が と き ど き 質 問 を 差 し 挟 み 、 そ れ に つ い て 説 明 を 加 え る 。 何 度 か 話 を し た こ と な の で 、 わ た し は 何 か 、 講 談 で も 語 る よ う に 自 信 を 持 っ て 話 し た 。 あ の 日 、 う そ 二 度 目 に 店 に 行 っ た と き の こ と を 、 正 直 に 話 し た 。 嘘 を つ か な く て い い の で 気 が 楽 だ っ た 。 一 度 目 の 来 店 の と き の こ と と 、 間 違 え な い よ う に 気 を つ け る だ け だ っ た 。 一 通 り 話 を す る と 、 大 滝 さ ん は メ モ を 取 っ て い た ノ 1 ト を ば た ん と 閉 じ た 。 「 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 こ れ で 質 問 は お し ま い で す 。 最 後 に 簡 単 に 、 あ な た ご 自 身 の う か が こ と に つ い て 伺 わ せ て く だ さ い 」 ホ ッ と し た 気 持 ち が 、 突 然 脚 を 掬 わ れ た よ う に 不 安 に 駆 ら れ た 。 「 わ た し の こ と で す か ? 」 た ず か え 思 わ ず 尋 ね 返 す と 、 大 滝 さ ん は ご く 事 務 的 に 、 「 答 え た く な い 質 問 に は 、 も ち ろ ん 答 え な く て も 結 構 で す 」 と 、 つ け 加 え た 。 そ の 表 情 か ら は 、 大 滝 さ ん が わ た し に 何 を 求 め て い る の か 、 読 み と れ な か っ た 。 単 な る 事 務 手 続 き な の か 、 そ れ と も わ た し の 話 の 中 に 、 何 か 疑 わ れ る よ う な 要 素 こ わ ね が あ っ た の か 。 子 ど も の と き か ら 大 人 の 表 情 や 声 音 か ら 、 考 え て い る こ と を 読 み と っ て 先 回 り す る こ と は 得 意 だ と 思 っ て い た 。 こ う い う 、 人 に 意 図 を 読 ま せ な い 人 は 苦 手 だ 。 「 よ ろ し い で す か 」 大 滝 さ ん の 目 が わ た し を 見 た 。 わ た し は と っ さ に 返 事 が で き な か っ た 。 す く

EDGE 3~毒の夏~


て 腐 臭 を 放 ち 始 め る 。 み ず ま ん じ ゅ う 最 後 に 、 冷 蔵 庫 に し ま っ て お い た 、 手 み や げ の 水 饅 頭 を 取 り 出 し て ご み 箱 に 突 っ 込 ん だ 。 母 と 食 べ た の と 選 り 分 け て お い た 、 青 酸 カ リ を 仕 込 ん だ 、 毒 入 り の 饅 頭 だ 。 弟 の よ う に 、 親 に 甘 え る だ け 甘 え て 図 体 だ け 大 き く な っ た 赤 ん 坊 の よ う な 若 い 人 た ち に 思 い 知 ら せ た か っ た 。 わ た し が が ん ば っ て 勉 強 し て 、 働 い て 、 稼 い で い る の に 平 気 で 親 の 膸 を か じ っ て 生 き て 、 人 に 迷 惑 を か け て い ら れ る 彼 ら に が ま ん が で き な か っ た 。 そ ん な 彼 ら を 、 仕 方 な く て も 結 局 甘 や か し て い る 親 が 許 せ な か っ た 。 わ た し が や っ た こ と は 、 お そ ら く 、 あ の プ ロ フ ァ イ ラ 1 に は 分 か っ て い る 。 数 日 前 か ら 、 家 の ま わ り や 会 社 の 付 近 で 、 鋭 い 目 を し た 男 を 見 か け る よ う に な っ た 。 わ た し は も う す ぐ 逮 捕 さ れ る だ ろ う 。 そ れ で も 、 た だ で は 捕 ま ら な い 。 わ た し が 捕 ま っ た と き 、 両 親 が 、 と く に 母 が 世 間 か ら 非 難 さ れ 、 マ ス コ ミ に 追 い 回 さ れ る と こ ろ を 想 像 す る の は 辛 か っ た 。 両 親 を 、 大 量 殺 人 犯 を 育 て た 親 に し た く は な か っ た 。 だ か ら い っ そ 、 と 思 っ た け れ ど 。 止 め た 。 最 後 ま で わ た し の 努 力 を 認 め て く れ な か っ た こ の 人 た ち は 、 そ ん な 思 い や り を か け る に 足 る 相 手 で は な い 。 ち じ よ く 生 き て 、 生 き 延 び て 、 わ た し の 代 わ り に 恥 辱 に ま み れ て 生 き れ ば い い 。 ふ し ゅ う つ ら