検索 - みる会図書館

検索対象: 金沢・能登 (るるぶ楽楽)

金沢・能登 (るるぶ楽楽)から 186件ヒットしました。

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


、 ・ を , 行 第 み を 4 を 4 了 ど う や っ て 行 こ う ? ま ず は 、 旅 の 手 配 の 2 隹 有 め よ う ! 資 料 や ガ イ ド ブ ッ ク を 利 用 し て 自 分 で 手 配 す る 方 法 か 、 旅 行 会 社 に 任 せ る と い う 手 も あ る 。 ど ち ら に し て も 下 調 べ が 必 要 。 現 地 で の 交 通 も 考 え て 自 分 の 目 的 に 合 っ た 旅 の プ ラ ン を 立 て よ う 。 A ヾ ッ ケ ジ ツ ア ー ② バ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と は ・ 効 率 よ い 日 程 設 定 と 抑 え た 行 代 金 、 面 倒 な 手 配 が い ら な い の が 魅 力 後 、 即 完 売 と い う こ と も あ り え る 。 ま た 、 出 発 旅 行 会 社 な ど が 企 画 し た お す す め の 観 光 地 や 日 や 催 行 人 員 な ど 旅 行 会 社 側 の 理 由 で ツ ア ー 自 人 気 ス ポ ッ ト を 日 程 に 盛 り 込 ん だ ツ ア ー 。 料 金 も 内 容 も 豊 富 で 、 激 安 ツ ア ー か ら 宿 や 食 事 な ど 体 の 催 行 が さ れ な い こ と も あ る 。 こ れ ら は パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー の デ メ リ ッ ト と い え る が 、 旅 行 代 に も こ だ わ っ た ゆ と り の ツ ア ー ま で 、 好 み に 合 金 が 個 人 旅 行 よ り も 安 く 抑 え ら れ 、 添 乗 員 が 同 わ せ て チ ョ イ ス で き る 。 ほ と ん ど の 場 合 、 チ ャ 行 し て く れ て い る 安 心 感 や ス ム ー ズ に 観 光 地 巡 ー タ ー し た バ ス な ど で 移 動 す る た め 、 効 率 よ く り が で き る 利 点 も 見 逃 せ な い 。 何 よ り も 、 こ ま 多 く の 場 所 を 訪 れ る こ と が で き る が 、 団 体 行 動 が 基 本 の た め 、 自 由 時 間 は 少 な め 。 ま た 、 申 し ご ま と し た 手 配 の 必 要 や 心 配 が な い と い う の が 込 み の 締 切 は 比 較 的 早 く 、 人 気 ツ ア ー な ら 発 売 最 大 の 魅 力 だ ろ う 。 ① 例 え は こ ん な プ ラ ン ・ 東 示 か 」 崟 痕 ・ 山 代 ・ 和 倉 温 泉 2 泊 3 日 ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 4 万 9800 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 吉 田 屋 ホ テ ル 山 王 閣 ( 山 代 温 泉 ) 、 の と 楽 ・ ホ テ ル 能 登 倶 楽 部 ( 和 倉 温 泉 ) ・ 自 由 行 動 中 に 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ・ 自 由 行 動 中 に 食 事 を し た 場 合 の 予 算 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ( 全 食 事 付 き ) ・ tota ト 4 万 9800 円 十 お み や げ 代 名 古 屋 か 」 山 泊 2 日 ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 2 万 4800 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 雄 山 閣 ・ 自 由 行 動 中 に 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ・ 自 由 行 動 中 に 食 事 を し た 場 合 の 予 算 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ( 全 食 事 付 き ) ・ to ね ト 2 万 4800 円 十 お み や げ 代 大 阪 か 」 弋 泉 1 泊 2 日 ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 2 万 800 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 山 下 家 ・ 自 由 行 動 中 に 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ・ 自 由 行 動 中 に 食 事 を し た 場 合 の 予 算 概 算 ・ ・ ・ 1500 円 ・ to ね ト 2 万 2300 円 十 お み や げ 代 第 ' 行 町 そ の で 贓 い 平 第 勗 甲 の を 第 翩 毎 。 , 第 物 第 第 第 を み 巧 : ・ レ よ 粤 ッ ド ザ す ・ ツ : ま 1- 完 を 一 山 代 温 泉 ・ 那 谷 寺 20

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


・ 大 阪 か ら 大 阪 駅 始 発 の 特 急 「 雷 鳥 」 と 「 サ ン ダ ー バ ー ド 」 客 で 混 雑 す る こ と も あ る 。 席 を 確 保 す る な ら 指 は 、 本 数 は 多 い が 時 間 帯 な ど に よ り 、 ビ ジ ネ ス 定 席 に す る か 、 自 由 席 な ら 早 め に 並 ぶ こ と 。 ー 名 古 屋 か ら 名 古 屋 駅 か ら は 特 急 「 し ら さ ぎ 」 で 金 沢 へ 直 行 市 内 と 金 沢 の 往 復 が 1 万 2060 円 と さ ら に お 得 。 で き る 。 往 復 割 引 の 0 き っ ぷ を 使 え ば 、 名 古 屋 和 倉 温 泉 行 き も あ る 。 金 沢 往 復 き っ ふ 洋 第 グ を 乗 車 券 と 特 急 券 が セ ッ ト に な っ た 往 復 切 符 。 上 出 発 駅 か ら の 「 ゆ き ・ か え り 券 」 と 、 周 遊 ゾ ー 越 新 幹 線 と 特 急 列 車 の 普 通 車 指 定 、 自 由 席 、 お ン 内 で 特 急 や 急 行 、 普 通 列 車 な ど の 自 由 席 に 自 よ び 特 急 寝 台 北 陸 の B 寝 台 が 利 用 で き る 。 東 京 由 に 乗 り 降 り で き る 「 ゾ ー ン 券 ( 5 日 間 有 効 ) 」 都 区 内 か ら は 2 万 2420 円 。 有 効 期 間 は 7 日 間 。 が セ ッ ト に な っ た 割 引 切 符 。 の と 鉄 道 や 金 沢 市 内 の 区 間 内 路 線 バ ス な ど も 利 用 で き る の で 便 金 沢 回 数 券 利 。 「 加 賀 ・ 能 登 ゾ ー ン 」 券 は 4600 円 、 JR 北 陸 上 越 新 幹 線 と 特 急 列 車 ( 越 後 湯 沢 ・ 長 岡 乗 換 え ) 本 線 、 七 尾 線 の 加 賀 温 泉 ~ 和 倉 温 泉 間 と 、 の と 三 を を い ド の 普 通 車 指 定 席 、 自 由 席 、 お よ び 特 急 寝 台 北 陸 鉄 道 、 JR バ ス 穴 水 ~ 木 ノ 浦 、 金 沢 ~ 深 谷 元 湯 間 、 の B 寝 台 ( 個 室 含 む ) が 利 用 で き る 。 普 通 車 専 北 陸 鉄 道 バ ス の 市 内 周 遊 バ ス 区 間 、 能 登 中 央 バ 用 は 6 万 6000 円 ( グ リ ー ン 車 用 7 万 4400 円 ) 。 3 ス の 穴 水 ~ 輪 島 間 に 適 用 さ れ る 。 た だ し 、 JR 線 ヶ 月 間 有 効 で 6 枚 つ づ り 。 3 人 の グ ル ー プ で 往 復 を 片 道 201km 以 上 利 用 す る こ と が 条 件 で 、 経 路 す る 場 合 な ど は 断 然 お 得 だ 。 や 途 中 乗 車 は 自 由 。 運 賃 は 所 定 の 20 % 引 き 。 Q き っ ふ 輸 島 - ・ JR 木 ノ 浦 名 古 屋 市 内 か ら 新 幹 線 ( の ぞ み を 除 く ) と 在 来 の と 鉄 道 J 日 バ ス 穴 水 ・ 出 蛸 線 の 特 急 、 急 行 の 普 通 車 自 由 席 が 利 用 で き る 往 そ の 他 の バ ス 島 復 割 引 切 符 。 名 古 屋 市 内 か ら 金 沢 ま で は 1 万 金 森 和 自 温 泉 沢 本 三 上 手 冫 み 2060 円 。 有 効 期 間 は 6 日 間 。 : 謗 イ 北 陸 工 コ ノ ミ ー き っ ふ 津 加 賀 名 古 屋 市 内 か ら 在 来 線 の 特 急 、 急 行 列 車 の 普 通 ・ 深 谷 元 湯 車 指 定 席 を 利 用 で き る 10 枚 セ ッ ト の 回 数 券 。 1 ※ 各 ト ク ト ク き っ ぷ に は 利 用 に 際 し さ ま ざ ま な 綴 り が 5 万 7700 円 ( グ リ ー ン 車 用 8 万 2000 円 ) で 、 1 枚 あ た り の 値 段 は 5770 円 。 グ ル ー プ で の 条 件 が あ る の で 、 詳 し い 内 容 の 確 認 や 問 合 せ は 、 旅 行 に 利 用 す れ ば と て も お 得 。 最 寄 り の JR み ど り の 窓 口 な ど へ 。 ス ) な び 第 工 第 検 索 が で き る ナ イ ト が い く つ も あ る の で ・ 霰 0 〒 0 の 刻 表 編 集 蔀 が 営 す 刻 表 探 女 唹 - 。 せ ひ 利 用 し た い 下 訂 目 的 地 ま で の 最 短 経 路 や 運 , - 時 刻 表 を 検 索 〕 " な に 第 蜑 J R 西 で き る の で 大 変 便 壥 募 第 第 . : 第 気 え き ね ど 0 白 本 の お 再 な 」 満 載 の ツ 行 驚 ・ ロ http://inavi.eki-net.(ⅷ/ 時 刻 表 や 乗 蹊 え 内 な な 電 第 え を と 藜 塰 こ 窰 : 第 亠 舅 第 翆 舅 ロ http://www.ir-central.co.jp/ に 登 録 す る こ と で 表 示 さ れ て い る 列 車 の 自 的 ま . で の 指 定 席 を 予 約 で ぎ る 便 利 な サ イ を に 戸 を , と 事 当 第 当 諸 JR 東 海 の を 第 内 そ き る JR 東 日 を ほ ら と い し か わ ネ ッ ト 0 ロ ・ htip://www.hoト ishikawa. ip/ 索 条 倅 を 入 方 ま る ・ し 硬 利 で お 下 ツ な チ を 第 ト 。 を 砌 右 川 騁 の 永 三 公 べ 多 の 年 に あ 亟 第 由 み の 交 通 ア ク ズ を ザ 覧 で き る 。 列 車 だ げ で な く 飛 行 情 報 が 表 示 さ れ ・ 鴿 女 性 専 用 の 乗 第 放 題 ぎ ゑ な : ・ ・ ヤ ) は な ど も 合 わ 甘 紹 介 : し て お り 新 に 岬 や か 情 報 内 容 が 特 徴 た 訂 ・ 、 1 三 : み 第 を 。 ・ : 瞬 を 引 - メ ~ - , 録 第 を 攣 0 2 時 間 29 分 ~ 2 時 間 50 分 朝 片 道 6940 の 組 立 方 特 急 「 雷 鳥 」 「 サ ン ダ ー バ ー ド 」 円 ( 自 由 席 ) 人 手 配 0 最 速 2 時 間 50 分 朝 片 道 6600 JR ト ク ト ク き っ ふ い ろ い ろ JR に は ト ク す る 切 符 が い つ ば い 特 急 「 し ら さ き 」 円 ( 自 由 席 ) 北 陸 鉄 道 - 鉄 道 検 索 ・ 予 約 サ イ ト 只 25

