検索 - みる会図書館

検索対象: 天声人語にみる戦後50年 下

天声人語にみる戦後50年 下から 454件ヒットしました。

天声人語にみる戦後50年 下


ワ イ に し ま せ ん か 」 で あ る 。 高 島 忠 夫 と 寿 美 花 代 夫 妻 の ヨ ー ロ ッ パ 新 婚 旅 行 が 話 題 に な る 時 代 だ っ た 。 ハ ワ イ 旅 行 の 二 人 分 の 費 用 が 当 時 で 八 十 万 円 で あ る 。 初 任 給 二 万 円 の 時 代 で は 、 ち ょ っ と よ ) っ こ 。 ハ ワ イ へ 、 と い , つ わ ナ こ よ 、 し か し 、 六 年 後 の 七 〇 年 の 広 告 は 、 は や く も 「 ウ ィ ー ク エ ン ド に ハ ワ イ へ 飛 ば う 」 「 グ ア ム グ ア ム ・ エ プ リ ボ デ ィ 」 に な る 。 せ き を 切 っ た 水 の よ う に 、 若 者 た ち は 海 外 へ あ ふ れ で た 。 大 量 輸 送 、 経 費 切 り 下 げ で 、 ハ ワ イ や グ ア ム は ぐ っ と 近 く な っ た 。 業 者 は こ れ を 「 旅 行 革 命 」 と 呼 ん 今 年 の ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー ク 中 、 成 田 空 港 か ら は 約 十 二 万 人 が 海 外 に 飛 び 立 つ 。 七 〇 年 に は 約 六 十 六 万 人 だ っ た 海 外 旅 行 者 は 、 い ま は 年 間 三 百 十 万 人 を 超 し て い る と い う 。 「 と も か く 海 外 へ 」 と い う 熱 病 が 日 本 人 を と ら え て い る 。 あ ふ れ で た 人 波 が 異 質 の 文 化 と ぶ つ か り 合 っ て な に か を 吸 収 し て く る の で あ れ ば 、 旅 行 革 命 の 意 味 は 大 き い 。 し か し 、 日 本 人 特 有 の 団 体 行 動 が 相 手 国 に 不 央 感 、 反 感 を ま き 散 ら す だ け 、 と あ っ て は 旅 行 業 者 も そ の 責 任 の 一 半 を お わ ね ば な る ま い 和 お し き せ 旅 行 に 対 す る 反 省 が 広 告 に あ ら わ れ る の は 、 七 二 年 の 「 脱 ・ 団 体 旅 行 , ー ー 自 分 の 旅 が 自 由 に で き る 〈 マ イ プ ラ ン 〉 」 あ た り か ら だ ろ う 。 旅 行 者 の ほ う も 「 と も か く 海 外 へ 」 か ら 「 海 外 旅 行 を ど う 体 験 す る か 」 に 微 妙 に 変 わ っ て 行 く 。 そ し て 「 い い 旅 し よ う 」 「 い い 旅 と は な ん だ ろ う 」 の 呼 び か け が 若 者 の 心 を く す ぐ り 始 め る 。 「 と も か く 海 外 へ 」 の 熱 病 の あ と に く る も の は 、 日 程 の な い 、 自 由 な 旅 へ の あ こ が れ だ ろ う 。 多

天声人語にみる戦後50年 下


1 9 爲 ー 9 一 ( 昭 和 年 ) 6 旅 行 革 命 三 菱 銀 行 北 畠 支 店 事 件 2 三 菱 銀 行 北 畠 支 店 事 件 1 5 ガ リ 版 「 沖 縄 タ ガ ラ ス の う さ ぎ ロ 裂 け 女 の 幻 柏 本 義 円 カ ン ポ イ ム ス 」 観 水 谷 八 重 子 の 深 さ 少 年 の 叙 情 ( 村 上 一 郎 ) 知 床 の 夢 剏 ジ ア 難 民 キ ャ ン プ 千 葉 一 一 区 1 9 一 8 0 ( 昭 和 年 ) チ ト 幼 い 難 民 を 考 え る 会 自 由 人 サ ル ト ル サ ハ ロ フ 流 刑 6 天 下 ト 首 相 職 の 激 務 ( 大 平 正 芳 ) 大 平 内 閣 不 信 任 ー の 死 聞 こ え な い 騒 さ ら ば 有 楽 町 『 カ ス ト リ 時 代 』 の 時 代 八 〇 年 の 流 行 語 音 四 人 組 裁 判 1 9 一 8 1 ( 昭 和 年 ) 日 昇 丸 沈 没 電 通 年 賀 会 市 川 房 枝 の 八 十 年 地 本 主 義 体 制 皿 4 離 婚 社 会 明 援 助 へ の 洞 察 ( 岩 村 昇 ) マ ザ ー ・ テ レ サ Ⅳ

