検索 - みる会図書館

検索対象: 蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)から 222件ヒットしました。

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


幻 外 の 寒 さ の わ り に は 冷 え て い な い の は 、 こ の 鍵 を 、 あ の 少 女 が ず っ と 持 っ て い た か ら な の こ と が 上 手 く 運 ぶ よ う に と 、 握 り し め て 祈 っ て い た に 違 い な い 。 三 人 の 中 の 誰 よ り も 、 あ の 娘 が 、 い ち ば ん あ れ を 望 ん で い た の だ ろ う か ら 。 亜 羅 写 に 、 あ の 薬 を 飲 ま せ る こ と を 。 「 さ あ 、 帰 り ま し よ う 」 羽 で 触 れ る よ う に や さ し く 、 少 女 の 背 を 押 し て う な が し た 。 手 の ひ ら の な か の 鍵 。 そ れ が 、 彼 女 た ち の 家 の 扉 を ひ ら く 。 「 う ん 」 ひ す い 翡 翠 の 目 で じ っ と 見 つ め 、 少 女 は ち い さ な 手 を 、 彼 女 の 手 の 中 に 滑 り 込 ま せ た 。 い し だ た み ひ び 二 人 は 町 の ほ う へ 歩 き は じ め る 。 少 女 の 靴 音 ひ と っ 分 だ け が 、 や が て 、 石 畳 に 響 き は じ め

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


178 う わ あ あ っ 」 そ れ が 何 か を さ と る 前 に 、 の ど か ら 声 が ほ と ば し っ た ー こ す は ね 起 き た 亜 羅 写 は 、 目 を 擦 る 。 ま ぶ た 瞼 が か た い , ま っ げ ご っ ご っ と し た 砂 の よ う な 固 ま り が 、 び っ し り と 睫 毛 を お お っ て い る 。 め や に 目 脂 だ 。 擦 っ て い る 手 の 甲 の ほ う が 、 ひ り ひ り と し て く る 。 亜 羅 写 は 、 指 で こ そ げ 落 と そ う と 、 目 頭 を 押 し た 。 激 痛 に 、 歯 を 食 い し ば る 。 と れ な い 背 筋 が 凍 る よ う に つ め た く な っ た 。 と れ な い : し や に む に 目 を 擦 る 。 爪 の 先 で 、 は が そ う と 、 目 脂 の 端 を は じ 、 た 。 い て つ 」 の り は り つ い た 瞼 が 、 目 脂 と と も に 持 ち 上 が る 。 ま る で 糊 で 張 り つ け た よ う だ 。 目 が あ か な い 。 つ め

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


「 聞 こ え て い ま す か 」 〈 ー ー あ あ 〉 こ た し ば ら く し て 、 応 え が あ っ た 。 答 え て は く れ な い こ と も 、 考 え ら れ た の に 。 「 さ っ き は 、 す み ま せ ん で し た 」 ひ る が え 謝 る の は 、 虫 が よ す ぎ る の か も し れ な い 。 言 い 分 を ま た 翻 す よ う な も の だ か ら 。 と ま ど 蒼 主 は ま た 戸 惑 う だ ろ う 。 彼 の 言 う こ と が 理 解 で き な い と 、 哀 し そ う な 顔 を す る だ ろ う 。 ふ ん い き こ こ か ら は 、 蒼 主 の 顔 は 見 え な い 。 声 の 調 子 と 雰 囲 気 か ら 、 表 情 は 想 像 す る だ け だ 。 そ の ほ う が 楽 だ と 矢 禅 は 思 っ た 。 わ ず か で も 、 痛 み を 感 じ る 量 は 少 な い 。 「 い ろ い ろ と 、 わ け の わ か ら な い こ と を 言 い ま し た 。 申 し 訳 あ り ま せ ん 。 ほ ん と う に 、 気 に し な い で く だ さ い 。 た だ ひ ど く 、 混 乱 し て い た だ け 、 、 で す か ら 」 め ん ぎ い ふ 言 い な が ら 、 そ れ を 免 罪 符 と し て は い け な い と 刻 み つ け る 。 ま と も で な け れ ば 何 を 言 っ て も 、 、 わ け で は な い だ ろ う 。 猩 「 蒼 主 、 僕 は 考 え ま し た 。 い ま 、 考 え ま し た 。 何 を し た い の か 、 求 め て い る の か 」 彼 か ら の 相 槌 は な か っ た 。 け れ ど 、 無 視 を 決 め こ ん で い る の で は な い よ う だ 。 意 識 が 、 聞 こ 脈 血 え て い る 声 に 向 け ら れ て い る の が わ か る 。 蘭 「 昔 と お な じ で し た 。 い く つ の 物 事 を 潜 ろ う と 、 変 わ ら な い 」 蒼 主 の も と に い る 。 あ い づ ち く ぐ

