検索 - みる会図書館

検索対象: NHKにようこそ!

NHKにようこそ!から 333件ヒットしました。

NHKにようこそ!


264 岬 ち ゃ ん が 訊 い た 。 「 ね え ! 寂 し く な い の ? 」 俺 は 振 り 返 り 、 大 声 で 答 え た 。 「 寂 し く な い さ 」 「 あ た し は 寂 し い よ ! 」 「 俺 は 寂 し く な い 「 嘘 」 「 嘘 じ ゃ な い 。 俺 は 世 界 最 強 の ひ き こ も り だ 。 ひ と り で も 生 き て い け る 。 苦 し い こ と な ん か 、 何 も な い 。 だ か ら 岬 ち ゃ ん も 、 人 に 頼 る の は や め な さ い 。 結 局 み ん な 、 ひ と り な ん だ 。 ひ と り で い る の が 一 番 い い ん だ 。 だ っ て そ う だ ろ う ? 最 後 は 絶 対 、 ひ と り に な る 。 ひ と り で い る の が 自 然 な こ と だ 。 そ う し て い れ ば 、 嫌 な 事 な ん て な ん に も な い 。 だ か ら ひ き こ も る ん だ 。 六 畳 一 間 の ア 。 ハ ー ト に 「 寂 し く な い の フ 「 寂 し く な い 「 寂 し く な い の ? 」 「 寂 し く な い 」 「 : : : 嘘 を つ け 」

NHKにようこそ!


47 三 章 邂 逅 む な と 叫 ん で み る も 、 そ れ は あ く ま で 虚 し い 独 り 言 に 過 ぎ 「 酒 ら あ 。 も っ と 酒 持 っ て こ い ! ず 、 夕 方 の 薄 暗 い 六 畳 一 間 に 、 陰 々 滅 々 と わ び し く 響 い た 。 泣 き た く な っ た 。 全 部 あ の 女 の せ い な の た っ た 。 あ の 女 の お か げ で 、 俺 の ひ き こ も り 脱 出 大 作 戦 は 、 惨 め な 失 敗 に 終 わ っ て し ま っ た 。 人 を 呪 い 殺 す 力 が 欲 し い あ ざ わ ら : あ の や ろ う 、 あ の や ろ う 、 く 、 く 、 く そ う 。 い ま ご ろ 奴 ら は 、 俺 を 嘲 笑 っ て い る に 違 い な 、 。 俺 は 笑 い も の に さ れ て い る に 違 い な い 。 『 店 長 、 今 日 、 頭 の 変 な ひ き こ も り が 店 に 来 ま し た よ 』 『 え つ 、 そ れ は 本 当 か い 岬 ち ゃ ん 』 『 こ の 店 で 。 ハ イ ト す る つ も り だ っ た み た い で す よ 。 ひ き こ も り の く せ に 、 身 の 程 を わ き ま え ろ っ て 感 じ で す よ ね 』 『 ま っ た く だ ね 。 無 職 で 中 退 で 気 持 ち の 悪 い ひ き こ も り な ん か が 、 社 会 に 出 ら れ る ワ ケ な い の に ね 』 な ど な ど と い っ た 感 じ で 、 奴 ら は 俺 を 、 面 白 お か し い 話 の ネ タ に 使 っ て い る の だ 。 あ あ 、 な ん て こ と だ 。 許 し 難 い 。 ゆ る せ な い 。 ふ く し ゅ う だ か ら 復 讐 を 。 今 こ そ 復 讐 を 。 絶 対 に 仕 返 し し て や る し か し 、 俺 は ひ き こ も り な の で 、 上 手 に 復 讐 す る 方 法 が 思 い つ け な か っ た 。 だ か ら こ の

NHKにようこそ!


『 目 を 覚 ま せ よ ! 』 の 表 紙 。 そ こ に は 黒 い ゴ シ ッ ク 体 で 、 こ う 書 か れ て い た 。 若 者 を 襲 う ひ き こ も り 。 あ な た は 大 丈 夫 で す か ? 俺 の 視 線 に 気 づ い た オ 。 ハ サ ン は 、 宗 教 的 笑 顔 を さ ら に 輝 か せ て 、 言 っ た 。 「 こ れ が 今 月 の 特 集 な ん で す 。 聖 書 的 な 見 地 か ら 、 ひ き こ も り に つ い て 考 察 し て い ま す 。 興 味 が お あ り で す か っ ・ 俺 を 襲 っ た 恐 怖 、 そ れ を 言 葉 で 言 い 尽 く す こ と な ど 到 底 不 可 能 だ っ た 。 見 透 か さ れ て い る の か フ も し や こ の オ 、 、 ハ サ ン は 、 俺 の 正 体 が ひ き こ も り で あ る と 、 す で に 知 っ て い た の か ? か ら わ ざ わ ざ 、 こ の よ う な 冊 子 を 俺 に 手 渡 し た の か ? そ れ は ひ ど く 恐 ろ し い 予 感 だ っ た 。 見 知 ら ぬ 他 人 に 、 ひ き こ も り の ク ズ 人 間 で あ る と 知 ら れ て し ま う 。 ー ー そ の 想 像 は 、 ど う に も 耐 え 難 い 、 恐 怖 、 悪 寒 、 わ な な き 、 そ し て 混 乱 を 、 俺 に 激 し く も た ら し た 。 だ が ー ー ま あ い い 。 落 ち 着 け 。 ま . は と も か く 、 ご ま か す こ と だ 。

