検索 - みる会図書館

検索対象: ・・・ひとりでいいの

・・・ひとりでいいのから 319件ヒットしました。

・・・ひとりでいいの


・ ・ ・ ひ と り で い い の 内 館 牧 子 角 川 文 庫 8927

・・・ひとりでいいの


191 に あ っ た と 、 寿 子 は 確 信 し て い た し 、 星 野 も そ う 思 っ て い た は ず だ と 、 ど こ か で や は り 確 信 し て い た 。 そ れ が 後 輩 の 前 で 「 た だ の 先 輩 ー と い う 距 離 で 取 り 繕 わ れ 、 寿 子 は 心 の 中 を 風 が 吹 き 渡 る 気 が し て い た 。 そ し て そ の 足 で 津 村 の と こ ろ に 来 た の で あ る 。 涙 を 見 せ ら れ る の は 、 津 村 し か い な い 。 寿 子 は 津 村 の 胸 で 泣 い た 。 泣 い て 気 持 ち が 鎮 ま る と 、 津 村 の 胸 も ま た 安 ら け る 場 所 で は な い こ と が 痛 い ほ ど よ く わ か っ た 。 津 村 と は 、 も う 終 わ っ た の だ 寿 子 は 歩 道 橋 で ま ど か に 言 っ た 。 「 私 は ひ と り よ 。 星 野 さ ん な ん て 関 係 な い し 、 誰 も い な い わ 」 「 あ ら 、 私 と 同 じ ね 」 「 笑 わ せ ん じ ゃ な い わ よ 。 私 は ね 、 昨 日 今 日 ひ と り に な っ た 女 と 違 う の よ 。 あ ん た み た い に 条 件 に 惚 れ て 粗 末 な 恋 愛 く り 返 し て る く ら い な ら 、 ひ と り で い い っ て ず っ と 前 か ら 思 っ 9 て る わ 」 「 星 野 さ ん は 、 私 の 粗 末 な 恋 愛 の 相 手 だ っ た の よ ー と ま ど か の 思 わ ぬ 反 撃 に 、 寿 子 は た じ ろ い だ 。 ま ど か は 、 激 し い 調 子 で 言 っ た 。 た た 「 自 分 だ っ て ひ と り が イ ヤ な く せ に 、 大 き な 口 叩 か な い で ! 」 寿 子 も カ ッ と な っ て 言 い 返 し た 。 「 一 日 だ っ て ひ と り で い ら れ な い 女 に 、 ほ ん と の 恋 な ん て で き っ こ な い わ よ ! 」

・・・ひとりでいいの


・ ・ ひ と り で い い の 「 ・ : : ・ 本 気 で 人 を 好 き に な っ た こ と 、 あ る か ? 」 「 一 度 だ け 」 見 つ め た 津 村 に 心 を 閉 ざ し 、 抑 揚 の な い 声 で 寿 子 は 言 っ た 。 「 も う そ ん な バ カ な こ と し な い わ 」

・・・ひとりでいいの


の よ ! 」 「 : : : 参 っ た な 」 「 だ か ら 、 二 人 で 幸 せ に な ろ 。 ね 、 ね ? 」 星 野 は 、 小 さ く 首 を 振 っ た 。 「 も う 僕 は 、 ひ と り で い い 」 「 イ ヤ ー ツ 。 私 、 ひ と り に な り た く な い 。 ひ と り は イ ヤ ー ま ど か は 、 星 野 に 抱 き つ い て 叫 ん だ 。 「 ・ : ・ : ひ と り に し な い で : : : 」 今 度 の 涙 は 、 本 物 だ っ た 。 星 野 は 、 抱 き つ い て い る ま ど か の 腕 を 、 優 し く は ず し た 。 「 君 は 僕 が 好 き な ん じ ゃ な く て 、 結 婚 が 好 き な ん だ ろ 。 ひ と り に な り た く な い だ け な ん だ ろ 。 僕 で も 課 長 で も 、 結 婚 し て く れ り や ど っ ち で も よ か っ た ん だ 」 の 「 違 う 」 ま ど か は 、 強 い 目 で 星 野 を 見 た 。 で 「 私 は 、 津 村 さ ん が 好 き 」 ひ た っ た 今 、 星 野 に 抱 き つ い て お き な が ら 、 ま ど か は 強 い 目 で 言 い 切 っ た 。 「 津 村 さ ん が 出 て き て 、 他 の 人 は み ん な つ ま ん な く 見 え た 。 で も 不 安 だ っ た の 。 彼 が 本 当 に 結 婚 し て く れ る か 、 恐 か っ た の よ 。 だ か ら 、 あ な た の こ と も 捨 て き れ な か っ た 」

