検索 - みる会図書館

検索対象: 鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―から 200件ヒットしました。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


99 鬱 金 の 暁 闇 3 い っ し よ け ん め い 自 分 は な に を し た い の か 、 ア ー ゼ ン タ ー ラ は 一 所 懸 命 考 え た 。 や り た い こ と は な に な の か 一 番 に 望 む こ と は な ん な の か 。 「 一 番 、 望 ん で る こ と : : : 」 考 え る ま で も な か っ た 。 救 い た い 、 助 け た い ひ と は ひ と り き り だ 。 い ま と な っ て は 、 た っ た ひ と り き り の 家 族 。 も う 、 彼 以 外 、 家 族 と 呼 べ る ひ と は い な い 。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


117 鬱 金 の 暁 闇 3 あ る の 、 そ れ と も な い の ? よ 、 つ き 問 い た だ し た リ メ ラ ト ー ン に 、 妖 貴 で あ る 青 年 は あ っ さ り と 応 じ た 。 「 な い 」 一 一 一 = ロ で 、 き つ ば り と 。 絶 望 と い う 名 の 暗 黒 が 、 リ メ ラ ト ー ン の 心 に ひ た ひ た と 寄 せ て き た 。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


幻 か け た き り 、 戻 っ て 来 な い 。 ま し よ 、 つ く っ し ふ た り と も 、 す べ て の 魔 性 の な か で も 屈 指 の カ の 持 ち 主 で あ る 以 上 、 彼 女 の 異 変 に 気 づ か す に い る と い う 線 は 、 あ ま り 考 え ら れ な い 。 そ れ で も 彼 ら が 現 れ な い と い う こ や っ か い な に が し と は 、 某 か の 、 非 常 に 厄 介 な 事 態 が 持 ち 上 が っ て い る 可 能 性 が 高 い 。 い た ず ら は っ き い や 、 闇 主 ひ と り な ら 、 性 格 の 悪 さ を 発 揮 し て 、 わ ざ と 姿 を 現 さ な い ぐ ら い の 悪 戯 は し て の け る だ ろ う か ら 保 証 に は な ら な い が 、 生 格 の 良 さ に は 折 り 紙 つ き の 邪 羅 ま で が 、 そ ん な こ と に 乗 る わ け は な く 、 だ か ら か な り 厄 介 な こ と が 持 ち 上 が り つ つ あ る の た ろ 、 つ と い 、 つ こ と は 、 は っ き り し て い た 。 ひ と ご と か ち ゅ う く だ リ ー ル で は な く 、 他 人 事 の は す 因 み に 、 こ の 認 識 を 下 し た の は 渦 中 に あ る ラ エ ス で 、 し か も 彼 女 の こ と が 大 嫌 い だ と 宣 言 し て い る ス ラ ヴ ィ エ ー ラ だ っ た り し た 。 そ ろ て い 「 あ れ だ け タ チ の 悪 い 連 中 ば っ か り 揃 っ て て 、 こ の 体 た ら く は い っ た い 何 事 な の よ 卩 」 思 い き り グ チ を こ ば せ る と 、 認 識 し た 相 手 の 腕 を し つ か と 擱 ん だ ま ま 、 彼 女 は 怒 り ま く っ て い た 。 ち な つ か