NHKにようこそ!


ひ き こ も り に と っ て 、 冬 は 辛 い 。 寒 く て 凍 え て 、 わ び し い か ら だ 。 ひ き こ も り に と 0 て 、 春 も 辛 い 。 み ん な 陽 気 で 、 ま し い か ら だ 。 だ か ら と い っ て 、 や つ ば り 夏 も 、 辛 く て 辛 い 。 蝉 の う る さ い 夏 だ っ た 。 朝 か ら 晩 ま で 、 み ー ん み ー ん と 鳴 き や む こ と を 知 ら な い 。 の 暑 く て 腐 る 、 夏 だ っ た 。 ェ ア コ ン を 入 れ つ ば な し に し て い て も 、 そ れ で も 暑 い 。 ェ ア コ ル ン が 老 朽 化 し て い る の か 、 そ れ と も 今 年 が 特 別 に 暑 い の か 。 と に か く ひ た す ら 、 う た っ て し ま う 。 章 九 責 任 者 出 て こ い と 叫 び た い と こ ろ で あ る が 、 今 の 俺 に は そ れ だ け の 元 気 も な い 。 。 ハ テ て い た 。 夏 バ テ だ っ た 。 食 欲 が 不 振 で 、 精 神 も 疲 弊 し て い る 。 い か に リ ポ ビ タ ン を が け ん た い ぶ 飲 み し よ う と も 、 こ の 倦 怠 感 を ぬ ぐ い 去 る こ と は 不 可 能 だ っ た 。 九 章 お し ま い の 日 々

NHKにようこそ!


し て い る 。 そ う な の だ 。 皆 の 助 け を 得 た 俺 は 、 も は や 何 者 に も 負 け は し な い 。 い つ ま ひ き よ う で も い つ ま で も 、 卑 怯 な 妨 害 エ 作 な ど に 追 い つ め ら れ て い る わ け で は な い 。 い ま こ そ 反 撃 の 時 な の だ 。 俺 を い ま ま で 嘲 笑 っ て い た こ と 、 そ れ を お 前 ら に 後 毎 さ せ て や る 。 あ と 一 歩 な の だ 。 も う 少 し で 、 す べ て の 謎 が 、 解 け る の だ 。 だ か ら テ レ ビ よ 、 コ タ ッ よ 、 ハ ソ コ ン よ ー ー 俺 に 力 を 貸 し て く れ ! そ う し て つ い に そ の と き 、 俺 は ひ と つ の 天 啓 を 得 た 。 そ れ は す な わ ち 、 こ の よ う な こ と わ ざ に よ っ て 、 俺 の 脳 内 に 送 り 込 ま れ て き た 。 「 名 は 体 を 表 す 」 つ ま り と い う 名 称 そ れ 自 体 が 、 か の 組 織 の 真 実 を 物 語 っ て い る ら し い 。 と い え ば 、 日 本 放 送 協 会 で あ る 。 し か し 、 そ れ だ け で は 意 味 が 通 じ な い 。 だ か ら 、 も う ひ と つ の 意 味 、 隠 さ れ た ダ ブ ル ミ ー ニ ン グ が 存 在 し て い る の だ ろ う 。

NHKにようこそ!


