検索 - みる会図書館

検索対象: 世界一わかりやすい英文法の授業

世界一わかりやすい英文法の授業から 250件ヒットしました。

世界一わかりやすい英文法の授業


英 文 法 の 授 業 世 界 一 わ か り や す い 1 週 間 に 2000 人 以 上 を 教 え て い る 人 気 英 語 講 師 関 正 生 Masao Seki

世界一わかりやすい英文法の授業


■ 英 文 法 は 役 に 立 つ ! ! 英 語 と い う コ ト ハ は 、 そ の 核 心 を つ く と 、 た い て い 、 も の す っ こ く 単 純 な ル ー ル に な る ん で す 。 「 こ の 用 法 は 何 か ? 」 な ん て 考 え た り 、 ム リ に ゴ ロ 合 わ せ で 覚 え る 必 要 な ん て な い の で す 。 ホ ク は 決 し て 「 適 当 に や っ て も 英 語 は 読 め ま す よ 」 な ん て 無 意 味 に わ か り や す さ を 強 調 し て い る わ け で は な い ん で す 。 「 正 し い 英 語 の 考 え 方 は も の す こ く シ ン プ ル で 役 に 立 つ 」 っ て こ と を 実 感 し て ほ し い と 思 っ て い ま す 。 た と え は 、 正 し い 「 現 在 形 の 考 え 方 」 は 非 常 に シ ン プ ル で 、 か つ 日 常 会 話 に も 使 え る ( 16 ペ ー ジ 参 照 ) 、 正 し い 「 物 e の 知 識 」 だ っ て 、 英 語 を 書 く と き に も 、 話 す と き に も 使 え る ( 170 ペ ー ジ 参 照 ) の で す 。 さ ら に 、 英 文 法 を 正 し く 理 解 す る こ と で 、 偉 人 ・ 名 作 の コ ト パ が グ ッ と 心 に 沁 み わ た る の で す 。 実 際 に 世 界 中 の 人 々 に 共 感 さ れ た 英 文 で 、 英 文 法 が 役 立 っ こ と を 実 感 し て い た だ き た い と 思 い ま す 。 シ ェ イ ク ス ヒ ア も 、 ケ ネ デ イ も 、 マ イ ケ ル ・ ジ ョ ー ダ ン も 、 マ ド ン ナ も 、 実 は 英 文 法 を 駆 使 し て 、 深 い 表 現 を し て い る ん で す 。 ■ 本 書 の 特 長 本 書 は 3 部 構 成 で す 。 parto 英 文 法 の ナ ゼ ? を 解 き 明 か す 従 来 、 無 味 乾 燥 で 暗 記 の 強 要 だ っ た 英 文 法 を 「 わ か り や す い 」 の は も ち ろ ん 、 「 面 白 さ 」 と 「 知 的 感 動 」 に こ た わ っ て 解 説 し て い ま す 。 必 す や 毎 ロ 、 「 目 か ら ウ ロ コ 」 っ て 体 験 を し て い た た け る よ う 、 研 究 に 研 究 を 重 ね ま し た 。 さ ら に 毎 日 全 国 の 予 備 校 で 説 明 を 磨 き 上 け 、 解 説 を 極 限 ま で 洗 練 さ せ た つ も り で す 。 parto 英 語 を 形 か ら 理 解 す る 従 来 の 文 法 書 で は 軽 視 さ れ て い た 、 ま た 、 学 校 の 授 業 で は 丸 暗 記 さ せ ら れ た 語 法 や 熟 語 な ど を 徹 底 的 に 「 解 説 」 し て い ま す 。 決 し ( 「 「 〇 b の 後 に は 人 か く る 。 物 じ ゃ な い 」 な ん て ム リ ャ リ 暗 記 さ せ る こ と は あ 2

