検索 - みる会図書館

全データから 210340件ヒットしました。

旅行読売 2016年 08 月号 [雑誌]


, ま 第 気 を ま 罍 導 鶩 ー 寧 , 3 。 第 ① ニ コ ン D4 、 ② AF - S NIKKOR 24-70mm f / 2.8E ED V 日 、 ③ F8.0 、 ④ 1 / 800 秒 、 ⑤ な し 、 ⑥ な し 、 ⑦ 兵 庫 県 佐 用 町 、 ⑧ 2014 年 7 月 23 日 2 部 門 8 テ ー マ か ら 選 ん で 旅 行 の 思 い 出 を 応 募 し ま せ ん か ? 旅 フ ォ ト コ ン テ ス ト 応 募 締 切 2016 年 8 月 31 日 ( 水 ) 部 門 : 阯 観 光 ス ポ ッ ト 部 門 2 私 の と っ て お き 部 門 応 で 宅 ま 問 い 合 わ せ 主 催 株 式 会 社 日 本 旅 行 向 日 本 旅 行 写 真 部 に 入 り ま せ ん か ? 日 本 旅 行 写 真 部 (Web ー サ イ ト ) は 、 プ ロ 同 行 Ⅱ 木 旅 行 写 直 部 ち い に 発 足 ! 株 式 会 社 日 本 旅 行 企 画 ・ 開 発 部 内 旅 フ ォ ト コ ン テ ス ト 事 務 局 TEL. 03-6895-7781 ( 月 ~ 金 9 : 30 ~ 17 : 30 ) の フ ォ ト ツ ア ー や 写 真 撮 影 を 楽 し む 旅 な ど を 実 施 し て い ま す 。 Q 検 索 テ ー マ : ① 花 ② 街 3 水 ④ 山 ⑤ 鉄 道 ・ 駅 舎 6 祭 り ・ イ ベ ン ト ⑦ 生 き 物 ⑧ 自 由 ※ 審 査 ・ 審 査 結 果 に 関 す る お 問 い 合 わ せ に は お 答 え し か ね ま す 。 撮 影 テ ー タ の 表 記 ① カ メ ラ 、 ② レ ン ズ 、 ③ 絞 り 、 ④ シ ャ ッ タ ー ス ヒ 。 ー ド 、 ⑤ フ ィ ル タ ー 、 ⑥ 三 脚 使 用 、 ⑦ 撮 影 地 、 ⑧ 撮 影 日

竜馬がゆく(二)


竜 馬 の 旅 行 好 き は こ の 人 物 の 生 涯 の 特 徴 だ が 、 こ ん ど の 帰 国 か ら 、 そ の 癖 は 、 本 格 的 っ ) よ っ こ 。 と く に こ ん ど の 旅 は 、 一 種 の 奇 行 と い っ て い し 無 銭 旅 行 な の だ 。 む ろ ん 、 金 が な か っ た わ け で は な い 。 国 許 の 権 平 は 弟 思 い で 、 平 素 、 竜 馬 に 不 自 由 さ せ な い よ う に 、 十 分 す ぎ る ほ ど の 金 を 江 戸 へ 送 っ て い た 。 と こ ろ が そ の 有 り 金 を ぜ ん ぶ 、 出 立 の と き に 、 桶 町 千 葉 道 場 に 寄 付 し て し ま っ た の で あ る 。 実 を い う と 、 こ の 寄 付 の 申 し 出 に は 重 太 郎 も へ き え き し て 、 剣 馬 鹿 な 。 旅 と 、 拒 絶 し こ 。 こ れ か ら 遠 国 へ 旅 立 っ と い う の に 、 無 一 文 で ゆ く と は 、 気 で も 狂 っ た か 。 第 一 、 旅 と