う め 「 ・ : : ・ あ あ 」 と 、 呻 く 。 か ん 。 へ き ら く ′ 」 そ ろ そ ろ 現 状 を 打 破 し な い と 、 完 璧 に 落 伍 す る 。 人 類 社 会 か ら 落 ち こ ・ ほ れ て し ま う 。 た だ で さ え 大 学 中 退 と い う ド ロ ッ プ ア ウ ト だ 。 早 く 職 を 探 し て 社 会 に 復 帰 し な け れ ば 。 し か し ー ー ー ど う し て も 、 そ れ が で き な い 。 な ぜ か ? ど う し て な の か っ ・ 答 え は 簡 単 だ 。 ひ ぎ こ も り だ か ら で あ る 。 今 、 も っ と も ホ ッ ト な 社 会 現 象 の 「 ひ き こ も り 」 。 そ れ が 俺 だ 。 今 、 も っ と も 大 流 行 な 社 会 現 象 の 「 ひ き こ も り 」 。 そ れ が 俺 だ 。 一 説 に よ る と 、 現 在 の 日 本 に は 、 お よ そ 二 百 万 人 も の ひ き こ も り 人 間 が 棲 息 し て い る と 街 頭 で 石 を 投 げ れ ば ひ き こ も り に 命 中 す る 。 い う 。 二 百 万 人 と 言 え ば 、 恐 ろ し い 数 だ 。 生 い や 、 や つ ば り そ ん な こ と は な い か 。 ひ き こ も り 人 間 は 外 に 出 歩 か な い か ら な 。 誕 の と 、 と も カ ~ 、 。 戦 俺 は ま さ し く 、 現 在 日 本 で 大 ブ レ イ ク 中 の 「 ひ き こ も り 」 な の で あ る 。 章 し か も 、 か な り の べ テ ラ ン ひ き こ も り だ 。 外 出 は 週 に 一 度 。 コ ン ビ ニ に 食 料 と タ バ コ を 買 い 出 し に 行 く そ の 時 た け 。 セ ロ 。 睡 眠 は 一 日 十 六 時 間 友 人 の 数 は 、 ・

NHKにようこそ!


「 : : : や つ ば り い い や 。 言 う と 傷 つ く か ら 」 と っ く の 昔 に 傷 つ い て い る 。 「 気 に す る こ と 無 い よ 。 佐 藤 君 み た い な 人 で も 、 そ れ は そ れ で 人 の 役 に 立 っ て る ん だ か そ う し て 岬 ち ゃ ん は べ ン チ か ら 立 ち 上 が っ た 。 「 今 日 は コ レ で お し ま い 。 ま た 明 日 」 山 崎 は ひ と り で ゲ ー ム を 作 っ て い た 。 俺 が 途 中 ま で 書 き 上 げ た シ ナ リ オ を 使 っ て 、 ひ と の う み そ 石 り シ コ シ コ と ゲ ー ム 製 作 に 励 ん で い た 。 先 日 購 入 し た 幻 覚 剤 で 脳 味 噌 に 気 合 い を 入 れ つ つ 、 岩 無 言 で ひ た す ら 。 ハ ソ コ ン に 向 か っ て い る の だ っ た 。 転 こ れ も ま た 現 実 逃 避 の ひ と つ の 形 か 。 実 に 末 期 的 で あ る 。 し か し ー ー ー 幻 覚 剤 を キ メ な が ら の ゲ ー ム 製 作 な ど 、 は た し て 本 当 に 可 能 な も の な の だ ろ 章 七 つ 、 刀 っ ・ ・ 俺 は 山 崎 の 背 中 越 し に 、 。 、 ノ ソ コ ン の デ ィ ス プ レ イ を 覗 き 込 ん だ 。 ら

NHKにようこそ!


具 合 が 悪 く な っ て き た の で 、 適 当 な 大 嘘 を つ い て 、 と も か く 逃 げ 去 る こ と に す る 。 「 俺 は ね え 、 そ も そ も 普 通 の ひ き こ も り じ ゃ な い の 。 確 か に ひ き こ も っ て は い る け ど 、 そ れ は 仕 事 柄 、 仕 方 が な い の , 「 仕 事 っ て 、 何 さ ? 」 「 何 そ れ ? つ ま り ホ ー ム オ フ 「 在 宅 で 仕 事 す る 人 間 の こ と 。 だ か ら 俺 、 ソ ー ホ ー な の 。 ア パ イ ス で 仕 事 を し て い る だ け で あ っ て 、 決 し て 単 な る 無 職 じ ゃ な い の 。 確 か に ひ き こ も っ て は い る け ど 、 そ れ は 職 業 柄 、 仕 方 が な い ん だ ! マ ン ガ 喫 茶 で バ イ ト し よ う と か 思 っ た の 背 後 の 彼 女 が 呼 び 止 め た 。 「 待 っ て よ ! き っ と 後 悔 す る よ 」 「 何 が だ よ 。 そ も そ も あ ん た 、 何 者 だ ? 「 ひ き こ も り の ダ メ 人 間 を 救 済 す る 、 親 切 な 娘 で す 」 「 手 紙 に 書 い て あ っ た 『 プ ロ ジ ェ ク ト 』 っ て の は 、 な ん な ん だ ? 」 「 計 画 の 内 容 は 、 現 時 点 で は 極 秘 で す 。 で も 、 悪 い よ う に は し な い の で 、 安 心 し て く だ さ

NHKにようこそ!