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


「 相 変 わ ら す で つ け え 城 だ な ー 」 た ぐ い び ぼ う そ の 類 ま れ な る 美 貌 に は 「 行 き た く な い な ー 」 と 書 い て あ っ た り す る 。 あ ま り 普 通 で は な い 親 子 関 係 に あ る 自 覚 た つ ぶ り の 彼 に と っ て 、 母 親 は と も か く 、 お っ く う 父 親 は 会 う の も 億 劫 な 相 手 だ っ た り す る 。 母 ち ゃ ん は 確 か に お っ か な い け ど 、 変 な 趣 味 と か は 持 っ て な い し 、 女 と は 思 え な い ぐ ら い 、 竹 割 っ た 生 格 だ し : : : そ れ に 比 べ る と 父 ち ゃ ん っ て ば 、 な あ : ふ う う 、 と つ い た め 息 を 洩 ら し て し ま う の は 、 恐 ら く 邪 羅 の せ い で は な い 。 い さ さ 元 々 の 性 状 の せ い だ と は い っ て も 、 大 の 男 が 人 形 作 り が 趣 味 と い う の は : か 、 ナ ニ な も の を 覚 え て し ま う 息 子 な の で あ る 。 い や 、 世 の 中 に は 名 人 と 呼 ば れ る 男 性 の 人 形 師 も 数 多 く 存 在 し て い る こ と は 知 っ て い る し 、 そ う い っ た 者 た ち に 違 和 感 や き ひ 忌 避 感 を 覚 え る わ け で も な い の だ が : げ ・ ん き よ う 「 や つ ば 、 元 凶 は 父 ち ゃ ん の あ の 性 格 だ よ な あ 。 母 ち ゃ ん 一 筋 と か 言 い な が ら 、 気 に 入 っ た 人 間 見 つ け る と そ の 人 形 作 っ ち ゃ う し 、 大 抵 そ れ っ て 綺 麗 な 女 だ っ た り す る し : ま あ 、 む さ い 男 の 人 形 な ん か 作 り た く な い っ て 言 わ れ り や 、 そ れ は そ う か も な ー た い て い ひ と す じ き れ い

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


154 ア ワ シ ョ ン ゲ ー 乙 編 サ テ ィ ン ー ・ は い 、 今 日 は 、 ラ ス の 優 し い 世 話 焼 き 姉 さ ん こ と 、 護 り 手 募 集 中 の サ テ イ ン で ー す 。 か ん け っ と も な ひ す い び ぼ う セ ス ラ ン 今 日 は 、 万 年 美 貌 が 自 慢 の セ ス ラ ン で す 。 本 日 は 、 翡 翠 の 夢 完 結 に 伴 は よ う 破 妖 の 特 集 を コ バ ル ト さ ま が 組 ん で く だ さ る と い う こ と で 、 お 招 き い た だ き ま し サ ー そ う で ー す 。 も し 『 破 妖 』 が ゲ ー ム に な っ た ら 、 い っ た い ど ん な 内 容 に な る の け ん し よ う ち や か ひ と と 、 か 、 セ ス ラ ン と と も に 予 想 検 証 茶 化 し つ つ 、 一 時 読 者 の 皆 さ ん と と も に 、 楽 し い 夢 を し ゅ し : と い う の が 趣 旨 で ー す 。 紡 ぎ ま し よ 、 つ : セ ー サ テ ィ ン 、 明 る い で す ね 。 サ ー ー ー そ り ゃ あ 、 『 翡 翠 』 が あ ん な 終 わ り 方 し た ん で す も の 、 わ た し ぐ ら い は 明 る く や っ て な い と 、 や り 切 れ な い と い う も の で し よ う ? つ む ま も て

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


「 ト ー ン ? な あ 、 ト ー ン 兄 ち ゃ ん 、 い る ? 」 先 日 知 り 合 っ た は か り の 少 年 の 声 が 、 扉 越 し に 聞 こ え て き た 。 い っ し よ け ん め い す 一 所 懸 命 素 振 り を し て い た 少 年 の 顔 を 思 い 出 す 。 て の ひ ら 掌 に い く つ も ま め を つ く っ て 、 ひ た す ら 素 振 り を 繰 り 返 し て い た 。 修 行 し て る ん だ 、 と 大 ま じ め に 言 っ て 、 木 刀 と も 呼 べ な い 代 物 を 、 必 死 に 何 度 も 、 何 度 も 振 っ て い た 。 大 切 な ひ と が い る か ら 、 と 言 っ て い た 。 じ ゃ ま そ の ひ と の 邪 魔 に は な り た く な い か ら 、 頑 張 っ て 修 行 を 積 ん で い る の だ と 。 か わ い 可 愛 い と 思 っ た 。 彼 の そ の 思 い に は 共 感 を 覚 え る と こ ろ も 大 き か っ た か ら 、 修 行 用 け ず に 彼 に 与 え ら れ た 木 刀 を 、 使 い や す い よ う 、 削 り 直 し て や っ た り も し た 。 せ つ か い 闇 小 さ な 可 愛 い 子 供 だ と 思 っ た か ら こ そ 、 そ ん な お 節 介 を 焼 く 気 に な っ た の だ 。 の な の に う な 鬱 腕 の な か の 紅 蓮 姫 の 唸 り が や ま な い 。 必 死 の カ で 抱 き し め て い な け れ ば 、 す ぐ に も ど こ か へ 飛 び 出 し て 行 き そ う な 勢 い が ん ば し ろ も の

