検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮【第百十三巻第一二号】

新潮【第百十三巻第一二号】から 188件ヒットしました。

新潮【第百十三巻第一二号】


る ) 、 断 片 の 組 み 合 わ せ ( 型 紙 に あ わ せ て 裁 断 さ れ た 。 ハ も 気 温 が 零 下 の 世 界 で は 裸 で 生 き て い く こ と は で き な い 。 し を 糸 で 縫 い 合 わ せ て い く ) な ど な ど 、 さ ま ざ ま に 考 え る こ と か し 、 衣 服 が あ れ ば 寒 さ か ら 身 を 守 る こ と が で き 、 そ の よ う が で き る 。 だ が 、 布 地 を 使 用 す る も の に は 椅 子 や カ ー テ ン な な 状 況 で も 生 活 す る こ と が 可 能 と な る 。 そ の 意 味 で 、 衣 服 は ど が あ り 、 平 面 か ら 立 体 に 変 換 さ れ る も の に は 建 築 ー ー 床 や 身 体 の 拡 張 と な る 。 壁 と い っ た 面 を 構 成 し て 立 体 を 作 り 上 げ る ー ー が あ り 、 断 片 も う ひ と つ の 「 社 会 的 に 自 己 を 規 定 す る 手 段 」 と は 、 ア イ を 組 み 合 わ せ る も の に は コ ラ 1 ジ ュ が あ る 。 お そ ら く 衣 服 に デ ン テ ィ テ ィ に 関 わ る も の と 言 え る だ ろ う 。 衣 服 に は 着 用 者 あ っ て 他 の ジ ャ ン ル に な い も の は 「 身 体 に 纏 わ れ る 」 と い う の 身 分 や 所 属 を 表 示 す る 機 能 が あ る 。 人 間 は 裸 の 状 態 で も 、 特 徴 で あ ろ う 。 身 体 を 保 護 す る 、 あ る い は 身 体 の 覆 い と な る そ の 性 別 や 人 と な り を 推 測 す る こ と が で き る が 、 衣 服 が あ れ も の と し て は 建 築 も 挙 げ ら れ る が 、 身 体 が 纏 う も の は 衣 服 だ ば さ ら に そ れ が わ か り や す く な る 。 こ の よ う に 、 衣 服 は 生 物 け で あ る 。 こ れ は 、 衣 服 を 第 二 の 皮 膚 と す る 考 え と 親 和 性 が 学 的 な 意 味 で 身 体 を 拡 張 す る の み な ら ず 、 社 会 的 に も 身 体 を 高 い よ う に 思 わ れ る 。 拡 張 す る も の な の だ 。 マ ク ル ー ハ ン 自 身 が 明 確 に そ う 述 べ て 第 二 の 皮 膚 と し て の 衣 服 と い う 考 え 方 は 、 メ デ ィ ア に つ い い る わ け で は な い も の の 、 衣 服 が 第 二 の 皮 膚 と 呼 ば れ る 所 以 て の 理 論 を 展 開 し た マ ー シ ャ ル ・ マ ク ル ー ハ ン に 由 来 す る 。 は こ こ か ら 生 ま れ て い る 。 マ ク ル ー 、 ノ ン は 衣 服 に つ い て 次 の よ う に 述 べ て い る 。 先 に も 述 べ た よ う に 、 身 体 を 覆 う も の と し て は 衣 服 だ け で な く 建 築 も あ る が 、 身 体 が 纏 う も の は 衣 服 だ け で あ る 。 つ ま 皮 膚 の 拡 張 と し て の 衣 服 は 、 熱 制 御 機 構 で あ る と と も り 、 衣 服 は 身 体 か ら 離 れ れ ば 離 れ る ほ ど 建 築 的 な 様 態 へ と 近 に 、 社 会 的 に 自 己 を 規 定 す る 手 段 で も あ る と 見 る こ と が で づ き 、 衣 服 の 固 有 性 を 失 っ て い く 。 逆 に 言 え ば 、 衣 服 の 固 有 き る 。 こ の 点 で 、 衣 服 と 住 宅 は わ れ わ れ に 身 近 な 一 対 を な 性 の 純 化 と は 、 限 り な く 皮 膚 に 近 づ く こ と だ と 言 え よ う 。 た * 4 す 。 だ し 、 決 し て 皮 膚 に な っ て は い け な い 。 グ リ ー ン バ ー グ は こ う 語 っ て い た 。 マ ク ル ー ハ ン の 主 張 の ポ イ ン ト は ふ た つ あ る 。 ひ と つ は 身 体 ( 皮 膚 ) の 体 温 調 節 機 能 へ の 着 目 で あ る 。 人 間 の 身 体 は そ モ ダ ニ ズ ム は 、 絵 画 が 絵 画 で あ る こ と を や め て 任 意 の 物 体 れ 自 体 が 体 温 調 節 機 能 を 持 っ て い る 。 そ の た め 外 界 の 温 度 が に な っ て し ま う 手 前 ぎ り ぎ り ま で 際 限 な く こ れ ら の 制 限 的 多 少 変 動 し て も 体 温 は あ ま り 上 下 し な い が 、 そ う と は 言 っ て 条 件 を 押 し 退 け 得 る こ と に 気 づ い て き た 。 ( 中 略 ) モ ダ ニ

