検索 - みる会図書館

全データから 29008件見つかりました。
世界 2016年08月号

核兵器を一新し、一一一一世紀まで核を持ち続ける。そういう政 策がオバマ大統領の下で打ち出され、すでに決定している。 リアルタイムで「人形劇」を見抜く 界 世長期計画でシナリオを決めている人たちがいる。おそらく 将来的に大統領として使えそうな人を何人も青田刈りし、そ の時々で使い分ける。バラク・オバマも上院議員になる前の、 相当早い段階で見込まれていたと思う。「そろそろ初の黒人 大統領という演出で芝居を打ったほうがいいよね」と、誰か が二〇年くらい前に考えたような気がする。黒人大統領が誕 生するというテレビドラマを先に放映して、そうやって慣ら していく。ヒラリー・クリントンの「史上初の女性大統領」 も同じで、演出を決める人たちは、初黒人と初女性のどっち を先にしようかなとデータを見ながら、世論を操作しながら、 判断したとばくは思 , つ。 シナリオ通りに動いているから、オバマは別に悪い人でも しい人でもない、人形劇のバペットというふうにばくは見る。 今回の広島訪問でそれがあぶり出された。 このことが見えちゃうと、大統領選でなぜトランプが人気 を集めているかもわかる。めちゃくちやでもいいから、とに かく言葉と行動が結びつくようなプレジデント、組織の操り 人形ではない大統領がほしい。 アメリカ国民はそれを本能的 に求めている。 特集 2 、 二大政党制においては共和党と民主党と常にグルで、本当 の権力は別のところにひそんでいる。みんなうすうすとは感 じて一いたけれど、それがオバマ大統領の八年間ではっきりし た。アメリカ史上初の黒人プレジデントなのに、黒人のため には何もしない。貧富の差に苦しむ黒人もヒスパニックも、 この人が大統領になったからといって、別に何も得していな 。世界平和のためにも、核廃絶のためにも彼は闘わない。 ブッシュ二世とオバマ、二人の八年間を比べると、ブッシ ュのほうが少々ましだったかもしれない。ブッシュに対して はいろいろな人が立ち上がって闘ったけれど、オバマは問題 を″オバラート″に包んでしまうから誰も抵抗しないし、言 っていることとやっていることが真逆だから議論もできない。 そういうアメリカの現状は、ひとりの有権者として恥ずか しいし、ここまで劣化するのは本当に危機的状況だ。 日本では参議院選挙そっちのけで、トランプが大統領にな ったらたいへんだと騒いでいる。すでに最悪の大統領が八年 近くやった結果、という詐欺まで出てきて、日本は国 家も一一一品も文化も失う危機に直面しているというのに。 トランプは興味深いことを言っている。わかりやすく通訳 すると「みかじめ料をもっと出さないと引き揚げるそ」。今 までは密室会議で行なわれた交渉を、彼はテレビカメラに向 かってしゃべる。 トランプには才能がある。メディアが潰そうとすると、潰