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


② フ リ ー プ ラ ン と は ・ ② 個 人 己 と は 旅 ー 現 地 で は 自 由 に 行 動 が で き て ど こ ま で も 自 分 流 に こ だ わ る 。 の 自 由 で わ が ま ま な が で き る の が : 手 料 金 は 抑 え 気 味 。 配 オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス も う れ し い 。 最 大 の ポ イ ン ト 。 の 仕 往 復 の 交 通 と 宿 泊 を セ ッ ト に し た 旅 行 バ ッ 旅 行 の 総 費 用 は 割 高 に な る が 、 自 分 な り の 個 ク 。 予 算 や 日 程 に 合 わ せ て 発 着 場 所 や 交 通 手 段 、 性 的 な 旅 に こ だ わ り た い な ら 個 人 手 配 が お す す め だ 。 チ ケ ッ ト の 手 配 や ホ テ ル の 予 約 、 観 光 名 宿 な ど を さ ま ざ ま な 選 択 肢 か ら 選 ぶ こ と が で き る 。 1 ~ 2 人 か ら で も 催 行 さ れ 、 現 地 で の 行 動 も 所 や 人 気 ス ポ ッ ト の 開 い て い る 時 間 の 確 認 な ど 、 す べ て 自 分 で 計 画 を 立 て な け れ ば い け な い 個 人 や グ ル ー プ 単 位 が 基 本 の た め 、 自 由 度 は か な り 高 い 。 た だ し ツ ア ー に 含 ま れ る 料 金 は 、 現 が 、 そ の た め の 時 間 と 労 力 を 惜 し ま な い な ら 問 地 ま で の 交 通 費 と 宿 泊 費 の み な の で 、 観 光 地 間 題 な い 。 旅 行 会 社 を 通 し て 一 括 で 手 配 し て も ら う こ と も 可 能 な の で 、 プ ラ ン が 決 ま っ た ら 一 度 、 の 移 動 に か か る 交 通 費 、 施 設 の 利 用 ・ 入 場 料 な ど は 別 途 必 要 。 旅 行 総 予 算 の 概 算 時 に は 気 を つ 相 談 し て み る の も い い だ ろ う 。 ① 例 え ば こ ん な プ ラ ン ・ け た い 。 出 発 日 間 際 の 申 し 込 み や 日 程 の 変 更 が で き な い の は 少 々 不 便 だ が 、 運 賃 や 宿 泊 費 は 団 東 尺 か ら に 温 泉 2 泊 3 日 体 割 引 が 適 用 さ れ 、 個 人 手 配 よ り は 安 く 行 く こ と が 可 能 。 ツ ア ー に よ っ て は 早 期 予 約 割 引 や 、 ・ 航 空 料 金 ( 東 京 ー 小 松 往 復 普 通 運 賃 ) ・ ・ ・ 3 万 連 泊 割 引 な ど の オ プ シ ョ ン サ ー ヒ ス も あ る 。 3400 円 ① 例 え ば こ ん な プ ラ ン ・ ・ 宿 泊 ・ ・ ・ ホ テ ル た な 嘉 花 舞 季 、 ア パ ホ テ ル 金 沢 東 示 か ら 金 沢 ・ 和 倉 温 泉 2 泊 3 日 羽 田 空 港 発 着 ( レ ン タ カ ー 付 ) 駅 前 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ ・ ・ 2 万 7000 円 戸 グ メ 第 ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 様 の 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 7500 円 ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 4 万 700 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 程 度 の 食 事 を し た 場 合 ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 天 空 の 宿 大 観 荘 、 金 沢 工 ク セ ル ホ テ ル の 予 算 概 算 ( 昼 食 2 回 、 夕 食 1 回 ) ・ ・ ・ 7500 円 東 急 ・ tota ト ? 万 5400 円 十 お み や げ 代 ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 様 の 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 不 要 ( レ ン タ カ ー 使 用 ) 名 古 屋 か ら に 2 日 ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 程 度 の 食 事 を し た 場 合 の 予 算 概 算 ( 昼 食 3 回 、 夕 食 1 回 ) ・ ・ ・ 7500 円 ・ 列 車 運 賃 ( JR 名 古 屋 駅 ー JR 金 沢 駅 往 復 普 通 運 ・ to 回 → 4 万 8200 円 十 お み や げ 代 賃 十 通 常 期 指 定 席 特 急 料 金 ) ・ ・ ・ 1 万 4260 円 な 1 ′ ー , 三 ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 金 沢 白 鳥 路 ホ テ ル ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) 名 古 屋 か ら に 知 2 日 ′ : 第 ィ 第 に ・ ・ ・ 7000 円 ー 2 ぇ 7 彳 ら ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 様 の 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 1 万 8000 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 900 円 ( 金 沢 市 内 観 光 フ ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 金 沢 ス テ ー シ ョ ン ホ テ ル な 呼 影 第 リ ー 乗 車 券 ) ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 様 の 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 霧 第 豸 を ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 程 度 の 食 事 を し た 場 合 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 900 円 ( 金 沢 市 内 観 光 フ の 予 算 概 算 ( 昼 食 2 回 、 夕 食 1 回 ) ・ ・ ・ 6000 円 リ ー 乗 車 券 ) ・ tota ト 2 万 8160 円 十 お み や げ 代 ・ バ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 程 度 の 食 事 を し た 場 合 の 予 算 概 算 ( 昼 食 2 回 、 夕 食 1 回 ) ・ ・ ・ 6000 円 大 阪 か 」 2 日 ・ tota ト 2 万 4900 円 十 お み や げ 代 ・ 列 車 運 賃 ( J 日 大 阪 駅 ー JR 金 沢 駅 往 復 普 通 運 大 阪 か ら に 髴 2 日 賃 十 通 常 期 指 定 席 特 急 料 金 ) ・ ・ ・ 1 万 4880 円 ・ 宿 泊 ・ ・ ・ ホ テ ル 日 航 金 沢 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ ツ ア ー 代 金 ・ ・ ・ 1 万 8200 円 ( 2 名 1 室 利 用 の 場 合 ) ・ ・ ・ 1 万 4300 円 ・ 宿 泊 ・ ・ ・ 金 沢 都 ホ テ ル す す イ ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 様 の 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 様 の 観 光 ス ポ ッ ト を 巡 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 98 円 る 場 合 の 交 通 費 概 算 ・ ・ ・ 900 円 ( 金 沢 市 内 観 光 フ ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 程 度 の 食 事 を し た 場 合 リ ー 乗 車 券 ) の 予 算 概 算 ( 昼 食 2 回 、 夕 食 1 回 ) ・ ・ ・ 6000 円 ・ パ ッ ケ ー ジ ツ ア ー と 同 程 度 の 食 事 を し た 場 合 ・ tota ト 3 万 6080 円 十 お み や げ 代 の 予 算 概 算 ( 昼 食 2 回 、 夕 食 1 回 ) ・ ・ ・ 6000 円 ・ to → 2 万 5100 円 十 お み や げ 代 問 第 鰤 準 間 第 嚇 蘿 ! 阜 嚀 } 第 得 瞻 霪 ' , に 軅 鬻 第 簽 居 第 虧 行 館 C 個 人 手 プ ラ ン B フ リ ー の 組 立 方 豊

