検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集から 475件ヒットしました。

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


曾 野 綾 子 ・ 倉 橋 由 美 子 ・ 河 野 多 恵 子 文 学 紀 行 新 い い 当 第 , お ミ は . ミ を 1 冫 ′ 箱 根 富 士 屋 ホ テ ル 曾 野 綾 子 ( 「 遠 来 の 客 た ち 」 ) 南 房 総 ( 千 葉 ) 太 海 の 海 岸 河 野 多 恵 子 ( 「 蟹 」 ) 京 都 詩 仙 堂 倉 橋 由 美 子 ( 「 暗 い 旅 」 )

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


、 麦 苔 、 蕎 《 旅 屋 、 ろ 、 ろ た 暗 の し て し か 、 あ り あ り と し た 細 部 を そ れ そ の も の と し て 、 と っ で 現 わ す こ と は な い の だ 。 古 い 土 地 の 精 は 高 知 に で は な 屋 が た る く 倉 橋 由 美 子 の 小 説 の 中 に 住 み つ い て い る 。 茶 れ つ あ オ 、 カ オ た し か に 『 暗 い 旅 』 に せ よ 『 夢 の な か の 街 』 に せ よ 、 と 店 あ う う 近 倉 橋 由 美 子 の 町 の 描 写 は 的 確 で は あ る け れ ど 、 そ の 正 つ よ い 寺 確 さ を 確 か め る た め に わ ざ わ ざ 出 か け て み る の も 、 な 待 み と 苔 を て ん だ か 奇 妙 な わ け で 、 作 品 を 読 む こ と に よ っ て 、 ど こ ス ペ 屋 都 に も な い 場 所 へ 旅 す る 方 が 、 無 精 な わ た し に と っ て は 食 茶 京 を の 好 ま し い 。 も と も と 、 小 説 に 出 て 来 る す べ て の 土 地 は 迷 路 で あ り 、 そ の 迷 路 の 精 密 な 地 図 を 描 き な が ら 、 か い て い る 本 人 が つ い に 踏 み 迷 っ て し ま う 踏 み は す し こ そ が 小 説 な の で あ り 、 『 ス ミ ヤ キ ス ト の 冒 険 』 ま で の 倉 橋 由 美 子 の 小 説 は 、 ま さ し く そ の よ う に し て 書 か れ て い る こ と で 、 わ た し の 胸 を と き め か せ た 未 知 の 土 地 ( 高 知 も 京 都 も わ た し に と っ て は 初 め て 一 打 く 昜 所 で あ っ た ) を 歩 く と い う こ と は 、 旅 行 者 と い う 中 途 半 端 な 立 場 の 自 由 と 不 自 由 そ の ま ま に 不 安 と 興 奮 を 呼 ぶ 。 高 知 と い う 街 は 、 勝 手 な 旅 行 者 の 印 象 で 言 わ せ て も ら え ば 、 ど う し て も 日 活 映 画 風 で 、 島 の 港 の 埠 頭 か ら 見 え る 小 し ん ま り し た 風 景 に は 、 関 西 汽 船 か ら 荷 物 を 肩 に ヒ ョ イ と ひ っ か け た 渡 哲 也 が お り 立 つ の か ふ さ わ し い よ う な と こ ろ で 、 『 妖 女 の よ う に 』 に 出 て 7 「 荒 神 ロ の 停 留 所 前 に モ ダ ン ・ ジ ャ ズ 喫 茶 店 を 見 つ け る 。 《 シ ャ ン ク レ 来 る 城 の 階 段 で は 、 観 念 的 な 十 七 歳 の 女 学 生 が 貧 血 す ー ル 》 と い う 店 だ 」 ( 「 暗 い 旅 」 ) 京 都 現 在 も あ る 「 シ ャ ン ク レ ー ル 歇 0 0 新 、 0 00 ふ と う