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


が 執 い 「 矢 禅 、 薬 を 持 っ て き て や れ 」 ひ た い 蒼 主 の 手 の ひ ら が 額 に 触 れ 、 亜 羅 写 は う め い た 。 そ こ に は あ ざ が あ る ら し い 「 わ か り ま し た 、 蒼 主 」 矢 禅 の 気 配 が 離 れ て ゆ く 。 い れ ち が い に 、 慌 た だ し い 靴 音 が し た 。 扉 の ほ う で 、 金 切 り 声 が 上 が る 。 「 殿 下 」 が い と う ば さ っ と 何 か が 落 ち た 。 音 か ら す る と 、 外 套 の よ う な も の だ ろ う 。 朝 の 、 冷 え た 空 気 の 匂 い が す る 。 マ ー ナ 、 も う か え っ て き た ? カ イ ザ 界 座 に 戻 る と 言 っ て い た の は 、 つ い 一 昨 日 で は な か っ た だ ろ う か 。 こ れ で は 、 向 こ う に は 泊 ま ら な か っ た の だ ろ う 。 部 屋 の 入 り 口 で 、 真 梛 は 、 息 を の ん だ 。 ひ ッ と 空 気 が 震 え 、 そ れ か ら 、 足 音 が 近 づ い て く る 。 「 ず い ぶ ん 早 か っ た の だ な 」 蒼 主 の 声 に も 、 か す か に お ど ろ き が 混 じ っ て い た 。 十 日 く ら い は 戻 っ て こ な い だ ろ う と 思 っ て い た よ う だ 。

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


み み ぎ わ 耳 障 り な 音 を た て た 鉢 に 、 花 涼 は ひ や り と し た よ う だ っ た 。 割 っ て し ま っ た ら 、 夫 に 申 し 訳 が た た な い と で も 言 う の だ ろ う か ? ば ん や り と 、 彼 女 は そ の 声 を 聞 い て い た 。 母 か ら 聞 く 一 一 = ロ 葉 は 、 祝 い の 言 葉 だ と 、 こ こ ろ の ど こ か で 期 待 し て い た と 、 そ う 知 る 。 し ゆ く ふ く 知 っ て 、 二 重 に 衝 撃 が 走 っ た 。 ま よ っ て い る の に 、 や は り 祝 福 さ れ た が っ て い る 自 分 と 、 祝 っ て く れ な い 母 と に 。 花 涼 は 、 と ん で も な い こ と に な っ た 、 と 言 わ ん ば か り だ っ た 。 も っ と ひ ど く 言 う な ら ば 、 迷 惑 そ う な 、 厄 介 ご と を 持 ち 込 ん だ 、 と い う よ う な 。 ど う し て ? 理 解 の で き な い 気 持 ち で い つ ば い だ っ た 。 な ぜ 、 そ ん な 顔 を す る の ? 「 う れ し く な い で す か 、 母 様 」 ほ お 訊 き な が ら 、 頬 が 熱 く な っ た 。 そ ん な こ と を 訊 か な け れ ば な ら な い 娘 は 、 ひ ど く み じ め だ と 思 っ た 。 「 あ な た は 、 嬉 し そ う じ ゃ な い わ 」 「 お 訊 き し て い る の は 、 母 様 の お 気 持 ち で す ! 」 真 梛 は 言 葉 を 叩 き つ け た 。 私 が 嬉 し そ う で な い か ら 、 母 様 も 嬉 し く な い 、 や っ か い と で も 一 一 = ロ , つ の ? ・

