検索 - みる会図書館

検索対象: 悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門から 258件ヒットしました。

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


第 三 章 自 由 の 章

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


182 ブ ッ ダ も も ち ろ ん 身 ロ 意 の 三 業 を 否 定 し て は お ら ず 、 「 悪 し き こ と を な さ ず に 、 善 き こ と を な せ 」 と 説 い て い ま す 。 身 ロ 意 の 業 に つ い て の 善 悪 の 詳 し い 分 類 は 「 十 善 業 」 「 十 悪 業 」 の 教 え に 説 か れ て あ る と お り で す ね 。 赤 子 を 洗 っ た 盥 の 水 と 一 緒 に 赤 子 ま で 流 し て し ま う 愚 を 犯 し て は な り ま せ ん 。 し つ か り と 気 づ き を 持 っ て 、 よ り 適 切 な 行 動 を 選 択 し 、 自 他 の 抜 苦 与 楽 の た め に 有 効 に 役 立 て て い く 術 を 私 た ち 一 人 ひ と り が 身 に つ け て い く こ と が 必 要 で し よ う 。 魚 川 そ う で す ね 。 た だ 、 そ の よ う に 主 張 す る こ と が 、 コ ン フ リ ク ト の 種 に も な る こ と は 当 然 あ り 得 ま す 。 こ れ は 批 判 で は な く て 、 「 そ う な る の は 当 然 だ 」 と い う 事 実 の 理 解 の 話 な の で す が 、 実 際 に 修 行 を 積 ま れ て 「 無 我 性 を 直 観 」 し 、 自 由 な 境 地 を 生 き て お ら れ る 高 僧 の 方 々 と い と い う か 、 自 由 過 ぎ て 凡 夫 の 想 定 に は な か う の は 、 世 間 的 な 目 か ら 見 る と 「 空 気 を 読 ま な い 」 な か 収 ま ら な い よ う な と こ ろ が お あ り に な る こ と が 多 い よ う に 思 い ま す 例 え ば 、 こ れ は 『 自 由 へ の 旅 』 に 出 て い た 例 で す が 、 ウ ・ ジ ョ ー テ ィ カ 師 の 先 生 の 一 人 が 、 と て も 素 晴 ら し い 方 で 、 人 格 的 に も 親 切 で 心 地 よ く 他 人 に 接 す る 方 だ っ た そ う で す 。 た だ 、 あ る 時 に そ の 先 生 が ア メ リ カ に 行 く こ と に な り ま し て 、 飛 行 機 も 予 約 し て チ ケ ッ ト も 取 っ た の に 、 ま だ パ ス ポ ー ト が 発 行 さ れ な か っ た ん で す ね 。 そ れ で 、 「 一 週 間 後 に 出 発 な の に 、 パ ス ポ ー ト が ま だ な の で す 」 と 周 囲 の 人 々 が 申 し 上 げ た ら 、 先 生 は こ ご オ カ 一 一 一 口 、 「 心 配 す る な 」 と お っ し ゃ