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


倉 橋 由 美 子 文 学 紀 行 金 井 美 恵 子 幻 の 土 地 を も と め て し て 、 あ り あ り と 総 天 然 色 の ペ ラ ベ ラ し た 映 像 を 結 ぶ 。 さ て 、 そ れ で は 小 説 を 読 む と い う 行 為 も ま た 、 古 い 《 旅 》 の 魅 惑 記 憶 の 土 地 へ の 彷 徨 な の で は な か っ た か 。 小 説 を 成 立 の つ け か ら 打 ち 明 け 話 を す る つ も り で は な い が 、 ど さ せ る 二 つ の 行 為 、 す な わ ち 書 く こ と と 読 む こ と を 、 ち ら か と い う と わ た し は 旅 行 嫌 い で あ り 、 《 旅 》 を そ 旅 に な ぞ ら え て み る て い の レ ト リ ッ ク は 、 そ れ 自 体 と の 作 品 の 持 つ 重 要 な モ チ ベ ー シ ョ ン と し た 小 説 を 書 い し て は と り た て て 新 し い も の で も な い の だ け れ ど 、 旅 た こ と は あ る け れ ど 、 そ れ は い わ ば 常 に 時 間 を 逆 行 す に は ど こ か 心 を そ そ る 魅 惑 が 隠 さ れ て お り 、 倉 橋 由 美 る 記 憶 の 不 可 視 の 空 間 を 踏 破 し て 行 く て い の も の で あ 子 の 小 説 も ま た そ の 《 旅 》 の 魅 惑 と 無 関 係 に 成 立 し て っ た 。 だ か ら 、 実 際 に 旅 立 っ 必 要 は わ た し の 内 に 見 出 い る わ け で は な い の で あ る 。 言 う ま で も な く 彼 女 に は す こ と は 出 来 な い 。 マ ル セ ル ・ プ ル ー ス ト の 真 似 を し 『 暗 い 旅 』 と い う 小 説 が あ り 、 こ の 小 説 は い わ ば 《 旅 》 て い え ば 、 貝 殼 型 の プ テ ィ ッ ト ・ マ ド レ ー ヌ を 紅 茶 に の 持 っ 性 格 を か な り 的 確 に 透 き 写 し に し た う え に 成 立 ひ た す あ の 瞬 間 、 隸 い 出 そ う と し て も 思 い 出 せ な か っ し て い る 小 説 な の だ が 、 あ え て 言 え ば 、 も し 《 旅 》 と た 幼 時 の 記 が あ り あ り と よ み が え っ て 来 る あ の 瞬 間 書 く 行 為 を 一 種 の ア ナ ロ ジ イ と い う か 、 こ の 二 つ の 行 に も 似 て 、 安 あ が り に も わ た し の 心 は 旅 立 つ 。 そ の た 為 の 中 に 本 質 的 な レ ミ ニ ッ サ ン ス を か ぎ と ろ う と す る め に は た と え ば 音 楽 が あ れ ば よ い 。 幻 の 古 い 記 憶 の 土 の で あ れ ば 、 わ た し た ち は 倉 橋 由 美 子 の 作 品 の 中 に 、 地 は 、 そ の 時 、 書 く と い う 行 為 の 虚 し い 情 熱 の 地 図 と 《 旅 》 の 持 っ 最 大 の 秘 密 を 見 出 す の は 、 か な ら ず し も

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


注 解 倉 橋 由 美 子 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 河 野 多 恵 子 集 目 次 河 野 多 恵 子 文 学 紀 行 わ た し 自 身 の 内 な る 旅 み ち 潮 ・ 思 い が け な い 旅 ・ 明 く る 日 ・ 塀 の 中 : 劇 場 ・ 最 後 の 時 : 注 解 河 野 多 恵 子 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 金 井 美 恵 子 三 九 三 一 三 : 三 話 : 三 噐 ・ ・ 三 公 一 四 0 八 紅 野 敏 に 日 高 昭 当 六 四 四 六 四 七 = 奥 野 健 男 噐 一 紅 野 敏 郎 空 譎 日 高 昭 一 一 噐 四 奥 野 健 男 哭 一 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 増 山 紀 夫 稲 葉 喬 横 田 公 人 作 品 校 正 矢 牧 住 子 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 東 弘