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


い う い き お い が 消 え 、 つ よ さ と い う 、 透 明 度 が 消 え た 。 じ ゅ ば く あ る の は 、 〈 急 〉 と い う 名 に 呪 縛 さ れ た 、 ど ろ ど ろ と し た も の ひ と つ の こ と を 、 な が く 考 え て い ら れ な い 。 何 を 言 わ れ て も 、 そ れ は 透 緒 呼 へ の 攻 撃 だ と 思 え る 。 田 5 っ て し 士 つ 。 〈 陽 使 〉 に 連 れ て き て と せ が ん だ 。 そ れ だ け で 、 九 鷹 が 怒 り を お ば え る の は 当 た り 前 だ っ た 。 ク ウ ガ シ ュ ウ 彼 女 は 、 〈 空 牙 衆 〉 で は な い の か ? 自 分 で 、 人 と し て 生 き よ う と 、 道 を 選 ん だ の で は な か っ の の し そ れ で こ の ザ マ は 何 だ と 、 罵 ら れ て も 仕 方 が な い は ず 。 「 ど う し て 、 ザ カ ー ド に つ い て き ち ゃ 、 い け な か っ た の よ ? だ っ て 、 下 に な ん か 居 場 所 が な い の に 。 清 和 月 な ん か 、 あ ん な と こ ろ 、 み ん な 嘘 つ き な の に 」 い く つ も の 、 さ れ て い た 隠 し ご と を 思 い 出 し 、 透 緒 呼 は 身 を 震 わ せ た 。 篇 猩 な ん で 、 私 が そ ん な こ と さ れ な く ち ゃ 、 い け な か っ た の ? 地 脈 考 え て も 、 考 え て も 考 え て も わ か ら な い 。 思 い っ か な い は ず だ っ た 。 透 緒 呼 の 感 じ て い る 屈 ま ま ろ し ・ 皿 じ よ く の 辱 は 、 彼 女 の 生 み 出 し た 灯 な の だ か ら 。 の も の 除 け 者 に す る つ も り で 、 隠 し て き た わ け で は な か っ た の だ か ら 。 悔 し さ に ま か せ て 、 透 緒 呼 は 清 和 月 を 出 た わ け を 話 し た 。 私 は ひ と り ば っ ち だ っ た 、 と 。 く っ

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


「 ツ タ イ ハ シ リ 。 別 名 を 〈 伝 い 走 り 〉 と い い ま す 。 間 違 っ て 食 べ る と 目 が つ ぶ れ て 、 走 れ な い の に 、 壁 を 伝 っ て で も 走 ろ う と す る か ら だ そ う で す 。 ・ : 猛 毒 で す よ 、 こ れ は 」 声 を ひ そ め た 矢 禅 に 、 眉 を ひ そ め た 。 「 薬 草 だ と 言 っ た の は 嘘 か ? 」 「 嘘 で は な い で す よ 。 た だ 、 薬 と 毒 は 背 中 合 わ せ で す か ら 。 量 を 間 違 え れ ば 、 た ち ま ち 死 に ま め や に す よ 。 ッ タ イ ハ シ リ で 目 が つ ぶ れ る と き 、 目 脂 が 目 を ふ さ ぐ そ う で す 」 お か ん 全 身 に 悪 寒 が 走 っ た 。 目 を 合 わ せ る と 、 矢 禅 は う な ず い た 。 「 獅 伊 菜 は 山 の 村 の 医 師 で し た 。 ッ タ イ ハ シ リ は 山 奥 の 草 で す 」 猩 貴 重 な も の と は い っ て も 、 手 に 入 れ よ う は あ っ た だ ろ う 。 脈 獅 伊 菜 が 山 に い た と き に 、 薬 草 の 当 た り 年 が な か っ た と は 限 ら な い 。 血 蘭 蒼 主 は 拳 を 握 り し め た 。 悔 し さ と 怒 り が な い ま ぜ に な り 、 炎 の よ う に 膨 れ 上 が っ た 。 亜 羅 写 の 失 明 は 。 ふ く

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


「 オ カ ア サ ン 、 ど ん な ひ と だ っ け ? 」 亜 羅 写 は 二 度 ば か り 、 界 座 城 を 訪 れ て い る 。 「 オ レ 、 ア イ サ ッ さ れ た 気 も す る ん だ け ど サ 」 顔 か た ち ま で は 覚 え て い な い よ う だ っ た 。 当 然 だ と 真 梛 は 思 っ た 。 花 涼 に 一 、 二 度 あ っ た 程 度 で は 優 し そ う な 人 、 と い う 気 し か し な い だ ろ う 。 と く に 美 し い わ け で も な い 。 セ イ ネ 筮 音 な ら ば 、 だ れ も 忘 れ な い だ ろ う 。 は げ し い 気 性 と そ の 、 き り り と し た 横 顔 は 、 見 る も の の 瞳 に 姿 を 焼 き つ け る ち か ら を 持 っ て い る 。 母 と は 違 う 。 「 ど ん な ヒ ト さ ? 」 「 そ う 一 一 = ロ わ れ て も : ・ ・ : 」 猩 急 か さ れ て 、 真 梛 は ロ ご も っ た 。 地 あ ま り た し か な カ タ チ と し て の 〈 母 〉 を 思 い 描 け な い 。 脈 血 優 し い 人 だ っ た と 思 う 。 ひ か え め な 人 で も あ っ た 。 け れ ど 、 そ の 他 に は ? 蘭 そ れ 以 上 の 何 か は ? 「 あ ま り 、 よ く 覚 え て な い の よ 、 正 直 な と こ ろ 。 私 は 透 緒 呼 と お ん な じ で 、 母 と 別 れ た の は 六

