検索 - みる会図書館

検索対象: 竜馬がゆく(二)

竜馬がゆく(二)から 443件ヒットしました。

竜馬がゆく(二)


竜 馬 の 旅 行 好 き は こ の 人 物 の 生 涯 の 特 徴 だ が 、 こ ん ど の 帰 国 か ら 、 そ の 癖 は 、 本 格 的 っ ) よ っ こ 。 と く に こ ん ど の 旅 は 、 一 種 の 奇 行 と い っ て い し 無 銭 旅 行 な の だ 。 む ろ ん 、 金 が な か っ た わ け で は な い 。 国 許 の 権 平 は 弟 思 い で 、 平 素 、 竜 馬 に 不 自 由 さ せ な い よ う に 、 十 分 す ぎ る ほ ど の 金 を 江 戸 へ 送 っ て い た 。 と こ ろ が そ の 有 り 金 を ぜ ん ぶ 、 出 立 の と き に 、 桶 町 千 葉 道 場 に 寄 付 し て し ま っ た の で あ る 。 実 を い う と 、 こ の 寄 付 の 申 し 出 に は 重 太 郎 も へ き え き し て 、 剣 馬 鹿 な 。 旅 と 、 拒 絶 し こ 。 こ れ か ら 遠 国 へ 旅 立 っ と い う の に 、 無 一 文 で ゆ く と は 、 気 で も 狂 っ た か 。 第 一 、 旅 と

竜馬がゆく(二)


お も て 竜 馬 は い っ た ん 、 伊 予 松 山 城 下 に 入 り 、 そ こ で 、 国 も と の 高 知 表 へ 急 飛 脚 を さ し た て 、 え ん い ん 剣 術 詮 議 の 旅 を 延 引 し て も ら え る よ う 、 請 願 し た 。 要 は 、 長 州 へ 潜 行 す る 時 間 を 得 る た め で あ る 。 そ の 返 事 が く る ま で 、 松 山 城 下 の 旅 籠 に 逗 留 し た 。 不 自 由 な 時 代 で あ る 。 竜 馬 の よ う な 無 役 の 藩 士 で も 、 他 領 に 出 る に は い ち い ち 藩 の 許 可 が 必 要 で あ っ た 。 こ れ を 怠 る と 、 自 動 的 に 脱 藩 に な る 。 そ の 上 、 他 領 に 逗 留 す る の が 、 こ れ ま た 大 変 だ っ た 。 ど の 藩 地 で も 旅 人 は 旅 籠 に 原 則 望 と し て 一 泊 を ゆ る し て い る だ け で 、 逗 留 は さ せ な い 。 盗 賊 、 謀 叛 人 な ど が 居 つ く の を お そ れ た の だ ろ う 。 逗 留 す る に は 、 宿 場 役 人 、 町 役 人 な ど の 許 し が 要 っ た 。 希 松 山 で は 、 ち ぎ り や 、 と い う 旅 籠 に と ま っ た 。 宿 帳 に 名 を か き 、 亭 主 弥 兵 衛 の あ い さ つ も 受 け 、 逗 留 手 続 き の こ と も 頼 み お わ る と 、

竜馬がゆく(二)


旅 . 里 . 八 十 と で を 大 行 江 そ た か な 53 わ 東 た 海 お 無 辛 と 酷 れ 旦 以 盗 半 食 っ っ す か 役 て 百 は だ 五 は 大 十 盗 あ 十 し 坂 五 次 し い 衛 ま す そ で を 則 日 丁 と て 夜 し 、 は を 道 る ず 小 ま 走 つ 尸 す ・ 竜 せ り ら 自 か 馬 昼 慢 夜 を 、 て け る で れ 馬 丘 の け 国 だ は 中 と ぎ る と 剣 則 々 、 オ よ 茶 け い で し 灯 那 上 人 竃 わ や も 那 兵 し り ん 人 と 同 列 で た ま ア た ぜ 江 尸 帰 と 仕 、 方 藤 旦 な 兵 な し カ キ 是 の ま 走 っ し 、 で 以 ず あ 上 の 旦 く た で 旅 那 す で は ま ね も 不 ね る じ 昼 、 歩 あ 寝 ず ク ) 旅 旦 藤 へ 、 衛 し 灯 は 夜 ょ 目 め っ

