検索 - みる会図書館

検索対象: ジェスの契約―後編―

ジェスの契約―後編―から 266件ヒットしました。

ジェスの契約―後編―


青 春 を 考 え る ヴ ィ ヴ ィ ッ ド な 文 庫 破 妖 剣 に 愛 と 正 義 を 賭 け て 闘 う 、 少 女 剣 士 の 冒 険 フ ァ ン タ ジ ー ! 「 破 妖 の 剣 」 シ リ ー ズ

ジェスの契約―後編―


工 可 菷 を 妖 の コ バ ル ト 文 庫 売 古 王 国 ガ ン デ ィ ア の 王 女 が 魔 性 に さ ら わ れ 、 少 女 剣 士 ・ ラ ス は 救 出 に 向 か う が ・ ・ ・ 。 。 白 の 罠 ー ま の お 自 治 都 市 ュ ラ ク が 、 白 い 焔 に 包 ま れ て 消 え た ・ ・ ・ 。 原 因 を 究 明 す る ラ ス は ! ? 柘 榴 の 影 ラ ス の 前 に 、 謎 の 美 青 年 が 現 れ た 。 そ れ は 妖 貴 か ら の 新 た な 挑 戦 だ っ た ・ ・ ・ 捕 縛 師 セ ス ラ ン の 消 息 を 追 う 表 題 作 ほ 、 か 、 「 捕 縛 の 瞳 」 「 破 妖 の 剣 」 を 収 録 。 新

ジェスの契約―後編―


召 還 し て 永 と と も に 雪 華 を 倒 し た 。 そ の あ と に 残 さ れ て い た 剣 こ そ 、 唯 一 魔 王 を 倒 す こ と の で き る 、 ジ ェ ス の 影 か ら 作 ら れ た 魔 剣 「 影 」 だ っ た 。 そ し て 、 つ い に 魔 王 と 死 力 を 尽 く し た 闘 い が 始 ま っ た 。 強 大 な 魔 力 で 深 手 を 負 っ た 永 を 一 守 る た め 、 瞳 輝 は 自 ら の 血 で も っ て 火 妖 を 呼 び 出 し 、 破 夜 女 の 全 能 力 を 魔 王 に ぶ つ け る 。 そ の 瞬 間 「 影 」 に 嵌 め こ め ら れ て い た 黒 い 宝 石 が 砕 け 、 魔 王 の 眼 か ら 血 が 流 れ た 。 魔 王 は 自 ら の 眼 を え ぐ っ て 「 影 」 の 力 を 封 じ て い た の だ 。 本 来 の 力 を 回 復 し た 「 影 」 を 持 ち 、 く う な 永 は 深 々 と 魔 王 を 貫 い た ー だ が そ れ は 、 真 の 魔 王 で は な か っ た 。 「 風 の 空 奈 」 と 呼 ば れ る 影 法 師 ー ー ー 魔 王 の 子 供 ー ー だ っ た の だ 。 次 に 瞳 輝 と 永 の 前 に 立 ち は だ か っ た の は 「 地 の 八 牙 巳 」 と い う 影 法 師 だ っ た 。 は じ め は く す し 栄 養 失 調 で 倒 れ た 永 を 助 け る 薬 師 と し て 、 ふ た り に 近 づ い た 八 牙 巳 は 、 コ ウ サ の 街 の 元 首 わ な か ら 地 虫 退 治 を 依 頼 さ れ た 、 と い う 名 目 で 地 底 の 罠 へ 、 永 と 瞳 輝 を 誇 っ た の だ 。 ま た し て も 、 壮 絶 な 闘 い が 始 ま っ た 。 地 を 司 る 地 が 、 八 牙 巳 に つ く か 瞳 輝 に つ く か 。 永 を 守 り た い と い う 瞳 輝 の 激 し い 想 い が 、 勝 利 を 呼 ぶ 。 八 牙 巳 も 魔 剣 に よ っ て 倒 さ れ た 。 し れ ん よ う じ ゅ っ も う 本 物 の 魔 王 を 求 め て ふ た り は 老 魔 女 ・ 紫 蓮 の 妖 術 網 の 力 を 借 り よ う と し た 。 だ が 紫 蓮 の 答 え は 「 魔 王 は い な い 。 そ の 足 跡 を 知 り た く ば サ ナ ン へ 行 け 」 と い う も の だ っ た 。 サ ナ ン の 街 に つ い た ふ た り は 領 主 、 可 褂 の 歓 迎 を 受 け る 。 だ が そ れ は 、 巫 女 破 摩 と そ さ い は れ を 操 る 少 年 姿 の 影 法 師 「 水 の 災 波 」 の し か け た 罠 だ っ た の だ ・ : じ む し