天声人語にみる戦後50年 下


ワ イ に し ま せ ん か 」 で あ る 。 高 島 忠 夫 と 寿 美 花 代 夫 妻 の ヨ ー ロ ッ パ 新 婚 旅 行 が 話 題 に な る 時 代 だ っ た 。 ハ ワ イ 旅 行 の 二 人 分 の 費 用 が 当 時 で 八 十 万 円 で あ る 。 初 任 給 二 万 円 の 時 代 で は 、 ち ょ っ と よ ) っ こ 。 ハ ワ イ へ 、 と い , つ わ ナ こ よ 、 し か し 、 六 年 後 の 七 〇 年 の 広 告 は 、 は や く も 「 ウ ィ ー ク エ ン ド に ハ ワ イ へ 飛 ば う 」 「 グ ア ム グ ア ム ・ エ プ リ ボ デ ィ 」 に な る 。 せ き を 切 っ た 水 の よ う に 、 若 者 た ち は 海 外 へ あ ふ れ で た 。 大 量 輸 送 、 経 費 切 り 下 げ で 、 ハ ワ イ や グ ア ム は ぐ っ と 近 く な っ た 。 業 者 は こ れ を 「 旅 行 革 命 」 と 呼 ん 今 年 の ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー ク 中 、 成 田 空 港 か ら は 約 十 二 万 人 が 海 外 に 飛 び 立 つ 。 七 〇 年 に は 約 六 十 六 万 人 だ っ た 海 外 旅 行 者 は 、 い ま は 年 間 三 百 十 万 人 を 超 し て い る と い う 。 「 と も か く 海 外 へ 」 と い う 熱 病 が 日 本 人 を と ら え て い る 。 あ ふ れ で た 人 波 が 異 質 の 文 化 と ぶ つ か り 合 っ て な に か を 吸 収 し て く る の で あ れ ば 、 旅 行 革 命 の 意 味 は 大 き い 。 し か し 、 日 本 人 特 有 の 団 体 行 動 が 相 手 国 に 不 央 感 、 反 感 を ま き 散 ら す だ け 、 と あ っ て は 旅 行 業 者 も そ の 責 任 の 一 半 を お わ ね ば な る ま い 和 お し き せ 旅 行 に 対 す る 反 省 が 広 告 に あ ら わ れ る の は 、 七 二 年 の 「 脱 ・ 団 体 旅 行 , ー ー 自 分 の 旅 が 自 由 に で き る 〈 マ イ プ ラ ン 〉 」 あ た り か ら だ ろ う 。 旅 行 者 の ほ う も 「 と も か く 海 外 へ 」 か ら 「 海 外 旅 行 を ど う 体 験 す る か 」 に 微 妙 に 変 わ っ て 行 く 。 そ し て 「 い い 旅 し よ う 」 「 い い 旅 と は な ん だ ろ う 」 の 呼 び か け が 若 者 の 心 を く す ぐ り 始 め る 。 「 と も か く 海 外 へ 」 の 熱 病 の あ と に く る も の は 、 日 程 の な い 、 自 由 な 旅 へ の あ こ が れ だ ろ う 。 多