天声人語にみる戦後50年 下


344 鄧 小 平 辞 任 と ベ ル リ ン の 壁 東 に 鄧 小 平 さ ん の 辞 任 あ り 、 西 で は ベ ル リ ン の 壁 に 風 穴 が 開 く 。 時 代 が 変 わ り 、 舞 台 が ま わ っ て い る の を 見 る 気 が す る 。 一 九 六 一 年 に 建 て ら れ た 東 西 分 断 の 壁 。 逮 捕 や 射 殺 の 危 険 を 冒 し 、 ど ん な に 多 く の 人 々 が こ れ を 越 え よ う と し た こ と か 。 民 族 を 引 き 裂 い て い た 壁 に は 、 だ が 、 九 日 夕 、 実 質 的 な 意 味 が な く な っ た 。 東 独 政 府 が 国 外 旅 行 ・ 移 住 を 自 由 化 し た か ら だ 。 そ の 夜 の う ち に 、 何 万 人 も の 東 独 の 市 民 が 西 独 の 土 を 踏 ん だ 。 祝 祭 の 雰 囲 気 だ 。 ソ 連 の 改 革 へ の 動 き は 、 広 く 東 欧 に 及 ん だ 。 つ い に 最 も 強 硬 な 存 在 だ っ た 東 独 を も 揺 り 動 か し 始 め た 。 自 由 を 望 む 人 々 。 変 化 の 速 さ 、 激 し さ は 驚 く ほ ど で あ る 。 「 劇 的 な 状 況 だ 。 ど う い う 展 開 に な る か 見 通 し が っ か ぬ 」 と コ ー ル 西 独 首 相 。 二 つ の ド イ ツ の 関 係 が 今 後 ど う な る か を 、 欧 州 は む ろ ん 世 界 中 が 見 守 っ て い る 。 中 国 で は 、 鄧 小 平 さ ん が 党 中 央 軍 事 委 主 席 を 辞 任 、 江 沢 民 ・ 党 総 書 記 に 譲 っ た 。 軍 を に ぎ る 最 高 の 地 位 だ 。 実 質 的 に 軍 を 掌 握 し て い る 保 守 強 硬 派 の 楊 尚 昆 国 家 主 席 の 力 が 強 ま る の で は な い か 、 と の 見 方 が あ る 。 軍 に 強 い 足 場 の な い 江 氏 を 鄧 さ ん が 後 見 人 の よ う に 守 り 、 現 実 に は 鄧 さ ん の 指 ず は 急 い で 救 援 に で き る だ け の 手 を 打 つ べ き だ が 、 今 後 の た め に 徹 底 的 な 事 態 の 検 証 が 必 要 だ ろ

天声人語にみる戦後50年 下


で 、 彼 ら 過 激 派 が い ろ い ろ や っ て 、 果 た し て 何 人 の 大 衆 が 目 ざ め た か 。 そ れ は わ か ら な い が 、 こ ん な 話 を 聞 い た 。 過 激 派 の 暴 力 活 動 を み て 、 ひ そ か に 快 感 を 覚 え て い る 大 衆 が あ る 。 自 分 は 今 は 動 け な い が 、 身 代 わ り に 何 か や っ て く れ る だ ろ う と い う 期 待 感 を 持 っ て い る 。 そ う い う 階 層 が あ る と い う 。 た と え ば 大 学 紛 争 の と き の 全 共 闘 系 の 活 動 家 で 、 今 は 前 衛 芸 術 か フ リ ー セ ッ ク ス か に 熱 中 し て い る 若 も の た ち 。 あ る い は 当 時 何 回 か デ モ に 参 加 し 、 今 は お と な し く 講 義 を き い た り 会 社 に 勤 め た り し て い る 層 。 こ の 人 た ち の 過 激 派 へ の 期 待 感 を 「 赤 軍 派 幻 想 」 と 呼 ぶ 。 大 学 紛 争 と い え ば 、 火 は み る み る 全 国 に 燃 え ひ ろ が り 、 収 ま る 時 も ま た 嘘 の よ う に 早 か っ た 。 や は り 幻 想 だ っ た の か 。 そ れ と も エ ネ ル ギ ー は 消 え す に 蓄 積 さ れ て い て 、 い っ か 爆 発 す る わ け か 。 十 分 な 説 明 を ま だ 聞 い て い な い 。 平 和 の 島 * 6 ・ 1 き れ い さ つ ば り 、 沖 縄 か ら 米 軍 は 出 て い っ て も ら う 。 核 も 毒 ガ ス も 特 殊 部 隊 も >0< も 、 す べ て 。 も ち ろ ん 自 衛 隊 も 行 か な い 。 そ れ が 、 こ こ で ご 紹 介 す る 沖 縄 ・ 平 和 の 島 構 想 の 前 提 で あ る 。 か で な 米 軍 が 去 っ た あ と の 嘉 手 納 基 地 は 、 極 東 の 空 の 玄 関 に な る 。 超 音 速 旅 客 機 は ま ず 沖 縄 に 着 き 、 あ と は エ ア バ ス で 乗 客 を 東 京 、 ソ ウ ル 、 北 京 、 台 北 、 香 港 へ 運 ぶ 。 ま た 嘉 手 納 国 際 空 港 に は 税 関 を 置 か な い 。 円 、 ド ル 、 。 、 ホ ン ド 、 中 国 の 元 、 ど の 国 の 通 貨 も 沖 縄 全 県 内 で 自 由 に 使 え る こ と に す