ジェスの契約―後編―


る だ な ん て : : : 許 せ る も の か ! 「 瞳 輝 ・ : : ウ こ 感 情 と い う も の が 、 す で に 自 分 の 手 を 離 れ 、 暴 走 し は じ め た こ と を 、 瞳 輝 は 気 づ い て い た 。 と そ れ で も い い 、 こ の 世 の 、 魔 王 に 係 わ る も の す べ て を 破 壊 し つ く し て し ま い た い 、 彼 女 は 切 実 に 思 っ た の だ 。 「 瞳 輝 、 や め ろ ! 」 す べ 永 の 声 が 、 聞 こ え る 。 だ が 、 瞳 輝 は 自 分 の 心 の 呼 び 寄 せ た 嵐 を 、 お さ め る 術 を 知 ら な か っ 「 許 さ な い : : : 許 さ な い ! 」 せ い ぎ よ い や 、 引 き ず 感 情 の 制 御 を 失 っ た 破 夜 女 に 、 周 囲 に 存 在 す る 妖 霊 が い っ せ い に 同 調 す る よ う れ い ら れ た の だ 。 こ の 世 界 に 妖 霊 を 呼 び 寄 せ た 魔 女 の 血 が 、 そ の 慟 哭 が 、 妖 霊 た ち を 巻 き こ ん で 嵐 編 と な る ー 一 水 妖 が う な り を あ げ る 。 風 妖 が 猛 々 し く 吹 き す さ ぶ 風 を 作 る 。 地 妖 は た め た 力 を 、 一 時 に 解 し ん く 契 放 し よ う と 震 え 、 火 妖 は 真 紅 の 姿 を 現 す 。 ス 「 す て き だ : : : 予 想 以 上 の 力 だ ! 」 う れ 災 波 が 心 底 嬉 し そ う に 叫 ぶ 。 ら い よ う 大 地 が 揺 れ 、 雷 妖 の う な り ま で も が 重 な っ た 。 地 下 牢 で あ り な が ら 、 打 ち つ け る 雨 の 激 し い た け だ け ろ う ど う こ く と

ジェスの契約―後編―


232 よ う れ い 感 じ る : : : 妖 霊 の 気 配 。 風 火 地 水 : : : す べ て の 、 妖 霊 。 全 部 、 感 じ る 。 と う き め い ま お う 魔 王 が 回 復 し な い う ち に 、 瞳 輝 は 早 ロ で 命 を 伝 え る 。 こ く い ん じ よ う か じ ゃ あ く は や め か よ う 「 火 妖 ! 破 夜 女 の 名 に お い て 、 命 じ る ! 我 が 身 を 束 縛 す る 、 こ の 邪 悪 な る 刻 印 を 浄 化 せ よ ! 我 が 身 、 多 少 傷 つ い た と こ ろ で か ま わ ん ー し ん く 命 じ る と 同 時 に 、 真 紅 の 炎 が 瞳 輝 の 体 を 包 み こ む 。 し や く ね っ 灼 熱 の 炎 ・ : : ・ 知 っ て い る 。 熱 い と 感 じ る そ の 部 分 こ そ が 、 魔 王 に よ っ て 汚 さ れ た 場 所 で あ る と 。 な ぜ な ら 、 妖 霊 は 瞳 輝 を : : : 破 夜 女 で あ る 彼 女 を 少 し も 傷 つ け る こ と は な い か ら 。 炎 に 包 ま れ た ま ま で 、 彼 女 は 命 を 続 け る 。 ふ う よ う 「 風 妖 ! 魔 王 を 取 り 囲 み 、 動 き を 封 じ よ ! 我 が 浄 化 、 邪 魔 さ せ て は な ら ぬ 。 し か と 命 じ じ ゅ ば く 炎 に さ ら さ れ 、 ・ 野 薔 薇 の 形 を 取 っ て い た 、 魔 王 の 呪 縛 が 、 ひ と つ ず つ 、 ゆ っ く り と 消 え て い か こ そ く 洋 な く け が

