検索 - みる会図書館

検索対象: 小説現代 12月号 2016年12月1日発行

小説現代 12月号 2016年12月1日発行から 186件ヒットしました。

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


新 世 界 ゼ ロ 年

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


世 界 セ を に 歳 さ れ

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


着 替 え さ せ ら れ て い る が 、 撃 た れ た と き は 制 服 を 着 て い た は ず だ 。 制 服 な ん か 別 に 着 な く て も よ か っ た の に 、 事 務 室 の ロ ッ カ ー に 吊 っ て あ っ た か ら 、 む し ろ 変 装 の つ も り で 着 た の だ ヾ ゝ 0 「 吉 村 君 」 北 島 調 整 官 は 、 無 表 情 な ま ま 返 事 を 促 し た 。 「 あ 。 は い 。 そ の : ・ : ハ イ ト し て ま し た 」 と う と う 、 言 っ て し ま っ た 。 で も 、 し か た が な い 。 こ こ で 正 直 に 言 わ な か っ た ら 、 重 い ペ ナ ル テ ィ を 科 せ ら れ る か も し れ な い し 。 「 バ イ ト ね ー な の だ 。 最 初 か ら 答 え を 知 っ て い な が ら 、 わ ざ わ ざ 訊 く の だ 。 北 島 調 整 官 は 、 重 々 し く 繰 り 返 す 。 こ ち ら が 返 答 に 詰 ま っ た り 、 下 を 向 い て し ま う 様 を 見 て 、 サ 「 あ 、 す み ま せ ん 。 一 応 、 禁 止 だ っ て こ と は わ か っ て た ん で デ ィ ス テ ィ ッ ク な 喜 び に 浸 っ て い る の か も し れ な い 。 す が 、 あ そ こ な ら 情 報 収 集 が で き る な っ て 思 っ た も ん で ー だ い た い 、 調 整 官 っ て 何 な ん だ よ ? 偉 い の か 偉 く な い の 「 情 報 収 集 ? 」 か 、 わ け わ か ん ね え よ 。 何 を 調 整 し て る ん だ ? 一 日 中 、 事 し ん じ ゅ く イ ー ズ ィ ー し ぶ や 「 は い 。 あ の 店 っ て 、 ち ょ う ど 新 宿 と 渋 谷 の 境 界 務 室 で 照 明 の 調 光 で も や っ て る の か ? あ た り に あ る ん で 、 い ろ い ろ 動 向 が わ か る と 思 っ た ん す よ 」 「 吉 村 君 。 聞 い て る の か ね ? 」 「 誰 か 、 君 に そ ん な 任 務 を 与 え た 者 が い る の か ね ? 」 「 あ 。 は い 。 す み ま せ ん 。 誰 に も 、 そ ん な こ と は 言 わ れ て ま い や 北 島 調 整 官 は 、 嫌 み っ た ら し い 口 調 で 訊 ね る 。 最 初 か ら 、 せ ん 。 自 発 的 に つ す 」 ば と う ど ん な に 腹 の 中 で 罵 倒 し て い る と き で も 、 実 際 に 口 を 開 け ど う も 、 こ い っ と は 合 わ な い と 思 っ て い た が 、 今 、 そ の 理 由 が よ う や く わ か っ た 。 小 学 校 の と き の 担 任 の 教 師 に そ っ く り ば 平 謝 り に な っ て し ま う の が 、 よ け い に 腹 立 た し か っ た 。 ミ ッ シ ョ ン 前 回 ま て の あ ら す し サ イ コ キ ネ シ ス ど ん げ ん さ ま と 呼 ば れ る 超 能 力 を 無 事 脱 出 す る 。 権 現 様 が き た さ と う す が の も っ 思 春 期 の 子 ど も が 、 世 界 中 と 牢 に 迎 え に き た 佐 藤 と 菅 野 で 次 々 と 誕 生 し て い る 。 日 本 を 殺 害 す る 。 ふ る か わ て づ か ふ じ く ら き じ ま で も 特 に 強 大 な 力 を 持 っ 超 能 古 川 、 手 塚 、 藤 倉 、 木 島 ら 魔 王 力 者 は 魔 王 子 、 魔 王 女 と 呼 ば 子 た ち は 、 か っ て 同 じ 英 語 教 室 お そ ィ ー ズ ィ ー れ て 畏 れ ら れ 、 そ れ ぞ れ N の 生 徒 だ っ た 。 代 講 を 務 め た を 作 っ て 棲 み 分 け て い る 。 ノ ナ ・ マ ル ダ ノ ワ か ら 念 動 力 を の だ た け し エ リ ー ト 野 田 岳 司 た ち 家 族 は 、 福 島 得 た こ と を 、 精 鋭 部 隊 よ し む ら し ん じ ろ う で ″ 農 奴 〃 と な っ て 働 い て い る 。 の 吉 村 真 ニ 朗 が 回 想 す る 。 彼 伯 父 に 牢 屋 に 入 れ ら れ た が 、 は コ ン ビ ニ で 警 官 に 撃 た れ た 。 446

