検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集から 435件ヒットしました。

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


船 室 で は 、 同 室 の 沢 村 さ ん 松 山 さ ん が 、 い な い と き が 多 ご や か な 春 の 海 だ 。 ・ ほ く は 、 そ の 海 一 杯 に 日 射 し を あ び て い る よ う に 、 そ の と き は 暖 か い 。 引 か っ た の で 、 い つ で も 、 自 分 の 上 段 の 寝 台 に あ が り 、 寝 そ が 目 ざ め て の ち 、 ・ ほ く は あ の ひ と の 幻 だ け と と も に 、 ま べ っ て 、 日 記 を つ け て い ま し た 。 日 記 の 書 き 出 し に は 、 こ ん な こ と が 書 い て あ り ま し た 。 わ り は つ め た い 鉄 の 壁 に と り か こ ま れ 漸 く 生 き て い る 気 が ( ・ ほ く は あ の ひ と が 好 き で た ま ら な い 。 こ の 頃 の ・ ほ く は ひ す る 。 と り で い る と き で も 、 な ん で も 、 あ の ひ と と 一 緒 に い る 気 ・ ほ く み た い な 男 で も 、 か り に も 日 本 の Delegation と し く だ が し て な ら な い 。 ・ ほ く の 呼 吸 も 、 ・ ほ く の 皮 膚 も 、 息 づ く の て 戦 う の だ 。 自 分 の 全 力 の 砕 け る ま で 闘 わ な け れ ば 済 ま な が 、 す で に 、 あ の ひ と な し に は 考 え ら れ な い 。 た え ず 、 ・ ほ 。 恋 な そ 、 と い う 個 人 的 な 感 情 は 、 揚 棄 せ よ 。 そ れ く の 血 管 の な か に は 、 あ の ひ と の 血 が 流 れ て い る ほ ど 、 い が 、 義 務 だ と い う 声 も き こ え る 。 そ れ よ り 、 ・ ほ く も 棄 て た つ も 、 あ の ひ と は ぼ く の 身 近 に い る 。 そ れ で い て 、 ・ ほ く は い と 望 ん で い る 。 が 、 そ う 考 え て い る と き の ・ ほ く に 、 は お も あ の ひ と の 指 先 に さ え 触 っ た こ と は な い の だ 。 む ろ ん 触 り や 、 あ の ひ と の 面 影 が っ き そ っ て い る 。 あ の ひ と が 、 そ う た く は な い 。 触 る と お も っ た だ け で 、 体 中 の 血 が 、 凍 る ほ 一 緒 に 望 ん で く れ る 、 と 思 う の だ 。 は っ き り 言 え な い が 。 ど 、 厭 ら し い 。 な ぜ だ か 、 こ れ か ら の ・ ほ く は 、 一 む に 、 あ の ひ と を 、 ど っ か に 蔵 し ど こ が 好 き か と き か れ た ら 、 ・ ほ く は 困 る だ ろ う 。 そ れ ほ 込 も う 。 日 本 に 帰 る 日 ま で 、 一 個 人 に 立 ち 返 れ る ま で 、 と じ ゅ も ん わ か ど 、 ・ ほ く は あ の ひ と が 好 き だ 。 綺 麗 か と き か れ て も 、 判 ら こ の 言 葉 を 呪 文 と し て 、 ・ ほ く は 、 も う 、 あ の ひ と の 片 影 な り と も 、 む に 描 く ま い ) な い 、 と 答 え る だ ろ う 。 利 巧 か い と い わ れ て も 、 ど う だ か 、 と し か 返 事 で き な い だ ろ う 。 気 性 が 好 き か 、 と い わ れ そ う 書 い た 、 次 の 日 の 日 記 に あ ん す ( か に か く に 杏 の 味 の ほ ろ 苦 く 、 舌 に の こ れ る 初 恋 の こ て も 、 さ ア と し か 言 え な い 、 そ れ 程 、 ・ ほ く は 、 あ の ひ と に つ い て 、 な ん に も 知 ら な い し 、 知 ろ う と も 、 知 り た い と も と ) も っ と 、 こ こ に 書 く の も 気 恥 ず か し い ほ ど 、 甘 っ た る い 思 わ な い 。 ふ る さ と た だ 、 二 人 で よ く 故 里 鎌 倉 の 浜 辺 を あ る い て い る 夢 を み 文 句 も 書 い て あ り ま し た 。 で 、 ・ ほ く は 大 切 に 、 一 々 ト ラ ン し ゃ べ ク の 奥 底 に し ま い 込 ん で い た の で す 。 る 。 ふ た り と も 一 言 も 喋 り は し な い 。 そ れ で い て 、 黙 々 と と こ ろ 寄 添 っ て 、 歩 い て い る だ け で 、 お 互 い に は 、 な に も か に も 処 が 、 あ る 日 の 午 後 、 例 に よ っ て 、 べ ッ ド か ら 、 脚 を ぶ が 、 す っ か り 解 り き っ て い る の だ 。 あ た た か い 白 砂 だ 。 な ら ん ぶ ら ん さ せ 、 ト ラ ン ク を 台 に し て 日 記 を 書 い て い る わ か 、 れ い し た よ う や ア ウ フ ヘ ー