天声人語にみる戦後50年 下


宇 宙 特 派 員 * 世 界 で 初 め て の 宇 宙 特 派 員 と な っ た 東 京 放 送 の 秋 山 豊 寛 さ ん 。 「 や つ ば り 青 い で す ね 」 と 伝 え て き た 。 一 周 し な が ら 地 球 を 見 て の 感 想 で あ る 。 ソ 連 の 二 人 の 宇 宙 飛 行 士 と と も に ソ ュ ー ズ Ⅱ 号 宇 宙 船 に 乗 り 、 大 気 圏 の 外 に 行 っ た 。 ー リ ン 少 佐 の 手 記 『 地 球 の 色 は 青 か っ 「 や つ ば り 」 と い う の は 、 初 め て 宇 宙 船 で 旅 を し た ガ ガ た 』 を 思 い 出 し て の 一 一 = ロ 葉 だ ろ う 。 あ の 手 記 は 二 十 九 年 前 の も の で あ る 。 「 青 い 」 こ と は だ れ で も 知 っ て い る 。 だ が 、 秋 山 さ ん の 「 や つ ば り 」 に は 「 百 聞 は 一 見 に し か ず 」 の 実 感 が あ る 。 場 所 を 移 し て 自 分 の 目 で も の を 見 る 、 と い う 体 験 は 大 切 だ 。 だ れ に で も 経 験 が あ る だ ろ う 。 国 こ ま 想 像 内 に せ よ 、 海 外 に せ よ 、 旅 行 す る と 、 も の の 見 方 が 変 わ る 。 肥 え る 。 広 が る 。 旅 行 の 前 し 。 も し な か っ た こ と を 考 え た り す る 。 そ れ が 旅 の 楽 し さ で も あ る 。 宇 宙 か ら 地 球 を 見 た ら 、 い 何 を 感 じ 、 考 え る だ ろ う 。 あ の 小 さ な 星 の 中 で 、 い が み 合 っ た り 、 戦 っ た り 。 人 間 は 愚 か な 存 在 だ 、 と 思 う 人 も 多 い に 違 い な い 。 米 ソ の 飛 行 士 な ど 、 今 ま で に 約 二 百 人 が 宇 宙 へ 行 っ た 。 帰 還 後 、 宗 教 の 仕 事 に つ い た 人 た ち が い る こ と は 、 見 た も の の 深 さ を 想 像 さ せ る 。 環 境 問 題 も 含 め 、 人 々 の 関 心 事 に つ い て 、 視 野 を ひ ろ げ た 秋 山 さ ん の 話 が 聞 き た い 。 話 は 変 わ る 。 ふ だ ん は 見 る の が 厄 介 だ が 、 予 約 な し で 見 ら れ る 、 と い う の で 、 下 界 で は 大 勢 の

