検索 - みる会図書館

検索対象: 兎の眼

兎の眼から 350件ヒットしました。

兎の眼


137 兎 の 眼 そ う い っ て 、 バ ク じ い さ ん は い と し そ う に チ = 口 を な で た 。 「 い ま で も お じ い さ ん は チ = 口 を ひ く ん で す か ー 「 い い や 。 ひ き や せ ん 。 も う じ き 金 龍 生 と ふ た り で ひ き ま す ん や 。 そ れ ま で こ の チ ェ ロ を と っ て お き ま す わ い 」 小 谷 先 生 は 静 か に う な ず い た 。

兎の眼


お く れ る だ け で す み ま す 。 そ の 考 え も ひ と つ あ り ま す が 、 も う ひ と つ の 考 え は 、 ふ り か か っ た 火 の 粉 は 自 分 で は ら え と い う こ と だ す 。 埋 立 地 に い っ て 苦 労 す る の は 子 ど も 自 身 で す 。 自 分 の こ と は 自 分 で た た か え と 、 わ し ら は 子 ど も に 教 え と る ん で す 」 つ づ い て 瀬 古 と い う 主 婦 が 立 っ た 。 「 お こ た え し ま す 。 わ た し の 子 ど も が 埋 立 地 か ら 通 学 す る よ う な こ と に な っ た ら ど う す る か と い う お た ず ね で す が 、 わ た し だ っ た ら 、 そ れ は そ れ 、 こ れ は こ れ と き つ ば り 区 別 を つ け て た た か い ま す 。 大 衆 運 動 の 中 に 私 情 を も ち こ ん で 問 題 の 本 質 を ぼ や か す よ う な こ と は ぜ っ た い い た し ま せ ん 」 勝 一 の 父 が つ づ け て 発 言 を も と め た 。 「 ど っ ち の 意 見 も も っ と も だ ん な 。 け れ ど 、 わ し が 感 心 し た の は 処 理 所 の 方 の 意 見 で す 。 当 世 は や り の 教 育 マ マ に き か せ て や り た い よ う な 話 で す ワ 。 ゴ ミ と い う も ん は も と も と 、 ひ と り ひ と り の 人 間 、 ひ と つ ひ と つ の 家 庭 か ら 出 て く る も ん で す 。 自 分 の こ と は 自 分 で 始 末 せ な い か ん 。 そ う 思 う て お っ て も 都 会 生 活 は そ れ を 許 さ ん か ら 処 理 所 が あ る 。 も と も と 、 刀 眼 は 自 分 が 出 し た ゴ ミ だ と い う こ と を い つ で も 頭 に お い と か ん と 、 人 間 は 勝 手 な こ と ば っ の り い う よ う に な り ま ん な 。 処 理 所 は 移 転 し て も ら わ ん と こ ま る と い う 考 え だ け で こ り か た 兎 ま っ て い る か ら 、 そ の た め に め い わ く を こ う む る 人 が で て き た と い う こ と に 眼 が い か ん 。 自 分 さ え よ か っ た ら 他 人 は ど う な っ て も え え と 考 え と る 人 間 は こ の 会 場 に ひ と り も お ら ん は ず や 。 そ や の に 、 処 理 所 の 人 た ち の 不 幸 に 眼 が い か ん 。 な ん で か と い う た ら わ し が は じ