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


注 解 倉 橋 由 美 子 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 河 野 多 恵 子 集 目 次 河 野 多 恵 子 文 学 紀 行 わ た し 自 身 の 内 な る 旅 み ち 潮 ・ 思 い が け な い 旅 ・ 明 く る 日 ・ 塀 の 中 : 劇 場 ・ 最 後 の 時 : 注 解 河 野 多 恵 子 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 金 井 美 恵 子 三 九 三 一 三 : 三 話 : 三 噐 ・ ・ 三 公 一 四 0 八 紅 野 敏 に 日 高 昭 当 六 四 四 六 四 七 = 奥 野 健 男 噐 一 紅 野 敏 郎 空 譎 日 高 昭 一 一 噐 四 奥 野 健 男 哭 一 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 増 山 紀 夫 稲 葉 喬 横 田 公 人 作 品 校 正 矢 牧 住 子 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 東 弘

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


曾 野 綾 子 集 目 次 曾 野 綾 子 文 学 紀 行 人 生 に か か わ る 場 所 遠 来 の 客 た ち : た ま ゆ ら : 永 遠 の 牧 歌 : 初 め て の 旅 : 注 解 曾 野 綾 子 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 倉 橋 由 美 子 集 目 次 倉 橋 由 美 子 文 学 紀 行 幻 の 土 地 を も と め て 妖 女 の よ う に ・ 蠍 た ち : 00 金 井 美 恵 子 三 0 鶴 羽 伸 子 一 ^ 紅 野 敏 日 高 昭 一 鶴 羽 伸 子 当 九 四 咒 奥 野 健 男 四 と

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


曾 野 綾 子 集 目 次 曾 野 綾 子 文 学 紀 行 人 生 に か か わ る 場 所 遠 来 の 客 た ち : た ま ゆ ら : 永 遠 の 牧 歌 : 初 め て の 旅 : 注 解 曾 野 綾 子 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 倉 橋 由 美 子 集 目 次 倉 橋 由 美 子 文 学 紀 行 幻 の 土 地 を も と め て 妖 女 の よ う に ・ 蠍 た ち : 00 金 井 美 恵 子 三 0 鶴 羽 伸 子 一 ^ 紅 野 敏 日 高 昭 一 鶴 羽 伸 子 当 九 四 咒 奥 野 健 男 四 と

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


左 阿 蘇 を 旅 行 右 か ら 二 人 目 が 由 美 子 ( 昭 和 二 十 八 年 ) 下 土 佐 中 学 に 入 学 し た と き 母 と ( 昭 和 二 十 三 年 ) 左 友 人 た ち と 前 列 左 よ り 二 人 目 が 由 美 子 ( 昭 和 二 十 三 年 ) 0 だ 。 作 者 倉 橋 由 美 子 の 生 い 立 ち や 伝 記 を 調 べ る よ り 作 者 が し ば し ば 小 説 の 中 に 登 場 さ せ て い る 、 と と い う た が い に あ い し あ っ て い る 奇 妙 な 二 卵 性 双 生 児 の 姉 弟 の 生 い 立 ち や 各 作 品 で の さ ま ざ ま な 言 動 を 伝 記 風 に 整 理 す る 方 が 、 は る か に 簡 単 だ し 、 具 体 的 、 実 証 的 で 「 倉 橋 由 美 の 世 界 」 と い う よ う な 気 の き い た 案 内 図 的 評 論 が で き あ が る で あ ろ う 。 し か し 、 あ ま の じ ゃ く な ば く は 、 ナ ン セ ン ス で あ る が 故 に 、 倉 橋 由 美 の 評 伝 を 書 い て み た い と 思 う 。 実 年 生 活 や 体 験 と 違 う 次 元 の 文 学 を 成 立 さ せ 得 た 作 者 の 実 召 生 活 や 体 験 に 、 逆 に 関 心 を 持 た ざ る を 得 な い の だ 。 な ぜ な ら 倉 橋 由 美 子 の 文 学 は 、 も っ と も 強 烈 な 自 己 表 出 美 の 文 学 で あ り 、 現 代 批 評 の 文 学 で あ る か ら だ 。 作 者 の 由 思 相 5 と 内 的 イ メ ー ジ と わ か ち か た く か か わ っ て い る , 刀 目 そ う い う 田 5 相 5 や 内 的 イ メ ー ジ か い か に 成 立 し た か 。 人 ば く は 作 者 の 生 い 立 ち や 体 験 に ふ れ た 文 章 を 「 わ た し の な か の か れ へ 」 と い う 全 ェ ッ セ イ 集 を 中 、 い に あ ち て ん こ ち か ら 採 集 し て 、 前 記 の 「 略 年 譜 」 を 補 瞋 し て み る 右 こ と に す る 立 ロ の プ ク 倉 橋 由 美 子 は 昭 和 十 年 十 月 十 日 、 高 知 県 香 美 郡 土 佐 園 463