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


は 、 特 定 の 宗 派 的 な 立 場 を 持 た な い 人 が 仏 教 の 実 践 に 関 わ ろ う と す る 際 に 、 意 識 さ れ て お い て よ い こ と で す 。 自 分 が 仏 教 の 実 践 に 何 を 求 め て い る の か と い う 、 そ の 「 目 的 地 」 を 明 確 に し て 、 そ こ に 至 る た め の 適 切 な 方 法 を 教 え て く れ る 場 所 や 先 生 を 選 ぶ こ と が 、 実 践 的 に 仏 教 に 関 わ る た め の 第 一 歩 な の で す が 、 多 様 な 選 択 肢 が あ る こ と を 知 ら な け れ ば 、 そ も そ も 選 ぶ 動 機 が は た ら き ま せ ん か ら 。 プ ラ ユ キ い ま は 本 当 に 、 世 界 は も ち ろ ん 、 日 本 に も 多 く の 瞑 想 教 室 が あ る し 、 そ こ で 教 え ら れ て い る メ ソ ッ ド も 種 々 さ ま ざ ま だ か ら 、 「 目 的 地 」 も 多 様 に な る 。 宗 派 的 な 立 場 を 離 れ て 仏 教 を 実 践 す る 場 合 に は 、 そ こ を ま ず 理 解 し て お か な け れ ば な ら な い 、 し 」 い , フ 一 」 し 」 , ね 魚 日 よ 、 。 ( し 私 は ミ ャ ン マ ー の 著 名 な 僧 侶 ・ 瞑 想 指 導 者 で あ る ウ ・ ジ ョ ー テ ィ カ 師 の 『 自 由 へ の 旅 』 と い う ウ イ バ ッ サ ナ ー 瞑 想 の 解 説 書 を 翻 訳 し て い て ( 新 潮 社 よ り 二 〇 一 六 年 十 一 月 刊 行 ) 、 た い へ ん な 名 著 な ん で す が 、 こ れ の 原 題 が ま AMap 0 コ heJourne な ん で す ね 。 直 訳 す れ ば 『 旅 の 地 図 』 で す が 、 瞑 想 実 践 を す る 際 に は 、 こ れ が 本 当 に 大 切 で す 。 あ る 特 定 の 先 生 の 指 導 に よ っ て 、 あ る 特 定 の 瞑 想 法 を 実 践 す る こ と が 、 自 分 を ど こ へ 連 れ て 行 く の か 。 仏 教 の 瞑 想 は 全 て 章 「 同 じ 一 つ の 目 的 」 を 目 指 し て い る の だ と ナ イ ー ヴ に 考 え て し ま う と 、 気 が つ い た ら 自 分 が 望 第 ん で い た 目 的 地 と は 、 全 く 異 な る 場 所 に 辿 り 着 い て い る か も し れ な い 。 プ ラ ユ キ ニ ュ ー ヨ ー ク に 行 き た か っ た の に 、 気 が つ い た ら 上 海 に い る よ う な こ と も 起 こ り 得

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


175 第 三 章 自 由 の 章 「 心 か ら の 自 由 」 を 提 唱 す る の が 、 仏 教 だ と も 言 え る か も し れ ま せ ん 。 魚 川 「 心 か ら の 自 由 」 と い う の は 、 「 、 い 底 か ら 自 由 を 感 じ る 」 と い う こ と で は な く て 、 "liberationfromyourmind ・ ・ 、 つ ま り 「 自 分 の 心 ( だ と 思 っ て い る も の ) か ら の 自 由 」 と い う こ と で す よ ね プ ラ ユ キ そ う い う こ と で す 。 「 心 が 指 示 す る と お り に 行 動 す る こ と は 、 実 は 自 由 で は な い 」 一 内 的 な 思 考 パ タ ー ン 、 感 情 や 記 憶 、 心 の ク セ 等 に 支 配 さ れ て い な い こ と ( Ⅱ 「 無 執 着 」 ) が 重 要 。 二 自 分 の 意 ( 思 い 心 ) の ま ま に 振 る 舞 う こ と は 、 必 す し も 「 自 由 」 で あ る と み な さ れ て 三 「 わ が ま ま 、 勝 手 気 ま ま 」 で あ る こ と は 、 煩 悩 ( 我 ) に 支 配 さ れ て い る 「 放 逸 」 状 態 で あ る と み な す 。 こ の 仏 教 的 な 自 由 の 理 解 が 、 一 般 的 な そ れ と 最 も 大 き く 異 な る の は 、 や は り 「 自 分 の 意 の ま ま に 振 る 舞 う こ と は 、 必 ず し も 自 由 と は み な さ れ な い 」 と い う と こ ろ で し よ う 。 仏 教 的 な 考 え 方 で は 、 己 を 拘 束 す る も の は 外 側 だ け で は な く て 、 実 は 内 側 に も 存 在 し て い る と い う こ と で す 。 ほ う い っ