兎の眼


「 課 長 さ ん 、 こ の 新 聞 を 見 て く だ さ い ま し た か 。 六 歳 の ( = 博 士 と い う の は 、 じ つ は わ た し の 孫 で す わ い 。 こ の 子 は 学 校 に あ が り た て 石 み た い な 子 で し た 。 も の は い わ な い 、 字 は か か な い 、 本 も ノ ー ト も さ わ っ た こ と が な い と い う 子 で し た ん じ ゃ 。 石 な ら 害 は せ ん け れ ど 、 こ の 子 は 自 分 の 気 に 入 ら な い こ と が あ る と 、 だ れ か れ な し に ひ っ か く 、 か む と い う あ り さ ま じ ゃ 。 課 長 さ ん 、 そ ち ら に 色 の 白 い き れ い な 女 の 先 生 が お い で じ や ろ 。 わ し の 孫 に 、 な ん ど も 顔 を ひ っ か か れ て 、 い つ も 泣 い て お ら れ た 。 そ の 先 生 が い う に い わ れ ん ご 苦 労 を な さ っ て 、 わ し の 孫 を ( = 博 士 と い わ れ る よ う に な る ま で 育 て て く だ さ っ た ん じ ゃ 。 そ ん な と お と い 美 し い も の を 、 あ ん た は 、 は じ め か ら 決 ま っ て お る こ と で し て と 、 あ ん た 自 身 な ん の 苦 し み も な い こ と ば で 、 か ん た ん に ひ き さ い て し ま お う と さ れ て い る 。 わ た し ら は そ れ を 許 せ ん と い う て い る の で す わ い 」 小 谷 先 生 は せ な か が 寒 く な っ た 。 口 調 は お だ や か だ が 、 バ ク じ い さ ん の こ と ば は き び し , 刀 ュ / 「 わ た し と 孫 は ふ た り つ き り で す わ い 。 身 寄 り と い う も の は な い 。 こ の 処 理 所 で 働 い て い 眼 る 者 は 多 少 と も 人 生 の 重 さ を 背 お っ て お る も ん ば か り で す 。 同 情 は い り ま せ ん 。 ふ つ う の の 人 間 が ふ つ う の こ と を い っ て い る 。 あ な た は そ れ を ふ つ う に き い て く だ さ る だ け で い い ん 兎 で す ー そ の と き 、 若 い 男 が つ れ て こ ら れ た 。 「 白 井 く ん 、 先 日 の 君 の 失 言 を こ こ で お わ び し な さ い 」

兎の眼


100 鶴 橋 か ら 私 鉄 に の り か え て 、 西 大 寺 駅 で お り た 。 駅 前 に 大 き な ビ ル が 建 っ て い る 。 そ の ビ ル を 見 な が ら 、 大 学 の 先 生 の つ ぶ や い た こ と ば を 小 谷 先 生 は い ま 思 い 出 し た 。 「 ぼ く の 学 生 の こ ろ は 、 こ こ は ひ な び た 田 舎 駅 で ね 。 く さ れ か か っ た 木 の さ く を と び こ え て お り た も ん だ 。 細 い 土 の 道 と 小 川 と 、 あ と は 広 び ろ し た 田 ん ぼ だ け だ っ た 。 こ の 駅 を お り た だ け で 西 大 寺 の 土 ぺ い の に お い が ひ た ひ た と お し よ せ て く る 感 じ だ っ た よ 」 小 谷 先 生 は 西 大 寺 が 好 き だ 。 さ い し ょ に つ れ て き て も ら っ た お 寺 が 、 西 大 寺 と い う こ と も あ っ た の だ ろ う が 、 そ の 後 い ろ い ろ お 寺 を 見 て 歩 い て や つ ば り 西 大 寺 が い ち ば ん 気 に 入 っ て い た 。 電 話 ポ ッ ク ス の と こ ろ を 曲 が る と 、 な っ か し い 土 ぺ い が 見 え た 。 西 大 寺 は 土 ぺ い が い い と 小 谷 先 生 は 思 っ て い る 。 白 壁 の 落 ち て い る と こ ろ が あ る 。 ち ょ っ と 柿 の 色 に に て い る 。 雨 に う た れ て ぼ こ ぼ こ と し た お う と つ が つ い て い る 。 そ れ は 光 っ た 壁 よ り も ず っ と や さ し い 。 古 い 山 門 を く ぐ っ て 中 に は い る と 、 白 い 砂 利 が し か れ て あ る 。 ふ み し め て 歩 く と 、 し や が れ た 声 で 話 し か け ら れ て い る よ う な 気 が す る の で あ っ た 。 西 大 寺 は 竹 が い い と 小 谷 先 生 は 思 う 。 お 寺 の 中 に 竹 に お お わ れ た 細 い 道 が あ る 。 そ こ に は ま だ 白 壁 が 残 っ て い て 竹 の 青 に よ く に あ う の だ っ た 。 そ の 場 所 で 深 呼 吸 を す る と 爪 の 先 ま で 青 く そ ま っ た 。 本 堂 の 中 は 夏 で も ひ ん や り し て い る 。 こ こ は 素 足 に か ぎ る 。 小 谷 先 生 は ソ ッ ク ス を ぬ い ぜ ん ざ い ど う で 、 そ の 冷 気 に ふ れ た 。 そ し て 、 ま っ す ぐ に 堂 の 左 手 の 方 に 歩 い て い っ た 。 そ こ に 善 財 童