世界一わかりやすい英文法の授業


〔 著 者 紹 介 〕 関 正 生 ( せ き ま さ お ) 1975 年 7 月 3 日 東 京 生 ま れ 慶 応 義 塾 大 学 文 学 部 ( 英 米 文 学 専 攻 ) 卒 大 学 時 代 か ら 予 備 校 の 教 壇 に 立 ち 、 す で に 講 師 歴 12 年 に な る 。 東 進 ハ イ ス ク ー ル を 経 て 、 現 在 は 都 内 ( 池 袋 ) に あ る 精 鋭 講 師 陣 が 自 慢 の 予 備 校 The ☆ Worksh 叩 (http //www.workshop-prep.com/ に て 、 一 流 進 学 校 の 生 徒 を 指 導 す る 。 そ の 一 方 、 毎 週 、 秀 英 予 備 校 ・ 北 九 州 予 備 校 へ も 出 講 。 名 古 屋 ・ 四 日 市 ・ 山 口 ・ 博 多 ・ 熊 本 の 教 壇 に 北 九 州 予 備 校 で の オ リ ジ ナ ル ゼ ミ は 圧 倒 的 な 人 気 を 誇 り 、 250 人 教 室 が 全 講 座 で 満 席 。 1 週 間 で 2000 人 以 上 の 生 徒 を 指 導 し て い る 。 著 書 に 「 本 当 に 英 語 の 力 を つ け た い 人 の た め の TOEIC テ ス ト の 基 本 英 文 法 』 ( 中 経 出 版 、 共 著 ) が あ り 、 台 湾 で も 翻 訳 出 版 さ れ て い る 。 本 書 の 内 容 に 関 す る お 問 い 合 わ せ 先 中 経 出 版 編 集 部 03 ( 3262 ) 2124 世 界 一 わ か り や す い 英 文 法 の 授 業 2008 年 2 月 11 日 第 1 刷 発 行 2010 年 6 月 30 日 第 17 刷 発 行 ( 検 印 省 略 ) 著 者 発 行 者 発 行 所 関 正 生 ( せ き ま さ お ) 杉 本 惇 株 中 経 出 版 〒 102 -0083 ホ ー ム ペ ー ジ http : //www.chukei.co.jp/ FAX 03 ( 3262 ) 6855 振 替 00110-7 - 86836 03 ( 3262 ) 2124 ( 編 集 代 表 ) 電 話 03 ( 3262 ) 0371 ( 営 業 代 表 ) 東 京 都 千 代 田 区 麹 町 3 の 2 相 互 麹 町 第 一 ビ ル 乱 丁 本 ・ 落 丁 本 は お 取 替 え 致 し ま す 。 ISBN978-4 -8061-2946-2 C2082 02 開 8 Masao Seki, Printed in Japan. DTP/ フ ォ レ ス ト 印 刷 / 新 日 本 印 刷 製 本 / 越 後 堂 製 本