天声人語にみる戦後50年 下


博 士 は 説 く 。 ソ 連 社 会 の い ち ば ん 大 き な 欠 点 は 「 自 由 の な い こ と だ 」 と い っ て は ば か ら な い 。 反 対 意 見 を 暴 力 で 封 じ 、 少 数 意 見 を や じ り 倒 す よ う な 集 会 に は 、 討 論 の 自 由 は な い 。 公 民 権 運 動 を 主 張 す る 黒 人 指 導 者 を 暗 殺 し て そ の ロ を 封 ず る 時 、 そ こ に も 言 論 の 自 由 は な い 。 官 僚 が 情 報 を 独 占 す る 社 会 で は 情 報 入 手 の 自 由 は 奪 わ れ て い る し 、 大 勢 に 順 応 し て 異 論 を ひ か え る 風 潮 、 商 業 主 義 に 支 配 さ れ る 風 潮 の 中 で は 、 知 的 自 由 は 育 た な い 。 博 士 の い う 「 三 つ の 自 由 」 は む ろ ん 、 ソ 連 だ け の 問 題 で は な い 。 * っ 乙 ・ 4 ・ 幼 い 難 民 を 考 え る 会 「 あ る 時 期 を す ぎ れ ば ジ ャ ー ナ リ ズ ム は カ ン ポ ジ ア 難 民 の こ と を 伝 え な く な る で し よ う 。 人 び と も い っ か 忘 れ 去 る で し よ う 。 し か し そ う い う 時 こ そ 、 こ こ で 救 援 活 動 を 続 け る ね ば り 強 さ が 大 切 な の で は な い で し よ う か 」 。 難 民 キ ャ ン プ で 働 く イ ギ リ ス の 看 護 婦 さ ん に そ う い わ れ た こ と が あ 年 る 。 自 戒 の こ と ば と し て 、 そ れ を き い た 。 和 昨 秋 以 来 、 多 く の 日 本 人 が 救 援 活 動 を 志 し て 現 地 へ 行 っ こ 。 オ こ と ば の 壁 に ぶ つ か っ て 悩 む 人 も い た し 、 な に を し て い い か わ か ら す 途 方 に 暮 れ る 人 も い た と い う 。 無 名 の 人 び と の 地 道 な 活 動 は 年 尊 い 。 し か し 援 助 に の り だ し た 以 上 、 そ れ は 効 果 的 で 組 織 的 で 息 の 長 い も の で あ っ て も ら い た い 。 こ の ほ ど 国 連 の 難 民 高 等 弁 務 官 事 務 所 か ら 日 本 の 保 母 さ ん た ち の 組 織 「 幼 い 難 民 を 考 え る 会 」 に 難 民 の 子 の た め の 保 育 園 活 動 を ま か せ る 、 と い う 連 絡 が 入 っ た 。 す ば ら し い 知 ら せ だ と 思 う 。

天声人語にみる戦後50年 下


172 サ ハ ロ フ 流 刑 ひ ぼ う 私 は 祖 国 が 好 き だ 。 祖 国 の 風 物 、 祖 国 の 文 化 、 そ こ に 生 き る 人 び と を 愛 す る 。 だ か ら 誹 謗 い い な が ら も 、 サ ハ ロ フ 博 士 は ソ 連 の 現 体 制 を 批 判 し 続 者 の 役 割 を 負 う の は 気 が 進 ま な い 。 そ う 裏 切 り 者 、 反 逆 者 、 帝 国 主 義 の 手 先 、 そ う い っ た 非 難 の 中 で 、 博 士 は た ぶ ん 、 良 心 か ら 激 し く ほ と ば し る も の を 大 切 に 守 り 続 け た の だ ろ う 。 ソ 連 史 上 最 年 少 で 科 学 ア カ デ ミ ー 会 員 に 選 ば れ 、 「 ソ 連 水 爆 の 父 」 と 呼 ば れ た サ ハ ロ フ 氏 は 、 若 く し て 「 超 特 権 階 級 」 の 一 員 だ っ た 。 そ の 博 士 が な ぜ 、 栄 誉 や 高 給 や 快 適 な 生 活 を 捨 て て 、 反 体 制 運 動 に の り だ し た の か 。 い ち ば ん 強 烈 な 動 機 は 、 自 由 へ の 希 求 だ っ た の で は な い か 。 今 回 の サ ハ ロ フ 氏 流 刑 は 、 人 間 の 生 存 に と っ て 自 由 と は 何 か 、 と い う 古 く て 新 し い 宿 題 を 私 た ち に 残 し た 。 世 界 史 と は 、 自 由 の 意 識 の 進 歩 以 外 の な に も の で も な い 、 と い っ た 哲 学 者 が い た が 、 サ ハ ロ フ 氏 は ま さ に こ の 「 自 由 の 意 識 の 進 歩 」 の た め 、 闘 い の 先 頭 に 立 っ て い る の だ 、 と い う 気 が す る 。 ソ 連 国 内 で は 公 表 さ れ な か っ た 名 著 『 進 歩 ・ 平 和 共 存 お よ び 知 的 自 由 』 の 中 で 、 博 士 は 「 三 つ の 思 想 の 自 由 」 に つ い て 書 い て い る 。 第 一 は 情 報 の 入 手 と 普 及 の 自 由 で あ り 、 第 二 は 先 入 観 に と ら わ れ ぬ 、 だ い た ん な 討 論 の 自 由 だ 。 第 三 は 、 権 威 と 偏 見 か ら の 自 由 で あ る 。 反 体 制 的 言 論 を 封 す る ソ 連 の 国 内 法 や 官 僚 寡 頭 政 治 が い か に 知 的 自 由 の 実 現 を 妨 げ て い る か を 、 し ゃ