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


1 4 か 洫 00767-62 ー 23202 一 泊 ニ 食 燗 ~ 250 近 海 の 活 魚 作 り ・ 姿 盛 り 旅 旅 事 は ま な す 00767-62-10 CD 一 泊 ニ 食 ~ 姿 カ ニ の 一 杯 付 け が 好 評 旅 割 烹 旅 館 海 月 00767-62 ー 22282 一 泊 ニ 食 燗 ~ 2 四 季 折 々 の 新 鮮 な 味 旅 岡 田 屋 旅 ホ テ ル き よ み ず ー 00767-62-34 一 泊 ニ 食 刪 ~ 2 新 鮮 な 魚 介 料 理 が 好 評 00767-62-2083 一 泊 こ 食 100 ~ 2 開 舟 盛 ・ カ キ 貝 づ く し 要 予 約 旅 花 ご よ み 00767-62-2327 ( 一 泊 ニ 食 80 ~ 料 理 自 慢 の 温 泉 旅 館 旅 青 海 荘 00767-62-24202 一 泊 ニ 食 80 ~ 150 朝 一 番 の 新 鮮 な 魚 料 理 旅 鈴 鹿 荘 要 00767-62-24502 一 泊 ニ 食 80 ~ 150 名 物 ナ マ コ 料 理 ( 冬 期 ) 旅 ゆ の く に 00767-62-24312 一 泊 ニ 食 80 ~ 150 新 鮮 な 海 の 幸 と 温 泉 三 昧 旅 湯 の 華 00767-62-2062 一 泊 ニ 食 60 ~ 120 予 算 で 各 種 鮮 魚 料 理 旅 奥 田 屋 旅 ホ テ ル 高 州 園 00768-22 ー 88882 一 泊 こ 食 ~ 1 网 日 本 海 一 望 の 客 室 と 大 浴 場 第 米 久 ー ー 00768 ー 22- 88 ( の 一 泊 ニ 食 150 ~ 38 香 と 抹 茶 で 迎 え て く れ る 00768-22 ー 50112 一 泊 ニ 食 120 ~ 240 日 本 海 を 一 望 の 下 に す る 宿 旅 輸 島 マ リ ン ホ テ ル 00768 ー 22-20630 一 泊 ニ 食 1 ~ 1 朝 市 へ 近 い 、 旅 東 屋 00768-22-15 一 泊 ニ 食 80 ~ 90 観 光 に 便 利 な 中 心 地 に 立 つ ペ P. か も め ~ 0076 22-23572 一 泊 ニ 食 68 ~ 92 袖 ケ 浜 市 街 一 望 の 高 台 公 国 民 宿 舎 輸 島 荘 00768-22-01382 一 泊 ニ 食 143 ~ 198 漆 に こ だ わ っ た 浜 屋 造 旅 う る し の 宿 や し き 00768-22-00362 一 泊 ニ 食 燗 ~ 胸 朝 市 通 り に 立 地 旅 広 谷 旅 館 00768-22-02322 一 泊 ニ 食 刪 ~ 150 朝 市 通 り 中 心 に 立 地 旅 長 岡 旅 館 00768-22-02722 一 泊 ニ 食 剏 ~ 新 鮮 な 魚 、 山 菜 、 い し る 鍋 旅 花 屋 00768-22-02812 一 泊 ニ 食 燗 ~ 150 日 本 海 を 一 望 で き る 旅 西 花 旅 館 00768-22-00252 一 泊 ニ 食 —120 新 鮮 な 刺 身 料 理 が 自 慢 旅 旅 館 浜 忠 00768 ー 22-0296 ( 一 泊 ニ 食 80 ~ 120 市 内 の 中 心 で 観 光 に 至 便 旅 恵 比 須 屋 旅 館 00768-22-56562 一 泊 ニ 食 80 ん 150 自 家 水 揚 げ の 活 魚 料 理 旅 割 烹 旅 館 城 兼 00768-22- 側 142 一 泊 ニ 食 80 ~ 150 朝 市 へ 女 6 分 旅 川 端 旅 館 00768-22-02362 素 泊 4 し 旅 新 橋 旅 館 ー 朝 市 に 近 い 河 畔 の 宿 00768-22 ー 0177 S50 ~ 80 ホ 輪 島 ス テ ー シ ョ ン ホ テ ル 朝 市 へ 8 分 。 和 室 有 、 00768-22 ー 17672 一 泊 食 70 ~ ~ 自 家 製 ク ロ ワ ッ サ ン が 人 陬 ペ P. ク ロ ワ ッ サ ン 00768 ー 22-1503 一 泊 ニ 食 65 ~ 輪 島 駅 観 光 セ ン タ ー 民 輪 島 の 民 宿 007 -62-2295 ( の 一 泊 ニ 食 68 ~ 100 内 浦 湾 越 し に 立 山 遠 望 公 国 民 宿 舎 能 登 う し つ 荘 00768-76 ー 1550 ( の 一 泊 二 食 68 ~ 素 朴 な 山 村 の 温 泉 宿 公 国 民 宿 舎 能 登 ゃ な ぎ だ 荘 の 王 湾 つ く も お い ( 九 ナ 九 湾 グ ラ ン ド ホ テ ル 00768-74-11332 一 泊 ニ 食 15 ト 繝 天 然 海 水 工 ス テ の 露 天 風 加 ( 旅 ニ ュ ー 百 楽 荘 00768-74-1115 ( お 一 泊 こ 食 120 ~ 3 開 九 十 九 湾 の 景 観 が 美 し い 00768-740246 ( 一 泊 ニ 食 70 ~ 120 近 く に 公 営 露 天 温 泉 有 旅 水 旅 館 ( 公 能 登 動 労 者 プ ラ サ 00768-74- 51 ( の 一 泊 ニ 食 79 ~ 173 レ ク リ エ ー シ ョ ン 施 設 有 00768-72-04958 一 泊 ニ 食 65 ~ 内 浦 町 観 光 物 産 セ ン タ ー 民 九 十 九 湾 の 民 宿 00768 ー 86 ー 2221 ( の 一 泊 こ 食 68 ~ 88 木 ノ 浦 海 中 公 園 を 望 む 公 国 民 宿 舎 能 登 き の う ら 荘 00776-81-3111 ( の 一 汨 ニ 食 110 ~ 350 市 街 地 の 高 台 に 立 つ 湯 ( 三 国 観 光 ホ テ ル 00776-82 ー 55152 一 泊 ニ 食 80 ~ 三 国 町 観 光 案 内 所 民 東 尋 坊 の 民 宿 ー 井 の 76163 333 ” ・ 0 い : 232955 : 仙 台 . 朝 1 0 : OO— 1 9 : 00 な し 6022-22 ト 4422 ・ 88- -41 ・ 朝 1 0 : OO ~ 1 8 : OO 千 葉 祝 日 6043-222-338 ・ 03 245 55 ロ 9 : 30 ~ 21 : OO ー 神 奈 川 な し 6045-475-3 ア 1 1 ・ 025 224 09:00—20:00 佛 な し ー 名 古 屋 6052-52-2030 ・ 07 ← 2 - ア 07 ・ 朝 1 0 : 30— 1 8 : 30 京 都 60 ア 5-241-0246 佛 な し ・ - 99830 ロ 1 0 : OO— 1 9 : OO 佛 な し 神 戸 6078-231-41 18 ・ 082 ・ 542- 引 5 朝 10 : OO ~ 18 : OO 福 岡 日 曜 ・ 祝 日 6g2-781978 ー の 仙 台 と 神 戸 の 土 、 白 曜 [ ま : 、 00P ・ 司 TB 旅 の 予 約 セ ノ 0 0 レ ノ J を 」