新潮【第百十三巻第一二号】


重 要 な 違 い が あ る 。 ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド は 、 あ ら ゆ る 点 で モ * 肥 ダ ン よ り 過 激 な の だ 。 ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド は 美 術 で 言 え ば 、 未 来 派 や ダ ダ 、 シ ュ ル レ ア リ ス ム や ロ シ ア 構 成 主 義 な ど が 代 表 的 な も の で あ ろ う 。 そ れ は モ ダ ン を よ り 過 激 に し た も の な の で 、 モ ダ ニ ズ ム の 特 そ の イ メ ー ジ は 衣 服 の 黙 示 録 だ 。 裂 け 目 、 ぼ ろ 切 れ 、 ぼ 徴 で あ る 過 去 と の 断 絶 を よ り 強 く 主 張 す る 。 新 し い テ ク ノ ロ ろ 着 、 そ れ ら は あ た か も 核 の 惨 禍 か ら 生 き 残 っ た 者 の た め ジ ー で あ る 自 動 車 や 飛 行 機 、 写 真 や 映 画 な ど を 賛 美 し た 未 来 と い う よ う だ 。 爆 弾 で 襲 撃 さ れ た 後 の よ う な ぼ ろ ぼ ろ に な 派 。 芸 術 作 品 は 作 者 が 自 ら の 手 で 作 り 出 す も の だ と い う 先 人 っ た 服 を 着 せ た 山 本 の シ ョ ー に 、 こ の 世 の 終 わ り の モ ー 観 を 捨 て 、 市 販 さ れ て い る モ ノ を 作 品 に 仕 立 て 上 げ る レ デ ィ を 見 る だ ろ う 。 背 筋 が ぞ っ と す る 。 メ イ ド の シ リ ー ズ を 次 々 に 発 表 し た マ ル セ ル ・ デ ュ シ ャ ン 。 作 者 の 意 図 を 作 品 に 組 み 人 れ な い た め に 、 新 聞 紙 か ら 切 り 抜 も ち ろ ん 、 批 判 も あ っ た が 、 逆 に 新 し い 美 し さ だ と 賞 賛 さ い た 単 語 を 帽 子 の 中 か ら 取 り 出 し て 詩 を 作 っ た ダ ダ 。 ア ヴ ァ れ た り し た 。 そ う 聞 く と 、 彼 ら の 試 み を ダ ダ や 未 来 派 の よ う ン ギ ャ ル ド の 作 家 た ち は す べ て 伝 統 や 慣 習 に よ っ て 共 有 さ れ に 過 去 と の 断 絶 を 目 指 し た ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド の 芸 術 家 た ち の た 前 提 を 崩 す こ と か ら 制 作 を 始 め て い る 。 音 楽 で も 同 時 期 態 度 と 重 ね 合 わ せ る こ と が で き る か も し れ な い 。 事 実 、 い ま に 、 ル イ ジ ・ ル ッ ソ ロ が 騒 音 を 取 り 人 れ た り 、 ア ル ノ ル ト ・ で も そ の よ う な 論 調 は 少 な く な い 。 た だ し 、 当 時 上 述 の よ う シ ェ ー ン ベ ル ク ら が 調 性 を 捨 て た 無 調 音 楽 を 発 表 し た り と 、 な 報 道 が あ っ た の は 事 実 な の だ が 、 そ れ だ け で は な か っ た こ 美 術 と 同 じ よ う な 動 き が 見 ら れ る 。 こ れ ら は 芸 術 に 対 し て と に 注 意 せ ね ば な ら な い 。 「 美 し さ 」 を 求 め て い た 一 九 世 紀 的 な 価 値 観 を 破 棄 し た も の 世 界 で も っ と も 有 名 な フ ァ ッ シ ョ ン 誌 『 ヴ ォ ー グ 』 の 一 九 だ と 捉 え る こ と が で き よ う 。 八 二 年 九 月 号 に 「 日 本 ー ー 着 物 か ら 遠 く 離 れ て 」 と 題 さ れ た ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド な フ ァ ッ シ ョ ン デ ザ イ ン が ど の よ う な も 記 事 が 掲 載 さ れ た 。 そ の タ イ ト ル か ら 推 測 さ れ る よ う に 、 こ の か を 考 え る と 、 ま ず は 先 に 名 前 を 挙 げ た コ ム ・ デ ・ ギ ャ ル こ で は フ ジ ャ マ ゲ イ シ ャ 的 な ク リ シ ェ か ら 距 離 を 置 き な が ら 日 本 の 現 代 フ ァ ッ シ ョ ン に つ い て 論 じ ら れ て い る 。 そ こ に 次 ソ ン が 思 い 浮 か べ ら れ る だ ろ う 。 コ ム ・ デ ・ ギ ャ ル ソ ン の 川 の よ う な 記 述 が あ る 。 久 保 玲 は 山 本 耀 司 と と も に 一 九 八 一 年 に 。 ハ リ コ レ ク シ ョ ン に デ ビ ュ ー し た が 、 そ の 初 期 の コ レ ク シ ョ ン は 「 黒 の 衝 撃 」 と 呼 ば れ 、 半 ば 神 話 化 さ れ て い る 。 彼 ら が 提 案 し た 、 オ ー サ イ ズ で 穴 の 空 い た モ ノ ト ー ン の 服 は 、 次 の よ う に 評 さ れ て い た 。 274

