検索 - みる会図書館

検索対象: 不動産法律セミナー 2016年9月号

不動産法律セミナー 2016年9月号から 183件ヒットしました。

不動産法律セミナー 2016年9月号


行 為 を 行 う お そ れ が あ る と 認 め る に 足 り る 相 当 の 理 由 が あ る 者 2 〔 省 略 〕 ( 一 般 旅 券 の 発 給 を し な い 場 合 等 の 通 知 ) 旅 券 法 第 14 条 外 務 大 臣 又 は 領 事 官 は 、 前 条 の 規 定 に 基 づ き 一 般 旅 券 の 発 給 若 し く は 渡 航 先 の 追 加 を し な い と 決 定 し た と き 、 又 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づ い て 渡 航 先 を 個 別 に 特 定 し て 記 載 し 、 若 し く は 有 効 期 間 を 10 年 ( 一 般 旅 券 の 発 給 の 申 請 を す る 者 が 同 条 第 1 項 各 号 に 掲 げ る 場 合 の い ず れ か に 該 当 す る と き は 、 5 年 ) 未 満 と す る と 決 定 し た と き ( 第 4 条 の 2 た だ し 書 の 規 定 に 該 当 す る 場 合 に お い て 一 般 旅 券 を 発 行 す る と き を 除 く 。 ) は 、 速 や か に 、 理 由 を 付 し た 書 面 を も っ て 一 般 旅 券 の 発 給 又 は 渡 航 先 の 追 加 を 申 請 し た 者 に そ の 旨 を 通 知 し な け れ ば な ら な い 。 ( 1 ) 形 式 の 検 討 ど の よ う な 形 式 の 解 答 が 要 求 さ れ て い る か を 考 え ま し よ う 。 問 題 文 は 、 「 裁 判 所 は 、 ど の よ う な 理 由 に よ り A の 請 求 を 認 容 し た と 考 え ら れ る か 。 」 と 問 う て い ま す 。 し た が っ て 、 解 答 は 、 「 の と の 理 由 に よ る 。 」 と し な け れ 外 務 大 臣 B 図 1 検 討 し て み ま し よ う 。 ど の よ う な 内 容 に す る か 。 図 を 書 き な が ら 、 ( 2 ) 内 容 の 検 討 ば な り ま せ ん 。 旅 券 法 13 条 1 項 、 14 条 に よ れ ば 、 外 務 大 臣 が 一 般 旅 券 の 発 給 申 請 に 対 し 、 当 該 旅 券 の 発 給 を し な い と 決 定 し た と き は 、 速 や か に 、 理 由 を 付 し た 書 面 を も っ て 当 該 旅 券 の 発 給 を 申 請 し た 者 に そ の 旨 を 通 知 し な け れ ば な り ま せ ん 。 一 般 旅 券 発 給 申 請 に 対 し 、 「 旅 券 法 13 条 1 項 本 問 の 事 案 に お い て 、 外 務 大 臣 B は 、 A の れ に よ っ て 当 該 規 定 の 適 用 の 基 礎 と な っ た 事 単 に 発 給 拒 否 の 根 拠 規 定 を 示 す だ け で は 、 そ 載 自 体 か ら 了 知 し う る も の で な け れ ば な ら す 、 給 が 拒 否 さ れ た か を 、 申 請 者 に お い て そ の 記 基 づ き い か な る 法 規 を 適 用 し て 一 般 旅 券 の 発 記 す べ き 理 由 と し て は 、 い か な る 事 実 関 係 に か ん が み れ ば 、 一 般 旅 券 発 給 拒 否 通 知 書 に 付 き で あ り 、 こ の よ う な 理 由 付 記 制 度 の 趣 旨 に 立 て に 便 宜 を 与 え る 趣 旨 に 出 た も の と い う べ 申 請 者 に 知 ら せ る こ と に よ っ て 、 そ の 不 服 申 そ の 恣 意 を 抑 制 す る と と も に 、 拒 否 の 理 由 を 外 務 大 臣 の 判 断 の 慎 重 と 公 正 妥 当 を 担 保 し て こ と に な る た め 、 拒 否 事 由 の 有 無 に つ い て の 基 本 的 人 権 で あ る 外 国 旅 行 の 自 由 を 制 限 す る 否 す れ ば 、 憲 法 22 条 2 項 で 国 民 に 保 障 さ れ た き も の と し て い る の は 、 一 般 旅 券 の 発 給 を 拒 旅 券 発 給 拒 否 通 知 書 に 拒 否 の 理 由 を 付 記 す べ る 」 と し た 上 で 、 「 旅 券 法 が 右 の よ う に 一 般 旨 ・ 目 的 に 照 ら し て こ れ を 決 定 す べ き で あ の 性 質 と 理 由 付 記 を 命 じ た 各 法 律 の 規 定 の 趣 合 に 、 ど の 程 度 の 記 載 を な す べ き か は 、 処 分 政 処 分 に 理 由 を 付 記 す べ き も の と し て い る 場 由 付 記 の 程 度 に つ い て 、 「 一 般 に 、 法 律 が 行 こ の 点 、 判 例 ( 最 判 昭 60 ・ 1 ・ 22 ) は 、 理 る か と い う こ と で す 。 給 を 申 請 し た 者 に そ の 旨 の 通 知 を し た と い え 「 理 由 」 を 付 し た 書 面 を も っ て 当 該 旅 券 の 発 っ て 、 単 に 発 給 拒 否 の 根 拠 規 定 を 示 す だ け で 、 問 題 は 、 外 務 大 臣 が 拒 否 処 分 を す る に あ た を し て い ま す 。 も っ て A の 申 請 に 係 る 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 7 号 に 該 当 す る 。 」 と の 理 由 を 付 し た 書 面 を 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー 行 政 士 ① 旅 券 発 給 の 申 言 青 9 / 20 ノ 6 ② 拒 否 処 / 、 裁 判 所 ③ 取 消 し の 訴 え

