検索 - みる会図書館

検索対象: 経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由から 461件ヒットしました。

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


い て 親 友 野 瀬 市 之 丞 と 隼 太 と の こ ん な 会 話 が あ り ま す 。 「 ひ と に 聞 い た 話 に よ る と 、 前 の 執 政 で 人 格 高 潔 、 ひ と に 指 さ さ れ る 一 点 の し み も な い 人 物 と い え ば 、 家 老 の 金 井 権 十 郎 た だ ひ と り だ っ た と い う こ と だ 」 「 さ も あ ら ん 」 「 だ が 、 こ こ が 玄 妙 な と こ ろ で な 。 そ れ で は 人 格 高 潔 な 金 井 権 十 郎 の と こ ろ に ひ と が あ つ ま っ た か と い う と 、 あ つ ま ら ん 。 現 職 の と き も 、 執 政 を し り ぞ い た あ と も だ 」 「 反 対 に 、 い ま 雪 庵 な ど と 言 っ て い る 鹿 之 助 の 父 親 は 、 在 職 中 も 賄 賂 だ 何 だ と 、 と か く う わ さ が あ っ た ひ と だ 。 し か し 、 賄 賂 が あ つ ま る と い う こ と は 、 ひ と の 面 倒 も み る と い う こ と だ か ら な 。 ま た あ つ ま っ た 金 は 、 さ ほ ど に 借 し い 金 で も な い か ら 、 気 前 よ く ま わ り に 散 じ る 。 だ か ら ひ と が あ つ ま っ た 」 ま と め に か え て こ の 本 を 読 ん で 「 行 進 し た い 気 持 ち 」 に な り ま し た か ? 459

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


三 種 類 の 議 論 と 終 わ り 方 目 的 お よ び 対 立 と 関 連 し て 、 西 堀 氏 は 「 議 論 は 大 体 三 種 類 に 分 か れ る 」 と い う 点 を 『 石 橋 を 叩 け ば 渡 れ な い 』 で 南 極 越 冬 中 の 体 験 を も と に 書 か れ て い ま す 。 西 堀 氏 の 慧 眼 は 、 議 論 の 種 類 に よ っ て 幕 引 き の 仕 方 、 つ ま り 終 わ り 方 も 異 な る の だ と 指 摘 さ れ て い る 点 で す 。 1 つ 目 は 、 「 議 論 の た め の 議 論 」 で す 。 無 駄 と い え ば 無 駄 で す が 、 南 極 で の 越 冬 中 、 西 堀 氏 は こ う し た 議 論 も 奨 励 し た そ う で す 。 そ の 理 由 は 「 お 互 い の 個 性 が 実 に よ く わ か る 」 か ら だ と い い ま す 。 「 部 下 」 と ひ と く く り に す る の で は な く 、 固 有 名 詞 、 名 前 の あ る 一 人 ひ と り の 人 間 と し て 理 解 す る こ と が あ っ て 初 め て チ ー ム ワ ー ク が 生 ま れ る の で す 。 こ の 種 類 の 議 論 の 終 わ り 方 は 簡 単 で す 。 「 ワ ッ ハ ッ ハ ッ ハ ッ 、 終 わ り 」 。 言 い た い こ と も 一 言 わ ず 、 ご 無 理 ご も っ と も で や っ て い る の は 、 決 し て 「 和 」 で は な い 。 言 い た い こ と も 大 い に 言 い な が ら 、 お 互 い の 考 え や 意 見 と か 個 性 と い う も の を 尊 重 し て 、 最 終 的 に は 共 同 の 目 的 に 最 も 近 い も の を 取 り 上 げ て い く 。 そ う い う 態 度 こ そ が 、 本 当 の 「 和 」 の 精 神 で は な か ろ う か と 思 う 。 第 4 章 人 材 教 育 に お け る 「 教 」 と 「 育 」 の 本 質 的 違 い 081