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


133 花 筐 り ま し た 。 小 さ な 色 の 濃 い い 葉 っ ぱ が 百 万 も 千 万 も た だ ザ ワ ザ ワ と ゆ れ て い る あ の と り と め の な い 淋 し い 景 色 は い つ 見 た も の で し よ う 。 そ の 記 憶 ば か り を 今 日 は 風 の 音 に 、 思 い お こ し 、 思 い お こ し 際 限 が ご ざ い ま せ ん で し た 。 悲 し い と い っ て も 云 い す ぎ で す し 、 楽 し い と い っ て も お そ ろ 云 い す ぎ で す 。 苦 し む の は 嫌 で す が 、 で も も う 怖 し く は あ り ま せ ん 。 鵜 飼 様 。 可 笑 し い 話 で す が 昨 夜 一 等 悲 し か っ た こ と は 自 分 の 裸 の 姿 を 見 た こ と が な い こ と で す 。 見 た の か し ら 。 で も 記 憶 に は ご ざ い ま せ ん 。 そ れ を 思 っ て 一 晩 狂 い ゆ か ん そ う で し た 。 湯 灌 さ れ る の は い や で す が 、 急 に 湯 灌 も よ い と 思 い ま し た 。 ひ ょ い と 見 え る か も 知 れ ま せ ん 。 ひ ょ い と 私 の 全 裸 が 見 え る か も 知 れ ま せ ん 。 埋 め て い た だ く と こ ろ は 海 の 見 え る 高 い と こ ろ が よ い と 思 い ま す が 、 ど う で す か し ら 。 鵜 飼 様 は お 泳 ぎ に な る そ う で 、 そ の 勇 ま し い お 姿 を 見 た い か ら で も ご ざ い ま す 。 墓 参 に い ら っ し て 下 さ る な ら 、 な る べ く 月 の 夜 に し て た び だ び 下 さ い 。 余 り 度 々 は 要 り ま せ ん 。 が 、 た だ 必 ず 一 人 で 来 て く だ さ い 。 で は さ よ う な ら 美 那 お 慕 わ し き 鵜 飼 様 い や さ び

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


ひ た い あ お す じ 人 た ち で さ え い ま 帰 っ て 貰 っ た の だ か ら 」 と 、 し い 、 て ん と 額 に 青 筋 を 立 て 、 眼 を と が ら せ 、 こ わ い 声 に な っ て ゆ で 、 初 め か ら 、 受 け 付 け よ う と は し な か っ た 。 山 本 の い い く の に 、 み ん な 無 気 味 に し ん と 静 ま り 返 っ て い る と 、 ひ と 分 だ と 、 建 物 の な か は 火 の 用 心 が 悪 い 、 事 務 所 に は 重 要 物 し き り 戸 外 の 雨 音 ば か り が 高 か っ た が そ の な か で 突 然 、 少 件 が あ る 、 構 内 に は 貴 重 品 が あ る と 、 応 援 隊 の 連 中 を し ま 女 の 悲 し げ に す す り な く 声 が き こ え て き た 。 ざ ん ざ 降 り の い に は 泥 棒 扱 い に し か ね な い 様 子 で 、 少 し で も 早 く 帰 っ て 雨 音 の な か に 、 そ の 声 は や さ し い 笛 の 音 の よ う に 甘 く 、 し く れ と い う の で 、 享 吉 は 困 り ぬ い て し ま っ た 。 す る と 横 か み じ み と や る せ な い 調 べ で 、 享 吉 の 胸 を う っ た 。 あ や 子 は り よ う て つ り ら 、 川 口 が 、 「 そ れ で は 、 ど こ か 、 こ の 辺 に 宿 屋 と か 、 小 し か し 、 す ぐ 顔 を 押 え て い た 両 掌 を 放 す と 、 き つ く 吊 あ が 学 校 と か 、 お 寺 は あ り ま せ ん か 」 と い う の に 、 こ の 組 合 で っ た 三 角 眼 か ら 、 今 は ホ ロ ホ ロ と 涙 の こ ぼ れ お ち る 、 優 し た だ ひ と り の 自 由 党 員 だ と い う あ る 年 配 の 男 が 、 「 な ん な い 柔 軟 な 表 情 に か わ っ た 眼 を 、 そ の ま ま 山 本 に ひ た と 密 着 ら 、 俺 が 世 話 し て や ろ う か , と 胸 に 一 物 あ り げ な 表 情 で い さ せ 、 「 み ん な 、 同 じ 労 働 者 の く せ に 、 ど う し て 、 こ ん な わ ら い だ し た 。 享 吉 は 、 オ ヤ と 思 い な が ら も 、 溺 れ る 者 は 藁 の に 意 地 悪 な ん で し よ う 。 妾 た ち は 、 こ ち ら が 手 不 足 だ と き 気 持 で 、 「 す み ま せ ん 、 ・ せ ひ 」 と 頼 む と 、 「 そ の か わ り 、 少 い て 、 み ん な で お 手 伝 い し に 来 た の よ 。 そ れ を こ の 雨 の な し 遠 い が 承 知 か ね 」 「 ど の く ら い 」 「 さ あ 、 こ こ か ら 一 里 は か に 、 一 里 も 遠 方 の と こ ろ ま で 、 傘 も な し に 追 い や ろ う な あ る か な 。 大 き な お 寺 だ が 」 川 口 が 「 ワ ア 」 と 驚 い た 声 を ん て 、 あ ん ま り 、 ひ ど い わ 。 い ま 二 階 に 来 て い る 応 援 隊 の だ し 、 「 そ れ は ち ょ っ と 困 る 。 も っ と 近 い と こ ろ は あ り ま な か に は 、 共 産 党 の ひ と は 十 人 も い な い の よ 。 あ と は た い せ ん か 」 「 ど の く ら い 近 け れ ば い い ん だ ね ー と す ぐ に 、 そ て い 共 産 党 も よ く 知 ら な い 、 こ わ い も の に 思 っ て い る 、 意 の 自 由 党 員 の 声 は け わ し か っ た 。 川 口 が そ れ に も 気 づ か 識 の 低 い ひ と た ち が 多 い い ん で す 。 そ ん な 人 た ち で も 、 今 ず 、 「 傘 な し で も 、 あ ま り ぬ れ な い で す む と こ ろ が 」 「 な ん 日 、 皆 さ ん の 応 援 を す る ん だ と き い て 、 と て も 喜 ん で 遠 く お う む が え 女 だ っ て 」 と 鸚 鵡 返 し に 自 由 党 員 は 、 本 気 で 怒 叫 り だ し て い か ら 足 り な い 食 糧 ま で 掻 き 集 め て や っ て き た ん で す 。 働 く た 。 「 こ ん な 雨 で 、 ぬ れ な い で す む と こ ろ と い え ば 構 内 じ 人 た ち の 団 結 を 嬉 し が っ て い る ん で す 。 そ ん な 人 た ち を ゃ な い か 。 ど う し て 、 君 た ち は そ ん な に 構 内 に 泊 り た い ん 今 、 そ の 方 の い わ れ た よ う に 、 一 里 も 雨 の 中 を ひ き ず り 歩 少 だ 。 な ぜ 、 そ ん な に 泊 り た い か 、 こ っ ち に や ち ゃ ん と わ か か せ る ひ ど い 扱 い を し た ら 、 も う こ れ か ら は 、 共 同 闘 争 な っ て い る ん た 。 だ か ら 、 お ら あ 、 共 産 党 の 奴 が で え っ 嫌 え ん て 、 真 っ 平 た っ て い い だ し ま す わ よ 。 い ま 来 て い る ひ と は 四 、 五 十 人 で も 、 み ん な が そ れ を 自 分 た ち の 会 社 に 帰 っ 力 さ い ち も っ き れ び ら わ た し