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


3 4 隰 第 巐 嵎 覇 第 第 古 都 金 沢 を あ ま す と こ ろ な く 堪 能 ① 金 沢 古 都 め ぐ り 一 ど う 回 ろ う ? プ ラ ン コ ー ス メ 無 駄 な く 観 る ! の 旅 い く ら ? : 東 京 発 、 金 沢 2 : : 3 日 フ リ ー プ ラ 、 : ( 4 月 平 日 出 発 ) : 場 合 2 万 6800 北 鉄 パ ス 15 分 イ 2 円 一 -- ・ ※ JR 金 沢 駅 ま で 十 : ( 金 沢 市 内 で の の 往 復 鉄 道 料 金 : 通 費 、 食 事 代 、 は 含 ま れ て い ま せ 十 広 小 路 : etc を 含 ま な い ) ん 。 Time40 分 拝 観 800 円 ( 要 予 約 ) P70 参 照 妙 立 寺 ( 寺 町 ) 加 賀 藩 前 田 家 の 祈 願 所 と し て 創 建 。 寺 内 に は 仕 掛 け が あ る こ と か ら 忍 者 寺 と も 呼 ば れ る 。 P54 ~ 参 照 に し 茶 屋 街 “ Time30 分 飲 食 店 や シ ョ ッ プ が 集 ま る 見 学 自 由 Time40 分 地 域 。 夕 食 は P68 ~ 参 照 こ で 金 沢 の 入 館 300 円 花 街 ら し い 格 子 室 生 犀 星 記 念 館 幸 を 堪 能 。 P69 参 照 戸 と 軒 先 の 行 灯 金 沢 の 三 文 豪 の ひ と な ど が 連 な る 風 り 、 室 生 犀 星 の お い 第 情 あ る 茶 屋 街 風 た ち か ら 文 学 活 動 、 景 や 、 金 沢 西 茶 片 町 交 友 関 係 な ど を 紹 介 屋 資 料 館 ( 入 館 → し て い る 。 無 料 ) を 見 学 。 P102 ~ 参 照 ー ー Time40 分 石 川 県 立 歴 史 博 物 館 片 町 周 辺 ま た 第 入 館 250 円 は 兼 六 園 近 く の ホ テ ル が 徒 P52 参 照 歩 範 囲 で 、 都 石 川 の 歴 史 の 古 兼 六 園 ぅ 合 も い い 。 代 か ら 近 代 ま で を 紹 介 。 明 治 時 代 に 建 て ら れ た 赤 レ ン ガ の 重 厚 金 沢 城 公 園 Time30 分 な 建 物 は 、 国 の 重 要 文 イ ヒ 財 。 入 館 300 円 P61 参 照 Time60 分 香 林 坊 ・ 片 町 ・ 竪 町 加 賀 藩 主 前 田 利 一 家 と 正 妻 ま つ の 入 園 自 由 次 男 、 前 田 利 政 P52 参 照 を 祖 と す る 前 田 め 加 賀 藩 歴 代 藩 主 ー 土 佐 守 家 に 伝 わ 前 田 土 佐 守 家 資 料 館 の 居 城 。 今 も 残 る 貴 重 な 歴 史 資 る 石 垣 や 石 川 門 、 料 を 展 示 。 復 元 さ れ た 五 十 間 長 屋 ・ 橋 爪 門 長 町 武 家 屋 敷 跡 P102 ~ 参 照 続 櫓 、 菱 櫓 な ど が み ど こ ろ 。 2 泊 目 は 、 金 沢 の 郷 土 料 理 Time20 分 を 味 わ え る 料 散 策 自 由 広 小 路 ! 理 旅 館 が お す 知 ら な い 土 地 で 、 P60 ~ 参 照 す め 。 限 ら れ た 時 間 で い か っ て 中 級 武 士 や 下 級 武 士 の 住 か に も れ な く 回 る 橋 場 町 Time30 分 ま い が あ っ た 工 か 。 す べ て 事 前 に 散 策 自 由 リ ア で 、 土 塀 を 巡 ら せ た 屋 敷 が P64 ~ 参 照 プ ラ ン を 組 ん で お 並 ぶ 路 地 に 今 も 金 沢 の 三 茶 屋 泉 鏡 花 記 念 館 く こ と が 大 切 。 そ の 姿 が 残 る 。 街 の ひ と つ 。 こ に 紹 介 す る 5 プ 見 学 で き る 茶 屋 は 、 志 摩 と ラ ン を 参 考 に 、 オ Time30 分 懐 華 楼 。 格 子 ひ が し 茶 屋 街 入 館 300 円 リ ジ ナ ル プ ラ ン を が 連 な る 町 並 P65 参 照 み が 風 情 を 漂 立 て て み よ う 。 カ せ る 。 泉 鏡 花 の 生 家 跡 に 立 ち 、 鏡 花 の 橋 場 町 遺 品 や 初 版 本 を 金 沢 百 番 街 展 示 し て い る 北 鉄 パ ス 10 / 200 円 一 -- ヂ 一 JR 金 沢 駅 構 内 に あ る み や げ 店 が bus 古 い 土 蔵 を 利 用 ー 並 ぶ ゾ ー ン 。 石 川 県 の 銘 菓 や 地 し た 展 示 室 も 印 酒 、 特 産 品 、 輪 島 塗 な ど の 工 芸 J R 金 沢 駅 象 的 。 品 が 一 堂 に 集 ま り み や げ の ま と め 買 い に 便 利 。 MAP P402 モ 一 ア ル プ ラ ン ホ テ ル 代 食 事 代 入 館 料 etc. 600 円 金 沢 駅 ま で の JR 運 賃 は P24 ~ 25 参 照 。 こ で は 昼 ご ろ 到 着 し た 場 合 を 想 定 。 3 分 集 6 分 3 分 5 分 お 日 目 5 ~ 10 分 泊 ま る い P54 ~ 参 照 シ ョ ッ ピ ン グ ビ ル が 林 立 す る 工 : リ ア で 、 一 歩 路 地 に 入 れ ば 飲 食 店 が 並 ぶ 。 す Time60 分 入 園 300 円 P50 参 照 ー 加 賀 藩 前 田 家 の 。 歴 代 藩 主 が 170 年 の 歳 月 を か け て 造 り 上 げ 、 六 つ の 景 観 を 兼 れ 、 備 え た 林 泉 回 遊 式 庭 園 。 す 8 分 す ぐ 北 鉄 パ ス 6 / 28 円 一 -- ・ bus 3 分 日 目 6 分 ① ワ ン ポ イ ン ト ア ド バ イ ス 市 内 に 2 泊 の 場 合 は 、 1 日 目 は 片 町 周 辺 で 外 食 し ホ テ ル 。 2 日 目 は 加 賀 料 理 と 加 賀 情 緒 を 味 わ う 料 理 旅 館 へ 。 移 動 は ほ と ん ど 徒 歩 で 、 バ ス は 200 円 区 間 。 時 間 が な け れ ば レ ン タ サ イ ク ル ( P 46 参 照 ) を 使 っ て 回 る の も い い 。 に 0 を 0 ・ の 宿 「 , 第 を は を 受 32

