検索 - みる会図書館

検索対象: 日本書紀はなにを隠してきたか

日本書紀はなにを隠してきたかから 130件ヒットしました。

日本書紀はなにを隠してきたか


蓬 莢 山 で あ っ た に せ よ 、 倭 国 に は 古 来 、 特 別 な 意 味 を も っ た 山 、 神 聖 な 山 を バ ッ ク に し て 王 や 王 権 に 服 属 を 誓 う ( 誓 わ せ る ) と い う 思 想 が あ っ た 。 た と え ば 、 六 世 紀 の 後 半 、 敏 達 天 皇 ( 舒 明 天 皇 の 祖 父 、 宝 皇 女 の 曾 祖 父 ) の 時 代 に 服 属 し た 蝦 夷 は 、 三 輪 山 に 向 か っ て 大 王 へ の 服 属 を 誓 う こ と を 強 制 さ れ て い る 。 し た が っ て 、 岡 の 酒 船 石 の あ る 丘 陵 の ふ も と で 行 わ れ た 儀 式 が 、 蝦 夷 ・ 粛 慎 と い っ た 異 民 族 集 団 の 王 権 に 対 す る 服 属 ・ 朝 貢 の 誓 約 の そ れ で あ っ た こ と は 、 ( し 間 違 い な い と 田 5 わ れ る 。 し た が っ て 、 ど う し て 宝 皇 女 が 、 須 弥 山 あ る い は 蓬 莢 山 を 模 し た 人 工 の 山 や そ れ を 背 景 に も っ た 誓 約 の 場 を 構 築 し よ う と し た の か と い え ば 、 そ れ は 、 一 言 で い え ば 、 孝 徳 朝 に 行 わ れ た 国 政 改 革 の 成 果 の 確 認 、 す な わ ち 構 造 的 に 強 化 さ れ た 大 王 の 地 位 と 権 力 を 仏 教 あ る い は 道 教 の 世 界 観 な ど を 使 っ て 荘 厳 化 す る た め で あ っ た と 考 え ら れ よ う 。 す な わ ち 、 大 王 の 権 力 は 実 に 強 大 な も の で あ っ て 、 そ れ は 世 界 の 隅 々 ま で お よ ぶ の で あ り 、 換 言 す れ ば 、 大 王 は 一 定 の 世 界 の 中 軸 に 位 置 す る の だ と い う こ と を 可 視 的 に あ ら わ そ う と し た 、 と い う こ と で あ る 。 大 王 の い る 場 所 が 世 界 の 中 軸 と こ ろ で 、 中 国 の 皇 帝 権 力 が お よ ぶ 範 囲 は 広 大 無 辺 で あ っ て 、 皇 帝 は 世 界 の 中 心 に 位 置 す る と 考 え ら れ て い た か ら 、 大 王 宝 皇 女 は 、 仏 教 の 世 界 観 な ど に よ っ て 思 想 的 に 武 装 し て 、 大