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


ら れ 」 る こ と は 厳 し か っ た の で す 。 「 も 裁 量 は 、 ほ ぼ 彼 女 た ち 自 身 が し た よ う で 〈 主 な 参 考 文 献 〉 て た 」 場 合 に は 、 女 が や っ て 来 て 、 帯 を す 。 一 般 遊 女 に し て も 、 割 床 で は あ っ て 解 き 、 着 物 を 脱 い で 立 て 廻 し て あ る 屏 風 も 客 に 順 番 を つ け 、 空 き 部 屋 に 入 れ て お 『 古 今 吉 原 大 全 』 『 北 里 見 聞 録 』 『 吉 原 揚 枝 』 『 青 な が じ ゅ ば ん に 掛 け 、 長 襦 袢 姿 と な り 床 に 入 っ て く れ い て 行 か な い こ と も 可 能 で す 。 床 入 り が 楼 年 中 行 事 』 『 け い せ い 色 三 味 線 』 『 色 道 諸 分 難 ま し た 。 先 着 順 や 、 富 裕 順 で な い の は 明 白 で し 波 鉦 』 『 世 事 見 聞 録 』 『 守 貞 謾 稿 』 た 。 同 時 代 に 生 き る 女 性 達 の 中 で 、 あ る 『 目 で 見 る 日 本 風 俗 誌 7 遊 女 の 世 界 』 今 戸 榮 ◆ 廓 あ れ こ れ 程 度 の 判 断 を 任 さ れ 、 一 種 の 選 択 権 が あ 一 編 ( 日 本 放 送 出 版 協 会 ) 『 江 戸 吉 原 図 聚 』 三 ″ 廻 し 〃 と い う 江 戸 時 代 の 廓 の シ ス テ ム り 、 危 う い 自 由 ( こ ば み 続 け れ ば 借 金 が 谷 一 馬 著 ( 中 公 文 庫 ) 『 江 戸 の 色 里 遊 女 と 廓 は 、 身 分 制 度 下 で あ り な が ら 、 武 士 と い 増 え る だ け で あ り 、 さ り と て 客 の い い な の 図 誌 』 小 野 武 雄 編 ( 展 望 社 ) 『 図 説 吉 原 事 典 』 う 身 分 ゆ え に 優 先 さ れ る こ と は あ り ま せ り に な っ て い る わ け で も な い ) を 持 っ て 永 井 義 男 著 ( 学 研 文 庫 ) 『 吉 原 夜 話 』 喜 熨 斗 ん で し た 。 ま た 裕 福 で は あ っ て も 、 金 で い る 遊 女 と い う 存 在 は 、 特 異 だ っ た と 思 古 登 子 述 ・ 宮 内 好 太 朗 編 ( 青 蛙 房 ) 『 川 柳 江 戸 廻 し の 順 位 を 好 転 さ せ る こ と も で き ま せ い ま す 。 