竜馬がゆく(二)


「 あ あ 、 も う そ ん な 季 節 か 」 あ と こ の と こ ろ 多 忙 で 気 づ か な か っ た が 、 後 の 月 ( 旧 暦 九 月 の 明 月 ) は 、 夜 々 、 成 長 し て ま つ よ い づ き い る 。 あ す の 十 四 日 は 待 宵 月 、 あ さ っ て が 十 五 夜 。 し か し 春 猪 は な ぜ 十 四 夜 の 月 を み た が る の だ ろ う 。 「 人 が す く な い か ら 」 と 、 澄 ま し て い っ た 。 「 人 が す く な い と 、 し い こ と が あ る の か え 」 「 , つ ん 」 な に か 、 春 猪 に は 計 略 が あ り そ う だ 。 「 わ か っ た 。 あ す は 源 お ん ち ゃ ん を 供 に し て 昼 す ぎ か ら 五 台 山 下 の 桃 ノ 木 茶 屋 に 行 っ ち よ れ 。 わ し は あ と か ら ゆ く 」 「 あ と か ら 」 「 ふ む 。 日 中 は 、 ち ょ っ と 用 が あ る 」 さ り げ な く い っ た が 、 用 と い う の は 、 重 大 な こ と だ 。 竜 馬 は ふ た た び 旅 に 出 よ う と し て い る 。 あ す 、 藩 庁 へ 届 け 出 よ う と し て い る 旅 行 の 表 む き の 理 由 は 、 「 剣 術 詮 議 ( 研 究 ) お も て の た め 讃 州 丸 亀 表 へ 」 と い う も の だ っ た が 、 じ つ は 土 佐 一 藩 だ け で な く 諸 藩 の 士 に 勤 王 蹶 起 を 遊 説 し て ま わ ろ う と し て い る 。

竜馬がゆく(二)


曲 者 は 、 一 人 で は な い 。 こ ん ど は 右 手 の 杉 並 木 に も う 一 人 、 こ の 男 は 白 刃 を ふ る っ て 、 路 上 に と び だ し て き た 。 「 藤 兵 衛 、 石 を 投 げ ろ 、 わ し や 、 夜 眼 が き か ん か ら 不 自 由 じ ゃ 」 そ の く せ 、 竜 馬 は 声 に 笑 い を ふ く ん で 怪 漢 の 前 へ 殺 到 し て 行 っ た 。 む こ う が ふ り お ろ す 剣 を 、 放 胆 に も 避 け ず 、 わ ず か に 背 を そ ら し 、 相 手 の 刀 を す さ ま ド ) ノ 、 卩 、 こ 0 ロ > 子 / ば っ と 火 花 が 散 っ た 。 散 っ た 火 を め あ て に 、 竜 馬 は さ ら に 相 手 の 刀 を 横 な ぐ り に 叩 き 、 ひ る む す き を 大 き く 踏 み こ ん で 、 上 段 か ら 籠 手 を 撃 っ た 。 相 手 は つ ば で 受 け 、 ど っ と さ が る 。 「 何 者 だ 」 竜 馬 は 、 お そ ろ し い 声 を だ し た 。 「 わ し は 土 州 藩 士 坂 本 竜 馬 。 念 を 入 れ て 申 す が 、 わ し を 土 州 藩 士 と 知 っ て 討 と う と い た し た か 。 後 日 、 累 が 貴 下 の 主 家 に お よ ん で も 知 ら ぬ ぞ 」 剣 ( い か ん ) 旅 と 、 相 手 も 思 っ た の だ ろ う 。 ツ ツ 、 と 杉 並 木 ま で ひ き さ が っ て 、 幹 に か く れ た 。 「 後 日 の 証 拠 ま で に 申 し て お く 」

竜馬がゆく(二)