世界一わかりやすい英文法の授業


【 参 考 文 献 】 ・ Ta/es 0 「 TWO Princesses: Cindere//a & SIeeping Beauty ア イ ヒ ー シ ー パ プ リ ッ シ ン グ ・ GR/MM'S FA 旧 Y TALES 講 談 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル Jacob G 「 imm / Wilhelm G 「 imm Hans Ch 「 istian Ande 「 sen ■ FA 旧 YTALES FROM HANS CHRIST/ANANDERSEN 講 談 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル ■ Gu ″ iver's Trave/s 講 談 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル Jonathan Swift ■ Ⅳ わ 〇 Moved My Cheese? Ve 「 milion; Rep 「 inted Ed 版 Spence 「 Johnson ■ The Litt/e Prlnce A Ha 「 vest BOOk Antoine de Saint-Exupéry Xanthe Smith Se 「 afin ・ 「 琶 読 し た い 英 語 名 ま 300 選 」 巾 経 出 版 田 中 安 行 監 修 英 語 名 言 研 究 会 編 著 一 日 LOVE Y 〇 IJ 英 語 で 届 け る 愛 の こ と は 」 中 経 出 版 EngIish Zone 編 集 部 ・ (EngIish Zone 23 や さ し い 英 語 で 読 む 世 界 の 「 人 」 」 中 経 出 版 ・ fEngIish Zone # 014 英 語 で つ か む 世 界 の キ ャ リ ア 」 中 経 出 版 ・ 「 現 代 英 語 こ と わ さ 辞 典 」 リ ー ベ ル 出 版 戸 田 豊 ・ 「 新 訳 ロ ミ オ と ジ ュ リ エ ッ ト 」 ウ ィ リ ア ム ・ シ ェ ー ク ス ピ ア 角 川 店 河 合 祥 一 郎 訳 ・ 「 十 二 夜 」 ウ ィ リ ア ム ・ シ ェ ー ク ス ヒ ア 岩 波 書 店 小 津 次 郎 訳 ■ 「 ビ シ ネ ス で 使 え る こ と わ さ : 英 会 話 の 香 辛 料 」 講 談 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル 杉 田 敏 ■ 「 「 人 を 動 か す 」 英 語 の 名 言 」 講 談 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル 大 内 博 / シ ャ ネ ッ ト 大 内 ■ 「 英 語 で 「 ち ょ っ と い い 話 」 ス ヒ ー チ に も 使 え る 222 の 工 ヒ ソ ー ド 」 講 談 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル ・ 「 シ ェ イ ク ス ヒ ア の 英 語 で 学 ぶ こ こ 一 番 の 決 め ゼ リ フ 」 マ カ ジ ン ハ ウ ス 中 野 舂 夫 ■ 「 人 生 を 考 え る 英 語 名 言 ・ 迷 甸 こ の ひ と 言 196 」 プ レ シ デ ン ト 社 杉 田 敏 ■ 「 人 生 を 豊 か に す る 英 語 の 名 言 」 研 究 社 森 山 進 ー 「 音 読 王 心 に き さ む 英 語 の 名 文 」 小 学 館 抖 上 ー 馬 ・ 「 新 版 英 語 の こ と わ さ 」 創 元 社 秋 本 弘 介 ー サ ー ・ F ・ レ ネ ハ ン 編 足 立 恵 子 訳 ア ・ 「 音 読 し て 楽 し む 名 作 英 文 」 は ま の 出 版 安 井 京 子 ・ 「 心 を 揺 さ ぶ る ! 英 語 の 名 言 」 PHP 研 究 所 松 本 祐 香 ■ 「 ス ク リ ー ン か ら 聞 こ え る し や れ た 英 語 力 タ カ ナ 英 語 ・ こ と わ さ ・ 比 較 表 現 」 253 三 修 社 仙 福 健 治

世界一わかりやすい英文法の授業


丸 暗 記 な し の 熟 語 習 得 法 【 頭 韻 】 言 葉 の 最 後 、 つ ま り 脚 で 韻 を 踏 む か ら 脚 韻 っ て 言 う ん で す 。 日 本 語 は 脚 韻 で す 。 で も 英 語 の 場 合 は 違 う ん で す 。 英 語 で は 頭 韻 な ん で す 。 頭 韻 、 つ ま り 頭 で 韻 を 踏 む っ て の が 英 語 の 特 徴 で す 。 ′ 英 語 の 場 合 、 脚 韻 は 簡 単 に で き る ん で す ね 。 た と え は 、 「 シ ョ ン 」 っ て 発 音 で 終 わ る 単 語 な ん て た く さ ん あ り ま す よ ね 。 station 、 tension 、 passion 、 communication ・ ・ ・ ・ ・ ・ も ち ろ ん 英 語 に 脚 韻 も 存 在 し ま す か 、 い ち は ん の 腕 の 見 せ 所 は 頭 で 韻 を 踏 む こ と な ん で す 。 0 決 ま り 文 甸 は 『 頭 韻 』 が 決 め 手 ! ! 大 学 入 試 か ら の 問 題 で す 。 She is as busy as ( 「 彼 女 は ( ) の よ う に 忙 し い 」 ① a bee ② an ロ n す ④ a d09 ③ a cat 「 ハ チ の よ う に ・ ・ ・ か な ? 」 「 い や で も 、 ア リ と キ リ ギ リ ス の 話 た と ア リ か 働 く し ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 「 猫 の 手 も 借 り た い っ て 言 う し ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 英 語 の 特 徴 は 頭 韻 で し た よ ね 。 こ の 文 で い ち は ん 言 い た い の は "busy" っ て こ と で す よ ね ? busy" と 韻 を 踏 む の は ・ ・ ① a bee で す ね 。 She is as busy as a bee. こ う や っ て "b" の 部 分 だ け 強 く 読 ん で み て く だ さ い 。 ネ イ テ イ プ の よ う な キ レ イ な 抑 揚 か で き ま す ね 。 こ う い う 熟 語 っ て 「 決 ま り 文 甸 」 な ん て 言 わ れ ち ゃ い ま す よ ね 。 で も こ れ 、 「 頭 韻 が 決 め 手 」 っ て こ と を 知 っ て お く と ス ッ と 頭 に 入 っ て き ま せ ん か ? き や く い ん 【 頭 韻 】 107