不動産法律セミナー 2016年9月号


行 為 を 行 う お そ れ が あ る と 認 め る に 足 り る 相 当 の 理 由 が あ る 者 2 〔 省 略 〕 ( 一 般 旅 券 の 発 給 を し な い 場 合 等 の 通 知 ) 旅 券 法 第 14 条 外 務 大 臣 又 は 領 事 官 は 、 前 条 の 規 定 に 基 づ き 一 般 旅 券 の 発 給 若 し く は 渡 航 先 の 追 加 を し な い と 決 定 し た と き 、 又 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づ い て 渡 航 先 を 個 別 に 特 定 し て 記 載 し 、 若 し く は 有 効 期 間 を 10 年 ( 一 般 旅 券 の 発 給 の 申 請 を す る 者 が 同 条 第 1 項 各 号 に 掲 げ る 場 合 の い ず れ か に 該 当 す る と き は 、 5 年 ) 未 満 と す る と 決 定 し た と き ( 第 4 条 の 2 た だ し 書 の 規 定 に 該 当 す る 場 合 に お い て 一 般 旅 券 を 発 行 す る と き を 除 く 。 ) は 、 速 や か に 、 理 由 を 付 し た 書 面 を も っ て 一 般 旅 券 の 発 給 又 は 渡 航 先 の 追 加 を 申 請 し た 者 に そ の 旨 を 通 知 し な け れ ば な ら な い 。 ( 1 ) 形 式 の 検 討 ど の よ う な 形 式 の 解 答 が 要 求 さ れ て い る か を 考 え ま し よ う 。 問 題 文 は 、 「 裁 判 所 は 、 ど の よ う な 理 由 に よ り A の 請 求 を 認 容 し た と 考 え ら れ る か 。 」 と 問 う て い ま す 。 し た が っ て 、 解 答 は 、 「 の と の 理 由 に よ る 。 」 と し な け れ 外 務 大 臣 B 図 1 検 討 し て み ま し よ う 。 ど の よ う な 内 容 に す る か 。 図 を 書 き な が ら 、 ( 2 ) 内 容 の 検 討 ば な り ま せ ん 。 旅 券 法 13 条 1 項 、 14 条 に よ れ ば 、 外 務 大 臣 が 一 般 旅 券 の 発 給 申 請 に 対 し 、 当 該 旅 券 の 発 給 を し な い と 決 定 し た と き は 、 速 や か に 、 理 由 を 付 し た 書 面 を も っ て 当 該 旅 券 の 発 給 を 申 請 し た 者 に そ の 旨 を 通 知 し な け れ ば な り ま せ ん 。 一 般 旅 券 発 給 申 請 に 対 し 、 「 旅 券 法 13 条 1 項 本 問 の 事 案 に お い て 、 外 務 大 臣 B は 、 A の れ に よ っ て 当 該 規 定 の 適 用 の 基 礎 と な っ た 事 単 に 発 給 拒 否 の 根 拠 規 定 を 示 す だ け で は 、 そ 載 自 体 か ら 了 知 し う る も の で な け れ ば な ら す 、 給 が 拒 否 さ れ た か を 、 申 請 者 に お い て そ の 記 基 づ き い か な る 法 規 を 適 用 し て 一 般 旅 券 の 発 記 す べ き 理 由 と し て は 、 い か な る 事 実 関 係 に か ん が み れ ば 、 一 般 旅 券 発 給 拒 否 通 知 書 に 付 き で あ り 、 こ の よ う な 理 由 付 記 制 度 の 趣 旨 に 立 て に 便 宜 を 与 え る 趣 旨 に 出 た も の と い う べ 申 請 者 に 知 ら せ る こ と に よ っ て 、 そ の 不 服 申 そ の 恣 意 を 抑 制 す る と と も に 、 拒 否 の 理 由 を 外 務 大 臣 の 判 断 の 慎 重 と 公 正 妥 当 を 担 保 し て こ と に な る た め 、 拒 否 事 由 の 有 無 に つ い て の 基 本 的 人 権 で あ る 外 国 旅 行 の 自 由 を 制 限 す る 否 す れ ば 、 憲 法 22 条 2 項 で 国 民 に 保 障 さ れ た き も の と し て い る の は 、 一 般 旅 券 の 発 給 を 拒 旅 券 発 給 拒 否 通 知 書 に 拒 否 の 理 由 を 付 記 す べ る 」 と し た 上 で 、 「 旅 券 法 が 右 の よ う に 一 般 旨 ・ 目 的 に 照 ら し て こ れ を 決 定 す べ き で あ の 性 質 と 理 由 付 記 を 命 じ た 各 法 律 の 規 定 の 趣 合 に 、 ど の 程 度 の 記 載 を な す べ き か は 、 処 分 政 処 分 に 理 由 を 付 記 す べ き も の と し て い る 場 由 付 記 の 程 度 に つ い て 、 「 一 般 に 、 法 律 が 行 こ の 点 、 判 例 ( 最 判 昭 60 ・ 1 ・ 22 ) は 、 理 る か と い う こ と で す 。 給 を 申 請 し た 者 に そ の 旨 の 通 知 を し た と い え 「 理 由 」 を 付 し た 書 面 を も っ て 当 該 旅 券 の 発 っ て 、 単 に 発 給 拒 否 の 根 拠 規 定 を 示 す だ け で 、 問 題 は 、 外 務 大 臣 が 拒 否 処 分 を す る に あ た を し て い ま す 。 も っ て A の 申 請 に 係 る 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 7 号 に 該 当 す る 。 」 と の 理 由 を 付 し た 書 面 を 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー 行 政 士 ① 旅 券 発 給 の 申 言 青 9 / 20 ノ 6 ② 拒 否 処 / 、 裁 判 所 ③ 取 消 し の 訴 え

旅行読売 2016年 08 月号 [雑誌]


。 、 、 サ グ ッ と カ ン タ ン を 等 み を ノ ル ウ ェ ー ・ フ ロ ム 格 安 価 格 が さ ら に お 得 に ! セ ッ ト 割 リ で 、 ー : 航 了 空 、 券 + ホ テ ル 1 , O O 万 種 類 以 上 ! ! ロ ノ し ノ し ま 旅 行 の 海 外 ツ ア 取 れ る ! 選 べ る ! サ イ ト で 表 示 さ れ た 商 品 は 残 席 ・ 空 室 あ リ の も の の み 航 空 券 ・ ホ テ ル を 自 由 に 組 み 合 わ せ 可 能 売 旅 行 の 航 空 券 + ホ テ ル セ ッ ト プ ラ ン と は 00 ロ ■ 0 ロ ロ 0 メ ル マ ガ 会 員 募 集 中 ! 、 。 読 売 旅 行 お 得 な ツ ア ー を い ち 早 く お 届 け ! 「 あ な た の 街 か ら 」 旅 に で る Y 0 M T R AV E L S E RVI C E 会 員 限 定 ツ ア ー 情 報 も ! " あ な た の 街 か ら " は 読 売 旅 行 の 登 録 商 標 で す 検 索