藩 庁 へ 請 願 し て い た 竜 馬 の 旅 行 願 い が 、 意 外 に 早 く お り た 。 旅 行 の 目 的 は 、 剣 術 詮 議 さ ん し ゅ う の た め 讃 州 丸 亀 城 下 に 参 る 、 と い う も の で あ る 。 む ろ ん 、 こ れ は 表 む き だ 。 真 の 目 的 は 丸 亀 か ら 長 州 へ 飛 び 、 萩 城 下 で 長 州 藩 の 勤 王 党 、 こ の 藩 で の 倒 幕 運 動 の 実 際 を 見 る 。 の 連 中 と 会 い ( 万 事 、 見 に や 、 わ か ら ん ) と い う の が 、 学 問 ぎ ら い の 竜 馬 が 自 然 と 身 に つ け た 主 義 だ っ た 。 ( 武 市 が 念 仏 み た い に 長 州 、 長 州 い う ち よ る が 、 そ の 長 州 の 足 腰 を 見 ん こ と に や ど う に へ も な ら ん ) 武 市 の 策 ど お り 、 土 佐 藩 が も し 倒 幕 へ 一 本 に ま と ま っ た と し て も 、 長 州 藩 が う ろ う ろ 萩 し て い て は 、 幕 府 に 各 個 撃 破 さ れ る だ け の こ と で は な い か 。 讃 州 丸 亀 に 入 っ た の は 、 十 月 も な か ば の こ と で あ る 。 萩 へ

竜馬がゆく(二)


意 味 は 、 天 下 を 救 お う と す る 者 は 、 自 分 の 死 体 が 将 来 溝 や 堀 に 捨 て ら れ て 顧 み ら れ ぬ こ と を つ ね に 想 像 し 、 勇 気 あ る 者 は 自 分 の 首 ( 元 ) が 斬 り す て ら れ る こ と を い つ も と い , っ ラ と だ 。 覚 悟 し て い る 。 そ う い う 人 物 で な け れ ば 大 事 を 行 な う こ と は で き な い 、 ( こ の 播 磨 介 ど の も そ う だ な ) と 、 い ま あ ら た め て 思 っ た 。 外 見 、 婦 女 子 の よ う に も の や さ し く て 、 臆 病 で 、 小 心 だ が 、 あ る 日 、 旅 籠 で 、 私 は 、 京 に 帰 っ た ら 幕 府 役 人 の た め に 捕 え ら れ る で し よ う 。 と 、 平 然 と い っ た 。 志 士 と は こ う い う も の か と 竜 馬 は お ど ろ き 、 あ ら た め て こ の 京 者 の 顔 を 見 な お し た こ と で あ る 。 ( り つ ば な 男 だ ) そ の と き 、 土 手 を そ ろ そ ろ と 踏 み な が ら 小 間 物 屋 赤 蔵 が 提 灯 を も っ て や っ て き た 。 「 旦 那 、 灯 を 」 「 ふ む 。 照 ら し て く れ 」 剣 竜 馬 は 死 体 の 顔 を の ぞ き こ ん だ 。 旅 の ぞ き お わ っ て か ら 、 ぐ っ と 驚 き を 肚 の 底 に お し 殺 し て 赤 蔵 を 見 あ げ た 。 、 ち が う な 。 播 磨 介 ど の で は な い 」 こ う ぎ

竜馬がゆく(二)


し ゆ く 「 亀 山 ま で あ と 二 里 半 で ご ざ い ま す 。 夜 に な り ま す が 、 藤 兵 衛 は そ の 宿 の 大 和 屋 平 七 と い う 旅 籠 で 待 っ て い る は ず で ご ざ い ま す か ら 、 い ま す こ し 足 を の ば し ま し よ う 」 亀 山 に 入 っ た の は 、 宵 五 ッ ( 午 後 八 時 ) を す ぎ て い た 。 」 間 物 屋 赤 蔵 が 旅 籠 大 和 屋 の 軒 先 で 竜 馬 を 待 た せ 、 自 分 だ け 土 間 に 入 っ て 、 播 磨 介 の 仮 名 を 言 い 、 そ の お 方 は と ま っ て い な さ る か 、 と き く と 帳 場 で は 、 お じ ゃ ら ぬ 、 と い う 。 「 旦 那 」 と 、 赤 蔵 は 耳 打 ち を し た 。 「 変 事 が あ っ た の か も し れ ま せ ぬ 」 「 そ ん な こ と は な か ろ う 」 「 い や 、 た し か で ご ざ い ま す 」 こ う い う 後 ろ 暗 い 渡 世 を し て い る 男 だ か ら 、 変 事 に つ い て は 常 人 に は な い 勘 の よ う な も の が あ る の だ ろ う 。 く に ゆ ・ う ・ 「 こ の 亀 山 の お 城 下 に 新 町 と い う 町 が ご ざ い ま し て 、 私 の 兄 貴 分 が そ こ で 人 足 の 周 旋 ぎ よ う 業 を 営 ん で お り ま す 。 ち ょ っ と そ こ ま で 御 足 労 を 」 竜 馬 は 、 従 っ た 。 な る ほ ど 、 行 っ て み る と 水 屋 伊 助 と い う 大 き な 店 で 、 よ ほ ど 盛 大 に や っ て い る ら し い 竜 馬 は 、 茶 の 間 に 通 さ れ た 。 や が て 主 人 と い う で つ ぶ り 肥 っ た 老 人 が あ い さ つ に ま か り 越 し て 、 そ の ま ま 引 っ こ ん だ 。