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


248 例 え ば 、 第 一 章 で 「 ミ ャ ン マ ー の ハ ー ド コ ア な 瞑 想 セ ン タ ー で は 、 瞑 想 者 の 思 い の 内 容 を 聴 か な い 」 と い う 話 を い た し ま し た け れ ど も 、 ミ ャ ン マ ー 人 で あ る ウ ・ ジ ョ ー テ ィ カ 師 は 、 『 自 由 へ の 旅 』 か ら わ か る よ う に ハ ー ド コ ア な 瞑 想 も 徹 底 的 に 実 践 さ れ た 方 で す が 、 同 時 に 「 よ い ダ ン マ ( 仏 法 ) の 教 師 は 、 よ い カ ウ ン セ ラ ー で も あ る 」 と も 一 言 わ れ て い ま す 。 ミ ャ ン マ ー に も 、 そ う い う 形 で 智 慧 と 慈 悲 の 関 係 を 捉 え て い る 先 生 方 は 、 も ち ろ ん い ら っ し や る と い う こ と で す 。 ー ト が あ り ま す が プ ラ ユ キ 私 た ち 僧 侶 が 毎 朝 あ げ る 経 の 冒 頭 に ブ ッ ダ の 十 の 徳 を 確 認 す る パ み よ ・ つ ッ ご よ - つ ぐ そ く じ ・ よ - つ 「 」 じ よ ・ つ そ の 中 に は 「 明 行 具 足 」 、 す な わ ち 智 慧 と 善 性 の 両 方 を 備 え て い る と い う こ と の 他 に 、 「 調 御 丈 夫 」 や 「 天 人 師 」 、 心 を 整 え る カ ウ ン セ ラ ー 的 資 質 を 備 え 、 か つ 人 間 の み な ら ず 天 人 に も 教 え を 説 け る 教 師 的 な 資 質 を 持 ち 合 わ せ て い る と あ る 。 ブ ッ ダ っ て ど ん だ ( ご ナ ト ー タ ル な 才 能 を 持 っ て い る ん だ と 思 わ さ れ ま す ね 。 何 は と も あ れ 、 物 語 の 多 様 に 自 在 に 応 ず る の が 慈 悲 の 本 質 な ん だ か ら 、 そ の 現 れ 方 に 多 様 性 が あ る の は 当 然 だ よ ね 。 そ し て も ち ろ ん 智 慧 の ほ う も 、 「 軸 」 が 一 度 で き た か ら と い っ て 、 そ れ で 探 究 が 終 わ る わ け で は 全 く な い 。 瞑 想 す れ ば す る ほ ど 、 智 慧 も ど ん ど ん 深 ま っ て い く し 、 悩 み 苦 し む 人 た ち に 関 わ っ て い く 過 程 で ダ イ ナ ミ ッ ク な 智 慧 も よ り 発 展 し て い そ れ が 「 悟 り 」 な の か ど う な の か 、 ど こ ま で が 悟 り で ど こ ま で が 悟 り で は な い の か と い っ た こ と に 関 し て は 、 私 自 身 は 、 も う あ ま り 関 心 を 持 っ て い ま せ ん 。 そ う い っ た も の よ り も 、 「 い ま ・ こ の 瞬