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


第 三 章 自 由 の 章

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


、 ・ を , 行 第 み を 4 を 4 了 ど う や っ て 行 こ う ? ま ず は 、 旅 の 手 配 の 2 隹 有 め よ う ! 資 料 や ガ イ ド ブ ッ ク を 利 用 し て 自 分 で 手 配 す る 方 法 か 、 旅 行 会 社 に 任 せ る と い う 手 も あ る 。 ど ち ら に し て も 下 調 べ が 必 要 。 現 地 で の 交 通 も 考 え て 自 分 の 目 的 に 合 っ た 旅 の プ ラ ン を 立 て よ う 。 A ヾ ッ ケ ジ ツ ア ー ② バ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と は ・ 効 率 よ い 日 程 設 定 と 抑 え た 行 代 金 、 面 倒 な 手 配 が い ら な い の が 魅 力 後 、 即 完 売 と い う こ と も あ り え る 。 ま た 、 出 発 旅 行 会 社 な ど が 企 画 し た お す す め の 観 光 地 や 日 や 催 行 人 員 な ど 旅 行 会 社 側 の 理 由 で ツ ア ー 自 人 気 ス ポ ッ ト を 日 程 に 盛 り 込 ん だ ツ ア ー 。 料 金 も 内 容 も 豊 富 で 、 激 安 ツ ア ー か ら 宿 や 食 事 な ど 体 の 催 行 が さ れ な い こ と も あ る 。 こ れ ら は パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー の デ メ リ ッ ト と い え る が 、 旅 行 代 に も こ だ わ っ た ゆ と り の ツ ア ー ま で 、 好 み に 合 金 が 個 人 旅 行 よ り も 安 く 抑 え ら れ 、 添 乗 員 が 同 わ せ て チ ョ イ ス で き る 。 ほ と ん ど の 場 合 、 チ ャ 行 し て く れ て い る 安 心 感 や ス ム ー ズ に 観 光 地 巡 ー タ ー し た バ ス な ど で 移 動 す る た め 、 効 率 よ く り が で き る 利 点 も 見 逃 せ な い 。 何 よ り も 、 こ ま 多 く の 場 所 を 訪 れ る こ と が で き る が 、 団 体 行 動 が 基 本 の た め 、 自 由 時 間 は 少 な め 。 ま た 、 申 し ご ま と し た 手 配 の 必 要 や 心 配 が な い と い う の が 込 み の 締 切 は 比 較 的 早 く 、 人 気 ツ ア ー な ら 発 売 最 大 の 魅 力 だ ろ う 。 ① 例 え は こ ん な プ ラ ン ・ 東 示 か 」 崟 痕 ・ 山 代 ・ 和 倉 温 泉 2 泊 3 日 ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 4 万 9800 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 吉 田 屋 ホ テ ル 山 王 閣 ( 山 代 温 泉 ) 、 の と 楽 ・ ホ テ ル 能 登 倶 楽 部 ( 和 倉 温 泉 ) ・ 自 由 行 動 中 に 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ・ 自 由 行 動 中 に 食 事 を し た 場 合 の 予 算 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ( 全 食 事 付 き ) ・ tota ト 4 万 9800 円 十 お み や げ 代 名 古 屋 か 」 山 泊 2 日 ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 2 万 4800 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 雄 山 閣 ・ 自 由 行 動 中 に 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ・ 自 由 行 動 中 に 食 事 を し た 場 合 の 予 算 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ( 全 食 事 付 き ) ・ to ね ト 2 万 4800 円 十 お み や げ 代 大 阪 か 」 弋 泉 1 泊 2 日 ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 2 万 800 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 山 下 家 ・ 自 由 行 動 中 に 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ・ 自 由 行 動 中 に 食 事 を し た 場 合 の 予 算 概 算 ・ ・ ・ 1500 円 ・ to ね ト 2 万 2300 円 十 お み や げ 代 第 ' 行 町 そ の で 贓 い 平 第 勗 甲 の を 第 翩 毎 。 , 第 物 第 第 第 を み 巧 : ・ レ よ 粤 ッ ド ザ す ・ ツ : ま 1- 完 を 一 山 代 温 泉 ・ 那 谷 寺 20