だ か ら こ そ 魅 力 的 と も 言 え ま 吉 原 図 絵 』 花 咲 一 男 著 ( 三 樹 書 房 ) 『 吉 原 は こ ん な 所 で ご ざ い ま し た 廓 の 女 た ち の 昭 和 史 』 ん で し た 。 身 分 や 金 が あ れ ば 融 通 が 利 く す 。 当 時 の 現 世 の ル ー ル が 、 通 じ な い 廓 と い 一 般 的 に は 家 長 で あ る 夫 に 従 う の が 妻 福 田 利 子 著 ( 主 婦 と 生 活 社 ) 『 江 戸 武 士 の 日 常 う 世 界 が あ り ま し た 。 廓 と い う 夢 の 世 界 の 常 で し た 。 当 時 は 、 現 代 と は 違 い 、 夫 生 活 素 顔 ・ 行 動 ・ 精 神 』 柴 田 純 著 ( 講 談 社 選 に 入 る に は 、 個 々 の 男 の 中 で 現 世 で は 通 婦 は 同 等 で は な い か ら で す 。 あ く ま で も 書 メ チ ェ ) 『 日 本 女 性 生 活 史 第 3 巻 近 世 』 女 性 史 総 合 研 究 会 編 ( 東 京 大 学 出 版 会 ) 『 江 戸 店 用 す る 事 の ″ 結 界 ( 境 界 ) 〃 を は ず す 必 当 主 と 嫁 と い う 縦 の 関 係 で し た 。 要 が あ っ た の で す 。 廓 の ″ 廻 し 〃 と い う 規 定 は 、 男 の 身 分 犯 科 帳 』 林 玲 子 著 ( 吉 川 弘 文 館 ) 『 江 戸 歌 舞 伎 ま た 、 他 の 一 面 も あ り ま し た 。 ほ ぼ 毎 や 財 力 な ど の 外 側 を 取 り 払 っ た 上 で ) 男 の 美 意 識 』 服 部 幸 雄 著 ( 平 凡 社 ) 『 江 戸 文 化 歴 晩 多 数 の 客 が 重 な っ て し ま う た め 、 廻 し と し て 魅 力 的 か ど う か の 本 質 〃 、 そ し て 史 検 定 公 式 テ キ ス ト 【 上 級 編 】 江 戸 博 覧 強 記 』 は 常 態 で あ り 日 常 で し た 。 花 魁 の 場 合 、 ″ 男 と 女 と い う ま っ た く 別 の 価 値 観 ″ で 、 江 戸 文 化 歴 史 検 定 協 会 編 ( 小 学 館 ) 『 地 図 ・ グ ラ フ ・ 図 解 で み る 一 目 で わ か る 江 戸 時 代 』 竹 ど の 客 を 自 分 の 座 敷 に 入 れ て 、 ど の 客 を 男 を 見 る 場 所 で も あ っ た の で し た 。 他 小 部 屋 に し 、 ど の 客 を 割 床 に 入 れ る か の ( 了 ) 内 誠 監 修 ・ 市 川 寛 明 編 ( 小 学 館 ) 400