不動産法律セミナー 2016年9月号


実 関 係 を も 当 然 知 り う る よ う な 場 合 を 別 と し て 、 旅 券 法 の 要 求 す る 理 由 付 記 と し て 十 分 で な い 」 と の 規 範 ( = 基 準 ) を 定 立 し 、 「 こ の 見 地 に 立 っ て 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 ( 現 在 の 同 項 7 号 に 相 当 す る 。 ) を み る に 、 同 号 は 『 前 各 号 に 掲 げ る 者 を 除 く 外 、 外 務 大 臣 に お い て 、 著 し く 且 つ 直 接 に 日 本 国 の 利 益 又 は 公 安 を 害 す る 行 為 を 行 う 虞 が あ る と 認 め る に 足 り る 相 当 の 理 由 が あ る 者 』 と い う 概 括 的 、 抽 象 的 な 規 定 で あ る た め 、 一 般 旅 券 発 給 拒 否 通 知 書 に 同 号 に 該 当 す る 旨 付 記 さ れ た だ け で は 、 申 請 者 に お い て 発 給 拒 否 の 基 因 と な っ た 事 実 関 係 を そ の 記 載 自 体 か ら 知 る こ と は で き な い と い わ ざ る を え な い 。 し た が っ て 、 外 務 大 臣 に お い て 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 の 規 定 を 根 拠 に 一 般 旅 券 の 発 給 を 拒 否 す る 場 合 に は 、 申 請 者 に 対 す る 通 知 書 に 同 号 に 該 当 す る と 付 記 す る の み で は 足 り ず 、 い か な る 事 実 関 係 を 認 定 し て 申 請 者 が 同 号 に 該 当 す る と 判 断 し た か を 具 体 的 に 記 載 す る こ と を 要 す る と 解 す る の が 相 当 で あ る 。 そ う で あ る と す れ ば 、 単 に 『 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 に 該 当 す る 。 』 と 付 記 さ れ て い る に す ぎ な い 本 件 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 の 通 知 書 は 、 同 法 14 条 の 定 め る 理 由 付 記 の 要 件 を 欠 く も の と い う ほ か は な く 、 本 件 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 に 右 違 法 が あ る こ と を 理 由 と し て そ の 取 消 し を 求 め る 上 告 人 の 本 訴 請 求 は 、 正 当 と し て 認 容 す べ き で あ る 。 」 と の 当 て は め を し ま し た 。 以 上 の 知 識 を も と に 、 適 切 な 語 句 を 書 き 出 し ま し よ う 。 「 外 務 大 臣 に お い て 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 の 規 定 を 根 拠 に 一 般 旅 券 の 発 給 を 拒 否 す る 場 合 に は 、 申 請 者 に 対 す る 通 知 書 に 同 号 に 該 当 す る と 付 記 す る の み で は 足 り す 、 い か な る 事 実 関 係 を 認 定 し て 申 請 者 が 同 号 に 該 当 す る と 判 断 し た か を 具 体 的 に 記 載 す る こ と を 要 す る か ら 、 単 に 『 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 に 該 当 す る 。 』 と 付 記 さ れ て い る に す ぎ な い 本 件 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 の 通 知 書 は 、 同 法 14 条 の 定 め る 理 由 付 記 の 要 件 を 欠 く も の と い う 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー ほ か は な く 、 本 件 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 に 右 違 法 が あ る 」 が こ れ に 当 た り ま す ね 。 ( 3 ) 解 答 の 作 成 上 記 ( 1 ) で 検 討 し た 形 式 に 、 上 記 ( 2 ) で 書 き 出 し た 語 句 を 挿 入 し ま し よ う 。 ① に は 「 外 務 大 臣 に お い て 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 の 規 定 を 根 拠 に 一 般 旅 券 の 発 給 を 拒 否 す る 場 合 に は 、 申 請 者 に 対 す る 通 知 書 に 同 号 に 該 当 す る と 付 記 す る の み で は 足 り ず 、 い か な る 事 実 関 係 を 認 定 し て 申 請 者 が 同 号 に 該 当 す る と 判 断 し た か を 具 体 的 に 記 載 す る こ と を 要 す る か ら 、 単 に 『 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 に 該 当 す る 。 』 と 付 記 さ れ て い る に す ぎ な い 本 件 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 の 通 知 書 は 、 同 法 14 条 の 定 め る 理 由 付 記 の 要 件 を 欠 く も の と い う ほ か は な く 、 本 件 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 に 右 違 法 が あ る 」 を 挿 入 す る こ と に な り ま す か ら 、 「 外 務 大 臣 に お い て 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 の 規 定 を 根 拠 に 一 般 旅 券 の 発 給 を 拒 否 す る 場 合 に は 、 申 請 者 に 対 す る 通 知 書 に 同 号 に 該 当 す る と 付 記 す る の み で は 足 り ず 、 い か な る 事 実 関 係 を 認 定 し て 申 請 者 が 同 号 に 該 当 す る と 判 断 し た か を 具 体 的 に 記 載 す る こ と を 要 す る か ら 、 単 に 『 旅 券 法 13 条 1 項 5 号 に 該 当 す る 。 』 と 付 記 さ れ て い る に す ぎ な い 本 件 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 の 通 知 書 は 、 同 法 14 条 の 定 め る 理 由 付 記 の 要 件 を 欠 く も の と い う ほ か は な く 、 本 件 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 に 右 違 法 が あ る と の 理 由 に よ る 。 」 と な り ま す 。 こ の 文 章 を 、 制 限 字 数 の 範 囲 内 に 収 ま り 、 か っ 、 よ り 自 然 な 文 章 表 現 と な る よ う に 推 敲 し ま し よ う 。 ま ず 、 前 段 部 分 を 意 味 が 分 か る 範 囲 で 縮 め ま し よ う 。 「 拒 否 処 分 に は 、 処 分 の 原 因 た る 事 実 関 係 を 具 体 的 に 記 載 す る こ と を 要 す る か ら 」 と し た ら い か が で し よ う 。 次 に 、 後 半 部 分 を 意 味 が 分 か る 範 囲 で 縮 め ま し よ う 。 「 拒 否 処 分 の 通 知 書 は 、 理 由 付 記 の 要 件 を 欠 く 違 法 が あ る 」 と し た ら い か が で し よ う か 9 / 2 硼 6