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


110 す す け れ ど 、 魔 性 の 命 を 啜 る 期 待 に 身 を 任 せ た 破 妖 刀 は 止 ま ら な い ・ ー 止 め ら れ な い 。 や め て え え え つ つ ー 声 に な ら な い 悲 鳴 を 上 げ つ つ 、 少 年 の 命 を 断 つ べ き 第 一 一 撃 を 加 え た 瞬 間 の こ と だ っ あ ざ や か な 緋 色 の 軌 跡 が 、 現 実 で は な い ア ー ゼ ン タ ー ラ の 視 界 の 隅 を よ ぎ っ た の ざ ん げ き 二 度 目 の 、 今 度 こ そ 命 を 奪 わ れ る に 違 い な い 斬 撃 に さ ら さ れ た 、 幼 い 少 年 の 体 を 、 あ で び ぼ う し つ こ く 全 身 で 庇 い 、 真 紅 の 刀 身 を 我 が 身 に 受 け 止 め た の は 、 漆 黒 の 髪 を 持 つ 、 艶 や か な 美 貌 の 女 性 だ っ た 。 そ ろ き れ い 肩 の あ た り で 綺 麗 に 切 り 揃 え ら れ た 、 真 っ 直 ぐ な 髪 。 ぞ う げ シ ミ ひ と つ な い 象 牙 の 肌 。 か も や や き つ い 印 象 を 醸 し だ す 美 貌 ー ー ー な に よ り 人 目 を ひ く の は 、 左 右 の 色 が 違 う : し ん く 深 紅 と 黄 金 の 瞳 で あ っ た 。 あ ざ や か す ぎ る は ど に あ ざ や か な ひ と 。 ひ い ろ ま か す み

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


の 王 と し て の 風 格 を : : : と 、 思 っ て た ん で す が 。 い え 、 本 当 に そ の つ も り だ っ た ん で す ! が 、 蓋 を 開 け て み た ら : : : そ の 、 な ん と ) し い ま す か 。 邪 羅 く ん 、 ご め ん よ 。 な ぜ だ か 君 の パ パ は 、 勝 手 に お 笑 い 要 素 を 身 に ま と っ て い く ひ と み た い だ 。 す で に そ う で あ る こ と を 、 彼 自 身 が 選 ん で い る と し か 思 え な い よ 。 格 好 し ) ) 。 、 パ に し て あ げ ら れ な く て ご め ん ね 。 あ ん し ゅ 田 じ 、 つ ト 6 、 フ こ 、 、 ( し 力 な い と い う 点 で は 、 ラ ス と 闇 主 に 関 し て も 一 一 一 口 え ま す 。 や は り 本 編 最 ・ フ ・ 一 ん 終 作 ( あ 、 『 鬱 金 』 が 、 で す 。 こ の 巻 の こ と で は あ り ま せ ん ) で あ る 以 上 、 ふ た り に は も う 少 し 、 な ん と い う か 、 色 つ ば い 意 味 で の 親 密 さ を 増 し て は し い と 願 っ て い る の で す が 、 こ れ が な か な か : い や 、 以 前 に 比 べ れ は 、 進 展 し て な い わ け じ ゃ な い ん で す ふ び ん が 、 ど う い う わ け だ か 、 邪 魔 が 入 っ て 。 あ あ 、 邪 羅 く ん 、 不 憫 : : : 強 く 生 き て ね 。 お う り あ と 、 マ ン ス ラ ム さ ま と 旺 李 は 、 本 当 に 久 し ぶ り の 登 場 で す 。 と は い っ て も 、 ち ょ こ っ と だ け で し た が 。 彼 女 た ち に は 、 ま た 登 場 し て も ら う 予 定 で す が 、 そ れ が い つ に あ な る の か は 、 い ま の と こ ろ ま だ 未 定 で す 。 頭 の な か で は す ら す ら 進 む の に 、 ど う し て 1 指 を 介 す る と 、 長 く な っ て し ま う の だ ら ふ 。 謎 だ : な ぞ