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


ギ ー の 四 人 で あ る 。 い ず れ も 緊 張 し て 、 額 に 滲 ん だ 汗 に 髪 の ん な 」 北 島 調 整 官 は 、 独 り 言 の よ う に つ ぶ や き 、 吉 村 を 見 て に や 毛 が 貼 り 付 い て い た 。 「 な る ほ ど 。 話 は わ か っ た 」 り と し た 。 サ ン グ ラ ス を か け た 怜 央 が 、 首 を 回 し な が ら 言 っ た 。 「 君 に は 、 引 き 続 き 、 ミ ッ シ ョ ン を 行 っ て も ら う か も し れ ん 。 か ら だ 「 で ? ど う し て ほ し い の ? 」 そ れ ま で に 、 身 体 を 治 し て お く よ う に 四 人 は 、 お 互 い の 顔 を 見 合 わ せ る 。 「 わ か り ま し た , う れ 「 : : : 助 け て 欲 し い ん だ 」 吉 村 は 、 嬉 し さ の あ ま り 涙 声 で 言 っ た 。 し ゃ べ 「 以 降 は 、 バ イ ト も 、 知 り 合 い と の 接 触 も 厳 禁 だ 。 わ か っ た 代 表 し て 、 カ オ ス が 喋 る 。 「 俺 た ち 、 手 塚 不 律 に 見 つ か っ た ら 、 殺 さ れ る ! い や 、 殺 な ? 」 さ れ る だ け じ や す ま な く て 、 も っ と ひ ど い 目 に 遭 わ さ れ る 「 は い ! : あ の 、 あ り が と う ご ざ い ま し た ! 」 北 島 調 整 官 が 病 室 を 出 て 、 ド ア が 閉 ま る ま で 、 吉 村 は ず つ よ 。 俺 た ち を 助 け ら れ る の は 、 怜 央 く ん だ け だ と : : : 」 「 お い ! 魔 王 子 の 名 前 を 呼 ぶ の は 失 礼 だ ろ う 」 と 頭 を 下 げ て い た 。 ガ ー デ ィ ア ン ・ エ ン ジ ェ ル ス の 一 人 が 、 厳 し い 声 で 遮 る 。 た た ず 渋 谷 ヒ カ リ エ の ス カ イ ロ ビ ー に は 、 十 数 人 の 子 供 た ち が 佇 「 す み ま せ ん 」 カ オ ス は 、 し お ら し く 頭 を 下 げ る 。 街 に い た と き の 態 度 と ん で い た 。 大 き な ソ フ ア に 一 人 で 腰 掛 け て い る の は 、 渋 谷 の 魔 王 子 、 は 、 百 八 十 度 変 わ っ て い た 。 し ん か い り ゅ う す わ は る ひ こ 藤 倉 怜 央 だ っ た 。 諏 訪 春 彦 は そ の 横 に 立 ち 、 さ ら に 、 新 海 龍 「 う ー ん 。 そ う だ な あ : : : 。 飾 磨 。 ど う 思 う ? 