天声人語にみる戦後50年 下


418 人 々 に 政 治 家 が 正 面 き っ て 開 放 の 必 要 を 説 き 、 苦 い こ と も 言 い 、 納 得 を 得 る と い う 努 力 は な さ れ な か っ た 。 本 社 の 世 論 調 査 に 対 し て 、 六 五 バ ー セ ン ト の 人 々 が 自 由 化 に 賛 成 だ と 答 え て い た 時 期 で あ る 。 各 党 か ら 自 由 化 に 傾 い た 発 言 が あ る と 、 国 会 決 議 や 党 議 決 定 を 持 ち 出 し て こ れ を 戒 め た 。 多 く の 人 は 、 ま た 外 圧 に 押 し 切 ら れ る ま で 抵 抗 の 姿 勢 を 続 け る の か 、 と 考 え た 。 前 例 が あ る か ら だ 。 五 年 余 り 前 の 牛 肉 ・ オ レ ン ジ 問 題 は 、 そ の 好 例 だ っ た 。 ・ : み ん な 日 本 代 表 団 が 交 渉 で 訪 米 す る 時 、 壮 行 会 で 自 民 党 幹 部 が 「 安 心 し て 死 ん で 来 な さ い : の 入 る 棺 桶 は 帰 っ て く る ま で 用 意 し て お く 」 と あ い さ っ し て 人 を 驚 か し た 。 玉 砕 精 神 で あ る 。 結 局 「 三 年 後 に 自 由 化 」 と き ま っ た が 、 そ の 時 の だ れ か が 死 ん だ と は 聞 か な い 。 バ ナ ナ も グ レ ー プ フ ル ー ツ も 自 由 化 を 迫 ら れ た が 、 品 種 改 良 や 高 度 化 で 農 家 は 競 争 力 を 高 め て き た 。 米 の 問 題 で も 、 早 く か ら 政 治 家 は 農 家 に 同 様 の 努 力 を 促 す べ き だ っ た 。 自 発 的 な 変 革 が 大 切 な の で あ り 、 今 回 、 ま た 外 圧 に よ る と い う 印 象 が 残 る の は 不 幸 で あ る 。 細 川 首 相 に 提 案 し た い 。 人 々 の 代 議 員 に 国 会 で 答 弁 す る の が 筋 で は あ る が 、 米 問 題 の 判 断 や 今 後 の 方 針 な ど に つ い て 、 農 家 を 含 む 全 国 の 人 々 に 直 接 語 り か け 、 詳 し く 説 明 す る 機 会 を つ く っ て ・ は 」 , つ 、 カ 田 中 角 栄 一 兀 首 相 死 去 か ん お け