ジェスの契約―後編―


231 ジ ェ ス の 契 約 一 後 編 ー の 光 景 の 酷 い こ と か ー 耐 え ら れ な か っ た 。 耐 え よ う と も 、 瞳 輝 は 思 わ な か っ た 。 口 を 突 い て 出 る 叫 び 。 「 妖 霊 よ : ・ ・ : 風 妖 よ ! 」 喉 も 裂 け ん ば か り に 、 彼 女 は 叫 ん だ 。 「 こ の 不 浄 な る 空 間 を 引 き 裂 く が い い : に 来 る の だ ー そ の 瞬 間 つ か さ ど わ ず か に 残 っ て い た 空 間 の 歪 み か ら 、 風 、 火 、 地 、 水 : : : そ れ そ れ を 司 ゑ す べ て の 妖 霊 の 気 配 が 流 れ こ ん で き た の で あ る 。 ふ じ よ 、 つ む ご ひ ず ・ : 我 は 破 夜 女 ! 破 夜 女 の 名 に お い て 命 じ る ! こ こ わ れ は や め

ジェスの契約―後編―


〈 『 ジ ェ ス の 契 約 』 前 編 の あ ら す じ 〉 世 界 最 大 の 街 リ イ ジ ャ ス の 南 東 に 位 置 す る 交 易 都 市 ソ ウ 八 。 こ の 街 に 、 大 陸 最 古 に し て 最 強 の 魔 術 師 の 称 号 「 礇 夜 女 」 を 受 け 継 ぐ 歳 の 少 女 、 瞳 輝 が 養 母 の 西 湖 と 住 ん で い た 。 だ が こ の 街 は 近 ご ろ 物 騒 だ っ た 。 若 い 魔 女 や 巫 女 が 何 者 か に 襲 わ れ る の だ 。 そ の 下 手 人 は 雷 華 と い う 女 妖 。 若 い 女 を 攫 い 、 さ ら に 瞳 輝 に 襲 い か か ろ う と し た 時 、 ひ と り の 青 年 戦 士 が 現 れ 、 女 妖 を 退 け た 。 あ か し 彼 の 名 は 永 。 蒼 い 瞳 に は 深 い 絶 望 を 秘 め 、 額 に は 冥 界 の 女 王 ジ ェ ス と の 契 約 の 証 「 ジ ェ ス の 刻 印 」 が 刻 ま れ て い た 。 目 的 を 果 た す ま で は 死 ぬ に 死 ね な い お ぞ ま し い 刻 印 が ー 「 を 沙 へ 案 内 を 頼 み た い 。 魔 王 の 界 を 破 れ る の は 、 お そ ら く 破 夜 女 し か い な い : ・ 魔 王 、 と い う = 葉 を 聞 い て 、 瞳 輝 の 中 に 復 讐 の 炎 が 燃 え あ が る 。 魔 王 こ そ 、 瞳 輝 の 母 親 先 代 の 破 夜 女 の 輝 予 螺 を 殺 し た 妖 魔 。 憎 ん で も 憎 み き れ な い 仇 だ っ た か ら だ 。 、 う て き そ し て 永 に と っ て も 魔 王 は 仇 敵 。 彼 は 永 の 父 親 の 肉 体 を 乗 っ と っ た う え に 、 祖 父 を 殺 し た の だ 。 即 ち 永 は 、 自 分 の 「 父 」 を 殺 さ ぬ か き り ジ ェ ス の 契 約 か ら 解 放 さ れ な い 、 と い う お ぞ ま し い 運 命 を 負 い な が ら 、 何 百 年 も 生 き つ づ け て い た の だ 。 西 湖 が と め る の も 聞 か ず 、 瞳 輝 は 永 と 不 沙 山 へ 向 か う 。 だ が 、 そ の 前 に 立 ち ふ さ が っ た の は 、 ソ ウ 八 で 会 っ た 女 妖 の 電 華 。 そ の 背 後 に 妖 が い る こ と を 見 破 っ た 瞳 輝 は 、 風 妖 を じ よ よ う あ お