不動産法律セミナー 2016年9月号


記 述 式 セ ミ ナ - ⑤ 行 」 ' 、 政 書 、 士 ~ 平 成 28 年 度 試 験 合 格 目 標 ~ 東 京 法 経 学 院 講 師 笠 原 裕 明 し を 求 め て 訴 え を 提 起 し た 。 裁 判 所 は 、 は じ め に A の 請 求 を 認 容 し て 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 今 回 も 、 7 月 号 に 続 い て 、 本 年 度 の 行 政 書 士 分 を 取 り 消 し た 。 こ の 場 合 に 、 裁 判 所 は 、 試 験 に お い て 出 題 さ れ る 可 能 性 の 高 い 問 題 を 解 ど の よ う な 理 由 に よ り A の 請 求 を 認 容 し い て み ま し よ う 。 た と 考 え ら れ る か 。 40 字 程 度 で 記 述 し な さ い 。 参 照 条 文 ( 一 般 旅 券 の 発 給 等 の 制 限 ) 旅 券 法 第 13 条 1 外 務 大 臣 又 は 領 事 官 は 、 一 般 旅 券 の 発 給 又 は 渡 航 先 の 追 加 を 受 け よ う と す る 者 が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る 場 合 に は 、 一 般 旅 券 の 発 給 又 は 渡 航 先 の 追 加 を し な い こ と が で き る 。 一 か ら 六 ま で 〔 省 略 〕 七 前 各 号 に 掲 げ る 者 を 除 く ほ か 、 外 務 大 臣 に お い て 、 著 し く 、 か っ 、 直 接 に 日 本 国 の 利 益 又 は 公 安 を 害 す る 行 政 法 行 政 法 の 一 般 的 な 法 理 論 ま ず 、 行 政 法 の 一 般 的 な 法 理 論 の 間 題 を 解 い て み ま し よ う 。 問 題 A は 、 外 務 大 臣 B に 対 し 渡 航 先 を C 国 と す る 一 般 旅 券 の 発 給 を 申 請 し た と こ ろ 、 外 務 大 臣 B は 、 A に 対 し 、 「 旅 券 法 13 条 1 項 7 号 に 該 当 す る 。 」 と の 理 由 を 付 し た 書 面 に よ る 当 該 申 請 に 係 る 一 般 旅 券 を 発 給 し な い 旨 を 通 知 し た 。 こ れ に 対 し 、 A は 、 当 該 一 般 旅 券 発 給 拒 否 処 分 の 取 消 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー 6 9 / 2076