天声人語にみる戦後50年 下


314 「 人 間 」 に 分 け 入 る 木 下 順 二 さ ん が 宇 野 重 吉 さ ん を 最 後 に 見 舞 っ た 時 、 す で に の ど の 切 開 手 術 で 声 が だ せ な い 状 態 だ っ た と い う 。 宇 野 さ ん は 「 見 か け ほ ど 大 変 じ ゃ な い ん だ よ 」 と い う 意 味 の こ と を 紙 に 書 い て 笑 っ た 。 「 笑 っ た 、 と 思 え る 顔 だ っ た 」 と 木 下 さ ん は い っ て い る 。 晩 年 の 宇 野 さ ん は 一 座 を つ く り 、 の ば り を 立 て て 旅 興 行 を し た 。 本 当 に 芝 居 を 楽 し む 心 を も っ 芝 居 を 見 た い た 人 た ち が 、 カ キ モ チ な ど を 持 っ て 見 物 に 来 た 。 舞 台 に は お ひ ね り が 飛 ん だ 。 い い と 熱 望 す る 人 た ち が 、 ど の 土 地 で も 応 援 し て く れ た 。 吹 雪 の 日 も 、 会 場 は 満 員 だ っ た 。 子 ど も た ち の は じ け る 笑 い が あ っ た 。 せ り ふ や 演 技 を き め こ ま か く 、 大 事 に つ く り あ げ て ゆ く 芝 居 を む し ろ 敬 遠 す る 風 潮 が 大 都 会 に は あ る 。 だ か ら こ そ 大 都 会 を 離 れ て 、 し た た か な 生 活 者 に 自 分 た ち の 芝 居 を じ っ く り と 見 て も ら う の だ 、 と い う 思 い が あ っ た の だ ろ う 。 「 分 け 入 っ て も 分 け 入 っ て も 青 い 山 」 と い う 山 頭 火 の 句 を 愛 す る 宇 野 重 吉 は 、 山 の 奥 や 海 辺 の 町 に 分 け 入 っ た 。 旅 興 行 の な か ば で 倒 れ 、 肺 が ん の 手 術 を 受 け た 後 に 復 帰 し た 。 手 術 後 の 舞 台 で は 、 観 客 の 層 が ひ ろ が っ た 。 沖 縄 の 二 十 代 の 女 性 が 、 舞 台 を 見 た 後 で こ う い っ た 。 「 舞 台 に 命 を か け て い る 人 の 生 き 方 を 見 て 来 い と 琉 球 舞 踊 の 先 生 に い わ れ ま し た 。 す ば ら し か っ た 」 。 た だ 長 生 き す る と い う の で は な く 、 今 を ど う 生 き る か と い う 生 命 力 、 自 分 の そ の 生 命 力 を 信 じ

天声人語にみる戦後50年 下


録 音 の 目 的 は 、 ニ ク ソ ン 氏 が 歴 史 に 残 る 偉 大 な 大 統 領 で あ る こ と を 証 明 す る た め だ そ う だ 。 だ か ら 、 録 音 さ れ て い る こ と を 主 人 は 知 っ て い る が 、 客 人 は 知 ら な か っ た 。 「 偉 大 な 大 統 領 」 は 、 自 分 だ け が 知 っ て い る テ ー プ に 向 か っ て 語 り つ づ け て き た わ け で あ る 。 田 中 首 相 の す わ る ソ フ ァ に も 、 マ イ ク が 隠 さ れ て い る に ち が い な い か ら 、 お 得 意 の 早 ロ も 「 歴 史 に 残 る 」 こ と を 念 頭 に お き 、 慎 重 に 願 い た し 秘 密 録 音 が 暴 露 さ れ て 一 向 驚 か な か っ た の は ソ 連 だ 、 と い う 説 が あ る 。 モ ス ク ワ 駐 在 の 外 交 官 の 間 に 、 家 の 水 道 が こ わ れ た ら 自 国 の 大 使 館 に そ の こ と を 電 話 す る の が 一 番 だ 、 と い う 小 話 が あ る 。 盗 聴 し た 当 局 が 、 た だ ち に 水 道 局 に 連 絡 す る か ら だ 、 と い う の が オ チ 。 し か し 最 新 の 録 音 機 も 、 シ ャ ワ ー の 音 だ け は 泣 き ど こ ろ だ と い う か ら 、 田 中 首 相 が 裸 で 話 し 合 い た い と き は 、 や は り 大 統 領 と ホ ワ イ ト ハ ウ ス の シ ャ ワ ー ル ー ム に 行 っ た 方 が よ い 金 大 中 氏 誘 拐 金 大 中 氏 の 誘 拐 事 件 に 、 怒 り を 覚 え る の は 筆 者 だ け だ ろ う か 。 だ が そ の 怒 り を 、 い ま 、 ど こ に 向 け る べ き か を 知 ら な い 。 捜 査 当 局 に よ る 真 相 究 明 を 待 つ ば か り だ 。 わ れ わ れ は 、 数 多 く の 欠 点 に も か か わ ら す 、 わ が 国 が 人 間 の 自 由 と 権 利 を 保 障 し て い る こ と を 誇 り に 巴 っ て い る 。 自 由 に 物 が い え る こ と で は 、 世 界 で も 数 少 な い 方 で は な い か と 自 負 す る と こ ろ が あ る 。 ま た 自 由 の た め に 闘 う 外 国 人 に 対 し て も 、 日 本 に 滞 在 す る 限 り は 、 で き る だ け 保 護 す * 8 ・