日本書紀はなにを隠してきたか


し ゆ み せ ん て い た と い う 須 弥 山 ( の 石 造 模 型 ) で あ ろ う 。 石 垣 山 自 体 が 須 弥 山 の 巨 大 な 模 型 だ っ た の で は な い か と い 、 つ こ と で あ る 。 須 弥 山 と は 、 仏 教 の 説 く 世 界 観 の な か で 世 界 の 中 心 に 位 置 す る 高 峰 の こ と で あ る 。 そ の 頂 た い し や く て ん と 、 つ り て ん き ゅ 、 つ 上 部 に は 帝 釈 天 が 住 ま う 仞 利 天 宮 が あ る と さ れ た 。 ち な み に 須 弥 山 の 中 腹 に は 、 お 馴 染 み の 四 天 王 が 住 ん で い る と さ れ た 。 宝 皇 女 は 、 服 属 し た 蝦 夷 や 粛 慎 に 対 し 、 大 王 の 住 ま う こ の 地 こ そ が 世 界 の 中 心 で あ る と 「 教 化 」 を 試 み よ う と し た と い わ れ る 。 岡 本 宮 の 東 に あ る 石 垣 で 囲 繞 さ れ た 丘 陵 全 体 が 須 弥 山 に 見 立 て ら れ て い た 可 能 性 も 十 分 に 考 え ら れ る で あ ろ う 。 そ う で あ る と す れ ば 、 そ の 墳 頂 部 に 築 か れ た 建 物 の 名 前 、 天 宮 と い う の は 、 帝 釈 天 の 住 ま い で あ る 切 利 天 宮 の 略 称 で あ っ た の か も し れ な い 。 ま た 、 亀 形 石 造 物 と い わ れ る も の は 、 そ の 造 形 か ら 見 る な ら ば 、 亀 で は な く 実 は ス ッ ポ ン ( 鼈 ) を 象 っ た も の で あ る と い う 意 見 も あ る ( 亀 の 甲 羅 は 楕 円 形 で あ る が 、 ス ッ ポ ン の 場 合 は 円 形 。 発 見 さ れ た 石 造 物 の 甲 羅 部 分 は 楕 円 と い う よ り も 円 に 近 い ) 。 そ れ に し た が え ば 、 中 国 の 道 教 の 世 界 観 で は 神 仙 ( 仙 人 ) が 住 ま う 蓬 莢 山 は 巨 大 な ス ッ ポ ン に 背 負 わ れ て い る と 考 え ら れ て い た か ら 、 岡 本 宮 の 東 の 田 身 嶺 は 、 そ れ 自 体 が 道 教 の 説 く 蓬 莢 山 に 見 立 て ら れ て い た と い う こ と に な る 。 岡 本 宮 の 東 の 石 垣 山 が 仏 教 思 想 の 説 く 須 弥 山 で あ っ た に せ よ 、 あ る い は 、 道 教 思 想 が い う 142

日本書紀はなにを隠してきたか


つ ま り 、 王 朝 交 替 論 は 、 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 に 見 え る 王 統 譜 の 「 万 世 一 系 」 の 史 実 性 を 批 判 的 に 検 討 す べ く 出 発 し な が ら 、 結 局 は 「 万 世 一 系 」 の ミ ニ チ ュ ア 版 と で も 一 一 一 一 口 う べ き い く つ か の 王 統 の 存 在 を 、 史 実 と し て 認 証 し て し ま う こ と に な っ た わ け で あ る 。 し か し 、 王 朝 交 替 論 が 批 判 の 爼 上 に の せ た 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 の 描 き 出 そ う と す る 王 権 史 を 読 む な ら ば 、 そ れ ら の 編 者 は 、 決 し て 後 世 言 わ れ る よ う な 「 万 世 一 系 」 的 な 王 統 譜 を 述 作 し よ 、 つ と し た と は 一 一 = ロ え な い こ と に 気 づ く 。 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 の 王 統 譜 を 構 成 す る 個 々 の 系 譜 は 、 主 と し て 、 本 来 は 、 相 互 に な ん ら 血 縁 関 係 の な い 、 大 王 を 出 し た 族 団 の ご く 簡 単 な 系 譜 と し て 散 在 し て い た も の と 思 わ れ る 。 王 統 譜 ( 原 帝 紀 ) の 述 作 者 は 、 そ れ ら の 統 合 ・ 一 系 化 の 作 業 を 行 う に さ い し 、 大 王 も 含 め 日 本 古 代 の 首 長 層 が お か れ た 双 系 的 な 親 族 関 係 に も と づ き 、 親 族 の 形 成 ・ 拡 大 の 契 機 で あ る 婚 史 亡 姻 や 入 婿 な ど を 系 譜 接 合 の パ イ プ と し て フ ル に 利 用 し た 。 血 の つ な が り の な い 族 団 間 を 「 輪 興 族 番 制 」 の ご と き 外 観 を 呈 し て 王 位 継 承 が な さ れ た 史 実 を 隠 蔽 で き さ え す れ ば 、 述 作 者 の 目 的 名 の 大 半 は 達 せ ら れ た わ け で あ る 。 代 こ の よ う な 王 統 譜 を も と に 王 権 史 の 再 構 成 を 企 て た 『 日 本 書 紀 』 の 編 者 は 、 八 世 紀 の 律 令 古 章 天 皇 制 の 存 立 に と っ て 好 ま し く な い 王 位 継 承 の 史 実 を 隠 し き れ さ え す れ ば 、 王 統 譜 の 個 々 の ル 構 成 要 素 で あ る 諸 系 譜 の 一 定 の ま と ま り 、 い わ ば 完 結 し た 王 位 継 承 の 世 界 の あ る こ と を む し 215