九州(楽楽 九州 1)


湯 布 院 ・ 黒 川 ・ 別 府 の ☆ テ ー タ の 内 容 は 掲 載 し て い る 旅 館 、 ホ テ ル か ら の ア ン ケ ー ト 結 果 に 基 づ き 作 成 し て お り ま す 。 ☆ 宿 泊 料 金 は オ フ シ ー ズ ン の 平 日 の 最 低 料 金 ( 原 則 と し て 税 込 み ・ サ ー ビ ス 料 込 み ) を IOO 円 単 位 で 切 り 上 け て 掲 載 し て ま す 。 ☆ 旅 館 タ イ プ の 宿 は 1 室 2 名 で 利 宿 泊 情 報 用 し た 場 合 の 1 名 料 金 で す 。 ホ テ ル タ イ プ は S : シ ン グ ル 、 T : ツ イ ン 、 D : ダ ブ ル べ ッ ド の 1 室 あ た り の 料 金 で す 。 ☆ 料 金 、 施 設 の デ ー タ は 2009 年 1 0 月 現 在 の も の で す 。 ☆ 料 金 は 季 節 や 人 数 に よ っ て も 変 動 し ま す の で 、 お 出 か け 前 に ご 確 認 を お 願 い 申 し 上 け ま す 。 ど こ に 泊 ま ろ う 。 行 き た い 宿 が す ぐ に 探 せ る 宿 泊 情 報 由 布 院 温 泉 周 辺 マ 」 TB 旅 の ! 」 TB の 予 約 セ ン タ ー ! 各 支 店 予 約 は ? . 旅 館 ・ ・ ホ テ ル ・ ・ そ の 他 シ ョ ン 0 の 鬲 箔 匡 予 約 可 予 約 可 見 方 マ ー ク の : : 予 約 不 可 : 予 約 可 宿 泊 施 設 ・ 駅 か ら Ⅵ SA 、 」 CB 、 マ ス タ ー ・ 徒 歩 5 分 ( 天 ) ・ 風 呂 ( : 日 ) ・ ・ ・ ペ ー ジ ( カ 三 ド ) ・ ・ ・ AMEX 、 ダ イ ナ ー ス ホ ー ム 露 天 駅 近 ゆ ふ い ん お ん せ ん し ゅ う へ ん 00977-84-2195 ・ 1 泊 2 食 170 ~ 028 室 ( 和 23 ・ 和 洋 1 ・ 離 れ 3 ・ 他 1 ) ・ 15 : O ( ) ・ 10 : 30 ・ 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 ・ 由 布 旅 ゆ ふ い ん 湯 め ぐ り ホ テ J 光 園 -3- 宿 報 旅 庄 屋 の 館 旅 湯 布 院 山 灯 館 fiSABI 亭 祥 泉 -- 宿 。 季 節 に 合 わ せ 、 地 元 の 食 材 を 使 っ た 料 理 。 付 近 に は 美 術 館 、 散 策 路 も 。 加 ・ 15 : OC ・ 1 1 0 ( 海 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 純 和 風 総 桧 造 リ 。 閑 静 な 00977-84-5310 ・ 1 泊 2 食 254 ~ 013 室 ( 和 1 2 ・ 他 1 ) 呂 付 の 宿 。 厳 選 素 材 を 使 用 し た 料 理 と 温 泉 。 ラ ン チ SA 日 膳 1500 円 。 加 ・ 14 : OC ・ 1 1 : 02 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 10 分 ・ 無 料 全 揀 離 れ 。 露 天 風 00977-28-2500 ・ 1 泊 2 食 268 ~ 08 室 ( 離 れ 8 ) の 離 れ の 客 室 。 100 人 収 容 の 大 露 天 風 呂 。 旬 の 懐 石 料 理 提 供 。 加 ・ 15 : 00 ・ 11 : OC ・ 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 4 分 ・ 無 料 ・ 1 揀 建 て 00977-85-3105 ・ 1 泊 2 食 275 ~ 020 室 ( 離 れ 20 ) 旅 ホ テ ル 遊 輪 ゆ ふ い ん ホ テ ル 秀 烽 館 - 鬘 旅 和 風 旅 館 津 江 の 庄 - を 旅 湯 布 院 か ほ り の 郷 は な 村 - を 旅 由 布 院 こ と ぶ き 花 の 庄 ー ・ 飛 ウ ナ 付 き 。 季 節 ご と の 会 席 料 理 を 供 す る 。 全 室 に 洗 面 所 ・ バ ス ・ ト イ レ 付 。 加 ・ 15 : 00 ・ 10 : 0 ( ・ 」 R 由 布 院 駅 か ら 徒 歩 12 分 ・ 無 料 ・ 展 望 露 天 風 呂 サ 8977-84-5111 ・ 1 泊 2 食 191 ~ 046 室 ( 和 28 ・ 和 洋 6 ・ 他 1 2 ) の 会 席 料 理 。 純 和 風 の 客 室 。 露 天 風 呂 有 。 風 情 の あ る 自 然 景 観 。 