検索 - みる会図書館

全データから 212187件ヒットしました。

・・・ひとりでいいの


・ ・ ・ ひ と り で い い の 内 館 牧 子 角 川 文 庫 8927

NHKにようこそ!


264 岬 ち ゃ ん が 訊 い た 。 「 ね え ! 寂 し く な い の ? 」 俺 は 振 り 返 り 、 大 声 で 答 え た 。 「 寂 し く な い さ 」 「 あ た し は 寂 し い よ ! 」 「 俺 は 寂 し く な い 「 嘘 」 「 嘘 じ ゃ な い 。 俺 は 世 界 最 強 の ひ き こ も り だ 。 ひ と り で も 生 き て い け る 。 苦 し い こ と な ん か 、 何 も な い 。 だ か ら 岬 ち ゃ ん も 、 人 に 頼 る の は や め な さ い 。 結 局 み ん な 、 ひ と り な ん だ 。 ひ と り で い る の が 一 番 い い ん だ 。 だ っ て そ う だ ろ う ? 最 後 は 絶 対 、 ひ と り に な る 。 ひ と り で い る の が 自 然 な こ と だ 。 そ う し て い れ ば 、 嫌 な 事 な ん て な ん に も な い 。 だ か ら ひ き こ も る ん だ 。 六 畳 一 間 の ア 。 ハ ー ト に 「 寂 し く な い の フ 「 寂 し く な い 「 寂 し く な い の ? 」 「 寂 し く な い 」 「 : : : 嘘 を つ け 」

兎の眼


137 兎 の 眼 そ う い っ て 、 バ ク じ い さ ん は い と し そ う に チ = 口 を な で た 。 「 い ま で も お じ い さ ん は チ = 口 を ひ く ん で す か ー 「 い い や 。 ひ き や せ ん 。 も う じ き 金 龍 生 と ふ た り で ひ き ま す ん や 。 そ れ ま で こ の チ ェ ロ を と っ て お き ま す わ い 」 小 谷 先 生 は 静 か に う な ず い た 。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


99 鬱 金 の 暁 闇 3 い っ し よ け ん め い 自 分 は な に を し た い の か 、 ア ー ゼ ン タ ー ラ は 一 所 懸 命 考 え た 。 や り た い こ と は な に な の か 一 番 に 望 む こ と は な ん な の か 。 「 一 番 、 望 ん で る こ と : : : 」 考 え る ま で も な か っ た 。 救 い た い 、 助 け た い ひ と は ひ と り き り だ 。 い ま と な っ て は 、 た っ た ひ と り き り の 家 族 。 も う 、 彼 以 外 、 家 族 と 呼 べ る ひ と は い な い 。

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


0 、 た っ た ひ と り の 人 間 の 奴 隶 と な る : ・ ま 示 そ れ は 集 合 で あ り 結 合 し て は い ま せ ん 人 々 が 自 分 の 意 志 と は 関 係 な く な の は : ・ 公 共 の 財 産 も 政 治 体 も な い よ う な : 奴 隷 と な る 人 数 で は な い ひ と り ひ と り の 権 利 を 無 視 し た 社 会 が 根 本 的 な 問 題 な の で す

「もうひとりの自分」を思いどおりに動かす!マーフィーの言葉CDブック


「 も う ひ と り の 自 分 」 を 思 い ど お り に 動 か す !