日本書紀はなにを隠してきたか


に 克 服 さ れ 、 研 究 の 新 た な 地 平 が 開 か れ た と い う こ と で は な い か と 思 わ れ る 。 天 皇 で は な く 皇 太 子 の 理 想 像 以 上 述 べ た よ う に 、 大 山 説 が 聖 徳 太 子 研 究 の 水 準 と 今 後 の 方 向 性 を 明 確 に 示 す も の で あ る こ と は 間 違 い な い の で あ る が 、 ま っ た く 問 題 が な い わ け で は な い 。 大 山 氏 の 所 論 の う ち 後 半 像 部 分 、 す な わ ち 、 『 日 本 書 紀 』 に お い て 聖 徳 太 子 と い う 人 物 が 創 造 さ れ た 目 的 ・ 理 由 が 何 で の あ っ た か と い う 点 、 お よ び 、 『 日 本 書 紀 』 に お い て 聖 徳 太 子 像 が 創 造 さ れ た 後 、 そ れ を 大 き 太 く 変 容 さ せ た 人 物 が 一 体 誰 々 で あ っ た か 、 と い う 点 に 関 し て は 、 な お 疑 問 を 挟 む 余 地 が あ り 、 徳 聖 大 山 氏 と は ま っ た く 別 の 解 釈 も 可 能 で あ る と 思 わ れ る 。 ま ず は 前 者 、 聖 徳 太 子 創 造 の 目 的 に ア ニ 関 し て 、 私 見 を 述 べ て み た い 。 大 山 氏 は 、 『 日 本 書 紀 』 に よ っ て 聖 徳 太 子 と い う 人 物 が 創 造 さ れ た の は 、 中 国 の 聖 天 子 像 治 を 盛 り 込 ん だ 律 令 制 国 家 の 天 皇 の 理 想 像 を 描 く た め で あ っ た と 論 じ て い る 。 だ が 、 聖 徳 太 子 令 は 『 日 本 書 紀 』 に お い て 、 あ く ま で も 皇 太 子 と し て 描 か れ て お り 、 現 に 聖 徳 太 子 の モ デ ル と 代 も い う べ き 厩 戸 王 は 、 つ い に 即 位 す る こ と な く こ の 世 を 去 っ た 。 『 日 本 書 紀 』 が 編 纂 さ れ る 章 お よ そ 百 年 前 に 実 在 し た 人 物 で 、 し か も 即 位 し た こ と も な い 人 物 を 使 い 、 天 皇 の あ る べ き 姿 第 を 描 こ う と し た と い う の は 、 や は り 不 審 で は な い だ ろ う か