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


る よ り は む し ろ 流 れ 者 の 渡 哲 也 と 倒 産 し か か っ た 海 運 業 屋 の 働 き 者 の 娘 松 原 千 恵 子 で も 歩 か せ た 方 が 、 わ た し の 感 覚 に は ピ ッ タ リ し て い て 、 わ た し は 意 地 で も 倉 橋 由 美 子 の 小 説 を 風 土 と は 無 関 係 に 読 み た い と 思 う 。 な ぜ な ら ば 、 彼 女 の 小 説 は 中 学 高 校 を 通 し て の わ た し の 精 神 上 の 無 形 の 土 地 の 一 部 を 形 成 し て い た か ら で あ り 、 わ た し は こ の 読 書 と い う 行 為 に よ っ て 存 在 し て い た 幻 の 土 地 を 、 た か だ か 現 実 の 土 地 に よ っ て 浸 食 さ れ る こ と を 好 ま な い か ら で あ る 。 そ の 幻 の 土 地 と し て の 場 所 へ な ら ば 、 作 品 を 読 み か え す こ と に よ っ て 、 い っ で も 旅 す る こ と が 出 来 る の だ 。 京 都 に し て も 、 『 暗 い ま 好 き だ け れ ど 寺 や 名 庭 に は 一 向 に 興 旅 』 と い う 小 説 ー 味 の な い わ た し は 、 主 人 公 た ち の よ う に 庭 に つ い て 語 か れ さ ん す 、 一 行 ガ 琶 り あ う こ と も な く 、 結 構 な 枯 山 水 を 見 て も 新 宿 の 『 桂 』 ケ に 月 王 し と か 目 白 の 『 ル ノ ア ー ル 』 と い っ た 和 風 喫 茶 と 同 し し る 頂 四 る 至 山 は え ゃ な い か と 思 い 、 枯 山 水 に し て も 池 樹 木 お 堂 と 整 備 さ に れ 叡 上 み 旅 岳 ひ 比 に い れ た 名 庭 も 、 な に や ら い わ く コ ン タ ン あ り そ う で 、 ど ガ り う 暗 下 う も 自 分 の 無 教 養 ば か り が は っ き り と 理 解 で き た だ け 。 、 い 月 レ 小 、 0 、 一 明 祐 の む し ろ わ た し は ~ 示 都 タ ワ ー と い う グ ロ テ ス ク な 塔 を 見 り 四 イ 海 る よ と エ 「 す な が ら 倉 橋 由 美 子 の 使 う 〈 観 念 の 鉄 骨 〉 と い う 言 葉 を ウ り 思 い 浮 べ た 。 彼 女 の 小 説 は 透 明 華 麗 な 軟 体 質 に お お わ 八 プ よ 瞰 一 上 、 俯 れ た 観 念 の 鉄 骨 で あ り 、 京 都 タ ワ ー そ の も の な の で は 都 ル ロ 頂 を 、 を 。 示 プ く 岳 な い か