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


定 観 バ ス 利 用 ー い し か わ ま る ご と 欲 張 り プ ラ ン 4 幡 , ~ 3 バ ス で 回 る 能 登 ・ 金 沢 ・ 加 賀 の 旅 い く ら ? ( 所 要 時 間 3 時 間 分 ) 13 時 10 分 発 金 沢 定 期 観 光 バ ス ( 兼 六 園 コ ー . タ / 27 円 ) で 回 る ※ JR 金 沢 駅 ま で 十 の 交 通 費 は 含 ま れ て お り ま せ ん 。 十 店 の 商 品 が 並 ぶ 。 : 第 Ti me30 分 散 策 自 由 P163 参 照 通 り の 両 側 に 幅 Time40 分 2 m ほ ど の 露 店 入 館 1000 円 が ぎ っ し り 並 ぶ 。 P119 参 照 鮮 魚 や 野 菜 、 漬 赤 レ ン ガ の 建 物 。 物 、 民 芸 品 な ど 館 内 の 1 ~ 3 階 を 販 売 し て い る 。 フ ロ ア に 、 明 治 か ら 昭 和 に か け Time40 分 て の 車 500 台 を ① ワ ン ポ イ ン ト ア ド バ イ ー 展 示 し 圧 巻 。 拝 観 500 円 ~ 金 沢 も 能 登 も 半 日 。 ー ス の P119 参 照 期 観 光 バ ス で 回 る た め 料 金 し き 養 老 元 年 ( 71 力 に リ ー ズ ナ ブ ル 。 そ の 分 、 1 日 ー を 泰 澄 大 師 が 開 基 。 の 外 食 や 2 日 目 の 輪 島 温 泉 に 4 本 殿 、 護 摩 堂 な 日 本 自 動 車 博 物 館 泊 に は 、 そ の 土 地 な ら で は の 第 、 ど が 国 の 重 要 文 グ ~ を 味 わ 0 、 贅 沢 し た 0 ゾ を 化 財 。 境 内 の 紅 荷 物 は ほ と ん ど 持 っ て 行 動 す 葉 も 有 名 。 ・ 。 」 る 。 。 最 小 限 。 = と ど 。 た 。 漑 JR 加 賀 温 泉 駅 噬 多 第 第 行 引 豸 簽 - 第 疉 鞋 を 第 第 新 を み 豸 ッ 彜 , 社 弓 , 。 , い ” = 。 第 。 叫 → ト み 屋 叫 ~ 明 岼 第 嬲 第 を 蠍 第 4 第 第 当 囎 剏 第 第 整 霍 味 町 御 第 な ど う 回 ろ う ? コ ー ス 三 石 川 を ま る ご と 回 : る フ リ ー プ ラ ン は : ほ と ん ど な い 。 東 三 京 発 、 金 沢 ・ 輪 島 : 2 泊 3 日 フ リ ー プ : ラ ン の 場 合 は 3 万 Time40 分 入 館 600 円 P52 参 照 13 代 加 賀 藩 主 が 一 母 の 隠 居 所 と し て 建 て た 豪 壮 な 殿 閣 。 全 体 に 優 美 な 造 り と な っ て い る 。 J R 金 沢 駅 成 巽 閣 兼 六 園 Time60 分 Time20 分 天 徳 院 拝 観 500 円 散 策 自 由 P14 参 照 P60 参 照 江 戸 時 代 は 中 級 3 代 藩 主 利 常 の 長 町 武 家 屋 敷 跡 正 室 珠 姫 の 菩 提 や 下 級 武 士 の 居 寺 。 24 歳 で こ の 住 区 。 土 塀 を 巡 世 を 去 っ た は か ら せ た 屋 敷 が 今 な い 生 涯 を か ら も 残 り 、 風 情 あ 金 沢 駅 く り 人 形 で 再 現 。 る 界 隈 だ 。 12 時 45 分 発 ( 所 要 時 間 4 時 間 15 分 ) 能 登 半 島 め ぐ ) 定 観 バ ス ( 輪 島 温 泉 号 / 3 0 円 ) で 回 る P102 ~ 参 照 1 日 目 は 金 沢 の ホ テ ル を 利 用 。 夕 食 。 は 加 賀 料 理 が 楽 Time20 分 め る 料 亭 や 居 酒 屋 見 学 自 由 P172 参 照 な ど 予 算 に 合 わ せ ; 珍 し い 砂 浜 の ド ラ イ プ ロ ー Ti me30 分 て 。 ド 。 全 長 8km で 、 粒 子 の 細 見 学 自 由 か い 砂 が 固 く 締 ま り 大 型 バ P168 ・ 169 ス も 走 行 0 KO 弧 を 描 く 海 岸 線 Ti me40 分 が 美 し い 増 穂 浦 拝 観 400 円 海 岸 。 世 界 一 長 Time30 分 P166 参 照 い べ ン チ が 設 置 入 館 600 円 能 登 随 一 の 曹 し て あ る ほ か キ P163 参 照 ャ ン プ 場 も 整 う 。 宗 の 古 刹 。 総 ケ 世 界 で も 評 価 の Time20 分 ヤ キ 造 り の 豪 壮 高 い 輪 島 塗 を 中 - な 山 門 や 重 要 文 入 館 無 料 海 外 の 漆 し 、 に 、 化 財 の 経 蔵 な ど 下 記 ※ 注 1 参 照 器 も 展 示 す る 漆 が あ る 。 1 階 に は 、 市 内 ー 芸 専 門 の 美 術 館 。 100 の 漆 芸 専 門 - 2 階 に 輪 島 漆 器 資 料 館 ( 入 館 、 2 円 ) を 併 設 。 ホ テ ル 代 食 事 代 入 館 料 etc. 1 万 880 円 T 而 e60 分 入 園 300 円 P50 参 照 加 賀 藩 前 田 家 の 歴 代 藩 主 が 170 年 の 歳 月 を か け て 造 営 。 六 つ の 景 観 を 兼 ね 備 え た 回 遊 式 庭 園 。 16 時 50 分 着 J R 金 沢 駅 千 里 浜 な き さ ド ラ イ プ ウ ェ イ 増 穂 浦 總 持 寺 祖 院 石 川 県 輪 島 漆 芸 美 術 館 輪 島 漆 器 会 館 輪 島 ふ ら っ と 訪 夢 PI 76 ~ 参 照 輪 島 で 温 泉 を 引 い 。 て い る 宿 が お す す め 。 料 理 は 、 旅 館 も 民 宿 も 魚 介 コ ー が 満 喫 で き る 。 17 時 着 輪 島 朝 市 J R 金 沢 駅 JR 加 賀 温 泉 駅 那 谷 寺 特 急 バ ス 2 時 間 10 分 / 22 円 JR 特 急 利 用 30 分 / 1780 . ain. キ ャ ン ・ バ ス 15 分 ( 1 日 周 遊 券 78 円 ) キ ャ ン ・ バ ス 25 分 キ ャ ン ・ バ ス 10 分