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


人 間 が 考 え る 葦 で あ る と す れ ば 、 そ の 考 え と は 言 葉 を 紡 ぐ こ と で し か 生 ま れ ま せ ん 。 さ ら に 、 そ の 考 え を 適 切 に 伝 え る に は 、 適 切 な 言 葉 を 選 ば な く て は な り ま せ ん 。 「 意 味 は 分 か る 」 と い う の は 、 「 大 体 の 想 像 は つ く 」 と い う こ と で あ り 、 「 あ ま り 分 か っ て い な い 」 と い う こ と か も し れ な い の で す 。 人 間 が 、 そ し て 組 織 が 学 習 し 、 よ り よ い 戦 略 を 策 定 、 共 有 し て い く こ と と は 、 実 は 適 切 な 一 言 葉 を 考 え 、 選 ぶ 作 業 と 切 っ て も 切 り 離 せ な い こ と な の だ と 思 い ま す 。 最 後 に 、 本 論 文 の 日 本 語 訳 は 、 誤 訳 と ま で は 言 わ な い ま で も 、 中 途 半 端 で 意 味 が 通 ら な い と こ ろ が 随 分 あ り 、 原 文 を ひ つ ば り 出 し て き て 参 照 し な が ら こ の 文 を 書 き ま し た 。 私 の 解 釈 も 、 「 超 訳 」 に な っ て い る と こ ろ が あ る と 思 い ま す の で 、 ミ ン ツ バ ー グ 教 授 に 興 味 を 持 た れ た 方 は 、 ぜ ひ 原 文 を 読 ん で み て く だ さ い 。 引 6

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


情 報 を 広 範 に 集 め な い ほ う が 早 い 意 思 決 定 が で き る と 思 わ れ て い る が 、 実 際 は 多 く の 情 報 を 活 用 し て い る 企 業 ほ ど 意 思 決 定 が 早 い 多 く の 案 を 考 え な い ほ う が 早 い 意 思 決 定 が で き る と 思 わ れ て い る が 、 実 際 は 多 く の 代 替 案 を 検 討 し て い る 企 業 ほ ど 意 思 決 定 が 早 い 経 営 者 が 一 人 だ け で 決 め た ほ う が 早 い 意 思 決 定 が で き る と 思 わ れ て い る が 、 実 際 は 「 ア ド バ イ ザ ー 」 を 活 用 し て い る 企 業 ほ ど 意 思 決 定 が 早 い 4 対 立 意 見 が な い ほ う が 早 い 意 思 決 定 が で き る と 思 わ れ て い る が 、 実 際 は 対 立 意 見 を 出 し 、 そ れ を う ま く 解 決 す る 企 業 ほ ど 意 思 決 定 が 早 い 重 要 な 意 思 決 定 は 一 つ ひ と つ 行 っ た ほ う が 早 い 意 思 決 定 が で き る と 思 わ れ て い る が 、 実 際 は 大 小 複 数 の 意 思 決 定 を 関 連 さ せ て 検 討 し て い る 企 業 ほ ど 意 思 決 定 が 早 い あ と で も う 一 度 触 れ た い と 思 い ま す が 、 「 一 般 的 に は * と い わ れ て い る が 、 実 は で あ る 」 と 言 っ て い ま す が 、 よ く 見 る と と い う よ り は ヾ と 言 っ て い い も の ば か り で す 。 つ ま り 、 似 て い る け れ ど 実 は 微 妙 に 違 う 、 * と の 違 い に 気 づ い て い る か ど う か が 、 企 業 の 意 思 決 定 ス ビ ー ド 、 ひ い て は 業 績 に つ な が る の で す 。 第 5 章 意 思 決 定 の ス ピ ー ド を 決 め る 意 外 な 要 因 281