現代日本の文学 50 曾野 綾子 倉橋 由美子 河野 多恵子 集


あ る も の に 対 す る あ え か な 予 感 は 、 ま さ し く わ た し 自 と っ て 「 わ た し の 生 ま れ た 街 な の に 、 帰 省 と い う こ と 身 書 く 者 と し て 持 っ こ と が 出 来 る 。 そ の あ る も の と は 、 ば を つ い に お も い だ さ す 、 ( 中 略 ) ま る で 架 空 の 都 市 官 能 的 と さ え 言 え る 青 熱 に な め さ れ た 書 く こ と と い う へ の 不 安 な 旅 行 で も す る よ う だ 。 」 ( 倉 橋 由 美 子 『 夢 の と い う よ う な 土 地 な の で は な い だ ろ う 虚 実 変 化 の 行 為 に 向 け ら れ た 、 い わ ば そ れ 自 体 不 可 な か の 街 』 ) か 。 で あ る な ら ば 、 お よ そ 大 阪 と い う 風 土 を 感 じ さ せ で 不 毛 な 問 い ー ー ー 。 な い 作 品 の 書 き 手 で あ る 河 野 多 恵 子 の 生 い た ち の 土 地 河 野 多 恵 子 の 小 説 は 、 芸 術 家 の 小 説 と し て 考 え ら れ を 見 る こ と は わ た し に と っ て 、 ど ん な 意 味 が あ る の だ る べ き も の で あ ろ う 。 以 前 わ た し は 『 草 い き れ 』 の 書 ろ 、 つ 評 に 、 「 わ た し が 河 野 多 恵 子 の 小 説 の 読 者 と し て 、 そ の 作 品 の 謎 に ひ き つ け ら れ る 理 由 は 、 そ れ 自 体 が わ た 道 頓 堀 端 の 、 彼 女 の 家 の あ っ た あ た り は 昔 と は す っ か り 変 っ て し ま っ て い る の だ そ う だ か 、 大 き な 堀 に 渡 し 自 身 の 書 く 行 為 と 結 び つ い た 地 点 で 成 立 す る 情 熱 、 さ れ た い く つ も の 橋 と 堀 は 、 幼 い 子 供 に と っ て 親 密 で す な わ ち 、 彼 女 の 作 品 の 周 辺 を 旅 す る こ と に よ っ て 、 そ の 謎 を と き あ か し た い と い 、 つ 熱 に よ る 」 と 圭 日 い た 危 険 な 遊 び と 空 想 の 宝 庫 で あ っ た ろ う し 、 そ う い え ば 、 こ と が あ っ た け れ ど 、 今 度 は し な く も 河 野 多 恵 子 の 生 倉 橋 由 美 子 の 家 の 横 に も 小 さ な 昔 は 流 の 美 し か っ た と い う 川 が 流 れ て い た の を 思 い 出 す 。 道 頓 堀 で は 小 さ な れ た 土 地 へ 旅 し て 、 し か し 、 そ の 謎 が と き あ か さ れ た わ け で な い こ と は 一 一 一 口 、 つ ま で も な い と き あ か さ れ る は 子 供 が 泳 ぐ の は 危 険 か も し れ な い け ど 、 す ぐ 家 の 近 く に 川 の あ る 所 で 育 っ と い 、 つ こ と は 、 こ れ は も し か す る す は 、 最 初 か ら な い と 女 流 作 家 の 特 質 な の で は な い か 。 岡 本 か の 子 の 多 摩 と こ ろ で 、 わ た し だ が 、 わ た し ゞ も い 、 つ 亠 ま て 9 も か よ い 生 い た ち の 土 地 を 訪 ね る の 家 の 前 に も 川 が 流 れ て い な か っ た わ け で は な く 、 た だ し 、 そ れ を 川 と 一 一 一 一 口 っ て よ い か ど 、 つ か 、 一 メ ー ト ル 程 し か し 、 作 家 の 生 い た っ た 土 地 、 し か も 好 き な 作 家 ー 1 ト で 固 め た ド プ 川 で 、 け れ ど 、 た し の 生 い た ち の 土 地 を 訪 ず れ る と い う こ と に 興 味 が な か の 幅 の コ ン ク ) っ た わ け で は な く 、 そ れ は そ れ な り に 面 白 い こ と な の か に 水 は 流 れ て い て 、 そ こ へ 落 ち て 流 さ れ た こ と も あ 5 で は な い か と は 考 え て い た 。 け れ ど そ の 土 地 は 作 家 に る し 、 家 の 猫 な ど は 夏 に な る と よ く そ こ で 泳 い で い た