」 あ や べ み ほ 司 、 綾 部 美 歩 、 ガ ー デ ィ ア ン ・ エ ン ジ ェ ル ス の 制 服 を 着 た 少 怜 央 は 、 振 り 返 っ て 、 こ の 場 に い る 唯 一 の 大 人 の 意 見 を 求 年 ゼ し 年 長 の 少 年 た ち が 立 っ て い る 。 一 歩 退 い た 位 置 に は 、 腕 組 め る 。 界 し か ま 「 こ の 子 た ち を 置 く の は 、 危 険 だ と 思 い ま す 。 新 宿 の 魔 王 子 世 み を し た 飾 磨 も 控 え て い た 。 と 正 面 か ら 構 え る こ と に な り か ね ま せ ん 」 そ の 前 に 立 っ て い る の は 、 カ オ ス 、 リ ュ ウ 、 テ ィ ア ラ 、 ド さ え ぎ

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


テ - パ オ ラ ツ 7 、 ロ - 〒 ン 7 ネ ス ト 火 ラ み ン ス イ 中 ほ 它 の る / イ ン ッ - て ン レ - つ ラ - ト 、 ツ ウ 町 7 ラ ク ス 7 、 冲 背 ハ へ ^ フ ュ ” セ ン . ノ 名 み ネ ー / レ ド イ ツ 糜 ら く な イ イ フ ラ 冫 7 マ に 9 一 昼 過 ぎ に は ロ マ ン チ ッ ク 街 道 で 一 番 人 気 の ロ ー テ ン プ ル ク に 到 着 し た 。 「 ま る で 中 世 の 街 み た い よ ね ー 村 田 さ ん た ち が 感 嘆 の 声 を 漏 ら し た 。 城 壁 に 囲 ま れ た 中 に 木 組 み の 美 し い 家 々 が 軒 を 連 ね 、 道 や 広 場 は 石 畳 敷 で あ る 。 許 可 車 し か 入 れ な い の で 車 は 走 っ て い な い 。 中 心 と な る マ ル ク ト 広 場 に は 、 大 勢 の 人 た ち が い た 。 「 人 ま で 中 世 さ な が ら の 服 装 じ ゃ な い ! 」 ふ く や ま 三 人 組 の 一 人 、 福 山 さ ん が 驚 き を 隠 さ ず 言 っ た 。 す か さ ず 川 島 さ ん が 、 僕 か ら マ イ ク を も ぎ 取 っ た 。 「 毎 年 、 五 月 か ら 六 月 の こ の 時 期 に 、 マ イ ス タ ー ト ウ ル ン ク と い う 中 世 の 祭 り が 開 か れ る の で す 。 そ こ で 当 時 の 衣 装 で 音 楽 仮 装 パ レ ー ド を す る ん で す 」 「 。 、 パ っ た ら 、 説 明 な ら 岡 崎 さ ん が し て き く れ る で し よ 」 歩 立 っ て 話 す 川 島 さ ん の 上 着 の 裾 を 礼 子 食 さ ん が 引 っ 張 る 。 彼 女 か ら 、 川 島 さ ん の 腹 界 事 情 を 聞 い た の は そ の 夜 の こ と だ っ た 。 世 僕 は 昼 間 、 仮 装 パ レ ー ド の 最 中 に 、 す そ