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


し ば び し ょ か り に 男 で あ れ 女 で あ れ 、 相 手 を 縛 っ た り 、 固 定 し た り タ 陽 の 空 の 中 に 軟 式 飛 行 船 が ゆ っ く り と 飛 翔 し て ゆ く 姿 を 出 来 得 る も の で な い 。 見 た 。 ど う け い 若 し こ こ に 美 し く 結 び あ っ た 完 全 の 夫 婦 と 云 う も の が あ 二 階 の 手 摺 り に つ か ま り な が ら 、 憧 憬 と 云 う か 、 悲 哀 と る と す る な ら ば 、 そ れ は 、 ぐ ら っ き な が ら も 、 し ば ら く お 云 う か 、 私 が 、 父 母 に ま ぎ れ な い 、 自 分 自 身 の ( ッ キ リ と 互 い の 心 情 を 信 じ あ っ て い る と 云 う こ と だ 。 し た 肉 体 を 金 色 の 空 の 中 に 遠 く な げ う っ た 最 初 の 鮮 明 な 出 絶 え ず ぐ ら つ い て い る こ の 裏 切 り や す い 肉 体 が な か っ た 来 事 だ 。 な ら 、 そ も そ も 信 じ 合 う と い う こ と の 本 当 の 意 味 は わ か る だ か ら ひ ょ っ と す る と 、 そ ろ そ ろ 父 母 の 不 和 が は じ ま っ て い た か も わ か ら な い 。 心 情 と 精 神 の 真 価 を 知 る 為 に も 、 男 は 女 を 知 っ て い る 方 そ れ に し て も 、 ま だ ま だ 若 い 父 母 は 結 婚 の 夢 が 醒 め 切 れ ゆ く え が よ ろ し い し 、 女 は 男 を 知 っ て い る が よ ろ し い だ ろ う 。 ぬ よ う で 、 父 の ハ ン テ ィ ン グ と ス テ ッ キ 姿 、 母 の 行 方 不 明 ひ た い ま わ と で も 云 う か 、 額 の 周 り に 大 き く ひ ろ が っ た 髪 型 と 白 い 帯 の 姿 、 散 歩 す る 両 親 の 間 に は さ ま れ て 、 あ ち こ ち を う ろ っ ど う せ い 父 と 母 は 大 体 十 年 間 同 棲 し て い た よ う だ 。 父 は 教 職 を 追 き 廻 っ た 思 い 出 ば か り が 多 い 。 ひ ろ さ き あ し か が っ て 山 梨 、 東 京 、 福 岡 、 弘 前 、 足 利 と 転 々 し た 。 そ の 間 に 福 岡 に 移 っ た の は 、 多 分 私 の 五 、 六 歳 の 頃 で あ ろ う 。 私 ほ と ん 私 を は じ め と し て 三 人 の 妹 達 が 生 れ て い る 。 自 身 の 思 い 出 は 色 々 と あ る が 、 父 母 に 関 す る 出 来 事 は 殆 ど 任 地 の 関 係 か ら だ ろ う 、 私 は 柳 川 の 祖 父 の 家 に 預 け ら れ 覚 え て い な い 。 た だ 、 久 留 米 の 外 祖 父 が や っ て き て 、 そ の ひ ざ も と た り 、 ま た 父 母 の 膝 許 に 引 き と ら れ た り し た 。 外 祖 父 を 母 と 私 で 送 り に 行 っ た 。 そ の 送 り に 行 っ た 道 筋 の ま で 父 の 三 十 か ら 四 十 迄 ー ー ・ ・ 母 の 十 八 か ら 二 十 八 迄 の 間 で あ こ と を 妙 に は っ き り と 思 い 出 す 。 お お ほ り そ と ま り . る 。 今 の 大 濠 公 園 が そ の ま ま 広 い 広 い 城 の 外 濠 で あ っ て 、 ぼ に お だ か ら こ の 十 年 間 の 父 母 の 結 婚 生 活 が 果 し て 幸 福 で あ つ ん や り と 照 る 水 の ひ ろ が り の 上 に 、 鳰 が 小 さ い ケ シ 粒 の よ う に 浮 ん で い た 。 母 た か ど う か 、 私 は 知 ら な い 。 し よ う じ よ う 必 ず し も 父 母 の 結 婚 生 活 に 関 係 あ る こ と か ど う か は わ か 冬 の 日 で あ っ た ろ う 。 そ の 蕭 条 た る 濠 端 を 母 と 祖 父 が し ゃ べ ら な い が 、 記 憶 に 残 る 印 象 的 な 出 来 事 を 拾 っ て み る と 何 か ひ そ ひ そ と 喋 り 合 い な が ら 歩 い て ゆ く 。 私 の 心 を 置 去 し た や 多 分 、 私 の 四 歳 の 時 だ 。 下 谷 の 侘 し い 借 家 の 二 階 か ら 、 り に し た よ う な そ の 話 し ぶ り と 、 水 の 色 が 、 今 で も 奇 妙 に だ い た い た め わ び