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


船 室 で は 、 同 室 の 沢 村 さ ん 松 山 さ ん が 、 い な い と き が 多 ご や か な 春 の 海 だ 。 ・ ほ く は 、 そ の 海 一 杯 に 日 射 し を あ び て い る よ う に 、 そ の と き は 暖 か い 。 引 か っ た の で 、 い つ で も 、 自 分 の 上 段 の 寝 台 に あ が り 、 寝 そ が 目 ざ め て の ち 、 ・ ほ く は あ の ひ と の 幻 だ け と と も に 、 ま べ っ て 、 日 記 を つ け て い ま し た 。 日 記 の 書 き 出 し に は 、 こ ん な こ と が 書 い て あ り ま し た 。 わ り は つ め た い 鉄 の 壁 に と り か こ ま れ 漸 く 生 き て い る 気 が ( ・ ほ く は あ の ひ と が 好 き で た ま ら な い 。 こ の 頃 の ・ ほ く は ひ す る 。 と り で い る と き で も 、 な ん で も 、 あ の ひ と と 一 緒 に い る 気 ・ ほ く み た い な 男 で も 、 か り に も 日 本 の Delegation と し く だ が し て な ら な い 。 ・ ほ く の 呼 吸 も 、 ・ ほ く の 皮 膚 も 、 息 づ く の て 戦 う の だ 。 自 分 の 全 力 の 砕 け る ま で 闘 わ な け れ ば 済 ま な が 、 す で に 、 あ の ひ と な し に は 考 え ら れ な い 。 た え ず 、 ・ ほ 。 恋 な そ 、 と い う 個 人 的 な 感 情 は 、 揚 棄 せ よ 。 そ れ く の 血 管 の な か に は 、 あ の ひ と の 血 が 流 れ て い る ほ ど 、 い が 、 義 務 だ と い う 声 も き こ え る 。 そ れ よ り 、 ・ ほ く も 棄 て た つ も 、 あ の ひ と は ぼ く の 身 近 に い る 。 そ れ で い て 、 ・ ほ く は い と 望 ん で い る 。 が 、 そ う 考 え て い る と き の ・ ほ く に 、 は お も あ の ひ と の 指 先 に さ え 触 っ た こ と は な い の だ 。 む ろ ん 触 り や 、 あ の ひ と の 面 影 が っ き そ っ て い る 。 あ の ひ と が 、 そ う た く は な い 。 触 る と お も っ た だ け で 、 体 中 の 血 が 、 凍 る ほ 一 緒 に 望 ん で く れ る 、 と 思 う の だ 。 は っ き り 言 え な い が 。 ど 、 厭 ら し い 。 な ぜ だ か 、 こ れ か ら の ・ ほ く は 、 一 む に 、 あ の ひ と を 、 ど っ か に 蔵 し ど こ が 好 き か と き か れ た ら 、 ・ ほ く は 困 る だ ろ う 。 そ れ ほ 込 も う 。 日 本 に 帰 る 日 ま で 、 一 個 人 に 立 ち 返 れ る ま で 、 と じ ゅ も ん わ か ど 、 ・ ほ く は あ の ひ と が 好 き だ 。 綺 麗 か と き か れ て も 、 判 ら こ の 言 葉 を 呪 文 と し て 、 ・ ほ く は 、 も う 、 あ の ひ と の 片 影 な り と も 、 む に 描 く ま い ) な い 、 と 答 え る だ ろ う 。 利 巧 か い と い わ れ て も 、 ど う だ か 、 と し か 返 事 で き な い だ ろ う 。 気 性 が 好 き か 、 と い わ れ そ う 書 い た 、 次 の 日 の 日 記 に あ ん す ( か に か く に 杏 の 味 の ほ ろ 苦 く 、 舌 に の こ れ る 初 恋 の こ て も 、 さ ア と し か 言 え な い 、 そ れ 程 、 ・ ほ く は 、 あ の ひ と に つ い て 、 な ん に も 知 ら な い し 、 知 ろ う と も 、 知 り た い と も と ) も っ と 、 こ こ に 書 く の も 気 恥 ず か し い ほ ど 、 甘 っ た る い 思 わ な い 。 ふ る さ と た だ 、 二 人 で よ く 故 里 鎌 倉 の 浜 辺 を あ る い て い る 夢 を み 文 句 も 書 い て あ り ま し た 。 で 、 ・ ほ く は 大 切 に 、 一 々 ト ラ ン し ゃ べ ク の 奥 底 に し ま い 込 ん で い た の で す 。 る 。 ふ た り と も 一 言 も 喋 り は し な い 。 そ れ で い て 、 黙 々 と と こ ろ 寄 添 っ て 、 歩 い て い る だ け で 、 お 互 い に は 、 な に も か に も 処 が 、 あ る 日 の 午 後 、 例 に よ っ て 、 べ ッ ド か ら 、 脚 を ぶ が 、 す っ か り 解 り き っ て い る の だ 。 あ た た か い 白 砂 だ 。 な ら ん ぶ ら ん さ せ 、 ト ラ ン ク を 台 に し て 日 記 を 書 い て い る わ か 、 れ い し た よ う や ア ウ フ ヘ ー