世界 2016年08月号

になった。その一七分の間、オバマに心を寄せてーー同時通般市民という、ばくの立ち位置で言えないことは何ひとつな 訳は批判的に考えてはダメ。完璧に相手をたてるしかない い。「デンゼル・ワシントン広島演説」でも「プラッド・ピ 必死でオバマになり切った。ふつうは、うまく訳せなか ット広島演説」でも、「アンジェリーナ・ジョリー広島演 ったり、はしよったりしたことをあとで思い出して反省して、 説」でもいい、男女問わずアメリカ国籍の成人であれば誰で 二日くらいは引きずるものだけれど、今回はそれがまったく も言えることの羅列が、最初から最後まで続いた。大統領な なかった。虚無感以外、何も残らなかった。 らではの発言はない。 オバマ大統領が岩国基地から飛んで来て、広島の資料館を 世界最大の軍隊をもつ、世界最大の核保有国のトップが、 ちょっと覗いて、そのトイレを借りたのか、あるいは記帳だ 「空から死が降ってきて世界が変わった。その閃光から人類 けすませて、平和公園で演説して、森重昭さんを抱きよせ、 が自滅する手段を手に入れたことがわかった」と言って古代 安倍首相の選挙用のツーショットに収まり、また岩国へ 史に立ち返り、人類はずっと殺し合ってきたという不正確な 帰って行った。トータルで五〇分の「訪問」だった。 世界史を語り、科学技術の進歩が破滅的なことを招く、科学 技術の進歩と一緒に人類の思想と倫理の進歩がなければだめ 「大統領演説」ではない だーーと他人事みたいに言う。 「オバマ米大統領広島演説」をきちんと読み解けば、実は 大統領として何かをするのかしないのか、それを言わなけ いろいろなことをくみ取ることができる。だからこれはひと れば大統領演説じゃない。 つの言語的証拠品だ。 オバマは、平和公園に「核のフットボール」を持ち込んで 演説からはっきり見えたことのひとつは、この人は大統領 いる。複数の核弾頭ミサイルも、一発の核ミサイルも、大統 じゃないということ。「オバマ米大統領広島演説 ( 全文 ) 」の領が核のボタンを押さない限り発射されない。大統領がホワ へタイトルを修正液で消して「アーサーの広島演説」にして、 イトハウスのシチュエーションルームにいないときは、側近 日ばくが広島の公民館で読み上げたとしても、何も問題ない。 が黒い鞄を持ち歩いていて、その中に発射コード、身分証明 ま、広島の人たちはばくの話をすでに聞いているかもしれな の手続き、手順書、発射装置などが入っている。それを俗に 何 マいから、「アーサー、どうしたの ? なんで無難な演説をす 「核のフットボール」と呼ぶ。核兵器が使われた場所に、核 オるんだろう」と首をかしげるかもしれない。でも米国籍の一 兵器を使う装置を持ち込んだのだ。「実はこんなもの持ち歩 特集 2

世界 2016年07月号

日没大 2 死マ 5 原オ 9 4 埣啄の機 今回のオバマ大統領の広島訪問は、二〇世紀最大のニュー スに選ばれた原爆投下から七一年目の、人類史の一時期を画 する出来事である。その意味と、これからの世界がどう変わ りうるのか、その展望について、被爆者そして広島という都 市の視点を中心に考えてみたい。 残念なのは、広島での日程が報道される度に、政治利用の 側面が強く打ち出されてきていることだ。それも、両国とも 七一年間きちんと整理して来なかった、あるいはできなかっ た懸案が絡んでいるため、かなり複雑な様相を呈している。 核なき世界 実現のための 、当、一里塚として オバマ大統領 莎広島訪間の先を考える しかし、政治利用が浮かび上がるにしても今回の訪問が重要 であることを、まとめておきたい。 今回、多くの人々の長年の夢だった米国大統領の広島訪問 そったく が実現したのは、 - 日米両サイドが埣啄の機を捉えて努力した からだ。まず日米両サイドのプレーヤーを定義しておきたい。 米国側では、オバマ大統領周辺はもちろん、様々な分野で 広島訪問実現のために尽力した人たちをまとめて「オバマ集 団」と呼ぶ。日本側では、オバマ大統領の来広を望む被爆者 や広島市民等の略称として「歓迎集団」を選んだ。 これらのチームに対抗する米国側の勢力としては、軍産複 合体のみならず、第一一次世界大戦当時の価値観を持ち続けて あきば・たたとし元広島市長。 一九四ニ年生まれ。東京大学大学院修了。 ーで博士号。ニューヨーク州立大、タ フツ大、広島修道大学、広島大学などで教 鞭を執る。一九九〇年、衆議院議員に ( 三 期 ) 。九九年、広島市長に ( 三期 ) 。著書に「ヒ ロシマ市長』 ( 朝日新聞出版 ) 、「新版報復 ではなく和解をーー広島から世界へ」 ( 岩波 現代文庫、 ニ 0 一五 秋葉忠利 年 ) など。 世界 SEKAI 2 0 16.7