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


著 者 略 歴 フ ラ ユ キ ・ ナ ラ テ ポ ー 一 九 六 一 一 年 、 埼 玉 県 生 ま れ 。 タ イ ・ ス カ ト ー 寺 副 住 職 。 上 智 大 学 卒 業 後 、 タ イ の チ ュ ラ ロ ン コ ン 大 学 大 学 院 に 留 学 し 、 農 村 開 発 に お け る タ イ 僧 侶 の 役 割 を 研 究 。 八 八 年 、 瞑 想 指 導 者 と し て 有 名 な ル ア ン ポ ー ・ カ ム キ ア ン 師 の 下 で 出 家 。 以 後 、 開 発 僧 、 瞑 想 指 導 者 と し て 活 動 。 著 書 に 「 「 気 づ き の 瞑 想 」 を 生 き る 」 ( 佼 成 出 版 社 ) 、 「 苦 し ま な く て 、 い い ん だ よ 。 ズ 電 子 書 籍 版 Evolving / オ ン デ マ ン ド 版 研 究 所 ) 、 「 脳 と 瞑 想 」 〈 篠 浦 伸 禎 氏 と の 共 著 〉 、 「 自 由 に 生 き る 」 ( と も に サ ン ガ ) 、 在 事 に 効 く ! 仏 教 マ ネ ジ メ ン ト 」 ( 電 子 書 籍 E く olvi コ g ) 等 が あ る 。 魚 川 祐 司 う お か わ ゆ う じ 一 九 七 九 年 、 千 葉 県 生 ま れ 。 著 述 ・ 翻 訳 家 。 東 京 大 学 文 学 部 思 想 文 化 学 科 卒 業 ( 西 洋 哲 学 専 攻 ) 、 同 大 学 院 人 文 社 会 系 研 究 科 博 士 課 程 満 期 退 学 ( イ ン ド 哲 学 ・ 仏 教 学 専 攻 ) 。 一 一 〇 〇 九 年 末 よ り ミ ャ ン マ ー に 渡 航 し 、 テ ー ラ ワ ー ダ 仏 教 の 教 理 と 実 践 を 学 び つ つ 、 仏 教 ・ 価 値 ・ 自 由 等 を テ ー マ と し た 研 究 を 進 め て い る 。 著 書 に 「 仏 教 思 想 の ゼ ロ ポ イ ン ト 」 ( 新 潮 社 ) 、 一 ・ 講 義 ラ イ プ だ か ら 仏 教 は 面 白 い ! 』 ( 講 談 社 + 夜 文 庫 ) 、 翻 訳 書 に 「 ゆ る す = 自 由 へ の 旅 』 ( と も に ウ ・ ジ ョ ー テ ィ カ 著 新 潮 社 ) が あ る 。

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


ん に 言 え そ う に は あ り ま せ ん な ( 笑 ) 魚 川 プ ラ ユ キ 先 生 は 、 そ う し た こ と は 言 わ れ ま せ ん ね 。 『 仏 教 思 想 の ゼ ロ ポ イ ン ト 』 で も 触 れ た こ と で す が 、 テ ー ラ ワ ー ダ と 言 っ て も 一 枚 岩 で は 当 然 な く て 、 そ こ に は 様 々 な 思 想 的 多 様 止 亠 か あ 一 る し 」 い , っ こ し 」 で し ょ , っ ー リ 仏 典 か ら 知 ら れ る ゴ ー タ マ ・ ブ ッ ダ の 仏 教 の 原 理 原 則 と し て は 、 や は り 煩 悩 か ら 離 れ た 出 家 生 活 を 送 る こ と こ そ が 、 最 善 の こ と と し て 推 奨 さ れ て い る よ う に 思 い ま す 。 例 え ば 、 長 者 の 子 で あ っ た ヤ サ と い う 阿 羅 漢 が お り ま す が 、 ゴ ー タ マ ・ ブ ッ ダ は 彼 に つ い て 、 ャ サ の 心 は 煩 悩 か ら 解 脱 し て し ま っ て い る か ら 、 「 か っ て 在 家 で あ っ た 時 の よ う に 、 卑 俗 に 戻 っ て 諸 欲 を 享 受 す る こ と は で き な い 」 と 言 っ て い ま す 。 つ ま り 、 ゴ ー タ マ ・ ブ ッ ダ の 教 え に 本 当 に 忠 実 に 従 っ て 、 煩 悩 を 滅 尽 し た 修 行 完 成 者 で あ る 阿 羅 漢 に な っ た の な ら 、 も う 世 俗 で の 生 活 は 不 可 能 に な る し 、 ま た そ れ で よ い の だ 、 と い う こ と 。 瞑 想 実 践 者 が 在 家 者 で あ っ た 場 合 で も 、 仮 に そ の 人 が 阿 羅 漢 に な っ た 場 合 に は 、 彼 / 彼 女 の そ の 後 の 人 生 の 選 択 肢 は 死 ぬ か 出 家 す る か 以 外 に な い 、 と い う の は 、 テ ー ラ ワ ー ダ の 一 般 的 な 教 理 で も あ り ま す よ ね 。 実 際 、 ウ ・ ジ ョ ー テ ィ カ 師 が 『 自 由 へ の 旅 』 で 書 い て い ま す が 、 瞑 想 の 高 度 な 集 中 の 境 地 に お い て は 、 例 え ば 音 楽 を 音 楽 と し て 楽 し む こ と は で き な く な り ま す 。 プ ラ ユ キ 高 度 な 集 中 状 態 に あ れ ば 、 ま あ そ う な り ま し よ う ね 。