不動産法律セミナー 2016年9月号


[ バ リ ア フ リ ー 新 法 ( 正 式 名 称 は 「 高 齢 者 、 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 す る 法 律 」 ) ] バ リ ア フ リ ー 新 法 に お け る 特 定 建 築 物 に 該 当 し な い も の は 次 の う ち い く つ あ る か 答 え て く だ さ い 。 ① 学 校 ② 病 院 又 は 診 療 所 ③ 特 別 支 援 学 校 ④ ホ テ ル 又 は 旅 館 ⑤ 自 動 車 の 停 留 又 宅 は 駐 車 の た め の 施 設 建 士 ノ ヾ リ ア フ リ ー 新 法 に お け る 移 動 等 円 滑 化 経 路 の 規 定 に つ き 、 次 の 記 述 の う ち 正 し い も の は い く つ あ る か 答 え て く だ さ い 。 ヨ ① 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 出 入 口 の 幅 は 、 80 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 と す る こ と 。 ② 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 廊 下 等 の 幅 は 、 100 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 と す る こ と 等 ③ 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 廊 下 等 は 、 50 メ ー ト ル 以 内 ご と に 車 い す の 転 回 に 支 障 が な い 場 所 を 設 け る こ と 。 ④ 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 傾 斜 路 の 幅 は 、 階 段 に 代 わ る も の に あ っ て は 120 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 、 階 段 に 併 設 す る も の に あ っ て は 80 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 と す る こ と ⑤ 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 傾 斜 路 の 勾 配 は 、 12 分 の 1 を 超 え な い こ と ⑥ 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る エ レ ベ ー タ の か ご の 奥 行 き は 、 120 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 と す る こ と バ リ ア フ リ ー 新 法 に お け る 次 の 記 述 は 正 し い か 誤 っ て い る か 答 え て く だ さ い 。 認 定 特 定 建 築 物 の 容 積 率 の 特 例 に つ き 、 政 令 で 定 め る 床 面 積 は 、 認 定 特 定 建 築 物 の 延 べ 面 積 の 20 の 1 を 限 度 と し て 、 当 該 認 定 特 定 建 築 物 の 建 築 物 特 定 施 設 の 床 面 積 の う ち 、 通 常 の 建 築 物 の 建 築 物 特 定 施 設 の 床 面 積 を 超 え る こ と と な る も の と し て 国 土 交 通 大 臣 が 定 め る も の と す る 。 バ リ ア フ リ ー 新 法 に お け る 次 の 記 述 の う ち 誤 っ て い る も の は い く つ あ る か 答 え て く だ さ ① 特 定 旅 客 施 設 の 要 件 は 、 当 該 旅 客 施 設 の 1 日 当 た り の 平 均 的 な 利 用 者 の 人 数 が 5 , 000 人 以 上 で あ る こ と 。 ② 特 定 旅 客 施 設 の 要 件 は 、 当 該 旅 客 施 設 が 所 在 す る 市 町 村 の 区 域 に お け る 人 口 及 び 高 齢 者 の 人 数 を 基 準 と し て 国 土 交 通 省 令 ・ 内 閣 府 令 ・ 総 務 省 令 の 定 め る と こ ろ に よ り 算 定 し た 当 該 旅 客 施 設 を 利 用 す る 高 齢 者 の 人 数 が 、 全 国 の 区 域 に お け る 人 口 及 び 高 齢 者 の 人 数 を 基 準 と し て 国 土 交 通 省 令 ・ 内 閣 府 令 ・ 総 務 省 令 の 定 め る と こ ろ に よ り 算 定 し た 要 件 に 該 当 す る 旅 客 施 設 を 利 用 す る 高 齢 者 の 人 数 以 上 で あ る こ と ③ 特 定 旅 客 施 設 の 要 件 は 、 当 該 旅 客 施 設 が 所 在 す る 市 町 村 の 区 域 に お け る 人 口 及 び 障 害 者 の 人 数 を 基 準 と し て 国 土 交 通 省 令 ・ 内 閣 府 令 ・ 総 務 省 令 の 定 め る と こ ろ に よ り 算 定 し た 当 該 旅 客 施 設 を 利 用 す る 障 害 者 の 人 数 が 、 全 国 の 区 域 に お け る 人 口 及 び 障 害 者 の 人 数 を 基 準 と し て 国 土 交 通 省 令 ・ 内 閣 府 令 ・ 総 務 省 令 の 定 め る と こ ろ に よ り 算 定 し た 前 号 の 要 件 に 該 当 す る 旅 客 施 設 を 利 用 す る 障 害 者 の 人 数 以 上 で あ る こ と ー ノ 硼 ー 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー ル 又 = = ロ ル 文 ニ = ロ 9 / 2 硼 6

不動産法律セミナー 2016年9月号


→ 訴 訟 手 続 が 停 止 す れ ば 、 期 間 は 進 行 を 開 始 せ す 、 す で に 進 行 中 の 期 間 も 進 行 し な か っ た こ と に な る が 、 停 止 解 消 後 は 、 停 止 前 の 残 存 期 間 が 進 行 す る こ と に な る 。 誤 り 。 問 題 文 前 段 は 正 し い 。 し か し 、 停 止 解 消 後 は 、 残 存 期 間 で は な く 、 改 め て 全 期 間 が 進 行 す る ( 民 訴 法 132 Ⅱ ) 。 し た が っ て 、 本 問 は 誤 っ て い る 。 必 要 的 共 同 訴 訟 で は 、 1 人 の 共 同 訴 訟 人 が 死 亡 す れ ば 、 全 員 に つ い て そ の 効 力 が 生 じ 全 部 の 手 続 が 中 断 す る が 、 通 常 共 同 訴 訟 で は 、 1 人 の 共 同 訴 訟 人 が 死 亡 し て も 他 の 共 同 訴 訟 人 に は 誤 り 。 → 訴 訟 代 理 人 の 死 亡 は 、 訴 訟 手 続 の 中 断 事 由 に 該 当 す る 。 な い 。 し た が っ て 、 本 問 は 正 し い 。 会 社 は 、 解 散 後 は 清 算 が 行 わ れ 、 法 人 は そ の 目 的 の 範 囲 内 で 存 続 す る か ら 、 訴 訟 手 続 は 中 断 し 正 し い 。 → 会 社 が 解 散 し て も 、 訴 訟 手 続 は 中 断 し な い 。 問 題 文 記 載 の 通 り で あ る ( 民 訴 法 39 、 40 Ⅲ ) 。 正 し い 。 影 響 を 及 ば さ な い 。 ー 天 災 そ の 他 の 事 由 に よ り 裁 判 所 の 職 務 執 行 が 不 能 に な っ た 場 合 や 、 当 事 者 に 感 染 症 で 隔 124 Ⅲ I ① ) 。 し た が っ て 、 本 問 は 誤 っ て い る 。 相 続 人 は 、 相 続 の 放 棄 を す る こ と が で き る 間 は 、 訴 訟 手 続 を 受 け 継 ぐ こ と が で き な い ( 民 訴 法 誤 り 。 相 続 人 は 、 相 続 放 棄 を し な い 限 り 、 訴 訟 手 続 を 受 け 継 ぐ こ と が で き る 。 問 題 文 記 載 の 通 り で あ る ( 破 産 法 44 1 、 民 訴 法 124 Ⅱ ) 。 正 し い 。 に 訴 訟 代 理 人 が い れ ば 、 訴 訟 手 続 は 中 断 し な い 。 訴 訟 係 属 中 に お け る 当 事 者 の 破 産 は 訴 訟 手 続 の 中 断 事 由 に 該 当 す る が 、 仮 に 当 該 当 事 者 に 訴 訟 を 追 行 す べ き 者 が い な く な る の で 、 訴 訟 手 続 は 中 断 す る 。 し た が っ て 、 本 問 は 誤 っ て い る 。 選 定 当 事 者 ( 民 訴 法 30 ) の 全 員 が 死 亡 そ の 他 の 事 由 に よ り 資 格 を 失 っ た と き は 、 選 定 者 の た め 誤 り 。 を 追 行 す る こ と が で き る の で 、 訴 訟 手 続 は 中 断 し な い 。 選 定 当 事 者 の 全 員 が 死 亡 そ の 他 の 事 由 に よ り 資 格 を 失 っ た と し て も 、 選 定 者 自 ら が 訴 訟 問 は 誤 っ て い る 。 1241 ③ ) 。 な ぜ な ら ば 、 本 人 自 ら が 訴 訟 を 追 行 す る の に 障 害 は な い か ら で あ る 。 し た が っ て 、 本 訴 訟 代 理 人 の 死 亡 や 訴 訟 代 理 権 の 消 滅 の 場 合 は 、 訴 訟 手 続 の 中 断 事 由 に 該 当 し な い ( 民 訴 法 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー 9 / 20 ノ 6