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


ト ン べ イ ワ ン の 軍 人 に な っ て か ら だ っ た 。 未 来 の 東 北 王 に は 軍 人 以 外 の 貌 も 必 要 な の だ と 知 っ た 。 そ れ く ら い 私 は 、 骨 の 髄 ま で の 軍 人 四 十 五 だ っ た 。 そ ん な 私 が 、 半 年 間 も 軍 服 を 着 な か っ た 理 由 は ふ た つ あ る 。 久 し ぶ り に 軍 服 を 着 た 。 う し な 五 月 に ロ ー マ で 、 べ ニ ー ト ・ ム ッ ソ リ ー ニ の 歓 待 を 受 け て 第 一 の 理 由 は 、 軍 隊 を 喪 っ た 自 分 が み じ め に 思 え た か ら だ っ た 。 天 津 の 租 界 に は 、 そ う し た か っ て の 軍 閥 の 領 袖 が 何 人 以 来 だ か ら 、 お よ そ 半 年 ぶ り に な る 。 か ん か 私 の 記 憶 す る 限 り 、 こ れ ほ ど 長 き に わ た っ て 軍 服 に 袖 を 通 も 住 ん で い た 。 閑 暇 を 持 て 余 し 、 過 去 の 栄 光 を 語 っ て や ま ぬ さ な か っ た た め し は な い 。 父 は 清 国 に 形 ば か り の 帰 順 を し た 優 雅 な 乞 食 ど も と 、 同 じ 真 似 を し た く な か っ た 。 の だ が 、 ど う し た わ け か 私 に は 、 好 ん で 北 洋 陸 軍 の 軍 服 を 着 第 二 の 理 由 は 、 か っ て の よ う に 軍 服 が 似 合 わ な い か ら だ っ せ た 。 成 長 に 合 わ せ て 毎 年 の よ う に 、 通 常 の 軍 服 と 大 礼 服 を た 。 衰 弱 の 原 因 が 阿 片 だ と 知 ら ぬ 人 か ら 見 れ ば 、 私 は 百 万 の 大 東 北 軍 を 手 放 し た ば か り か 、 精 気 ま で も 蒋 介 石 に 吸 い 取 ら 誂 え て く れ た 。 自 分 自 身 は 窮 屈 な 軍 服 を 好 ま な か っ た の に 、 や は り 馬 賊 と し て の 劣 等 感 が あ っ た の か 、 倅 を 生 ま れ つ い て れ て し ま っ た よ う に 思 え る だ ろ う 。 し か し 、 ム ッ ソ リ ー ニ と 会 見 す る に あ た っ て 、 さ す が に そ の 軍 人 に 仕 立 て た か っ た の だ ろ う 。 起 床 す る と す ぐ に 軍 服 を 着 な け れ ば な ら な か っ た 。 だ か ら れ ら は 理 由 に な ら な か っ た 。 軍 人 が 軍 人 に 招 か れ て 、 平 服 を パ オ ク ウ ヅ 蒙 幼 い こ ろ の 私 は 、 ふ つ う の 子 ら が 着 る よ う な 袍 や 褌 子 を 、 ほ 着 て ゆ く わ け に は い か な い 。 幸 い そ の こ ろ に は 、 カ ル バ ー ト 博 士 の 献 身 的 治 療 に よ っ 子 と ん ど 持 っ て い な か っ た 。 初 め て 背 広 を 誂 え た の は 、 奉 天 講 武 学 堂 を 卒 業 し て 、 本 物 て 、 私 の 体 力 は か な り の 恢 復 を 見 て い た 。 筋 肉 こ そ 戻 っ て は あ つ ら せ が れ か い ふ く か お