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


わ た し う ら や ま た 風 紀 の こ と で も こ れ ま で は 男 の ひ と た ち が 、 表 面 で し た し 、 そ の 反 面 に 、 妾 な ん か 見 て い て も 、 と て も 羨 ま し う る は 、 女 を 、 さ も 汚 な い も の 煩 さ い お 喋 り の 出 し や ば り も の く な っ ち ゃ う 理 想 的 な 結 婚 を ち ゃ ん と し ち ゃ っ た ひ と も い け い べ っ 扱 い に 、 軽 蔑 し て い て そ の 癖 、 裏 で は 、 妾 た ち を 珍 し い 玩 る ん で す 」 い ん ば い ふ 具 の よ う に こ っ そ り へ ン に 遊 び た が っ た り 、 ま た は 淫 売 婦 こ う し て 、 あ や 子 が む し ろ あ ど け な い 感 じ で 薄 い 唇 を そ の ひ と と 同 じ つ も り で お 金 で 遊 ぼ う と す る よ う な こ と も 多 ら し て 喋 り 続 け て い る 間 に 、 幾 度 も 、 微 笑 が み ん な の 唇 の か っ た ん で す 。 と こ ろ が 、 こ の 協 議 会 が も た れ 、 一 週 間 に 辺 に 浮 か ぶ の だ っ た 。 そ の う ち 、 応 援 隊 の ひ と た ち は 、 す 一 度 な り 、 一 一 度 き ま っ て 、 組 合 の 青 年 男 女 が 顔 を 合 わ せ 、 つ か り 入 浴 を す ま せ た よ う だ っ た が 、 す る と 、 川 口 が 、 享 仲 よ く 相 談 す る と い う こ と に な る と 、 だ ん だ ん 、 こ ん な お 吉 を 部 屋 の 片 す み に 招 き 、 「 さ っ き レ ポ を 帰 し た か ら 、 間 互 い の 隔 て が な く な り 、 胸 に 一 物 も っ て 異 性 に 接 す る と 、 し も な く 、 指 令 が く る と 思 う が 、 そ れ ま で 待 機 し て い た い の し た く う よ う な こ と が 出 来 な く な っ た ん で す 。 そ れ は 女 は 、 ま だ で 、 夕 飯 の 仕 度 を さ せ て く れ 」 と い っ た 。 そ こ で 享 吉 は 、 り よ う か い 男 の ひ と に く ら べ る と 、 ・ ( 力 な と こ ろ も 、 す ぐ カ ッ と な つ 事 務 所 に お り 、 山 本 に こ の こ と を 諒 解 し て 貰 い 、 ま も な し ゃ れ か ま な べ て 、 合 理 的 に も の の 考 え ら れ な い と こ ろ も 、 ヘ ン に お 洒 落 く 、 し 応 援 隊 の 人 た ち は 、 鉄 道 側 か ら 、 釜 や 鍋 や 、 薪 な そ を 、 ど り す い じ で お 気 取 の と こ ろ も 、 多 い の で す が 、 こ う や っ て 、 女 だ け 借 り 、 ほ と ん ど 総 が か り の 、 炊 事 を 始 め た 。 ど の 青 年 た ち で な く 、 男 の ひ と と い っ し ょ に お 話 を し て い る と 、 自 分 た も 乏 し い 食 生 活 の 中 か ら 大 き な 無 理 を し 、 主 食 を 整 え て き ち の ど ん な と こ ろ が い ち ば ん バ カ か も ケ ・ ハ ケ ・ ハ し い お 洒 落 た の だ ろ う 、 米 を も っ て 来 て い る 者 は 少 な く 、 た ま に 持 っ こ う り ゃ ん が ど ん な に つ ま ら な い か も 、 だ ん だ ん わ か っ て ゆ き 、 ま た て 来 て い て も そ れ に 麦 や 高 粱 な そ が 混 っ て お り 、 あ と は た と う も ろ こ し 男 の ひ と た ち に み つ と も な い の で 、 カ ッ と す る こ と や 、 お い て い 、 小 麦 や 玉 蜀 黍 や 、 配 給 の 食 用 粉 と い う 白 い 壁 土 に 澄 ま し も 少 な く な っ ち ゃ っ た ん で す 。 そ れ か ら 男 の ひ と の 似 た 、 味 の な い 粉 な ど も っ て 来 て い る も の が 多 か っ た 。 女 ほ う も 、 今 ま で の よ う に 、 女 を そ の 頭 の 中 で だ け し か 知 ら 享 吉 も 一 緒 に 昨 夜 か ら こ ち ら に 泊 り に き て い る 、 地 区 委 ず 、 女 神 扱 い に す る か と 思 え ば 、 獣 扱 い に し た り し て い た 員 会 の 若 い 書 記 と い っ し ょ に 、 階 下 に お り て ゆ き 、 水 飲 場 は ん ご う 少 の が 、 だ ん だ ん 、 ほ ん と の 現 実 の 女 の 姿 が わ か っ て く る の 近 く で 、 飯 盒 炊 事 の 仕 度 を し て い る と 、 あ や 子 が 、 そ の と 、 か え っ て 、 人 間 同 士 と し て の 親 し み や 理 解 が 生 ま れ て 後 ろ を 、 な ん ど も 涼 し い 風 の 通 る よ う に 白 い ス カ 1 ト を ひ き た ん で す 。 風 紀 の こ と で も お 互 い が そ う 珍 し く な く な つ る が え し 、 小 走 り に 行 き 来 し た 。 そ の 様 子 を み て い る と 、 て く る と 、 か え っ て 前 よ り イ ヤ な こ と が 少 な く な っ て き ま 彼 女 は や は り 、 た だ ひ と り の 女 性 と し て 、 粉 の と き 方 や 、 め が み ー た し ゃ べ