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


理 論 の 価 値 と ワ ナ 世 の 中 に は 様 々 な 理 論 が あ り ま す 。 経 営 戦 略 や 社 員 の 動 機 づ け な ど に つ い て も も ち ろ ん そ う で す 。 そ う し た 理 論 を 学 ぶ 必 要 は な い と い っ て い る わ け で は も ち ろ ん あ り ま せ ん 。 河 合 氏 が ユ ン グ 学 派 で あ る よ う に 、 そ う し た 理 論 的 な 視 点 を 持 っ こ と は 、 自 分 の 立 ち 位 置 を 明 確 に し 、 「 ぶ れ る こ と が 少 な く な る か ら で す 。 た だ し 、 あ る 理 論 に 頼 る と 偏 っ た り す る の で 、 そ う い う 人 ほ ど 実 際 に は 「 著 し く ひ と り 今 考 え て み れ ば 、 年 前 に 持 っ て い た 「 自 信 」 と は 、 テ ス ト の 点 だ と か 、 大 学 の ブ ラ ン ド と い っ た 、 実 は あ ま り 根 拠 の な い 不 純 物 を 多 く 含 ん で 出 来 上 が っ て い た も の で し た 。 粉 々 に な っ た と こ ろ か ら 、 自 分 と い う も の に 向 き 合 い 、 よ り わ け 、 純 粋 な 「 自 信 」 を 作 り 直 そ う と も が い た の が 最 後 の 2 、 3 年 だ っ た の か な と 思 い ま す 。 こ う し た 経 験 が 、 幼 稚 園 児 と 乳 飲 み 子 を 抱 え て 再 び 学 生 に 戻 る と い う 決 心 の 支 え と な り 、 「 先 生 」 と 呼 ば れ る 立 場 に な っ て も い い 気 に な っ て は い け な い と い う 戒 め の 元 に な っ て い る の だ と 思 い ま す 。 第 5 章 部 下 を 「 指 導 」 し て つ ぶ し て い な い か ? 113

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


感 動 す る と い う の は 、 腹 に 落 ち る と い う こ と で し よ う し 、 平 尾 氏 の 「 気 づ く 」 と い う こ と と も 関 係 す る と 思 い ま す 。 そ こ で 大 切 な の は 「 自 分 の 頭 の 中 に 具 体 的 な イ メ ー ジ が 浮 か ぶ 」 と い う こ と で は な い で し よ う か ? ビ ジ ョ ン に し て も 、 戦 略 に し て も 、 あ る い は 一 人 ひ と り の 仕 事 ( あ る い は プ レ ー ) に し て も 、 漠 然 と し た 言 葉 で は 伝 わ ら な い の で す 。 例 え ば 「 イ ノ ベ ー テ ィ ブ な 会 社 」 と い う の は 一 言 葉 と し て は 悪 く な い の で す が 、 イ メ ー ジ が 分 か ら な い し 、 仮 に 想 像 で き た と し て も そ れ は 一 人 ひ と り 全 く 異 な っ た も の に な る 可 能 性 が 高 く 、 「 言 葉 の 共 有 」 で は あ る か も し れ ま せ ん が 、 「 ビ ジ ョ ン の 共 有 」 と は 程 遠 い も の が あ る で し よ う 。 そ ん な こ と を 考 え て い た ら 、 『 パ ー キ ン ソ ン の 法 則 』 ( 第 1 章 参 照 ) に 出 て き た 「 凡 俗 の 法 則 」 と い う の を 改 め て 思 い 出 し ま し た 。 い わ く 、 そ れ は 、 選 手 た ち の 成 長 が 創 意 工 夫 に か か っ て お り 、 創 意 工 夫 は 「 感 じ る か 否 か 」 に か か っ て い る か ら で あ る 。 ニ ッ ポ ン 放 送 プ ロ ジ ェ ク ト 年 ・ 0000 野 村 見 也 ・ 、 体 者 が 勝 者 に 0 、 【 注 8 〕 第 8 章 「 自 分 で 気 づ く 」 か ら 自 分 を 変 え ら れ る 183