日本書紀はなにを隠してきたか


一 の も の で あ る と か 、 あ る い は 少 な く と も 両 者 の 起 源 は 同 一 の も の で あ る と い う こ と に な る か と い え ば 、 話 は そ ん な に も 単 純 な も の で は な い 。 な ぜ な ら ば 、 大 王 の 系 譜 と 比 較 す べ き 遊 牧 騎 馬 民 族 の 王 の 系 譜 と い っ て も 、 そ れ が 一 体 何 を 指 す の か 、 江 上 氏 の 騎 馬 民 族 征 服 王 朝 説 に は 不 明 な 点 が 多 い か ら で あ る 。 し ん 江 上 氏 に よ れ ば 、 日 本 列 島 を 席 巻 し た 遊 牧 騎 馬 民 族 は 朝 鮮 半 島 の 南 部 に い た 辰 王 の 勢 力 で あ っ て 、 か れ ら は か っ て 東 北 ア ジ ア に あ っ て 夫 余 ( 扶 余 ) な ど と よ ば れ て い た ツ ン グ ー ス 系 の 民 族 だ っ た こ と に な っ て い る 。 と こ ろ が 、 辰 王 が 支 配 す る 辰 国 と は 、 江 上 氏 が い う よ う な 、 外 来 勢 力 が 朝 鮮 南 部 に 建 設 し た 国 家 と は 到 底 い え な い の で あ る 。 ま し て や 、 辰 王 の 系 譜 が 東 北 ア ジ ア の 遊 牧 騎 馬 民 族 に つ な か る と い う 証 拠 は 、 ほ と ん ど み と め ら れ な い と い っ て い い を 百 歩 譲 っ て 江 上 氏 の 主 張 を み と め る と し よ う 。 だ が 、 辰 王 の 王 位 継 承 は 世 襲 に は 違 い な い か 、 馬 韓 の 統 制 下 に あ っ て つ ね に 馬 韓 出 身 者 が 辰 王 に 推 戴 さ れ た と い う こ と ぐ ら い し か 分 か の っ て い な い 。 辰 王 や そ の 王 位 継 承 の 詳 細 に は 不 明 な 点 が 多 す ぎ る の で あ る 。 史 代 古 騎 馬 民 族 国 家 ・ キ ョ ウ ド 、 ト ッ ク ツ の 場 合 章 第 そ こ で 、 同 じ 遊 牧 騎 馬 民 族 と い う こ と で 、 活 躍 の 時 期 は 異 な る が 、 王 位 継 承 の 在 り か た が 177

日本書紀はなにを隠してきたか


王 の 地 位 と 権 力 を 中 国 の 皇 帝 と 同 様 の も の に 引 き 上 げ よ う と 企 て て い た と 見 る こ と が で き る 。 皇 帝 の 支 配 が 直 接 に お よ ぶ 範 囲 が 「 中 華 」 で あ る と す れ ば 、 大 王 の そ れ は さ し ず め 「 小 中 華 」 A 」 い 、 つ 、 」 と に た 小 ろ 、 つ 以 上 述 べ て き た よ う に 、 再 び 王 位 に つ い た 宝 皇 女 が 「 改 新 之 詔 」 第 四 条 に も と づ き 厖 大 な 労 働 力 を 投 入 し て 造 ろ う と し た も の は 、 孝 徳 朝 の 変 革 を 通 じ 構 造 的 に 強 化 さ れ た 大 王 の 地 位 と 権 力 が 中 国 皇 帝 の そ れ と 基 本 的 に 異 な ら な い こ と を 、 誰 の 目 に も 見 え る 形 で 表 現 し よ う と し た 建 造 物 で あ っ た 。 こ の よ う な 挑 戦 的 な 試 み を し た 大 王 は 前 後 に 例 が な い と い っ て よ い 。 そ し て 、 大 王 宝 皇 女 が 指 導 し た こ の 時 期 の 外 交 は 、 こ れ ら の 課 題 と 決 し て 無 関 係 で は あ り え な か っ た 。 代 せ い じ ゅ う な ん ば ん ほ く て き 時 す な わ ち 、 中 国 の 皇 帝 は 四 周 に 異 民 族 ( 東 夷 ・ 西 戎 ・ 南 蛮 ・ 北 狄 ) を し た が え 、 か れ ら の 朝 女 貢 を う け る 存 在 と さ れ て い た か ら 、 宝 皇 女 は そ の 点 も 模 倣 し よ う と し て 、 六 五 八 年 以 降 、 阿 代 へ の ひ ら ふ 古 倍 比 羅 夫 ら を 数 次 に わ た っ て 東 北 地 方 に 派 遣 し 、 兵 船 「 一 百 八 十 艘 , と い う 軍 事 的 威 圧 を 背 ざ 景 に 蝦 夷 ・ 粛 慎 な ど の 朝 貢 を 実 現 さ せ た 。 だ か ら こ そ 、 朝 貢 し て き た か れ ら に 対 し て は 、 構 ら 築 さ れ た 石 垣 山 や 饗 応 の 場 に し つ ら え ら れ た 須 弥 山 の 模 型 な ど を 殊 更 に 見 せ つ け て 、 大 王 の 知 章 い る こ の 場 所 こ そ が 世 界 の 中 軸 で あ る と 思 い 込 ま せ よ う と し た わ け で あ る 。 第 他 方 、 六 五 九 年 の 第 四 次 遣 唐 使 は 服 属 し た 蝦 夷 の 男 女 を 同 行 し 、 か れ ら を 唐 の 皇 帝 ( 高 宗 ) 145