新潮【第百十三巻第一二号】


れ は 日 本 側 の 理 想 で あ っ て 、 先 方 の 頭 の 中 に そ ん な も の が 成 文 学 者 大 会 を や る と 聞 き 、 菊 池 さ ん は 、 久 米 は 御 祭 り 好 き だ か ら な あ 、 と 笑 っ て い た 。 こ の 会 の 意 義 は こ の 皮 肉 の 中 に 籠 り 立 っ て い る の か 、 ど う か 、 第 一 、 三 国 の 文 化 人 が 協 力 す る め ら れ て い る と い っ て も い い だ ろ う 。 そ の 上 で 「 聖 戦 完 遂 」 と い う こ と 自 体 す ら 、 果 し て 異 議 が な い も の か ど う か 、 そ こ の ス ロ ー ガ ン が 謳 っ て あ っ た こ と を 咎 め る 人 が あ れ ば 、 私 は い ら も 自 信 が な か っ た 〉 と い う 一 一 一 口 葉 に 、 河 上 の 人 柄 が 窺 え る 何 も 弁 解 は し な い 。 事 実 中 国 代 表 の 多 く は 、 こ の ス ロ ー ガ ン の も 事 実 だ 。 を 口 に せ ず 、 わ れ わ れ も そ れ に 対 し 眼 を つ ぶ っ て い た 〉 ( 「 上 河 上 は 戦 後 に 忻 に 触 れ て 報 国 会 に つ い て 語 っ た 。 そ の 内 容 は い つ も 同 じ で 、 自 分 が 役 職 を 引 き 受 け た 経 緯 と 、 世 話 を し 海 の 久 保 田 万 太 郎 」 、 同 前 、 一 九 六 四 年 三 月 十 六 日 ) 。 〈 そ れ は 十 七 た 留 学 生 の 思 い 出 話 が 中 心 だ っ た 。 〈 開 戦 と 共 に 私 は 、 持 ち 年 の 盛 夏 だ っ た 。 朝 鮮 ・ 台 湾 は わ が 「 版 図 」 だ か ら 問 題 な い 前 の 義 理 堅 い 勤 め つ 振 り が 買 わ れ て 、 文 学 報 国 会 が 始 ま る が 、 中 国 代 表 が 来 る と い う の は ど ん な 顔 を し て 迎 え れ ば い い と 、 審 査 部 と い う セ ク シ ョ ン を 受 持 た さ れ た 。 仕 事 の 中 で の か 、 馴 れ な い わ れ わ れ は 見 当 が っ か な か っ た 。 或 い は ど う は 、 定 款 に あ る 「 日 華 文 化 の 交 流 」 と い う の が 、 一 番 良 心 を せ わ が 軍 の 占 領 地 域 内 か ら 来 る の だ か ら 、 卑 屈 な 笑 い に 揉 み 手 で 来 る の で は な い だ ろ う か ? と こ ろ が 来 て 見 る と 違 っ て 傷 つ け な い で 性 に 合 っ た 。 こ う い う と 人 に よ っ て は 差 し 障 り が あ る が 、 当 時 の 情 勢 で 「 和 平 地 区 」 か ら 名 乗 り 出 る 文 学 者 い た 。 巌 谷 君 ( 大 四 。 こ の 文 章 が 連 載 さ れ て い た 当 時 の 「 週 引 用 に 殆 ど 期 待 は し て い な か っ た が 、 そ れ で も っ き 合 っ て 見 て 彼 刊 読 書 人 」 編 集 長 。 報 国 会 の 事 務 局 で 働 い て い た 等 が 卑 屈 で な い の は 好 感 が 持 て た 〉 ( 「 わ が 戦 前 」 「 新 潮 」 一 九 者 ) た ち が 東 京 駅 へ 迎 い に 行 っ た が 、 帰 っ て 来 て 、 「 テ キ は 六 一 年 十 一 月 ) 。 〈 私 は 審 査 部 と い う の を 受 持 っ た が 、 こ の 厳 相 当 手 ご わ い で す よ 。 何 し ろ み ん な 揃 っ て 支 那 服 を 来 て 傲 然 と し て る ん だ 。 」 と 報 告 し た 。 私 も 後 程 宿 舎 の 帝 国 ホ テ ル へ め し い 名 は 文 教 統 制 時 代 だ か ら つ け ら れ た の で 、 何 も 文 士 の プ ラ ッ ク ・ リ ス ト を 作 っ て い た 訳 で は な く 、 会 の 編 纂 事 業 な 挨 拶 に 行 っ た が 、 ロ ビ ー で 北 京 大 学 教 授 の 肩 書 の 沈 啓 无 氏 が ヘ ン ル ウ ど を 扱 う 編 集 部 、 あ る い は 調 査 部 の 仕 事 を し て い た 〉 ( 「 文 学 長 衫 の 襟 を あ け て 「 偏 熱 ! ( 熱 い ー ー 引 用 者 ) 」 と い っ た き り 報 国 会 の こ ろ — 」 「 週 刊 読 書 人 」 一 九 六 四 年 一 月 十 三 日 ) 。 〈 私 が 雇 だ っ た 〉 ( 「 大 東 亜 文 学 者 会 議 の 頃 」 、 同 前 、 一 九 六 四 年 四 月 六 日 ) 。 い ず れ も 一 一 十 年 ほ ど 前 の 回 想 で あ る た め 、 感 傷 を 免 れ て い わ れ た の は 、 当 時 と し て は 事 務 的 に 律 儀 な 文 士 と し て 見 ら れ た と い う こ と が 大 き な 理 由 で あ る 。 文 芸 家 協 会 理 事 ・ 「 文 學 な い が 、 そ れ で も 、 戦 時 中 に 書 か れ た 前 述 の 「 大 東 亜 文 学 者 界 」 常 任 編 集 者 、 そ う い っ た 仕 事 を 一 応 こ な す の は 、 現 在 と 会 議 前 後 」 の 記 述 、 あ る い は 「 大 東 亜 文 学 者 大 会 を 前 に し 違 っ て 文 士 と い え ば ず ぼ ら を 建 前 と し て い た 時 に 、 む し ろ 重 て 」 の 〈 大 東 亜 精 神 と か 、 共 栄 圏 文 化 と か い っ て も 、 そ れ は 日 本 側 の 理 想 で あ っ て 、 先 方 の 頭 の 中 に そ ん な も の が 成 り 立 宝 な 存 在 だ っ た の で あ る 。 無 論 そ の 外 に 私 の 立 場 が 左 右 両 側 っ て い る の か 、 ど う か 、 第 一 、 三 国 の 文 化 人 が 協 力 す る と い の 折 衝 地 帯 に あ っ た こ と も 使 い 道 の 一 つ だ っ た で あ ろ う 〉 ( 「 文 学 報 国 会 の こ ろ Ⅱ 」 、 同 前 、 一 九 六 四 年 一 月 二 十 日 ) 。 〈 大 東 亜 う こ と 自 体 す ら 、 果 し て 異 議 が な い も の か ど う か 〉 と い う 言