加 ・ 15 : 0 ( ・ 10 : OC ・ 」 R 由 布 院 駅 か ら 送 迎 車 5 分 無 料 ・ 四 季 折 々 00977-84-21021 泊 2 食 191 ~ 08 室 ( 和 7 ・ 離 れ 1 ) ゾ ネ ッ ト や 小 グ ト プ 向 の 和 洋 室 も 有 。 客 室 タ イ プ に よ り タ ・ 朝 食 の 部 屋 出 し も 可 。 ・ 15 OC ・ 1 0 : 02 」 R 由 布 院 駅 か ら 徒 歩 8 分 ・ 無 料 ・ 和 洋 析 衷 の 会 席 料 理 を 提 供 。 メ 00977-84-400g 1 泊 2 食 212 ~ 029 室 ( 和 7 ・ 和 洋 9 ・ 他 13 ) 提 供 。 温 泉 露 天 風 呂 も 有 。 9 月 に 1 度 夜 能 開 催 。 ジ ャ グ ジ ー 風 呂 、 サ ウ ナ 等 も 。 ・ 14 : 0C ・ 10 : 02 」 R 由 布 院 駅 か ら 徒 歩 5 分 無 料 責 室 有 。 会 席 料 理 を 00977-84-2161 ・ 1 泊 2 食 212 ~ 050 室 ( 和 46 ・ 他 4 ) ~ 18 時 の 別 R 由 布 院 駅 へ の 迎 え 有 、 要 連 絡 。 全 9 種 の 温 泉 は 24 時 間 入 浴 可 能 。 ・ 15 : 00 ・ 10 : 02 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 ・ 業 者 は 国 際 的 な 画 家 。 15 00977-85-3660 ・ 1 泊 2 食 212 ~ 021 室 ( 和 15 ・ 離 れ 6 ) 岳 を 背 景 に 自 然 を 満 喫 。 加 旅 御 宿 由 府 両 築 露 H P 00977-85-2526 ・ 1 泊 2 食 168 ~ 08 室 ( 和 8 ) ・ 15 : 0 ( : ・ 10 : 02 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 ゆ 築 80 年 の 趣 あ る 宿 。 大 き な 囲 炉 裏 、 貸 切 可 の 露 天 風 呂 。 旬 と 郷 土 の 食 材 を 生 か し た 会 席 料 理 。 加 旅 旅 館 め ば え 荘 ・ 15 : OO ・ 10 : OC 」 R 由 布 院 駅 か ら 徒 歩 15 分 ・ 無 料 ・ 00977-85-3878 ・ 1 泊 2 食 159 ~ 024 室 ( 和 12 ・ 離 れ 1 2 ) 緑 に 囲 ま れ た 静 か な 宿 。 加 駅 、 露 天 H P プ ト 地 ビ 司 造 & レ ス ト ラ ン を 併 設 。 由 布 岳 を 仰 ぐ 大 展 望 風 呂 、 庭 園 露 天 風 呂 有 。 加 ・ 15 : 0 ( ・ 10 : 02 」 R 由 布 院 駅 か ら 徒 歩 5 ラ 無 料 ・ 由 布 岳 を 望 む 宿 。 全 国 初 の 00977-84-2101 ・ 1 泊 2 食 159 ~ 085 室 ( 和 39 ・ 和 洋 5 ・ 他 41 ) 旅 旅 館 冨 季 の 舎 H P カ ー 00977-84-5811 ・ 1 泊 2 食 159 ~ 010 室 ( 和 6 ・ 離 れ 4 ) ・ 14 : 3 〔 ・ 10 : 02 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 ・ 木 造 リ の や す ら ぎ の 宿 。 由 布 院 盆 地 と 由 市 岳 が 挑 め ら れ る 高 台 に 位 置 。 旬 の 素 材 で 一 品 す っ 供 す る 手 作 り の 味 。 加 湯 平 温 泉 ゆ の ひ ら お ん せ ん 旅 志 美 津 旅 館 露 H P 旅 て い 屋 露 H P 00977-84-29021 泊 2 食 191 ~ 011 室 ( 和 2 ・ 離 れ 9 ) ・ 15 : 0 〔 ・ 10 0 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 う 無 料 心 や す ら ぐ 離 れ が 主 。 挑 め の 良 い 露 天 風 呂 。 和 、 洋 、 析 衷 懐 石 料 理 。 ロ ビ ー 横 の は っ ぴ ー 亭 」 で 地 酒 サ ー ビ ス 。 加 00977-28-8288 ・ 1 泊 2 食 191 ~ 026 室 ( 和 6 ・ 和 洋 8 ・ 離 れ 12 ) ・ 15 0 ( ・ 10 : 32 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 由 布 岳 を 仰 ぎ 見 る 露 天 風 呂 。 四 季 折 々 の 花 々 咲 き 誇 る 表 情 豊 か な 庭 園 。 