日本書紀はなにを隠してきたか


実 現 し な か っ た 。 穴 穂 部 が 大 王 位 を 望 ん だ こ と は 、 当 時 の ル ー ル を 無 視 し た 無 謀 な も の と 見 な さ れ が ち だ が 、 そ う で は な か っ た 。 当 時 は 王 族 の 範 囲 内 で 世 代 や 年 齢 と い う 条 件 が 重 視 さ れ 大 王 が え ら ば れ て い た か ら 、 敏 達 の 異 母 弟 で 敏 達 と 同 世 代 だ っ た 穴 穂 部 は 、 用 明 と 同 様 に 王 位 継 承 資 格 が あ っ た の で あ る 。 そ れ に も か か わ ら ず 穴 穂 部 で は な く 用 明 が 即 位 す る こ と に な っ た の は 、 ふ た り が 同 世 代 と は い え 用 明 の ほ う が 穴 穂 部 よ り も 年 長 だ っ た か ら と 思 わ れ る 。 穴 穂 部 は そ れ を 無 視 し て 自 身 の 即 位 を 望 ん だ の だ か ら 、 彼 の 行 動 は 乱 暴 と い え ば 乱 暴 だ っ た が 、 彼 に ま っ た く 即 位 の チ ャ ン ス や 資 格 が な か っ た わ け で は な い の で あ る 。 翌 五 八 六 年 五 月 。 穴 穂 部 が 敏 達 の 殯 宮 に こ も っ て い た 大 后 額 田 部 皇 女 を 襲 お う と す る と い う 事 件 が 起 き る 。 こ の 事 件 は 穴 穂 部 の 直 接 的 な 欲 情 か ら 起 こ っ た も の で は な い 。 当 時 、 王 族 内 部 で 継 承 さ れ て い た 主 要 な 財 産 ( 宮 室 や そ れ に 付 属 す る 服 属 集 団 で あ る 部 な ど ) の 分 割 ・ 細 分 化 を 防 ぐ た め 、 そ の よ う な 財 産 を 保 有 す る 皇 子 ・ 皇 女 が 結 婚 す る こ と が あ っ た 。 多 く の 財 産 を 継 承 ・ 蓄 積 し え た 皇 子 ・ 皇 女 は 、 王 族 内 部 で 優 位 を 保 つ こ と が で き た 。 こ の 事 例 か ら 考 え れ ば 、 す で に 穴 穂 部 と い う 服 属 集 団 を 所 有 し た 穴 穂 部 皇 子 は 、 額 田 部 と い う 服 属 き さ い ち べ 集 団 に 加 え 大 后 の 地 位 に 付 属 す る 私 部 を 保 有 す る 額 田 部 皇 女 と 結 ば れ れ ば 、 統 合 さ れ た ふ た り の 財 産 を 背 景 に 王 族 内 部 で 圧 倒 的 な 優 位 を 確 保 す る こ と が で き る 。 穴 穂 部 は な お 王 位 継 承 ぬ か た べ 168

