検索 - みる会図書館

全データから 212050件ヒットしました。

世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)


中 公 新 書 ラ ク レ 202 中 央 公 論 新 社 世 界 の 日 本 人 ジ ョ ー ク 集 早 坂 隆

世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)


6 方 ″ 々 0 S わ あ 、 ん ) 早 坂 隆 世 界 の 日 本 人 202 ジ ョ ー ク 集 0 】 中 公 新 書 ラ ク レ

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


【 参 考 文 献 】 『 長 安 か ら 北 京 へ 』 司 馬 遼 太 郎 ( 中 公 文 庫 ・ 1979 年 ) 『 東 京 ア ン ダ ー ワ ー ル ド 』 ロ バ ー ト ・ ホ ワ イ テ ィ ン グ ( 角 川 書 店 ・ 年 ) 『 戦 略 の 本 質 』 野 中 郁 次 郎 他 ( 日 本 経 済 新 聞 社 ・ 年 ) 『 危 機 の 宰 相 』 沢 木 耕 太 郎 ( 魁 星 出 版 ・ 2006 年 ) 『 現 代 中 国 の 産 業 』 丸 川 知 雄 ( 中 公 新 書 ・ 2007 年 ) 『 鷲 の 人 、 龍 の 人 、 桜 の 人 』 キ ャ メ ル ・ ヤ マ モ ト ( 集 英 社 新 書 ・ 2 7 年 ) 『 金 融 大 崩 壊 』 水 野 和 夫 ( 出 版 生 活 人 新 書 ・ 年 ) 『 世 界 の 潮 流 の 読 み 方 』 ビ ル ・ エ モ ッ ト 新 書 ・ 年 ) 『 プ ラ ッ ク マ ネ ー 』 須 田 慎 一 郎 ( 新 潮 社 ・ 2 c c 8 年 ) 『 健 全 な 組 織 は 価 値 観 の 経 営 を 目 指 す 』 田 村 均 ( 生 産 性 出 版 ・ 年 ) 『 日 本 辺 境 論 』 内 田 樹 ( 新 潮 新 書 ・ 2009 年 ) 『 変 わ る 世 界 、 立 ち 遅 れ る 日 本 』 ビ ル ・ エ モ ッ ト 新 書 ・ 2010 年 ) 『 そ う だ っ た の か ! 中 国 』 池 上 彰 ( 集 英 社 文 庫 ・ 2010 年 ) 『 デ フ レ の 正 体 』 藻 谷 浩 介 ( 角 川 新 書 ・ 2010 年 ) 『 「 水 」 の カ 、 「 土 」 の カ 』 小 林 久 / 鈴 木 誠 ( 生 産 性 出 版 ・ 2010 年 )