世界一わかりやすい英文法の授業


仮 定 法 の 見 抜 き 方 【 仮 定 法 】 し か し ! ! こ の WOUld は 過 去 形 で は な く 、 実 は な ん と 仮 定 法 な の で す 。 つ ま り WOUId の 中 に 「 も し よ ろ し け れ は 」 と い っ た 仮 定 が 含 ま れ て い る ぶ ん だ け 丁 寧 に な る ん で す ( い っ そ の こ と would / could は 「 過 去 形 』 で は な く 「 仮 定 形 』 と で も 名 前 が つ い て れ は 、 私 た ち の 苦 労 も 減 っ た で し よ う に ね え ) 。 こ の よ う に 仮 定 法 っ て 身 近 に い つ は い あ る ん で す よ 。 「 は や く 授 業 終 わ ん な い か な ~ 」 と か 、 「 こ の シ ャ ツ 、 も う ち ょ っ と 安 け れ は な あ 」 と か 全 部 仮 定 法 ( 現 実 で は な い 仮 の 話 ) で す ね 。 「 仮 定 法 に は if か 必 要 」 と い う 幻 想 か ら 抜 け る と 、 新 し い 英 語 の 世 界 が 見 え て き ま す よ 。 0 仮 定 法 は 「 妄 想 」 の 目 印 ホ ク か み な さ ん に 質 問 し ま す 。 「 も し 宇 宙 人 見 た ら ど う し ま す ? 」 こ こ で 問 題 で す 。 ホ ク は 宇 宙 人 の 存 在 を ど れ く ら い 信 じ て い る で し よ う か ? ① O% ( 全 然 信 じ て な い ) ② 50 % ( 々 ) ③ 100% ( 信 じ き っ て い る ) 筥 え は ・ ・ わ か り ま せ ん よ ね ? ホ ク の し ゃ べ り 方 、 話 す と き の テ ン シ ョ ン 、 は て は 外 見 か ら ど う い う 人 か っ て の を 判 断 材 料 に 予 想 す る し か な い で す よ ね ? ( た と え は 、 ホ ク が ダ ル そ う に 話 せ は 信 じ て な さ そ う っ て 思 う し 、 逆 に い つ つ も UFO の 話 は か り し て 「 今 日 の ラ ッ キ ー UFO は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 が ロ グ セ な ら 、 メ チ ャ メ チ ャ 信 じ て そ う で す よ ね ) そ う 、 私 た ち 日 本 人 は コ ト バ だ け で は 決 し て そ の 人 の 本 心 が わ か ら な い ん で 【 仮 定 法 】