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


が 嫌 い な あ ま り 、 ド イ ツ 語 を 第 一 外 国 語 に し た ほ ど だ と い い ま す ) 。 あ と で も う 少 し 詳 し ー バ ル が 大 切 と い う こ と は よ く 分 か っ て い る の で す が 、 英 語 が 苦 手 く 触 れ ま す が 、 「 グ ロ な ん で す 」 と い う 学 生 に は 、 ぜ ひ 読 ん で も ら い た い と 思 い ま し た 。 そ れ で は 、 ま ず リ ー バ イ ス 時 代 に さ か の ぼ っ て 英 語 の 話 か ら 見 て い き ま し よ う 。 「 英 語 と い う 壁 」 の 本 質 増 田 氏 の ユ ニ ー ク な と こ ろ の 1 つ は 、 「 英 語 の 壁 」 を 「 堂 々 と 」 乗 り 越 え て き た と こ ろ に あ り ま す 〔 注 2 〕 。 実 際 の 英 語 を 伺 っ た こ と は な い の で 詳 し く は 分 か り ま せ ん が 、 随 分 ご 【 注 2 〕 苦 労 を さ れ た よ う で す 。 例 え ば こ ん な 記 述 が あ り ま す 。 私 は サ ン フ ラ ン シ ス コ に 来 て か ら も 、 引 き 続 き 英 語 で 四 苦 八 苦 し て い た の で す 。 : た だ で さ え フ ァ シ リ テ ー シ ョ ン に 自 信 の な い 私 は 、 度 々 、 お 手 上 げ 状 態 に な り ま し た 。 目 の 前 を 通 過 す る 英 語 の や り 取 り に つ い て い け ず 、 ぼ う ぜ ん と し た こ と も あ り ま し た 。 そ の う ち に 盾 け な く な っ て き て 、 涙 が こ み 上 げ て き た こ と も 一 度 や 二 度 で カ し こ の 点 は 宇 宙 飛 行 士 の 山 崎 直 の 子 氏 も 同 様 で あ っ た と テ レ ビ 分 で お っ し や っ て い ま し た 。 英 自 語 が 伝 わ ら ず 、 家 に 電 気 も な プ ッ か っ た 時 期 が あ っ た そ う で シ す 。 ダ 章 第 151

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


際 に 本 書 の 指 摘 が 当 て は ま る よ う に 思 う の で す 。 い わ く 、 確 か に 、 た く さ ん の 応 募 が あ る と い う こ と は 、 よ り よ い 人 材 が 混 ざ っ て い る 確 率 が 高 ま る と 思 い ま す 。 し か し 、 現 実 に は 「 当 社 は 天 国 」 み た い な 会 社 紹 介 で 、 何 し ろ た く さ ん 応 募 を 集 め る こ と が 「 目 的 」 に な っ て い た り す る こ と は な い で し よ う か ? ま た 「 当 社 の 求 め る の は 、 頭 が よ く 、 リ ー ダ ー シ ッ プ を 持 ち 、 何 に で も 積 極 的 に 取 り 組 む 人 材 で す 」 と い う よ う な 「 ス ー ー ウ ー マ ン 」 広 告 を 出 せ ば 、 そ ん な 人 は そ も そ も い な い の で 、 結 局 誰 で も と ば か り に 、 誰 で も が 応 募 し 、 人 事 部 は 喜 ん で い ま す が 、 面 接 の 手 間 の わ り に 結 果 は い ま ひ と つ だ と い う こ と は な い で し よ う か ? ー キ ン ソ ン 博 士 は こ う 喝 破 し ま す 。 す べ て ち ゃ ん と し た 資 格 を 持 ち 、 立 派 な 推 薦 状 の つ い た 300 人 の 応 募 者 の 中 か ら 1 人 を 選 び 出 す な ど と い う こ と は 、 実 際 問 題 と し て で き る こ と で は な い 。 し た が っ て 、 こ ん な に た く さ ん の 応 募 者 を 集 め る よ う な 最 初 の 広 告 の や り 方 が 間 違 っ て い た の だ 。 第 1 章 な ぜ わ が 社 は 「 何 億 円 も の 失 敗 」 よ り 「 タ ク シ ー 代 」 に う る さ い の か ? 025