兎の眼


ウ イ ス の ビ ン の ロ ハ 匹 と ま つ た お っ ば ら わ な で じ つ と そ れ を 見 た 67 っ と お 小 て だ ハ 小 い と の あ し 、 お ! 先 か ど キ な え め か 事 共 ら に た 小 れ び 谷 と 眼 つ く い り い 生 生 は 気 は な れ ち 小 を も い か は じ 考 た 。 に ら 小 た て え 夫 っ キ が た け し 先 た に る が 谷 か か を な 。 る 話 屋 ど た じ き あ き み は い わ 考 ち な て 中 と つ を も 手 て た ち だ ん 小 ん を ま が も で く 生 は 世 ロ ひ た う 社 夫 て ん や い は か て だ な つ る よ だ き た よ し 持 な 兎 そ の さ 小 ま ウ イ ス 。 を 小 ぶ し た そ 自 分 の ひ と り 生 ま て の 眼 ら 、 し 、 、 ノ し 、 な ん 同 の 生 こ が 活 と て よ ろ と も つ あ る そ の れ ん ち え 家 よ の オ こ ら な る ま ひ で く ら し て 。 い 涙 る い ら れ し う て で し 、 谷 た れ う 夜 と 、 冷 た る き り う と の 生 た し 。 た 力 、 つ カ : う で が な ら 力 、 オ よ ナ こ 、 の て し 、 が 谷 し 先 、 生 . し っ つ 、 ナ こ し の ら 、 い 、 と 、 は あ の い っ え 先 ま ば が 生 る 大 一 の か ら ぽ ろ ぽ ろ が が な ん か よ く ん ろ 家 の 生 活 も き ち ん と で な 者 ひ と の 子 の 教 育 が で カ と 夫 ど な 生 げ ろ げ け き そ 先 ら の を し 、 か と と ナ こ は ヒ ス ァ リ ツ ク さ だ ん で か 苦 ん ん 生 で ん や い の も う い に ら 。 谷 て の い か た り 、 を と い け 知 に 谷 食 し 先 事 こ 顔 と と を 問 や 見 わ な た れ っ ち ま 声 て の を い か た め の 。 か て

兎の眼


330 太 田 先 生 と し げ 子 は 恋 人 の よ う に 、 よ り そ っ て 歩 い て い る 。 な に か ひ み つ の こ と で も 話 し て い る の か 、 と き ど き ふ ふ ふ : : : と 笑 っ て い る 。 芳 吉 が う し ろ か ら そ れ を ひ や か し て い そ ん な 子 ど も た ち を 、 い と し そ う に な が め な が ら 、 処 理 所 の 人 た ち は 歩 い て い る 。 そ ん な 先 生 を た の も し そ う に 見 て 、 処 理 所 の 親 た ち は 笑 う 。 大 八 車 は 、 ゴ ロ ゴ ロ の ほ か に 、 ギ イ ギ イ と い う 伴 奏 ま で つ け は じ め た 。 浩 二 は 足 立 先 生 の よ こ に い る 。 と き ど き 、 足 立 先 生 に 頭 を な で て も ら っ て に こ に こ し て 歩 く 。 ド ン グ リ 眼 を 大 き く ひ ら い て 、 笑 っ て い る 。 「 い く そ オ 」 功 が ひ と き わ 声 を は り あ げ た 。 大 八 車 は ぐ ー ん と 速 度 を ま し た 。 キ チ が そ れ に あ わ せ て と び だ し た 。 。 ハ ク じ い さ ん は が く ん と 腰 を お ら れ て ひ っ く り か え り そ う に な っ た 。 「 ま っ て く れ ! 」 バ ク じ い さ ん は ひ め い を あ げ た 。 も っ と も 子 ど も た ち に は 、 ま っ て く れ が 、 フ ア フ ア と き こ え た だ け だ っ た が び つ く り し て 車 を と め る と 、 バ ク じ い さ ん は し ぼ ん だ 風 船 み た い な 顔 を し て い た 。 顔 の 面 積 は 半 分 に な っ て い る 。 子 ど も た ち は お ど ろ い た 。 ど う し て き ゅ う に そ ん な 顔 に な っ た の だ 。 こ 0