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


に touch 一 ng な も の で は あ り 続 け る 、 と い う こ と で す 魚 川 「 気 づ き も 一 つ の 現 象 で あ る 」 と い う の は 、 『 自 由 へ の 旅 』 で ウ ・ ジ ョ ー テ ィ カ 師 も 強 調 さ れ て い ま し た ね 。 「 こ の 気 づ き さ え も 無 常 ・ 苦 ・ 無 我 で あ る こ と が わ か っ た ら 、 そ こ に 瞑 想 す る 『 私 』 は 存 在 し な い 。 こ れ を 理 解 し た 時 は じ め て 、 瞑 想 者 は 無 我 に 関 す る 本 当 の 洞 察 を 得 る の で す 」 と 、 ウ ・ ジ ョ ー テ ィ カ 師 は 一 一 口 っ て い ま す 。 あ る い は 、 瞑 想 に よ っ て 得 ら れ る 認 知 は 、 「 頭 だ け を 出 し た 状 態 で 、 日 , に 流 さ れ て い く 」 よ う な も の だ と も 言 わ れ て い ま す 。 つ ま り 、 川 の 外 に 出 て 流 れ を 眺 め て い る 状 態 ( Ⅱ プ ロ セ ス か ら 完 全 に de ( ach し た 状 態 ) で は な い け れ ど も 、 瞑 想 を し な い 状 態 だ と 頭 ま で 水 に 浸 か っ て い る の が 、 瞑 想 を す る と 頭 だ け は 出 し て 周 囲 を 見 渡 せ る の で 、 障 害 物 を 避 け た り な ど 、 あ る 程 度 の コ ン ト ロ ー ル は か せ ら れ る 、 と い う こ と で す プ ラ ユ キ わ か り や す い 、 よ い 喩 え だ ね 。 気 づ き で さ え も 、 生 成 消 滅 す る 現 象 の プ ロ セ ス と い 章 う 「 川 」 と 切 り 離 さ れ た も の で は な く て 、 あ く ま で 「 流 れ の 中 」 に あ る も の だ と い う こ と だ よ の 悲 章 ( し た だ 、 こ れ も 「 言 う は 易 く 、 行 う は 難 し 」 の 典 型 例 で 、 先 ほ ど も 申 し 上 げ た と お 第 り 、 仏 教 の 瞑 想 を 実 践 す る 際 に 、 「 我 を 強 化 し よ う 」 と 思 っ て や る 人 は 滅 多 に い な い わ け で す 。 に も か か わ ら ず 、 結 果 と し て は 「 私 ー 対 象 」 構 造 に 巻 き 込 ま れ て 、 む し ろ 瞑 想 に よ っ て そ れ を