新潮【第百十三巻第一二号】


一 時 的 な も の 、 瞬 間 的 で 過 ぎ ゅ く も の 、 ま た う つ ろ い や す い も の の 価 値 を 高 め た こ と で あ り 、 こ う し た ダ イ ナ ミ ズ ム へ の 讃 美 の 中 に 表 明 さ れ て い る の は 、 静 止 し た 汚 れ な き 無 垢 の 現 在 を 求 め る 憧 れ の 念 な の で あ る 。 そ の 点 で モ ダ ニ ズ ム は 、 た え ず 自 己 自 身 を 否 定 す る 運 動 で あ り 、 オ ク タ ビ オ ・ 。 ハ ス に よ れ ば 「 真 の 現 在 へ の 憧 れ 」 で あ り 、 ま さ に こ れ こ そ が 「 モ ダ ニ ズ ム の 最 良 の 詩 人 た ち の 秘 密 の テ ー マ 」 な の で あ る 。 ー マ ス が 述 べ る よ う に 、 常 に 新 し さ を 求 め る モ ダ ニ ズ ム は 自 己 を 否 定 す る 運 動 と 言 い 換 え る こ と が で き る 。 グ リ ー ン バ ー グ は 固 有 性 を 純 化 さ せ る と い う 意 味 に お い て 「 自 己 ー 批 判 」 と モ ダ ニ ズ ム を 定 義 し た が 、 ポ ー ド レ ー ル ま で さ か の ぼ っ て 考 え る な ら ば 、 モ ダ ニ テ ィ の 本 質 は 自 己 否 定 な の だ 。 さ ら に 言 え ば 、 モ ダ ニ ズ ム に お い て 否 定 さ れ る の は 自 己 だ け で は な い 。 モ ダ ニ ズ ム の 態 度 を 推 し 進 め て い く と 、 そ こ で は 歴 史 や 伝 統 も 否 定 さ れ る こ と に な る だ ろ う 。 こ れ は ア ヴ ア ン ギ ャ ル ド の 芸 術 家 た ち の 主 張 と も 通 ず る 。 未 来 派 に せ よ ダ ダ に せ よ 、 ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド の 運 動 体 は 過 去 と の 断 絶 を 目 論 ん で い た 。 伝 統 は 否 定 さ れ る べ き も の で あ り 、 新 し く 何 か を 創 造 す る こ と が 至 上 の 命 題 で あ っ た 。 先 に も 述 べ た 通 り 、 モ ダ ン と ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド は し ば し ば セ ッ ト で 語 ら れ 、 あ る い は ほ ぼ 同 義 と し て 使 わ れ る 言 葉 で あ る 。 ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド は も と も と 軍 事 用 語 で あ り 、 日 本 語 で は 「 前 衛 ( 部 隊 ) 」 と 訳 さ れ る が 、 そ の 美 術 や フ ァ ッ シ ョ ン の 文 脈 に お い て こ の 概 念 を ど の よ う に 理 解 す べ き な の か 検 討 し て み よ う 。 コ ム ・ デ ・ ギ ャ ル ソ ン は ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド か ? フ ァ ッ シ ョ ン 業 界 で は 現 在 も ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド と い う 言 葉 が 頻 繁 に 使 わ れ る 。 ほ と ん ど の 場 合 、 こ の 一 言 葉 は コ ム ・ デ ・ ギ ャ ル ソ ン の コ レ ク シ ョ ン に 見 ら れ る よ う な 「 奇 抜 で 日 常 生 活 で 着 ら れ な い よ う な 服 」 を 指 し て い る 。 だ が 、 そ う し た 服 は 二 一 世 紀 の 今 も 本 当 に 前 衛 と 呼 べ る の だ ろ う か 。 マ テ ィ ・ カ リ ネ ス ク は 『 モ ダ ン の 五 つ の 顔 』 の 一 章 を ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド に 割 き 、 こ の よ う に 説 明 し て い る 。 歴 史 的 に は 、 ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド は 、 モ ダ ン と い う 観 念 の い く つ か の 構 成 要 素 を 劇 化 し 、 そ れ ら を ひ と つ の 革 命 的 な 気 風 の 礎 石 に 変 え る こ と で 一 歩 を 踏 み 出 し た の だ 。 し た が っ て 、 ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド と い う 概 念 は 、 一 九 世 紀 前 半 お よ ー ト ピ ア 化 さ れ た び そ の 後 に お い て さ え 、 急 進 化 さ れ 、 ユ モ ダ ン の ひ と つ の か た ち に ほ か な ら な か っ た 。 ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド の 特 性 の さ ま ざ ま な 歴 史 的 変 遷 の ど の 測 局 面 に も 、 モ ダ ン の さ ら に 広 汎 な 視 野 の な か に 暗 示 さ れ て 葉 い な か っ た り 、 予 示 さ れ て い な か っ た よ う な も の は 、 お そ ら く ひ と っ と し て な い 。 し か し 、 二 つ の 運 動 の あ い だ に は