世界 2016年07月号

の民主主義のあり方に対する、広汎な民衆の不満と反発が、 半は荒廃し、全米第二位の危険都市にランクされ続けている。 そして、廃墟と化した駅舎や病院、美術館が「都市再生ッ職業政治家と縁の遠い候補者たちを、大統領候補に押し上げ しいかえてもよい ているのである。それを大衆の反逆と、 アー」の目玉商品と化して、凄惨な醜悪ぶりを晒しものにし リーマンショックから七年有余、三度にわたる金融量的緩 ている。「ものづくり」で米国の経済基盤をつくり上げた繁 和とゼロ金利政策が効を奏し、大統領選挙を前に市場は活況 世栄の日々は、昨日の世界に消えたままだ。 を取り戻したと報道される。確かに失業率は五・〇 % まで改 民衆の反逆 善した。しかしその陰で、若者の非正規雇用が増え、所得と そして三つ目の衝撃は、首都のワシントンに入って見た大資産の格差が拡大し、景気回復の実感は、中間層以下の民衆 に広がっていない。 統領選挙の異様な光景だ。 しかも貧富の差が、グローバル企業や金持ちたちによる租 この半世紀、ほとんどの大統領選挙を現地で取材した私に とって、見たこともない大統領候補者たちの光景が広がって税回避地 ( タックス・ヘイプン ) への税金逃れによって、特に リーマンショック後、加速されてきた。その実態が、バナマ いる。既存政治を罵倒する共和党候補で富豪のトランプも、 文書で明らかにされている。 民主党候補で「社会主義ーを標榜するサンダースも、党員歴 「イエス、ウィー・キャン」「チェンジ ! 」を絶叫してホワ を持っていない。 イトハウス入りしたオバマ大統領の下でも、格差は縮まるこ 共和党有力候補だったランド・ポールは小児眼科医、べ となく広がっている。そのため、八年間のオバマ政権への失 ン・カーソンは黒人の神経外科医で、ともに ( 二月と三月に撤 退したが ) 既存政治家とは異質な出自だ。トランプを追い切望感が、若者や広汎な市民層に広がっている。 大衆の反逆の源は、二つのキャピタルーーー資本と首都 れず五月に撤退したテッド・クルーズは、ワシントン政治を のありようにある。それが今、米国大統領選挙の潮流をつく バーティー ) 」の代表候 非難する草の根保守、「茶会 ( ティー・ っている。 補である。伝統的共和党主流派からほど遠い政治家だ。 一つは、カネがカネをつくる金融カジノ資本主義への反発 いったい米国政治に何が起こっているのか。 である。それがつくり加速させる超格差社会への反逆である。 つめていえばそれは、既存政治のあり方そのものに対する 二つは、連邦議会と大統領府に象徴される首都ワシントン 民衆の反発と反逆である。デモス ( 民衆 ) のクラティア ( 権 カ ) としてのデモクラシーが、十分に機能していない。今日特別区で展開される政治に対する反発と反逆である。それが、