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


版 「 世 界 文 学 全 集 」 に 、 「 解 説 」 を 新 潮 社 版 「 梅 崎 春 生 全 集 4 」 人 文 書 院 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 詩 人 の 肖 象 」 を 中 央 公 論 社 版 「 日 本 の に 、 「 解 説 」 を 旺 文 社 文 庫 「 硝 子 戸 の 中 」 ( 夏 目 漱 石 ) に 、 「 源 氏 物 詩 歌 室 生 犀 星 」 に 、 「 評 伝 . を 角 川 書 店 版 「 カ ラ ー 版 日 本 の 詩 集 語 の 世 界 ー を 世 界 文 化 社 版 「 日 本 歴 史 シ リ ー ズ 4 ・ 王 朝 貴 族 」 に 収 Ⅱ ・ 立 原 道 造 詩 集 」 に 、 「 解 説 ー を 河 出 書 房 新 社 版 「 日 本 文 学 全 集 録 。 三 月 、 「 古 今 集 の 歌 一 首 ー を 「 短 歌 」 に 、 六 月 、 「 「 死 の 影 の 下 Ⅱ の 3 ・ 今 昔 物 語 」 ( 豪 華 版 ) に 収 録 。 五 月 、 「 誤 植 の 話 」 を 「 群 像 」 に 」 の 出 版 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 「 万 葉 集 の 恋 歌 」 を 「 マ ド モ ア ゼ に 、 「 私 の 仕 事 の 拠 り ど こ ろ 」 を 「 帖 面 」 に 発 表 。 翻 訳 「 幻 想 詩 篇 ル 」 に 連 載 ( 四 十 三 年 三 月 ま で ) 。 「 解 説 」 を 未 来 社 版 「 豊 島 与 志 雄 そ の 他 」 ( ネ ル ヴ ァ ル ) を 平 凡 社 版 「 世 界 名 詩 集 貶 」 に 収 録 。 六 著 作 集 1 」 に 収 録 。 七 月 、 「 頼 山 陽 」 を 「 中 央 公 論 」 に 連 載 ( 八 月 月 、 「 駿 遠 ド ラ イ ヴ 散 歩 記 」 を 「 ミ セ ス 」 に 、 「 金 の 苦 労 」 を 「 風 景 」 ま で ) 。 「 紫 式 部 と 源 氏 物 語 」 を 「 太 陽 」 に 発 表 。 「 徳 川 家 斉 」 を 世 に 、 「 騒 音 禍 」 を 「 新 評 」 に 、 「 近 代 日 本 を 理 解 す る た め に 、 私 の 一 界 文 化 社 版 「 日 本 歴 史 シ リ ー ズ 巧 ・ 文 化 文 政 」 に 収 録 。 八 月 、 「 遠 冊 ー を 「 展 望 」 に 発 表 。 「 頼 家 の 人 々 」 を 「 世 界 」 に 連 載 ( 十 一 月 隔 感 応 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 十 月 、 「 金 の 魚 ー を 「 文 芸 」 に 連 載 ま で ) 。 評 論 集 「 源 氏 物 語 の 世 界 」 ( 新 潮 選 書 ) を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 ( 十 一 一 月 ま で ) 。 「 萩 原 朔 太 郎 」 を 読 売 新 聞 社 版 「 近 代 日 本 の 文 豪 2 」 七 月 、 「 水 の 踊 り ー ( 連 作 長 篇 の 一 章 ) を 「 群 像 」 に 、 「 革 命 の 前 と に 収 録 。 十 一 月 、 「 批 評 の 面 白 さ 」 を 「 風 景 」 に 、 「 人 生 の 三 楽 ー を 後 ー を 「 文 学 界 ー に 、 「 夏 服 の 感 覚 」 を 「 新 評 」 に 発 表 。 「 中 村 真 一 「 新 潮 」 に 、 「 洛 西 ・ 水 尾 千 年 の 孤 独 な 山 村 」 を 「 旅 」 に 発 表 。 「 フ 郎 ・ 福 永 武 彦 集 」 ( 日 本 文 学 全 集 町 ) を 集 英 社 よ り 刊 行 。 「 フ ォ ー ク ラ ン ス の 精 神 風 土 」 を 河 出 書 房 版 「 世 界 の 旅 9 」 に 、 「 短 篇 小 説 の ナ ー と の 出 会 い 」 を 冨 山 房 版 「 フ ォ ー ク ナ ー 全 集 」 に 収 録 。 八 月 、 読 み 方 」 を 筑 摩 書 房 版 「 日 本 短 篇 文 学 全 集 」 別 冊 「 短 篇 へ の 招 待 」 「 死 の 偶 然 」 を 「 文 学 界 , に 、 「 「 黙 坐 消 遣 集 」 の こ と 」 を 「 山 の 樹 」 に 収 録 。 「 女 性 ノ ー ト 」 ( 銀 河 選 書 ) を 大 和 書 房 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 に 、 「 観 光 型 」 を 「 新 評 」 に 、 「 豚 に 真 珠 」 を 「 魚 菜 」 に 、 「 作 品 の 「 立 原 道 造 ー を 筑 摩 書 房 版 「 詩 の 本 3 ・ 詩 の 鑑 賞 」 に 、 「 堀 辰 雄 と 四 背 景 ( 「 雲 の ゆ き 来 」 ) 」 を 「 東 京 新 聞 」 日 に 、 九 月 、 「 江 戸 の 漢 詩 」 条 派 」 を 読 売 新 聞 社 版 「 日 本 の 近 代 詩 」 に 収 録 。 を 「 伝 統 と 現 代 ー に 、 「 雲 の ゆ き 来 ( 舞 台 再 訪 ) 」 を 「 朝 日 新 聞 」 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 五 十 歳 日 に 発 表 。 「 文 学 と 人 生 ー を 「 新 潮 日 本 文 学 月 報 」 に 連 載 ( 現 在 継 一 月 、 「 宇 佐 の 幻 想 」 を 「 潮 」 に 発 表 。 「 菅 原 道 真 」 を 世 界 文 化 社 版 続 中 ) 。 十 月 、 「 江 戸 後 期 の 知 識 人 ー を 「 文 学 界 」 に 連 載 ( 四 十 四 年 「 日 本 歴 史 シ リ ー ズ 3 ・ 平 安 京 」 に 、 「 立 原 道 造 ・ 人 と 作 品 」 「 解 七 月 ま で ) 。 円 地 文 子 と 三 浦 朱 門 と の 「 創 作 合 評 」 を 「 群 像 ー ( 十 一 一 説 」 を 新 潮 社 版 「 日 本 詩 人 全 集 」 に 収 録 。 一 一 月 、 随 筆 集 「 私 の 百 月 ま で ) に 、 「 温 故 と 開 発 の 地 ・ 倉 敷 市 」 を 「 太 陽 」 に 、 「 秋 と 文 明 」 章 」 ( 桂 芸 術 選 書 ) を 桂 書 房 よ り 刊 行 。 「 二 人 の 前 衛 小 説 家 ー を 集 を 「 新 評 」 に 発 表 。 長 篇 「 金 の 魚 」 を 河 出 書 房 新 社 よ り 、 角 川 文 庫 英 社 版 「 世 界 文 学 全 集 」 に 、 「 横 光 利 一 伝 」 「 解 説 」 を 文 藝 春 秋 版 版 「 芥 川 龍 之 介 の 世 界 」 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 小 説 高 見 「 現 代 日 本 文 学 館 」 に 収 録 。 三 月 、 「 火 の 祭 り 」 ( 連 作 長 篇 の 一 順 」 を 「 新 潮 , に 、 「 近 代 化 」 を 「 新 評 」 に 、 「 生 き が い を 求 め る こ 章 ) を 「 群 像 」 に 、 「 私 の 書 斎 」 を 「 室 内 」 に 、 「 私 の 動 物 記 」 を と が 生 き が い 」 を 「 随 筆 」 に 発 表 。 「 猛 烈 な 人 」 を 中 央 公 論 社 版 「 折 「 東 京 新 聞 ー タ 刊 日 に 発 表 。 翻 訳 「 繻 子 の 靴 」 ( ク ロ ー デ ル ) を 口 信 夫 回 想 」 に 収 録 。 こ の 年 、 サ ン ケ イ 新 聞 の 「 文 芸 時 評 」 を 担 当