新潮【第百十三巻第一二号】


い 。 フ ァ ッ シ ョ ン の 世 界 に 生 き る 者 た ち が 、 川 久 保 ・ 山 本 が い た 。 マ ル タ ン ・ マ ル ジ ェ ラ は 、 通 常 プ ラ ン ド の ロ ゴ が i_u 届 % あ る い は 刺 繍 さ れ る 首 裏 の タ グ を た だ の 白 い 布 に し た り 、 新 ソ ニ ア ・ リ キ エ ル の 系 譜 に 連 な る こ と を 意 図 的 に 無 視 あ る い 作 を 発 表 す る こ と が 暗 黙 の 了 解 と な っ て い る コ レ ク シ ョ ン で は 忘 却 し 、 新 し さ を 捏 造 し て い る と し か 言 え な い だ ろ う 。 も ち ろ ん 、 ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド と 言 っ て も 過 去 か ら の 影 響 が 過 去 の 作 品 を 発 表 し た り 、 あ る い は 美 術 館 で の 展 覧 会 で カ ビ ま っ た く な い と い う こ と は あ り え な い 。 そ れ ゆ え 、 ソ ニ ア ・ を 生 や し た 衣 服 を 展 示 し た り と 、 モ ノ よ り も コ ン セ プ ト の 方 が 重 視 さ れ る 作 品 を 発 表 し 続 け た 。 つ ま り 、 マ ル ジ ェ 一 フ は フ リ キ エ ル か ら の 流 れ を 認 め た 上 で 、 川 久 保 を ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド だ と 論 じ る こ と も で き る 。 だ が 、 仮 に 一 九 八 〇 年 代 の 川 久 ア ッ シ ョ ン デ ザ イ ン 史 に お い て 美 術 史 で 言 う と こ ろ の マ ル セ ル ・ デ ュ シ ャ ン の よ う な 存 在 ー ー ・ 一 九 一 七 年 に 男 性 用 小 便 器 保 が ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド で あ る と 認 め た と し て 、 現 在 の 彼 女 に に 署 名 し た だ け の 作 品 《 噴 水 》 を 発 表 し 、 コ ン セ プ チ ュ ア も ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド の 称 号 を 与 え 続 け ら れ る の だ ろ う か 。 ア だ と 考 え ら れ よ う 。 デ ュ シ ヴ ァ ン ギ ャ ル ド と は 前 衛 、 す な わ ち 時 代 の 先 に い る こ と を 意 ル ・ ア ー ト の 先 駆 者 と な っ た ャ ン が 美 術 の ル ー ル を 一 新 し た よ う に 、 マ ル ジ ェ ラ も フ ァ ッ 味 す る 。 川 久 保 の 日 常 着 か ら 離 れ た 奇 抜 な シ ル エ ッ ト の 服 が シ ョ ン の ル ー ル を 変 え る 可 能 性 が あ っ た に 違 い な い 。 だ が 、 一 九 八 〇 年 代 に お い て ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド で あ っ た な ら 、 二 〇 マ ル ジ ェ ラ の プ ラ ン ド で あ る メ ゾ ン ・ マ ル タ ン ・ マ ル ジ ェ ラ 一 〇 年 代 の 今 、 そ れ は も は や 後 衛 で し か な い 。 二 〇 一 〇 年 代 は イ タ リ ア の フ ァ ッ シ ョ ン プ ラ ン ド で あ る デ ィ ー ゼ ル に 事 実 の ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド は 一 九 八 〇 年 代 と は ま っ た く 異 な る 形 を し て い る は ず だ か ら 。 上 買 収 さ れ 、 二 〇 〇 〇 年 代 末 に は プ ラ ン ド か ら マ ル タ ン ・ マ 前 衛 を 過 去 か ら 切 断 さ れ た 存 在 と 考 え る な ら ば 、 歴 史 の 転 ル ジ ェ ラ が 去 っ た と 報 じ ら れ る 。 マ ル ジ ェ ラ の ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド と し て の 試 み は 、 フ ァ ッ シ ョ ン シ ス テ ム の 論 理 に 飲 み 込 換 点 と な る 、 あ る 特 定 の 時 点 の 作 家 ー ー あ る い は 作 品 ー ー こ そ に そ の 称 号 を 与 え る べ き で あ ろ う 。 そ の 意 味 で は 、 一 九 九 ま れ て し ま っ た の で あ る 。 〇 年 代 の マ ル タ ン ・ マ ル ジ ェ ラ こ そ ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド と 呼 ぶ に ふ さ わ し い フ ァ ッ シ ョ ン デ ザ イ ナ ー で あ る 。 マ ル ジ ェ ラ が 文 学 研 究 者 の ポ ー ル ・ ド ・ マ ン は 「 文 学 史 と 文 学 の モ ダ ニ ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド と 呼 ば れ る 理 由 は 、 フ ァ ッ シ ョ ン を 「 コ ン テ ィ 」 で 次 の よ う に 述 べ て い る 。 セ プ チ ュ ア ル 」 な も の に し た か ら で あ る 。 コ ム ・ デ ・ ギ ャ ル ソ ン や ヨ ウ ジ ・ ヤ マ モ ト ら は ソ ニ ア ・ リ キ エ ル の 延 長 線 上 流 行 ( モ ー ド ) は 、 眩 い 輝 き を 点 し た か と 思 え ば ほ ど な で 、 あ く ま で 衣 服 の モ ノ と し て の 側 面 に お け る 変 革 を 試 み て