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


金 沢 ・ 能 登 旅 の て 旅 中 安 旅 館 0076-231 ー 31282 一 泊 ニ 食 70 ~ 150 新 鮮 素 材 の 郷 土 料 理 が 主 体 お 泉 第 わ く お ん せ ん , 007 235-10312 一 泊 ニ 食 180 ~ 3 圓 湯 涌 温 泉 入 口 に あ る 宿 ( 旅 懐 石 の 宿 三 右 ェ 門 戸 田 屋 ( 旅 か な や 0076-235-12112 一 泊 ニ 食 15 ト 5 郷 土 料 理 、 治 部 煮 は 好 評 ( 旅 あ た ら し や 0076-235-1011 ( 一 泊 ニ 食 150 ~ 3 昔 な が ら の 木 造 平 屋 建 0076-235-1311 CD 一 泊 ニ 食 160 ~ 250 医 王 山 を 望 む 展 望 風 呂 旅 秀 蜂 閣 ( 場 涌 山 荘 や ま ね 0076-235-1321 ( 一 泊 ニ 食 15 ト 2 圓 山 菜 ・ 川 魚 料 理 が 自 慢 0076-235-1216 ( 一 泊 ニ 食 150 ~ 280 料 理 自 慢 の 宿 旅 日 本 料 理 さ か え や 0076 ト 246123 ( S77 ~ 79 .iß ホ ホ テ ル サ ン ル ー ト 小 状 鮮 魚 料 理 が 好 評 旅 う さ み 温 泉 00761-22-55262 一 泊 ニ 食 88 ~ 240 純 天 然 温 泉 。 総 桧 風 呂 有 00761-22-0842 一 泊 ; 食 65 ~ 150 日 本 庭 園 と 料 理 が 自 慢 旅 老 松 00761-21-8555 ( T90 ~ 120 ホ 小 松 プ ラ サ ホ テ ル 交 通 至 便 で ビ ジ ネ ス に 適 00761-21-1111 ( の S66 ~ 77 ホ 小 松 グ ラ ン ド ホ テ ル 都 市 型 総 合 ホ テ ル 00761 ー 23 ー 1111 ( S55 ホ APA HOTE し く 小 松 > 」 R 小 松 駅 に 至 近 0076 ト 23-3000 の S48 チ ェ ッ ク イ ン 時 に 料 金 精 算 ホ ハ イ バ ー ホ テ ル 小 松 00761-22-01772 S45 ~ ホ ビ ジ ネ ス H 大 地 小 松 駅 前 で も 静 か な 所 00761-22-06652S40 ~ 55 朝 食 付 小 松 駅 前 、 空 港 へ も -10 分 ホ ホ テ ル エ ア ホ ー ト 小 松 課 津 温 泉 ゆ づ お ん せ ん 学 00761-65-10212 一 泊 ニ 食 150 ~ 3 開 湯 街 に 立 つ 静 か な 湯 宿 旅 あ わ づ 湯 の 宿 も り も と 00761-65-22222 一 泊 ニ 食 120 ~ 古 木 茂 る 広 大 優 雅 な 庭 旅 か み や 00761-65-1811 ( の 一 泊 こ 食 刪 ~ 200 芒 硝 泉 で 飲 泉 が 胃 腸 に 良 旅 か め た に 00761 ー 7 06112 一 泊 ニ 食 130 ~ 300 柴 山 潟 に 面 し 温 泉 街 の 中 心 旅 か の や 光 楽 苑 00761 ー 74 ー 01502 一 泊 ニ 食 130 ~ 200 温 泉 と 泡 風 呂 は 終 日 入 浴 可 旅 ホ テ ル 向 陽 旅 北 陸 古 賀 乃 井 00761 ー 741041 ( 一 泊 ニ 食 2 印 新 鮮 な 魚 介 の 会 席 料 理 00761-74-88882 一 泊 ニ 食 ~ 250 柴 山 潟 湖 畔 で 眺 望 豊 か 旅 ほ う ら い 遊 仙 閣 00761 ー 72-79 一 泊 ニ 食 60 ~ 加 賀 市 役 所 観 光 課 民 片 山 津 の 民 宿 代 日 泉 や る お ん せ ん 、 00761-77-01502 一 泊 ニ 食 250 ~ 500 京 風 数 寄 屋 造 の 客 室 が 好 評 。 - 旅 ホ テ ル 大 寿 苑 ( 山 下 家 、 0076 ト 7 2222 一 泊 ニ 食 201 ~ 网 冬 期 は 鍋 物 や カ ニ 料 理 好 評 00761-77-15152 一 泊 ニ 食 180 ~ 380 緑 山 雑 木 風 の 庭 園 が 評 判 旅 み ど り の 宿 萬 松 閣 ( 白 山 菖 蒲 事 00761-77 」 0335 ( の 一 泊 ニ 食 180 ~ 450 純 和 風 で 魚 介 料 理 自 慢 00761-77 ー 03 CD 一 泊 ニ 食 150 ~ 魯 山 人 の 作 品 展 示 が あ る 旅 吉 野 屋 旅 吉 田 屋 ホ テ ル 山 王 閣 00761-77-1001 ( の 一 泊 ニ 食 130 ~ 350 日 本 海 の 魚 大 盃 盛 り が 人 気 0 00761-76 ー 11302 一 泊 ニ 食 1 開 ~ 2 100 人 収 容 大 ホ ー ル 有 旅 ホ テ ル き き よ う 00761-77-3700 ( 一 泊 ニ 食 90 ~ 250 自 慢 の 加 賀 会 席 が 好 評 旅 州 鉄 道 ホ テ ル 西 鶴 苑 00761 ー 77 ー 10262 一 泊 ニ 食 80 ~ 400 新 鮮 魚 介 の 料 理 が 好 評 旅 ホ テ ル ゑ び な 00761 ー 76 ー 0010 ( 一 泊 ニ 食 90 ~ 120 北 欧 風 の 白 い 建 物 の P. ペ ー ー デ ン ・ バ ー デ ン 00761-77-38 一 泊 ニ 食 77 ~ 120 旅 館 風 ム ー ド と 設 備 ペ ハ イ ヤ P. 00761-77-16 素 泊 43 ~ 78 山 代 温 泉 中 心 街 に 立 地 公 山 代 簡 易 保 険 保 養 セ ン タ ー 00761-78-1301 CD 一 泊 ニ 食 140 ~ 3 渓 流 に 面 し た 数 寄 屋 造 の 宿 旅 お 花 見 久 兵 衛 00761-78- 10 の 一 泊 ニ 食 13 ト 5 圓 渓 谷 に 臨 ん だ 露 天 風 呂 好 評 旅 ホ テ ル 大 黒 せ ゝ ら き 事 00761-78-1414 ( 一 泊 ニ 食 120 ~ 352 水 車 と 庭 園 が あ る 渓 谷 の 宿 旅 想 い 出 づ く り 百 蜂 閣 00761-78-1122 ( 一 泊 ニ 食 ~ 繝 伝 統 誇 る 名 湯 と 和 の 風 雅 旅 紀 州 鉄 道 山 中 プ リ ン ス ホ テ ル 00761-78 ー 3636 ( 一 泊 ニ 食 刪 ~ 2 露 天 風 呂 、 岩 風 呂 自 慢 旅 ホ テ ル 山 中 さ く ら 00761-78-0708 ( の 一 泊 ニ 食 85 ~ 120 カ ニ ・ 刺 身 等 は 要 予 約 旅 山 中 白 雲 閣 00761-78-0017 ( T250 ~ ホ 河 鹿 荘 ロ イ ヤ ル ホ テ ル 名 勝 ・ 鶴 仙 渓 の 中 央 に 位 置 旅 北 陸 キ ャ ッ ス ル バ ー テ ン ホ テ ル 日 本 の 宿 山 乃 湯 00761-787126 ( 一 泊 ニ 食 ~ 温 泉 型 大 型 リ ゾ ー ト ホ テ ル 00761-78 ー 09 一 泊 ニ 食 燗 ~ 京 風 の 会 席 。 料 理 が 自 慢 旅 山 下 屋 00761-78-1234 ( 一 泊 こ 食 80 ~ 28 湯 元 の 源 泉 有 。 飲 泉 可 旅 越 後 屋 年 宿 市 ツ 有 お 頃 00767 ー 52 ー 3434 ( の 一 泊 ニ 食 7 ト 150 新 鮮 な 魚 介 料 理 が 自 慢 旅 さ た み や 旅 館 00767-53-1223 ( 一 泊 ニ 食 70 ~ 150 活 魚 料 理 、 会 席 料 理 が 自 慢 旅 七 尾 城 朝 倉 滝 泉 わ く ら お ん せ を - 00767-62-2323 ( 一 泊 ニ 食 180 ~ 7 圓 七 尾 湾 と 能 登 島 が 一 望 の 下 旅 ゆ け む り の 宿 美 湾 荘 00767-62-3331 ( 一 泊 ニ 食 150 ~ 繝 全 客 室 か ら 七 尾 湾 一 望 旅 銀 水 閣 00767-62-11512 一 泊 ニ 食 150 ~ 町 敷 地 内 に 散 策 路 が あ る 旅 能 登 観 光 ホ テ ル な お き 00767-62-1234 ( 一 泊 ニ 食 ~ 町 全 客 室 が 海 に 面 し 眺 望 良 旅 金 波 荘 今 昔 振 舞 00767-62- 圏 一 泊 ニ 食 ~ 七 尾 湾 や 能 登 島 の 眺 望 可 加 旅 和 倉 米 久 宿 泊 情 報