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


冊 文 藝 春 秋 ) 。 七 月 、 「 東 海 村 見 物 記 」 ( 中 央 公 論 ) 。 九 月 、 「 誰 を 方 「 文 学 者 と 政 治 家 」 ( 東 京 新 聞 ) 。 鈴 木 大 拙 と の 対 談 「 諸 行 無 常 」 ( 世 舟 に 残 す か 」 ( 新 潮 ) 。 「 映 画 と 文 学 」 ( 文 庫 ) 。 「 怪 人 物 」 ( 読 書 新 界 ) 。 五 月 、 「 見 直 そ う 『 北 海 道 辷 ( 毎 日 新 聞 ) 。 長 編 「 貴 族 の 階 段 』 聞 ) 。 文 庫 「 流 人 島 に て 』 〈 駒 田 信 一 一 解 説 〉 ( 角 川 書 店 ) 。 十 月 、 「 独 ( 中 央 公 論 社 ) 。 短 編 集 『 地 下 室 の 女 神 』 ( 新 潮 社 ) 。 六 月 、 「 あ 裁 者 と 共 に 」 ( 文 学 界 ) 。 「 甘 い 商 売 」 ( 別 冊 文 典 春 秋 ) 。 十 一 月 、 「 好 る い は 0 的 自 伝 」 ( 群 像 ) 。 「 諸 行 無 常 の は な し 」 ( 浄 土 ) 。 「 書 き 歩 色 一 代 男 」 ( 岩 波 書 店 『 日 本 古 典 文 学 大 系 ・ 西 鶴 集 〈 上 〉 』 月 報 ) 。 十 き 一 週 間 」 ( 文 学 界 ) 。 七 月 、 「 『 ゴ ジ ラ 』 の 来 る 夜 」 ( 日 本 ) 。 「 前 宣 二 月 、 杉 並 区 上 高 井 戸 五 の 一 一 一 五 六 公 団 住 宅 五 四 〇 一 に 転 居 。 「 あ 伝 と 自 分 の 感 動 」 ( 毎 日 新 聞 ) 。 九 月 、 「 新 し き 『 三 人 姉 妹 』 の 蜚 」 ( 新 潮 ) 。 「 静 か な る 緊 張 ー だ ん ま り の 面 白 さ 」 ( 毎 日 新 聞 ) 。 「 政 治 家 さ っ て 会 」 ( 群 像 ) 。 「 魔 術 師 に な る な 」 ( 朝 日 新 聞 ) 。 四 十 六 歳 の 文 章 」 ( 世 界 ↓ 三 十 五 年 四 月 ) 。 昭 和 三 十 三 年 ( 一 九 五 八 ) 四 十 八 歳 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 一 月 、 「 良 妻 賢 母 」 ( 中 央 公 論 ) 。 「 鶴 の ド ン ・ キ ホ ー テ 」 ( 新 潮 ) 。 一 月 、 「 快 楽 」 ( 新 潮 ↓ 三 十 九 年 十 一 月 、 未 完 中 絶 の ま ま ) 。 「 神 の 「 科 学 と 文 学 」 ( 文 学 界 ) 。 「 国 民 性 と 民 族 性 」 ( 毎 日 新 聞 ) 。 一 一 月 、 「 歯 車 」 ( 別 冊 文 藝 春 秋 ) 。 「 人 間 を さ さ え る も の 」 ( 在 家 仏 教 ) 。 三 復 活 を 歓 迎 す る 」 ( 婦 人 公 論 ) 。 「 団 地 の 春 」 ( 朝 日 新 聞 ) 。 一 一 月 、 「 エ ロ テ ィ シ ズ ム の 政 治 学 」 ( 中 央 公 論 ) 。 「 『 世 界 憲 法 集 』 を 読 ん で 」 月 、 「 あ ま く さ 姫 」 ( 新 潮 ) 。 四 月 、 「 お と な し い 目 撃 者 」 ( 日 本 ) 。 「 新 宿 末 広 亭 に て 」 ( 婦 人 公 論 ) 。 五 月 、 「 社 会 科 学 者 と 文 学 者 」 ( 週 ( 図 書 ) 。 三 月 、 「 文 学 者 に 悪 い や つ は い な い 」 ( 群 像 ) 。 四 月 、 「 愚 刊 読 書 人 ) 。 六 月 、 「 愛 情 犯 罪 人 」 ( 別 冊 文 藝 春 秋 ) 。 