世界一わかりやすい英文法の授業


関 係 詞 の 基 本 構 造 【 関 係 詞 】 非 常 に 残 念 な こ と に 、 世 間 で は 「 日 本 人 が 速 読 で き な い の は 返 り 読 み し て い る か ら 」 と い う 不 満 が 数 年 前 か ら 爆 発 し ま し た 。 「 返 り 読 み を さ せ る 関 係 詞 が い け な い ん た 」 っ て こ と で 関 係 詞 を ( も っ と 言 え は 英 文 法 全 体 を ) い い 加 減 に 扱 い だ し た の で す 。 た し か に 関 係 詞 の 最 終 目 標 は 返 り 読 み し な い で 左 か ら 右 へ 読 む こ と で す 。 し か し そ の た め に は き ち ん と 関 係 詞 を 理 解 す る こ と が 絶 対 に 必 要 な ん で す 。 関 係 詞 の 構 造 を 1 20 % き ち ん と 理 解 し た 、 そ の 延 長 線 上 に の み 返 り 読 み せ す に 読 め る と い う ゴ ー ル が 待 っ て い る の で す 。 0 関 係 代 名 詞 は 「 形 容 詞 の カ タ マ リ 」 を つ く る 関 係 代 名 詞 は 、 直 前 に あ る 名 詞 に 関 係 を も た せ る 、 つ ま り 前 の 名 詞 を 修 飾 ( 説 明 ) す る も の な ん で す 。 名 詞 を 修 飾 す る 品 詞 は 形 容 詞 で す ( 244 ペ ー ジ 参 照 ) 。 関 係 代 名 詞 は 形 容 詞 の カ タ マ リ ( 形 容 詞 節 ) を つ く り ま す 。 an uncle ー [ カ ナ ダ に 住 ん で い る ] 叔 父 こ の 場 合 、 whO lives in Canada か 直 前 の an uncle を 修 飾 し て い ま す 。 英 語 で は 直 前 の 名 詞 を 修 飾 す る ( 後 ろ か ら 前 に 矢 印 が 向 く ) の が 特 徴 で す 。 ′ 日 本 語 は 直 後 の 名 詞 を 修 飾 す る ( 前 か ら 後 ろ に 矢 印 が 向 く ) ん で し た ね 。 で は 、 an uncle [ ー ー の よ う に 、 単 語 の 後 ろ に 、 関 係 代 名 詞 の カ タ マ リ が く つ つ い て 説 明 す る 、 そ の 仕 組 み を 体 感 し て い き ま し よ う 。 こ の 講 を 読 み 終 わ っ た こ ろ に は 景 色 が 違 っ て 見 え る は す で す ! ! ′ こ こ か ら 少 し た け 単 純 作 業 が 続 き ま す 。 少 し ダ ル い 内 容 で す が 、 ホ ク は あ え て こ の 本 で イ チ か ら 説 明 し た い と 思 い ま す 。 こ こ が カ マ ン の し ど こ ろ で す 。 一 気 に や っ て 、 関 係 詞 を 完 全 マ ス タ ー し ち ゃ い ま し よ う ね 。 【 関 係 詞 】 201

世界一わかりやすい英文法の授業


す 。 空 気 を 読 む と い う 文 化 な ん で す ね 。 と こ ろ か 英 語 は 違 い ま す 。 つ ね に 異 文 化 と 交 流 し て き た 歴 史 の 中 で 、 空 気 読 む の は 難 し い ん で す 。 だ っ て 文 化 か 違 え は 空 気 も 違 い ま す も ん ね 。 工 f you saw an alien, what would you do? ・ ・ つ て 言 え は 、 仮 定 法 過 去 ( 公 式 は 次 の ペ ー ジ ) と わ か り ま す の で 、 次 の よ う に 訳 せ ま す 。 「 ( 仮 の 話 で 絶 対 に あ り え な い こ と だ け ど ) 宇 宙 人 見 た ら ど う す る ? 」 仮 定 法 を 使 っ て い る の で 、 こ の 文 の 話 し 手 は 宇 宙 人 を ま っ た く 信 じ て ま せ ん 。 あ く ま で 妄 想 の 中 で 宇 宙 人 の 話 を し て い る ん で す 。 英 語 の 世 界 で は 、 仮 定 法 で 話 す 、 つ ま り 妄 想 す る と き は 「 私 た た い ま 妄 想 中 で ~ す 」 っ て 明 確 に 示 す 必 要 か あ る ん で す 。 空 気 を 読 ま す 、 コ ト ハ で き ち ん と 伝 え な き や わ か ん な い か ら で す 。 そ こ で 妄 想 の た め の 目 印 ( = 公 式 ) か 必 要 に な る ん で す 。 8 % , ) え な リ ・ ) え る 五 ロ = = ロ 英 日 本 吾