日本書紀はなにを隠してきたか


た か ら べ と こ ろ で 財 部 と い う の は 財 の 名 前 を も っ 王 族 に 奉 仕 す る 服 属 集 団 の こ と で あ り 、 七 世 紀 の 前 半 に お い て 、 こ の 服 属 集 団 の 領 有 主 に 該 当 す る 王 族 と し て は 宝 皇 女 が 最 有 力 候 補 で あ る 。 た か ら の ひ ま つ り べ こ の 財 部 に 関 係 す る 服 属 集 団 と し て 財 日 奉 部 と い う も の が あ っ た 。 日 奉 ( 祀 ) 部 と は 日 神 の 祭 祀 に 奉 仕 し た 集 団 で あ る が 、 財 日 奉 部 と い う の は 、 お そ ら く 財 部 の な か で 日 奉 部 に 組 み 込 ま れ た も の だ っ た の で あ ろ う ( 岡 田 精 司 「 日 奉 部 と 神 祗 官 先 行 官 司 」 『 古 代 王 権 の 祭 祀 と 神 話 』 所 収 、 塙 書 房 、 一 九 七 〇 年 。 井 上 辰 雄 「 日 奉 ( 祀 ) 部 の 研 究 」 『 古 代 王 権 と 宗 教 的 部 民 』 所 収 、 柏 書 房 、 一 九 八 〇 年 、 参 照 ) 。 そ う だ と す れ ば 、 財 部 の 領 有 主 で あ る 宝 皇 女 も 、 日 神 の 祭 祀 と 決 し て 無 縁 で は な か っ た こ み な み ぶ ち と に な る 。 『 日 本 書 紀 』 皇 極 元 年 八 月 条 に よ る と 、 大 王 宝 皇 女 は 南 淵 の 河 上 で 四 方 を 拝 し 、 ほ ふ り べ そ が の え み し そ の 結 果 、 村 々 の 祝 部 や 大 臣 蘇 我 蝦 夷 が 失 敗 し た 祈 雨 に み ご と 成 功 し て 、 「 ま し ま す 天 み こ と 皇 」 と 称 賛 さ れ た と い う 。 宝 皇 女 が 南 淵 で 行 っ た 儀 式 は 、 の ち の 四 方 拝 に あ た る と い う 意 見 も あ る 。 だ が 、 彼 女 が 財 部 を 通 じ て 日 奉 部 と も 深 い 関 係 が あ っ た こ と を 思 え ば 、 雨 を 祈 っ た 彼 女 の 所 作 は 日 奉 部 の 存 在 と 奉 仕 を 背 景 に し た も の で 、 お そ ら く は 日 神 に 働 き か け る こ と に よ っ て 、 日 照 り を 止 め よ う と し た の で は な か っ た の か 。 宝 皇 女 に 関 わ り が 深 い 土 地 と し て は 、 上 記 し た 高 市 県 の 江 沼 の 財 だ け で は な く 、 財 部 と あ る も の も 加 え て 考 え る べ き で あ ろ う 。 一 般 に 財 部 の よ う な 地 名 は 、 そ こ に 財 部 と い う 服 属 集 122

日本書紀はなにを隠してきたか


い ず れ の 学 説 も 一 理 あ り と 思 、 つ の だ が 、 ど れ も 『 日 本 書 紀 』 編 纂 上 の 技 術 的 な 問 題 や 、 特 定 氏 族 の 功 績 強 調 な ど の 問 題 に 設 問 が 矮 小 化 さ れ て し ま っ て い る 。 こ れ で は 、 『 日 本 書 紀 』 編 者 の 構 想 に お け る 武 烈 朝 認 識 、 言 い 換 え れ ば 、 八 世 紀 の 律 令 貴 族 ・ 官 人 の 歴 史 認 識 を 代 表 す る 「 日 本 書 紀 』 編 者 の 認 識 に お い て 、 な ぜ 平 群 氏 は 武 烈 朝 前 夜 に 滅 ほ さ れ ね ば な ら な か っ た の か 、 と い 、 つ 日 旧 し し 日 ) こ 一 切 触 れ て い な い よ う に 田 5 わ れ る の で あ る 。 「 日 本 書 紀 』 編 者 の 構 想 か わ ち 武 烈 天 皇 は 、 応 神 天 皇 に 始 ま る 皇 統 の 最 後 の 大 王 、 す な わ ち 、 い わ ゆ る 河 内 ( 応 神 ・ 仁 徳 ) 王 朝 の 最 後 を 飾 っ た 大 王 と し て 著 名 で あ る 。 河 内 王 朝 と い う 用 語 ・ 概 念 は 、 も ち ろ ん 戦 後 の 古 代 史 研 究 の 中 か ら 生 ま れ た も の だ が 、 上 記 の 設 問 、 す な わ ち 『 日 本 書 紀 』 編 者 の 武 烈 朝 認 識 を 解 き 明 か す 力 ギ は 、 実 は こ の 辺 り に あ り そ う な の で あ る 。 い わ ゆ る 王 朝 交 替 論 に お け る 河 内 王 朝 論 と は 、 論 者 に よ り 論 点 の お き ど こ ろ や 論 証 の 仕 方 名 に 差 異 は あ る が 、 最 大 公 約 数 的 理 解 を 述 べ れ ば 、 四 世 紀 末 か ら 五 世 紀 に か け て 、 河 内 平 野 を 代 本 拠 と し た 男 系 の 世 襲 王 統 ( 王 朝 ) と そ れ に も と づ く 政 治 権 力 が 存 在 し た 。 そ し て 、 そ の 前 麦 こ も 、 男 系 に よ る 世 襲 の 実 現 と い う 点 で ほ ぼ 同 質 の 王 統 と 政 権 が 存 在 し 、 そ れ ら 相 互 の 交 章 / イ し ル 替 は 武 力 行 使 ( 征 服 ) を 伴 っ た 場 合 も あ り 、 相 互 に 血 縁 関 係 は 存 在 し な か っ た 、 と い う こ と 213