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


「 お い 、 わ し は 知 事 さ ん と 並 ぶ ん か い 」 っ て い る の は 、 見 送 ら れ る 団 員 た ち だ ろ た 。 続 い て 軍 服 を 着 た 第 九 師 団 長 代 理 の た い ぎ き の し た 辰 一 が 大 儀 そ う に 言 う と 、 木 下 は ま た 陸 軍 少 将 が 登 壇 す る 。 で す か と い う 顔 で 、 「 い い 加 減 に 慣 れ て 午 前 十 時 に 開 会 し 、 ま ず は 参 列 者 全 員 「 石 川 県 昨 年 度 の 移 民 数 は 実 に 全 国 最 下 く だ さ い 。 親 分 は 全 国 組 織 の 頭 領 で す か が 起 立 し 、 皇 居 の 方 角 に 向 け て 遥 拝 し 位 で あ っ た が 、 今 、 一 躍 全 国 最 高 位 の レ さ と な ら ら 」 と 諭 し た 。 た 。 続 い て 君 が 代 の 斉 唱 。 辰 一 も 倣 っ た 。 コ ー ド を 作 っ た 。 し か も そ れ が 君 た ち 青 え ん び ふ く 「 と こ ろ で 、 何 で 開 拓 団 に 義 勇 軍 が 付 く 最 初 に 登 壇 し た の は 、 燕 尾 服 に 蝶 ネ ク 少 年 の 燃 え る 愛 国 心 の 発 露 で あ る こ と を が 。 満 州 で 戦 で も さ せ る 気 か ー タ イ 姿 の 県 知 事 だ っ た 。 思 う と き 、 わ た し は た だ 欣 快 、 感 激 の ほ 「 建 白 書 で は 《 一 朝 有 事 の 際 に 於 て は 現 「 若 い 君 た ち の 前 に 幾 多 の 艱 難 あ る こ と か 何 物 も な い 。 願 わ く は 日 本 精 神 に 透 徹 へ い た ん 地 後 方 兵 站 の 万 全 に 資 す る 》 と い う 建 前 は 想 像 に 難 く な い 。 し か し 艱 難 困 苦 起 こ せ よ 。 日 本 人 の 優 越 感 を 誤 ら ず 、 世 界 の 、 よ ら ・ じ で す が 、 実 際 は そ う 呼 ん だ 方 が 勇 ま し ろ う と も 、 諸 君 は そ れ に 屈 服 す る な 。 諸 王 者 と し て の 日 本 人 の 矜 持 の 下 に 、 帝 国 く 、 青 少 年 に 憧 れ の 気 持 ち を 抱 か せ る の 君 に は 鉄 の 意 志 が あ る 。 申 す ま で も な 政 府 の 指 導 下 に 奮 励 せ よ ー で は な い か と い う 期 待 で す 」 、 満 蒙 開 拓 青 少 年 義 勇 軍 の 使 命 は 、 単 少 将 は つ ば き を 飛 ば し 、 熱 弁 を 振 る つ す き く わ こ 0 「 は は 、 役 人 は ま っ た く よ う 考 え る が に 鋤 や 鍬 を 握 っ て 土 地 を 開 拓 す る と い う 会 場 を 見 渡 す と 、 義 勇 軍 の 団 員 た ち は こ と に 留 ま る も の で は な く 、 三 千 年 来 、 そ し て 地 元 名 士 の 送 辞 だ け で は 共 感 が 本 当 に あ ど け な い 顔 を し て い た 。 数 え で 東 洋 の 孤 島 に お い て 養 い 、 磨 い て き た 大 得 ら れ に く い と い う こ と で 、 最 後 に 県 下 十 六 歳 か ら 十 九 歳 と い う か ら 、 世 間 を ほ 和 民 族 の 精 神 と 文 化 を 、 若 々 し き 諸 君 の 青 年 団 代 表 の 若 者 が マ イ ク の 前 に 立 っ と ん ど 知 ら な い に ち が い な い 。 大 半 が 農 肉 体 と 魂 に よ っ て 彼 の 地 に 植 え 付 け 、 東 た 。 あ ら か じ め 用 意 さ れ た で あ ろ う 原 稿 家 の 次 三 男 で あ る 。 洋 諸 民 族 の 真 の 指 導 者 と し て 、 五 族 協 和 を 、 大 き な 声 で 読 み 上 げ る 。 き よ う か ん い ま い し ん 会 場 の 正 面 に は 紅 白 の 幕 が 張 ら れ 、 そ の 美 し き 理 想 郷 建 設 に 邁 進 す る と と も 「 男 子 志 を 立 て て 郷 関 を 出 づ 。 諸 君 は 再 に 手 の 前 に は 楽 器 を 手 に し た 女 子 プ ラ ス パ ン に 、 国 防 第 一 線 の 守 り を 固 う す る 先 駆 者 び 郷 土 に 帰 る 日 を 思 っ て は な ら ぬ 。 骨 を 大 陸 の 土 と 化 せ し め よ 。 諸 君 が 満 蒙 の 新 我 ド 隊 が 並 ん で い た 。 そ し て 大 き な マ イ ク に な る こ と に あ る ー が 各 所 に 立 て ら れ 、 ラ ジ オ の 中 継 放 送 が 熱 い 口 調 で 激 励 壮 行 の 言 葉 を 贈 る 。 団 天 地 に 打 ち 込 む 一 鍬 一 鍬 は 、 新 日 本 建 設 天 さ れ る と の こ と で あ っ た 。 い ち ば ん 戸 惑 員 た ち は 神 妙 な 面 持 ち で 聞 き 人 っ て い の 重 大 使 命 が こ も る 一 鍬 だ 」 お い お も も か ん な ん よ う は い き ん か い