・・・ひとりでいいの


311 ・ ・ ひ と り で い い の ま ど か は 夜 空 を 見 上 げ た 。 何 だ か 、 今 ま で の 自 分 よ り も ほ ん の 少 し 、 大 人 に な っ た 気 が し て い た 。 ほ ん の 少 し 、 自 分 の 足 で 歩 け そ う な 気 が し て い た 。 一 人 で 歩 け る 男 と 女 が 、 二 人 で 寄 り 添 っ て 歩 く 。 そ れ が き っ と 一 番 す て き な こ と な ん だ と 、 ま ど か は 思 っ た 。 い っ か 津 村 と 歩 く 日 の た め に 、 本 当 に き れ い な 女 に な ろ う と 、 ま ど か は 思 っ た 。 し い 匂 い の す る 夜 だ っ た 。

・・・ひとりでいいの


203 な し が う ま い 女 な ら も っ と い る わ 」 「 今 、 ア ン タ と く つ つ く 会 社 の 男 が い た ら 女 は 全 員 そ の 男 を 笑 う よ 「 私 ら に あ れ だ け の 啖 呵 切 っ て 、 ポ イ と 津 村 さ ん 捨 て て 、 よ く 平 気 で 会 社 来 れ る よ ー そ れ ま で 黙 っ て 聞 い て い た ま ど か が 、 き っ と 顔 を 上 げ た 。 「 私 、 津 村 さ ん に 言 っ た わ よ 。 必 ず い い 女 に な る よ う に 努 力 し て 、 も う 一 度 私 を 選 ん で も ら う よ う に す る っ て 。 言 っ た わ よ 」 朱 美 が 鼻 先 で 笑 っ た 。 「 よ く 言 う 。 一 分 だ っ て ひ と り で い ら れ な い 女 が 」 「 ほ ん と よ ツ 、 言 っ た の よ ツ 」 そ れ ま で 手 酌 で 飲 み な が ら 、 黙 っ て 聞 い て い た 寿 子 が ポ ツ ン と 言 っ た 。 「 ア ン タ た ち 、 ほ ん と に ひ と り で い た こ と あ ん の ? 」 9 一 瞬 、 座 が 静 ま っ た 。 寿 子 は 顔 も 上 げ ず に 酒 を 盃 に 注 い で い る 。 つ 「 あ る わ よ 。 今 だ っ て ず っ と ひ と り よ 」 静 香 が 言 い 返 し た 。 寿 子 は 首 を 横 に 振 り 、 公 子 を 指 さ し た 。 ひ 「 い つ つ も 二 人 で く つ つ い て る 」 静 香 と 公 子 は チ ラ リ と 目 を 見 交 わ し う つ む い た 。 寿 子 は け だ る そ う に 盃 を 口 に 運 ん だ 。 「 男 に 死 ぬ ほ ど の め り 込 ん で 捨 て ら れ て 、 ひ と り で お 酒 飲 ん だ こ と あ る ? 家 で じ ゃ な い

・・・ひとりでいいの


155 寿 子 は ふ と 思 っ た 。 友 達 で も な く 、 姉 弟 で も な く 、 恋 人 で も な い が 、 ほ ん の ひ と つ ま み の 「 特 別 な 感 青 に 気 づ か ぬ ふ り を し て い る こ と 。 そ う 気 づ い た か ら と て ど う な る も の で も な い の だ 。 ひ と つ ま み の 「 特 別 な 感 情 」 が 恋 愛 に な り 、 結 婚 に 至 る と い う も の で も な い 。 寿 子 と 星 野 で は 年 齢 差 の み な ら ず 、 と て も 「 似 合 い の カ ッ プ ル 」 と は 言 え な い こ と を 、 寿 子 は 十 分 承 知 し て い た 。 そ し て 星 野 も 承 知 し て い る だ ろ う と 確 信 し て い た 。 「 い っ か 思 い 出 す わ 、 き っ と 。 七 つ 年 下 の 男 と 、 寂 し い 寂 し い っ て 言 い な が ら 歩 い た こ と 」 「 寿 子 さ ん 、 わ か っ て る ん で し よ う ? 僕 は わ か っ て ま す 。 自 分 が 何 で 寂 し い か 」 「 : : : 口 に 出 さ ず に 済 む こ と は 、 出 さ な い 方 が い い の よ 」 寿 子 は 、 ほ ん の 一 瞬 だ け 星 野 を 見 た 。 そ し て 、 あ や う く 保 た れ た こ の 場 の 空 気 を 乱 さ ぬ よ う 、 す ぐ に 目 を そ ら し た 。 の 家 に 着 く な り 、 ま ど か は 自 分 の 部 屋 に 駆 け 込 ん だ 。 こ ら え て い た 涙 が い っ ぺ ん に あ ふ れ 、 で と ま ど か は べ ッ ド に 倒 れ て 泣 き じ ゃ く っ た 。 「 ま ど か 、 何 が あ っ た の ? 」 心 配 し て や っ て き た 芳 枝 を 、 ま ど か は 泣 き な が ら に ら み つ け た 。 「 ど う せ ひ と っ 取 り 柄 を 作 っ て く れ る な ら 、 ど う し て 頭 か 性 格 を よ く し て 生 ん で く れ な か