新潮45 2016年08月号

の利権を切り売りし、私腹を肥やした貴を急いだ。鄧小平が年かけてやったこキーの石油大手ュコスは追徴課税によっ とを、数年でやろうとしたのである。 て破産に追い込まれ、国有化された。 族・官僚・資杢豕・地主勢力の一掃と、 国営企業は外資や新興財閥に切り売り 2 期 8 年の大統領任期を終えたプーチ 土地国有化による貧困の撲滅だった。 かせん レーニンの後継者と目された赤軍司令された。新興財閥はロシア語で「寡占」ンは、側近のメドベージェフに大統領職 官トロッキーは、ロシア革命を欧州に拡を嶸する「オリガルヒ」と呼ばれた。 を譲り、その下の首相として実務を担当 その一方で、大量の公賣が解雇され、した。プーチン再登板を求める世論は衰 大して世界革命を起こせると夢想した。 ソ連共産党の人を握る書記長スタ年金制度も崩壊した。ソ鶯代には擁萪えず、 4 年後には大統領として返り咲い ーリンは、ソヴィエト・ロシアの強大化だった医療も教育も有料となり、貧困層た。貴族勢力との闘争に疲れたイワン 4 をめざすリアリストであり、それが自らが激増した。治安が亜花し、チェチェン世が「引退」し、モスクワ市民の要請を 独立運動が激化した。 受け人れて「」したのと似ている。 の権力基盤を強化すると信じていた。 これがロシア式民主主義ともいうべき レーニンの死後、党内抗争に勝利した国家の危機に直面したエリツインは、 スターリンは、トロッキーと彼につなが 旧ソ連時代のを継承する情報機関もので、専制君主が人民と強く結び付く。 る同志たちを、秘密警察を使って次々にに頼った。有能な情報部員として石油価格の下落、。ハナマ文書の公開も、 葬った。罪状は、はじめは「人民の敵」、頭角を現したプーチンは、初代長プーチン政権を揺るがすほどのダメージ ドイツとの戦争が始まると「敵のス。ハ官としてエリツインを支え、ついにはそは与えていない。大統領任期は 4 年から イ」となった。レーニン時代にはまだ残の後里旧にされて大統領に当選した。 6 年に延長されたので、次の選挙で再選 敵対勢力の暗殺も辞さないプーチンのされれば、プーチンの任期は 2024 年 っていた私企業もすべて国有化された。 政治手法は仕込みの強権的なものまでとなる。恐るべき長期政権だ。 ロシア式民主主義 だが、民衆は熱狂した。プーチンが、エ トランプ現象 間年後、莫大な財政赤宀子と、老朽化しリツイン政権時代の腐敗にメスを人れ、 最後にアメリカ大統領選挙について、 た国営企業、勤労亠を失った人々を残オリガルヒのトップを追い詰めたからで ある。石油王ホドルコフスキーは容本稿のテーマに即して簡単に触れよう。 して、ソヴィエトは崩壊した。 アメリカ大統領選挙とは、 4 年に 1 度、 新生ロシアの指導者エリツイン大統領疑で逮捕され、メディア王べレゾフスキ は、市場経済と外資導人による経済再建ーはロンドンに亡命した。ホドルコフス血を流さずに「ガラガラボン」を行うと August 2016 222

世界 2016年07月号

ョアン・ゴラール大統領を倒した一九六四年三月末の軍事ク 弾劾の根拠が乏しいがゆえの意図的世論 社会に押し付けた。 " ーデターだった。軍政は一一一年続き、八五年に民政が復活。 操作だった。贈収賄事件に関与しながら追及を免れたい多く 九四、九八年の選挙では社民党のフェルナンド・カルドーゾ の国会議員、および司法機関は駒のように動いた。財界から 選挙資金をもらう議員たちは、この時とばかり暗躍、法的根が勝ち、政権を一一期八年担った。その間、大統領連続一一選を 可能にする改憲がなされた。次いで労働者党のルイス = イナ 拠を度外視して「弾劾裁判」という最終的手段に持ち込み、 シオ・ルーラⅡダ・シルヴァ ( 七〇 ) が二〇〇二年、出馬四 大統領は為す術なく政権から切り離された。弾劾判決は早け れば八月ごろの見通しで、ルセフ復権は困難と見られている。度目の大統領選挙で社民党候補を破って初当選。〇六年に再 国外の要因は、ラ米での影響力再建を目指す米国がルセフ選され、二期を全うした。作業中の事故で左手小指を失った 叩き上げの労働者ルーラは、〇三年元日からの施政で、前政 第一期政権期から政権打倒を狙って〈遠い接近〉戦略をとり、 権の新自由主義を踏襲しつつ社会政策を重点的に実施、また 伯支配勢力と連繋したこと。およびアルゼンチン ( 以下「亜 ( 国ご ラ米統合を目指す進歩的外交を展開した。 とする場合あり ) で昨年一一一月、保守・右翼勢力を代表する財 ポルトガル植民地時代から続く弱肉強食の支配体制が本質 界人政治家マウリシオ・マクリ ( 五七 ) が政権に就き、二代三期 的には変わらないプラジルは、世界で最も貧富格差の激しい 一二年続いたキルチネル夫妻のペロン派左翼政権に終止符を 国の一つだが、ルーラは貧困層三六〇〇万人を「新中間層」 打ったことである。時を同じくして昨年一二月のベネズエラ に引き上げるなど、貧困問題軽減で一定の成功を収めた。保 国会議員選挙で保守・右翼野党連合 ( 民主連食 ) が圧 守的なこの国で「左翼の象徴」ルーラが政権を維持できたの ハ勝、ニコラース・マドウーロ現大統領のチャベス派政権と国 ねじ ラ は、片脚を支持基盤の労農連と市民運動に、もう片方を 会の間に解き難い捻れと深い亀裂が生じた。チャベス・ベネ プ アグロビジネス た ズエラ政権 ( 一九九九ー一一〇一三 ) を旗頭に一一一世紀初頭の十数農業関連産業、金融など財界に置き均衡を維持しつつ、支配 下年を支配したラ米左翼・進歩主義路線の潮流が初めて強い逆階層の利権を侵さず太らせると同時に貧困大衆層に富を分配 リズモ する「ルーラ路線」を展開、それが好況と国会での多数派工 流に遭い、潮目でもがき始めたのだ。米国と伯支配階層は勇 に み立ち、ルセフを弾劾に一気に持っていくエネルギーを得た。作に支えられてうまく運んだからだ。経済は主要輸出品であ 国 る一次産品の価格上昇による好況が続き、政権最終年の一〇 共 ルーラ労働者党政権 ナ 年には七・六 % の成長率を記録した。 ナ 二〇世紀後半のプラジル政治の最大の転機は、改革派のジ だが多数派工作には無理もあり、多額の〈月極手当〉を国 ロ メンサラン