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


イ ラ ス ト レ ー ン ヨ ン 、 や 罅 忙 タ イ ト ル デ ザ イ ン ・ ・ ・ ・ , ・ 岡 澤 慶 秀 , 世 界 ロ ロ ロ マ ン チ ッ ク 街 道 の 魔 法 田 田 田 ロ ロ 以 0 0 0

小説現代 12月号 2016年12月1日発行


「 お 父 様 。 そ れ と 勉 学 は 無 関 係 で し よ れ た 。 可 愛 い 娘 も 、 成 人 す れ ば 一 個 の 人 「 お 父 様 、 あ り が と う ー う 。 ど う し て 女 が 学 問 を し て は な ら な い 格 で あ っ て 、 親 が ど う こ う で き る も の で 「 わ か っ た 、 わ か っ た か ら 離 れ な さ い 」 の で す か 」 は な い 。 耕 三 は 、 頭 に 昇 っ た 血 が 徐 々 に 耕 三 は こ れ も 時 代 の 流 れ だ と 思 う こ と 芳 子 は 顔 を 紅 潮 さ せ 、 語 気 強 く 言 っ た 。 引 い て い く の を 感 じ て い た 。 に し た 。 世 界 は 狭 く な っ た の だ 。 「 嫁 の 貰 い 手 が な く な る だ ろ う 。 お 父 さ 「 コ ロ ン ビ ア 大 学 と 言 え ば ニ ュ ー ヨ ー ク ん は そ れ が 心 配 だ 」 だ ろ う 。 ど こ に 住 む つ も り な ん だ 」 三 十 八 「 そ れ は 日 本 の 男 の 話 で し よ う 」 「 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル ・ ハ ウ ス と い う 留 「 お 前 、 ま さ か 米 国 人 と 結 婚 す る な ん て 学 生 宿 舎 が あ り ま す 、 そ こ に 入 る つ も り 昭 和 十 三 年 三 月 、 金 沢 市 内 の 石 川 県 会 ま ん も う 言 い 出 す ん じ ゃ な い だ ろ う な 」 で す 」 議 事 堂 で 茨 城 の 訓 練 所 に 入 所 す る 満 蒙 開 や の た っ 「 わ か り ま せ ん 、 そ ん な こ と 」 「 若 い 男 女 が 同 じ 敷 地 内 に 暮 ら す ん だ ろ 拓 青 少 年 義 勇 軍 の 壮 行 式 が あ り 、 矢 野 辰 だ い に つ ぼ ん き く ゆ う か い 「 も し か し て リ チ ャ ー ド か 。 あ の 男 に つ う 。 そ ん な も の を 許 す わ け に は い か ん ぞ 」 一 は 藜 泉 か ら 帰 省 し 、 大 日 本 菊 友 会 の 会 い て 米 国 に 行 く の か ー 耕 三 が 告 げ る と 、 芳 子 は 悲 し そ う に 唇 長 と し て 参 列 し た 。 矢 野 一 家 の 若 い 衆 の 「 い い え 、 ち が い ま す 。 確 か に リ チ ャ ー を 震 わ せ た 。 続 け て 耕 三 が 言 う 。 中 か ら も 三 名 が 満 州 国 へ の 移 住 を 志 願 し ド に は 、 留 学 試 験 を 米 国 大 使 館 で 受 け さ 「 ニ ュ ー ヨ ー ク な ら 岩 井 銀 行 米 国 支 店 の て お り 、 そ の 激 励 も 兼 ね て の 出 席 だ っ た べ ん ぎ せ て も ら う な ど 、 便 宜 を 図 っ て も ら い ま 支 店 長 宅 が あ る 。 お 父 さ ん が 麻 布 の 伯 父 が 、 行 っ て み た ら 大 仰 な 会 で 、 辰 一 は 面 し た 。 そ れ に コ ロ ン ビ ア 大 学 は リ チ ャ ー さ ん に 頼 ん で や る 。 そ こ に 下 宿 す る な ら 食 ら っ て し ま っ た 。 議 事 堂 に は 五 百 余 名 た す き ド の 母 校 で す 。 で も 恋 愛 が 動 機 で は あ り 留 学 を 許 す 」 の 国 防 服 に 赤 い 襷 が け の 青 少 年 た ち が 主 ま せ ん 。 わ た し 自 身 が 世 界 を 見 た い の で 芳 子 が 表 情 を 一 変 さ せ た 。 目 か ら 大 粒 賓 と し て 招 か れ 、 そ の 後 方 に は 送 り 出 す す 。 ず る い じ ゃ な い で す か 。 お 父 様 は 米 の 涙 が ぼ ろ り と こ ぼ れ る 。 家 族 が 詰 め か け て い た 。 貴 賓 席 に は 第 九 国 に も 欧 州 に も 支 那 に も 行 っ て い る の 「 お 父 様 ! 」 椅 子 か ら 立 ち 上 が り 、 抱 き 師 団 長 代 理 、 石 川 県 知 事 、 金 沢 市 長 、 警 に 、 わ た し が ど こ に も 行 け な い な ん て ー 着 い て き た 。 察 署 長 、 そ の 他 大 勢 の 名 士 が 並 ん だ 。 市 ゆ か わ 芳 子 は 拳 を 握 り 締 め 、 目 を 潤 ま せ て い 「 こ ら 、 女 が 簡 単 に 抱 き 着 く な 。 も う 米 会 議 員 の 湯 川 も い た 。 そ し て 辰 一 の 席 た 。 梃 で も 動 か な い と い う 覚 悟 が 見 て 取 国 か ぶ れ か は 、 も は や 末 席 で は な く 前 列 だ っ た 。 て こ い ち お お ぎ よ う か な ざ わ 212