旬 の 素 材 を 生 か し た 作 和 会 席 を 提 供 。 加 旅 名 苑 と 名 水 の 宿 梅 園 - を 旅 日 の 春 旅 館 旅 柏 富 の 郷 彩 岳 館 - を 旅 社 の 湯 ゆ ふ い ん 泰 葉 - 物 ※ 」 TB 主 要 支 店 ・ 旅 の 予 約 セ ン タ ー の 問 合 せ 先 は P223 参 照 。 旬 の 素 材 を 生 か し た こ だ わ リ の 会 席 料 理 。 町 か ら 少 し 離 れ た 静 か な 温 泉 宿 。 加 ・ 15 0 ( ・ 11 0 ( ・ 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 う 無 料 ・ 由 布 岳 を 仰 ぐ 露 天 風 呂 有 。 5977- -500g1 泊 2 食 170 ~ ・ 24 室 ( 和 16 ・ 和 洋 8 ) 囲 ま れ た 静 か な 立 地 。 加 ・ 15 : 0 ( ) ・ 1 1 : 0 ( 海 」 R 由 布 院 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 緑 に 6977-85-2226 ・ 1 泊 2 食 180 ~ 015 室 ( 和 10 ・ 離 れ 4 ・ 他 1 ) 天 風 呂 付 客 室 2 ・ バ リ ア フ リ ー 客 室 1 有 。 由 布 院 の 中 心 部 に 位 置 し 、 観 光 ・ に 便 利 。 加 ・ 1 5 : 0 ( ・ 1 圓 」 R 由 布 院 駅 か ら 徒 歩 1 5 う 無 料 ・ 落 ち 着 い た 純 和 風 の 佇 ま い 。 露 00977-84-3106 ・ 1 泊 2 食 191 ~ 011 室 ( 和 1 1 ) 00977-86-2111 ・ 1 泊 2 食 138 ~ 09 室 ( 和 9 ) ・ 15 : 0C ・ 10 02 」 R 湯 平 駅 か ら 送 迎 車 10 う 無 料 ・ 大 洞 窟 風 呂 が 名 物 の 宿 。 湯 は 胃 腸 病 に 効 能 有 。 山 菜 、 野 菜 の 作 料 理 。 落 ち 着 い た 日 本 庭 園 と 渓 流 の 挑 望 良 。 加 旅 右 丸 旅 館 ・ 15 : 00 ・ 10 : OC ・ 」 R 湯 平 駅 か ら / ヾ ス 10 分 ・ 無 料 ・ 新 00977-86-2g2 ・ 1 泊 2 食 128 ~ 015 室 ( 和 13 ・ 離 れ 2 ) 新 屋 本 家 鮮 な 山 菜 料 理 が 美 味 。 加 气 の 本 館 夢 龍 胆 - を 峡 の 響 き 優 彩 - を ・ 飛 し た 露 天 風 呂 、 大 浴 場 で く つ ろ げ る 。 季 節 の 素 材 を 使 っ た 和 風 会 席 を 提 供 。 加 ・ 15 : OC ・ 11 0 ( ・ 」 R 阿 蘇 駅 か ら バ ス 50 ラ 無 料 吟 閑 静 な 日 本 庭 園 。 川 に 面 00967- 9321 ・ 1 泊 2 食 170 ~ 023 室 ( 和 20 ・ 和 洋 3 ) な 湯 。 山 菜 、 肉 、 川 魚 を 使 っ た ふ る さ と 料 理 。 露 天 風 呂 、 ま ほ ろ ば の 湯 有 。 加 ・ 15 : OC ・ 10 : 02 」 R 阿 蘇 駅 か ら ノ ヾ ス 50 分 ・ 無 料 閑 静 な 環 境 と 豊 富 00967- 9111 ・ 1 泊 2 食 191 ~ 055 室 ( 和 32 ・ 和 洋 21 ・ 他 2 ) く ろ か わ お ん せ ん し ゅ う へ ん 黒 川 温 泉 周 辺 望 露 天 風 呂 有 、 貸 切 露 天 風 呂 は 無 料 。 縁 の 山 々 に 囲 ま れ た 宿 。 朝 夕 食 共 部 屋 食 。 加 ・ 15 0 〔 ・ 10 : 0 」 R 湯 平 駅 か ら バ ス 10 う 無 料 吟 地 元 旬 素 材 の 手 作 り 会 席 。 展 00977-86-2221 ・ 1 泊 2 食 107 ~ 014 室 ( 和 13 ・ 和 洋 1 ) = 气 旅 館 わ か ば 露 H P カ ー 8967-4495021 泊 2 食 159 ~ 015 室 ( 和 1 5 ) ・ 15 : 0 ( ・ 1 1 : 0 ( ・ 」 R 阿 蘇 駅 か ら ノ ヾ ス 50 分 ・ 無 料 エ ス テ と 温 泉 。 女 性 に 人 気 。 加 旅 館 奥 の 湯 露 H P プ 6967-44- 21 ・ 1 泊 2 食 159 ~ ・ 26 室 ( 和 12 ・ 和 洋 7 ・ 離 れ 7 ) ・ 15 : 0 ( ・ 10 : 0 ( 」 R 阿 蘇 駅 か ら バ ス 40 分 ・ 無 料 ・ 男 女 露 天 風 呂 、 桧 風 呂 。 加