「 透 明 人 間 」 ( オ 鈍 」 ( 大 法 輪 ) 。 「 暴 力 に つ い て 」 ( 朝 日 新 聞 ) 。 新 選 現 代 日 本 文 学 全 ー ル 読 物 ) 。 「 私 の ひ と り ご と 」 ( 世 界 ) 。 「 活 字 文 化 は 古 く さ い ? 」 集 「 武 田 泰 淳 集 』 〈 佐 々 木 基 一 『 武 田 泰 滾 論 』 、 佐 伯 彰 一 解 説 〉 ( 河 北 新 報 ) 。 長 編 「 森 と 湖 の ま つ り 」 ( 新 潮 社 ) 。 七 月 、 「 神 さ ま の ( 筑 摩 書 房 ) 。 五 月 、 「 反 俗 精 神 」 ( 筑 摩 書 房 「 近 代 日 本 思 想 史 講 座 』 代 理 人 」 ( オ ー ル 読 物 ) 。 戯 曲 「 媒 酌 人 は 帰 ら な い 」 ( 文 学 界 ) 。 「 応 第 三 巻 ) 。 「 ( ニ ヤ 式 『 眼 法 』 に つ い て 」 ( 近 代 文 学 ) 。 「 映 画 と 文 学 挙 か ら 学 ぶ べ き も の 」 ( 応 挙 ) 。 七 月 、 短 編 集 『 士 魂 商 才 』 ( 文 藝 春 の 違 い 」 ( 毎 日 新 聞 ) 。 六 月 、 「 あ ん 蜜 」 ( 風 報 ) 。 評 論 「 政 治 家 の 文 秋 新 社 ) 。 評 論 集 「 現 代 の 術 』 ( 未 来 社 ) 。 現 代 日 本 文 学 全 集 章 』 ( 岩 波 新 書 ) 。 七 月 、 「 中 野 重 治 著 『 忘 れ ぬ う ち に 』 」 ( 週 刊 読 書 『 大 岡 昇 平 ・ 田 宮 虎 彦 ・ 武 田 泰 淳 ・ 三 島 由 紀 夫 集 』 〈 日 井 吉 見 解 説 人 ) 。 「 中 村 光 夫 著 『 想 像 力 に つ い て 』 」 ( 日 本 読 書 新 聞 ) 。 七 月 、 長 「 武 田 泰 淳 」 ) ・ ( 筑 摩 書 房 ) 。 八 月 、 「 振 り 出 し に も ど る 」 ( 新 潮 ) 。 九 編 『 天 と 地 の 結 婚 』 〈 福 田 宏 年 解 説 〉 ( 角 川 書 店 ) 。 九 月 、 「 政 治 悪 譜 月 、 「 毎 日 新 聞 」 の コ ラ ム へ 憂 楽 帳 〉 に 執 筆 ↓ 十 一 月 ま で 。 十 月 、 の 教 科 書 と し て の 『 三 国 志 』 」 ( 文 庫 ) 。 日 本 文 学 全 集 『 武 田 泰 淳 「 地 下 室 の 女 神 」 ( 別 冊 文 藝 春 秋 ) 。 十 一 一 月 、 「 歴 史 と 文 学 」 ( 文 庫 ) 。 集 』 〈 埴 谷 雄 高 解 説 〉 ( 新 潮 社 ) 。 十 月 、 「 白 昼 の 通 り 魔 」 ( 小 説 中 央 公 論 ) 。 「 罪 な き も の が 存 在 す る か 」 ( 毎 日 新 聞 ) 。 十 一 月 、 「 丸 谷 才 年 「 よ ろ め き と 日 本 攵 性 』 ( 婦 人 公 論 ) 。 四 十 七 歳 一 著 「 エ ホ ・ ( の 顔 を 避 け て 』 」 ( 朝 日 新 聞 ) 。 十 ニ 月 、 港 区 赤 坂 六 の 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 一 月 、 「 貴 族 の 階 段 」 ( 中 央 公 論 ↓ 五 月 ) 。 二 月 、 短 編 集 『 女 の 宿 』 一 〇 の 六 赤 坂 0 ー ボ ラ ス に 転 居 。 「 残 酷 で な い 物 語 」 ( 近 代 文 学 ) 。 ( 光 書 房 ) 。 評 論 『 司 馬 遷 ー 史 記 の 世 界 』 ( 文 藝 春 秋 新 社 ) 。 三 月 、 「 花 と 花 輪 」 ( 朝 日 新 聞 ↓ 三 十 六 年 六 月 ) 。