兎の眼


「 お じ い さ ん は お 料 理 を つ く る の も じ よ う ず だ け れ ど 、 お せ じ も じ よ う ず で す ね 」 「 ウ ハ バ ク じ い さ ん は 、 ほ ん と う に た の し そ う た 。 そ ん な バ ク じ い さ ん の 顔 を 見 て い る と 、 と て も い い 顔 を し て い る 。 ひ と つ ひ と つ の し わ が 、 ま る で き れ い な 絵 の よ う だ 。 眼 が と て も や さ し い 。 西 大 寺 の 善 財 童 子 が と し を と っ た ら こ ん な 顔 に な る の か な ア と 小 谷 先 生 は 思 っ た 。 「 お じ い さ ん は 若 い と き 、 美 男 子 だ っ た で し よ う 「 は は は : : : 先 生 は 、 わ し に お か え し を し て く れ ま す ん や な 」 「 だ っ て 鉄 三 ち ゃ ん で も 、 ほ ん と に い い 顔 し て ま す も ん ー 「 そ う で す か い の う 」 そ 、 つ ′ 」 う バ ク じ い さ ん は い っ そ う 相 好 を く ず し た 。 鉄 三 は 食 事 を す ま せ て 、 さ っ そ く ハ エ の 絵 を か い て い る 。 「 先 生 に あ の ご 本 を い た だ い て か ら 、 ず っ と こ れ で す わ い 。 だ け ど 、 わ し ゃ う れ し い で す 。 ハ エ を 飼 う か 、 キ チ の の み を と る か そ ん な こ と し か で き ん か っ た 子 が 、 絵 を か い た り 字 を の か い た り す る よ う に な っ て く れ た ん で す も ん な あ 兎 家 の 壁 に 、 鉄 三 の か い た ハ エ の 絵 が い つ ば い は っ て あ る 。 「 鉄 三 ち ゃ ん 、 も う 、 な ん 枚 く ら い に な る か ナ 」 鉄 三 は 眼 を あ げ て 壁 の 絵 を 見 て い る 。 そ れ が 小 谷 先 生 へ の 返 事 な の だ 。

兎の眼


「 そ う か 野 犬 狩 り の 吏 員 た ち は 、 す な お に 車 を お い た 。 そ こ ま で は う ま い ぐ あ い に い っ た の だ が 「 野 犬 は ど こ に お る ん や 」 「 土 管 の 中 や ね ん 」 「 土 管 の 中 に 犬 が お る の ん か 」 「 き っ と そ こ が 安 全 な ん や ろ 」 恵 子 は 口 か ら 出 ま か せ い っ て い る 。 恵 子 と み さ え に つ い て き た の は 三 人 の う ち の ふ た り だ っ た 。 運 転 手 は 運 転 台 に 残 っ て タ ハ コ を ふ か し て い る 。 「 な に し と ん や 、 恵 子 は 」 か く れ て み て い た 功 は い ら い ら し て さ け ん だ 。 「 ひ と り で も 残 し た ら な ん に も な れ へ ん 。 あ の ・ ほ け な す 」 眼 恵 子 は ひ っ し だ っ た 。 ひ と り 残 っ て い る 。 ど う し よ う 、 ど う い っ た ら い い だ ろ う 、 恵 子 の は 頭 が 痛 く な る ほ ど 考 え た 。 兎 と っ ぜ ん 恵 子 は う し ろ 向 い て ば っ と 走 っ た 。 運 転 手 の そ ば へ き て い っ た 。 「 お っ ち ゃ ん 、 お っ ち ゃ ん も こ な あ か ん ー 「 な ん で や 、 お っ ち ゃ ん は 犬 を と ら へ ん 。 車 を 運 転 す る の が お っ ち ゃ ん の 商 売 や 」