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


き で す 。 悲 し い 悲 し い 綾 を お い て ど う し て そ ん な に 遠 く と と 思 い ま す 。 綾 も 元 気 に て 、 こ の 手 紙 を 書 い て お り ま に お ゆ き で す 。 も う 日 益 に あ な た 様 恋 し く て 泣 い て ば か す 。 お 発 ち の 折 は あ ま り に 突 然 の こ と ゆ え 、 も う ま っ た く ・ ほ ん や り し て し ま い ま し た 。 石 段 の 先 に お 姿 が 消 え う り で す 。 お 覚 え で す か 。 あ な た 様 と 御 一 緒 に と ま り ま し せ ま し た と き に は 、 そ れ は も う 泣 き ま し た よ 。 ひ ど い お た 宿 屋 か ら お 年 賀 が 参 り ま し た 。 明 日 は 圭 ち ゃ ん と あ の 方 。 ほ ん と う に お う ら み 申 し ま す 。 あ れ 以 来 ず っ と 圭 ち 宿 屋 ま で と ま り に ゆ こ う と 思 い ま す 。 ご ら ん ゃ ん に 来 て い た だ き 毎 日 色 々 な 唱 歌 を 習 っ て お り ま す 。 小 弥 太 様 。 な ぜ お 帰 り に な り ま せ ん 。 こ の 手 紙 御 覧 に ハ ワ イ の 唱 歌 と い う も の は 大 変 悲 し ゅ う ご ざ い ま す ね 。 な っ た ら 飛 ん で か え っ て 下 さ い ま し 。 お 帰 り の 上 は 圭 ち ら く お ん き ゃ ん と 三 人 ど ん な に 楽 し い こ と で ご ざ い ま し よ う 。 毎 日 こ の 頃 は 圭 ち ゃ ん と 蓄 音 機 を 買 い ま し て 、 一 一 人 で ダ ン ス お 風 呂 を 焚 い て も ら い ま す よ 。 今 で も タ 方 に な る と か か と い う 踊 り を 致 し ま す 。 の び あ が る よ う な 音 の な か に 二 さ び 人 肩 を 組 ん で 舞 い ま す と そ れ は そ れ は 淋 し く て 、 知 ら ず さ ず 圭 ち ゃ ん と お 風 呂 を い た だ い て お り ま す 。 ほ ん の チ ビ 助 の く せ に こ の 頃 は 煙 草 を ふ か し て い ま す よ 。 綾 に に 涙 が 落 ち ま す よ 。 い ま も 圭 ち ゃ ん が ウ ク レ レ を 弾 い て く ち ぐ せ も 、 瘠 せ る か ら お 吸 い よ 、 と 口 癖 の よ う に 申 し ま す 。 そ お り ま す 。 小 弥 太 様 。 何 処 を 歩 い て お い で で す 。 こ の 手 紙 も 圭 ち れ で 昨 日 は 目 が 廻 0 て 大 笑 い で し た 。 小 弥 太 様 、 小 弥 太 様 。 な に と ぞ な に と そ 綾 と 圭 ち ゃ ん ゃ ん に 表 書 を 書 い て も ら わ ね ば な り ま せ ん 。 届 く こ と や の そ ば に 帰 っ て 下 さ い ま し 。 そ れ で は 変 っ た 土 地 の 水 ゅ ら 、 届 か ぬ こ と や ら 。 言 葉 の 通 る 私 達 の 間 で す ら 淋 し い え お 体 ご 大 切 に 。 の に 、 な ぜ そ ん な 言 葉 の 通 じ ぬ お 国 な そ へ お い で で す 。 あ ら あ ら か し こ 胡 亭 様 、 真 吾 様 、 と つ ぎ つ ぎ か き 消 す よ う に お な く な り 観 の あ と 、 綾 は ど な た 様 に お 縋 り 申 せ ば よ い の で す 。 昨 夜 景 小 弥 太 様 塾 も 夜 っ ぴ て あ な た 様 の お 姿 を 抱 き し め ま し た 。 胡 小 弥 太 様 。 夢 の な か の あ な た 様 は す こ し 陽 に お や け の ま る 一 年 の 間 、 何 の 便 り も な か っ た 。 綾 は 小 弥 太 の ま ぼ タ よ う で し た が 、 そ れ は ご 立 派 で し た よ 。 お 髭 さ え は っ き す わ む く こ す え つ ぐ み り と 見 え ま し た 。 雪 の 降 っ て い る 夢 で し た か ら 、 き っ と ろ し を え が い て は べ っ た り 縁 に 坐 る の で あ る 。 椋 の 梢 に 鶫 そ ち ら に は 雪 が 降 っ て い る に ち が い あ り ま せ ん 。 毎 日 の が き て 、 毎 日 椋 の 実 を 落 し て い っ た 。 ひ な た よ う に お 慕 い 申 し て い る こ の 綾 を お い て 何 処 を い ま お 歩 寒 か っ た が 、 も う 一 一 月 の 日 向 は 心 地 よ か っ た 。 綾 は 今 日 す が ひ ま し 綾 よ り