新潮【第百十三巻第一二号】


ス て 冊 通 ホ 係 ン せ 社 済 工 さ 号 潮 潮 大 新 新 ニ と 送 ビ み 増 ③ ン の 読 コ 内 合 さ ー カ ク 期 ② 国 る 承 し れ 了 ア 定 さ ご フ 誌 朝 吹 真 理 子 ( あ さ ぶ き ・ ま り こ ) 作 家 。 生 。 「 「 男 の 娘 」 た ち 」 「 ノ ー マ ン ・ メ 用 雑 振 知 約 年 生 。 「 流 跡 」 「 家 路 」 「 き こ と わ 」 イ ラ ー ふ た た び 」 無 話 便 送 途 配 郵 発 す 蘆 田 裕 史 ( あ し だ ・ ひ ろ し ) フ ァ ッ シ ョ 木 内 達 朗 ( き う ち ・ た つ ろ う ) イ ラ ス ト 8 の ② ① み ン 論 ・ 服 飾 史 。 京 都 精 華 大 学 講 師 。 フ レ ー タ ー ・ ペ ン ス チ 主 宰 。 年 生 。 こ だ 第 平 キ で で ま れ ア ッ シ ョ ン 批 評 誌 「 vanitas 」 編 集 委 「 チ キ ュ ウ ズ イ ン 」 「 の っ て い こ う 」 ガ の り 号 込 書 な す な え て 員 。 衵 年 生 。 玄 月 ( げ ん げ 3 作 家 。 年 生 。 「 蔭 の と ま 製 申 休 し 、 ら 困 算 石 川 直 樹 ( い し か わ ・ な お き ) 写 真 家 ・ 棲 み か 」 「 眷 族 」 「 狂 饗 記 」 き 無 手 中 / 、 お 作 家 。 行 年 生 。 「 最 後 の 冒 険 家 」 島 田 雅 彦 ( し ま だ ・ ま さ ひ こ ) 作 家 。 号 手 り の で 潮 間 間 8 「 NEW DIMENSION 」 「 国 東 半 島 」 年 生 。 「 彼 岸 先 生 」 「 彗 星 の 住 人 」 「 悪 送 次 読 い の 新 時 時 、 書 で お 「 髪 」 「 ぼ く の 道 具 」 「 」 貨 」 「 ニ ッ チ を 探 し て 」 「 虚 人 の 星 」 を 付 2 0 を の 111 ロ 大 澤 信 亮 ( お お さ わ ・ の ぶ あ き ) 評 論 清 水 穣 ( し み ず ・ み の る ) 写 真 ・ 現 代 音 レ 紙 号 情 金 ま す 用 。 の 申 す 来 家 ・ 日 本 映 画 大 学 准 教 授 。 年 生 。 楽 評 論 。 年 生 。 「 白 と 黒 で ー 写 真 と 購 込 い 中 し ま 料 期 ま 矢 コ な 加 「 神 的 批 評 」 「 新 世 紀 神 曲 」 ・ : 」 「 日 々 是 写 真 」 振 さ 売 得 を た け 送 定 し 区 一 に 下 発 を 料 期 大 竹 伸 朗 ( お お た け ・ し ん ろ う ) 画 家 。 中 条 省 平 ( ち ゅ う じ よ う ・ し よ う へ い ) 文 届 い 週 、 お 都 と 払 時 や 手 年 生 。 「 既 に そ こ に あ る も の 」 「 ネ オ 芸 評 論 家 ・ 仏 文 学 。 年 生 。 「 反 Ⅱ 近 定 9 と 支 み す 返 お み 税 便 で 京 フ 5 誌 お 込 ま 、 郵 か 東 ン と 絵 具 箱 」 「 見 え な い 音 、 聴 こ え な 代 文 学 史 」 「 マ ン ガ の 教 養 」 「 マ ン ガ の 元 お 円 ① れ ジ 雑 で し 、 か 申 願 額 い 絵 」 「 ビ 」 論 点 」 「 狭 き 門 」 ( 共 訳 ) 手 で 8 、 ず 貯 7 お 価 1 よ 、 2 ペ 後 れ お 容 た 梯 久 美 子 ( か け は し ・ く み こ ) 作 家 。 礙 筒 井 康 隆 ( つ つ い ・ や す た か ) 作 家 。 ム み ず 、 す ご け 一 込 い は ま は 掛 辛 知 じ 冊 込 ジ 年 生 。 「 散 る ぞ 悲 し き 硫 黄 島 総 指 揮 年 生 。 「 虚 人 た ち 」 「 虚 航 船 団 」 「 ダ ン 〒 礙 ス ホ し の け き 約 を ク 社 申 ア 届 だ 解 価 、 と 年 申 。 へ 官 ・ 栗 林 忠 道 」 「 愛 の 顛 末 」 「 狂 う ひ と シ ン グ ・ ヴ ァ ニ テ ィ 」 「 聖 痕 」 「 世 界 は 途 定 月 号 お ム 所 話 ア 潮 お ト お た 中 に 「 死 の 棘 」 の 妻 ・ 島 尾 ミ ホ 」 ゴ 冗 談 」 「 モ ナ ド の 領 域 」 0 ※ 数 毎 常 一 住 電 フ 新 ◆ ス 川 本 直 ( か わ も と ・ な お ) 評 論 家 。 年 手 塚 る み 子 ( て づ か ・ る み こ ) プ ラ ン ニ 今 月 の 執 筆 者 ( 五 十 音 順 、 生 年 は 西 暦 ) ご 3 引 今 月 の 執 筆 者