世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)


ラ ク レ ()a clef ) と は 、 フ ラ ン ス 語 で 「 鍵 」 時 代 を 読 み 、 明 日 を 切 り ひ ら く 鍵 を 提 供 し ま す 中 公 新 書 ラ ク レ 既 刊 よ り 200 脳 の 中 の 人 生 茂 木 健 一 郎 著 197 日 本 の ニ ー ト ・ 世 界 の フ リ ー タ ー 白 川 一 郎 著 欧 米 の 経 験 に 学 ふ 191 進 化 し す ぎ た 日 本 人 杉 山 幸 丸 著 186 プ ラ ン ド 品 を 持 っ て い い 人 、 悪 い 人 バ ー ネ ッ ト 洋 子 著 英 国 上 流 夫 人 の み た 日 本 人 183 大 学 教 授 コ テ ン パ ン ・ ジ ョ ー ク 集 坂 井 博 通 著 CIassic Puns and Jokes on Professors 182 脳 に 響 く 「 短 い 音 」 で 英 単 語 が わ か る 山 並 陞 ー 著 174 「 負 け た 」 教 の 信 者 た ち ー ト ・ ひ き こ も り 社 会 論 164 世 界 反 米 ジ ョ ー ク 集 156 「 ア ジ ア ン 」 の 世 紀 新 世 代 が 創 る 越 境 文 化 斎 藤 環 著 早 坂 隆 著 亜 洲 奈 み づ ほ 著 149 自 分 で 決 め ら れ な い 人 た ち 矢 幡 洋 著 139 文 筆 生 活 の 現 場 ラ イ フ ワ ー ク と し て の ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 130 調 へ る 、 伝 え る 、 魅 せ る ! 新 世 代 ル ポ ル タ ー ジ ュ 指 南 石 井 政 之 編 著 武 田 徹 著 125 怠 け 者 の 日 本 人 と ド イ ツ 人 手 塚 和 彰 著 停 滞 を 生 ん だ 国 民 件 124 世 界 の 紛 争 地 シ ョ ー ク 集 早 坂 隆 著 77 世 界 ピ シ ネ ス ジ ョ ー ク 集 お お ば と も み つ 著 装 幀 中 リ と 公 論 新 社 デ ザ イ ン 室

