検索 - みる会図書館

検索対象: 鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―から 201件ヒットしました。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


は よ う つ る 一 破 妖 の 剣 6 ぎ よ う あ ん 鬱 金 の 暁 闇 3 前 田 珠 子 ( OBALT - SER に 5 う 集 英 社 6

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 選 ば れ し 少 女 よ 、 魔 性 に 立 ち 向 か え ! ◆ ◆ く 破 妖 の 剣 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 厦 門 潤 ◆ ま 漆 黒 の 魔 性 ま 白 燼 の 罠 ◆ ◆ 柘 の 影 ◆ ◆ ま 紫 紺 の 糸 飃 ◆ ◆ ◆ ◆ 翡 翠 の 夢 1 ~ 5 ◆ ◆ ◆ 鬱 金 の 暁 闇 1 ・ 2 ◆ ◆ ◆ - 破 妖 の 剣 ン ◆ 女 妖 の 外 伝 ① ◆ ◆ ◆ さ さ や き の 行 方 冖 破 妖 の 剣 ◆ ◆ ◆ 忘 れ え ぬ 夏 外 伝 ③ 破 妖 の 剣 ◆ ◆ ◆ 時 の 螺 旋 破 妖 の 剣 ◆ 外 伝 ④ 魂 が 、 引 き よ せ る 外 伝 ⑤ 破 妖 の 剣 ◆ ◆ ◆ 呼 ぶ 声 が 聞 こ え る 外 伝 ⑥ 破 妖 の 剣 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 前 田 珠 子 ー ま く

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


目 鬱 金 の 暁 闇 3 第 九 章 ほ ど か れ た 糸 第 十 章 魔 が 生 ま れ る と き 第 十 一 章 最 後 の 鍵 特 集 も し も 「 破 妖 」 が ゲ ー ム に な っ た ら : 前 田 珠 子 秘 密 回 顧 録 、 め と が 医 、 次

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


ま え だ ・ た ま こ 1965 年 10 月 15 日 、 佐 賀 県 生 ま れ 。 天 秤 座 の B 型 。 『 眠 り 姫 の 目 覚 め る 朝 」 で 1987 年 第 9 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 コ バ ル ト 文 庫 に 「 破 妖 の 剣 」 シ リ ー ズ 、 「 カ ル ・ ラ ン シ イ の 女 王 」 シ リ ー ズ 、 「 聖 獣 』 シ リ ー ズ 、 「 ジ ェ ス の 契 約 」 「 ト ラ ブ ル ・ コ ン ビ ネ ー シ ョ ン 」 「 陽 影 の 舞 姫 」 「 女 神 さ ま の お 気 の 向 く ま ま 」 「 万 象 の 杖 』 「 月 下 廃 園 」 な ど 多 数 の 作 品 が あ る 。 興 味 を 覚 え た こ と に は 積 極 的 だ が 、 そ う で な い 場 合 、 横 の も の を 縦 に す る の も 面 倒 く さ が る 両 極 端 な 性 格 の 持 ち 主 。 趣 味 と 実 益 を 兼 ね て ア ロ マ テ ラ ヒ 。 ー に 手 を 出 し た も の の 、 最 近 で は 実 益 の は う が 大 き く な り 、 趣 味 と は 言 い が た く な り つ つ あ る 。 次 こ そ は 優 雅 な 趣 味 を 持 ち た い と 身 の 程 知 ら す に も 思 っ て い る 。 鬱 金 の 暁 闇 3 う こ ん ぎ よ う あ ん - ー -- 破 妖 の 剣 6 ー - ー COBALT-SERIES 2003 年 8 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 月 リ 谷 株 式 会 社 〒 101 ー 8050 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 田 珠 子 山 尚 義 集 英 社 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ⑥ TAMAKO MAEDA 2003 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 I S B N 4 - 0 8-6 0 0 2 9 7-5 C 01 9 5

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


117 鬱 金 の 暁 闇 3 あ る の 、 そ れ と も な い の ? よ 、 つ き 問 い た だ し た リ メ ラ ト ー ン に 、 妖 貴 で あ る 青 年 は あ っ さ り と 応 じ た 。 「 な い 」 一 一 一 = ロ で 、 き つ ば り と 。 絶 望 と い う 名 の 暗 黒 が 、 リ メ ラ ト ー ン の 心 に ひ た ひ た と 寄 せ て き た 。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


魔 性 降 臨 破 妖 の 剣 中 ス 、 売 ラ シ 当 白 い 焔 に 包 ま れ て 消 え た 街 ー ・ ・ ー そ の 原 因 を 探 る ラ ス と 少 年 サ 八 ト だ っ た が 上 タ 粤 破 妖 の 剣 羆 最 愛 の 使 い 手 を 失 い 暴 走 す る 紅 蓮 姫 ・ : 。 姫 人 子 コ 蓮 大 . 朱 ラ ス と 出 逢 う 前 の 紅 蓮 姫 の 哀 し い 物 語 。 深 紫 絃 韻 2 嚶 破 妖 の 剣 専 - 魅 縛 師 リ ー ヴ ィ の 里 帰 り に 同 行 し た ラ ス は 、 思 い が け な い ピ ン チ に お ち い る が ・ :