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


の 気 概 も 抱 け す 、 だ か ら と い っ て 断 ち 切 る こ と も で き す に 、 た だ 恋 々 と す る の み と は 嘆 か わ し い や ら 情 け な い や ら : : : そ ん な 者 を 、 一 時 な り と も 最 大 の 障 害 と な り 得 る 者 と 見 な し て い た と は : : : 腹 立 た し い 」 ろ て い 挑 発 さ れ た 『 雛 の 君 』 は 、 我 知 ら す 、 自 ら の 幼 さ を 露 呈 す る 。 こ こ で 、 も う ひ と り が 登 場 し た 。 た い じ 雛 の 君 と 対 峙 す る 人 物 に 宿 る 、 も う ひ と つ の 魂 の 主 だ 。 「 だ か ら 、 あ な た は ま だ 幼 い と い う の で す よ 、 第 六 の 雛 の 君 」 雛 、 と い う 部 分 に 意 識 的 に 力 を こ め て 応 し て 声 は 、 ま だ 若 い 、 青 年 の も の だ っ た 。 「 あ な た は 彼 女 の 強 さ と 弱 さ 、 そ の 表 裏 一 体 の 底 力 を ま だ 御 存 知 な い 。 彼 女 は 強 か っ た か ら 、 運 命 の 導 き 手 に 選 は れ た わ け で は な い の で す よ 。 無 論 、 逆 に 弱 か っ た か ら で 3 も な い 。 真 実 弱 け れ ば 、 彼 女 は あ な た と い う 運 命 を こ の 世 に 生 み 出 す よ り は る か 以 前 の に 消 滅 し て い た に 違 い な い の で す か ら ね 」 さ と 鬱 皮 肉 ま じ り の 、 ど こ か 教 え 諭 す よ う な 口 調 な ん て 、 気 に 障 る , き が い さ わ た ま し い

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


102 そ れ が 村 に 火 を 放 っ た 敵 そ の ひ と だ と わ か っ て い て も 、 き っ と 救 い を 求 め て い た だ ろ 、 つ と 田 5 、 つ 生 き 延 び 、 そ の 後 に な す べ き こ と を な す ー そ の 未 来 を 手 に 入 れ る た め に 。 ふ さ わ い な か い や 、 辺 境 と 呼 は れ る に 相 応 し い 土 ア ー ゼ ン タ ー ラ の 生 ま れ 育 っ た 村 は 、 田 舎 : 地 で あ っ た 。 そ こ で は 『 中 央 』 の : : : 街 の 理 論 は 通 用 し な い 。 は か り 誇 り と 命 を 秤 に か け た り は し な い 。 や く た い 益 体 も な い 意 地 の た め に 、 無 為 に 命 を 費 や し た り は し な い の だ 。 は じ 生 き 延 び る こ と は 決 し て 恥 な ど で は な い の だ か ら 。 逆 に 、 生 き 延 び て こ そ 、 再 起 を 図 る こ と も か な 、 つ 。 お ろ 死 に 急 ぐ こ と こ そ が 、 思 か し い こ と だ と 教 え ら れ る 。 リ メ ラ ト ー ン が そ の 教 え に 従 っ た の だ と い う こ と は 、 た や す く 想 像 で き た 。 妖 貴 の 恐 ら く は 再 起 を 期 し て : : : 生 き て さ え い れ ば 可 能 性 は 生 し る と 、 弟 は 思 い 、 手 を 取 っ た に 違 い な い 。 よ う き