現代日本の文学 18 石川 淳 集


を 「 新 潮 , に 寄 稿 、 ア ン ケ ー ト 「 石 川 淳 氏 へ の 質 問 」 の 答 を 「 文 よ り 刊 行 ・ 十 月 、 「 ウ ソ の 全 集 ー 直 言 曲 言 ー 」 ( 談 話 筆 記 ) を 「 朝 日 芸 」 に 掲 載 。 九 月 、 「 ゆ う 女 始 末 」 を 「 世 界 ー に 発 表 。 十 一 月 、 新 聞 」 に 寄 稿 。 十 一 月 、 「 詩 的 回 想 断 片 , を 「 新 潮 」 に 寄 稿 。 説 集 「 喜 寿 童 女 」 を 筑 摩 書 房 よ り 、 「 石 川 淳 集 」 ( 日 本 文 学 全 集 ) を 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 六 十 八 歳 新 潮 社 よ り 刊 行 。 年 末 、 芸 術 院 会 員 と な る 。 一 月 、 「 大 み そ か の タ , を 「 東 京 新 聞 ー に 寄 稿 、 「 鏡 の 中 」 を 「 新 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 六 十 五 歳 潮 」 に 発 表 、 「 石 川 淳 ・ 坂 口 安 吾 集 」 ( 日 本 現 代 文 学 全 集 ) を 講 談 社 一 月 、 「 不 幸 で な さ す ぎ る 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 「 京 劇 雑 感 」 を 「 読 よ り 刊 行 。 二 月 、 坂 口 三 千 代 「 ク ラ ク ラ 日 記 」 ( 文 藝 春 秋 社 刊 ) に 売 新 聞 」 に 寄 稿 。 一 一 月 、 コ 一 十 七 歳 の 達 観 , を 幸 田 露 伴 「 有 福 詩 人 」 序 文 を 寄 稿 、 「 至 福 千 年 」 を 岩 波 書 店 よ り 刊 行 。 同 月 、 川 端 康 成 、 俳 優 座 公 演 ・ ハ ン フ レ ッ ト に 、 「 双 璧 」 を 「 福 永 武 彦 ・ 安 部 公 房 集 」 安 部 公 房 、 三 島 由 紀 夫 と と も に 、 「 中 国 文 化 大 革 命 に 関 し 、 学 問 芸 ( 集 ~ 窪 版 新 日 本 文 学 全 集 ) 月 報 に 寄 稿 。 三 月 、 「 渡 辺 崋 山 」 ( 筑 摩 術 の 自 律 性 を 擁 護 す る ア ビ ー ル 」 を 表 明 。 四 月 、 千 田 是 也 演 出 の た 叢 書 ) を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 わ が 友 三 好 達 治 」 を 「 新 潮 」 め の 上 演 台 本 「 一 目 見 て 憎 め 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 五 月 、 川 端 に 発 表 。 七 月 、 「 靴 み が き の 一 日 」 を 「 世 界 」 に 発 表 、 「 荒 魂 」 を 新 康 成 、 安 部 公 房 、 三 島 由 紀 夫 と の 座 談 会 「 わ れ わ れ は な ぜ 声 明 を 出 潮 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 ソ ビ エ ト 作 家 同 盟 の 招 待 に よ り 、 安 部 公 房 、 し た か 」 を 「 中 央 公 論 」 に 掲 載 、 「 ゼ ロ ッ ク ス 」 を 「 図 書 」 に 寄 稿 、 江 川 卓 、 木 村 浩 と と も に 訪 ソ 、 つ い で 東 独 、 チ = コ 巡 遊 後 、 一 カ 月 八 月 、 「 石 川 淳 」 ( 「 日 本 の 文 学 」 第 六 十 巻 ) を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 、 ・ ( リ に 滞 在 、 十 月 末 帰 国 。 十 一 月 、 太 宰 治 賞 選 考 委 員 と な る 。 十 一 一 同 付 録 に 安 部 公 房 と の 対 談 「 石 川 淳 の 人 と 文 学 」 を 掲 載 。 十 一 月 、 月 、 渋 谷 区 初 台 一 一 の 九 ( 現 住 居 ) に 移 転 。 「 革 命 家 の 夢 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 寄 稿 。 十 一 一 月 、 解 説 「 詩 人 の 肖 像 」 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 六 十 六 歳 を 「 三 好 達 治 」 ( 中 央 公 論 社 版 「 日 本 の 詩 歌 」 ) に 寄 稿 、 中 野 重 治 、 一 月 、 「 至 福 千 年 」 を 「 世 界 」 に 連 載 し は じ め る 。 一 一 十 一 回 に て 四 吉 川 幸 次 郎 と の 鼎 談 「 伝 統 と 反 発 」 を 講 座 「 中 国 」 ( 筑 摩 書 房 刊 ) Ⅱ 十 一 年 十 月 完 結 。 三 月 よ り 八 月 ま で 、 「 西 游 日 録 」 を 「 展 望 」 に 六 に 掲 載 、 「 一 目 見 て 憎 め 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 回 連 載 。 五 月 、 「 宗 達 雑 感 」 を 「 日 本 文 化 史 」 ( 筑 摩 書 房 刊 ) 5 付 録 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 六 十 九 歳 に 寄 稿 。 十 月 、 「 西 游 日 録 」 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 所 感 一 月 、 「 一 目 見 て 憎 め 」 俳 優 座 に よ っ て 東 京 で 公 演 、 「 読 み 癖 」 を ( ル オ ー 遺 作 展 か ら ) 」 を 「 読 売 新 聞 」 に 寄 稿 。 「 き よ う と 」 に 、 「 め ぐ り め ぐ っ て 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 、 「 無 法 書 話 」 譜 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 六 十 七 歳 を 講 座 「 中 国 」 ( 筑 摩 書 房 刊 ) > に 寄 稿 、 「 魔 界 仏 界 」 を 「 太 陽 」 に 一 月 、 「 倫 敦 塔 そ の 他 」 を 岩 波 書 店 版 「 漱 石 全 集 」 月 報 2 に 寄 稿 、 発 表 。 一 一 月 、 「 「 中 国 の 孝 道 」 を 読 む 」 を 「 図 書 」 に 寄 稿 。 四 月 、 新 年 ド ナ ル ド ・ キ ー ン 著 「 能 」 ( 英 文 ) ( 講 談 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル 刊 ) し い 「 石 川 淳 全 集 」 全 十 一 一 一 巻 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 し は じ め る 。 翌 四 に 「 序 」 を 寄 稿 、 「 鸚 鵡 石 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 わ た し の 定 十 四 年 四 月 全 巻 完 結 。 五 月 、 貝 塚 茂 樹 と の 対 談 「 「 史 記 」 の 世 界 」 宿 、 を 「 中 央 公 論 、 に 寄 稿 。 五 月 、 「 無 明 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 六 を 「 司 馬 遷 」 ( 中 央 公 論 社 版 「 世 界 の 名 著 」 ) 付 録 に 掲 載 。 六 月 、 月 、 「 諸 国 畸 人 伝 」 お よ び 「 石 川 淳 集 」 ( 現 代 文 学 大 系 ) を 筑 摩 書 房 「 永 井 荷 風 ・ 石 川 淳 ・ 大 江 健 一 一 一 郎 」 ( 日 本 短 篇 文 学 全 集 ) を 筑 摩 書 房