たのしく読める世界のすごい歴史人物伝


い ま も 世 界 の ど こ か で 続 い て い ま す 。 れ 、 し 世 界 の 歴 史 は 、 こ れ ま で 見 て き た よ う に 、 か え 戦 争 が く リ 返 さ れ て で き て き ま し た 。 こ の 本 に 出 て き た す ご い 人 た ち も 、 そ れ ぞ れ の 時 代 で 、 戦 い を の リ こ え て き ま し た 。 そ の な か で 、 苦 労 と 努 力 を 重 ね な が ら 、 新 し 、 も の を つ く っ て き た の で す 。 わ る い い 人 か 悪 い 人 か 決 め ら れ な い 人 も い る で し よ う 。 で も 、 こ の 人 た ち の お か げ で 、 今 の わ た し た ち の 生 活 が あ る と い う の 0 「 は 、 ま ち が い あ リ ま せ ん 。 ひ と せ ん そ う せ 力 い せ 力 い ′ 、 ヤ つ 、 つ ひ と ・ と り . よ ′ 、 カ 、 ひ と ひ と ひ と あ た ら

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


い て 親 友 野 瀬 市 之 丞 と 隼 太 と の こ ん な 会 話 が あ り ま す 。 「 ひ と に 聞 い た 話 に よ る と 、 前 の 執 政 で 人 格 高 潔 、 ひ と に 指 さ さ れ る 一 点 の し み も な い 人 物 と い え ば 、 家 老 の 金 井 権 十 郎 た だ ひ と り だ っ た と い う こ と だ 」 「 さ も あ ら ん 」 「 だ が 、 こ こ が 玄 妙 な と こ ろ で な 。 そ れ で は 人 格 高 潔 な 金 井 権 十 郎 の と こ ろ に ひ と が あ つ ま っ た か と い う と 、 あ つ ま ら ん 。 現 職 の と き も 、 執 政 を し り ぞ い た あ と も だ 」 「 反 対 に 、 い ま 雪 庵 な ど と 言 っ て い る 鹿 之 助 の 父 親 は 、 在 職 中 も 賄 賂 だ 何 だ と 、 と か く う わ さ が あ っ た ひ と だ 。 し か し 、 賄 賂 が あ つ ま る と い う こ と は 、 ひ と の 面 倒 も み る と い う こ と だ か ら な 。 ま た あ つ ま っ た 金 は 、 さ ほ ど に 借 し い 金 で も な い か ら 、 気 前 よ く ま わ り に 散 じ る 。 だ か ら ひ と が あ つ ま っ た 」 ま と め に か え て こ の 本 を 読 ん で 「 行 進 し た い 気 持 ち 」 に な り ま し た か ? 459

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


幻 外 の 寒 さ の わ り に は 冷 え て い な い の は 、 こ の 鍵 を 、 あ の 少 女 が ず っ と 持 っ て い た か ら な の こ と が 上 手 く 運 ぶ よ う に と 、 握 り し め て 祈 っ て い た に 違 い な い 。 三 人 の 中 の 誰 よ り も 、 あ の 娘 が 、 い ち ば ん あ れ を 望 ん で い た の だ ろ う か ら 。 亜 羅 写 に 、 あ の 薬 を 飲 ま せ る こ と を 。 「 さ あ 、 帰 り ま し よ う 」 羽 で 触 れ る よ う に や さ し く 、 少 女 の 背 を 押 し て う な が し た 。 手 の ひ ら の な か の 鍵 。 そ れ が 、 彼 女 た ち の 家 の 扉 を ひ ら く 。 「 う ん 」 ひ す い 翡 翠 の 目 で じ っ と 見 つ め 、 少 女 は ち い さ な 手 を 、 彼 女 の 手 の 中 に 滑 り 込 ま せ た 。 い し だ た み ひ び 二 人 は 町 の ほ う へ 歩 き は じ め る 。 少 女 の 靴 音 ひ と っ 分 だ け が 、 や が て 、 石 畳 に 響 き は じ め