不動産法律セミナー 2016年9月号


設 閲 1 設 問 ⑩ 十 九 車 両 の 停 車 場 又 は 船 舶 若 し く は 航 空 機 の 発 着 場 を 構 成 す る 建 築 物 で 旅 客 の 乗 降 又 は 待 合 い の 用 に 供 す る も の 二 十 自 動 車 の 停 留 又 は 駐 車 の た め の 施 設 二 十 一 公 衆 便 所 二 十 二 公 共 用 歩 廊 以 上 に よ り 、 特 定 建 築 物 に 該 当 し な い も の は ③ の 特 別 支 援 学 校 の み で す 。 ① は 正 し い 。 バ リ ア フ リ ー 新 法 施 行 令 18 条 2 項 2 号 に お い て 、 「 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 出 入 口 の 幅 は 、 80 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 と す る こ と ( 抄 録 ) 」 と 規 定 し て い ま す 。 し た が っ て 、 本 設 の と お り で 正 し い 。 ② は 誤 り 。 バ リ ア フ リ ー 新 法 施 行 令 18 条 2 項 3 号 イ に お い て 、 「 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 廊 下 等 の 幅 は 、 120 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 と す る こ と ( 抄 録 ) 」 と 規 定 し て い ま す 。 し た が っ て 、 本 設 の 「 100 セ ン チ メ ー ト ル 」 は 誤 り で す 。 ③ は 正 し い 。 バ リ ア フ リ ー 新 法 施 行 令 18 条 2 項 3 号 口 に お い て 、 「 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 廊 下 等 に は 、 50 メ ー ト ル 以 内 ご と に 車 い す の 転 回 に 支 障 が な い 場 所 を 設 け る こ と ( 抄 録 ) 」 と 規 定 し て い ま す 。 し た が っ て 、 本 設 の と お り で 正 し い 。 ④ は 誤 り 。 バ リ ア フ リ ー 新 法 施 行 令 18 条 2 項 4 号 イ に お い て 、 「 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る 傾 斜 路 の 幅 は 、 階 段 に 代 わ る も の に あ っ て は 120 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 、 階 段 に 併 設 す る も の に あ っ て は 90 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 と す る こ と ( 抄 録 ) 」 と 規 定 し て い ま す 。 し た が っ て 、 本 設 の 「 80 セ ン チ メ ー ト ル 」 は 誤 り で す 。 ⑤ は 正 し い 。 バ リ ア フ リ ー 新 法 施 行 令 18 条 2 項 4 号 口 に お い て 、 「 傾 斜 路 の 勾 配 は 、 12 分 の 1 を 超 え な い こ と ( 抄 録 ) 」 と 規 定 し て い ま す 。 し た が っ て 、 本 設 の と お り で 正 し い 。 ⑥ は 誤 り 。 バ リ ア フ リ ー 新 法 施 行 令 18 条 2 項 5 号 ハ に お い て 、 「 移 動 等 円 滑 化 経 路 を 構 成 す る エ レ ベ ー タ ー の か ご の 奥 行 き は 、 135 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 と す る こ と ( 抄 録 ) 」 と 規 定 し て い ま す 。 し た が っ て 、 本 設 の 「 120 セ ン チ メ ー ト ル 」 は 誤 り で す 。 以 上 に よ り 、 正 し い も の は ① 、 ③ 、 ⑤ の 三 つ で す 。 誤 り 。 バ リ ア フ リ ー 新 法 24 条 に お い て 、 「 認 定 特 定 建 築 物 の 容 積 率 の 特 例 と し て 政 令 で 定 め る 床 面 積 は 、 認 定 特 定 建 築 物 の 延 べ 面 積 の 10 分 の 1 を 限 度 と し て 、 当 該 認 定 特 定 建 築 物 の 建 築 物 特 定 施 設 の 床 面 積 の う ち 、 通 常 の 建 築 物 の 建 築 物 特 定 施 設 の 床 面 積 を 超 え る こ と と な る も の と し て 国 土 交 通 大 臣 が 定 め る も の と す る 」 と 規 定 し て い ま す 。 し た が っ て 、 本 設 の 「 20 分 の 1 」 は 誤 り で す 。 な し 。 ① は 正 し い 。 ノ ヾ リ ア フ リ ー 新 法 1 条 1 号 に お い て 、 「 特 定 旅 客 施 設 の 要 件 は 、 当 該 旅 客 施 設 の 1 日 当 た り の 平 均 的 な 利 用 者 の 人 数 が 5000 千 人 以 上 で あ る こ と ( 抄 録 ) 」 と 規 定 し て い ま す 。 し た が っ て 、 本 設 の と お り で 正 し い 。 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー ー ノ 08 ー 9 / 幻