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


加 賀 温 泉 郷 せ き や 特 選 の 片 山 津 温 第 ほ と ん ど の 宿 が 柴 山 潟 に 面 し て い る せ き や TEL0761-74-1 133 MAP → PI 24B2 日 本 旅 館 の 真 髄 を き わ め た 老 舗 - . 治 19 年 ( 1886 ) 創 業 、 京 風 数 寄 屋 造 山 の 建 物 に 青 苔 の 庭 園 な ど 、 日 本 旅 館 の 粋 を 感 じ さ せ て く れ る 。 海 の 幸 を 多 用 し た 京 温 泉 風 懐 石 料 理 は 眼 福 ロ 福 と の 評 判 が 高 く 、 夕 食 ほ て る よ し の 朝 食 と も 部 屋 出 し 。 全 客 室 か ら 柴 山 潟 を 眺 め 、 ホ テ ル よ し の そ の 多 く は 茶 室 風 の 次 の 間 が 付 く 。 東 屋 に 似 TEL0761-74-0333 MAP → PI 24A2 た 野 天 風 呂 は 柴 山 潟 が 目 の 前 に 広 が り 情 緒 た っ ぷ り 。 露 天 風 呂 付 客 室 で は 、 浮 御 堂 や 大 噴 粋 人 に 愛 さ れ た 見 晴 ら し の 宿 水 を 眼 下 に 湯 あ 台 に 広 い 庭 園 を も ち 、 棟 方 志 功 ら 文 化 み が で き る 。 人 も 滞 在 し た 宿 。 [DATA]* バ ス [DATA]* 片 山 停 総 湯 前 か ら 徒 津 温 泉 B T か ら 歩 2 分 ( 要 連 絡 徒 歩 5 分 ( 要 連 で 送 迎 あ り ) 。 伊 絡 で 送 迎 あ り ) 。 100 台 や た や 矢 田 屋 TEL0761-74-1 1 81 数 寄 屋 の 離 れ も あ る 2 つ の 建 物 治 29 年 ( 1896 ) 創 業 、 政 界 や 文 壇 の 大 立 者 が 逗 留 し た と い う 伝 統 を 誇 る 。 し っ と り と し た 日 本 庭 園 を も つ 松 濤 園 と 、 バ ブ リ ッ ク が 充 実 し た 近 代 和 風 の 梅 光 閣 、 2 棟 か ら な り 、 地 下 通 路 で 行 き 来 で き る 。 松 濤 園 の 客 室 に は 数 寄 屋 造 の 離 れ も あ り 、 日 本 情 緒 あ ふ れ る 造 り 。 源 泉 1 OO % 、 豊 富 な 湯 量 を た た え る 風 呂 は 、 男 女 別 展 望 大 浴 場 の ほ か 、 屋 形 船 を イ メ ー ジ し た サ ウ ナ 付 き 露 天 風 呂 も あ る 。 [DATA]* バ ス 停 総 湯 前 す ぐ ( 要 連 絡 で 送 迎 ・ - あ り ) 。 280 台 0 温 泉 酉 己 湯 所 0 柴 山 潟 湖 畔 公 園 TEL 片 山 津 濡 泉 観 界 t 劦 会 へ TEL 片 山 津 泉 観 界 忰 会 へ そ ぞ ろ 歩 き の 途 中 で ひ と 休 み 夕 暮 れ の 白 山 と 湖 を 眺 め た い 湯 の 元 公 園 で 汲 み 上 げ ら れ た 源 泉 を 、 こ こ か ら 各 旅 館 に 送 そ の 名 の 通 り 柴 山 潟 の 湖 畔 に 面 し た 公 園 で 、 芝 生 広 場 が り 出 し て い る 。 寝 殿 造 り の イ メ ー ジ を 取 り 入 れ た 建 物 に は 広 が り 、 そ の 奥 に 設 け ら れ た 庭 園 で は 四 季 の 花 々 が 色 を 温 泉 の 守 り 本 尊 薬 師 如 来 の 添 え て い る 。 白 山 連 峰 の 眺 分 身 を 安 置 。 温 泉 街 の ほ ぼ め が す ば ら し く 、 と く に オ 中 心 に あ り 、 温 泉 が か け 流 レ ン ジ 色 に 染 ま る タ 景 色 は し に な っ て い る 足 湯 ス ペ ー 絶 景 。 湯 上 り に 散 策 し た い 。 ス も あ る の で 、 ひ と 休 み す 片 山 津 温 泉 BT か ら キ ャ る の に ち ょ う ど よ い 。 総 ン ・ バ ス で 4 分 、 雪 の 科 学 湯 前 か ら 徒 歩 3 分 。 新 0 台 。 館 下 車 、 徒 歩 3 分 。 220 台 。 み 浮 御 堂 は 夜 に な る と 灯 り が と も り 、 美 し い 。 1 泊 2 食 付 1 万 5000 円 ~ 1 泊 2 食 付 1 万 50 円 ~ 高 . 280 台 1 泊 2 食 付 1 万 880 円 ~ ト 小 松 へ MAP → PI 24B2 、 P. 127 ′ テ ル な が や ロ 賀 P. 126 加 賀 市 片 山 津 町 片 山 津 : 観 光 協 会 片 山 津 温 泉 0 温 泉 街 散 歩 4 MAP-• MAP → P124 ^ 1 入 園 自 由 125

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


メ 、 ・ 亠 を わ よ ー ′ イ ノ 了 え 一 : を 身 第 と ′ 第 一 景 風 登 の ヒ ヒ 一 ー 了 イ 第 ↓ ー ー 子 も 一 上 ′ ・ よ を 3 本 3 ッ 日 ど う 回 ろ う ? コ ー ス プ ラ ン の 旅 い く ら ? 十 ※ J 日 和 倉 温 泉 十 駅 ま で の 交 通 費 は 含 ま れ て お り ま 十 せ ん 。 : 東 京 発 、 金 沢 ・ 和 : 倉 温 泉 ( レ ン タ カ ー 付 き ) 2 泊 3 日 : フ リ ー プ ラ ン の 場 : 合 は 4 万 700 円 ( ガ : ソ リ ン 代 、 食 事 代 、 : c 含 を ま な い ) 。 J R 和 倉 温 泉 駅 ガ ソ リ ン 代 ホ テ ル 代 食 事 代 入 館 料 etc. 、 “ 「 . 車 / 15 分 和 倉 温 泉 駅 か ; ら は レ ン タ カ ー を 借 り る 。 移 動 は す べ て 車 の 所 要 時 間 。 石 川 県 能 登 島 ガ ラ ス 美 術 館 の と し ま 臨 海 公 園 水 族 館 車 / 20 分 、 第 車 / 1 時 間 30 分 日 目 車 / 5 分 Time120 分 入 園 1320 円 PI 82 参 照 能 登 半 島 近 海 に 生 息 す る 魚 類 を 主 体 に 、 世 界 各 地 の 海 の 生 物 を 約 500 種 4 万 点 を 飼 育 展 示 。 ー Time60 分 乗 船 1000 円 ~ 。 P156 参 照 入 組 ん だ リ ア ス 式 の 海 岸 線 で 青 松 が 茂 る 風 光 明 媚 な 湾 。 遊 覧 船 か ら は 海 中 の 様 子 も 眺 め ら れ る 。 Time40 分 入 館 600 円 PI 63 参 照 世 界 で も 評 価 の 高 い 輪 島 塗 を 中 Time30 分 心 に 、 世 界 の 漆 0 散 策 自 由 器 も 展 示 す る 漆 PI 63 参 照 芸 専 門 の 美 術 館 。 通 り の 両 側 に 小 。 さ な 露 店 が 200 ~ 300 件 も 並 ぶ 朝 市 。 鮮 魚 や 野 - 菜 、 漬 物 、 民 芸 品 な ど が 並 ぶ 。 P172 参 照 砂 浜 を 走 る ド ラ イ プ ウ ェ イ 。 波 打 ち ぎ わ も 走 れ 、 爽 快 ! P174 ~ 参 照 和 倉 温 泉 は 、 七 尾 湾 に 面 し た 能 登 随 一 の 温 泉 。 ほ と ん ど の 宿 が : 湾 に 面 し て い Time40 分 見 学 自 由 PI 60 参 照 能 登 半 島 最 北 端 に 立 っ 白 亜 の 灯 台 で 、 日 本 海 か ら 昇 る 朝 日 、 沈 む 夕 日 の 両 方 が 見 ら れ る 。 ~ Time40 分 入 館 800 円 PI 82 参 照 中 国 清 朝 の ガ ラ ス 器 や 国 内 外 で 活 躍 す る ガ ラ ス 作 家 の 作 品 が メ イ ン 。 屋 外 に も 14 点 展 示 。 T e30 分 を 入 館 500 円 PI 63 参 照 祭 り の 際 に 神 輿 の 先 を 照 ら す 役 目 の キ リ コ を 展 示 。 大 き い も の で は 15m に も お よ ぶ 。 泊 ま る 能 登 九 十 九 湾 遊 覧 船 禄 剛 埼 灯 台 キ リ コ 会 館 石 川 県 輪 島 漆 芸 美 術 館 車 / 1 時 間 車 / 1 時 間 日 目 車 / 10 分 P176 ~ 参 照 輪 島 に は 温 泉 を 引 き 湯 し て い る 旅 館 や 民 宿 が 多 い 。 海 の 幸 の 料 理 も 魅 力 。 泊 ま る 輪 島 朝 市 車 / 1 時 間 千 里 浜 な き さ ド ラ イ プ ウ ェ イ 車 / 40 分 兼 六 園 車 / 10 分 J R 金 沢 駅 Time60 分 入 園 300 円 P50 参 照 加 賀 藩 前 田 家 の 歴 代 藩 主 が 170 年 の 歳 月 を か け ー て 造 り 上 げ た 、 六 つ の 景 観 を 兼 ね 備 え た 名 園 。 ① ワ ン ポ イ ン ト ア ド バ イ ス レ ン タ カ ー は JR 和 倉 温 泉 駅 で 借 り 、 返 却 を JR 金 沢 駅 に す る た め 、 乗 捨 て が で き る ネ ッ ト ワ ー ク の 会 社 を 選 ほ う 。 平 成 15 年 7 月 に は 能 登 空 港 が 開 港 予 定 。 東 京 か ら 能 登 へ の ア ク セ ス は 飛 行 機 が 便 利 に 豸 を 第 な 第 享 霑 第 。 第 第 を 34