世界 2016年08月号

8 きたくないんだ。バカバカしいだろ、時代遅れだよね。おれ は何があってもこれを使うつもりはないよ」とでも言えば、 大統領の発言になるのに、「核のフットボール」を持ち込み ながら、ダレデモ・ビナードかデンゼル・ワシントンあるい 世はプラピとアンジー程度の話に終始した。 翌朝、朝日新聞大阪本社版の一面の見出しは「『核なき世 界』改めて訴え」だった。これを書いた記者はこっそり気づ かれないよう、でもいちおう頑張って抵抗したと思う。抵抗 の証はこのカギ括弧で、要するに記者本人がオバマの言葉を 真に受けてはいない。「改めて」は、たぶん二〇〇九年四月 の「プラハ演説」を指している。とすると、見出しの文言を 言い換えるなら「核なき世界なんちゃって、忘れたころにま た」となる。ただ、問題は大統領という立場にいる人には、 「訴え」という日本語を使うのはおかしい。訴えることがで きるのは市民団体のメンバーとか、権力も影響力もない詩人 とか、一般市民。大統領は、権力を持っているんだから、 「やる」人でなきやおかしい。あるいは「取り組む」「打ち出 す」人。「訴え」るという見出しはオバマが大統領ではない 証拠、そのことを朝日新聞は図らずも示している。 実験的に、「プーチン大統領広島演説」に置き換えてみよ う。プーチン大統領はこんな暇な、こんな無難な、きれいご とだけ並べる演説はしないだろうと思う。なぜなら、プーチ ン大統領は権力を握っている本当の大統領だから。 持集 2 プーチンとオバマの違いは、片方は本当の大統領、もう片 方はプレジデントのイメージキャラクターにすぎないという こと。それが広島で火を見るよりも明らかになった。その意 味で、ちゃんと読み解けば、有意義なオバマ広島訪問だった といえる。 「広島演説」ではない タイトルと中身を点検して、もうひとつわかることは、こ れは「広島演説」じゃないということ。ばくは同時通訳をし たあと、隈なくチェックしてみた。広島で思いついた言葉は そこには一つもなかった。広島からわいてきた言葉もゼロ。 「広島所感」というタイトルをつけたメディアもあったけれ 広島という「所」で「感」じたものはい ど、それは間違い。 っさいない。既製品としてすでに岩国演説の前に脚本が全部 出来上がっていた。それをおしつけがましく「広島」の名で、 知ったふうに人類の暴力の歴史を語っているだけ。その歴史 も間違っている。だから実際は、「誰でもどこでもインチキ ヒストリー演説」。 オバマは最初のほうで、こう語った。 "ArtifactsteIIusthat violentconflictappea 「 ed with the ve 「 y 6 ョ man. ' 考古学の出土品 をみれば、暴力が使われる組織的な殺し合いが、人類の始ま りと同時に開始されたことがわかる。私たちの先祖は火打石 で刃物をつくり、木でやりをつくり、これらの道具を同じ人