竜馬がゆく(二)


8 「 ほ , つ 」 武 士 は 、 に わ か に 明 る い 顔 に な っ た 。 「 そ れ は 、 よ ろ し お し た 。 渡 船 の な か で お 見 受 け し た と き か ら 、 土 佐 藩 の お 方 で は あ る ま い か と 思 う て お 頼 り し た の で ご ざ る が 、 こ れ は う れ し ゅ う ご ざ り ま す 。 そ れ が し の 主 家 が 、 貴 藩 と 御 縁 が 深 う ご ざ る 」 と い っ た く せ に 、 自 分 の 主 家 が 何 家 で 、 自 分 の 名 は 何 で あ る 、 と は 明 か さ な い 。 よ ほ ど 事 情 が あ る の だ ろ う と 思 い な が ら 竜 馬 は 、 最 後 の 餅 を 食 っ た 。 は た ご の き あ ん ど ん 藤 沢 の 宿 場 に 入 っ た と き は 、 旅 籠 の 軒 行 燈 に す っ か り 灯 が 入 っ て い る 。 京 な ま り の 武 士 は 、 竜 馬 と 藤 兵 衛 に し つ こ く す す め て 、 と う と う 同 宿 さ せ た 。 び よ う ぶ 部 屋 は 、 屏 風 で 仕 切 っ た 相 宿 で 、 夕 食 に は 銚 子 が 一 本 つ い た 。 「 あ り が て え 」 藤 兵 衛 は 、 一 杯 グ ビ リ と 干 し て か ら 、 「 こ う い っ ち ゃ 何 だ が 、 京 の お 侍 さ ま 」 と 、 京 侍 に 笑 顔 を む け た 。 「 酔 狂 な 主 人 を も っ と 苦 労 は 大 変 で ご ざ ん す よ 。 こ の 旦 那 ア 、 東 海 道 を 飲 ま ず 食 わ ず 寝 ず で の ば ろ う と な さ る ん で す か ら ね 」 。 か 、 な に を い う 」

竜馬がゆく(二)


114 他 人 な り 。 他 人 と は 、 、 か な る こ と そ 。 親 子 親 族 に あ ら ざ る 意 な り 。 竜 馬 は 、 愚 弄 し て い る 。 渡 辺 も 、 か っ と し た ら し い 。 同 心 を か え り み て 、 「 こ の 者 、 不 審 で あ る 。 引 っ 立 て い 」 同 心 三 人 が 部 屋 に 踏 み こ ん で 竜 馬 の 両 腕 を と ろ う と し た と き 、 竜 馬 は 、 ハ ッ と 相 手 の 腕 の 逆 手 を と っ て 投 げ と ば し 、 自 由 に な っ た 右 手 で 筆 を と る や 、 な ん す れ ぞ 、 土 佐 守 家 来 に 無 礼 は す る そ 。 と 大 書 し た 。 藩 士 に 対 し て は 、 奉 行 所 役 人 は 司 法 権 を も っ て い な い 。 事 が あ れ ば 、 奉 行 所 か ら 藩 に か け あ わ ね ば な ら ず 、 事 は 面 倒 に な る 。 「 ほ か を さ が せ 」 渡 辺 も ば か ば か し く な っ た の か 、 見 張 り の 同 心 二 人 を 置 い て 、 自 分 は あ わ た だ し く そ の 場 を 去 っ た 。 そ の 直 後 、 ( は て ? ) と 、 竜 馬 は 、 不 吉 な 予 感 が し た 。