ジェスの契約―後編―


238 み こ む 。 ち ゅ う 宙 に 浮 い た 体 は 、 誘 わ れ る よ う に 、 魔 王 の も と へ と 運 ば れ る 。 あ れ ほ ど 傷 つ け ら れ て お り な が ら 、 魔 王 は ま だ 、 こ れ だ け の 力 を 残 し て い る の だ ! し つ こ く 絶 望 が 、 心 を 漆 黒 に 染 め る 。 の ろ こ の ま ま で は 、 自 分 は 魔 王 の も の に な っ て し ま う 。 魔 王 の 子 を 孕 み 、 呪 わ れ た 破 夜 女 を こ の 世 に 生 み 出 し て し ま う ! 耐 え ら れ な い : : : そ れ だ け は ー こ の 瞳 は 永 の も の 。 こ の 指 も 、 こ の 唇 も : : : 全 部 、 永 の も の だ 。 ほ か の 男 に は 触 れ さ せ な い ー の う り 不 意 に 、 ひ と つ の 考 え が 脳 裏 に 浮 か ん だ 。 そ う 、 魔 王 の も の に な ら ず に す む 、 唯 一 の : : : そ し て 、 絶 対 の 方 法 。 先 ほ ど ま で は 、 そ れ す ら も 許 さ れ な か っ た こ と 。 「 妖 霊 : : : 妖 霊 ! 破 夜 女 の 名 に お い て 命 ず る ! 」 圧 迫 さ れ る 体 : : : 喉 。 そ れ で も 意 志 の カ の ほ う が 強 い 。 「 破 夜 女 と し て : : : お ま え た ち の 主 人 と し て の 最 後 の 命 だ ! そ の 命 を な し た あ と 、 お ま え た ち を す べ て 解 放 す る ! こ の 声 が 聞 こ え る 妖 霊 は す べ て こ こ に 来 る が い い 「 馬 鹿 げ た こ と を : : : 黙 る が い い ー い ら だ ま ゆ 魔 王 が 苛 立 た し げ に 眉 を ひ そ め 、 彼 女 の 自 由 を さ ら に 奪 っ た 。 は ら

ジェスの契約―後編―


236 ど う よ う 周 囲 の 妖 霊 た ち が 、 わ ず か な 動 揺 を 示 す 。 唯 一 で あ り 絶 対 の 支 配 者 の 命 が 、 消 え て い く の を 感 じ と っ て い る の か も し れ な い 。 茶 色 に 変 化 し た 唇 で 、 瞳 輝 は = = ロ 葉 を 紡 ぐ 。 「 何 を し て い る 卩 私 が い っ 命 を 解 い た と い う の 卩 」 し っ た ざ わ め く 妖 霊 た ち に 叱 咤 を 飛 ば す 。 そ の 瞬 間 に 、 め ま い に 襲 わ れ 、 瞳 輝 は 慌 て て か ぶ り を ふ ま だ 、 だ め 。 ま だ 、 意 識 を 失 う わ け に は い か な し : : 永 に ま だ 、 充 分 な 生 気 を 送 り こ ん で は い な い の だ か ら 。 永 を 抱 き し め る 腕 に 、 力 を こ め る 。 目 を 覚 ま し て : : : 早 く 、 早 く 、 永 ! も う 意 識 を 保 っ て い ら れ な い 。 極 限 だ っ た 。 こ れ 以 上 は 無 理 : : : お 願 い 。 お 願 い た か ら 、 永 ・ : : ・ 永 ! 妖 霊 た ち の 気 配 が 、 一 瞬 の う ち に 弱 ま っ た の は そ の 時 ー ー 「 な 、 な に が : ・ く ち も と は 振 り 向 い た 瞳 輝 の 視 線 の 先 で 、 魔 王 が 冷 や や か な 笑 み を 口 許 に 刷 い て い た 。 ち ぎ れ た 、 気 配 ・ : ・ : い く つ も の 。 あ れ は : : : あ れ は 妖 霊 で あ っ た も の の か け ら 。 「 や っ て く れ る も の だ 。 さ す が 破 夜 女 と 言 え よ う な 」 こ う 口 に 端 か ら 流 れ る 血 を 、 う る さ げ に 手 の 甲 で ぬ ぐ い な が ら 、 魔 王 は 言 っ た 。 っ こ 0 お そ あ わ

ジェスの契約―後編―


・ 破 ・ ・ 呀 可 裡 ・ 災 波 の 姉 で 、 サ ナ ン の 巫 女 。 サ ナ ン の 領 主 。 破 摩 を 愛 し 災 波 に 操 ら れ 、 瞳 輝 た ち を て い る 。 に か け る 。 ・ 紫 蓮 ・ ・ 西 湖 ・ 瞳 輝 の 祖 母 同 様 の 魔 女 。 白 瞳 輝 の 育 て の 親 の 魔 女 。 瞳 銀 の 髪 、 灰 色 の 瞳 を 持 つ 。 輝 が 旅 に 出 て し ば ら く し て 妖 術 網 を 使 う 。 行 方 を く ら ま し た 。