世界 2016年08月号

かも見通したうえで、投下した。長崎を見つめれば、歴史の 8 八月九日、そして八月一五日と、カレンダーを真に受けると 定説は崩れるし、広島ペテン演説も成立しない。だからオバ 騙されるけれど、実は長崎と戦争の終わりには何の関係もな マは長崎には絶対に行かない。 。むしろ、長崎に落としたプルトニウム弾の開発が当初の 予定より遅れ、なかなか実験にこぎつけないまま、一九四五 計算されたオバマの立ち位置 世年一月の納品期限が延びて延びて延び過ぎて、ムソリーニも オバマ大統領はなぜ平和公園のあの位置に立ったのか。 とっくに首を括られてヒトラーも匙を投げて、日本という餓 広島市民以外は気づいていないかもしれないけれど、原爆 死寸前の無力な島国だけが残る中、莫大な予算を使い込んだ 資料館がオープンし原爆死没者慰霊碑が建てられて以来、毎 ことを正当化するために、また人体実験と世界支配のからく 年八月六日の平和記念式典だけでなく、だれかが広島の地で りをすべて正当化するために、どうしても戦争が終わる前に 演説したり挨拶したりするときは、必ず慰霊碑の前に立った。 落とさなければいけなかった。沖縄戦で一カ月、二カ月と引 ローマ法王ヨハネ・バウロⅡ世もそうだったはず。その立ち き延ばして、やっとプルトニウム弾が完成した。それを七月 位置からは、核廃絶の日が来たときに消す「平和の灯」を通 一六日にアメリカのニューメキシコ州で実験してアメリカの って、一直線に原爆ドームと広島城につながっている。慰霊 貧乏人を被爆させてから、長崎へ。だから正しくは "The ・ Wo 「一 d War that was d 「 awn 0 ミ and p 「 olonged to allow the 碑とつながる位置に立っことに議論の余地はない。ところが 「長崎 オバマ大統領は、献花の花輪を南から見て慰霊碑の右にずら completion and use of the Nagasaki plutonium bomb" して置き、本人はなぜか階段を降りたところの左端に立って 型プルトニウム弾を投下するために意図的に長引くように仕 演説した。なぜならこの立ち位置で正面から撮った写真を見 掛けられた第二次世界大戦」、それが史実。 大日本帝国を敗北に追い込むために長崎の原爆投下が必要ると、慰霊碑は映らないからだ。原爆の威力を示す原爆ドー ムの丸い頭とホワイトハウスの威力を示すマスコットの丸い だったかを冷静に考えると、そうだ、必要だったとは誰も言 えない。もちろんオバマ大統領も言えない。原爆が投下され頭が重なる ( 一一六頁の写真参照 ) 。 オバマ大統領の立ち位置をめぐって、ホワイトハウスは原 たのは八月九日一一時二分。その日の未明にソ連軍はすでに 爆ドームの前を主張したが、セキュリティ上、無理だった。 満州への侵攻を開始していて、午前中の御前会議で日本のポ ではどこでやるか。慰霊碑の前には立ちたくない。慰霊碑中 ツダム宣言受諾もほば決まっていた。アメリカ政府はなにも 特集 2

世界 2016年08月号

を謝ー オバマは何しに日本へ ? 。米日第でぼ気五詩健心受い数 , りイ第、本童を、多 ま学年社こセの賞山 ( 賞カど ビナード 州ト来偲 = 一絵本な亂 ガ年をは日 シ丿 0 めて べ社ーが ミ州四を当 受館英全さ出訳島 ⅲ国ク。作り 米一業詩釣賞だ像 年ョ卒の「也例塚 7 一部で集中」カ れ 6 ュ学語詩原り竜「文 。若 0 四ニ文本一中こ「福集吉社賞 ( 2 ときどき「入館料ーより「家賃」を払うべきだなと思えるほ 二〇一六年五月二七日、オバマ大統領が広島を訪問したと き、ばくは地元の中国新聞系のテレビとラジオの特番に、解ど、半分住んでいるような生活になるばくは、それでもまだ 見切れていない。だから、オバマ大統領であっても二〇分は 説者として出演していた。 最低いるかなと思い、その間の解説用に、広島の体験者への 山口県の岩国米軍基地での演説をいったん済ませてから五 事前インタビューなどいつばい準備をしていた。レポーター 〇分ほどたったタ方五時ごろ、オバマ大統領は大統領専用へ がスタジオにマイクを戻してくれたので喋り出した。いよい リコプターで広島へ運ばれた。オスプレイ四機をまわりには べらして。そのあと平和記念公園に向かい、安倍首相と一緒よ解説が盛り上がってきたそのとき、レポーターが叫んだ。 「たったいま出て来ました、オバマ大統領が出て来ました」。 に広島平和記念資料館に入っていった。 その間、翌日の新聞には一〇分と書かれてあったけれど、ば 中にいる間はメディアも取材できないから、ばくの解説の くの感じでは七分だった。 時間。広島の資料館にはばくは仕事のことでたびたび入りび 献花のあと、演説が始まった。同時通訳をばくがする羽目 たって、学芸員のみなさんにはいつばいお世話になっている。 持集 2 世界 SEKAI 2016 、 8