兎の眼


雨 の 日 と か 風 の 日 は 二 、 三 日 つ づ く よ う に 、 悪 い こ と も か さ な っ て や っ て く る も の だ 。 そ の 日 は 水 曜 日 だ っ た の で 職 員 会 議 が ひ ら か れ た 。 小 谷 先 生 の 学 校 は 水 曜 日 に 会 議 が ひ ら か れ る し き た り に な っ て い る 。 予 定 さ れ て い た 話 し 合 い が す べ て す ん で 、 み ん な や れ や れ と い う 表 情 の と き 、 教 頭 先 生 が も う 一 つ と い っ て 立 ち あ が っ た 。 「 村 野 先 生 か ら の ご 提 案 で 、 み な さ ん に 話 し 合 っ て も ら い た い と い う こ と が あ り ま す の で 、 も う す こ し 時 間 を く だ さ い 。 じ ゃ 村 野 先 生 」 や す こ 三 年 生 の 主 任 を し て い る 村 野 康 子 先 生 は ち ょ っ と 青 い 顔 を し て 発 言 し た 。 こ 、 つ じ 「 わ た し の 組 に 瀬 沼 浩 二 と い う 子 ど も が い る の で す が : : : 」 子 ど も の 名 ま え を き い て 、 た く さ ん の 先 生 は 、 ま た か と い う 顔 を し た 。 浩 二 は 処 理 所 の 眼 子 ど も だ っ た の だ 。 の 兎 「 そ の 浩 二 く ん に 給 食 当 番 を さ せ る か さ せ な い か と い う こ と で 、 先 日 学 年 の 先 生 た ち と 話 し 合 い を い た し ま し た 。 浩 二 く ん は せ い け つ に す る と い う こ と が で き な い 子 ど も で す 。 食 事 前 の 手 洗 い は い た し ま せ ん 。 消 毒 液 に 手 を つ け る こ と も し ま せ ん 。 お 風 呂 が ぎ ら い で 、 4 日

兎の眼


218 「 お ま え は ま だ 小 さ い ん や 。 お れ ら に ま か せ と け 、 な 、 鉄 ツ ン 。 か な ら ず キ チ を と り も ど し た る か ら 、 な 」 鉄 三 は や っ と か ら だ の 力 を ぬ い た 。 芳 吉 が ふ た り に お い つ い て き た 。 「 お ま え ら 、 は や い な ア 」 ふ う ふ う 肩 で 息 を し て い る 。 「 お ま え が お そ い ん じ ゃ 」 ド ジ な や つ め と い う 感 じ で 功 が い っ た 。 「 芳 吉 、 お ま え 、 い そ い で み ん な 集 め て こ い 。 鉄 ツ ン も い っ て こ い 」 ふ た り が か け だ し て か ら 、 功 は 地 べ た に す わ り こ ん で 、 し ん こ く な 顔 を し て な に か 考 え て い た 。 「 ほ ん ま に キ チ 、 と ら れ た ん か 」 ま っ さ き に 純 が と ん で き た 。 「 う ん 、 純 、 お ま え え え と こ き て く れ た 。 ち ょ っ と お れ の 考 え を き い て ん か 」 処 理 所 の 子 ど も の 中 で は 純 が い ち ば ん の 知 恵 ぶ く ろ だ 。 功 は キ チ 奪 回 計 画 を 純 に ひ そ ひ そ 話 し て い る 。 し ば ら く す る と 、 み ん な あ つ ま っ て き た 。 し け 子 だ け 親 せ き に い 0 て い る と か で る す だ