新潮【第百十三巻第一二号】


で 、 や が て 妻 ミ ホ の 狂 気 を 引 き 起 こ す こ と に な る そ の 愛 人 女 あ る は す の な い 日 記 の 発 見 性 は 、 安 部 公 房 が 中 心 と な っ て 結 成 さ れ た 「 現 在 の 会 」 の 会 思 わ ず 息 を 飲 む 、 と い う よ う な 常 套 句 は な る べ く 使 わ な い 員 で 、 年 上 の 人 妻 で あ る こ と を 突 き 止 め て い た 。 だ が そ の 存 よ う 心 が け て い る が 、 そ の 箱 の 中 を 見 た 瞬 間 の 私 の 反 応 は 、 在 を 心 底 実 感 し た の は 、 朽 ち か け た ペ ー ジ の 断 片 に 島 尾 の 字 そ う 表 現 す る し か な い も の だ っ た 。 で 書 か れ た 彼 女 の 名 前 を 見 つ け た こ の と き で あ る 。 あ あ や は 箱 は 、 デ 。 ハ ー ト や 洋 品 店 で 背 広 な ど を 買 っ た と き に 人 れ て り 「 あ い つ 」 は 実 在 し た の だ と 納 得 し た と 同 時 に 、 虚 実 の 皮 く れ る 、 平 た い 大 き な 紙 箱 で あ る 。 そ の 中 に あ っ た の は 、 破 膜 が 破 れ て 小 説 の 世 界 が 現 実 に は み 出 し て き た よ う な 、 一 種 れ 、 ち ぎ れ 、 ぼ ろ ぼ ろ に な っ た 数 冊 の ノ ー ト だ っ た 。 一 部 の 異 様 な 気 分 に な っ た 。 こ の 時 期 の 島 尾 の 日 記 は ミ ホ に よ っ て 廃 棄 さ れ た と 考 え ら ペ ー ジ は く つ つ き あ っ て 層 状 の 塊 を 作 り 、 風 化 し た 土 壁 の よ う に と こ ろ ど こ ろ 表 面 が は が れ 落 ち て い る 。 だ が そ の 断 片 に れ て き た 。 そ れ が 、 半 世 紀 を 経 て 衝 撃 的 な 姿 で あ ら わ れ た の だ 。 日 記 の 人 っ た 箱 を 遺 品 の 中 か ら 見 つ け た の は 、 島 尾 夫 妻 は 、 判 読 で き る 状 態 で 文 字 が 残 っ て い た 。 島 尾 敏 雄 独 特 の 、 神 経 質 に 並 ん だ 米 粒 の よ う な 文 字 。 私 は の 長 男 ・ 島 尾 伸 三 氏 の 夫 人 で あ る 潮 田 登 久 子 さ ん だ っ た 。 息 を と め た ま ま 、 青 イ ン ク で 書 か れ た そ の 文 字 列 に 見 入 っ た 。 島 尾 は 昭 和 六 十 一 ( 一 九 八 六 ) 年 十 一 月 、 六 十 九 歳 で 亡 く う す き 崩 壊 と 呼 ぶ の が ふ さ わ し い 状 態 で 発 見 さ れ た こ れ ら の ノ ー な っ た 。 最 期 の 地 と な っ た の は 鹿 児 島 市 宇 宿 町 で あ る 。 残 さ れ た ミ ホ は 夫 の 七 回 忌 を 機 に 、 『 死 の 棘 』 に 描 か れ た 修 羅 の ト 群 は 、 昭 和 二 十 年 代 後 半 の 島 尾 の 日 記 で あ る 。 積 み 重 な っ た 数 冊 の 一 番 上 に あ っ た ノ ー ト の 表 紙 に は 、 手 書 き の 文 字 で 日 々 の 後 に 家 族 で 暮 ら し た 奄 美 大 島 の 名 瀬 に ふ た た び 移 り 住 「 昭 和 年 」 と あ る 。 ん だ 。 夫 亡 き あ と の 二 十 一 年 間 を 喪 服 姿 で 暮 ら し た ミ ホ が こ 昭 和 二 十 七 ( 一 九 五 一 l) 年 は 、 三 十 五 歳 だ っ た 島 尾 が 職 業 の 地 で 亡 く な っ た の は 平 成 十 九 ( 二 〇 〇 七 ) 年 三 月 の こ と で あ る 。 作 家 と し て 立 っ こ と を 決 意 し 、 妻 子 と と も に 神 戸 か ら 上 京 し た 年 で あ る 。 こ の 年 の 夏 、 島 尾 は 『 死 の 棘 』 に 「 あ い つ 」 と そ の 翌 年 の 夏 か ら 伸 三 氏 の 一 家 は 東 京 か ら 奄 美 に 定 期 的 に し て 登 場 す る こ と に な る 女 性 と 出 会 う 。 私 は そ れ ま で の 取 材 通 い 、 ミ ホ の 終 の 棲 家 と な っ た 家 の 片 づ け に と り か か っ た 。 742