世界一わかりやすい英文法の授業


音 で 覚 え る 英 単 語 め て い き ま し よ う 。 ふ だ ん の 単 言 吾 の 日 音 言 己 と は ち ょ っ と 視 点 を 変 え て 、 単 言 吾 を 音 声 か ら 攻 murmur 「 ぶ つ ぶ つ 言 う 」 / mumble 「 も ご も こ 言 う 」 / mum 「 し っ ! 静 か に 」 「 ま み む め 」 っ て っ て み て く だ さ い 。 マ 行 っ て 唇 カ ゞ く つ つ き ま す よ ね 。 上 の 唇 と 下 の 唇 カ ゞ 。 英 語 の "m ” の 音 周 じ で す 。 こ の 唇 カ ゞ く つ つ い て 、 な ん カ 司 、 声 で 「 示 っ 承 つ ・ 七 ご ご - ま っ て る 」 感 じ の -れ 言 吾 jsmurmur ( 示 つ 示 つ - ま う ) や mumble (± ご 七 ご - う ) で す 。 日 本 言 吾 訳 の 「 承 っ 示 つ 」 や 「 ご ご 」 に 七 、 唇 カ く つ つ く と き の バ 行 や マ 彳 テ カ 吏 わ れ て い る ん で す 。 さ ら に Mum! ” っ て い う の は 「 し っ ! 静 力 、 に 」 っ て - ま 葉 な ん で す 。 mum の 最 後 は “ m ” 、 つ ま り マ 行 で す か ら 、 吉 っ ち り 唇 を 闢 じ て く だ さ い ね 。 英 単 語 の っ 雰 囲 気 力 わ っ て き ま せ ん 力 、 ? gargle 「 う が い す る 」 「 ガ ラ ガ ラ と う が い す る 」 っ て 意 味 で す 。 gargle " と 「 ガ ラ ガ ラ 」 の 音 か 、 そ っ く り で す ね 。 し か 七 ggrgle の ar は Ca:] と い う 音 で ロ を お っ 吉 く あ け て 発 音 し ま す ( た と え ば pgrk な ん て 聞 き 覚 え 力 あ 183 や い ま し よ う ね 。 と 思 い ま す 力 面 白 い し 、 覚 え や す く な る の で 緒 に マ ス タ し ち irritate ” と 「 イ ラ イ ラ 」 の 音 カ 以 て い ま す 。 irritate 「 イ ラ イ ラ さ せ る 」 う カ い の と き は ロ を お っ き く あ け ま す よ ね 。 り ま す ね ) 。 こ れ は た だ の 偶 然 だ

世界一わかりやすい英文法の授業


不 可 算 名 詞 の 考 え 方 【 名 詞 】 ス ー ツ ケ ー ス 引 っ は っ て 、 お み や け の 紙 袋 2 つ く ら い 持 っ て 、 女 の 人 で あ れ は ハ ン ド バ ッ グ も 持 っ て ま す ね 。 そ れ 全 部 ま と め た 単 語 が baggage な ん で す 。 ひ と つ ひ と つ は bag で す 。 で も 全 部 ま と め た も の か baggage な ん で す 。 せ ひ 英 英 辞 典 で 確 認 し て く た さ い 。 多 く の 英 英 辞 典 に は こ う 書 い て あ り ま す 。 bQ9909e = b 四 旦 / suitcases わ か り ま し た ? こ の 複 数 の "s" が 大 事 な ん で す 。 つ ま り 、 "baggage=bags" な ん で す 。 だ か ら ま ち か っ て も baggage に "a" を つ け た り 。 複 数 形 の s" を つ け た り な ん て し な い ん で す 。 こ れ で ホ ク か 「 荷 物 ー 式 」 「 荷 物 ひ と ま と め 」 っ て 訳 し た 理 由 が お わ か り で し よ う 。 luggage も ま っ た く 同 じ で す 。 "luggage=bags" で 「 荷 物 ひ と ま と め 」 で す 。 こ れ を 世 間 で は 「 "bag" は 数 え る け ど 、 "baggage" は 数 え な い 」 と か 言 わ れ ち ゃ う ん で す 。 money は 辞 書 に 「 お 金 」 と 書 い て あ り ま す ね 。 こ れ も 「 お 金 ひ と ま と め 」 、 つ ま り 「 貨 幣 も 紙 幣 も ひ と ま と め 」 っ て こ と で す 。 【 名 詞 】 money ( お 金 ) = COins ( 貨 幣 ) + bills ( 紙 幣 ) coin ( 貨 幣 ) や bill ( 紙 幣 ) は 、 は っ き り 具 体 的 に 形 が イ メ ー ジ で き る の で 数 え る の で す 。 で も money だ と 貨 幣 と 紙 幣 の 両 方 か 含 ま れ る の で 、 決 ま っ た 形 か イ メ ー ジ で き ま せ ん ね 。 181