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


結 局 、 組 織 と は 人 間 が つ く る も の で あ り 、 組 織 図 や 制 度 、 デ ー タ を そ ろ え た だ け で 戦 略 が で き た り 、 そ れ が 実 行 さ れ た り す る と 考 え る の は 大 間 違 い で あ る と い う あ ま り に も 当 た り 前 で 、 逆 に 忘 れ ら れ が ち な 指 摘 で す 。 何 度 も 本 文 で 強 調 さ れ て い ま す が 「 制 度 は 学 習 し な い 。 学 習 す る の は 人 間 だ 」 と い う こ と で す 。 い か に も 「 科 学 」 で き そ う な 戦 略 策 定 、 組 織 運 営 で す が 、 実 は と て も 泥 臭 い も の な ん だ と い う 指 摘 は ミ ン ツ バ ー グ 教 授 の 風 貌 に と っ て も マ ッ チ す る 思 う の で す が 、 ど う で し よ う か ? 考 え や 方 針 が メ ン バ ー 間 で 共 有 さ れ て 初 め て 組 織 が 組 織 と し て 機 能 し 、 「 組 織 カ ー を 生 み 出 す の で す 。 一 人 ひ と り が 頭 が よ か っ た り 、 勉 強 し て い た り 、 と て も 大 切 な 気 づ き を 持 っ て い て も 、 そ れ が 共 有 さ れ て い な け れ ば 組 織 力 に は つ な が り ま せ ん 。 創 造 と は 反 対 意 見 戦 略 プ ラ ン ニ ン グ の 話 を い ろ い ろ 考 え る と 、 フ ォ ー マ ル な テ ク ニ ッ ク だ け で な く 組 織 が ど の よ う に 機 能 し て お り 、 経 営 者 が そ の 中 で ど の よ う に 行 動 し て い る か が 分 か る 。 特 に 、 我 々 人 間 が ど の よ う に 考 え 、 あ る い は 考 え る の を や め る の か と い う 点 に つ い て 。 引 4

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


逆 に 「 高 給 で 人 材 を さ ら っ て い く 」 と い わ れ る 欧 米 企 業 の 多 く は 、 先 ほ ど の 2 つ の 図 で 示 し た 通 り 異 質 で あ る 、 違 う と い う 意 識 が し つ か り と あ り 、 そ の 意 味 で 世 界 の 共 通 言 語 で あ る お 金 で 評 価 す る し か な い と い う 潔 さ が あ り ま す 。 一 方 で 日 本 企 業 は ア ジ ア の 人 々 は 「 異 質 」 で は あ る と 認 識 し て い る も の の 、 ど こ が ど う 「 異 質 」 な の か に つ い て は い ま ひ れ は と 思 う 人 材 を 日 本 に 連 れ て い っ た り と 、 マ ス コ ミ の 批 判 と は 反 対 に 、 涙 ぐ ま し い 努 力 を し て い る 企 業 も 少 な く な い と い う 印 象 で し た 。 た だ 、 前 に 取 り 上 げ た 「 日 本 的 連 続 の 思 考 」 と い う 点 で 言 え ば 、 次 の 指 摘 に も 耳 を 傾 け て お く 必 要 は あ る と 思 い ま す 。 日 本 人 の 異 質 を 認 め な い 連 続 性 の 思 想 で あ る 。 ・ : し た が っ て 、 外 国 人 に 対 し て も 、 日 本 人 が 積 極 的 に こ と を 構 え よ う と す る 時 、 「 人 間 は 皆 同 じ な ん だ 、 誠 意 を も っ て す れ ば 通 じ る 」 「 同 じ ア ジ ア 人 だ 、 仲 良 く し よ う と い う 姿 勢 に な る の で あ る 。 か し ) 異 質 で あ る と い う 認 識 に 立 っ て 初 め て 相 手 を 理 解 し よ う と い う 努 力 も 払 わ れ る の で あ る 。 140