新潮【第百十三巻第一二号】


一 『 ロ 葉 と 衣 服 ー ー 第 一 = 回 ・ モ ダ = ズ ム 再 考 蘆 田 裕 史

新潮【第百十三巻第一二号】


息 子 と 狩 猟 に イ 早 第 み 事 第 要 窰 第 リ い 服 部 文 祥

新潮【第百十三巻第一二号】


く し て 複 製 可 能 な ク リ シ ェ に 成 り 下 が り 、 当 の 流 行 を 産 ん だ 欲 望 を 失 っ て し ま っ た 創 意 の 残 滓 に 成 り 果 て る 。 そ う な っ て し ま う や い な や ー ー ー そ れ も ほ と ん ど あ っ と い う 間 で あ り う ー ー 流 行 と は 往 々 に し て 、 そ う し た 根 底 的 な 衝 動 が 過 ぎ 去 っ た 後 に 残 っ た 、 モ ダ ニ テ ィ の 残 滓 に す ぎ な く な る の だ 。 流 行 は 、 火 が 唯 一 無 二 の か た ち を し な が ら 炎 上 し た 後 に 残 し た 灰 の よ う な も の で あ る ー ー 残 る は 痕 跡 の み で あ り 、 な に が し か の 火 が 実 際 に 起 こ っ た と い う こ と が 明 ら か に な る に す ぎ な い 。 ・ マ ン が い み じ く も 指 摘 す る よ う に 、 フ ァ ッ シ ョ ン は モ ダ ニ テ イ か ら 逃 れ る こ と は で き な い の か も し れ な い 。 フ ァ ッ シ ョ ン の 世 界 は 常 に い ま こ こ に あ る 新 し さ を 切 望 し て い る が 、 新 し さ を 手 に 人 れ る や い な や 、 そ れ を 燃 や し て 灰 に し 、 痕 跡 だ け が 残 る と 彼 は 言 う 。 い や 、 場 合 に よ っ て は 痕 跡 す ら 残 ら な い こ と も あ る だ ろ う 。 そ れ は 、 フ ァ ッ シ ョ ン の 仕 事 に 携 わ る 人 々 が 歴 史 の 忘 却 を 望 ん で い る か ら だ 。 た と え ば 二 〇 一 〇 年 代 か ら ア ニ メ や マ ン ガ な ど の サ プ カ ル チ ャ ー か ら イ ン ス ピ レ ー シ ョ ン を 得 る 、 あ る い は 直 接 的 に コ ラ ボ レ ー シ ョ ン を す る フ ァ ッ シ ョ ン デ ザ イ ナ ー や プ ラ ン ド が 増 え 、 そ れ が フ ァ ッ シ ョ ン の 新 し い 動 向 の よ う に 語 ら れ る こ と が あ っ た 。 だ が 、 そ う し た サ プ カ ル チ ャ ー か ら の 引 用 は 一 九 九 〇 年 代 に も 少 な か ら ず 行 わ れ て い た と い う 事 実 が あ る 。 に も か か わ ら ず 、 そ の こ と を 指 摘 す る よ う な ジ ャ ー ナ リ ス 死 小 説 ⑧ 新 潮 社 荒 木 経 惟 年 齢 を 重 ね 、 癌 に 冒 さ れ な が ら 、 生 の 中 に あ る 死 を 、 日 常 の 中 に あ る 此 岸 と 彼 岸 を カ メ ラ で 切 り 取 っ て ゆ く ー ー 写 真 家 が 本 気 で 「 書 き 」 下 し た 、 写 真 に よ る 死 ( 私 ) 小 説 。 ◎ 定 価 ( 本 体 1900 円 + 税 ) 死 小 説 : ー を い ■ ) 題 第 ■ 物 を -0 ■ ( ( ~ 荒 木 経 惟 刀 7 言 葉 と 衣 服