・・・ひとりでいいの


271 「 ん 。 お 母 さ ん 、 私 、 こ れ か ら い い 条 件 を 選 ん で 人 を 好 き に な る こ と っ て 出 来 な い と 思 う の 。 ず っ と ひ と り で い る か も し れ な い し 。 だ か ら 、 い い 結 婚 を さ せ た い っ て い う お 母 さ ん の 夢 を 壊 し ち ゃ う け ど : : : 長 生 ぎ し て 」 思 わ ず し ん み り し そ う に な っ て 、 芳 枝 は あ わ て て 言 っ た 。 「 し か し バ カ だ よ ね 。 津 村 も ま ど か と 結 婚 す り や さ 、 こ ん な い い マ マ が で き た っ て の に ね ま ど か は 懸 命 に ほ ほ え ん で う つ む い た 。 今 は 津 村 と い う 名 を 聞 い た だ け で も 、 つ い 涙 ぐ ん で し ま う 。 そ ん な ま ど か を チ ラ ッ と 見 て 、 芳 枝 は 夜 空 を 見 上 げ た 。 「 ま ど か 、 誰 冫 こ も 遠 慮 し な い で 、 好 き な よ う に 生 き な 。 好 き な 人 の こ と 、 う ー ん と 大 事 に し て サ 。 : : : 人 生 な ん て 一 瞬 だ よ 」 9 ま ど か は 深 く う な ず い た 。 そ う よ 、 ア タ シ は も う 、 ど こ か で き い た ふ う の 幸 せ な ん て 欲 し く な い 。 自 分 の 本 当 で と に 望 ん で い る こ と が 何 な の か を ち ゃ ん と 見 つ め て 、 そ れ だ け を 求 め て い く わ ひ 隅 田 川 か ら 吹 き 上 げ て く る 風 は ま だ 冷 た か っ た が 、 そ の 中 に も ほ ん の 少 し 、 春 の 匂 い が す る よ う な 気 が し た 。 い つ の 日 か 、 何 年 も 何 十 年 も た っ た い つ の 日 か 、 母 と 並 ん で 春 の 夜 道 を 歩 い た こ と を 、 き っ と 思 い 出 し そ う な 気 が し て い た 。 に お

・・・ひとりでいいの


195 「 そ う 。 強 さ と は か な さ 、 硬 さ と 柔 ら か さ 、 バ カ さ と 賢 さ 。 こ の メ リ ハ リ が 女 の 勝 負 、 恋 の 勝 負 」 芳 枝 は 、 自 信 あ り げ に ま ど か を 見 た 。 「 た と え ば 、 ひ と り で が ん ば っ て 重 い 物 を 持 つ 。 そ の 強 さ を 一 応 見 せ と い て 、 『 や つ ば り ダ メ 、 助 け て 』 っ て い う は か な さ 。 一 本 の 割 り 箸 を も っ た い な い と 言 い な が ら 、 『 つ い ゴ ー ル ド の ア ク セ サ リ ー 買 っ ち ゃ っ た ア 』 と 一 一 一 口 う こ の 落 差 」 ま ど か は 深 く う な ず い た 。 芳 枝 の 言 う こ と を ひ と っ 残 ら ず 頭 に 叩 き 込 も う と い う 気 構 え が あ っ た 。 「 ど こ そ こ の ケ ー キ が お い し い っ て 雑 誌 に 出 て た わ ア 、 と い う バ カ さ 。 そ の 舌 の 根 も か わ か ぬ う ち に 言 う ね 、 ゴ ル ビ ー の 次 は エ リ ツ イ ン が 失 脚 す る の か し ら 」 「 お 母 さ ん っ て 、 新 聞 読 ん で ん の ね 」 9 「 当 た り 前 だ ろ 。 恋 人 が い な い 女 っ て の は 、 ほ と ん ど が ど っ ち か ひ と つ つ き や 話 せ な い ん だ 。 わ か っ た ? ケ ー キ と き た ら 、 す ぐ エ リ ツ イ ン だ よ 」 「 う ん 。 お 母 さ ん 、 私 っ て 今 ま で お い し い ケ ー キ の 話 し か で き な か っ た 気 が す る ー 「 そ 。 泣 い た ら 必 ず 笑 っ て る と こ ろ も 見 せ る 。 怒 っ た ら 必 ず 喜 ん で る 姿 も 見 せ る 。 素 直 に や り や い い の 、 素 直 に 」 「 わ か っ た 。 割 り 箸 と ゴ ー ル ド ね 」

・・・ひとりでいいの


189 ・ ・ ひ と り で い い の 夜 の 中 を 、 ま ど か は グ ン グ ン 歩 い た 。 「 ほ ん と の 恋 っ て 楽 し い ね ー ツ 、 生 き て る 感 じ す る よ ね ー ツ 」 キ リ ッ と 顔 を 上 げ 、 懸 命 に 笑 っ て 叫 び な が ら 、 ま ど か は 歩 い た 。 そ れ で も や は り 、 涙 は 頬 を 伝 わ り 落 ち た 。 そ の 時 、 後 ろ か ら 足 音 が 聞 こ え た 。 追 い つ い て ま ど か と 並 ん だ の は 、 寿 子 で あ っ た 。