不動産法律セミナー 2016年9月号


合 ) 又 は ( 廃 業 ) 届 出 日 ( ② の 場 合 ) か ら 5 年 を 経 過 し て い な い 者 ④ 懲 役 ・ 禁 固 刑 に 処 せ ら れ た 場 合 又 は 一 定 の 犯 罪 で 罰 金 刑 に 処 せ ら れ た 場 合 I ) ど の よ う な 犯 罪 で あ る か を 問 わ ず 、 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せ ら れ た 者 で 、 そ の 刑 の 執 行 が 終 わ り 又 は 執 行 さ れ る こ と が な く な っ た 日 か ら 5 年 を 経 過 し て い な い 者 2 ) 以 下 の 一 定 の 犯 罪 で 罰 金 刑 に 処 せ ら れ た 者 で 、 刑 の 執 行 が 終 わ り 又 は 執 行 さ れ る こ と が な く な っ た 日 か ら 5 年 を 経 過 し て い な い 者 i 宅 建 業 法 ⅱ 暴 力 系 の 犯 罪 ・ 暴 力 団 員 に よ る 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 す る 法 律 ( 暴 対 法 ) ・ 暴 力 行 為 等 処 罰 に 関 す る 法 律 ・ 傷 害 罪 及 び そ の 現 場 助 成 ( 刑 法 204 条 、 206 条 ) ・ 暴 行 罪 ( 刑 法 208 条 ) ・ 凶 器 準 備 集 合 ( 刑 法 208 条 の 2 ) ・ 脅 迫 罪 ( 刑 法 222 条 ) ⅲ 背 任 罪 ( 刑 法 247 条 ) 執 行 猶 予 期 間 が 満 了 す れ ば 5 年 待 っ 必 要 が な い の は 免 許 欠 格 事 由 の 場 合 と 同 様 で す 。 ⑤ 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 員 で な く な っ た 日 か ら 5 年 を 経 過 し な い 者 ( 暴 力 団 員 等 ) ⑥ 成 年 被 後 見 人 ・ 被 保 佐 人 又 は 破 産 者 で 復 権 を 得 な い 者 ( 2 ) 宅 建 業 免 許 と は 異 な る 欠 格 事 由 ① 成 年 者 と 同 一 の 行 為 能 力 を 有 し な い 未 成 年 者 つ 「 成 年 者 と 同 一 の 行 為 能 力 を 有 し な い 未 成 年 者 」 = 法 定 代 理 人 か ら 宅 建 業 に 係 る 営 業 許 可 を 受 け ず 、 か っ 未 婚 の 未 成 年 者 ( 婚 姻 し て い る 未 成 年 者 は 欠 格 事 由 に 該 当 せ ず 、 登 録 が 可 能 ) → 宅 建 業 の 免 許 で は 、 宅 建 業 に 関 し て 成 年 者 と 同 一 の 行 為 能 力 を 有 し な い 未 成 年 者 で も 、 そ の 法 定 代 理 人 に 欠 格 事 由 が な け れ ば 免 許 を 受 け る こ と が で き ま し た が 、 宅 建 士 登 録 の 場 合 は 個 人 と し て の 専 門 家 で あ り 、 法 定 代 理 人 が 契 約 行 為 を 行 う よ う な も の で は な い か ら 、 欠 格 事 由 と さ れ て い る も の で す 。 ② 以 下 の い ず れ か の 事 由 で 取 引 士 の 登 録 消 除 処 分 を 受 け 、 そ の 消 除 処 分 の 日 か ら 5 年 を 経 過 し て い な い 者 こ の 登 録 消 除 処 分 の 事 由 に は 1 ) 不 正 手 段 で 取 引 士 登 録 を 受 け た 又 は 取 引 士 証 の 交 付 を 受 け た 2 ) 取 引 士 と し て す べ き 事 務 の 禁 止 処 分 に 該 当 し 、 そ の 情 状 が 特 に 重 い 3 ) 事 務 禁 止 処 分 に 違 反 し た が 該 当 し ま す 。 ③ 上 記 ② の 登 録 消 除 処 分 の 期 日 及 び 場 所 の 公 示 日 か ら 処 分 ま で の 間 に 、 相 当 な 理 由 が な く 登 録 消 除 の 申 請 を し た 者 で 、 そ の 登 録 消 除 の 日 か ら 5 年 を 経 過 し て い な い 者 → 宅 建 業 免 許 の 場 合 と 同 じ よ う に 、 取 引 士 に と っ て 最 も 厳 し い 処 分 で あ る 登 録 消 除 処 分 を 免 れ よ う と し て 、 処 分 が さ れ な い う ち に 自 ら 消 除 し て し ま う 悪 知 恵 を 許 さ な い た め の 規 定 で す 。 ④ 取 引 士 と し て の 事 務 禁 止 処 分 を 受 け 、 そ の 禁 止 期 間 中 に 本 人 の 申 請 に よ り 登 録 が 消 除 さ れ 、 ま 宅 建 業 者 の 事 務 所 と 案 内 所 に 係 る 標 識 設 置 や 事 前 の 届 出 等 に つ い て 、 過 去 出 題 さ れ た 論 点 を 再 度 6 事 務 所 と 案 内 所 だ 禁 止 期 間 が 満 了 し て い な い 者 チ ェ ッ ク し ま し よ う 。 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー ー 22 ー 9 / 2 硼 6