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


「 い な い の ? 」 知 ら な か っ た 。 昨 日 到 着 し た の は 夜 遅 く 、 い く ら 母 娘 と い え ど 、 部 屋 を 訪 ね あ う 刻 で は な か っ た 。 今 朝 も 、 ま だ 起 き て い な い の だ ろ う く ら い に し か 、 思 っ て い な か っ た 。 清 和 月 に 来 れ ば 、 透 緒 呼 が い る 。 知 ら ず に 、 そ れ を 当 た り 前 の よ う に 受 け 入 れ て い た の だ 。 「 ど こ へ 行 っ た と い う の で す ? 」 そ の 問 い に 蒼 主 は 答 え ず に 、 静 か に 先 を つ づ け た 。 ョ ウ ン 「 姉 上 は 、 〈 陽 使 〉 の あ や か し の 術 を 、 ど れ く ら い 知 っ て お ら れ ま す か ? 」 「 あ や か し : し い え 。 ふ つ う に 教 え ら れ て い る 程 度 で す わ ね 。 人 形 の こ と と 、 そ れ が 人 を と り 一 虜 に し て 、 〈 陽 使 〉 に な る こ と と 」 そ う で し よ う ね 、 と い う よ う に 、 彼 は う な す い た 。 「 だ い た い そ の 程 度 な ん で す よ 。 〈 陽 使 〉 の 手 と い う も の は 。 で す が 稀 に 、 他 の 手 を 使 う も の が い る の で す よ 。 か な り 高 位 の 者 で す が 」 人 を 虜 に し た あ と の 〈 陽 使 〉 が 、 人 間 に 魅 か れ る こ と は 、 ほ と ん ど あ り 得 な か っ た 。 〈 陽 使 〉 と な っ た 〈 陽 使 人 形 〉 は 、 そ の 後 、 た だ 人 を 憎 む の み 。 あ や っ 「 〈 陽 使 〉 の 〈 息 〉 を 吹 き 込 む こ と に よ っ て 、 相 手 を 操 る の で す 。 い ち ど 術 に か か れ ば 、 お い そ れ と は 抜 け 出 せ な い 」 ひ ま れ

蘭の血脈―カウス=ルー大陸史・空の牙 (地猩篇) (コバルト文庫)


ひ と ′ 一 こ ち 人 心 地 つ い て 、 そ れ で 会 い に 来 た の だ ろ う か ? も う ず い ぶ ん 昔 の 、 な っ か し い 戦 友 の よ う な 気 が し た 。 ま だ 、 一 月 は 経 っ て い な い と い う の に 、 記 憶 は 色 あ せ 、 古 ば け て し ま っ て い る 。 再 会 を 素 直 に よ ろ こ べ な い 、 複 雑 な 気 持 ち だ っ た 。 う れ し い だ け で は 済 ま さ れ な い 。 い た だ き ふ も と と も に 叛 乱 軍 に い た こ ろ を 頂 と す れ ば 、 亜 羅 写 は 麓 ま で 転 げ 落 ち た よ う な も の だ 。 け つ き よ く 、 あ そ こ で は 特 別 必 要 で は な く 、 お ま け に 、 療 養 の 身 に な っ て い る 。 と は い え 、 見 え な い だ け で 、 他 は 何 と も な か っ た 。 ま 、 力 容 易 に 暗 闇 の 世 界 に な れ る こ と は で き ず 、 ほ と ん ど 、 部 屋 に こ も り き り だ っ た 。 そ れ に 較 べ て 、 桂 斗 は ど う だ ろ う 。 彩 女 の 混 乱 を し ず め 、 王 都 に や っ 、 て 来 た の な ら ば 、 そ れ が い せ ん は 〈 凱 旋 〉 と 言 え る の で は な い だ ろ う か ? 「 さ あ 、 ど う な ん だ ろ う ? 」 た ず と こ ろ が 、 桂 斗 は 曖 昧 な 答 え し か 出 さ な か っ た 。 す わ っ て い い か 、 と 亜 羅 写 に 訊 ね る 。 猩 う な ず く と 、 彼 女 は 椅 子 を 引 き ず り 寄 せ て 亜 羅 写 の 側 を 場 所 と 決 め た 。 そ し て 、 つ づ き を 口 脈 に す る 。 の 「 だ っ て 、 あ た し 、 そ ん な に な が く い な か っ た も の 。 三 日 : : か な 。 そ の あ と は 、 清 和 月 行 き 蘭 の 船 に 乗 っ ち ゃ っ た 」 「 ド ウ シ テ ? 」 あ い ま い ひ と っ き