一四 - みる会図書館


検索対象: 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩
438件見つかりました。

1. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

たれ と書きたる手、ただかたそばなれどよしづきて、おほかためやすければ、誰な = 誰も気楽には交際してくれず。 三中将のおもと。↓一四三ハー。 一五まう 一三女郎花がどの露にでも靡かぬ らむと見たまふ。今参のばりける道に、ふたげられてとどこほりゐたるなるべ ように、誰にでも靡かぬとする。 おきなごと 一四ほんの一首ながら風情があり。 しと見ゅ。弁のおもとは、「いとけざやかなる翁一一 = ロ、憎くはべり」とて、 一五今中宮のもとに参上しようと した途中で戸口にいる薫に道をふ 「旅寝してなほこころみよ女郎花さかりの色にうつりうつらず さがれてとどまっていた者らしい のち 一六薫の歌を、女に囲まれても浮 さて後さだめきこえさせん」と言へば、 気心を持たぬ老人言葉と戯れた。 宅女郎花 ( 女 ) に心移るかどうか、 薫宿かさばひと夜は寝なんおほかたの花にうつらぬ心なりとも 泊って試みよと戯れに挑発する歌。 はづかし 一 ^ 薫の歌の「花にうつらぬ」に対 とあれば、弁のおもと「何か、辱めさせたまふ。おほかたの野辺のさかしらをこ して、見下げないでほしいとする。 そ聞こえさすれ」と言ふ。はかなきことをただすこしのたまふも、人は残り聞一九注一 0 の引歌により、「野辺」に 泊ると戯れただけとする。 ニ 0 うつかりしていた。道を開け かまほしくのみ思ひきこえたり。薫「、いなし。道あけはべりなんよ。わきても、 よう。中将に応じた。↓注一五。 はぢ かの御もの恥のゆゑ、かならずありぬべきをりにぞあめるーとて、立ち出でた = 一女房たちが恥じ隠れるのは、 自分以外に気のおける人がいるか こころう 蛉まへば、おしなべてかく残りなからむと思ひやりたまふこそ心憂けれと思へるらだろうとする。暗に匂宮をいう。 一三弁のように無遠慮なのだろう。 0 きまじめながら、女と如才なく 人もあり。 蜻 戯れ合う薫の一面に注意。 ひむがしかうらん 東の高欄におしかかりて、タ影になるままに、花のひも = 三寝殿の東の簀子にある高欄。 〔一九〕薫、女房らへの感 ニ四「ひもとくーは咲く意。下紐を おまへ 想につけ中の君を偲ぶ とく御前の草むらを見わたしたまふ、もののみあはれなる解いての共寝をも連想させる。 一九 ニ四

2. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

( 現代語訳三四五ハー ) たるぞ、ありがたくあはれなりける。さやうなる、いばせある人、ここらの中に分 ( 薫 ) になびくべきだ。 一四中の君が匂宮の浮気な行動を。 あらむや、入りたちて深く見ねば知らぬそかし、寝ざめがちにつれづれなるを、一五自分 ( 薫 ) との親しい仲が不都 合になる、そんな世間の思惑を。 一六大勢の女房たちのなかに。中 すこしはすきもならはばや」など思ふに、今はなほっきなし。 の君のすばらしさを確認。 一七わたどの 例の、西の渡殿を、ありしにならひて、わざとおはしたる宅女一の宮をかいま見た所。そ 三 0 〕薫、女一の宮を想 こへ行くのが習慣化している。 よる一九 いつつわが宿世を思う もあやし。姫宮、夜はあなたに渡らせたまひければ、人々天語り手の感想 一九母の明石の中宮のもとに。 - 一と 月見るとて、この渡殿にうちとけて物語するほどなりけり箏の琴いとなっかニ 0 女一の宮づきの女房たち。 ねたましがほほそやか ニ一「故々ニ繊ナル手ヲ将テ、 つまおと 時々ニ小緒ヲ弄ス。耳ニ聞ケバ猶 しうきすさむ爪音をかしう聞こゅ。思ひかけぬに寄りおはして、薫「など、 いかばかりか 気絶ュルガ如シ、眼ニ見レバ若為 カ おもしろ じゅう かくねたまし顔に掻き鳴らしたまふ」とのたまふに、みなおどろかるべかめれ怜カラム」 ( 遊仙窟 ) 。琴を弾く十 娘が気をもませるさまをいう。容 すだれ ど、すこしあげたる簾うちおろしなどもせず、起き上がりて、「似るべき兄や姿を見せてほしい気持。 はんあんじん 一三「容貌ハ舅ニ似タリ、潘安仁 ニ四 ははかたのをひ ははべるべき」と答ふる声、中将のおもととか言ひつるなりけり。薫「まろこガ外甥ナリ。気調ハ兄ノ如シ、 いもら・レ」 さいきけい 崔季珪が小妹ナリ」 ( 遊仙窟 ) 。十 なぞら 蛉そ御母方のをぢなれ」と、はかなきことをのたまひて、薫「例の、あなたにお娘に擬えて薫の言葉を切り返す。 ↓一四一ハー注一 = 。 一西注 = 三の『遊仙窟』の言葉による。 はしますべかめりな。何わざをかこの御里住みのほどにせさせたまふーなど、 一宝琴など音楽の遊び。 あちきなく問ひたまふ。中将のおもと「い。 オオかやニ六自分に憂愁を抱かせる当人は つくにても、何ごとをかは。こ。こ、 もつばら優雅な日々を暮している として、自らの苦悶が際だっ気持。 うにてこそは過ぐさせたまふめれ」と言ふに、をかしの御身のほどやと思ふに、 一八 ニ三 ニ六 さう このかみ ニ 0 もっ

3. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

源氏物語 66 一帰りの道中。以下、薫の心中。 道すがら、「なほいと恐ろしく隈なくおはする宮なりや。 三五〕薫、匂宮の裏切り ニ田舎びた宇治だから、こうし を怒り浮舟を詰問する た男女のまちがいは起るまいと思 いかなりけむついでに、さる人ありと聞きたまひけむ。い うかっ ったのは迂闊。自嘲したい気持。 ゐなか かで言ひ寄りたまひけむ。田舎びたるあたりにて、かうやうの筋の紛れはえし三自分 ( 薫 ) の関わらぬ女になら、 色恋事をしかけてもよかろうが もあらじ、と思ひけるこそ幼けれ。さても、知らぬあたりにこそ、さるすき事四匂宮を中の君に手引したこと。 五宮が、後ろ暗いことを。 あり をものたまはめ、昔より隔てなくて、あやしきまでしるべして率て歩きたてま六以下も薫の心中。中の君を多 年慕い続けてきたとして、自分の 慎重さを、宮の軽薄さに対照。 つりし身にしも、うしろめたく思しよるべしや」と思ふに、し 、と心づきなし。 七今始った不体裁な恋でなく。 「対の御方の御事を、いみじく思ひつつ年ごろ過ぐすは、わが心の重さこよな ^ 大君も中の君と自分の結婚を 願った因縁もある。↓総角 3 〔巴。 かりけり。さるは、それは、△フはじめてさまあしかるべきほどにもあらす、も九心中後ろ暗い点があっては。 一 0 愚かだった。自嘲したい気持。 うちくま = 匂宮の病気。↓〔一九〕。 とよりのたよりにもよれるを、ただ心の中の隈あらんがわがためも苦しかるべ 一ニ浮舟のもとに通い始めたのか。・ はばか 二人の仲がどんな段階か知りたい。 きによりこそ思ひ憚るもをこなるわざなりけれ。このごろかくなやましくした 一三以下、不審の事実を次々にあ まひて、伊よりも人しげき紛れこ、、ゝ。 ししカてはるばると書きやりたまふらむ。おげ、二人の情交関係に思いあたる。 一四匂宮不在の騒ぎ。↓三四ハー。 けつ はしやそめにけむ。いとはるかなる懸想の道なりや。あやしくて、おはし所尋その間に宇治に赴いたかと推測 一五浮舟恋着ゆえの病気かと推測。 ねられたまふ日もありと聞こえきかし。さやうのことに田 5 し乱れてそこはかと一六薫の心内語に、語り手による 尊敬語がまじる。 一七 なくなやみたまふなるべし。昔を思し出づるにも、えおはせざりしほどの嘆き、宅匂宮が宇治の中の君に逢えな 九 四 ゐ

4. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

源氏物語 54 「水まさるをちの里人いかならむ晴れぬながめにかきくらすころ 一四しきし 常よりも、思ひやりきこゆることまさりてなん」と、白き色紙にて立文なり。 御手も、こまかにをかしげならねど、書きざまゆゑゅゑしく見ゅ。宮は、、 多かるを小さく結びなしたまへる、さまギ、まをかし。 侍従「まづかれを。人見ぬほどに」と聞こゅ。浮舟「今日は、え聞こゅまじ」 一八 てならひ 月っ ) 、 と恥ぢらひて、手習し あいぎゃう かばか一匂宮の優麗な姿をいう。 御ありさまはいみじかりけり。うち乱れたまへる愛敬よ、まろならば、 四 ニ冗談など言う戯れ姿に魅了さ き一い りの御思ひを見る見る、えかくてあらじ。后の宮にも参りて、常に見たてまつれるとする。好色者の魅力である。 三一日も離れていられない意。 五 四明石の中宮に宮仕えして、匂 りてむーと言ふ。右近、「うしろめたの御心のほどや。殿の御ありさまにまさ 宮と親しくなりたいとする。 たれ かたち 六 五右近は逆に、薫を称揚。 りたまふ人は誰かあらむ。容貌などは知らず、御心ばへけはひなどよ。なほこ 六浮舟と匂宮の仲をいう。 ふたり の御事はいと見苦しきわざかな。いかがならせたまはむとすらむ」と、二人しセ右近一人より、嘘をつくにも 好都合。右近が侍従をまきこむ。 ^ あとから来た薫の手紙。 て語らふ。心ひとつに田 5 ひしよりは、そらごともたより出で来にけり。 九気にかけながらのご無沙汰。 のち 九 後の御文には、薫「思ひながら日ごろになること。時々は、それよりもおど一 0 あなたもお便りをくだされば。 = あなたを並々には思ってない。 三「をち」は「遠」。「眺め」「長 ろかいたまはんこそ、思ふさまならめ。おろかなるにやは」など。はしがきに、 雨」の掛詞。匂宮が自らの恋のせ つなさを訴えるのとは対照的に、 相手を気づかう発想に徹する。 一三歌から直接続く趣。 一四白の料紙も立文も恋文のよう でない。いかにも薫らしい趣向。 一五長々しい文面を。 一六人目を忍ぶ恋文の体である。 宅まず匂宮への返事をと勧める。 天相手への返歌よりも、自らの 思いを独詠的に書きつける趣。 一九宇治にあるわが身を「宇治 . ふみ たてぶみ

5. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

↓九八ハー一二行・一一五ハー四行。 きにしもあらずかし。わが過ちにて失ひつるもいとほし、慰めむと思すよりな 一四薫の常陸介一族への後援を、 一四そし 過分だとする世間の非難。 む、人の譏りねむごろに尋ねじと思しける。 一五遺骸がないだけに不審が残る。 、、かよりけんこと一六亡くなったにせよ生きている 四十九日のわざなどせさせたまふにも 〔九〕四十九日の法事を にせよ、法事は罪障消滅のよすが。 営む匂宮・薫の心々 宅宇治山の阿闍梨の寺。今は律 にかはと田 5 せば、とてもかくても罪得まじきことなれば、 / ハー六行。 ふせ 一七りし いと忍びて、かの律師の寺にてなんせさせたまひける。六十僧の布施など、お天六十人の僧による仏事。四十 九日までの仏事に多い ( 花鳥余情 ) 。 おき 一九 ほきに掟てられたり。母君も来ゐて、事ども添へたり。宮よりは、右近がもと一九匂宮。 ニ 0 浮舟との秘事を知られまいと しろかねつばこがね ニ 0 みとが に、白銀の壺に黄金入れて賜へり。人見咎むばかりおほきなるわざはえしたまするが、周囲の不審をかう。 ニ一薫の家人。法事の雑用に奉仕。 はす、右近が心ざしにてしたりければ、、い知らぬ人は、「いかでかくなむ」な一三噂にも聞かなかった人の法事。 ニ三浮舟の養父というだけでなく、 ど言ひける。殿の人ども、睦ましきかぎりあまた賜へり。「あやしく。音もせ薫からの後援があるという頼もし さも加わって、得意然とする。 たれ うぶやしな、 ざりつる人のはてを、かくあっかはせたまふ、誰ならむーと、今おどろく人の = 四婿の左近少将。盛大な産養 しようとの趣。もとより介は財カ あるじ ニ四 ク将の子産をたのんで風流めかしく気どる性 蛉み多かるに、常陸守来て、主がりをるなん、あやしと人々見ける。ト 分。↓東屋 3 一三六ハ。 もろこし ませて、いかめしきことせさせむとまどひ、家の内になきものは少なく、唐土、ニ五身分柄たいしたこともできす、 実にお粗末なありさまだった。 しらぎ ニ六 いとあやしかりけり。この御法事の、 = 六自家の産養と比較する気持。 新羅の飾りをもしつべきに、限りあれば、 ワ」 毛もしも浮舟存命なら、自分と 忍びたるやうに思したれど、けはひこよなきを見るに、生きたらましかば、わ比肩できぬほどすばらしい運勢。 一三あやま むつ ニ七

6. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

源氏物語 98 人なん参りて、しかじかと申させければ、あさましき心地したまひて、御使、一石山寺の薫のもとに。 ニ薫からの使者が、葬送のあっ た翌日の早朝、宇治に到着。 そのまたの日、まだっとめて参りたり。使「いみじきことは、聞くままにみづ 三浮舟の死という一大事。以下、 からものすべきこ、 レかくなやみたまふ御事によりつつしみて、かかる所に日を使者の伝える薫の言葉。 四すぐに私自身が赴くべきだが。 - ャも よべ せうそこ 限りて籠りたればなむ。昨夜のことは、などか、ここに消息して、日を延べて五母宮の病気中ゆえの参籠。 六日限を定めた参籠。 かろ もさることはするものを、いと軽らかなるさまにて急ぎせられにける。とてもセ昨夜行われた葬送のこと。 ^ 「などか」は、「急ぎせられに ける」にかかる かくても、同じ言ふかひなさなれど、とぢめのことをしも、山がつの譏りをさ 九私に連絡して、日を延ばして むつ おほくらのたいふ も葬送はするものなのに。 へ負ふなむ、ここのためもからき」など、かの睦ましき大蔵大輔してのたまへ 一 0 浮舟の死んだ今となっては。 り。御使の来たるにつけても、 いとどいみじきに、聞こえん方なきことどもな = 大夫・内舎人らの批判も薫の 耳に入ったらしい。↓九六 れば、ただ涙におばほれたるばかりをかごとにて、はかばかしうも答へやらず三私としても、つらい 一三薫の腹心の家司、仲信である。 ↓浮舟五六ハー一一行。 なりぬ。 一四右近らは、涙にくれている状 こころう 態を口実に、詳しい報告を避けた。 殿は、なほ、、 しとあへなくいみじと聞きたまふにも、「心憂かりける所かな。 一五「あへなし」はカの抜ける感じ。 鬼などや住むらむ。などて、今までさる所に据ゑたりつらむ。思はずなる筋の一六宇治を憂愁の地として、浮舟 の死を、八の宮、大君に続くもの 紛れあるやうなりしも、かく放ちおきたるに心やすくて、人も言ひ犯したまふとする。↓橋姫 3 九九ハー注一八の歌。 宅あまりにあっけない死を、人 なりけむかし」と思ふにも、わがたゆく世づかぬ心のみ悔しく、御胸いたくおの力を超えた不思議な事件とみる。 お ニ 0 くや 一九 ニつかひ 六

7. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

源氏物語 94 心などあしき御乳母やうの者や、かう迎へたまふべしと聞きて、めざましがり一薫の正室、女二の宮の周辺に、 四 意地悪な乳母のような存在を想定。 て、たばかりたる人もやあらむと、下衆などを疑ひ、母君「今参りの心知らぬニ薫が浮舟を京に。 三誘拐をたくらんだ人もいるか。 四乳母のような人 ( ↓注 I) の指 ゃある」と問へど、女房「いと世離れたりとて、ありならはぬ人は、ここにて、 図で、この邸にもぐりこんだ下人 かいるかもしれない、と疑う。 はかなきこともえせず、いまとく参らむと言ひつつなむ、みな、そのいそぐべ 五前にも母君は「今参りはとど きものどもなど取り具しつつ、かへり出ではべりにし」とて、もとよりある人めたまへ」 ( 浮舟六一ハー ) と言い 女二の宮方からの潜入を警戒。 六住みなれていない新参者。 たにかたへはなくて、いと人少ななるをりになんありける。 セ裁縫など、転居の準備をさす。 けしき 侍従などこそ、日ごろの御気色思ひ出で、「身を失ひてばや」など泣き入り ^ 京のそれそれの実家に 九もとからいる女房さえ一部は。 一 0 ↓浮舟六〇ハー・七四ハー たまひしをりをりのありさま、書きおきたまへる文をも見るに、「亡き影に = 浮舟の「なげきわび : ・」の歌が すずり と書きすさびたまへるものの、硯の下にありけるを見つけて、川 の方を見やり硯箱の下にあったのを見つけ、入 水を想像。視線が宇治川に向く。 おと つつ、響きののしる水の音を聞くにも疎ましく悲しと思ひつつ、侍従「さて亡三↓浮舟六〇ハー一一行。 一三鬼のしわざか狐のしわざか、 せたまひけむ人を、とかく言ひ騒ぎて、いづくにもいづくにも、 いかなる方にまた薫の正妻方のしわざかと。 一四母君など誰もが。 なりたまひにけむと思し疑はんも 、いとほしきこと」と言ひあはせて、「忍び一五浮舟が 一六侍従が、右近と。 のち 宅匂宮との秘事とはいえ、女君 たることとても、御心より起こりてありしことならず。親にて、亡き後に聞き ( 浮舟 ) 自身が起したことではない。 たまへりとも、 いとやさしきほどならぬを、ありのままに聞こえて、かくいみ一〈恥ずかしくない。秘事ながら、 めのと うと 六 ふみ 九

8. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

かうそ言はむかし、しひて問はむもいとほしくて、つくづくとうちながめつ 一三薫の心中。こんな場合はこう 答えるもの。主人を弁護し自分た つ、「宮をめづらしくあはれと思ひきこえても、わが方をさすがにおろかに思 ち女房の過失を隠すのが女房の常。 一四浮舟が。 はざりけるほどこ、 しいとあきらむるところなく、はかなげなりし心にて、この一五浮舟はまるで判断力に乏しく。 一六「・ : ましかば : ・まし」は反実仮 水の近きをたよりにて、思ひ寄るなりけんかし。わがここにさし放ち据ゑざら想の構文。浮舟を放置した悔恨。 一セ↓タ顔田一四三ハー注一一 0 の歌。 士しかば、いみじ / 、 , っキ、丗一に経と、も、 いかでかかならず深き谷をも求め出でま一 ^ ' つらい宇治川との因縁。「テ き」「うとましくと宇治川が同音。 うと しと、いみじううき水の契りかなと、この川の疎まし , っ思さるることいと朶 一九「水」「川」の縁で「深し」。 ニ 0 八の宮との親交以来、大君・ 中の君・浮舟に心惹かれてきたこ し。年ごろ、あはれと思ひそめてし方にて、荒き山路を行き帰りしも、今は、 とを一い , つ。、↓ 一一〇ハー一〇行。 こころう また、、い憂くて、この里の名をだにえ聞くまじき心地したまふ。 ニ一「憂し」に通する宇治の山里と いう地名。↓浮舟五五ハー一行。 ひとがた 宮の上ののたまひはじめし、人形とつけそめたりしさへゅゅしう、ただ、わ = = 中の君が浮舟のことをはじめ て言い出して、人形と呼んだこと あやま のち が過ちに失ひつる人なりと思ひもてゆくには、母のなほ軽びたるほどにて、後までも ( ↓宿木 3 〔 = 九〕 ) 。祓えの 後、川に流される「人形」が、不吉 うしろみ な運命を暗一小していたとする。 蛉の後見もいとあやしく事そぎてしなしけるなめりと心ゆかず思ひつるを、くは ニ三亡き浮舟の葬送。 ニ四 しう聞きたまふになむ、「いかに思ふらむ。さばかりの人の子にてま、、 。しとめニ四以下、浮舟の母の心中を忖度。 ニ五匂宮との秘事。 でたかりし人を、忍びたることはかならずしもえ知らで、わがゆかりこ、ゝ レし力なニ六自分の方 ( 薫 ) との関係で何か があったろうと。事実、母は正室 二の宮方を恐れていた。↓九三ハー。 ることのありけるならむとぞ思ふなるらむかし」など、よろづにいとほしく思 ニ 0 ふ かろ ひ そんたく

9. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

一以下、宇治の動静。女房の多 従をそ、例の、迎へさせたまひける。 、 6 くは、見切りをつけて退散。 めのと 一一侍従と右近の一一人。 皆人どもは行き散りて、乳母とこの人二人なん、とりわきて思したりしも忘 三浮舟が特に目をかけてくれた。 語 おと 四右近が乳母子であるのに対し 物れがたくて、侍従はよそ人なれど、なほ語らひてあり経るに、世づかぬ川の音 氏 て、侍従は後に仕えた。 こころう 源も、うれしき瀬もやあると頼みしほどこそ慰めけれ、心憂くいみじくもの恐ろ五例のないほど荒々しい宇治川 六以下、「慰めけれ」まで挿入句。 しくのみおばえて、京になん、あやしき所に、このごろ来てゐたりける、尋ね「祈りつつ頼みぞ渡る初瀬川うれ しき瀬にもながれあふやと」 ( 古今 六帖一一 l) 。浮舟の上京に期待。 出でたまひて、匂宮「かくてさぶらへ」とのたまへど、御心はさるものにて、 セ匂宮が、侍従を。 人々の言はむことも、さる筋のことまじりぬるあたりは聞きにくきこともあら ^ 私のもとに出仕せよ、の意。 九宮の配慮はありがたいが。 き一い むと思へば、うけひききこえず、后の宮に参らむとなんおもむけたれば、匂宮一 0 二条院の女房たち。 = 浮舟が中の君の異母妹であり 「いとよかなり。さて人知れず思しつかはん」とのたまはせけり。、い細くよるながら中の君の夫匂宮の情愛を受 けたという、複雑な関係に遠慮。 げらふ べなきも慰むやとて、知るたより求めて参りぬ。きたなげなくてよろしき下﨟一 = 明石の中宮への出仕を希望。 一三以下、侍従について。 そし 一四中宮方に縁故を求めて。 なりとゆるして、人も譏らず。大将殿も常に参りたまふを、見るたびごとに、 一五中宮への出仕では、その身分 から下﨟女房でしかない。 もののみあはれなり。いとやむごとなきものの姫君のみ多く参り集ひたる宮と 一六格式ある上流貴族の娘たち。 人も言ふを、やうやう目とどめて見れど、なほ見たてまつりし人に似たるはな宅浮舟ほど美しい人はいない意。 一 ^ 式部卿宮 ( 蜻蛉の宮 ) の薨去。 ↓一〇〇ハー一二行。 かりけりと思ひありく。 ふたり

10. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

うしろで 一五馴れてそれが普通と思うよう りとや思ひつらん、立ちてあなたに入りつる後手、なべての人とは見えざりつ。 になろう。若い女らしさを失う不 さやうの所に、よき女はおきたるまじきものにこそあめれ。明け暮れ見るもの都合さを難じ、禅師の関心を惹い て女の素姓を聞き出そうとする。 めな ふびん は法師なり。おのづから目馴れておばゆらん。不便なることなりかし」とのた一六以下、禅師が、宇治院に倒れ ていた女を初瀬帰りの一行が救っ 一六 まう はっせ た話を仄聞している趣。 まふ。禅師の君、「この春、初瀬に詣でて、あやしくて見出でたる人となむ聞 一セ宇治の山里。 きはべりし」とて、見ぬことなればこまかには一一 = ロはず。中将「あはれなりける天高貴な女が、事情があって山 里に隠れ住むうちに男に見出され 一七 る、昔物語の一類型。↓帚木田六 ことかな。いかなる人にかあらむ。世の中をうしとてぞ、さる所には隠れゐけ 七ハー・末摘花一四ハー。『細流抄』 は『住吉物語』を掲げる。中将の非 むかし。昔物語の心地もするかな」とのたまふ。 日常的な感動を導く。 またの日帰りたまふにも、中将「過ぎがたくなむ」とてお一九小野の邸に。 一巴翌日小野に寄って ニ 0 中将が帰途立ち寄るだろうと、 ニ 0 浮舟に贈歌妹尼返歌 はしたり。さるべき心づかひしたりければ、昔思ひ出でた食事の用意などをしている。 ニ一姫君在世中を思い出させるよ そでぐちニニ うな給仕役の少将の尼など。 る御まかなひの少将の尼なども、袖口さま異なれどもをかし。 しとどいや目に、 にびいろ 一三昔とは異なる鈍色 ( 尼衣 ) 。 習尼君はものしたまふ。物語のついでに、中将「忍びたるさまにものしたまふら = 三涙がちの目。亡き娘を思う。 一西なまじ中将に話して、浮舟の たれ ニ四 んは、誰にか」と問ひたまふ。わづらはしけれど、ほのかにも見つけたまひて近親者に伝わるのを懶る気持。 手 一宝中将が浮舟をかいま見たこと。 ニ六 ニ六亡き娘のことを忘れかねて、 けるを、隠し顔ならむもあやしとて、妹尼「忘れわびはべりて、いとど罪深う その執着がいよいよ罪障深いこと と思ってきたが、その慰めにと。 のみおばえはべりつる慰めに、この月ごろ見たまふる人になむ。いかなるにか、 一九