不動産法律セミナー 2016年9月号


次 に 、 「 当 事 者 の 一 方 」 の 意 味 が 問 題 と な る が 、 判 例 は 、 「 当 事 者 の 一 方 」 と は 、 契 約 の 相 手 方 を 意 味 し 、 自 ら 履 行 に 着 手 し た 者 で も 、 相 手 方 が 履 行 に 着 手 す る ま で は 解 除 で き る と す る 。 く 履 行 に 着 手 > 当 事 者 の 一 方 が 履 行 に 着 手 し た ら 、 解 除 が で き な い ・ ↓ 趣 旨 は ? 契 約 の 相 手 方 を 保 護 す る た め ↓ と す れ ば 当 事 者 の 一 方 と は 、 契 約 の 相 手 方 を 意 味 す る ! く 自 ら 履 行 に 着 手 し た 場 合 > A ( 売 主 ) 着 手 な し 引 渡 し 代 金 ↓ と い う わ け で ・ ・ B ( 買 主 ) 手 あ り → 銀 行 か ら 代 金 を 借 り 入 れ て 、 A に 履 行 を 催 促 結 論 理 由 B が A に 手 付 を 交 付 = 解 約 手 付 と 推 定 行 に 着 手 し て い な い 間 は 、 相 手 方 の 信 頼 を 害 す る わ け で は な い 。 解 除 で き な く な る の で あ る 。 履 行 に 着 手 し た 側 が 解 除 す る の で あ れ ば 、 相 手 方 が 履 方 」 と は 、 契 約 の 「 相 手 方 」 を 意 味 す る 。 つ ま り 、 相 手 方 が 履 行 に 着 手 し た 場 合 に 、 解 除 権 の 制 限 は 、 相 手 方 の 信 頼 を 保 護 す る た め の も の で あ る 。 よ っ て 「 当 事 者 の 一 手 付 を 放 棄 し て 解 除 す る こ と が で き る 買 主 B は 、 た と え 自 ら が 履 行 に 着 手 し た 後 で も 、 相 手 方 A が 履 行 に 着 手 す る ま で は 、 2 売 主 の 担 保 責 任 売 買 契 約 に お い て 、 瑕 疵 の あ る 物 を 給 付 し た 売 主 は 、 た と え 自 ら に 帰 責 性 が な く て も 責 任 を 負 わ な け れ ば な ら な い 。 こ れ を 「 担 保 責 任 」 と い う 。 こ れ は 売 主 の 無 過 失 責 任 で あ る 。 た だ 、 売 主 が 負 う 責 任 が 無 限 に 広 が る の は よ く な い の で 、 民 法 は 担 保 責 任 の 種 類 を 限 定 し た 。 ま た 、 任 意 規 定 と す る こ と で 、 特 約 で 排 除 す る こ と が で き る よ う に し た 。 も っ と も 、 こ の 場 合 ( 特 約 で 排 除 し て い る 場 合 ) で も 、 売 主 が 瑕 疵 を 知 っ て い て 告 げ な か っ た 場 合 に は 、 担 保 責 任 を 負 わ な け れ ば な ら な い ( 572 条 ) 。 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー 9 / 2 硼 6

不動産法律セミナー 2016年9月号


該 代 理 人 C 及 び D は 、 ど の よ う な 行 為 を す る こ と が で き る か 。 40 字 程 度 で 記 述 し な さ い 。 全 体 で 、 50 字 以 上 あ り ま す ね 。 も う こ れ 以 上 は 、 内 容 に 影 響 し て き ま す ね 。 無 理 が あ る こ と を 承 知 の 上 で 、 「 拒 否 処 分 に は 、 」 、 「 拒 否 処 分 の 通 知 書 は 、 」 を 削 り ま し よ う 。 ま た 、 「 処 分 の 原 因 た る 事 実 関 係 を 具 体 的 に 記 載 す る こ と を 要 す る か ら 」 を 「 処 分 の 原 因 た る 事 実 関 係 が 具 体 的 に 記 載 さ れ ず 」 と 直 し ま し ょ 以 上 の 推 敲 作 業 に よ り 、 次 の 解 答 例 の と お り に な り ま す 。 解 答 例 処 分 の 原 因 た る 事 実 関 係 が 具 体 的 に 記 載 さ れ ず 、 理 由 付 記 の 要 件 を 欠 く 違 法 が あ る と の 理 由 に よ る 。 ( 45 字 ) ※ 下 線 部 分 が キ ー ワ ー ド で す 。 ( 4 ) 本 問 の 配 点 基 準 本 問 で は 、 ① 「 処 分 の 原 因 た る 事 実 関 係 が 具 体 的 に 記 載 さ れ ず 」 、 ② 「 理 由 付 記 の 要 件 を 欠 く 」 、 ③ 「 違 法 が あ る 」 の 三 つ が キ ー ワ ー ド に な り ま す 。 こ の キ ー ワ ー ド の う ち 、 ① 及 び ② に 各 8 点 、 ③ に 4 点 で 、 合 計 20 点 と い う と こ ろ で し よ う か 。 2 行 政 手 続 法 次 に 、 行 政 手 続 法 の 問 題 を 解 い て み ま し よ う 。 問 題 A 県 公 安 委 員 会 は 、 A 県 内 に お い て パ チ ン コ 店 の 営 業 を し て い た B が 当 該 営 業 に 関 し 法 令 の 規 定 に 違 反 し 、 著 し く 善 良 の 風 俗 を 害 す る お そ れ が あ る と 認 め た こ と か ら 、 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 す る 法 律 第 26 条 第 1 項 に 基 づ き 、 B に 対 す る パ チ ン コ 店 の 営 業 の 午 可 を 取 り 消 す 処 分 を す る こ と と し た 。 こ の 場 合 に 、 A 県 公 安 委 員 会 は 、 当 該 営 業 許 可 取 消 処 分 に 関 し 、 B に 対 し 、 聴 聞 の 通 知 を し た 。 こ れ に 対 し 、 B は 、 C 及 び D を 代 理 人 に 選 任 し た 。 こ の 場 合 に 、 当 9 / 20 ノ 6 行 政 ( 1 ) 形 式 の 検 討 ど の よ う な 形 式 の 解 答 が 要 求 さ れ て い る か 士 を 考 え ま し よ う 。 問 題 文 は 、 「 当 該 代 理 人 C 及 び D は 、 ど の よ う な 行 為 を す る こ と が で き る か 」 と 問 う て い ま す 。 し た が っ て 、 解 答 は 、 「 代 理 人 c 及 び D は 、 の の 行 為 を す る こ と が で き る 。 」 と し な け れ ば な り ま せ ん 。 ( 2 ) 内 容 の 検 討 ど の よ う な 内 容 に す る か 。 図 を 書 き な が ら 、 検 討 し て み ま し よ う 。 図 2 A 県 公 安 委 員 会 聴 聞 手 続 に 関 与 す る 者 は 、 ① 聴 聞 の 通 知 を 受 け た 者 ( 聴 聞 の 通 知 が 到 達 し た も の と み な さ れ る 者 を 含 み ま す 。 以 下 「 当 事 者 」 と 言 い ま す 。 ) 、 ② 聴 聞 を 主 宰 す る 者 、 ③ 不 利 益 処 分 を し よ う と す る 行 政 庁 及 び そ の 職 員 で す が 、 行 政 手 続 法 は 、 こ の 他 に 代 理 人 等 に 関 す る 規 定 を 置 い て い ま す 。 す な わ ち 、 当 事 者 は 、 代 理 人 を 選 任 す る こ と が で き ま す ( 行 政 手 続 法 16 条 1 項 ) 。 こ の 代 理 人 が 選 任 さ れ る と 、 代 理 人 は 、 各 自 、 当 事 者 の た め に 、 聴 聞 に 関 す る 一 切 の 行 為 を す る こ と が で き ま す ( 行 政 手 続 法 16 条 2 項 ) 。 以 上 の 知 識 を も と に 、 適 切 な 語 句 を 書 き 出 し ま し よ う 。 「 各 自 、 当 事 者 の た め に 、 聴 聞 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー 取 可 分 許 処 ① 代 理 人 代 理 人 一 三 ロ