竜馬がゆく(二)


お も て 竜 馬 は い っ た ん 、 伊 予 松 山 城 下 に 入 り 、 そ こ で 、 国 も と の 高 知 表 へ 急 飛 脚 を さ し た て 、 え ん い ん 剣 術 詮 議 の 旅 を 延 引 し て も ら え る よ う 、 請 願 し た 。 要 は 、 長 州 へ 潜 行 す る 時 間 を 得 る た め で あ る 。 そ の 返 事 が く る ま で 、 松 山 城 下 の 旅 籠 に 逗 留 し た 。 不 自 由 な 時 代 で あ る 。 竜 馬 の よ う な 無 役 の 藩 士 で も 、 他 領 に 出 る に は い ち い ち 藩 の 許 可 が 必 要 で あ っ た 。 こ れ を 怠 る と 、 自 動 的 に 脱 藩 に な る 。 そ の 上 、 他 領 に 逗 留 す る の が 、 こ れ ま た 大 変 だ っ た 。 ど の 藩 地 で も 旅 人 は 旅 籠 に 原 則 望 と し て 一 泊 を ゆ る し て い る だ け で 、 逗 留 は さ せ な い 。 盗 賊 、 謀 叛 人 な ど が 居 つ く の を お そ れ た の だ ろ う 。 逗 留 す る に は 、 宿 場 役 人 、 町 役 人 な ど の 許 し が 要 っ た 。 希 松 山 で は 、 ち ぎ り や 、 と い う 旅 籠 に と ま っ た 。 宿 帳 に 名 を か き 、 亭 主 弥 兵 衛 の あ い さ つ も 受 け 、 逗 留 手 続 き の こ と も 頼 み お わ る と 、

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


曾 野 綾 子 ・ 倉 橋 由 美 子 ・ 河 野 多 恵 子 文 学 紀 行 新 い い 当 第 , お ミ は . ミ を 1 冫 ′ 箱 根 富 士 屋 ホ テ ル 曾 野 綾 子 ( 「 遠 来 の 客 た ち 」 ) 南 房 総 ( 千 葉 ) 太 海 の 海 岸 河 野 多 恵 子 ( 「 蟹 」 ) 京 都 詩 仙 堂 倉 橋 由 美 子 ( 「 暗 い 旅 」 )