天皇誕生


遠 山 美 都 男 著 天 皇 誕 生 日 本 書 紀 が 描 い た 王 朝 交 替 中 公 新 書 1568

完訳 日本の古典 第五十四巻 芭蕉句集


桜 楓 社 昭 四 一 一 『 芭 蕉 の 芸 術 そ の 展 開 と 背 景 』 広 田 一 一 郎 有 精 堂 昭 四 一 一 一 『 芭 蕉 全 句 集 』 乾 裕 幸 / 桜 井 武 次 郎 / 永 野 仁 桜 楓 社 昭 『 芭 蕉 全 句 』 上 ・ 下 加 藤 楸 邨 筑 摩 書 房 昭 四 四 、 五 〇 集 『 俳 句 大 観 』 麻 生 磯 次 他 明 治 書 院 昭 四 六 『 芭 蕉 入 門 』 ( 講 談 社 学 術 文 庫 ) 井 本 農 一 昭 五 二 『 芭 蕉 の 世 界 』 上 ・ 下 ( 放 送 ラ イ プ ラ リ ー 四 ・ 0 2 ) 尾 形 仂 蕉 『 松 尾 芭 蕉 』 ( 日 本 詩 人 選 ) 尾 形 仂 筑 摩 書 房 昭 四 六 芭 『 松 尾 芭 蕉 集 』 ( 日 本 古 典 文 学 全 集 れ ) 井 本 農 一 / 堀 信 夫 / 日 本 放 送 出 版 協 会 昭 五 三 村 松 友 次 小 学 館 昭 四 七 『 芭 蕉 』 ( 中 公 文 庫 ) 安 東 次 男 中 央 公 論 社 昭 五 四 『 芭 蕉 全 発 句 』 上 ・ 下 山 本 健 吉 河 出 書 房 新 社 昭 四 九 『 芭 蕉 句 集 』 ( 新 潮 日 本 古 典 集 成 ) 今 栄 蔵 昭 五 七 『 芭 蕉 』 ( 鑑 賞 日 本 古 典 文 学 ) 井 本 農 一 角 川 書 店 昭 五 『 芭 蕉 集 』 ( 鑑 賞 日 本 の 古 典 ä) 井 本 農 一 尚 学 図 書 昭 五 『 芭 蕉 そ の 詩 に お け る 伝 統 と 創 造 』 広 田 二 郎 有 精 堂 昭 連 句 編 ( 最 近 の 主 要 注 釈 書 を 掲 げ た ) 『 芭 蕉 句 集 』 ( 日 本 古 典 文 学 大 系 恥 ) ↓ 前 出 『 芭 蕉 の 世 界 』 ↓ 前 出 『 芭 蕉 連 句 抄 』 1 ~ 8 阿 部 正 美 明 治 書 院 昭 四 〇 ~ 五 『 芭 蕉 連 句 全 註 解 』 1 ~ 0 1 ( 別 1 ) 島 居 清 桜 楓 社 昭 五 八 ( 続 刊 ) 『 連 歌 俳 諧 集 』 ( 日 本 古 典 文 学 全 集 金 子 金 治 郎 / 暉 峻 康 『 連 句 へ の 招 待 』 ( 有 斐 閣 新 書 ) 乾 裕 幸 / 白 石 悌 三 昭 五 五 隆 / 中 村 俊 定 小 学 館 昭 四 九 『 芭 蕉 の 俳 諧 』 上 ・ 下 ( 中 公 新 書 ) 暉 峻 康 隆 中 央 公 論 社 『 部 芭 蕉 連 句 全 解 』 伊 藤 正 雄 河 出 書 房 新 社 昭 五 一 『 猿 蓑 連 句 評 釈 』 志 田 義 秀 / 天 野 雨 山 古 川 書 房 昭 五 一 一 〇 昭 五 六 四 ~ 五 八