日本書紀はなにを隠してきたか


ま た 、 戦 後 の 古 代 史 学 が 津 田 説 を 受 容 し た の は 、 津 田 の 発 見 し た 欽 明 朝 前 後 が 、 歴 史 書 と く に そ の 中 核 と な る 王 統 譜 の 述 作 さ れ た 時 期 と し て 注 目 で き る た め に ほ か な ら な か っ た 。 だ が 、 こ こ で 考 え ね ば な ら な い の は 、 帝 紀 ・ 旧 辞 と は 王 統 譜 と イ コ ー ル で あ る の か と い 、 つ こ と で あ る 。 帝 紀 ・ 旧 辞 と 総 称 ・ 概 括 さ れ る 書 物 の 内 容 が 『 古 事 記 』 に 流 れ 込 ん で い る と す れ ば 、 こ う の し た か み つ そ れ が 王 統 譜 を 主 要 な 内 容 に し た と し て も 、 神 野 志 隆 光 氏 が い う よ う に 、 む し ろ 一 定 の 世 界 観 ・ 宇 宙 観 の な か で 国 家 の 定 位 を 物 語 ろ う と す る 書 物 で あ っ た と 考 え る べ き だ ろ う ( 『 古 事 記 の 世 界 観 』 吉 川 弘 文 館 、 一 九 八 六 年 、 『 古 事 記 ー ー ー 天 皇 の 世 界 の 物 語 』 日 本 放 送 出 版 協 会 、 一 九 九 五 年 、 「 古 事 記 と 日 本 書 紀 』 講 談 社 、 一 九 九 九 年 な ど ) 。 津 田 説 も 、 そ れ を う け た 戦 後 の 古 代 史 学 も 、 帝 紀 ・ 旧 辞 の 本 質 と は 何 で あ る の か に つ い て 、 あ ま り に 無 頓 着 だ っ た と い わ ざ る を え な い 。 歴 代 大 王 の 名 前 や 王 位 継 承 の 事 実 を 記 す こ と と 、 一 定 の 世 界 観 ・ 宇 宙 観 の な か で 国 家 の 位 相 を 語 る こ と と は 、 次 元 が ま っ た く 異 な る は ず で あ る 。 こ の 点 の 厳 密 な 区 別 が 必 要 だ っ た の で は あ る ま い か 。 以 上 の よ う に 、 現 在 の と こ ろ 、 帝 紀 ・ 旧 辞 の 成 立 時 期 を 欽 明 朝 前 後 と 見 な す 津 田 説 の 根 拠 は 、 ほ と ん ど み と め ら れ な い と 断 言 し て よ い 。 そ れ で は 、 帝 紀 ・ 旧 辞 が 成 立 し た の は 、 一 体 い っ 頃 だ っ た の だ ろ う か 。