す 。 そ う し て こ の エ ロ ゲ ー は 、 新 世 紀 の 聖 書 と な る ん で す 。 百 万 本 売 れ る ん で す 。 金 持 ち に な る ん で す 。 だ か ら ー ー ー あ あ 、 楽 し い な あ 。 : ね え 、 佐 藤 さ ん も 楽 し い で し よ う フ 俺 は 恐 怖 に お の の き 、 一 歩 あ と ず さ っ た 。 す る と 山 崎 は 「 ひ ひ 」 と 金 属 的 な 笑 い 声 を あ げ た 。 そ の 自 ら の 声 に 触 発 さ れ た の か 、 彼 の 笑 い は 、 ま も な く 爆 笑 に ま で 高 ま っ た 。 「 : : : ふ ふ ふ 、 あ は は は 、 ひ ひ ひ ひ ! あ あ お か し い ! 」 山 崎 は 椅 子 か ら 派 手 に 転 け 落 ち る と 、 四 つ ん 這 い に な っ て 、 全 身 を が く が く と 震 わ せ な が ら 俺 に 近 づ い て き た 。 そ の 様 子 は ゾ ン ビ 映 画 を 想 起 さ せ た 。 俺 は 軽 い 恐 慌 を き た し て 、 立 ち す く ん で し ま っ た 。 そ の 俺 の 足 首 を 強 い カ で 捕 ま え る と 、 山 崎 は 叫 ん だ 。 「 お か し く っ て お か し く っ て 、 し か た が な い な あ ! 」 石 俺 は 布 く て 怖 く て し か た が な か っ た 。 岩 む な る 「 虚 し く て 虚 し く て や っ て ら れ な い な あ ! 」 転 そ の 点 に つ い て は 同 感 だ っ た が 、 ク ス リ で は じ け た 山 崎 は 、 と に も か く に も 大 迫 力 に 恐 ろ し か っ た 。 俺 は 一 刻 も 早 く 彼 が 正 気 を 取 り 戻 し て く れ る よ う 祈 っ た 。 し か し 彼 は 、 い っ 章 七 ま で た っ て も 元 に 戻 ら な か っ た 。 振 り 切 れ た 笑 顔 を 浮 か べ 、 ひ と り で く す く す と 笑 っ て い 1 子 ー

NHKにようこそ!


素 早 く 、 さ り げ な く 、 ご ま か し て し ま え 。 「 : : : ひ き こ も り ? は は は は は ! ま さ か こ の 俺 が ひ き こ も り な ワ ケ な い じ ゃ な い で す ス カ か 俺 は ! こ ん な 事 を 言 っ た ら 、 ま す ま す 余 計 に あ や し い じ ゃ な い か 。 早 く 、 も っ と 上 手 に ご ま か せ 。 い ま す ぐ ご ま か せ 。 言 い 逃 れ を 。 も っ と 。 な ん と か 。 頼 む か ら 「 そ そ そ そ ん な ワ ケ な い で す よ ね え ま っ た く ! え え 。 ま さ か こ の 俺 が 、 も う 一 年 近 く 他 人 と 口 を き い て い な い と か 、 ひ き こ も り が 高 じ て 大 学 中 退 し た と か 、 無 職 だ と か 、 将 来 に 希 望 が 見 え な い と か 、 も う ダ メ だ と か 、 絶 望 だ と か 、 そ ん な 話 が あ る わ け な い じ ゃ な い で オ バ サ ン は 一 メ ー ト ル ば か り あ と ず さ っ た 。 そ し て 俺 の 思 考 は さ ら に ガ リ ガ リ と 空 転 し 、 と ど ま る と こ ろ を 知 ら な か っ た 。 誰 か 止 め て く れ 。 「 え え ! オ ・ ハ サ ン は バ カ だ な あ 。 え え 、 バ カ だ な あ 。 本 当 に バ カ だ な あ 。 失 礼 し ち ゃ う な あ 。 何 が 『 若 者 を 襲 う ひ き こ も り 。 あ な た は 大 丈 夫 で す か ? 』 で す か ? お 祈 り し て ひ 二 き こ も り が 治 る ぐ ら い な ら 、 こ れ だ け 悩 む わ け が ね え だ ろ う が ! あ ん た ら に 何 が わ か る ? 俺 に も わ か ん ね ー の に 、 あ ん た ら に わ か る わ け が ね え よ な あ ! 」 お び : 1 も う し し 、 、 。 も う い い 俺 。 宗 教 す ハ サ ン は す っ か り 脅 え て い る 。 今 に も 回 れ 右 し て 警