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


192 プ ラ ユ キ も ち ろ ん 戒 を 守 る こ と は 善 な る こ と で す か ら 、 そ う 考 え て も い い ん で す よ 。 た だ 、 プ ラ ユ キ ・ チ ャ ー ト で も 自 由 の と こ ろ に 戒 と 美 を 配 し て い ま す け れ ど も 、 私 と し て は 、 戒 を 守 る と い う か 、 む し ろ 戒 に よ っ て 守 ら れ る こ と こ そ が 自 由 に 繋 が る し 、 そ れ が 美 し い 振 る 舞 し ( も な る と い う こ と を 、 強 調 し て お き た い ん で す ね 。 、 ふ せ っ し よ う ふ ち ゅ う と う 基 本 的 に は 「 不 」 を つ け 魚 川 仏 教 の 戒 と い う の は 、 「 不 殺 生 」 「 不 偸 盗 」 「 不 妄 語 」 な ど と 、 て 特 定 の 行 為 を 禁 止 す る 「 禁 戒 」 で あ り 、 何 か を す る こ と を 積 極 的 に 勧 め る 「 勧 戒 」 で は あ り ま せ ん 。 で す か ら 、 一 般 的 に は 戒 と い う の は 行 為 を 制 限 す る も の と 捉 え ら れ る と 思 う の で す が 、 そ れ が 自 由 に 繋 が る の は ど う し て で し よ う ? プ ラ ユ キ 心 を 支 配 し よ う と す る 煩 悩 の 衝 動 か ら 、 私 た ち を 守 っ て く れ る か ら で す 。 『 仏 教 思 想 の ゼ ロ ポ イ ン ト 』 で カ ン ト に 一 言 及 し て い た け れ ど も 、 そ こ で も 一 言 わ れ て い た と お り 、 私 た ち は 放 っ て お い た ら 自 然 の 傾 向 性 に 従 っ て 、 欲 望 ( 煩 悩 ) の 命 ず る ま ま に 衝 動 的 に 振 る 舞 っ て し そ れ を 「 自 由 」 だ と 考 え て し ま う 。 で も 、 カ ン ト は 人 間 が そ の 傾 向 性 に 逆 ら っ て 、 道 徳 日 寸 る こ し 」 に 法 則 に 従 い 彳 、 実 践 的 な 自 由 の 可 能 性 を 見 て い た よ ね 。 先 ほ ど も 話 し た よ う に 、 一 般 的 ・ 世 間 的 な 意 味 で の 「 自 由 」 と い う の は 、 単 に 「 意 の ま ま に 振 る 舞 う 」 こ と だ と 考 え ら れ が ち な ん だ け ど 、 仏 教 的 な 観 点 か ら す れ ば 、 そ れ は 縁 に よ っ て 生 じ た 煩 悩 に 隷 属 し て し ま っ て い る こ と に も な る 。 戒 を 守 り 、 無 軌 道 で 終 わ り の な い 欲 求 充 足 の

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


174 こ の う ち 、 最 初 の 「 外 的 な 束 縛 、 拘 束 、 妨 害 、 支 配 が な い 」 と い う こ と 、 つ ま り 「 外 的 な 自 由 」 は 、 も ち ろ ん と て も 大 切 で す 。 例 え ば 奴 隷 制 度 な ど が な い こ と 、 他 者 か ら の 監 禁 な ど を 受 け な い こ と な ど で す が 、 こ れ ら は 自 由 に 生 き る た め の 基 礎 的 な 環 境 と し て 、 確 保 さ れ て い な け れ ば な ら な い 条 件 で す 。 現 代 日 本 に は 奴 隷 制 度 は あ り ま せ ん し 、 他 者 を 監 禁 す る こ と は 犯 罪 で す け れ ど も 、 例 え ば 経 済 的 に 困 窮 し て し ま う こ と な ど は 、 こ の 「 外 的 な 自 由 」 を 制 限 す る 一 つ の 要 因 に は な る か も し れ ま せ ん 。 か っ て タ イ に お い て 開 発 僧 た ち が そ う 考 え た よ う に 、 精 神 的 な 自 由 を 達 成 す る た め に も 、 身 体 的 ・ 物 質 的 な 自 由 を 確 保 す る こ と は 、 と て も 大 切 で す 。 仏 教 的 な 「 自 由 ー は 世 間 的 な 「 自 由 」 と ど う 違 う の か プ ラ ユ キ た だ 、 仏 教 が 主 に 扱 う の は 心 の 領 域 で す か ら 、 そ こ か ら 「 自 由 」 に つ い て 考 え る 場 合 、 そ れ は や は り 「 内 的 な 自 由 」 、 つ ま り 精 神 的 な 意 味 で の 自 由 が 中 心 に は な る で し よ う 。 こ れ に 関 し て は 仏 教 的 に 少 々 独 自 の 理 解 が で き る か と 思 い ま す の で 、 先 ほ ど の 世 間 的 な 定 義 と 対 比 す る 形 で 示 し て み ま す と 、 こ ん な 感 じ に な り ま す 。