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


◆ ラ エ ス リ ー ル 破 妖 の 剣 第 紅 蓮 姫 」 を 操 る 少 女 剣 士 。 通 称 ラ ス 。 ー 金 の 妖 主 。 父 浮 城 の 魅 縛 師 を 母 に 持 つ 。 浮 城 を 出 奔 し て 裏 切 り 者 と さ れ を ま た 父 殺 し の 疑 惑 で 妖 貴 た ち か ら 第 も 追 わ れ て い る 。 ぐ れ ん き 會 サ テ ィ ッ 砂 色 の 髪 を し た 浮 城 の 捕 縛 師 。 面 倒 見 の - い い お 姉 さ ん 的 性 格 の 持 ち 主 で 、 ラ ス の よ き 理 解 者 。 會 リ ー ヴ シ ェ ラ ン カ ラ ヴ ィ ス の 公 女 で 浮 城 の 會 ス ラ ヴ ィ エ ー ラ 魅 縛 師 。 琴 を 奏 で 、 そ の 音 色 で 魔 性 を 引 き 寄 力 を 「 紅 蓮 姫 」 奪 還 チ ム の 持 つ 。 通 称 リ ー ヴ ィ 。 一 員 。 破 妖 刀 「 夢 晶 結 』 の 使 い 手 。 こ c—- 、 ニ 年 で 成 果 を 上 け て い る 。 破 妖 剣 士 。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


は よ う と 、 つ 破 妖 刀 と 破 妖 剣 士 と の 相 性 で 、 最 も 重 要 視 さ れ る の は 、 精 神 面 に お け る 共 鳴 振 度 な あ う ん の だ 。 そ れ が 高 け れ ば 高 い だ け 、 阿 吽 の 呼 吸 に 近 い 連 携 が 可 能 と な る 。 逆 に 言 え ば 、 共 振 度 の 低 い 組 み 合 わ せ で は 、 互 い が ど れ ほ ど 高 い 能 力 を 持 と う と も 、 目 ざ ま し い 成 果 は 期 待 で き な い と さ れ て い る 。 そ の 事 実 に 気 づ い た 浮 城 の 上 層 部 が 、 破 妖 刀 自 身 に 使 い 手 の 選 択 を 任 せ る よ う に な っ た お か げ で 、 破 妖 剣 士 の 犬 死 に や 貴 重 な 破 妖 刀 の 紛 失 が 、 か な り 減 っ た わ け で は あ る の だ が 。 だ か ら 、 少 な く と も こ こ 一 世 紀 ほ ど は 、 破 妖 刀 の 意 志 に 反 す る 使 い 手 が 選 は れ る こ と な ど 皆 無 で あ り 、 両 者 の 意 思 の 疎 通 は 当 た り 前 と 言 え ば 言 え る の で あ る が : : : し か し 。 待 っ て よ 、 待 っ て よ 、 ち ょ っ と 、 待 っ て よ 。 の だ く だ く 、 だ く だ く ー 内 心 冷 や 汗 を か き な が ら 、 ス ラ ヴ ィ エ ー ラ は 現 状 を 整 理 し 鬱 よ 、 つ と し た 。 破 妖 刀 と 、 そ の 使 い 手 で あ る 破 妖 剣 士 と の 間 に 、 意 思 の 疎 通 が あ る こ れ は 事 実 い ぬ じ れ ん け い

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


21 鬱 金 の 暁 闇 3 ま ず 不 味 そ う だ し 空 腹 で も な い か ら や る 気 が 出 な い と 、 襲 わ れ て る 最 中 だ ろ う と 力 を 発 お う お う 揮 し な い こ と も 往 々 出 て 来 て か ( に レ 玉 ー ス ラ ヴ ィ エ ー ラ が 叫 ん だ 。 「 あ な た た ち 、 み ん な 馬 鹿 よ 、 馬 鹿 撲 い よ ! 」 答 え は ま だ 、 見 つ か ら な い 則 ろ は っ

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


39 鬱 金 の 暁 闇 3 と り で か ん 。 へ き 、 完 璧 に 成 り 代 わ っ て き た わ 。 そ れ は あ る 意 味 、 彼 女 自 身 を 守 る た め の 砦 で も あ っ た : : : で も 、 も う だ め 。 タ ー ラ は 自 分 自 身 を 自 覚 し て し ま っ た 。 あ の 子 に は も う 、 逃 げ 場 が な い 」 ど た ん ば 土 壇 場 よ 。 あ る 意 味 、 ぎ り ぎ り の 立 場 に 追 い 詰 め ら れ て い る の 。 か ん ち が 「 そ ん な 状 況 な の に 、 あ の 子 の そ ば に は 勘 違 い し た 破 妖 刀 が : : : 紅 蓮 姫 が い る の よ っ そ れ は 、 ま ぎ れ も な い 悲 鳴 だ っ た 。 マ イ ダ ー ド は 大 き く 息 を つ き 、 か ぶ り を 振 っ た 。