不動産法律セミナー 2016年9月号


特 集 ① た と え 判 断 力 の 乏 し い 未 成 年 者 等 を 代 理 人 と し て 選 任 し 、 不 利 な 契 約 が 結 ば れ て も 、 そ の よ う な 者 を 代 理 人 に し た 本 人 の 責 任 と い う こ と に な る わ け で 、 本 人 は 後 か ら 代 理 人 が 制 限 行 為 能 力 者 で あ る こ と を 理 由 に 、 契 約 を 取 り 消 す こ と は で き ま せ ん 。 ・ 代 理 権 の 消 減 事 由 法 定 代 理 任 意 代 理 死 亡 ・ 破 産 手 続 開 始 本 人 死 亡 死 亡 ・ 後 見 開 始 ・ 破 産 手 続 開 始 死 亡 ・ 後 見 開 始 ・ 破 産 手 続 開 始 代 理 人 こ こ で は 、 法 定 代 理 の 場 合 は 、 そ の 本 人 が 破 産 し て も 代 理 権 は 消 滅 し な い こ と に 注 意 し て く だ さ い 。 圄 不 動 産 物 権 変 動 不 動 産 物 権 変 動 の 基 本 及 び そ の 対 抗 要 件 を 再 度 チ ェ ッ ク し て お き ま し よ う 。 ・ 物 権 と 債 権 物 権 物 を 支 配 す る 権 利 の こ と で す 。 そ の 代 表 は 所 有 権 で あ り 、 そ の 他 に は 地 上 権 、 抵 当 権 、 地 役 権 等 が あ り ま す 。 売 買 契 約 で 所 有 権 を 移 転 し 、 あ る い は 抵 当 権 を 設 定 し た り す る こ と か 物 権 の 変 動 で す 。 物 権 の 種 類 は 民 法 で 定 め ら れ て お り ( 物 権 法 定 主 義 ) 、 当 事 者 間 で 勝 手 に 新 し く っ く っ た り す る こ と は で き ま せ ん 。 他 人 に 何 か を 請 求 す る 権 利 の こ と で す 。 例 え ば 不 動 産 が 売 買 さ れ れ ば 、 売 主 は そ の 売 買 代 金 を 買 主 に 請 求 す る 金 銭 債 権 を 、 ま た 買 主 は 売 主 に 対 し て そ の 売 買 の 目 的 物 で あ る 不 動 産 の 引 渡 し を 求 め る 引 渡 債 権 を 取 得 す る こ と に な り ま す 。 債 権 は 物 権 と 異 な り 、 契 約 の 当 事 者 間 で 自 由 に つ く る こ と が で き ま す 。 ・ 不 動 産 の 物 権 変 動 対 抗 要 件 事 例 債 権 冗 却 10 月 2 日 C 登 記 10 月 1 日 対 抗 関 係 A が 自 己 所 有 地 を 平 成 28 年 10 月 1 日 に B に 売 却 し 、 翌 10 月 2 日 に さ ら に C と 売 買 契 約 を 締 結 し た 。 こ の 場 合 、 二 重 譲 渡 の 相 手 方 で あ る B と C の ど ち ら が 、 こ の 土 地 の 所 有 権 を 主 張 す る こ と が で き る か ? 9 / 20 ノ 6 不 動 産 法 律 セ ミ ナ ー