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


十 173 ど を 持 っ て し た 。 : 、 - ホ マ ー ド で び っ た り つ け た 頭 髪 を 一 一 三 本 て 、 落 第 し た こ と が あ っ た 。 そ れ で 、 お 君 は 、 お う せ 指 の 先 で 揉 み な が ら 、 あ は れ 逢 瀬 の 首 尾 あ ら ば 、 そ れ を 二 人 が 最 期 日 と 、 か く ご 「 実 は お 宅 の 何 を 小 生 の : : : 」 妻 に い た だ き た い と 申 し 變 名 残 り の 文 の い い か は し 、 毎 夜 毎 夜 の 死 覚 悟 、 魂 抜 け て * か み じ で た 。 金 助 が お 君 に 、 お 前 は 、 と 訊 く と 、 お 君 は 恐 ら く 物 と ぼ と ぼ う か う か 身 を こ が す : : : 。 と 、 「 紙 治 」 の サ ワ リ へ た く そ 心 つ い て か ら 口 癖 で あ る ら し く 、 な ど を う た っ た 。 下 手 糞 で も あ っ た の で 、 軽 部 は 何 か 言 い あ て あ て ど な い 「 私 で つ か 。 私 は 如 何 で も よ ろ し お ま 」 表 情 一 つ 動 か さ 掛 け た が 、 し か し 満 足 す る こ と に し た 。 き れ い あ る 日 、 軽 部 の 留 守 中 、 日 本 橋 の 家 で 聞 い て 来 た ん で す ず 、 強 い て 言 う な ら ば 、 綺 麗 な 眼 の 玉 を く る り く る り 廻 し て い た 。 が と 、 若 い 男 が 顔 を 出 し た 。 「 ま あ 、 田 中 の 新 ち ゃ ん や な い の 、 ど な い し て た の ? 」 あ く る 日 、 金 助 が 軽 部 を 訪 れ て 、 む す こ も と 近 所 に 住 ん で い た 古 着 屋 の 息 子 の 田 中 新 太 郎 で 、 朝 「 ひ と り 娘 の こ と で っ さ か い 。 養 子 ち ゅ う こ と に し て 貰 い れ ん た い 鮮 の 聯 隊 に 入 営 し て い た が 、 除 隊 に な っ て 昨 日 帰 っ て 来 た ま し た ら : : : 」 と こ ろ だ と い う 。 何 は と も あ れ と 、 上 る な り 、 都 合 が 良 い と は 言 わ せ ず 、 軽 部 は 、 「 そ れ は 困 り ま す 」 と 、 ま る で 金 助 は 叱 ら れ に 行 っ た み た 「 嫁 は ん に な っ た そ う や な 。 な ん で 自 分 に 黙 っ て 嫁 入 り し き つ も ん 、 ・ こ っ こ 0 た ん や 」 と 、 田 中 新 太 郎 は 詰 問 し た 。 か っ て 唇 を 三 回 盗 ま や が て 、 軽 部 は 小 宮 町 に 小 さ な 家 を 借 り て お 君 を 迎 え た れ た こ と が あ り 、 体 の こ と が な か っ た の は 単 に 機 会 だ っ た が 、 こ の 若 い 嫁 に 「 大 体 に 於 て 満 足 し て い る ー と 、 同 僚 た と 今 更 口 惜 し が っ て い る 彼 の 肚 の 中 な ど わ か ら ぬ お 君 は 、 力 さ す が に 日 焼 け し た 顔 ち に 言 い ふ ら し た 。 お 君 は 白 い 綺 麗 な か ら だ を し て い た 。 そ ん な 詰 問 は 腑 に 落 ち か ね た 。 ・ 、 、 も よ お な お 、 働 き 者 で 、 夜 が 明 け る と も う ば た ば た と 働 い て い に 泛 ん で い る し ょ ん ぼ り し た 表 情 を 見 て は 、 哀 れ を 催 し て ん ら ど ん ぶ り た 。 天 婦 羅 丼 を と っ た り し て 、 も て な し た が 、 彼 は こ ん こ わ こ こ は 地 獄 の 三 丁 目 、 行 き は 良 い 良 い 帰 り は 怖 い 。 な も の が 食 え る か と 、 お 君 の 変 心 を 怒 り な が ら 、 帰 っ て し ひ ぞ く せ い と 朝 つ ば ら か ら 唄 う た が 、 間 も な く 軽 部 に そ の 卑 俗 性 を 理 ま っ た 。 そ の 事 を タ 飯 の と き に 軽 部 に 話 し た 。 軽 部 は 新 聞 ひ ぎ ひ ろ 由 に 禁 止 さ れ た 。 を 膝 の 上 に 拡 げ た ま ま ふ ん ふ ん と 聴 い て い た が 、 話 が 唇 の こ と に 触 れ る と 、 い き な り 、 新 聞 が ば さ り と 音 を 立 て 、 続 い 「 浄 瑠 璃 み た い な 文 学 的 要 素 が ち ょ っ と も あ れ へ ん 」 と 言 は し ち や わ ん い き か せ た 。 か っ て 彼 は 国 漢 文 中 等 教 員 検 定 試 験 を 受 け て 、 箸 、 茶 碗 、 そ し て お 君 の 頬 が び し や り と 鳴 っ た 。 お 君 し か も ら ふ み ほ お さ い ご