写楽 よみがえる素顔


高 橋 克 彦 『 謎 の 絵 師 写 楽 の 世 界 』 ( 一 九 九 一 一 年 、 講 談 社 ) 内 田 千 鶴 子 『 写 楽 ・ 考 』 ( 一 九 九 三 年 、 三 一 書 房 ) 山 口 桂 三 郎 編 著 『 写 楽 の 全 貌 』 ( 一 九 九 四 年 、 東 京 書 籍 ) ュ リ ウ ス ・ ク ル ト 著 、 定 村 忠 士 ・ 蒲 生 潤 一 一 郎 訳 『 写 楽 』 ( 一 九 九 四 年 、 ア ダ チ 版 画 研 究 所 発 行 、 ア ー ト デ ィ ズ 発 売 ) 曲 亭 馬 琴 撰 『 近 世 物 之 本 江 戸 作 者 部 類 』 ( 一 九 〇 九 年 、 博 文 館 「 温 知 叢 書 」 5 所 収 ) 山 崎 美 成 『 海 録 』 ( 一 九 一 五 年 、 国 書 刊 行 会 ) 上 里 春 生 『 江 戸 書 籍 商 史 』 ( 一 九 三 〇 年 、 出 版 タ イ ム ス 社 ) 世 界 名 画 全 集 日 本 『 浮 世 絵 の 世 界 』 ( 一 九 五 九 年 、 平 凡 社 ) 高 橋 誠 一 郎 『 新 修 浮 世 絵 一 一 百 五 十 年 』 ( 一 九 六 一 年 、 中 央 公 論 美 術 出 版 ) 日 本 古 典 文 学 全 集 町 『 洒 落 本 ・ 滑 稽 本 ・ 人 情 本 』 ( 一 九 七 一 年 、 小 学 館 ) 吉 田 暎 一 一 『 浮 世 絵 事 典 《 定 本 》 』 上 中 下 ( 一 九 七 四 年 、 画 文 堂 ) 小 路 健 「 『 浮 世 絵 類 考 』 論 究 」 ( 一 九 七 一 — 七 六 年 、 「 萠 春 」 連 載 ) 今 田 洋 三 『 江 戸 の 本 屋 さ ん ー ー 近 世 文 化 史 の 側 面 』 ( 一 九 七 七 年 、 日 本 放 送 出 版 協 会 ) 浜 田 義 一 郎 『 川 柳 ・ 狂 歌 』 ( 一 九 七 七 年 、 教 育 社 ) 高 見 澤 た か 子 『 あ る 浮 世 絵 師 の 遺 産 ・ 高 見 澤 遠 治 お ば え 書 』 ( 一 九 七 八 年 、 東 京 書 籍 ) 鈴 木 重 一 一 一 『 絵 本 と 浮 世 絵 』 ( 一 九 七 九 年 、 美 術 出 版 社 ) 219