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


ー ー ち ょ っ と ひ と 息 ・ 休 憩 ス ポ ッ ト ー ー ) 紀 楽 寿 司 TEL076-235-1 226 ー MAP → P106A2 沢 気 軽 な 定 食 や 一 品 料 理 も あ る 新 鮮 な ネ タ は も ち ろ ん 、 シ ャ リ は 上 質 な 山 ら 間 地 米 を 年 間 契 約 で 仕 入 れ 、 毎 日 自 家 精 米 し 行 て 使 う 。 寿 司 も お い し い が 、 山 菜 釜 め し 1300 円 な ど の 一 品 料 理 や 、 小 鉢 や 焼 物 が 付 く 刺 身 プ 定 食 1500 円 も お ・ -- -- - ー ー - ン す す め 。 バ ス ヨ 停 湯 涌 温 泉 か ら プ 徒 歩 2 分 。 11 金 沢 湯 涌 夢 ー ー 館 フ ~ 22 時 。 不 定 休 。 24 台 3 TEL076-235-1 1 12 女 性 と 旅 と 聖 書 を 愛 し た 夢 二 の 世 界 ゆ わ く 高 尾 昭 和 初 期 の 画 家 、 竹 久 夢 ニ の 作 品 や 遺 品 を 展 示 。 TEL076-235-1316 ー MAP → P106A2 一 世 を 風 靡 し た 美 人 画 や 、 湯 涌 と 夢 ニ の 関 わ り を 解 説 し た 年 譜 も あ る 。 ま た 、 彼 に 大 き な 影 響 を 与 え た 親 子 2 代 が 腕 を 振 る う 気 軽 な 食 堂 3 人 の 女 性 そ れ ぞ れ に 宛 て た 手 紙 、 短 歌 な ど も 紹 安 く て ポ リ ュ ー ム の あ る 定 食 が 自 慢 。 中 華 料 理 を 学 ん だ 息 子 が 加 わ り 、 メ ニ ュ ー も よ り 介 。 バ ス 停 湯 涌 温 泉 か ら 徒 歩 2 分 。 入 館 300 バ ラ エ テ ィ ー 豊 か に 。 日 替 わ り 定 食 は 5 ~ 6 品 円 。 9 ~ 17 時 。 展 示 替 え 期 間 60 台 の お か ず と ご は ん の セ ッ ト 。 杏 仁 豆 腐 な ど も 。 バ ス 停 湯 涌 温 泉 か ら 徒 歩 1 分 。 11 時 30 ィ ー 、 一 - ヾ 分 ~ 15 時 、 17 ~ 2 4 時 。 不 定 に ぎ り ( 並 ) 1200 円 : MAP → P 106A2 日 替 わ り 定 食 650 円 ~ 0 薬 師 堂 TEL 金 沢 市 観 光 協 会 へ ー MAP → PI 06A2 地 名 の 由 来 と な っ た 臼 の あ る 場 所 た い ち ょ う 温 泉 街 を 見 下 ろ す 高 台 の 薬 師 堂 に は 、 泰 澄 大 師 作 ゆ わ く 野 と い わ れ て い る 薬 師 如 来 像 を 安 置 。 境 内 に は 、 湧 き TEL076-235-1 125 ー MAP → P39F5 出 る 湯 を 飲 ん た 藩 主 の 病 気 が 治 っ た と 伝 わ る 、 湯 涌 温 泉 の 地 名 の 由 味 の 違 い は 医 王 山 の 天 然 水 独 自 の 方 法 と 天 然 水 で 打 っ そ ば の 店 。 水 は 来 と な っ た 源 泉 臼 や 、 愛 人 へ の 思 医 王 山 の 伏 流 水 で 、 一 口 飲 め ば そ の 澄 ん だ 味 い を 詠 ん だ 歌 を 刻 ん た 夢 ニ の 歌 碑 に 驚 く 。 お す す め の 戸 室 そ ば は 、 工 ビ や 季 節 が あ る 。 バ ス 停 湯 涌 温 泉 か ら 徒 の 野 菜 な ど 、 揚 げ た て 天 ぶ ら と そ ば を 戸 室 石 の 器 に 盛 る セ ッ ・ 一 ゞ 歩 5 分 。 圏 境 内 自 由 。 2 な し 。 ト 。 バ ス 停 湯 涌 温 泉 か ら 車 で 5 分 。 11 時 30 湯 涌 温 泉 総 湯 白 鷺 の 湯 曜 。 24 台 。 ! = を : MAP → P 106A2 TEL076-235-1380 気 軽 に 行 け る 銭 湯 感 覚 の 温 泉 夢 卯 公 衆 浴 場 を 改 築 し た 温 泉 。 タ オ ル 100 円 な ど の 販 TEL076-235-121 1 ー MAP → P106A2 売 も あ り 、 手 ぶ ら で も 温 泉 を 楽 し め る 。 無 色 透 明 の 普 段 使 い し た い 工 芸 品 が 手 に 人 る 湯 は 神 経 痛 や 筋 肉 、 関 節 痛 、 五 十 肩 な ど を 和 ら げ る 。 オ ー ナ ー が 、 地 元 作 家 の 作 品 を 発 信 す る 場 男 湯 に は 寝 湯 、 女 湯 に は 岩 を 組 ん だ 半 露 天 風 呂 が あ と し て 始 め た ク ラ フ ト シ ョ ッ プ 。 若 手 か ら 有 る 。 バ ス 停 湯 名 作 家 ま で の 陶 器 や 組 紐 、 和 紙 な ど 幅 広 く 、 涌 温 泉 か ら 徒 歩 5 作 品 は す べ て 一 点 も の を 揃 え て い る 。 バ ス “ え 。 第 マ 分 。 ド 入 浴 300 円 。 停 湯 涌 温 泉 か ら 徒 歩 1 分 。 新 9 ~ 朝 7 ~ 22 時 。 無 1 8 時 。 不 定 。 220 台 休 。 2 か な や 旅 館 0 利 用 。 107 ・ ・ ・ ・ み ど こ ろ の う ち 、 特 に 電 話 番 号 の な い も の の 問 合 せ は 、 金 沢 市 観 光 協 076-232-5555 へ 。 戸 室 そ は 930 円 組 紐 携 帯 ス ト ラ ッ プ 15 円 ~ 0