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


あ る 。 そ れ か ら ま た あ ど け な い 笑 い を し た 。 小 弥 太 も 心 の 雲 を 追 二 人 は 真 新 し い 雪 の な か を い た わ り お う て 病 院 に 出 た 。 い は ろ う て 大 き く 笑 い だ す の で あ る 。 「 来 た ね 、 」 と 真 吾 は 笑 い 、 「 馬 車 が 無 か っ た ん で し ょ 空 に 晴 れ ま が 出 来 た の か 、 一 条 キ ラ リ と ま ぶ し い 陽 が さ う ? 」 し こ ん だ 。 綾 は と ん と ん 走 り よ り ガ ラ ス 戸 を 手 繰 る 。 も う 綾 は う な ず い た 。 真 吾 の 顔 は ガ ラ ス 戸 の 反 射 を 受 け て 今 い ち め ん 真 白 な 照 か え し が 部 屋 じ ゅ う に な だ れ こ ん だ 。 す き と お 日 は 透 徹 る よ う に 白 く 、 そ れ を 眺 め る う ち 、 小 弥 太 も も う 綾 は し ば ら く 外 に 出 て い た が 、 「 そ ら 、 い い も の ー と 窓 越 し に 盆 を 差 込 ん だ 。 雪 兎 で あ 自 然 と 勇 気 を と り も ど し 、 る 。 「 ひ ど か っ た ね ? 」 「 そ う 、 ・ ほ く は 何 度 も 目 覚 め ま し て ね 。 い つ も 、 お や 綾 さ 「 や あ 、 こ れ は 可 愛 い ! 」 ん が 帰 っ て き た と 思 う ん で す 。 風 で す よ 。 不 思 議 に 興 奮 し 真 吾 は 声 を あ げ 、 そ の 南 天 の 紅 い 眼 に 小 弥 太 も ふ っ と 眼 が し ら て 、 か え っ て 深 い 眠 に お ち る ん で す 。 明 方 夢 を 見 ま し た 。 頭 を う る ま せ る 。 窓 に た っ と 、 は げ し く ふ り そ そ ぐ 陽 の な 何 か 雪 の 夢 な ん で す 。 雪 の 上 を 綾 さ ん が ヒ ョ ン ヒ ョ ン 飛 ん か で 、 綾 は あ ち こ ち 飛 び ま わ り 、 甲 斐 甲 斐 し く 雪 を 固 め て で い る い や 可 笑 し い か な 。 」 「 ど う し た ん で す 、 」 小 弥 太 は じ っ と 眼 を つ む る 。 帰 途 、 馬 車 の な か で は 二 人 と も 追 い か け る 幸 福 に 酔 う た つ ぐ こ だ ち 「 ち ょ っ と ひ ど い 夢 、 こ つ け い な ね 。 綾 さ ん 、 お こ ら な い ま ま じ っ と 口 を 噤 ん で い た 。 光 は 谷 や 木 立 の あ い だ あ い だ か ? 」 に た だ キ ラ キ ラ と 入 乱 れ 、 そ の 白 い 雪 の 道 を 車 は ぼ っ く り 、 え 、 」 と 綾 は つ む り を ふ る 。 と 二 条 の 帯 を 残 し 走 り つ め る 。 遠 い 雪 の 感 慨 も 、 い つ の ま 覦 「 綾 さ ん が 雪 の な か を ひ ょ い ひ ょ い 飛 ん で い る 。 辺 り を 見 に か は や 実 在 の の ろ し を 挙 げ て 綾 の 襟 首 に か ら み よ り 、 そ 塾 ま わ し て 、 何 か し や が み た そ う な 様 子 。 が 、 ま た ひ ょ い ひ の ま ぶ し い い ち め ん の 照 か え し に 眼 も く ら み 、 綾 は び っ た 胡 い 飛 ぶ 。 ぼ く は じ っ と 見 て い ま す 。 あ あ 、 小 用 だ な 、 と り と 小 弥 太 の 体 に よ り そ う た 。 張 は じ め て ・ ほ く は 気 が つ い た 。 す る と 綾 さ ん も ぼ く に 気 づ い 帰 り つ い た と き に は 陽 は う す れ 、 胡 亭 は 灯 り も と ば さ ず タ て し い の ? と き く よ う な 眼 付 を す る 。 ぼ く が う な ず く に 一 人 し ん と 酒 を 飲 ん で い た 。 と や っ と 安 心 し て 、 と う と う し や が み こ ん じ ゃ っ た 。 」 「 ど う だ 、 真 吾 ? 」 か ん こ っ 真 吾 は 可 笑 し そ う に 噴 き だ し た 。 綾 は 真 赤 に な っ た が 、 高 く は ね 上 っ た そ の 顴 骨 の 不 幸 な 反 り に 小 弥 太 の 気 持 も ま っ か あ た あ か