世界 2016年07月号

有産層が街頭支配 ルーラ政権期にできた「新中間層」は二〇一三年半ば、公 共交通機関運賃の値上げに抗議、これが全国的な抗議行動に 発展した。ルセフは予定していた訪日を中止する。この抗議 運動を境にルセフの威信は陰ってゆく。不況による予算不足 で交通機関だけでなく教育や保健も十分に機能しなくなり、 社会政策を依然頼りにする「新中間層」、特に若者層は裏切 られたと感じた。「新中間層」から再び貧困層に逆戻りする 人々も少なくなかった。 注目すべきは、抗議行動が早い段階で「ルセフ打倒」デモに 変質したこと。豊かな上、財界から支援された支配階層がプ ラジル国旗を掲げ、黄・緑・青の国旗の色のシャツをまとい 大挙して繰り出し、政権打倒という明確な戦略の下で街頭行 動の主導権を握ったのだ。彼らは国歌を合唱、抗議行動の〈正 ハ統性〉を主張した。メディアは彼らの言動を熱心に伝えた。 ラ 動員は富裕な南東部諸州で際立ち、ほとんどが白人だった。 プ た 彼らは「メンサラン」事件発生時、「反ルーラ」で結集した保 下守・右翼青年集団に始まり、大学生の間に根を張って、一三 年半ばには富める市民層を大量動員できる態勢を整えていた。 に これに対し、労働者党を支える労連や「土地無し」農連な 国 和ど伝統的な左翼運動体は、未組織の「新中間層」の反逆と、 ナ 台頭した支配階層の動員力に挟まれ、事態に対処できなくな ナ っていた。労働者党政権は施政一〇年の節目にあったが、 ロ 〈我が世の春〉を謳歌していた伝統的左翼組織は危機感と即 応動員能力を失っていたのだ。 ライバル労働者党から政権を奪回したい社民党はルーラに 二度、ルセフに一度敗れており、四連敗は避けたかった。ル セフが一四年に勝ち一一期を全うし、一八年の選挙にルーラが 出馬する。これは誰もが知る労働者党の戦略だ。国軍上層部 をも含む支配階層は、その流れを断ち切りたかった。その思 、は、バラク・オバマ大統領の米政権も同じだった。 オバマの対ラ米戦略 二一世紀初頭の米外交は、「同時多発テロ」事件発生で、 ラ米が疎かになった。その隙を突くかのように一大産油国ペ ネズエラの大統領ゥーゴ・チャベスが潤沢な石油資金を用い てラ米・カリブ諸国に勢力を拡げた。ブッシュ ( 息子 ) 政権は 一一〇〇一一年四月、政権奪回を狙う・ヘネズエラの伝統的支配階 層による軍事クーデターを支援したが、奇蹟的に復権したチ ヤ・ヘスは「反ブッシュ」を全面に掲げ対決。アルゼンチンで 一一〇〇五年に開かれた第四回米州首脳会議で、米国が「米州 単一市場」結成のため主唱した「米州自由貿易地域」 創設案を、当時の亜国大統領ネストル・キルチ ネル、伯大統領ルーラと謀って葬った。ジョージ・ブッシュ ( 息子 ) 大統領は並み居る首脳たちの眼前で「歴史的屈辱」を 味わわされた。これが米政府のトラウマとなり、オバマ政権 に引き継がれた。構想は、東西冷戦終結期の一九八 アルカ