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


あ ず け て あ っ た 五 男 の 三 平 、 六 男 の 又 右 衛 門 ま で ひ き と え も っ て い れ ば よ い の で 、 こ の と き 古 庵 は 遍 路 に 身 を や っ お も ひ へ い り 、 岡 山 ま で い っ た と こ ろ が 、 尋 ね て い っ た 弥 一 二 右 衛 門 の し て 故 郷 に 帰 っ た 。 す る と 土 佐 は 想 っ た よ り も 疲 弊 し た 山 ま ち は ず あ ば た づ ら ご う し 家 は 町 端 れ の 牛 小 屋 み た い な あ ば ら 家 で 、 そ こ に 菊 石 面 を 国 で 、 山 内 家 一 一 代 の 恐 怖 政 治 の た め 、 彼 の 縁 故 の 郷 士 た ち ひ さ ん 泣 き 笑 い の よ う に 崩 し て 出 迎 え た 彼 の 髪 が ほ と ん ど 白 く な は す ・ ヘ て 悲 惨 な 生 活 を お く っ て い た が 、 そ う し た 新 領 主 へ っ て い る の に 、 母 は ぎ よ っ と す る 思 い だ っ た 。 し か し 彼 も の 反 感 が や が て 旧 城 主 の 孫 の 古 庵 へ の 同 情 に も な り 、 親 切 ま た 二 十 一 一 歳 の 水 也 を 先 頭 に し て 、 六 歳 の 又 右 衛 門 の 手 を に し て く れ る 土 地 の も の も 多 い の で 、 古 庵 は そ の と ぎ 身 を ひ い た 妻 が 、 五 人 の 子 供 た ち と ぞ ろ そ ろ い っ し ょ に や っ て よ せ た 遠 縁 の 郷 士 の 家 で こ れ ま で に な い 落 着 い た 生 活 に 入 き た の を み て 、 さ ら に 奥 歯 の ぬ け た 彼 女 の げ つ そ り と こ け る こ と が で き た 。 そ う し て そ の 田 野 か ら 奈 半 利 川 を 渡 っ た ほ お た 頬 を み て 、 な に か ぎ よ っ と し た 顔 色 に な っ た 。 森 の な か の 大 円 寺 に は 祖 父 の 丹 後 の 墓 も 残 っ て い た の で 、 く わ 彼 は そ の こ ろ 、 鎌 や 鍬 の よ う な 農 具 や ら 茶 わ ん や 木 じ ゃ 彼 は 時 折 り 、 墓 参 り に ゆ く 日 も あ っ た 。 古 庵 は そ の 墓 前 で し ろ ま ゆ げ く し の よ う な 日 用 品 な そ 、 だ い た い 三 十 種 類 内 外 の 品 物 の あ る 日 、 頭 の 真 っ 白 な 眉 毛 の う す い 眼 の や さ し い ひ と り の く め く ら の す け 持 売 の 株 に あ り つ き 、 や っ と 芽 を だ し た 積 り で い た が 、 こ 老 人 に あ っ た 。 彼 は 久 米 内 蔵 助 と い う 丹 後 の 旧 友 で 、 古 庵 の 大 家 族 を 抱 え て ふ た た び 七 転 八 倒 の 苦 し み を な め る こ と が 丹 後 の 孫 な の が わ か る と 、 古 庵 を 懐 し が っ て 、 そ の 奈 に な っ た 。 そ こ で い っ ・ ほ う で は 水 也 に 、 古 庵 、 休 務 の 三 人 半 利 川 の 上 流 、 魚 瀬 の 大 森 林 の 入 口 に あ る 彼 の 住 居 に し ひ ょ う と り わ ず 兄 弟 が そ れ ぞ れ 近 く の 農 村 の 日 傭 取 に な り 僅 か な 賃 米 を か ば し ば 古 庵 を 招 く う ち に 、 付 近 の 山 野 の 薬 草 を 教 材 に し く わ せ い で い た が 、 そ れ で も 自 分 た ち の 食 料 さ え や っ と の 始 末 て 、 古 庵 に そ の こ ろ 駆 け 出 し の 漢 方 医 な ぞ よ り は 詳 し い 本 か せ な の で 、 弥 三 右 衛 門 は 城 下 の 近 く は 稼 ぎ が 薄 い と 、 藩 内 を 草 学 と そ の 応 用 知 識 を 教 え て く れ た 。 し か し 古 庵 は こ の と 行 商 に と び 廻 り 、 家 に 落 着 け る 日 さ え 少 な か っ た 。 こ の 様 き に は べ つ に 医 者 に な る つ も り は な く 、 ゆ く ゆ く は 近 く の い り む こ 庵 子 に 十 八 の 古 庵 は 胸 を い た め 、 自 分 ひ と り で も 抜 け た ら そ 農 夫 の 入 聟 に で も な り 、 一 生 を 送 る つ も り だ っ た 。 古 れ だ け 継 父 の 重 荷 も 軽 く な る か と お も い 、 彼 は 母 と 継 父 と と こ ろ が こ の こ ろ 、 岡 山 の 母 の 一 家 で は あ い か わ ら ず 尻 桑 の 許 し を え て 、 ひ と り 、 ま だ 見 た こ と の な か っ た 祖 父 桑 名 に 火 の つ き そ う な 貧 乏 暮 し で 、 主 人 の 弥 三 右 衛 門 は だ ん だ ち ぎ よ う ち な は り え ん こ し ょ は っ と 丹 後 の 旧 知 行 地 、 土 佐 奈 半 利 の 田 野 村 に 、 亡 祖 父 の 縁 故 を ん 厳 し く な る 諸 法 度 ま で 冒 し て 他 国 を 稼 ぎ ま わ る よ う に な り 、 め っ た に 我 が 家 に は 帰 れ な く な っ た の で 、 あ と は 次 男 た よ っ て 帰 っ て い っ た 。 そ の こ ろ 土 佐 に 入 る の に は 藩 の 許 み も と め ん ど う へ ん ろ 可 し た 入 切 手 が 必 要 だ っ た が 、 遍 路 は そ の 身 元 の 国 切 手 さ の 水 也 が 一 家 の 面 倒 を み な け れ ば な ら な い 年 頃 だ っ た が 、 か か つ も し ま っ ま お か な っ か

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


93 美 し き 魂 の 告 白 は い つ の ま に か す っ か り 日 本 語 を 覚 え こ ん で い た の だ 。 然 し 、 後 ろ 髪 を チ ョ ン と 切 っ て 、 多 田 は そ の 髪 を い じ っ て み た い と も 思 い 、 髪 の に お い に ふ れ て み た い と も 考 え た 。 ぎ く ろ 或 日 二 人 は 多 田 の 家 の 屋 根 を 匍 っ て い た 。 柘 榴 の 木 が す る す る と 屋 根 の 側 ら に の び 其 枝 に は 無 数 の 柘 榴 が 赤 く 裂 け て い る 。 そ の 裂 目 か ら は 、 美 麗 な 粒 が キ ラ キ ラ 覗 き だ し て 一 一 人 の 魂 を 唆 る の だ 。 ぼ ー ら は 屋 根 の 端 に よ っ て い っ て 、 ひ ょ い と 飛 び う つ っ た 。 多 田 は ど う し て も 飛 べ な か っ た 、 そ う し て 泣 き 始 め た の で あ る 。 庭 か ら 母 が 見 上 げ て い た 。 多 田 は 母 を 見 て 、 声 を の ん だ 。 母 は 眼 を 輝 や か せ 、 狂 気 の よ う に 声 を は げ ま し た ひ 、 よ う も の 卑 怯 者 、 お 飛 び ! お 飛 び ! 多 田 は あ の と き ほ ど 母 の 姿 を し ん け ん に 美 し い と 思 っ た こ と は な い 。 あ る ひ か た わ